小平・西東京旅行記(ブログ) 一覧に戻る
日本屈指の名門美大、武蔵野美術大学。<br />私、ここの文化祭の大ファンなんです。<br />シノギをけずって美的センスを競い合っている学生たちがひしめく伏魔殿!?のはずなのに、まったく堅苦しくなく楽しく芸術に触れることができます。<br />そしてさすが美大、食べ物の屋台や構内のオブジェのクオリティが驚くほど高い。<br />よく漫画に出てくるイケてる文化祭の様子を見ては「ケッ、こんなの実在するわけないじゃん」と毒づいていましたが、実在しました、ここに。<br />ムサビ名物「男神輿」「女神輿」も見逃せない。<br />プロレス興行もあるでよ。<br /><br />学生の身分を退いてもうずいぶん経ちますが、これからも秋になるとムサビに向かうことでしょう。

20代二人旅☆東京・小平-憧れの「学園祭」に限りなく近い、武蔵野美術大学芸術祭ー

3いいね!

2010/10/31 - 2010/10/31

112位(同エリア135件中)

0

26

日本屈指の名門美大、武蔵野美術大学。
私、ここの文化祭の大ファンなんです。
シノギをけずって美的センスを競い合っている学生たちがひしめく伏魔殿!?のはずなのに、まったく堅苦しくなく楽しく芸術に触れることができます。
そしてさすが美大、食べ物の屋台や構内のオブジェのクオリティが驚くほど高い。
よく漫画に出てくるイケてる文化祭の様子を見ては「ケッ、こんなの実在するわけないじゃん」と毒づいていましたが、実在しました、ここに。
ムサビ名物「男神輿」「女神輿」も見逃せない。
プロレス興行もあるでよ。

学生の身分を退いてもうずいぶん経ちますが、これからも秋になるとムサビに向かうことでしょう。

同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
JRローカル 徒歩
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
4.0
観光
5.0
交通
3.0

PR

  • JR武蔵野線新小平駅より、歩いて武蔵野美術大学へ向かいます。<br />大学の最寄り駅は新小平含め3つほどありますが、どこからも徒歩で15〜20分ほどかかってしまいます…。

    JR武蔵野線新小平駅より、歩いて武蔵野美術大学へ向かいます。
    大学の最寄り駅は新小平含め3つほどありますが、どこからも徒歩で15〜20分ほどかかってしまいます…。

  • 新小平駅脇のプレハブ。コロちゃんのコロッケが経営破綻した後の成れの果てにしては些か緊迫感に欠ける。

    新小平駅脇のプレハブ。コロちゃんのコロッケが経営破綻した後の成れの果てにしては些か緊迫感に欠ける。

    新小平駅

  • おっ、黄色い電車の西武国分寺線。<br />西武線のこのコーンスープのようなひまわりのようなあったかい黄色が大好きです。

    おっ、黄色い電車の西武国分寺線。
    西武線のこのコーンスープのようなひまわりのようなあったかい黄色が大好きです。

    西武国分寺線 乗り物

    学生が多い。コーンスープみたいな色した、郊外の可愛いローカル電車。 by ゆりりんさん
  • 小平市、行きどまり結構多いのよね。<br />住んでたときは特に気に留めていなかったけど、離れてみて実感しました。

    小平市、行きどまり結構多いのよね。
    住んでたときは特に気に留めていなかったけど、離れてみて実感しました。

  • ムサビ到着。<br />これの正体は後で分かります。

    ムサビ到着。
    これの正体は後で分かります。

  • カッコイイ装飾を纏ったお兄さんに、ふんどし一丁のお兄さん発見。

    カッコイイ装飾を纏ったお兄さんに、ふんどし一丁のお兄さん発見。

  • 次に目に飛び込んできた神輿に衝撃を受ける。<br /><br />川崎市の奇祭・かなまら祭りに迷い込んだかと思った。<br />かなまら祭りの詳細はググってください。

    次に目に飛び込んできた神輿に衝撃を受ける。

    川崎市の奇祭・かなまら祭りに迷い込んだかと思った。
    かなまら祭りの詳細はググってください。

  • このお神輿、ちょうど今から出陣するところでした。<br />守衛さんへのご挨拶中。<br />30年だか40年だか続く武蔵野美術大学彫刻科の伝統「男神輿」だと。

    このお神輿、ちょうど今から出陣するところでした。
    守衛さんへのご挨拶中。
    30年だか40年だか続く武蔵野美術大学彫刻科の伝統「男神輿」だと。

  • 礼っ!

    礼っ!

  • 「むっさし〜の〜、でってか〜ら〜」みたいな歌に合わせ、浴衣姿の女子が遠巻きに彼らを囲んで気だるげに歩きながら、粛々とお神酒をぶっかけ続ける。

    「むっさし〜の〜、でってか〜ら〜」みたいな歌に合わせ、浴衣姿の女子が遠巻きに彼らを囲んで気だるげに歩きながら、粛々とお神酒をぶっかけ続ける。

  • よく見ると貧ぼっちゃまくんがいますね

    よく見ると貧ぼっちゃまくんがいますね

  • 院にINしたい。がんばれ!

    院にINしたい。がんばれ!

  • 中央の広場に男神輿がやってきました。<br />彫刻科の皆様の本気にただただ脱帽…。

    中央の広場に男神輿がやってきました。
    彫刻科の皆様の本気にただただ脱帽…。

  • 先ほど見かけたツノのあるお神輿は、同じく彫刻科女子による「女神輿」だったようです。<br />最終日には御結合されるようです。

    先ほど見かけたツノのあるお神輿は、同じく彫刻科女子による「女神輿」だったようです。
    最終日には御結合されるようです。

  • 神輿に気を取られ、エントランスのオブジェになかなか意識が行きませんでした。<br />今年は和装の猫。<br />ムサビ生は猫好きが多いようです。

    神輿に気を取られ、エントランスのオブジェになかなか意識が行きませんでした。
    今年は和装の猫。
    ムサビ生は猫好きが多いようです。

  • このときは、ムサビのアイドル猫との呼び声高い「さばお」くんが亡くなってまだ1年も経っていなかった頃でした。<br />有志によってさばおくんの像が作られ、守衛所横に飾られていました。

    このときは、ムサビのアイドル猫との呼び声高い「さばお」くんが亡くなってまだ1年も経っていなかった頃でした。
    有志によってさばおくんの像が作られ、守衛所横に飾られていました。

  • 美大の学園祭の屋台は凄い。<br />ビジュアルが本気。<br />漫画に出てくる「学園祭の屋台」のイメージに限りなく近いものを初めて見て感動。

    美大の学園祭の屋台は凄い。
    ビジュアルが本気。
    漫画に出てくる「学園祭の屋台」のイメージに限りなく近いものを初めて見て感動。

  • オブジェがそこかしこに。

    オブジェがそこかしこに。

  • 芸術祭名物、学生プロレス興行。

    芸術祭名物、学生プロレス興行。

  • 見ていてときどきヒヤヒヤしますが、学プロらしい展開に爆笑です。

    見ていてときどきヒヤヒヤしますが、学プロらしい展開に爆笑です。

  • 写真係のマネージャーちゃんが美人さんでしたね〜。

    写真係のマネージャーちゃんが美人さんでしたね〜。

  • ヒールの人もちゃんとそれっぽい。

    ヒールの人もちゃんとそれっぽい。

  • 名物技のひとつ「パンツドライバー」。<br />相手の顔をズボンの中に突っ込む技。

    名物技のひとつ「パンツドライバー」。
    相手の顔をズボンの中に突っ込む技。

  • 最大の名物技「電波投げ」。<br />指一本触れられてないのに、これを仕掛けられると電波でみんな吹っ飛んでしまいます。おおこわい。

    最大の名物技「電波投げ」。
    指一本触れられてないのに、これを仕掛けられると電波でみんな吹っ飛んでしまいます。おおこわい。

  • 4年生の引退試合でもある。<br /><br />ちなみに、ムサビ生はこのプロレスメンバーの中にほとんどいません(笑)。<br />お隣・国立市の一橋大学の学生プロレス団体が、ムサビに出張してきているようです。

    4年生の引退試合でもある。

    ちなみに、ムサビ生はこのプロレスメンバーの中にほとんどいません(笑)。
    お隣・国立市の一橋大学の学生プロレス団体が、ムサビに出張してきているようです。

  • ぉっとぉ〜、美大の学園祭レポートなのに作品の写真があまりにも少ない!<br />ほとんど写真は残っていませんが、かろうじて残っていた、青い光の空間に入って光の演出を楽しむという趣旨の作品の写真で締めたいと思います。<br /><br />初めて行ってまだ勝手が分かってなかったから、写真が少ないなぁ。悔しい。<br />この2年後にも行ったので、機会があればまた旅行記にまとめたいなと思います。

    ぉっとぉ〜、美大の学園祭レポートなのに作品の写真があまりにも少ない!
    ほとんど写真は残っていませんが、かろうじて残っていた、青い光の空間に入って光の演出を楽しむという趣旨の作品の写真で締めたいと思います。

    初めて行ってまだ勝手が分かってなかったから、写真が少ないなぁ。悔しい。
    この2年後にも行ったので、機会があればまた旅行記にまとめたいなと思います。

この旅行記のタグ

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集