魚沼・小出旅行記(ブログ) 一覧に戻る
南魚沼市六日町(むいかまち)周辺はカタクリの群生地が4ヶ所もあり、4/下~5/中にカタクリや山野草の花々を楽しむことができます。<br /><br />今日は上越線の電車から新緑の山景色を眺めながら六日町へ向かい、坂戸山(さかどやま)のカタクリ群生地を訪れます。<br /><br />表紙の写真は、珍しい白いカタクリの花です。<br /><br />2019-5-26 毛渡沢橋梁をレンガ造りから石積み鉄橋に変更<br />

雪解けの坂戸山から顔を出す「カタクリと山野草の花々」 2017(新潟県六日町)

90いいね!

2017/04/23 - 2017/04/23

12位(同エリア186件中)

0

53

南魚沼市六日町(むいかまち)周辺はカタクリの群生地が4ヶ所もあり、4/下~5/中にカタクリや山野草の花々を楽しむことができます。

今日は上越線の電車から新緑の山景色を眺めながら六日町へ向かい、坂戸山(さかどやま)のカタクリ群生地を訪れます。

表紙の写真は、珍しい白いカタクリの花です。

2019-5-26 毛渡沢橋梁をレンガ造りから石積み鉄橋に変更

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
JRローカル 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 新前橋電車区(車窓)<br /><br />高崎から上越線に乗ると、新前橋でいろいろな電車を見ることができます。<br /><br />特急「あかぎ・草津」の651系、湘南色の115系、イベント列車「宴」の485系などが並んでいます。<br />

    新前橋電車区(車窓)

    高崎から上越線に乗ると、新前橋でいろいろな電車を見ることができます。

    特急「あかぎ・草津」の651系、湘南色の115系、イベント列車「宴」の485系などが並んでいます。

  • 渋川を過ぎると(車窓)<br /><br />吾妻川(左)が利根川と合流する地点を渡ります。<br />

    渋川を過ぎると(車窓)

    吾妻川(左)が利根川と合流する地点を渡ります。

  • 利根川と榛名連峰(車窓)<br /><br />榛名連峰の右側に伊香保の温泉街が見えます。<br />

    利根川と榛名連峰(車窓)

    榛名連峰の右側に伊香保の温泉街が見えます。

  • ウコン桜(車窓)<br /><br />津久田駅ではウコンが満開。<br />

    ウコン桜(車窓)

    津久田駅ではウコンが満開。

  • 利根川の綾戸ダム(車窓)<br /><br />岩本付近です。<br />

    利根川の綾戸ダム(車窓)

    岩本付近です。

  • ややっ、上越新幹線(車窓)<br /><br />後閑(ごかん)で、2階建て新幹線が通過するところを見かけます。<br /><br />桜が満開です。<br />

    ややっ、上越新幹線(車窓)

    後閑(ごかん)で、2階建て新幹線が通過するところを見かけます。

    桜が満開です。

  • 雪の谷川岳(車窓)<br /><br />上牧(かみもく)から上越国境の谷川岳が見えます。<br /><br />上越線は谷川岳を清水トンネルで抜けます。<br />

    雪の谷川岳(車窓)

    上牧(かみもく)から上越国境の谷川岳が見えます。

    上越線は谷川岳を清水トンネルで抜けます。

  • 諏訪峡(車窓)<br /><br />水上(みなかみ)付近です。<br />

    諏訪峡(車窓)

    水上(みなかみ)付近です。

  • 古い石積みの鉄橋(車窓)<br /><br />上越線下りの新清水トンネルを抜けると土樽(つちたる)駅。<br />その先に昭和6年(1931)築の石積みの毛渡沢(けどざわ)橋梁があります。<br /><br />当時は単線の橋梁。現在は上り線の橋梁に使用されています。<br /><br />フジテレビのザ・ベストハウス123「日本の美しい鉄道橋」で第2位に選ばれたところです。<br />

    古い石積みの鉄橋(車窓)

    上越線下りの新清水トンネルを抜けると土樽(つちたる)駅。
    その先に昭和6年(1931)築の石積みの毛渡沢(けどざわ)橋梁があります。

    当時は単線の橋梁。現在は上り線の橋梁に使用されています。

    フジテレビのザ・ベストハウス123「日本の美しい鉄道橋」で第2位に選ばれたところです。

  • 里山風景と八海山(車窓)<br /><br />上越国際スキー場前付近です。<br /><br />田園地帯から南魚沼産の美味しいお米がとれます。<br />

    里山風景と八海山(車窓)

    上越国際スキー場前付近です。

    田園地帯から南魚沼産の美味しいお米がとれます。

  • 六日町(むいかまち)に到着<br /><br />川崎の自宅から普通電車で5時間ほどかかりましたが、上越線の車窓を楽しむことができました。<br />

    六日町(むいかまち)に到着

    川崎の自宅から普通電車で5時間ほどかかりましたが、上越線の車窓を楽しむことができました。

  • 坂戸山(さかどやま)の案内図<br /><br />六日町駅から魚野川を渡り、登山口の鳥坂神社まで歩いて15分ほど。<br /><br />薬師尾根コースに入り、途中から一本杉、城坂コースをまわり戻ることにします。<br /><br />標高634mの坂戸山の山頂付近には残雪があることと、花を見ることが目的なのでこのコースでも楽しめます。<br />

    坂戸山(さかどやま)の案内図

    六日町駅から魚野川を渡り、登山口の鳥坂神社まで歩いて15分ほど。

    薬師尾根コースに入り、途中から一本杉、城坂コースをまわり戻ることにします。

    標高634mの坂戸山の山頂付近には残雪があることと、花を見ることが目的なのでこのコースでも楽しめます。

  • 坂戸山<br /><br />薬師尾根コースの山麓付近にベニザクラが咲いています。<br />

    坂戸山

    薬師尾根コースの山麓付近にベニザクラが咲いています。

  • しだれ桜と金城山(きんじょうさん)<br /><br />魚野川の川べりに桜並木があります。<br /><br />標高1,369mの金城山には雪が残っています。<br />

    しだれ桜と金城山(きんじょうさん)

    魚野川の川べりに桜並木があります。

    標高1,369mの金城山には雪が残っています。

  • 魚野川<br /><br />魚野川は谷川岳を源とし、魚沼地方を流れ、信濃川と合流します。<br />

    魚野川

    魚野川は谷川岳を源とし、魚沼地方を流れ、信濃川と合流します。

  • 看板「雪国の屋根救助隊」の「やねこ」<br /><br />雪国用IB雨どいとは、雪や木の葉が滑り落ち、雨水が雨どいに入る優れものだそうです。<br />

    看板「雪国の屋根救助隊」の「やねこ」

    雪国用IB雨どいとは、雪や木の葉が滑り落ち、雨水が雨どいに入る優れものだそうです。

  • 石仏がお出迎え<br /><br />鳥坂神社から薬師尾根コースに入り、急坂を登り始めます。<br />

    石仏がお出迎え

    鳥坂神社から薬師尾根コースに入り、急坂を登り始めます。

  • ありました!カタクリ<br />

    ありました!カタクリ

  • 青空映えるベニヤマザクラ<br />

    青空映えるベニヤマザクラ

  • 濃い紅色のベニヤマザクラ<br />

    濃い紅色のベニヤマザクラ

  • カタクリの群落<br />

    カタクリの群落

  • 可憐なカタクリ<br />

    可憐なカタクリ

  • キクザキイチゲ<br />

    キクザキイチゲ

  • ベニヤマザクラ<br />

    ベニヤマザクラ

  • 眺望のいい薬師尾根コース<br /><br />電波塔のある枡形山が見えます。<br />

    眺望のいい薬師尾根コース

    電波塔のある枡形山が見えます。

  • 角ばった太源太山(だいげんたさん)<br /><br />谷川連峰の方角に見えます。<br />

    角ばった太源太山(だいげんたさん)

    谷川連峰の方角に見えます。

  • ベニヤマザクラの並木<br />

    イチオシ

    ベニヤマザクラの並木

  • イワウチワ<br /><br />一本杉への分かれ道よりさらに登ったあたりに咲いています。<br /><br />名前は葉の形が団扇に似ていることが由来です。<br />

    イワウチワ

    一本杉への分かれ道よりさらに登ったあたりに咲いています。

    名前は葉の形が団扇に似ていることが由来です。

  • お洒落なイワウチワ<br />

    お洒落なイワウチワ

  • イワウチワ<br />

    イワウチワ

  • タムシバ<br /><br />コブシの花と似ています。<br /><br />コブシは花の下に葉がついており、タムシバは花の下に葉がないので見分けがつきます。<br /><br />タムシバは日本海側の山地に多く生えています。<br />

    タムシバ

    コブシの花と似ています。

    コブシは花の下に葉がついており、タムシバは花の下に葉がないので見分けがつきます。

    タムシバは日本海側の山地に多く生えています。

  • ショウジョウバカマ<br />

    ショウジョウバカマ

  • 淡紅色のイワウチワ<br />

    イチオシ

    淡紅色のイワウチワ

  • イワウチワの群落<br /><br />薬師尾根コースの中腹から上はイワウチワの花畑になります。<br /><br />このあたりで、道を戻ります。<br />

    イワウチワの群落

    薬師尾根コースの中腹から上はイワウチワの花畑になります。

    このあたりで、道を戻ります。

  • 淡紅色のショウジョウバカマ<br />

    淡紅色のショウジョウバカマ

  • 紫色のショウジョウバカマ<br /><br />薬師尾根コースから分岐する横道を通り、一本杉へ向かいます。<br />

    紫色のショウジョウバカマ

    薬師尾根コースから分岐する横道を通り、一本杉へ向かいます。

  • 雪が残る一本杉への道<br /><br />沢を2ヶ所越えるところに雪が残っています。<br /><br />スニーカーでしたが、どうにかクリアーしました。<br />

    雪が残る一本杉への道

    沢を2ヶ所越えるところに雪が残っています。

    スニーカーでしたが、どうにかクリアーしました。

  • 一本杉付近のカタクリ<br />

    一本杉付近のカタクリ

  • キクザキイチゲ<br />

    キクザキイチゲ

  • カタクリの咲く山道<br /><br />一本杉から城坂コースを少し登ります。<br />

    カタクリの咲く山道

    一本杉から城坂コースを少し登ります。

  • 白と紫色のカタクリ<br /><br />数万株に1株と言われる白いカタクリを偶然見つけました。<br />

    イチオシ

    白と紫色のカタクリ

    数万株に1株と言われる白いカタクリを偶然見つけました。

  • カタクリのお花畑<br /><br />城坂コースの両側はカタクリの宝庫です。<br />

    イチオシ

    カタクリのお花畑

    城坂コースの両側はカタクリの宝庫です。

  • 仲のいいカタクリ<br />

    イチオシ

    仲のいいカタクリ

  • カタクリの道<br /><br />頂上へ行かなくても、カタクリのお花畑に満足。<br /><br />このあたりで下山します。<br />

    カタクリの道

    頂上へ行かなくても、カタクリのお花畑に満足。

    このあたりで下山します。

  • ムラサキケマン<br /><br />紅紫色の花が茎の上にびっしりと総状につきます。<br />

    ムラサキケマン

    紅紫色の花が茎の上にびっしりと総状につきます。

  • 「いこいの森」を通ります<br /><br />ここにもカタクリが咲いています。<br />

    「いこいの森」を通ります

    ここにもカタクリが咲いています。

  • カタクリと白いキクザキイチゲ<br />

    イチオシ

    カタクリと白いキクザキイチゲ

  • またまた、白いカタクリ発見!<br /><br />運を使いすぎたかな??<br />

    またまた、白いカタクリ発見!

    運を使いすぎたかな??

  • 色の濃いカタクリ<br /><br />家臣屋敷跡付近です。<br />

    色の濃いカタクリ

    家臣屋敷跡付近です。

  • ネコヤナギ<br /><br />この後、銭淵公園を通り、六日町駅へ戻ります。<br />

    ネコヤナギ

    この後、銭淵公園を通り、六日町駅へ戻ります。

  • 六日町からほくほく線に乗車<br /><br />六日町~越後湯沢間は上越線だけでなく、ほくほく線も走っています。<br />

    六日町からほくほく線に乗車

    六日町~越後湯沢間は上越線だけでなく、ほくほく線も走っています。

  • まもなく越後湯沢<br /><br />谷川岳が見えます。<br />

    まもなく越後湯沢

    谷川岳が見えます。

  • 夕食は「へぎ蕎麦」<br /><br />越後湯沢駅ビルの小嶋屋で、喉越しのいい「へぎ蕎麦」に、天ぷら、ビールで〆にします。<br /><br />来年は時期をずらし、坂戸山頂上付近のカタクリ群落を見に行きたいです。<br />

    夕食は「へぎ蕎麦」

    越後湯沢駅ビルの小嶋屋で、喉越しのいい「へぎ蕎麦」に、天ぷら、ビールで〆にします。

    来年は時期をずらし、坂戸山頂上付近のカタクリ群落を見に行きたいです。

この旅行記のタグ

90いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

魚沼・小出の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集