その他の都市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ルワンダ編②(ムランビ虐殺記念館)です。<br />前日にキガリの虐殺記念館を訪れましたが、続いてキガリから離れてムランビにある虐殺記念館に行きます。キガリから慌ただしく移動すれば、日帰りをすることも可能です。<br /><br />(行程)<br />7:30 ニャブゴゴバスターミナル<br /><br />↓(バス:2500RWF)<br /><br />9:30 ブタレ(フエ)<br />※Hotel Faucon前に停まるのでそこで降りるのが良いと思います。<br />Hotel Fauconに宿泊する為に、チェックイン(部屋は広くてお湯、湯船もありますが、少し割高でした(16000RWF)<br /><br />10:00 ブタレ(フエ)<br /><br />↓(バス:500RWF)<br />※バス会社はHorizon<br /><br />10:50 ギコンゴロ<br /><br />↓バイクタクシー:1000RWF<br /><br />ムランビ虐殺記念館<br /><br />↓歩いて戻る<br /><br />13:20 ギコンゴロ<br /><br />↓(バス:500RWF)<br />※バス会社はVolcano express<br /><br />14:00 ブタレ(フエ)着<br /><br />上記行程は実際に自分が行った順路です。7:30にキガリを出ると虐殺記念館の観光時間は人それぞれですが、14:00にはブタレに戻れるので17時ぐらいにはキガリに戻れると思います。Hotel Faucon近くにはバス会社が2つあるので、バスについてはそこで確認すれば大丈夫です。ギコンゴロからムランビ虐殺記念館への道はそれほど遠く無いですが、分かり難いので往路はバイクタクシーで行き、復路はダラダラ歩いて戻るのをお薦めします。<br /><br />ここの虐殺記念館ですが、初めに建物にある展示の観光をします。そして、その後に建物の後ろにバラックらしき建物があり、そのバラック内部に入ると...白骨化した死体が無造作に並べられています。ルワンダでの虐殺の被害者です。安らかに亡くなった人は当然いないので、苦痛の表情ばかりでした。しかも言葉に出来ない臭いがバラック内に充満していて長時間滞在する事さえ無理でした。しかも、この白骨化した死体のバラックですが、1つ、2つではなく何棟もありこの地で行われた残酷な歴史に向きあう事が出来ます。最後に訪れた人の感想を書くノートがあったので色々思う事を書きましたが、書いた後に見てびっくりしたのが日本人の観光客が多い事でした。<br /><br />虐殺記念館からぶらぶら戻って行く途中で子供達と戯れたり出来たので、ぜひ復路は歩いて戻る事をお薦めします。現地の人にじろじろ見られます(笑) ブタレについてですが、本当に小さい街で特にする事がありません。日帰り出来るなら日帰りする方が無難かもしれません。僕も結局14時ぐらいに戻って来て、ブタレの街をぶらぶらして、その後にインターネットカフェでだらだらしてました。インターネットカフェもHotel Faucon近くにあります。道沿いにあるので、すぐ分かると思います。<br /><br />この日はブタレで宿泊後にキガリに戻って、最後の虐殺記念館を訪れます。

30ヶ国到達記念旅行 in ウガンダ&ルワンダ ルワンダ編②(ムランビ虐殺記念館)

19いいね!

2012/11/23 - 2012/11/23

9位(同エリア28件中)

2

19

karei

kareiさん

ルワンダ編②(ムランビ虐殺記念館)です。
前日にキガリの虐殺記念館を訪れましたが、続いてキガリから離れてムランビにある虐殺記念館に行きます。キガリから慌ただしく移動すれば、日帰りをすることも可能です。

(行程)
7:30 ニャブゴゴバスターミナル

↓(バス:2500RWF)

9:30 ブタレ(フエ)
※Hotel Faucon前に停まるのでそこで降りるのが良いと思います。
Hotel Fauconに宿泊する為に、チェックイン(部屋は広くてお湯、湯船もありますが、少し割高でした(16000RWF)

10:00 ブタレ(フエ)

↓(バス:500RWF)
※バス会社はHorizon

10:50 ギコンゴロ

↓バイクタクシー:1000RWF

ムランビ虐殺記念館

↓歩いて戻る

13:20 ギコンゴロ

↓(バス:500RWF)
※バス会社はVolcano express

14:00 ブタレ(フエ)着

上記行程は実際に自分が行った順路です。7:30にキガリを出ると虐殺記念館の観光時間は人それぞれですが、14:00にはブタレに戻れるので17時ぐらいにはキガリに戻れると思います。Hotel Faucon近くにはバス会社が2つあるので、バスについてはそこで確認すれば大丈夫です。ギコンゴロからムランビ虐殺記念館への道はそれほど遠く無いですが、分かり難いので往路はバイクタクシーで行き、復路はダラダラ歩いて戻るのをお薦めします。

ここの虐殺記念館ですが、初めに建物にある展示の観光をします。そして、その後に建物の後ろにバラックらしき建物があり、そのバラック内部に入ると...白骨化した死体が無造作に並べられています。ルワンダでの虐殺の被害者です。安らかに亡くなった人は当然いないので、苦痛の表情ばかりでした。しかも言葉に出来ない臭いがバラック内に充満していて長時間滞在する事さえ無理でした。しかも、この白骨化した死体のバラックですが、1つ、2つではなく何棟もありこの地で行われた残酷な歴史に向きあう事が出来ます。最後に訪れた人の感想を書くノートがあったので色々思う事を書きましたが、書いた後に見てびっくりしたのが日本人の観光客が多い事でした。

虐殺記念館からぶらぶら戻って行く途中で子供達と戯れたり出来たので、ぜひ復路は歩いて戻る事をお薦めします。現地の人にじろじろ見られます(笑) ブタレについてですが、本当に小さい街で特にする事がありません。日帰り出来るなら日帰りする方が無難かもしれません。僕も結局14時ぐらいに戻って来て、ブタレの街をぶらぶらして、その後にインターネットカフェでだらだらしてました。インターネットカフェもHotel Faucon近くにあります。道沿いにあるので、すぐ分かると思います。

この日はブタレで宿泊後にキガリに戻って、最後の虐殺記念館を訪れます。

旅行の満足度
3.5
観光
3.0
ホテル
4.0
グルメ
4.0
交通
3.5
同行者
一人旅
交通手段
高速・路線バス タクシー 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ニャブゴゴバスターミナルです。朝早いのに人が多くすぐに声をかけてきました。キガリからブタレまで2500RFWでした。道路は悪く無いので快適でした。

    ニャブゴゴバスターミナルです。朝早いのに人が多くすぐに声をかけてきました。キガリからブタレまで2500RFWでした。道路は悪く無いので快適でした。

  • Hotel Fauconの近くでバスが停まり、ここで降りました。このHotel Fauconに宿泊するつもりだったので、ちょうど都合が良かったです。値段は高いですが、広くてお湯も出たのでここに即決しました。(1泊:16000RWF)

    Hotel Fauconの近くでバスが停まり、ここで降りました。このHotel Fauconに宿泊するつもりだったので、ちょうど都合が良かったです。値段は高いですが、広くてお湯も出たのでここに即決しました。(1泊:16000RWF)

  • バス会社の人に声を掛けたら、色々教えてくれてバスに乗る所まで手伝ってもらいました。なにせ、どのバスがどこ行きかさっぱり分からないですし(笑) その時の1枚です。ちなみにブタレからギコンゴロへのバス停はありません(笑)

    バス会社の人に声を掛けたら、色々教えてくれてバスに乗る所まで手伝ってもらいました。なにせ、どのバスがどこ行きかさっぱり分からないですし(笑) その時の1枚です。ちなみにブタレからギコンゴロへのバス停はありません(笑)

  • ギコンゴロはブタレから山の中に入って行きます。正直、こんな所で虐殺があったなんて想像し難い場所です。ギコンゴロまではブタレからバスで50分程度です。バス乗り場にはこんな感じでHorizonとVolcanoの看板があるので分かりやすいです。ここから虐殺記念館に行きますが、バイクタクシーはバス乗り場にいるのですぐに見つかると思います。特にここに来る観光客はほぼ間違いなく虐殺記念館に行くのは分かってるみたいで、&quot;Genocide Memorial?&quot;と声をかけてくれます。

    ギコンゴロはブタレから山の中に入って行きます。正直、こんな所で虐殺があったなんて想像し難い場所です。ギコンゴロまではブタレからバスで50分程度です。バス乗り場にはこんな感じでHorizonとVolcanoの看板があるので分かりやすいです。ここから虐殺記念館に行きますが、バイクタクシーはバス乗り場にいるのですぐに見つかると思います。特にここに来る観光客はほぼ間違いなく虐殺記念館に行くのは分かってるみたいで、"Genocide Memorial?"と声をかけてくれます。

  • このバイクタクシーの運転手にのせてもらいました。写真嫌がれるかと思ったんですが、意外とOKをもらえました^^

    このバイクタクシーの運転手にのせてもらいました。写真嫌がれるかと思ったんですが、意外とOKをもらえました^^

  • ついにムランビ虐殺記念館に到着です。このゲートの先には虐殺記念館があります。

    ついにムランビ虐殺記念館に到着です。このゲートの先には虐殺記念館があります。

  • ゲートを潜ると綺麗な建物が見えてきます。これがムランビ虐殺記念館です。ここの展示もキガリとそれほど変わり映えはしません。観光客は僕以外に欧米人が3人だけでした。この建物の展示の観光後に現地人の2人に見せたいものがあるみたいな感じで建物の裏側に案内してもらいました。

    ゲートを潜ると綺麗な建物が見えてきます。これがムランビ虐殺記念館です。ここの展示もキガリとそれほど変わり映えはしません。観光客は僕以外に欧米人が3人だけでした。この建物の展示の観光後に現地人の2人に見せたいものがあるみたいな感じで建物の裏側に案内してもらいました。

  • こんな感じでバラック(?)が並んでいます。このバラックの全てでは無いですが、白骨化した死体の収納置き場になっています。死体の表情を見たら本当に恐ろしい事がこんな山奥でも行われていたと実感します。当然、安らかな表情の死体は全くありません。

    こんな感じでバラック(?)が並んでいます。このバラックの全てでは無いですが、白骨化した死体の収納置き場になっています。死体の表情を見たら本当に恐ろしい事がこんな山奥でも行われていたと実感します。当然、安らかな表情の死体は全くありません。

  • 虐殺記念館の周辺を見たら自然に囲まれたのどかな場所です。ただ、20年ほど前はこんなのどかな街でも大虐殺があったと思うとぞっとします。

    虐殺記念館の周辺を見たら自然に囲まれたのどかな場所です。ただ、20年ほど前はこんなのどかな街でも大虐殺があったと思うとぞっとします。

  • 最後に遠くから1枚。ここの虐殺記念館は衝撃でした...。

    最後に遠くから1枚。ここの虐殺記念館は衝撃でした...。

  • ちょっと気分転換にギコンゴロのバス停までぶらぶら歩いてみました。自然の中を歩くので気分転換には良い感じです。

    ちょっと気分転換にギコンゴロのバス停までぶらぶら歩いてみました。自然の中を歩くので気分転換には良い感じです。

  • 歩いている途中に出会った現地の可愛らしい子供達。この子達もいつか過去の忌まわしい歴史を知り、あんな残虐な歴史を繰り返さないようにして欲しいと思います。

    イチオシ

    歩いている途中に出会った現地の可愛らしい子供達。この子達もいつか過去の忌まわしい歴史を知り、あんな残虐な歴史を繰り返さないようにして欲しいと思います。

  • 歩いて戻る途中の風景。

    歩いて戻る途中の風景。

  • 虐殺記念館から少し歩くと街が見えて来ました。街を歩いていても当然外国人は僕だけです。このアウェー感ハンパ無い(笑)

    虐殺記念館から少し歩くと街が見えて来ました。街を歩いていても当然外国人は僕だけです。このアウェー感ハンパ無い(笑)

  • ギコンゴロの街です。こう見ると山の中ですが多くの人が住んでいる事が良く分かります。

    ギコンゴロの街です。こう見ると山の中ですが多くの人が住んでいる事が良く分かります。

  • ギコンゴロの街で出会った子供達。本当はもっといたのですが、カメラを向けると逃げて行ってしまいました(^_^;)

    イチオシ

    ギコンゴロの街で出会った子供達。本当はもっといたのですが、カメラを向けると逃げて行ってしまいました(^_^;)

  • バス停まで戻って来ました。ブタレに戻るのは2社の時刻表で決めたら良いと思います。値段は一緒ですし。

    バス停まで戻って来ました。ブタレに戻るのは2社の時刻表で決めたら良いと思います。値段は一緒ですし。

  • 夜はやっぱりビール!!

    夜はやっぱりビール!!

  • 今日はせっかくなのでもう一種類! 写真で分かるかもしれませんが、室内めっちゃくちゃ暗いです。ここはHotel Fauconのレストランです。フエ虐殺記念館の観光はこれで終了です。

    今日はせっかくなのでもう一種類! 写真で分かるかもしれませんが、室内めっちゃくちゃ暗いです。ここはHotel Fauconのレストランです。フエ虐殺記念館の観光はこれで終了です。

この旅行記のタグ

19いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • chikuouさん 2013/05/15 23:16:27
    衝撃の理由
     画像を拝見していて、ここの虐殺記念館は「衝撃でした」とありますが、よければそのわけを教えてください。
     このようなところはけっして行くことができないので、うらやましく思って拝見しています。

    karei

    kareiさん からの返信 2013/05/19 22:50:43
    RE: 衝撃の理由
    chikuouさん

    掲示板への書き込みありがとうございます。
    返信遅くなってすみません。

    衝撃だったのは、虐殺記念館の裏にあった数多くの白骨化した死体です。
    画像を貼っていますが、この虐殺記念館の裏には建屋が沢山あり、その建屋の中には白骨化した死体が無造作に並べられています。亡くなられたままの状態での保管なので強烈な臭いと亡くなられた方の表情を見ると言葉に出来ませんでした。なので、衝撃だったと書いています。

    karei

kareiさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集