稲取温泉 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
こどもを連れて 電車で小旅行。<br />今回は、伊豆稲取温泉へ。<br />宿泊先は 稲取漁港にほど近い糀屋旅館。<br /><br />今回は<br />伊豆アニマルキングダムにも<br />熱川バナナワニ園にも<br />伊豆シャボテン公園にも<br />下田水族館にも<br />稲取の雛の館にも<br />稲取の秘境 細野高原にもいかず<br /><br />1 稲取クロスカントリーコース付近の<br />  ツリーハウス、ジャンボ滑り台、アスレチック<br />2 稲取漁港から徒歩圏内の、竜宮公園、どんつく神社、稲取灯台<br />3 稲取駅にほど近い、済広寺<br />などを観光。<br /><br />就学前の小さなこども(幼児)を連れていると<br />こうしたところをまわって<br />ほとんどお金をかけずとも、十分に楽しむこともできる。<br /><br />ツリーハウスも、ジャンボ滑り台も アスレチック もちろん無料。<br />管理人もいないため、アスレチックの遊具が壊れていたりすることもあるが<br />おおむねメンテの状態は悪くない。<br /><br />これは決して、遊ぶところではないのだけれど<br />済広寺の 「不動消災の道」(厄落とし)も<br />不謹慎ながら、誤解を恐れず<br />あえてわかりやすく、こども風に表現するのであれば<br />「真っ暗闇の迷路の肝試し」のようなもの。<br /><br />200円のお布施で ドキドキを体験しつつ<br />厄を落とすことができる。<br /><br />この現代社会で<br />漆黒の暗闇を体験する機会はほとんどない。<br /><br />こどもの手をしっかり握って<br />暗闇の中を、手さぐりで壁をつたって、すすみながら<br />心がやすらぎ、厄が落ちてゆく というのは<br />日々ストレスにさらされるサラリーマンにとっても<br />貴重な体験。<br /><br />済広寺は<br />樹齢750年の大樹がそびえるパワースポットでもある。<br /><br />世界一のミャンマーの佛鐘もあり<br />ミャンマーの佛鐘を叩くこともできる。<br /><br />さっとみれば、10分で見て回ることも可能。<br /><br />ただし、この「ありがたみ」を 咀嚼するかのようのに<br />ちいさなこどもと、お互いに感じたことを語り合いながら<br />じっくり時間をかけて この空間を体感してこそ<br />御利益もあろう、というもの。<br /><br />ツリーハウスも、さっと登って<br />写真を撮って 帰れば 所要時間は15分程度。<br />時間のない方は、さくっと見ることもできる。<br /><br />ただ、このツリーハウスがそびえる大自然の解放感を満喫しつつ<br />こどもととびまわっていると こどもの目の輝きも違う!<br /><br />珍しい動物を見なくとも<br />スリル満点の乗り物にとらずとも<br />こどもは 大自然の中で楽しむすべを知っているし<br />かなり楽しめる。<br /><br />こどもがアミューズメントパークが 大好きであることは間違いない<br /><br />その一方で こどもにとっては 外で お父さん、お母さんと<br />たっぷり遊ぶことも それと同じくらい それ以上に大好きで<br />楽しかったりする。<br /><br /><br />今回の旅行では、観光に、ほとんどお金をかけなかったが<br />自分自身、ホントに楽しかったし こどもたちも喜んでいた。<br /><br />写真は かっぱ食堂の 五目チャーハン! うまい!<br />東京でも味わえない、庶民のグルメ。

こどもを連れて電車で小旅行 (低予算で満喫する伊豆稲取 糀屋旅館宿泊)

13いいね!

2014/04/26 - 2014/04/28

81位(同エリア274件中)

こどもを連れて 電車で小旅行。
今回は、伊豆稲取温泉へ。
宿泊先は 稲取漁港にほど近い糀屋旅館。

今回は
伊豆アニマルキングダムにも
熱川バナナワニ園にも
伊豆シャボテン公園にも
下田水族館にも
稲取の雛の館にも
稲取の秘境 細野高原にもいかず

1 稲取クロスカントリーコース付近の
  ツリーハウス、ジャンボ滑り台、アスレチック
2 稲取漁港から徒歩圏内の、竜宮公園、どんつく神社、稲取灯台
3 稲取駅にほど近い、済広寺
などを観光。

就学前の小さなこども(幼児)を連れていると
こうしたところをまわって
ほとんどお金をかけずとも、十分に楽しむこともできる。

ツリーハウスも、ジャンボ滑り台も アスレチック もちろん無料。
管理人もいないため、アスレチックの遊具が壊れていたりすることもあるが
おおむねメンテの状態は悪くない。

これは決して、遊ぶところではないのだけれど
済広寺の 「不動消災の道」(厄落とし)も
不謹慎ながら、誤解を恐れず
あえてわかりやすく、こども風に表現するのであれば
「真っ暗闇の迷路の肝試し」のようなもの。

200円のお布施で ドキドキを体験しつつ
厄を落とすことができる。

この現代社会で
漆黒の暗闇を体験する機会はほとんどない。

こどもの手をしっかり握って
暗闇の中を、手さぐりで壁をつたって、すすみながら
心がやすらぎ、厄が落ちてゆく というのは
日々ストレスにさらされるサラリーマンにとっても
貴重な体験。

済広寺は
樹齢750年の大樹がそびえるパワースポットでもある。

世界一のミャンマーの佛鐘もあり
ミャンマーの佛鐘を叩くこともできる。

さっとみれば、10分で見て回ることも可能。

ただし、この「ありがたみ」を 咀嚼するかのようのに
ちいさなこどもと、お互いに感じたことを語り合いながら
じっくり時間をかけて この空間を体感してこそ
御利益もあろう、というもの。

ツリーハウスも、さっと登って
写真を撮って 帰れば 所要時間は15分程度。
時間のない方は、さくっと見ることもできる。

ただ、このツリーハウスがそびえる大自然の解放感を満喫しつつ
こどもととびまわっていると こどもの目の輝きも違う!

珍しい動物を見なくとも
スリル満点の乗り物にとらずとも
こどもは 大自然の中で楽しむすべを知っているし
かなり楽しめる。

こどもがアミューズメントパークが 大好きであることは間違いない

その一方で こどもにとっては 外で お父さん、お母さんと
たっぷり遊ぶことも それと同じくらい それ以上に大好きで
楽しかったりする。


今回の旅行では、観光に、ほとんどお金をかけなかったが
自分自身、ホントに楽しかったし こどもたちも喜んでいた。

写真は かっぱ食堂の 五目チャーハン! うまい!
東京でも味わえない、庶民のグルメ。

同行者
乳幼児連れ家族旅行
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
JR特急 JRローカル 自家用車 徒歩
旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.5
グルメ
4.5
ショッピング
4.5
交通
4.5

PR

この旅行記のタグ

13いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ピックアップ特集

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

稲取温泉(静岡) で人気のタグ

この旅行記の地図

拡大する


PAGE TOP

ピックアップ特集