門真・守口旅行記(ブログ) 一覧に戻る
創立については、必ずしも明らかではありませんが、「佐太天神宮記」等によると菅原道真が太宰府左遷に際して、暫く舟をつないだ所とされ、その後、道真を慕って祠を建てたのが創建とされています。<br /> この地は、その昔、菅原道真の領地だったそうです。<br /> 道真が太宰府でなくなってから50年後の天暦年中(947~57年)に、里人がその徳を慕い、道真が残していった木像を御神体として祀ったのが、当社の創建とされている。<br />

関西散策   天暦年中(947~57年)創建 菅原道真を祀る【佐太天満宮】 守口市

3いいね!

2013/05/05 - 2013/05/05

55位(同エリア69件中)

0

26

創立については、必ずしも明らかではありませんが、「佐太天神宮記」等によると菅原道真が太宰府左遷に際して、暫く舟をつないだ所とされ、その後、道真を慕って祠を建てたのが創建とされています。
 この地は、その昔、菅原道真の領地だったそうです。
 道真が太宰府でなくなってから50年後の天暦年中(947~57年)に、里人がその徳を慕い、道真が残していった木像を御神体として祀ったのが、当社の創建とされている。

交通手段
自家用車
旅行の満足度
4.0

PR

  •  現在の本殿は棟札によると、寛永17年(1640年)に再興した後、天和3年(1683年)から計9階の屋根替が棟札により確認されています。<br /><br /> その昔は、淀川に船の発着場はあった、そこから続いた参道・・・<br /><br /> 鳥居の向こうは、国道1号線を挟んで現在の淀川の土手が見える。

     現在の本殿は棟札によると、寛永17年(1640年)に再興した後、天和3年(1683年)から計9階の屋根替が棟札により確認されています。

     その昔は、淀川に船の発着場はあった、そこから続いた参道・・・

     鳥居の向こうは、国道1号線を挟んで現在の淀川の土手が見える。

  •  参道の脇には沢山の石灯籠が並びます。大変古いものあります。

     参道の脇には沢山の石灯籠が並びます。大変古いものあります。

  •  参道途中に祀られる境内社:愛宕社

     参道途中に祀られる境内社:愛宕社

  • 愛宕社は、火産霊神だそうです

    愛宕社は、火産霊神だそうです

  •  石灯籠 明治100年祭で寄進

     石灯籠 明治100年祭で寄進

  • 稲荷社  宇迦之御魂大神を祀っているだそうでう

    稲荷社  宇迦之御魂大神を祀っているだそうでう

  •  明治天皇の大阪行幸の途次、行在所に あてられたといわれており、境内に「明治天皇守口行在所」の碑

     明治天皇の大阪行幸の途次、行在所に あてられたといわれており、境内に「明治天皇守口行在所」の碑

  •  アップ

     アップ

  •  1650年・・・古いですね

     1650年・・・古いですね

  •  説明書きです<br /><br /> 

     説明書きです

     

  •  白太夫社 白太夫之命をお祭り・・・って誰?????<br /><br /><br /> 白太夫 しらだゆう<br /> <br />浄瑠璃「菅原伝授手習鑑の登場人物。<br /> 松王丸,梅王丸,桜丸の父。菅丞相(菅原道真)につかえ,死後もその霊を守護した忠義心のあつい農民。北野や太宰府(だざいふ)の天満宮にまつられる。別に白太夫は伊勢神宮の神職度会(わたらい)春彦のことで,道真の死をみとったという伝承もある。<br /><br /> <br /> (´・∀・`)ヘー ボタン 10回押してね・・・<br /><br /> 

     白太夫社 白太夫之命をお祭り・・・って誰?????


     白太夫 しらだゆう

    浄瑠璃「菅原伝授手習鑑の登場人物。
    松王丸,梅王丸,桜丸の父。菅丞相(菅原道真)につかえ,死後もその霊を守護した忠義心のあつい農民。北野や太宰府(だざいふ)の天満宮にまつられる。別に白太夫は伊勢神宮の神職度会(わたらい)春彦のことで,道真の死をみとったという伝承もある。

     
     (´・∀・`)ヘー ボタン 10回押してね・・・

     

  •  ようやく本殿へ・・・・<br /><br /><br /> 府指定有形文化財なんだそうです・・・<br /><br /> 現在の本殿は棟札によると、寛永17年(1640年)に再興した後、天和3年(1683年)から計9回の屋根替が棟札により確認されています。 建物は、一間社春日造、正面に軒唐破風がつけられています。 府文化財保護審議会では、「近世における神社の有様やそれが近世の村の中で担っていた役割がよく偲ばれ、建築的には端正な本殿、規模が大きくシコロ葺風に下屋を付加した拝殿などが特徴的で、府指定文化財とするに相応しい価値を有している」として、平成15年(2003年)に大阪府指定有形文化財に指定されました

     ようやく本殿へ・・・・


     府指定有形文化財なんだそうです・・・

     現在の本殿は棟札によると、寛永17年(1640年)に再興した後、天和3年(1683年)から計9回の屋根替が棟札により確認されています。 建物は、一間社春日造、正面に軒唐破風がつけられています。 府文化財保護審議会では、「近世における神社の有様やそれが近世の村の中で担っていた役割がよく偲ばれ、建築的には端正な本殿、規模が大きくシコロ葺風に下屋を付加した拝殿などが特徴的で、府指定文化財とするに相応しい価値を有している」として、平成15年(2003年)に大阪府指定有形文化財に指定されました

  •  本殿脇に・・・・

     本殿脇に・・・・

  •  本殿脇の狛犬が睨みを・・・・

     本殿脇の狛犬が睨みを・・・・

  •  にらめっこ 負けました・・・・何故?

     にらめっこ 負けました・・・・何故?

  •  蕪村ぼ句が・・・・<br /><br /> 与謝蕪村とは・・・<br /><br /><br /> http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8E%E8%AC%9D%E8%95%AA%E6%9D%91<br /><br /><br /> ガ━━(;゚Д゚)━━ン!! 名前しか知りませんでした・・・

     蕪村ぼ句が・・・・

     与謝蕪村とは・・・


     http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%8E%E8%AC%9D%E8%95%AA%E6%9D%91


     ガ━━(;゚Д゚)━━ン!! 名前しか知りませんでした・・・

  • <br /> 偲び草<br /><br /> 佐太は未だ寝ぬ時雨かな  蕪村<br /><br /><br /> チン・・・意味は解説できません 


     偲び草

     佐太は未だ寝ぬ時雨かな  蕪村


     チン・・・意味は解説できません 

  •  文部大臣時代の 森 喜朗筆

     文部大臣時代の 森 喜朗筆

  •  ゑべっさんが・・・・<br /><br /> 戎社   戎大神、告文天満宮、火乃迦具土神<br /><br /> だそうです

     ゑべっさんが・・・・

     戎社   戎大神、告文天満宮、火乃迦具土神

     だそうです

  •  出雲に赴かない「留守神」なんですか・・・知りませんでした<br /><br /> 10月の神無月に出雲に神々が参集されますが、<br /> その時地元の留守を預かる神様にえびすさま・・・<br /><br /> 他には大黒さんやら、金比羅さんやら、荒神さんなど。<br /> 庶民がさんづけで親しみをこめてお呼びする神々が地元で留守神としてお役目はたされるんですね。<br /> <br />出雲に行かないのは、足が悪いとか、耳が遠いとか、口がきけないとか、蛇神だとか、なんかいわれがあるようで。<br /> そしてそうした神々は各屋敷の高いところではなくて、<br /> 台所など低いところ、暗いところで身近な場所に祀られてます。<br /> <br /><br /> ちなみに、戎さんは耳が遠い。まずは参拝したら裏に回って・・・裏から叩いて起こします・・・・<br /> 戎さんに・・耳が遠いので今の聞いたやろうな・・と念押ししておかないと行けません。裏から蹴りを入れる人も居てるそうです。<br /><br /> なお、試して祟があっても当局は関知しません。<br /><br /> 

     出雲に赴かない「留守神」なんですか・・・知りませんでした

     10月の神無月に出雲に神々が参集されますが、
    その時地元の留守を預かる神様にえびすさま・・・

    他には大黒さんやら、金比羅さんやら、荒神さんなど。
    庶民がさんづけで親しみをこめてお呼びする神々が地元で留守神としてお役目はたされるんですね。

    出雲に行かないのは、足が悪いとか、耳が遠いとか、口がきけないとか、蛇神だとか、なんかいわれがあるようで。
    そしてそうした神々は各屋敷の高いところではなくて、
    台所など低いところ、暗いところで身近な場所に祀られてます。


     ちなみに、戎さんは耳が遠い。まずは参拝したら裏に回って・・・裏から叩いて起こします・・・・
     戎さんに・・耳が遠いので今の聞いたやろうな・・と念押ししておかないと行けません。裏から蹴りを入れる人も居てるそうです。

     なお、試して祟があっても当局は関知しません。

     

  •  牛が祀られていた・・・<br /><br /> 天神さんと牛 <br />  菅原道真公が祀られている天満宮の境内に、牛の像がたくさん見られるが、その理由をご存知だろうか。一つには、道真公が生まれたのが、承和12年(845)6月25日の丑年で、また亡くなったのが延喜3年(903)2月25日の丑の日であったこと。二つには太宰府で亡くなった道真公の御遺骸をお運びする途中、車を引く牛が座り込んで動かなくなったため、その場所を墓所と定め、それが太宰府天満宮の始まりになっただそうです。<br /> しかし、そのルーツは「天満大自在天神」という神号にありそうだとか。いずれの説も伝承ではあるが、天神さんの牛は神様として慕われている。学問に秀でた道真公にあやかって、神牛の頭部を手で擦り自分の頭部も同じようになでると知恵が付くという信仰は有名だ。<br /><br />

     牛が祀られていた・・・

     天神さんと牛
      菅原道真公が祀られている天満宮の境内に、牛の像がたくさん見られるが、その理由をご存知だろうか。一つには、道真公が生まれたのが、承和12年(845)6月25日の丑年で、また亡くなったのが延喜3年(903)2月25日の丑の日であったこと。二つには太宰府で亡くなった道真公の御遺骸をお運びする途中、車を引く牛が座り込んで動かなくなったため、その場所を墓所と定め、それが太宰府天満宮の始まりになっただそうです。
     しかし、そのルーツは「天満大自在天神」という神号にありそうだとか。いずれの説も伝承ではあるが、天神さんの牛は神様として慕われている。学問に秀でた道真公にあやかって、神牛の頭部を手で擦り自分の頭部も同じようになでると知恵が付くという信仰は有名だ。

  •  、神牛の頭部を手で擦り自分の頭部も同じようになでると知恵が付・・・・<br /><br /> ガ━━(;゚Д゚)━━ン!! もっ一回行かないと・・・<br /><br /> <br /><br /> 

     、神牛の頭部を手で擦り自分の頭部も同じようになでると知恵が付・・・・

     ガ━━(;゚Д゚)━━ン!! もっ一回行かないと・・・

     

     

  •  大阪府緑の100選に選ばてます・・・<br /><br /> 大変綺麗です・・・

     大阪府緑の100選に選ばてます・・・

     大変綺麗です・・・

  •  丁度ツツジ満開です

     丁度ツツジ満開です

  •  実は、お花以外も木々が大変綺麗です

     実は、お花以外も木々が大変綺麗です

  •  中央付近にサギが居てます・・・・<br /><br /><br /> 

     中央付近にサギが居てます・・・・


     

この旅行記のタグ

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集