ル・マン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
フランス北西部、サルト県の県都であるル・マンを訪れました。ル・マン24時間レースが開催されることで有名なこの町は、帝政ローマの遺跡や、中世の佇まいを遺す旧市街の美しい街並みでも知られています。<br />★保存状態が良く、世界遺産候補にもなったという旧市街を散策<br />★タイミングよく開催されていたル・マン クラシックを観戦<br /><br />[いただいた郷土料理/ご当地グルメ]<br />◎リエット

ル・マン_Le Mans 24時間レース!...のみならず、中世が色濃く残る旧市街でも知られる町

35いいね!

2016/07/09 - 2016/07/10

3位(同エリア43件中)

0

81

RAINDANCE

RAINDANCEさん

フランス北西部、サルト県の県都であるル・マンを訪れました。ル・マン24時間レースが開催されることで有名なこの町は、帝政ローマの遺跡や、中世の佇まいを遺す旧市街の美しい街並みでも知られています。
★保存状態が良く、世界遺産候補にもなったという旧市街を散策
★タイミングよく開催されていたル・マン クラシックを観戦

[いただいた郷土料理/ご当地グルメ]
◎リエット

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
3.5
グルメ
4.0
同行者
その他
一人あたり費用
50万円 - 100万円
交通手段
徒歩 飛行機
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • フランスの玄関、パリ・シャルル・ド・ゴール空港のTGV駅。

    フランスの玄関、パリ・シャルル・ド・ゴール空港のTGV駅。

  • レンヌ行きへ乗り、ル・マンへ向かいます。

    レンヌ行きへ乗り、ル・マンへ向かいます。

  • ル・マン駅に到着。

    ル・マン駅に到着。

  • ル・マン駅の東口。

    ル・マン駅の東口。

  • その真横に建つ「アイビス・スタイルス・ルマン・ガール・スッド(ibis Styles Le Mans Centre Gare Sud)」が、この日の宿です。

    その真横に建つ「アイビス・スタイルス・ルマン・ガール・スッド(ibis Styles Le Mans Centre Gare Sud)」が、この日の宿です。

  • フロントとラウンジ。

    フロントとラウンジ。

  • 客室。

    客室。

  • 設備やアメニティは普通、ですが駅の真ん前で至便な割にそう高くはなく満足です。

    設備やアメニティは普通、ですが駅の真ん前で至便な割にそう高くはなく満足です。

  • バスルーム。ビジネス系のホテルなのでアメニティは、タオルと頭とボディ兼用のソープがあるだけです。

    バスルーム。ビジネス系のホテルなのでアメニティは、タオルと頭とボディ兼用のソープがあるだけです。

  • 客室の窓から見る駅前のロータリー。

    客室の窓から見る駅前のロータリー。

  • チェックイン後、夕食を兼ねて少し街歩きへ。こちらが駅の北口、駅前の広場は広くこちら口がメインですね。

    チェックイン後、夕食を兼ねて少し街歩きへ。こちらが駅の北口、駅前の広場は広くこちら口がメインですね。

  • 駅の正面から伸びる、トラムが走るジェネラル・ルクレール通り。

    駅の正面から伸びる、トラムが走るジェネラル・ルクレール通り。

  • で夕食は、その通りに面するレストラン「ル・ベルフォンテーヌ(Le Bellifontain)」にて。

    で夕食は、その通りに面するレストラン「ル・ベルフォンテーヌ(Le Bellifontain)」にて。

  • 小さなお店ですが、某有名口コミサイトでは高評価のレストランです。

    小さなお店ですが、某有名口コミサイトでは高評価のレストランです。

  • アミューズに出てきたのは「リエット」。豚肉等を使ったパテの様な、この地方の郷土料理です。<br /><br />

    アミューズに出てきたのは「リエット」。豚肉等を使ったパテの様な、この地方の郷土料理です。

  • いきなり赤ワインでも合うアミューズ。

    いきなり赤ワインでも合うアミューズ。

  • エビとリンゴのサラダ、マドラスカレー添え。

    エビとリンゴのサラダ、マドラスカレー添え。

  • メインはステーキ。

    メインはステーキ。

  • デザートのシャーベット。

    デザートのシャーベット。

  • ということで、この日は移動の疲れもあり早めに休みます。

    ということで、この日は移動の疲れもあり早めに休みます。

  • 翌朝...

    翌朝...

  • 駅の北口からトラムに乗って、旧市街方面へ向かいます。

    駅の北口からトラムに乗って、旧市街方面へ向かいます。

  • 歩いても行けるのですが(駅から旧市街へは20分くらい)、トラムを活用すると便利。

    歩いても行けるのですが(駅から旧市街へは20分くらい)、トラムを活用すると便利。

  • ジャコバン広場(Place des Jacobins)に着きました。その隣に広がる旧市街に鎮座するサン・ジュリアン大聖堂(Cathedrale Saint Julien-Le Mans)。

    ジャコバン広場(Place des Jacobins)に着きました。その隣に広がる旧市街に鎮座するサン・ジュリアン大聖堂(Cathedrale Saint Julien-Le Mans)。

  • フライング・バットレス(飛梁)が美しい教会。

    フライング・バットレス(飛梁)が美しい教会。

  • 広場では朝市が開かれていました。

    広場では朝市が開かれていました。

  • ここから旧市街へ入ってみましょう。

    ここから旧市街へ入ってみましょう。

  • 旧市街に入り、まずは大聖堂へ。

    旧市街に入り、まずは大聖堂へ。

  • この聖堂は、4世紀初めにル・マン最初のキリスト司教となった、サン・ジュリアン・ドゥ・マンに捧げられたのが起源だそうです。

    この聖堂は、4世紀初めにル・マン最初のキリスト司教となった、サン・ジュリアン・ドゥ・マンに捧げられたのが起源だそうです。

  • 現在の聖堂は11~15世紀に建てられたもので、フレンチゴシックとロマネスクなどが融合されているとのこと。

    現在の聖堂は11~15世紀に建てられたもので、フレンチゴシックとロマネスクなどが融合されているとのこと。

  • 聖堂は、旧市街エリアの北東の端に有りますので、ここから南西へ向かい旧市街を一周します。

    聖堂は、旧市街エリアの北東の端に有りますので、ここから南西へ向かい旧市街を一周します。

  • ところで、やけにクラシックカーが多いです。

    ところで、やけにクラシックカーが多いです。

  • この理由は後ほど。

    この理由は後ほど。

  • 中世の保存状態の良いことで知られる旧市街。

    中世の保存状態の良いことで知られる旧市街。

  • 帝政ローマ支配下のガリア(現在のフランス)時代の城壁、こちらもフランスとしては保存状態の良いものらしい。

    帝政ローマ支配下のガリア(現在のフランス)時代の城壁、こちらもフランスとしては保存状態の良いものらしい。

  • 旧市街の下を貫くトンネル。ル・マン24時間レースの際は、出走車がここをパレードします。

    旧市街の下を貫くトンネル。ル・マン24時間レースの際は、出走車がここをパレードします。

  • 旧市街への門。

    旧市街への門。

  • 謎のカタツムリ。

    謎のカタツムリ。

  • 旧市街の高台からサルト川を挟んで西側に見えるのは、ノートルダム・デュ・プレ教会。元は11~12世紀に建てられたもので、15世紀にゴシック様式部が増築された様です。

    旧市街の高台からサルト川を挟んで西側に見えるのは、ノートルダム・デュ・プレ教会。元は11~12世紀に建てられたもので、15世紀にゴシック様式部が増築された様です。

  • 市街の南西の端に近づいてきました。人気のレストランが集中しているエリアです。

    市街の南西の端に近づいてきました。人気のレストランが集中しているエリアです。

  • サント・ブノア教会。起源は12世紀で、15~16世紀に再建されたのちに荒廃しましたが、1903年に復元されたそうです。

    サント・ブノア教会。起源は12世紀で、15~16世紀に再建されたのちに荒廃しましたが、1903年に復元されたそうです。

  • その内部。

    その内部。

  • サン・ピエール広場。

    サン・ピエール広場。

  • 広場に面する市役所(Mairie)。

    広場に面する市役所(Mairie)。

  • ほぼ一周したところで、世界遺産候補にもなったと言われる、中世の街並みが良く保存された旧市街を後にします。

    ほぼ一周したところで、世界遺産候補にもなったと言われる、中世の街並みが良く保存された旧市街を後にします。

  • さて、再びトラムに乗って、ル・マン市南部の郊外へ向かいます。

    さて、再びトラムに乗って、ル・マン市南部の郊外へ向かいます。

  • この日は、ル・マン24時間レースで有名なサルト・サーキットにおいて「ル・マン クラシック」が開催されていました。

    この日は、ル・マン24時間レースで有名なサルト・サーキットにおいて「ル・マン クラシック」が開催されていました。

  • やけにクラシックカーを多く見かけると思ったら、そういうことでしたか。

    やけにクラシックカーを多く見かけると思ったら、そういうことでしたか。

  • こちらがチケット売り場。

    こちらがチケット売り場。

  • サーキットに入場。早速目に入るのはダンロップブリッジ。

    サーキットに入場。早速目に入るのはダンロップブリッジ。

  • 当然ながら来場者は車好きが多く、様々な車が停まっていました。<br />これは、フェラーリ308GTB?

    当然ながら来場者は車好きが多く、様々な車が停まっていました。
    これは、フェラーリ308GTB?

  • ポルシェターボ。

    ポルシェターボ。

  • スーパーセブン。

    スーパーセブン。

  • フェラーリ512BB

    フェラーリ512BB

  • ...などなど、1970年代のスーパーカーブーム世代と思われる旧車好きが集まってる様です。

    ...などなど、1970年代のスーパーカーブーム世代と思われる旧車好きが集まってる様です。

  • ダンロップスタンドは別料金。

    ダンロップスタンドは別料金。

  • スタンドでビールを買うと、ル・マンのスペシャルコップで出てきます。お土産がてら持ち帰り。

    スタンドでビールを買うと、ル・マンのスペシャルコップで出てきます。お土産がてら持ち帰り。

  • 皆さん、思い思いに寛ぎながらレース鑑賞。

    皆さん、思い思いに寛ぎながらレース鑑賞。

  • 爆音を立てて走るクラシックなレーシングカー。

    爆音を立てて走るクラシックなレーシングカー。

  • 私も車とバイクは好きな方ですが、サーキットでのレース観戦は初めての経験でした。

    私も車とバイクは好きな方ですが、サーキットでのレース観戦は初めての経験でした。

  • レース観戦の後は、サーキットに併設されている「ル・マン24時間 博物館」へ。

    レース観戦の後は、サーキットに併設されている「ル・マン24時間 博物館」へ。

  • チケット売り場。

    チケット売り場。

  • ル・マン24時間レースを彩った車たちが展示されています。

    ル・マン24時間レースを彩った車たちが展示されています。

  • 1966年にフォードの初優勝となったGT40。

    1966年にフォードの初優勝となったGT40。

  • 1999年に6位のクレージュC52ニッサン

    1999年に6位のクレージュC52ニッサン

  • 1991年に優勝したマツダ787B。日本車で史上唯一の覇者、その時は生中継で見てましたが感動しました。

    1991年に優勝したマツダ787B。日本車で史上唯一の覇者、その時は生中継で見てましたが感動しました。

  • 1994年に2位のトヨタ94CV。

    1994年に2位のトヨタ94CV。

  • 博物館だけに歴史を感じられるものも。<br />1923年の第1回優勝、地元フランスのシェナール&ウォルカー。

    博物館だけに歴史を感じられるものも。
    1923年の第1回優勝、地元フランスのシェナール&ウォルカー。

  • 1927年に優勝のブガッティ。<br />...などなど、ル・マン24時間の歴史を感じることが出来ました。

    1927年に優勝のブガッティ。
    ...などなど、ル・マン24時間の歴史を感じることが出来ました。

  • コンテナで造られた、コースを展望できるカフェを横目に、そろそろサーキットを後にします。

    コンテナで造られた、コースを展望できるカフェを横目に、そろそろサーキットを後にします。

  • ル・マンの市街に戻ってきました。こちらはレピュブリック広場、レースの際には車検場となるそうです。

    ル・マンの市街に戻ってきました。こちらはレピュブリック広場、レースの際には車検場となるそうです。

  • 広場の片隅に建つ教会(右)。

    広場の片隅に建つ教会(右)。

  • ディナーの時間が近いですが、その前にテラスバーでビールでも。

    ディナーの時間が近いですが、その前にテラスバーでビールでも。

  • で、ディナーは旧市街の美味しいレストランエリアの「ラ・メゾネット(La MaiSonnette)」。看板が光って読めませんが...

    で、ディナーは旧市街の美味しいレストランエリアの「ラ・メゾネット(La MaiSonnette)」。看板が光って読めませんが...

  • まずは白ワイン。

    まずは白ワイン。

  • 欧州はメインの肉料理がガッツリなので、最初はなるべくサラダを選ぶようにしてます。

    欧州はメインの肉料理がガッツリなので、最初はなるべくサラダを選ぶようにしてます。

  • で、お約束の大きめビーフステーキ。ですが、脂身は少ないです。

    で、お約束の大きめビーフステーキ。ですが、脂身は少ないです。

  • デザートはティラミス。

    デザートはティラミス。

  • 締めにはカフェ・ノワゼ。

    締めにはカフェ・ノワゼ。

  • ホテルへの帰路。この日の夜は、フットボールの2016欧州選手権の決勝「フランス対ポルトガル」の真っ最中。あちこちのBARで、パブリックビューイングが準備されていました。

    ホテルへの帰路。この日の夜は、フットボールの2016欧州選手権の決勝「フランス対ポルトガル」の真っ最中。あちこちのBARで、パブリックビューイングが準備されていました。

  • 私は普段はスペイン・ポルトガルのイベリア贔屓なのですが、この時ばかりはフランスを応援...していたのですが、圧倒的優勢だったにもかかわらず最後にカウンターで失点、フランスは優勝を逃してしまいました。暴動が起きないかちょっとだけ心配しましたが、フランス人は冷静なので何もなし。<br />ということで、レースにサッカーに旧市街に、盛り沢山のル・マン訪問となりました。

    私は普段はスペイン・ポルトガルのイベリア贔屓なのですが、この時ばかりはフランスを応援...していたのですが、圧倒的優勢だったにもかかわらず最後にカウンターで失点、フランスは優勝を逃してしまいました。暴動が起きないかちょっとだけ心配しましたが、フランス人は冷静なので何もなし。
    ということで、レースにサッカーに旧市街に、盛り沢山のル・マン訪問となりました。

この旅行記のタグ

関連タグ

35いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集