リヴィエラ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ジェノバの東、地中海岸に風光明媚なリゾート地がある。ポルトフィーノだ。もとは小さな漁村であったが、入江がヨットの停泊地として絶好で、ヨットに乗ってやって来る客たちに愛されて発展してきた。今日では、地中海クルーズの魅力的な寄港地となっている。カラフルな家が真っ青な海にマッチし、絵葉書のような光景が広がるとされている。<br /><br />今度のヨーロッパ旅行のフィナーレはポルトフィーノ滞在と決めていた。期待は裏切られず、ブラウン城から見下ろすポルトフィーノの港はまさに絶景であった。宿泊したのは丘の上のリゾートホテル、スプレンディード。ここでのディナーはロマンティックで、内容もあった。<br />

ポルトフィーノで旅を締めくくる

79いいね!

2014/09/04 - 2014/09/06

4位(同エリア139件中)

ジェノバの東、地中海岸に風光明媚なリゾート地がある。ポルトフィーノだ。もとは小さな漁村であったが、入江がヨットの停泊地として絶好で、ヨットに乗ってやって来る客たちに愛されて発展してきた。今日では、地中海クルーズの魅力的な寄港地となっている。カラフルな家が真っ青な海にマッチし、絵葉書のような光景が広がるとされている。

今度のヨーロッパ旅行のフィナーレはポルトフィーノ滞在と決めていた。期待は裏切られず、ブラウン城から見下ろすポルトフィーノの港はまさに絶景であった。宿泊したのは丘の上のリゾートホテル、スプレンディード。ここでのディナーはロマンティックで、内容もあった。

同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
鉄道 タクシー 徒歩
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.5
グルメ
5.0

PR

  • 9月4日、3日間宿泊していたボローニャに別れを告げた。9時28分発の列車に乗り、ミラノ乗り換えで12時40分にジェノバに着いた。<br /><br />ジェノバからの交通は、さらに列車を乗り換えてサンタマルゲリータに行くのが常道であろう。サンタマルゲリータ駅から歩いて数分という港からポルトフィーノ行の船が1時間に1本ほど出ている。運賃は6ユーロ。駅からバスやタクシーの便もある。しかし、サンタマルゲリータまでの列車の本数は多くない。早めにポルトフィーノに入りたいと、ジェノバからタクシー利用とした。<br /><br />タクシーは高速を飛ばした後、サンタマルゲリータに出た。海岸沿いの景色の良い道を進んでポルトフィーノの港へ。さらに丘の上に登り、宿泊先のスプレンディードに着いた。2時少し前である。チェックイン時間は2時だからタイミングが良い。料金は95ユーロ。<br /><br />スプレンディードはイタリアでも有数のリゾートホテルであり、料金も高い。しかし、思い切って2泊することにしていた。ヨーロッパの大旅行はこれで最後であろう。有終の美を飾りたかった。2泊にしたのは、好天であればチンクエテッレに足を延ばすし、さほど天気に恵まれなくてもポルトフィーノだけなら何とかなるだろうと考えてであった。<br /><br />着いたホテルは流石に立派である。そして通路には花が咲きレモンが実っている。<br />

    9月4日、3日間宿泊していたボローニャに別れを告げた。9時28分発の列車に乗り、ミラノ乗り換えで12時40分にジェノバに着いた。

    ジェノバからの交通は、さらに列車を乗り換えてサンタマルゲリータに行くのが常道であろう。サンタマルゲリータ駅から歩いて数分という港からポルトフィーノ行の船が1時間に1本ほど出ている。運賃は6ユーロ。駅からバスやタクシーの便もある。しかし、サンタマルゲリータまでの列車の本数は多くない。早めにポルトフィーノに入りたいと、ジェノバからタクシー利用とした。

    タクシーは高速を飛ばした後、サンタマルゲリータに出た。海岸沿いの景色の良い道を進んでポルトフィーノの港へ。さらに丘の上に登り、宿泊先のスプレンディードに着いた。2時少し前である。チェックイン時間は2時だからタイミングが良い。料金は95ユーロ。

    スプレンディードはイタリアでも有数のリゾートホテルであり、料金も高い。しかし、思い切って2泊することにしていた。ヨーロッパの大旅行はこれで最後であろう。有終の美を飾りたかった。2泊にしたのは、好天であればチンクエテッレに足を延ばすし、さほど天気に恵まれなくてもポルトフィーノだけなら何とかなるだろうと考えてであった。

    着いたホテルは流石に立派である。そして通路には花が咲きレモンが実っている。

  • フロントに行くと、通常の部屋を予約していたのだが、ジュニアスィートにグレードアップしたと告げられた。早速部屋に案内された。部屋は新しくて、広く、私たちは大いに喜んだ。<br /><br />しかし、ベランダに出てみて、ややがっかりした。このホテルは高台に、海岸線にほぼ平行に建っている。しかし、湾口に近い部屋の方が、見晴らしが良いはずだ。私たちの部屋は湾奥に近い。やれやれと思ったが、これは結局大して問題にならなかった。<br /><br />写真はベランダからの眺め。<br /><br />

    フロントに行くと、通常の部屋を予約していたのだが、ジュニアスィートにグレードアップしたと告げられた。早速部屋に案内された。部屋は新しくて、広く、私たちは大いに喜んだ。

    しかし、ベランダに出てみて、ややがっかりした。このホテルは高台に、海岸線にほぼ平行に建っている。しかし、湾口に近い部屋の方が、見晴らしが良いはずだ。私たちの部屋は湾奥に近い。やれやれと思ったが、これは結局大して問題にならなかった。

    写真はベランダからの眺め。

  • 部屋に荷物を置いたら、ホテルを見物。曇っているものの、レストランからの眺めはとてもいい。<br /><br />

    部屋に荷物を置いたら、ホテルを見物。曇っているものの、レストランからの眺めはとてもいい。

  • ホテルのプール。

    ホテルのプール。

  • ポルトフィーノの港へ出ることにした。港まではホテルの無料シャトルバスが15−20分おきに往復している。<br /><br />港をぶらぶら散歩した。色合いの良い建物が多い。サンタマルゲリータ行の船の乗り場も分かった。来るとき沿岸の景色が良かったので船に乗ってみることにした。海からの眺めは確かにいい。<br /><br />写真のようにスプレンディードも見える。残念なことに天気は依然として曇り。明日の予報も良くない。

    ポルトフィーノの港へ出ることにした。港まではホテルの無料シャトルバスが15−20分おきに往復している。

    港をぶらぶら散歩した。色合いの良い建物が多い。サンタマルゲリータ行の船の乗り場も分かった。来るとき沿岸の景色が良かったので船に乗ってみることにした。海からの眺めは確かにいい。

    写真のようにスプレンディードも見える。残念なことに天気は依然として曇り。明日の予報も良くない。

  • サンタマルゲリータの海岸はポルトフィーノより広い。海水浴場もある。ここを1時間散策して、またポルトフィーノ行の船に乗った。往復9ユーロである。

    サンタマルゲリータの海岸はポルトフィーノより広い。海水浴場もある。ここを1時間散策して、またポルトフィーノ行の船に乗った。往復9ユーロである。

  • 幸いなことに、天候が少しずつ回復してきた。ポルトフィーノの港に着いたら日も射してきた。夕日を浴びて建物の色がより鮮やかになった。<br /><br />

    幸いなことに、天候が少しずつ回復してきた。ポルトフィーノの港に着いたら日も射してきた。夕日を浴びて建物の色がより鮮やかになった。

  • 部屋に帰って、歓迎の印と置いてあったイタリア産スパークリングワインの栓を開けた。プロセッコで、変なスパークリング特有の苦みはまったくなく、上質な部類のシャンパンと区別できないものだった。ボトルが半分ほどになったとき腰を上げた。ディナーの時間、7時半が迫っている。<br /><br />

    部屋に帰って、歓迎の印と置いてあったイタリア産スパークリングワインの栓を開けた。プロセッコで、変なスパークリング特有の苦みはまったくなく、上質な部類のシャンパンと区別できないものだった。ボトルが半分ほどになったとき腰を上げた。ディナーの時間、7時半が迫っている。

  • スプレンディードでの宿泊料金には朝食とランチかディナーが含まれている。夕景と夜景を見たくてディナーを選択した。そしてテラスレストランであるLa Terrazzaの眺めの良い席をアメックスを通してリクエストしていた。

    スプレンディードでの宿泊料金には朝食とランチかディナーが含まれている。夕景と夜景を見たくてディナーを選択した。そしてテラスレストランであるLa Terrazzaの眺めの良い席をアメックスを通してリクエストしていた。

  • レストランに行く途中には、訪れた有名人の写真が飾ってある。俳優が多い。

    レストランに行く途中には、訪れた有名人の写真が飾ってある。俳優が多い。

  • 希望通り、海を見下ろす最前列の席に案内された。最前列の中では中央部やや湾奥側。とても景色がいい。前に見えるのは海、そして港の外側の岬にある小山と、そこに聳える城だ。

    希望通り、海を見下ろす最前列の席に案内された。最前列の中では中央部やや湾奥側。とても景色がいい。前に見えるのは海、そして港の外側の岬にある小山と、そこに聳える城だ。

  • ワインは,それほど高くないMerla della Minieraにした。イタリアらしい太陽の味のするワインで気に入った。西の空がほのかに色づいてくる。<br />

    ワインは,それほど高くないMerla della Minieraにした。イタリアらしい太陽の味のするワインで気に入った。西の空がほのかに色づいてくる。

  • オードブルはロブスターのサラダ。

    オードブルはロブスターのサラダ。

  • パスタは季節のキノコ、ポルチーニ入り。

    パスタは季節のキノコ、ポルチーニ入り。

  • 日が沈み、キャンドルのあかりがロマンティックだ。月も出てきた。極上の時が流れていく。

    イチオシ

    日が沈み、キャンドルのあかりがロマンティックだ。月も出てきた。極上の時が流れていく。

  • メインは、ここの湾でとれた魚介類とした。料理はいずれも良い味で、唯一残念だったのはメインで満腹になりデザートに進めなかったことだ。

    メインは、ここの湾でとれた魚介類とした。料理はいずれも良い味で、唯一残念だったのはメインで満腹になりデザートに進めなかったことだ。

  • 小菓子。

    小菓子。

  • 9月5日。朝の天気は曇り。午後は雨の可能性との予報である。チンクエテッレへ出かけるのは止めにした。朝食後、近くを歩こうと、まずは海水浴場があるパラッジに行った。水はきれいだが、特に変わったことはない。

    9月5日。朝の天気は曇り。午後は雨の可能性との予報である。チンクエテッレへ出かけるのは止めにした。朝食後、近くを歩こうと、まずは海水浴場があるパラッジに行った。水はきれいだが、特に変わったことはない。

  • 港に引き返し、港を囲むような半島に聳えるブラウン城を目指した。20分ほどの簡単な登りだ。5ユーロ払って城に入り、カフェーを抜けて庭園に出た。その先端に行くと目覚ましい景色が待っていた。<br /><br />カラフルな建物が青い海を囲んでいる。これだ。これがポルトフィーノの絶景だ。スプレンディードのテラスでのディナーと並び立つ経験である。空が曇っているのが少し残念ではあるが。私たちはゆっくりと時を過ごした。

    港に引き返し、港を囲むような半島に聳えるブラウン城を目指した。20分ほどの簡単な登りだ。5ユーロ払って城に入り、カフェーを抜けて庭園に出た。その先端に行くと目覚ましい景色が待っていた。

    カラフルな建物が青い海を囲んでいる。これだ。これがポルトフィーノの絶景だ。スプレンディードのテラスでのディナーと並び立つ経験である。空が曇っているのが少し残念ではあるが。私たちはゆっくりと時を過ごした。

  • さらに岬の先端へ進んだ。晴れ間がのぞき、時々日が射すのはうれしかったが、景色はそれほどでもなかった。先端部はカフェーになっていた。<br /><br />ホテルに帰って寛いでいると、予報通り雨。夕方になって雨は止んだ。<br /><br />

    さらに岬の先端へ進んだ。晴れ間がのぞき、時々日が射すのはうれしかったが、景色はそれほどでもなかった。先端部はカフェーになっていた。

    ホテルに帰って寛いでいると、予報通り雨。夕方になって雨は止んだ。

  • ディナーはやはり7時半からテラスレストランで。「昨日と同じ席でよいですか」顔を覚えていた給仕長が聞いた。「もう少し前に座ってみたいのですが」「結構ですとも」ややいぶかしげな顔をしながら、給仕長は少し湾口側の席を薦めた。<br /><br />座ってみて分かった。どちらも甲乙つけがたい。岬が正面のこのあたりならどこでも変わらない。いや、前回の席の方が少し良いかもしれない。

    ディナーはやはり7時半からテラスレストランで。「昨日と同じ席でよいですか」顔を覚えていた給仕長が聞いた。「もう少し前に座ってみたいのですが」「結構ですとも」ややいぶかしげな顔をしながら、給仕長は少し湾口側の席を薦めた。

    座ってみて分かった。どちらも甲乙つけがたい。岬が正面のこのあたりならどこでも変わらない。いや、前回の席の方が少し良いかもしれない。

  • まずプロセッコで乾杯。<br /><br />オードブルは海の幸のサラダを注文した。

    まずプロセッコで乾杯。

    オードブルは海の幸のサラダを注文した。

  • 続いてジェノバ風のパスタ。野菜がたっぷり。

    続いてジェノバ風のパスタ。野菜がたっぷり。

  • 日が落ちると華やかな光景だ。<br /><br />

    日が落ちると華やかな光景だ。

  • メインは子豚肉。とてもやわらかい。<br /><br />

    メインは子豚肉。とてもやわらかい。

  • そしてデザートはラスプベリーのケーキ。

    そしてデザートはラスプベリーのケーキ。

  • 小菓子。<br /><br />今度のイタリアの旅で最もよかった食事であった。

    小菓子。

    今度のイタリアの旅で最もよかった食事であった。

  • 9月6日。天気予報は芳しくなかった。念のためと、鎧戸を開けてみると快晴だ。大変だと、もう一度ブラウン城へ出かけることにした。<br /><br />急いで朝食。

    9月6日。天気予報は芳しくなかった。念のためと、鎧戸を開けてみると快晴だ。大変だと、もう一度ブラウン城へ出かけることにした。

    急いで朝食。

  • テラスレストランから見る景色も輝いている。

    テラスレストランから見る景色も輝いている。

  • あわただしく出発。急ぎすぎだったかもしれない。入り口に行くと城が開くのは朝10時からとなっていた。途中の道で景色を見てゆっくりと登った。<br /><br />

    あわただしく出発。急ぎすぎだったかもしれない。入り口に行くと城が開くのは朝10時からとなっていた。途中の道で景色を見てゆっくりと登った。

  • そして、城の庭園の突端に。海の青さが凄い。まさに絵になる風景だ。<br /><br />

    そして、城の庭園の突端に。海の青さが凄い。まさに絵になる風景だ。

  • イチオシ

  • イチオシ

  • サンタマルゲリータ、そしてチンクエテッレの方向に広がる海も穏やかに青く輝いている。

    イチオシ

    サンタマルゲリータ、そしてチンクエテッレの方向に広がる海も穏やかに青く輝いている。

  • 晴れるとこのように、風景が変わるのか。朝の光という絶好な条件も加わっているのだろう。絵葉書のような光景だ。2泊した甲斐があって、ポルトフィーノの美しい姿を堪能できた。

    イチオシ

    晴れるとこのように、風景が変わるのか。朝の光という絶好な条件も加わっているのだろう。絵葉書のような光景だ。2泊した甲斐があって、ポルトフィーノの美しい姿を堪能できた。

  • 港でまた1枚。

    港でまた1枚。

  • 充分に見物してホテルに帰った。チェックアウト時間である12時の少し前に部屋を出て、パブリックスペースで時間を過ごした。これはレストランの内側部分。

    充分に見物してホテルに帰った。チェックアウト時間である12時の少し前に部屋を出て、パブリックスペースで時間を過ごした。これはレストランの内側部分。

  • 見慣れた風景だが、望遠で最後の1枚。<br /><br />12時50分、予約してあったタクシーに乗った。ジェノバまで165ユーロ。値段は高いが大型のベンツであった。<br /><br />ジェノバ発2時19分の列車でミラノに3時50分に着いた。タクシーを雇ってまずフォーシーズンズに立ち寄り、預けてあった荷物も積みこんでミラノ空港に向かってもらった。<br /><br />今夜の泊りはシェラトン空港ホテル。空港とつながっている利便性を重視した。<br /><br />9月7日11時ミラノ発のルフトハンザでフランクフルト乗換、9月8日朝8時、予定通りに中部空港に帰ってきた。<br /><br />小さいミスはいくつかあったものの、全体としては、大いに楽しいヨーロッパ旅行であった。<br /><br /><br /><br />

    見慣れた風景だが、望遠で最後の1枚。

    12時50分、予約してあったタクシーに乗った。ジェノバまで165ユーロ。値段は高いが大型のベンツであった。

    ジェノバ発2時19分の列車でミラノに3時50分に着いた。タクシーを雇ってまずフォーシーズンズに立ち寄り、預けてあった荷物も積みこんでミラノ空港に向かってもらった。

    今夜の泊りはシェラトン空港ホテル。空港とつながっている利便性を重視した。

    9月7日11時ミラノ発のルフトハンザでフランクフルト乗換、9月8日朝8時、予定通りに中部空港に帰ってきた。

    小さいミスはいくつかあったものの、全体としては、大いに楽しいヨーロッパ旅行であった。



この旅行記のタグ

79いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (6)

開く

閉じる

  • ドロミティさん 2016/06/16 21:37:52
    初めまして。
    Takashiさん、初めまして♪

    cheriko330さんのポルトフィーノから、お邪魔いたしました。

    ポルトフィーノの絶景を的確な解説と素敵なお写真でご紹介されていて、読み応えがありました。

    ご宿泊されたスプレンディード、廊下のお写真でクラークゲーブルを発見!
    リビエラ海岸に行く機会を作って、是非泊まってみたいとの思いが一層募りました。

    また5☆ホテルの素晴らしいディナーもしっかりと堪能?させていただき、どうもありがとうございました。

    またお邪魔させていただきたく、どうぞ宜しくお願いいたします。ドロミティ

    Takashi

    Takashiさんからの返信 2016/06/18 14:42:00
    RE: 初めまして。

    ドロミティさん

    お便り大変ありがとうございます。また、ポルトフィーノの旅行記を読んで下さり、ご投票をいただき嬉しいです。ポルトフィーノはイタリアの明るさに洗練された趣が加わり好きな街です。

    そうです、クラークゲーブルです。写真に撮らなかった俳優も何人かいたと思います。ディナーは本当によかったです。ぜひ機会をお作りください。

    お便り頂いてからご返事までが遅く申し訳ありません。ラスベガスからモニュメントバレーまでレンタカーで往復していまして、昨夜はザイオンに泊まっていました。ネットのつながりが遅く失礼していました。今日は無事にラスベガスに戻ってきてほっとしています。明日からはスペインの予定です。

    今後もよろしくお願いいたします。

    Takashi

    ドロミティ

    ドロミティさんからの返信 2016/06/18 18:50:23
    返信ありがとうございました。
    Takashiさんへ

    ご丁寧なお返事をどうもありがとうございました。
    cheriko330さんから、世界旅行中と伺っておりました。
    旅先からのお気遣いとても嬉しいです。

    順序が前後してしまいましたが、イタリア編とても楽しく拝見しています。

    Takashiさんご夫妻はグルメでいらして、しかもかなりの健啖家だとお見受けいたしました*(^o^)*

    パドヴァのスクロヴェーニ礼拝堂のまでいっきに拝見しようか迷いましたが、勿体ないので今日はミラノとボローニャで我慢します。
    また次回、続きを楽しみに訪問いたします。

    長いご旅行期間中、体調管理にお気を付けて楽しいご旅行をなさってくださいね☆ ドロミティ

    Takashi

    Takashiさんからの返信 2016/06/19 09:32:16
    RE: 返信ありがとうございました。
    ドロミティさん

    ご返信大変ありがとうございます。

    パドヴァは写真が撮れないとカメラを持たずに出かけてしまいました。申し訳ありません。私はある程度食べられるのですが、妻は普通の日本人女性で、これから出かけるスペインの主目的はサンセバスチャンで、どうやってお腹を空かすかを真剣に考えています。

    旅行記のドロミテ編を楽しませていただいています。スペインの次はドロミテへ行きますので、先ずはメインなターゲットの場所を読ませて頂きました。とても参考になります。現地に入ったら再読いたします。

    レンタカーで行かれたのですね。私は昔はかなり走ったのですが、今は年齢を考えて、海外レンタカーからは遠ざかっていました。モニュメントバレーなどは他にいい手段がなく、かなり緊張してレンタカーといたしました。ドロミテではバスとタクシーで回る積りですが、どうなりますか。

    アメリカでのレンタカーではナビが調子悪く、You are fired を連発していました。妻は攻撃の矛先がそれたと喜んでいました。夫婦仲を悪くさせないという効果は同じですね。

    Takashi




    >
  • 旅するうさぎさん 2014/11/27 21:34:28
    光溢れるポルトフィーノ
    Takashiさん、こんにちは。

    ポルトフィーノの美しい旅行記を拝見しました。
    海を見渡す、とても素敵なホテルにお泊りになったのですね。
    素晴らしい海辺の景色を眺めつつ、
    美味しい魚介類のお料理をいただく、なんとも贅沢です。

    崖に建つ、色とりどりの建物のお写真を眺めていたら、
    この風景、どこかで見たことがあるなぁ…と思い出しました。
    以前、永沢まこと先生の「海辺のイタリア」の
    スケッチで見たことがありました。

    陽光溢れるポルトフィーノは
    まさに今回の旅のフィナーレにふさわしい場所ですね。


    旅するうさぎ

    Takashi

    Takashiさんからの返信 2014/11/27 22:30:36
    RE: 光溢れるポルトフィーノ
    旅するうさぎさん

    こんばんは


    コメントを大変ありがとうございます。ポルトフィーノは本当に美しいと思いましたので、気に入っていただいて嬉しいです。

    たしかにポルトフィーノは絵心を誘いますね。永沢先生のご本はどんな本だろうと検索してたどり着きました。ポルトフィーノと共にアマルフィ海岸もあつかっているのに意を強くしました。あそこも本当にきれいですね。

    私はヨーロッパの海に臨む絶景ホテルでは、シャトーエザにも泊まったことがあります。ここも素晴らしく、ことに高度感は見事ですが、料理、全体の景色と総合するとやはりスプレンディードとなります。アマルフィ海岸は観光しただけなので、そこの絶景ホテルにも泊まって比較したらと思ったこともありますが、きりがないと止めました(笑)。

    ポルトフィーノの最後の日に快晴に恵まれ、ありがたいことでした。
    旅するうさぎさんの、紅葉も楽しませていただきました。来年の紅葉はぜひ京都と思っています。

    Takashi

Takashiさんのトラベラーページ

イタリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イタリア最安 120円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イタリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

リヴィエラ(イタリア) で人気のタグ

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集