その他の都市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2017年のGWは久しぶり(最後に行ったのはドイツマルク時代の1998年なので約20年ぶり)のヨーロッパへ。日本-パリ間のJAL便だけは早々と予約してしまい、そこから先は、最近興味を持ちだした負の遺産を中心に行ったことのないところへ。<br /><br />しかし、せっかく行くのだから鉄道に乗る、ということは外せないので、鉄路での国境越えを2回組み入れ、ポーランド~ウクライナ~ベラルーシを回ることにしました。<br /><br />【今回のミッション】<br />真面目度1<br />・アウシュビッツ<br />・愛のトンネル<br />・チェルノブイリ<br />・鉄道での国境越え<br />真面目度2<br />・ウクライナの美女と一緒に写真撮影<br />・鉄道乗務員の美女と一緒に写真撮影<br />真面目度3<br />・言えない書けない・・・(笑)<br /><br /><スケジュール><br />5/2 羽田-パリ-ワルシャワ-クラクフ(泊) [旅行記1/4]<br />5/3 アウシュビッツ見学 クラクフ-(車中泊)[旅行記1/4]<br />5/4 -リヴィウ-リーヴネ 愛のトンネル見学 -キエフ(泊)[旅行記2/4]<br />5/5 チェルノブイリ見学 キエフ(泊)[旅行記3/4]<br />5/6 キエフ市内観光 キエフ-(車中泊)[旅行記3/4]<br />5/7 -ミンスク ちょこっと観光 -ワルシャワ-パリ-(機中泊)[旅行記4/4]<br />5/8 -成田[旅行記4/4]<br /><br /><br />●本旅行記は4編に分けました。<br /> 本編はそのうちの2/4、5/3夜~5/4の部分です。<br /><br />■フライト<br />JL045  5/2  HND1035  CDG1610<br />LO336 5/2  CDG1940 WAW2150<br />LO3911 5/2  WAW2250 KRK2345<br />LO706 5/7  MSQ1455 WAW1510<br />LO335 5/7  WAW1630  CDG1855<br />JL416  5/7  CDG2155  NRT1630+1<br /><br />■チケット<br />JL区間<br />SEL/TYO/PAR/TYO/SEL の第2・3区間を使用<br />運賃1,400,000KRW+tax<br /><br />LO区間<br />CDG/WAW/KRK//MSQ/WAW/CDG<br />運賃16,800JPY+諸税16,080JPY エクスペディアで購入<br /><br /><br />■ホテル<br />5/2 クラクフ Brama Hostel<br />144PLN=4,405JPY Bookin.comで予約<br /><br />5/4-5 キエフ コザトスキーホテル<br />2,227UAH=9,576JPY Bookin.comで予約<br /><br /><br />■事前手配<br />・アウシュビッツ観光 45PLT=1,302JPY<br />・チェルノブイリツアー 109USD<br />・キエフ-ミンスク間の鉄道 1,702.73UAH=7,148JPY<br /><br /><br />今回もいつもながらのおおまかな腹づもりの計画と、一部はフィックスした予約の中で、こんなにもスムーズに進んだのは久しぶり。いつもの落ち込み感もなく、トラブルもほとんどなく、なんだか逆に怖ろしいような・・・。<br /><br />そんなわけで、あまりにも満足したので、タイトルは満旅(勝手な造語)にしました。<br /><br />

2017新緑満旅(2) 鉄の楽しみ&負の遺産を学ぶ旅 ~ウクライナ・愛のトンネル~

74いいね!

2017/05/03 - 2017/05/04

1位(同エリア165件中)

旅行記グループ 2017GW ヨーロッパ

10

56

2017年のGWは久しぶり(最後に行ったのはドイツマルク時代の1998年なので約20年ぶり)のヨーロッパへ。日本-パリ間のJAL便だけは早々と予約してしまい、そこから先は、最近興味を持ちだした負の遺産を中心に行ったことのないところへ。

しかし、せっかく行くのだから鉄道に乗る、ということは外せないので、鉄路での国境越えを2回組み入れ、ポーランド~ウクライナ~ベラルーシを回ることにしました。

【今回のミッション】
真面目度1
・アウシュビッツ
・愛のトンネル
・チェルノブイリ
・鉄道での国境越え
真面目度2
・ウクライナの美女と一緒に写真撮影
・鉄道乗務員の美女と一緒に写真撮影
真面目度3
・言えない書けない・・・(笑)

<スケジュール>
5/2 羽田-パリ-ワルシャワ-クラクフ(泊) [旅行記1/4]
5/3 アウシュビッツ見学 クラクフ-(車中泊)[旅行記1/4]
5/4 -リヴィウ-リーヴネ 愛のトンネル見学 -キエフ(泊)[旅行記2/4]
5/5 チェルノブイリ見学 キエフ(泊)[旅行記3/4]
5/6 キエフ市内観光 キエフ-(車中泊)[旅行記3/4]
5/7 -ミンスク ちょこっと観光 -ワルシャワ-パリ-(機中泊)[旅行記4/4]
5/8 -成田[旅行記4/4]


●本旅行記は4編に分けました。
 本編はそのうちの2/4、5/3夜~5/4の部分です。

■フライト
JL045 5/2 HND1035 CDG1610
LO336 5/2 CDG1940 WAW2150
LO3911 5/2 WAW2250 KRK2345
LO706 5/7 MSQ1455 WAW1510
LO335 5/7 WAW1630 CDG1855
JL416 5/7 CDG2155 NRT1630+1

■チケット
JL区間
SEL/TYO/PAR/TYO/SEL の第2・3区間を使用
運賃1,400,000KRW+tax

LO区間
CDG/WAW/KRK//MSQ/WAW/CDG
運賃16,800JPY+諸税16,080JPY エクスペディアで購入


■ホテル
5/2 クラクフ Brama Hostel
144PLN=4,405JPY Bookin.comで予約

5/4-5 キエフ コザトスキーホテル
2,227UAH=9,576JPY Bookin.comで予約


■事前手配
・アウシュビッツ観光 45PLT=1,302JPY
・チェルノブイリツアー 109USD
・キエフ-ミンスク間の鉄道 1,702.73UAH=7,148JPY


今回もいつもながらのおおまかな腹づもりの計画と、一部はフィックスした予約の中で、こんなにもスムーズに進んだのは久しぶり。いつもの落ち込み感もなく、トラブルもほとんどなく、なんだか逆に怖ろしいような・・・。

そんなわけで、あまりにも満足したので、タイトルは満旅(勝手な造語)にしました。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
3.5
グルメ
3.5
交通
4.0
同行者
一人旅
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス タクシー 徒歩
航空会社
JAL ポーランド航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 5/3(水)<br /><br />クラクフ駅<br />これから、Lviv Expressという名称のついている、ウクライナのリヴィウ行きの列車に乗車します。

    5/3(水)

    クラクフ駅
    これから、Lviv Expressという名称のついている、ウクライナのリヴィウ行きの列車に乗車します。

  • ホームに上がってみると、座席車ばかり。

    ホームに上がってみると、座席車ばかり。

  • はるか後ろにポツンと色の変わった古ぼけた車両が連結されており、乗車口には女性係員が。チケットを見せると、この車両、そして寝台番号を言われ(チケット記載の番号)ました。<br /><br />さて、どんな車両なのか・・。

    はるか後ろにポツンと色の変わった古ぼけた車両が連結されており、乗車口には女性係員が。チケットを見せると、この車両、そして寝台番号を言われ(チケット記載の番号)ました。

    さて、どんな車両なのか・・。

  • 指定された寝台はたまたま(なのか)特に何も言わなかったものの、下段でした。<br />結果として良かった。<br /><br />チケットは2枚に分かれており、乗車券+寝台券という感じでしょうか。<br /><br /><br />Krakow→Lviv 2等寝台 171.76PLN=5,308JPY(30.9JPY/PLN)

    指定された寝台はたまたま(なのか)特に何も言わなかったものの、下段でした。
    結果として良かった。

    チケットは2枚に分かれており、乗車券+寝台券という感じでしょうか。


    Krakow→Lviv 2等寝台 171.76PLN=5,308JPY(30.9JPY/PLN)

  • ブレブレになってしまいましたが、廊下と片側にドアで個室がズラリ。<br /><br />日本の開放型B寝台と違って個室仕様になっています。

    ブレブレになってしまいましたが、廊下と片側にドアで個室がズラリ。

    日本の開放型B寝台と違って個室仕様になっています。

  • ドアを開けて、指定された寝台へ入ってみます。片側だけ寝台で1室、この状態で2段ならば居心地よいのですが、実際は3段寝台で、下段の背もたれ部を跳ね上げると中段寝台ができあがり。私の部屋は男3人フルだったので、荷物もあるし、イマイチ狭く感じました。部屋には小さなテーブル、そしてテーブルを跳ね上げると洗面スペース(水がちょろちょろ出る)という設備は整っています。<br /><br />深夜に部屋をドンドン叩かれてポーランドの出国手続き、係員がスタンプを持ってきてパスポートに押印しておしまい。そしてしばらくして、今度はウクライナの入国手続きは、係員がパスポートを回収、そして押印済みのパスポートを配布という、特に何も質問もなくおしまい。

    ドアを開けて、指定された寝台へ入ってみます。片側だけ寝台で1室、この状態で2段ならば居心地よいのですが、実際は3段寝台で、下段の背もたれ部を跳ね上げると中段寝台ができあがり。私の部屋は男3人フルだったので、荷物もあるし、イマイチ狭く感じました。部屋には小さなテーブル、そしてテーブルを跳ね上げると洗面スペース(水がちょろちょろ出る)という設備は整っています。

    深夜に部屋をドンドン叩かれてポーランドの出国手続き、係員がスタンプを持ってきてパスポートに押印しておしまい。そしてしばらくして、今度はウクライナの入国手続きは、係員がパスポートを回収、そして押印済みのパスポートを配布という、特に何も質問もなくおしまい。

  • 5/4(木)<br /><br />クラクフ22:10発、リヴィウ7:15着という、寝台車としては理想的な発着時刻(夜中に起こされるという余計なこともありますけど・・)。<br /><br />車掌に、到着時刻を確認したら定時で、クラクフと同じ時間だ、と言うので安心して寝ていたところ、私の時計で6:15過ぎ、列車は大きな駅へ。車内の誰かがリヴィウとか言っていて、車掌もリヴィウだと起こしに来ました。<br /><br />私たちの部屋の3人共にまだ寝ていました。<br />サマータイムの関係なのか、1時間の時差があったようです。<br />あわてて支度をして下車。<br />ホームにおりた時は、もうほとんどの人がいませんでした。

    5/4(木)

    クラクフ22:10発、リヴィウ7:15着という、寝台車としては理想的な発着時刻(夜中に起こされるという余計なこともありますけど・・)。

    車掌に、到着時刻を確認したら定時で、クラクフと同じ時間だ、と言うので安心して寝ていたところ、私の時計で6:15過ぎ、列車は大きな駅へ。車内の誰かがリヴィウとか言っていて、車掌もリヴィウだと起こしに来ました。

    私たちの部屋の3人共にまだ寝ていました。
    サマータイムの関係なのか、1時間の時差があったようです。
    あわてて支度をして下車。
    ホームにおりた時は、もうほとんどの人がいませんでした。

  • リヴィウ駅構内、大きな天井で、まわりにチケット売り場。

    リヴィウ駅構内、大きな天井で、まわりにチケット売り場。

  • これから乗車する、リウネまでのチケットを購入し、予約していたキエフ-ミンスク寝台車の引き換え、スムーズにできました。<br /><br />ウクライナ通貨は、昨夏、東欧をくまなく回ったいつのんさんから余りを分けていただいたので、小銭もあり助かりました。<br /><br /><br />リヴィウ-リウネ 70UAH=301JPY

    これから乗車する、リウネまでのチケットを購入し、予約していたキエフ-ミンスク寝台車の引き換え、スムーズにできました。

    ウクライナ通貨は、昨夏、東欧をくまなく回ったいつのんさんから余りを分けていただいたので、小銭もあり助かりました。


    リヴィウ-リウネ 70UAH=301JPY

  • リヴィウでは列車乗り継ぎだけなので3時間ほど、荷物がじゃまなので駅構内の預り所へ預けておきます。<br /><br />荷物預かり 20UAH=86JPY<br /><br /><br />※UAH(ウクライナフリヴニャ)は、キエフでキャッシングした時のレートで、1UAH=4.3JPYで換算します。

    リヴィウでは列車乗り継ぎだけなので3時間ほど、荷物がじゃまなので駅構内の預り所へ預けておきます。

    荷物預かり 20UAH=86JPY


    ※UAH(ウクライナフリヴニャ)は、キエフでキャッシングした時のレートで、1UAH=4.3JPYで換算します。

  • ロシアはウラジオストクしか行ったことはないし、アジアの旧共産国(中国やベトナム)を除けば、初の共産圏とも言えます。何だか、独特の雰囲気を醸し出しているような駅舎と、そして駅前。

    ロシアはウラジオストクしか行ったことはないし、アジアの旧共産国(中国やベトナム)を除けば、初の共産圏とも言えます。何だか、独特の雰囲気を醸し出しているような駅舎と、そして駅前。

  • 駅前をトラムが走っている、そのトラムもどことなく古びていて、今まで私が見た風景とは明らかに異なる・・ホント異国に地に来たような感じがしました。

    駅前をトラムが走っている、そのトラムもどことなく古びていて、今まで私が見た風景とは明らかに異なる・・ホント異国に地に来たような感じがしました。

  • そんなトラムを眺められるカフェがあったのでここで朝食を。

    そんなトラムを眺められるカフェがあったのでここで朝食を。

  • コーヒーも飲みたかったのに、機器が壊れていたようなので、他に飲物もなさそうだったので食べ物だけ。<br /><br />朝からチキンです。<br /><br />チキン+パン 23.4UAH=101JPY

    コーヒーも飲みたかったのに、機器が壊れていたようなので、他に飲物もなさそうだったので食べ物だけ。

    朝からチキンです。

    チキン+パン 23.4UAH=101JPY

  • リヴィウは、ガイドブックの簡単な地図だけはコピーして持ってきました。しかし、時間もあまりないし、駅前のトラムを見たら急に乗ってみたくなり、路線図を眺めているうち、循環路線があることに気づきました。<br /><br />この9系統のトラム、駅を出発して、駅へ戻ってきます。

    リヴィウは、ガイドブックの簡単な地図だけはコピーして持ってきました。しかし、時間もあまりないし、駅前のトラムを見たら急に乗ってみたくなり、路線図を眺めているうち、循環路線があることに気づきました。

    この9系統のトラム、駅を出発して、駅へ戻ってきます。

  • 始発で、ちょうど止まっていたので乗車。<br /><br />チケットどうする・・・?<br />乗り場近くの売店で売っていたようです、気づかなかったので、車内の若者に聞いたところ運転手からも購入できるとのことで、運転手から購入。そして、車内の穴あけ機のような機器でチケットに穴を開けます(それも教えてくれました)<br /><br />トラム 2UAH=9JPY<br />均一運賃のようです。

    始発で、ちょうど止まっていたので乗車。

    チケットどうする・・・?
    乗り場近くの売店で売っていたようです、気づかなかったので、車内の若者に聞いたところ運転手からも購入できるとのことで、運転手から購入。そして、車内の穴あけ機のような機器でチケットに穴を開けます(それも教えてくれました)

    トラム 2UAH=9JPY
    均一運賃のようです。

  • 車内はプラスチックの椅子、アスファルトや石畳の路面を走りますから、決して乗り心地はいいわけではありません。<br /><br />しかし、のんびりと初めての街中を走るトラムで、ほのぼのとした気持ちになりました。観光地を見なくても、私はこれで十分満足です。

    車内はプラスチックの椅子、アスファルトや石畳の路面を走りますから、決して乗り心地はいいわけではありません。

    しかし、のんびりと初めての街中を走るトラムで、ほのぼのとした気持ちになりました。観光地を見なくても、私はこれで十分満足です。

  • スマホのGPSを見ながらどこを走っているのか適当に確認しながら・・40分ほどで駅に戻ってきました。

    スマホのGPSを見ながらどこを走っているのか適当に確認しながら・・40分ほどで駅に戻ってきました。

  • ウクライナのコンビニのような店。<br /><br />昼食を食べる時間もなさそうなので、ココでパンを購入しました。

    ウクライナのコンビニのような店。

    昼食を食べる時間もなさそうなので、ココでパンを購入しました。

  • 駅へ戻り、荷物を引き取り、9:50発の電車に乗ります。<br /><br />駅構内のトイレは、有料でした。<br />ポーランド(クラクフ駅2.5PLN=73JPY)ほど高くはなく<br /><br />3UAH=13JPY<br />この程度なら気にもなりません。

    駅へ戻り、荷物を引き取り、9:50発の電車に乗ります。

    駅構内のトイレは、有料でした。
    ポーランド(クラクフ駅2.5PLN=73JPY)ほど高くはなく

    3UAH=13JPY
    この程度なら気にもなりません。

  • ホームに上がってみると、隣のホームには無骨な列車が止まっていました。前から見ると機関車のような、しかし電車ですね。見慣れないので新鮮そのもの。

    ホームに上がってみると、隣のホームには無骨な列車が止まっていました。前から見ると機関車のような、しかし電車ですね。見慣れないので新鮮そのもの。

  • 私の乗車する列車が入ってきました。この車両も遠目で見たら、あたかも機関車のような顔つき、しかし電車の運転台。

    私の乗車する列車が入ってきました。この車両も遠目で見たら、あたかも機関車のような顔つき、しかし電車の運転台。

  • 何度見ても機関車みたい・・なんだか楽しくなります。

    何度見ても機関車みたい・・なんだか楽しくなります。

  • こんなローカル電車でも乗車するときは、各車両に1人ずつ配置している車掌がチケットチェックします。<br /><br />車内は、3-3人配置、チケットには座席が指定してあり、決められた座席に座るようです。私の座席は、好みの位置だったので指定された席に座りました。<br /><br />混雑していると、居心地悪くなりますけれど、空いていればそこそこ快適です。

    こんなローカル電車でも乗車するときは、各車両に1人ずつ配置している車掌がチケットチェックします。

    車内は、3-3人配置、チケットには座席が指定してあり、決められた座席に座るようです。私の座席は、好みの位置だったので指定された席に座りました。

    混雑していると、居心地悪くなりますけれど、空いていればそこそこ快適です。

  • 購入したパン、さて何が入っているのか・・。<br />形から考えて、クリームパンを想像していたものの~~~<br /><br />中身は、奇妙な味のする、ラーメンに入っているメンマのようなモノが入っていました。ちょっと食べる気にならず、その後ゴミ箱へ。<br /><br />パン(リヴィウ駅近のショップで購入) 5UAH=22JPY

    購入したパン、さて何が入っているのか・・。
    形から考えて、クリームパンを想像していたものの~~~

    中身は、奇妙な味のする、ラーメンに入っているメンマのようなモノが入っていました。ちょっと食べる気にならず、その後ゴミ箱へ。

    パン(リヴィウ駅近のショップで購入) 5UAH=22JPY

  • 3時間ほどのローカル列車の旅はあっという間に、リウネ駅へ。<br /><br />屋根のない、開放的な駅だこと・・。

    3時間ほどのローカル列車の旅はあっという間に、リウネ駅へ。

    屋根のない、開放的な駅だこと・・。

  • はるか先の跨線橋を渡って行くようです。天気良くて、ポカポカ陽気だからいいけれど、寒かったり雨降りでは、ココを歩いて行くの大変そう。

    はるか先の跨線橋を渡って行くようです。天気良くて、ポカポカ陽気だからいいけれど、寒かったり雨降りでは、ココを歩いて行くの大変そう。

  • 跨線橋の上から、リウネ駅を眺めて(立派)

    跨線橋の上から、リウネ駅を眺めて(立派)

  • 乗ってきた電車も貨物列車の中に埋もれているように停車中。

    乗ってきた電車も貨物列車の中に埋もれているように停車中。

  • さて、愛のトンネルへと向かいます。<br /><br />ネットで先人の記録を見れば、バスで行けることもわかりました。<br />そして、タクシーで行った人は、おおむね20USD~30USD程度を支払っているよう。<br /><br />当初は、バスで往復し、リウネから夜行寝台車でキエフへ入ろうかと思っていました。しかし時間を持て余しそうになってしまうし、とりあえずは見学後はキエフへ行くつもりで、タクシーで往復しようと・・。交渉しなければなりません。

    さて、愛のトンネルへと向かいます。

    ネットで先人の記録を見れば、バスで行けることもわかりました。
    そして、タクシーで行った人は、おおむね20USD~30USD程度を支払っているよう。

    当初は、バスで往復し、リウネから夜行寝台車でキエフへ入ろうかと思っていました。しかし時間を持て余しそうになってしまうし、とりあえずは見学後はキエフへ行くつもりで、タクシーで往復しようと・・。交渉しなければなりません。

  • 列車をおりれば、駅前にはタクシーの運転手がいました。最初に声をかけてきたのが、年配の人のよさそうな人だったので、画像を見せて、往復ということを念押しして値段交渉。<br /><br />先方からは、最初は何も言わず、こちらから希望価格を言えというようなニュアンスだったので、スマホで500UAHを提示したら一発OK。約20USD程度のつもりだったけれど、高すぎるのか。やはりスタートは200~250で、最終的には300~400程度なのかなぁ。もう交渉成立してしまったので、後には引けません。<br /><br />愛のトンネルへ行く途中。<br />あたり一面菜の花、こんな風景見られるなんて思いませんでした。

    列車をおりれば、駅前にはタクシーの運転手がいました。最初に声をかけてきたのが、年配の人のよさそうな人だったので、画像を見せて、往復ということを念押しして値段交渉。

    先方からは、最初は何も言わず、こちらから希望価格を言えというようなニュアンスだったので、スマホで500UAHを提示したら一発OK。約20USD程度のつもりだったけれど、高すぎるのか。やはりスタートは200~250で、最終的には300~400程度なのかなぁ。もう交渉成立してしまったので、後には引けません。

    愛のトンネルへ行く途中。
    あたり一面菜の花、こんな風景見られるなんて思いませんでした。

  • ついでにもう1枚。まるで地平線の彼方まで花のじゅうたんのようでした。

    ついでにもう1枚。まるで地平線の彼方まで花のじゅうたんのようでした。

  • 途中、市内の渋滞と、ガソリンスタンドで給油(10Lだけ??)したりしたので、1時間弱かかって愛のトンネルの入り口まで。<br /><br />バス停からだと歩けなくはないけれど、結構歩く距離ありそうなので、車で良かった(暑かったので、と言う言い訳)。

    途中、市内の渋滞と、ガソリンスタンドで給油(10Lだけ??)したりしたので、1時間弱かかって愛のトンネルの入り口まで。

    バス停からだと歩けなくはないけれど、結構歩く距離ありそうなので、車で良かった(暑かったので、と言う言い訳)。

  • それで、愛のトンネルの入り口はこんな、まぁちょっと木が生い茂っているようか、ってところ。<br /><br />ポーランドでは、曇り空+寒かったのに、ココはもう初夏のようなさわやかな陽気。<br />実は懸念していたことがあって、ヘビが出てくるのではないかと・・。<br />↓<br />出てきませんでした。<br />まだ暑くないからなのか、蚊も全く気になりませんでした。

    それで、愛のトンネルの入り口はこんな、まぁちょっと木が生い茂っているようか、ってところ。

    ポーランドでは、曇り空+寒かったのに、ココはもう初夏のようなさわやかな陽気。
    実は懸念していたことがあって、ヘビが出てくるのではないかと・・。

    出てきませんでした。
    まだ暑くないからなのか、蚊も全く気になりませんでした。

  • 反対側を眺めれば、特に変哲もない鉄路。

    反対側を眺めれば、特に変哲もない鉄路。

  • カップルが木の枝に結ぶのでしょう、スカーフのような布切れを販売していました。

    カップルが木の枝に結ぶのでしょう、スカーフのような布切れを販売していました。

  • で、中へ入って行くと、だんだんとそんな雰囲気に。

    で、中へ入って行くと、だんだんとそんな雰囲気に。

  • tanupamさん、ひとりで寂しかろう~~~<br /><br />こんな画像をLineで送ったら、そんなお言葉が・・・<br />グサリと心の中に(実はひとりでなかったとか、いやひとりでしたよ)。<br /><br />しかし、ホントの気持ちは、ウン十年前に来たかった。<br />私は新婚旅行にスイス鉄道乗りまくりだった(今思えば、よくぞ愚妻がついてきたものだと感心してしまいますが・・)ので、ウクライナなんて思いもつきませんでした。当時もあったのかどうか。

    tanupamさん、ひとりで寂しかろう~~~

    こんな画像をLineで送ったら、そんなお言葉が・・・
    グサリと心の中に(実はひとりでなかったとか、いやひとりでしたよ)。

    しかし、ホントの気持ちは、ウン十年前に来たかった。
    私は新婚旅行にスイス鉄道乗りまくりだった(今思えば、よくぞ愚妻がついてきたものだと感心してしまいますが・・)ので、ウクライナなんて思いもつきませんでした。当時もあったのかどうか。

  • モニュメントのようなものも立っていました。

    モニュメントのようなものも立っていました。

  • トンネル入り口のお土産店でマグネットを購入。<br /><br />1枚15UAH=65JPY<br />と言うので、4枚で50UAHにまけてもらいました。<br /><br />マグネット4枚 50UAH=215JPY

    トンネル入り口のお土産店でマグネットを購入。

    1枚15UAH=65JPY
    と言うので、4枚で50UAHにまけてもらいました。

    マグネット4枚 50UAH=215JPY

  • タクシーと言うのが、実はこの白タク。<br />呼び止められた時は、まさかこんなクラシックカーとは思いもよらなかった。<br /><br />しかし、まぁ、たまにはこんな車でもいいかなぁ、なんてそのままお願いしました。<br />たぶん年金生活者(年齢的にはもらっている年齢、そんな制度があれば、の話)が小遣い稼ぎにやっているようなものでしょう。としたら、3時間たらずのドライブに500UAHは高すぎですよね。<br /><br />ガソリンは意外と高くて、レギュラーで1L=23~25UAH程度でした。<br />リウネからの往復に10Lもかからないと思うけれど、燃費も悪そうだし。

    タクシーと言うのが、実はこの白タク。
    呼び止められた時は、まさかこんなクラシックカーとは思いもよらなかった。

    しかし、まぁ、たまにはこんな車でもいいかなぁ、なんてそのままお願いしました。
    たぶん年金生活者(年齢的にはもらっている年齢、そんな制度があれば、の話)が小遣い稼ぎにやっているようなものでしょう。としたら、3時間たらずのドライブに500UAHは高すぎですよね。

    ガソリンは意外と高くて、レギュラーで1L=23~25UAH程度でした。
    リウネからの往復に10Lもかからないと思うけれど、燃費も悪そうだし。

  • 帰りは、駅ではなく、キエフへのバスが発車しているところへ連れて行ってもらいました。行き1時間、現地30分、帰り30分ってところでしょうか。14:30すぎに戻ってきました。<br /><br />キーエフ<br />って呼び声で、何社かバスがあるようでした。<br /><br />まさか、何社もあるなんてわからなかったので、最初に呼びかけられた人のバスへ。

    帰りは、駅ではなく、キエフへのバスが発車しているところへ連れて行ってもらいました。行き1時間、現地30分、帰り30分ってところでしょうか。14:30すぎに戻ってきました。

    キーエフ
    って呼び声で、何社かバスがあるようでした。

    まさか、何社もあるなんてわからなかったので、最初に呼びかけられた人のバスへ。

  • すぐにでも出発するような雰囲気だったけれども、時間を聞いたら、15時でまだ30分ほどあります。<br /><br />最初にトイレを聞いたら、提携なのか、自分ひとりなら絶対入れないような営業中のレストランのトイレへ連れて行ってもらいました。<br /><br />その後、このスナック売店でホットドッグ購入。

    すぐにでも出発するような雰囲気だったけれども、時間を聞いたら、15時でまだ30分ほどあります。

    最初にトイレを聞いたら、提携なのか、自分ひとりなら絶対入れないような営業中のレストランのトイレへ連れて行ってもらいました。

    その後、このスナック売店でホットドッグ購入。

  • 何やら、野菜等をたくさん入れそうな雰囲気だったので、キャベツだけにしてもらいました。<br /><br />指差しで、入れるか入れないか、をお互いにやりとりするのもナカナカ面白いものです。<br /><br />ホットドッグ 15UAH=65JPY<br />ファンタオレンジ(ペット500) 15UAH=65JPY

    何やら、野菜等をたくさん入れそうな雰囲気だったので、キャベツだけにしてもらいました。

    指差しで、入れるか入れないか、をお互いにやりとりするのもナカナカ面白いものです。

    ホットドッグ 15UAH=65JPY
    ファンタオレンジ(ペット500) 15UAH=65JPY

  • バスターミナル近くの両替所レート。<br /><br />これを見ると、手数料の有無がわからないのだけれど、売りと買いの差が小さくて良心的と言えます。<br /><br />1USD=26.1UAH<br />1UAD=115JPYで計算すれば、1UAH=4.4JPY程度。

    バスターミナル近くの両替所レート。

    これを見ると、手数料の有無がわからないのだけれど、売りと買いの差が小さくて良心的と言えます。

    1USD=26.1UAH
    1UAD=115JPYで計算すれば、1UAH=4.4JPY程度。

  • バスは、高速道路と一般道、途中10か所程度で乗降があり、結局最初から最後まで乗っていたのは私だけでした。<br /><br />ココ、キエフ終点。<br />と言われて、どこですか、ココは?<br />まだ、明るいので昼間の様相ですが、出発から4時間以上経過、19時すぎです。<br /><br />メトロは?<br />と運転手に聞いたところ、すぐ近くにありました。<br />てっきり、キエフ駅まで行くものだと思っていたので、ビックリ。<br /><br />バス代 リウネ-キエフ 160UAH=688JPY<br />4時間も乗車して、距離は200km以上、乗り物はお安い。

    バスは、高速道路と一般道、途中10か所程度で乗降があり、結局最初から最後まで乗っていたのは私だけでした。

    ココ、キエフ終点。
    と言われて、どこですか、ココは?
    まだ、明るいので昼間の様相ですが、出発から4時間以上経過、19時すぎです。

    メトロは?
    と運転手に聞いたところ、すぐ近くにありました。
    てっきり、キエフ駅まで行くものだと思っていたので、ビックリ。

    バス代 リウネ-キエフ 160UAH=688JPY
    4時間も乗車して、距離は200km以上、乗り物はお安い。

  • メトロに乗ります。<br /><br />あぁ、この雰囲気。<br />ソ連時代のそのままのような<br />感動モノ・・。<br /><br />メトロ 4UAH=17JPY

    メトロに乗ります。

    あぁ、この雰囲気。
    ソ連時代のそのままのような
    感動モノ・・。

    メトロ 4UAH=17JPY

  • ウクライナの文字、全くわかりません。<br />路線図を見ながら、私がいるのはどこの駅なのか、聞いてみました。<br /><br />1号線(スヴャトーシノ・ブロヴァールスィカ線)のジトームィルシカ駅(Житомирська)だそうで、私の目的地の駅までそのまま行けそうです。

    ウクライナの文字、全くわかりません。
    路線図を見ながら、私がいるのはどこの駅なのか、聞いてみました。

    1号線(スヴャトーシノ・ブロヴァールスィカ線)のジトームィルシカ駅(Житомирська)だそうで、私の目的地の駅までそのまま行けそうです。

  • メトロで15分ほど、中心部のフレシチャーティク駅へ。<br /><br />噂に聞いていた、長~~~いエスカレータってこれのことか、さらにこの上にもう1本同じくらいの長さのエスカレータがありました。

    メトロで15分ほど、中心部のフレシチャーティク駅へ。

    噂に聞いていた、長~~~いエスカレータってこれのことか、さらにこの上にもう1本同じくらいの長さのエスカレータがありました。

  • しかし、出たところは、イメージしていたところとは全く違う場所。<br />こんな時は、Maps.meが役立ちます。<br /><br />

    しかし、出たところは、イメージしていたところとは全く違う場所。
    こんな時は、Maps.meが役立ちます。

  • キエフの街並みを見ながらホテルへ歩いて行きます。

    キエフの街並みを見ながらホテルへ歩いて行きます。

  • 画像だけ撮っておいて、後で調べたら、ウクライナ独立記念碑だそうです。

    画像だけ撮っておいて、後で調べたら、ウクライナ独立記念碑だそうです。

  • 10分ほど歩いて、キエフのホテル、コザトスキーホテルへ到着。2泊します。<br /><br />このホテルを選んだのは、<br />・チェルノブイリツアーの集合がこのホテル<br />・お値段がリーズナブル<br />・旧共産国風らしい<br /><br />ってこと。<br /><br />ホテルに入って、ビックリ。<br />何より、暗い。

    10分ほど歩いて、キエフのホテル、コザトスキーホテルへ到着。2泊します。

    このホテルを選んだのは、
    ・チェルノブイリツアーの集合がこのホテル
    ・お値段がリーズナブル
    ・旧共産国風らしい

    ってこと。

    ホテルに入って、ビックリ。
    何より、暗い。

  • フロントでチェックイン、前払いだそう、それはいいけど、クレジットカード使えない、キャッシュだけ、って今時そんなのあるかしら。<br /><br />キャッシュありません<br />と話したら、明日でもいい、ということになりました。<br /><br />部屋はツイン。<br />無料のミネラル1本付き。<br />しかし、このミネラル、翌日ももらおうとお願いしたら、1滞在1本だけだそう。何だか、せこいねぇ。

    フロントでチェックイン、前払いだそう、それはいいけど、クレジットカード使えない、キャッシュだけ、って今時そんなのあるかしら。

    キャッシュありません
    と話したら、明日でもいい、ということになりました。

    部屋はツイン。
    無料のミネラル1本付き。
    しかし、このミネラル、翌日ももらおうとお願いしたら、1滞在1本だけだそう。何だか、せこいねぇ。

  • タオルもありますし、アメニティも一通りそろっています。<br />冷蔵庫、スリッパあり、金庫なし、でした。<br /><br />宿泊料2泊 2,227UAH=9,576JPY<br />Bookng.comのキャンペーンで3,000JPYキャッシュバックあったので、6,576JPY。<br /><br />ホテルの近くに銀行ATMがあったので、キャッシングで引き出してすぐに払いました。

    タオルもありますし、アメニティも一通りそろっています。
    冷蔵庫、スリッパあり、金庫なし、でした。

    宿泊料2泊 2,227UAH=9,576JPY
    Bookng.comのキャンペーンで3,000JPYキャッシュバックあったので、6,576JPY。

    ホテルの近くに銀行ATMがあったので、キャッシングで引き出してすぐに払いました。

  • 何だか、お腹も空いていないので、近くのサンドイッチの店(サブウェイのような自分で好きな具材を注文できる店)で、サーモン中心のサンドイッチを購入した部屋で食べて、この日はおやすみなさい。<br /><br />サンドイッチ(サーモン、たまご)74UAH=318JPY<br />ファンタレモン 9.8UAH=42JPY

    何だか、お腹も空いていないので、近くのサンドイッチの店(サブウェイのような自分で好きな具材を注文できる店)で、サーモン中心のサンドイッチを購入した部屋で食べて、この日はおやすみなさい。

    サンドイッチ(サーモン、たまご)74UAH=318JPY
    ファンタレモン 9.8UAH=42JPY

この旅行記のタグ

74いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (10)

開く

閉じる

  • アルデバランさん 2017/05/22 11:21:15
    鉄道旅行、いいですね!
    tanupamさん こんにちわ

    愛のトンネルって、ただ単に木の枝の刈りこみをサボってるだけじゃん
    なんて思うのは爺いのひがみでしょうか(^^;

    我が家のケヤキ2本も隣の家に5m以上、大きくのしかかって大顰蹙
    写真を見て、思いだしました
    造園業者に電話したら、隣の敷地からクレーン車でないと枝を切れないそうで、大出費です

    今回は大作になりそうですね
    ムソルグスキーの展覧会の絵、「キエフの大門」大好きです
    行かれたか、次回報告楽しみにしてます
    鉄道版ムロショットも…

    アルデバラン

    tanupam

    tanupamさん からの返信 2017/05/22 22:39:24
    RE: 鉄道旅行、いいですね!
    アルデバランさん


    こんばんは


    > 愛のトンネルって、ただ単に木の枝の刈りこみをサボってるだけじゃん
    > なんて思うのは爺いのひがみでしょうか(^^;

    的を得た言い方ですね〜〜〜
    自然美、と言えば聞こえはいいかなぁ
    木々の成長が列車とマッチしている、ってとこなんでしょうね。


    > 我が家のケヤキ2本も隣の家に5m以上、大きくのしかかって大顰蹙
    > 写真を見て、思いだしました
    > 造園業者に電話したら、隣の敷地からクレーン車でないと枝を切れないそうで、大出費です

    あらら
    一層のこと、鳥を呼び込んで飛行ルートにでもして、アルデバラン家の
    愛のトンネルでも作ってもらったら・・・

    なんて冗談はさておき、ケヤキの出費は旅行1回行けなくなってしまい
    そうで、心中お察しいたします。

    >
    > 今回は大作になりそうですね
    > ムソルグスキーの展覧会の絵、「キエフの大門」大好きです
    > 行かれたか、次回報告楽しみにしてます
    > 鉄道版ムロショットも…

    キエフの大門
    知りませんでした〜〜〜無知なんで
    ということは、行ってませんね。

    始めて行った、いわゆる東側諸国
    思いのほか気に入ったので、来年のGWも行こうかと考えています。

    アジアの良さはわかりつつ
    ちょっと緊張するような気持ちになれる国々も魅力的です。

    tanupam
  • Halonさん 2017/05/20 11:17:36
    タイムリーな情報をありがとうございます
    今リビウのホステルで久しぶりにフォートラを開いたら、tanupamさんのリビウ編が載っていてびっくりしました。
    実は愛のトンネルまで行くのが面倒になり、キエフ行きのクペを先ほど買ったばかりなので微妙なタイミングで。

    街中のトラムはクラクフとは違って時をさかのぼったような錯覚を覚えました。
    まさかのメンマパンは怖いもの見たさに探してみようかな。

    tanupam

    tanupamさん からの返信 2017/05/21 11:42:01
    RE: タイムリーな情報をありがとうございます
    Halonさん

    こんにちは


    > 今リビウのホステルで久しぶりにフォートラを開いたら、tanupamさんのリビウ編が載っていてびっくりしました。

    あらら
    神出鬼没のHalonさん
    ウクライナを徘徊(?)中とは・・・

    いろいろと楽しんでいらっしゃるのでしょうか。
    しかし、奇遇ですね。


    > 実は愛のトンネルまで行くのが面倒になり、キエフ行きのクペを先ほど買ったばかりなので微妙なタイミングで。

    おお、そうなんですか。
    交通不便だし、お値段は安くても、ちょっと面倒かもしれませんね。
    ただ、新緑の季節で、青々として樹木が映えていました。
    とは言え、一人で行くのもなんとやら・・・でしょうか。


    > 街中のトラムはクラクフとは違って時をさかのぼったような錯覚を覚えました。
    > まさかのメンマパンは怖いもの見たさに探してみようかな。

    トラムは確かに、年代と、そして東側を感じさせます。
    私は、初めての東欧圏だったので、感動モノでした。
    得体のしれないパン、買ってみてください。

    道中、この先もお気をつけて!

    tanupam


    (掲示板の件、了解しました)

  • 旅太郎のお母さんさん 2017/05/19 13:11:30
    リビウ!
    tanupamさん

    こんにちは。ウクライナ旅行記待ってました〜♪
    ちょうど来月、キエフ&リビウに行きますので、リビウの様子が分かって良かったです!
    街並みもきれいらしいんですが、tanupamさんの乗られた9番トラム、40分で1周できるならお手軽ですね。乗ってみようかな。

    そして前号のクラクフ、ここは去年、同じくGWに家族で行きましたので懐かしかったです!!
    アウシュビッツは子供にはなぁ、ということで敬遠したのですが、さすがに重々しい気持ちになるのですね。。でもいつかは行ってみたい。

    次号も楽しみにしております!


    旅太郎のお母さん

    tanupam

    tanupamさん からの返信 2017/05/21 12:03:23
    RE: リビウ!
    飛びすぎお母さん〜〜〜


    こんにちは
    いつもありがとうございます。

    > ちょうど来月、キエフ&リビウに行きますので、リビウの様子が分かって良かったです!
    > 街並みもきれいらしいんですが、tanupamさんの乗られた9番トラム、40分で1周できるならお手軽ですね。乗ってみようかな。

    ほとんど観光らしき観光していないのでお役にたつかどうか・・
    私は乗り物乗っていれば幸せ感じてしまうので〜〜〜。

    トラムは10円たらずなので、時間あったらぜひ1周を。
    他にも何路線かありますので、お値段安いし、利用価値あるかと思います。



    > そして前号のクラクフ、ここは去年、同じくGWに家族で行きましたので懐かしかったです!!
    > アウシュビッツは子供にはなぁ、ということで敬遠したのですが、さすがに重々しい気持ちになるのですね。。でもいつかは行ってみたい。


    確かに、旅太郎さんには、まだ連れて行っても理解しづらいし
    ちょっと重いかもしれません。中学校で世界史を勉強する頃な
    らば、ちょうどいいタイミングなんでしょう。

    クラフクも、アウシュビッツ行っただけで、あとはほとんど観光
    らしき観光もなくて、せっかくのヨーロッパなので、メインどころ
    行けばよかったなぁ、なんて今更ながら思っています。


    > 次号も楽しみにしております!

    頑張ります・・・

    お母さんの旅行記も引き続き・・。
    プファーって満足顔を思い浮かべながら〜〜〜〜


    tanupam
  • haraboさん 2017/05/19 13:02:22
    気になるミッション3
    tanupamさん、こんにちは!

    ウクライナへ行かれていたんですね。
    なんか旧ソ連、共産国ってワクワクしませんか?
    ボクは、スパイ映画の見過ぎかもしれませんが
    旧共産国の列車内の夜の出入国。
    勝手にtanupamさんの旅行記でワクワクドキドキしちゃいました。

    でも特に何も質問もなくおしまいなんですね。
    時代は変わりましたね。昔なら何時間もかかっていたかも・・・

    それにしても爆睡で・・・
    リヴィウが終点で良かったですね。

    そして共産国っぽい無骨な列車、大好きです。
    無骨でありながら良く見るとかわいい顔してますね。

    愛のトンネルは知りませんでした。
    あの写真を見ると行ってみたくなります。
    いつかはウクライナかな?いつになることやら・・・

    ところで真面目度3のミッションは達成できました?( 一一)

    それでは〜
    harabo

    tanupam

    tanupamさん からの返信 2017/05/21 11:56:37
    RE: 気になるミッション3
    haraboさん


    こんにちは
    いつもありがとうございます。

    > ウクライナへ行かれていたんですね。
    > なんか旧ソ連、共産国ってワクワクしませんか?
    > ボクは、スパイ映画の見過ぎかもしれませんが

    初めての東欧圏だったので、ワクワクしどおし・・
    ポーランドから、旧ソ連に近づくにつれて、ウクライナ
    は入って駅に着いたときは、まだまだ昔の面影(ホント
    の昔はこの目で見たことありませんけど)残っている
    なぁ、なんて感動ものでした。


    > 旧共産国の列車内の夜の出入国。
    > 勝手にtanupamさんの旅行記でワクワクドキドキしちゃいました。
    > でも特に何も質問もなくおしまいなんですね。
    > 時代は変わりましたね。昔なら何時間もかかっていたかも・・・

    ポーランド→ウクライナ
    もう何にもなし、パスポートを持って行って返してもらうだけ

    ウクライナ→ベラルーシ
    寝台車の部屋(たまたま4人部屋に1人)入ってきて、座席に
    座って、無言でパスポートチェック
    この入国審査官の方、女性で美しい方
    話しかけたくても話しかけられない・・・そんな気持ちでした。



    > それにしても爆睡で・・・
    > リヴィウが終点で良かったですね。

    確かに。
    それにしても、乗務員も時差知らないとは・・いい加減すぎ
    まぁ、これが外国なんでしょうね。


    > そして共産国っぽい無骨な列車、大好きです。
    > 無骨でありながら良く見るとかわいい顔してますね。

    機関車のような無骨な電車
    写真で見るのと、実際に乗ってみるのと、やっぱり実物は
    いいですよね。

    先進国の洗練されたステンレス車両とは違って重厚な存在感
    haraboさん
    の言われる通りです。

    実は、東欧一気に気に入りました。
    今まで何で行ったことなかったんだろう〜〜

    >
    > 愛のトンネルは知りませんでした。
    > あの写真を見ると行ってみたくなります。
    > いつかはウクライナかな?いつになることやら・・・

    お手手つないで・・
    ですよ、愛のトンネル行く時は。
    ぜひ、温めておいてくださいませ!

    >
    > ところで真面目度3のミッションは達成できました?( 一一)

    不完全ながら一応、というのがお答えかなぁ。
    しかし、書けない言えない(恥ずかしすぎるので、笑)


    tanupam

    harabo

    haraboさん からの返信 2017/05/21 15:04:06
    RE: RE: 気になるミッション3
    > 不完全ながら一応、というのがお答えかなぁ。
    > しかし、書けない言えない(恥ずかしすぎるので、笑)

    ますます気になる(ーー;)

    harabo

    tanupam

    tanupamさん からの返信 2017/05/21 16:44:53
    RE: RE: RE: 気になるミッション3
    > > 不完全ながら一応、というのがお答えかなぁ。
    > > しかし、書けない言えない(恥ずかしすぎるので、笑)
    >
    > ますます気になる(ーー;)


    今度、盃とともに〜〜〜

tanupamさんのトラベラーページ

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ウクライナで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ウクライナ最安 380円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ウクライナの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集