バリ島 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
LCC(格安航空会社)エアーアジアが関空−KL(クアラルンプール)に就航したので早速チケットを購入し、クアラルンプールへ。そこからバリ島、ジャワ島へLCCを乗り継いで格安で旅をした。<br />滞在は、バリ島で10泊、ジャワ島で11泊、経由地のKLで5泊し全27日の旅だった。<br />バリ島では地元バリ人の経営するベラワビーチ近くのゲストハウスとウブドのビラで過ごし、ジャワ島ではジョグジャとソロを訪れ、ヒンドゥー教の聖地を訪れた。<br />合計金額は二人旅で一人約14万円。個人旅行ならではの格安費用。<br /><br />内訳は、<br />渡航費(関空-KL往復、サーチャージ・空港税、ビザ含む)29,914円<br />交通費(現地移動の航空運賃、鉄道、タクシーなど)35,238円<br />宿泊費(27泊、ソロ5つ星3泊、KL5つ星3泊含む)41,339円<br />食費20,218円、<br />観光(車チャーター代、入場料など)13,919円<br />合計140,628円。<br /><br /><br /><br /><br /><br />

LCC(格安航空会社)でバリ島へ

18いいね!

2011/12/02 - 2011/12/28

3608位(同エリア14372件中)

LCC(格安航空会社)エアーアジアが関空−KL(クアラルンプール)に就航したので早速チケットを購入し、クアラルンプールへ。そこからバリ島、ジャワ島へLCCを乗り継いで格安で旅をした。
滞在は、バリ島で10泊、ジャワ島で11泊、経由地のKLで5泊し全27日の旅だった。
バリ島では地元バリ人の経営するベラワビーチ近くのゲストハウスとウブドのビラで過ごし、ジャワ島ではジョグジャとソロを訪れ、ヒンドゥー教の聖地を訪れた。
合計金額は二人旅で一人約14万円。個人旅行ならではの格安費用。

内訳は、
渡航費(関空-KL往復、サーチャージ・空港税、ビザ含む)29,914円
交通費(現地移動の航空運賃、鉄道、タクシーなど)35,238円
宿泊費(27泊、ソロ5つ星3泊、KL5つ星3泊含む)41,339円
食費20,218円、
観光(車チャーター代、入場料など)13,919円
合計140,628円。





同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
10万円 - 15万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス レンタカー バイク 飛行機
航空会社
エアアジアX
利用旅行会社
個別手配
旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
ショッピング
4.0
交通
5.0

PR

  • 格安航空会社(LCC)で東京-クアラルンプール(KL)間に航路を持つエアーアジアが、11月大阪(関空)-KL間の航路を就航した。就航記念として関空-KLが3,931円の破格値で発売された。早速この航空券を購入し、インドネシアのバリ島へ行くことにした。<br />航空運賃は、関空−KLが3,931円、KL−バリ島(デンパサール)が、6,740円の合計10,671円であった。(サーチャージ込み)関空16:55出発、KL22:40着、最短のバリ行きが、9:25でKLでの乗継は約10時間であるが、KLで宿泊して18:30の便とした。<br />エアーアジアはLCC(LowCostCarrier)では老舗であり、徹底的なコスト低減によりこのような低価格が可能となっている。したがって、他の航空会社と比べると、下記の点が有料となっている。 <br />1.機内サービス(機内食、毛布、エンターテイメントなど) <br />2.委託手荷物は、重量によって料金が異なる。 <br />3.座席指定 <br />4.空港カウンターでのチェックイン <br />5.搭乗保険 <br />これらは利用しなければもちろん無料。しかしながら料金はリーズナブル。

    格安航空会社(LCC)で東京-クアラルンプール(KL)間に航路を持つエアーアジアが、11月大阪(関空)-KL間の航路を就航した。就航記念として関空-KLが3,931円の破格値で発売された。早速この航空券を購入し、インドネシアのバリ島へ行くことにした。
    航空運賃は、関空−KLが3,931円、KL−バリ島(デンパサール)が、6,740円の合計10,671円であった。(サーチャージ込み)関空16:55出発、KL22:40着、最短のバリ行きが、9:25でKLでの乗継は約10時間であるが、KLで宿泊して18:30の便とした。
    エアーアジアはLCC(LowCostCarrier)では老舗であり、徹底的なコスト低減によりこのような低価格が可能となっている。したがって、他の航空会社と比べると、下記の点が有料となっている。
    1.機内サービス(機内食、毛布、エンターテイメントなど)
    2.委託手荷物は、重量によって料金が異なる。
    3.座席指定
    4.空港カウンターでのチェックイン
    5.搭乗保険
    これらは利用しなければもちろん無料。しかしながら料金はリーズナブル。

  • バリ島はどこかのんびりしていて、時間がゆっくり過ぎて行く感じだ。ビーチ沿いのクタ、レギャンなどは欧米人(オーストラリア人が主)に人気だが賑やか過ぎる。日本人にはもう少し静かなところが良い。<br />と言うことで、私はレギャンから北に10kmほど離れたチャングーのゲストハウス”Wayan’s Guesthouse”に宿を決め、6泊した。ここは地元バリ人家族が経営するゲストハウスである。宿代は1泊1部屋(二人利用)300,000IDR(約2,600円)。朝食は共用キッチンがあり、コーヒーやフルーツなどが無料で用意されている。<br />Wayanには、奥さんと小さい子供さん2人がいる。ここではバリ人の日常の生活に触れながらゆっくりとした時を過ごすことが出来た。<br /><br /><br />

    バリ島はどこかのんびりしていて、時間がゆっくり過ぎて行く感じだ。ビーチ沿いのクタ、レギャンなどは欧米人(オーストラリア人が主)に人気だが賑やか過ぎる。日本人にはもう少し静かなところが良い。
    と言うことで、私はレギャンから北に10kmほど離れたチャングーのゲストハウス”Wayan’s Guesthouse”に宿を決め、6泊した。ここは地元バリ人家族が経営するゲストハウスである。宿代は1泊1部屋(二人利用)300,000IDR(約2,600円)。朝食は共用キッチンがあり、コーヒーやフルーツなどが無料で用意されている。
    Wayanには、奥さんと小さい子供さん2人がいる。ここではバリ人の日常の生活に触れながらゆっくりとした時を過ごすことが出来た。


  • バリ島の人気観光地キンタマーニは島内山間部のパトゥール山とその火山湖一帯を指し、標高1500mにある。少し肌寒く感じるこの一帯は景色がきれい。周囲には、見晴らしのいいレストランがあり、食事をしながら景色を楽しむことが出来る。ビュッフェ式のインドネシア料理で、料金は100,000IDRプラス税サービス料が21%、合計121,000IDR(約1,040円)。場所的には仕方ないのだろうが、人が多くてゆっくり楽しむ雰囲気ではなかった。<br />バリ島の観光には車をチャーターするのが一番。1日1台で30USD(約2,400円)が相場だ。日本語を話せるドライバーもいる。

    バリ島の人気観光地キンタマーニは島内山間部のパトゥール山とその火山湖一帯を指し、標高1500mにある。少し肌寒く感じるこの一帯は景色がきれい。周囲には、見晴らしのいいレストランがあり、食事をしながら景色を楽しむことが出来る。ビュッフェ式のインドネシア料理で、料金は100,000IDRプラス税サービス料が21%、合計121,000IDR(約1,040円)。場所的には仕方ないのだろうが、人が多くてゆっくり楽しむ雰囲気ではなかった。
    バリ島の観光には車をチャーターするのが一番。1日1台で30USD(約2,400円)が相場だ。日本語を話せるドライバーもいる。

  • バリ島の西海岸沿いのビーチは、インド洋に沈む夕日を見ることが出来る。インド洋から打ち寄せる波の音を聞きながら、壮大な海に沈んで行く夕日を眺めるていると、時間が経つのを忘れてしまう。

    バリ島の西海岸沿いのビーチは、インド洋に沈む夕日を見ることが出来る。インド洋から打ち寄せる波の音を聞きながら、壮大な海に沈んで行く夕日を眺めるていると、時間が経つのを忘れてしまう。

  • ビーチ近くのゲストハウスからウブドのビラへ移動。ここはモンキーフォレストから5分のところにあるビラ形式のリゾート。宿代も1泊1部屋(二人利用)朝食付き43USD(約3,300円)で手ごろ。ここに4泊することにした。<br />ウブドの町は、ここから歩いて行ける範囲にある。

    ビーチ近くのゲストハウスからウブドのビラへ移動。ここはモンキーフォレストから5分のところにあるビラ形式のリゾート。宿代も1泊1部屋(二人利用)朝食付き43USD(約3,300円)で手ごろ。ここに4泊することにした。
    ウブドの町は、ここから歩いて行ける範囲にある。

  • バリ島からジャワ島のジョグジャカルタへ飛ぶためフライトを探していたら、ライオンエアーが見つかった。ただし、利用日によって値段の差が倍半分。したがって、バリ滞在予定を2日早めて、格安でチケットを購入。3,000円/人。フライトは早朝6時、ウブドのホテルを朝3時に出た。

    バリ島からジャワ島のジョグジャカルタへ飛ぶためフライトを探していたら、ライオンエアーが見つかった。ただし、利用日によって値段の差が倍半分。したがって、バリ滞在予定を2日早めて、格安でチケットを購入。3,000円/人。フライトは早朝6時、ウブドのホテルを朝3時に出た。

  • ジョグジャのホテルは1泊1部屋(二人利用)朝食付き360,000IDR(約3,100円)。部屋はプールのまん前。水着に着替えていつでもひと泳ぎ。<br />ここに6泊+2泊の計8泊。

    ジョグジャのホテルは1泊1部屋(二人利用)朝食付き360,000IDR(約3,100円)。部屋はプールのまん前。水着に着替えていつでもひと泳ぎ。
    ここに6泊+2泊の計8泊。

  • ボロブドゥールはジョグジャカルタにある仏教遺跡で世界遺産となっている。ジョグジャの町から40kmのところにあり車を1台チャーターして300,000IDR(約2,600円)で行ける。<br />ゆっくり見たい人は3時間以上は見ておいた方がいい。回廊が4段もあり、それぞれの回廊にレリーフで物語が書かれている。

    ボロブドゥールはジョグジャカルタにある仏教遺跡で世界遺産となっている。ジョグジャの町から40kmのところにあり車を1台チャーターして300,000IDR(約2,600円)で行ける。
    ゆっくり見たい人は3時間以上は見ておいた方がいい。回廊が4段もあり、それぞれの回廊にレリーフで物語が書かれている。

  • 同じく世界遺産のプランバナンは、ヒンドゥー教の寺院遺跡。ジョグジャからトランスジョグジャ(バス)で3,000IDR(約26円)で行ける。<br />こちらもゆっくり見て回るには3時間は必要。ボロブドゥールと比べながら、見ていくと、仏教とヒンドゥー教寺院の違いが分かる。

    同じく世界遺産のプランバナンは、ヒンドゥー教の寺院遺跡。ジョグジャからトランスジョグジャ(バス)で3,000IDR(約26円)で行ける。
    こちらもゆっくり見て回るには3時間は必要。ボロブドゥールと比べながら、見ていくと、仏教とヒンドゥー教寺院の違いが分かる。

  • タクシーがまだ少ないジョグジャで、一番お世話になる乗り物はペチャ。ホテルの前、駅の前、マリオボロ通り、至る所でペチャが待っている。<br />交渉性なので乗る前に値段を決めること。町の中なら15,000〜20,000IDR(約130〜170円)程度。二人まで乗車OKだ。

    タクシーがまだ少ないジョグジャで、一番お世話になる乗り物はペチャ。ホテルの前、駅の前、マリオボロ通り、至る所でペチャが待っている。
    交渉性なので乗る前に値段を決めること。町の中なら15,000〜20,000IDR(約130〜170円)程度。二人まで乗車OKだ。

  • ジョグジャからソロまで電車で1時間。指定席で料金は20,000IDR(約170円)。車両は新しく、エアコン付きで快適だった。

    ジョグジャからソロまで電車で1時間。指定席で料金は20,000IDR(約170円)。車両は新しく、エアコン付きで快適だった。

  • ソロでは5星のホテルLorin Business Resort Hotelに3泊した。ただし、プロモ価格で1泊2,600円。宿泊はModerateと言う棟でロッジのような感じ。部屋はきれいで普通のDELUXE程度の広さで問題なかった。

    ソロでは5星のホテルLorin Business Resort Hotelに3泊した。ただし、プロモ価格で1泊2,600円。宿泊はModerateと言う棟でロッジのような感じ。部屋はきれいで普通のDELUXE程度の広さで問題なかった。

  • ソロ郊外にあるチュト寺院。ヒンドゥー教寺院。車をチャーターすると1日1台350,000IDR(約3,000円)で行ってくれる。ただし、ホテルで頼むと750,000IDR、タクシーに聞くと450,000IDRと足元を見られる。最低価格情報を入手し、交渉すること。

    ソロ郊外にあるチュト寺院。ヒンドゥー教寺院。車をチャーターすると1日1台350,000IDR(約3,000円)で行ってくれる。ただし、ホテルで頼むと750,000IDR、タクシーに聞くと450,000IDRと足元を見られる。最低価格情報を入手し、交渉すること。

  • チュト寺院近くにあるスクー寺院。(一緒に周れる)ここもヒンドゥー教寺院。地元の人はここをポルノテンプルと言ってたぐらい、性器を表現した石像物が多い。

    チュト寺院近くにあるスクー寺院。(一緒に周れる)ここもヒンドゥー教寺院。地元の人はここをポルノテンプルと言ってたぐらい、性器を表現した石像物が多い。

  • ソロからジョグジャに戻る時は普通列車(自由席のみ)だった。エアコン、扇風機がなく、窓も閉めているので車内は非常に暑い。乗車時、幸い空席があり座席に座ることが出来たが、後からの乗客は座席がなく床に座り込んでいる。<br />料金はエアコン車の半額10,000IDR(約90円)

    ソロからジョグジャに戻る時は普通列車(自由席のみ)だった。エアコン、扇風機がなく、窓も閉めているので車内は非常に暑い。乗車時、幸い空席があり座席に座ることが出来たが、後からの乗客は座席がなく床に座り込んでいる。
    料金はエアコン車の半額10,000IDR(約90円)

  • ジョグジャからKLへのフライトに搭乗する。KLではLCCT(Low Cost Carrier Terminal)と言うエアーアジア専用のターミナルがあり、国際便、国内便とも全てのエアーアジア便はこのターミナルからの発着となる。

    ジョグジャからKLへのフライトに搭乗する。KLではLCCT(Low Cost Carrier Terminal)と言うエアーアジア専用のターミナルがあり、国際便、国内便とも全てのエアーアジア便はこのターミナルからの発着となる。

  • KLから関空へ。LCCTの待合室は非常に混み合っている。搭乗ゲートから搭乗機までは徒歩で行く。丁度バスターミナルでバスに乗車するような感じ。

    KLから関空へ。LCCTの待合室は非常に混み合っている。搭乗ゲートから搭乗機までは徒歩で行く。丁度バスターミナルでバスに乗車するような感じ。

この旅行記のタグ

18いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

takashiさんの関連旅行記

takashiさんの旅行記一覧

インドネシアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
インドネシア最安 90円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

インドネシアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

バリ島(インドネシア) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集