コペンハーゲン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
日本語を教えるために、デンマークの小さな私立学校に招かれました。<br />コペンハーゲンまで迎えに来てくれたのは、校長先生。<br />しかし、本人を見てビックリ!ミニスカートの校長先生!日本では考えられない姿。<br /><br />たどり着いた日に、そのままコペンハーゲン観光に連れて行ってくれました。まず、最初に行ったのは、地元の人に一番の人気スポット、「クリスチャニア」。<br /><br />しかし、目にしたのは、とても観光とは言い難い光景で驚きでした・・・。<br />昔は誰かが住んでいたであろう場所が廃れてしまい、窓ガラスは割れたまま、家は廃墟のまま、そこに、アーティストらしき人が自分の場所を構えて商売しているようです。<br /> ドーベルマンぽい犬が放し飼いで、吠えながら走っているのを見て、思わず怖くて逃げてしまいました。もちろんそこらじゅうに、糞がたくさん落ちています。<br /> また、ここでは、麻薬の売買が、普通に行われるのだそうです。デンマークももうすぐ麻薬が合法になるのではないかと言ってました。夜になるともっとすごいよ!と教えてくれました。<br /><br /> いきなり、デンマークの本当の姿を見たような気がしました。<br /> この場所の良さが私には正直まったく理解できませんでした。<br /><br /><br />次に向かったのは、デパート。イルムとマガジン両方に行きました。<br />そこで、なんと、ホストがスリに遭いました!<br />地元の人でもスリに遭うほど、そう!デンマークはとても危険な街なのです。<br /> 日本ではとても安全な国と言われていますが、どうみても危険です。<br />ホストが、私の旅行バックを車には絶対に残さないで!というくらい気を使うほど、実は危険なのです。<br /> 会って初日、ホストはめちゃくちゃ怒り狂ってました・・・。<br /> 後々、デンマークがどれだけ危険なのかをいろいろ教えてくれました。<br /><br />また、デンマークは治安だけでなく、ゴミだらけでとても汚いと思いました。そして、市街地を離れ、私が滞在する田舎に向かう列車からは、どこまでも続く落書きの壁・・・。そしてゴミ・・・。<br /><br /> 後に、飛行機の中で一緒になったデンマークに住む日本人や韓国人と隣に座る度に話をしましたが、どの人も第一声に「汚い街でしょ?」と。特に日本人の方は、「全然イメージと違うでしょ?」と言っていました。<br /> 確かに、あまりにも清いイメージと、ずいぶんかけ離れていました。<br /><br />気を取り直し、観光。<br /><br />ホストが、ホットドッグを買ってくれました。おいしいのよ!渡され食べると、本当においしい!<br />とても幸せな気分になりました。<br /><br /> アマリエンボー宮殿に行きました。今でも、ここで王が暮らしているのだと教えてくれました。兵隊さんが不動で立って警備をしていました。おもちゃの兵隊みたいな格好で立っていて感動しました。<br /><br /> その後、クリスチャンボー宮殿、市庁舎、証券取引所、国立劇場など、色々な場所をまわりました。<br /><br /> 行きたかった人魚姫は、ホストがあまり興味がないようで、連れて行ってもらえませんでした。<br /><br /> そして、チボリは、次回来ようと言うことになりました。<br /><br />結局、滞在中に、チボリと人魚姫に行ったのは、帰国前。<br /><br /> デンマークの家でクリスマスを一緒に過ごすために、日本から呼んでいた母と行きました。<br /> 23日の夜に行ったのですが、チボリパークの中に、クリスマスマーケットもありました。夜でしたが、イルミネーションがとにかくとても綺麗でした。でも、普通の遊園地だなぁというのが正直な感想でした。<br /><br /> 人魚姫をどうしても今見たい!と言い張る母親を暗くて無理だと説得するために、現地の人も巻き込んで一緒に説得し、この日は結局見ずに終わりました。<br /> そして、帰国日の26日の朝、人魚姫を見に行きました。最寄りの駅に着いて歩いて行きました。<br /> 地図を見ながらこっちだと案内するのですが、ちがう、こっちだと言い張る母は、右へ。母は人魚を見れずに終わりました・・・。<br /><br />諦めて私は左へ・・・。<br /> 本当に小さな小さな人魚なので、遠くからは何かあるなぁ・・・くらいにしか分かりません。というよりも、観光客が群がっているので分かりました。<br /><br /><br /><ホームステイ><br /> 滞在中に、訪問した家で、何度か食べることができた、デンマークの伝統的なクリスマス料理が、とても印象的で、おいしかったです。<br />また、Gryuワインは、クリスマス時期に、デンマークでも飲まれ、帰国のお土産に持たせてくれました。<br /><br /> 田舎では、近所何件かが一緒に風力発電機を所有していました。あの大きな風力発電が、普通に、ドン!と立っています。自然エネルギーを利用した素晴らしいシステムだと思いました。<br /><br /> おうちの中は、セントラルヒーティングで、とても快適でした。<br /><br /> デンマークの「個性」尊重に対する考え方が、2か月で最も考えさせられました。<br /><br /> あと、やっぱり、この国では、薬物は普通なんだなぁと思いました。滞在していた校長先生の娘さんは、17歳でマリファナを使用していました。そういう会話を普通にされるので、返す言葉が見つかりませんでした。<br /><br />行きたかった「レゴランド・アイスランド」はいつかの旅にお預けになりました。。。<br /><br />とてもスイートな家族に恵まれた2か月でした。

デンマークでの2か月間の滞在

4いいね!

2008/11/02 - 2008/12/26

1074位(同エリア1781件中)

0

0

日本語を教えるために、デンマークの小さな私立学校に招かれました。
コペンハーゲンまで迎えに来てくれたのは、校長先生。
しかし、本人を見てビックリ!ミニスカートの校長先生!日本では考えられない姿。

たどり着いた日に、そのままコペンハーゲン観光に連れて行ってくれました。まず、最初に行ったのは、地元の人に一番の人気スポット、「クリスチャニア」。

しかし、目にしたのは、とても観光とは言い難い光景で驚きでした・・・。
昔は誰かが住んでいたであろう場所が廃れてしまい、窓ガラスは割れたまま、家は廃墟のまま、そこに、アーティストらしき人が自分の場所を構えて商売しているようです。
 ドーベルマンぽい犬が放し飼いで、吠えながら走っているのを見て、思わず怖くて逃げてしまいました。もちろんそこらじゅうに、糞がたくさん落ちています。
 また、ここでは、麻薬の売買が、普通に行われるのだそうです。デンマークももうすぐ麻薬が合法になるのではないかと言ってました。夜になるともっとすごいよ!と教えてくれました。

 いきなり、デンマークの本当の姿を見たような気がしました。
 この場所の良さが私には正直まったく理解できませんでした。


次に向かったのは、デパート。イルムとマガジン両方に行きました。
そこで、なんと、ホストがスリに遭いました!
地元の人でもスリに遭うほど、そう!デンマークはとても危険な街なのです。
 日本ではとても安全な国と言われていますが、どうみても危険です。
ホストが、私の旅行バックを車には絶対に残さないで!というくらい気を使うほど、実は危険なのです。
 会って初日、ホストはめちゃくちゃ怒り狂ってました・・・。
 後々、デンマークがどれだけ危険なのかをいろいろ教えてくれました。

また、デンマークは治安だけでなく、ゴミだらけでとても汚いと思いました。そして、市街地を離れ、私が滞在する田舎に向かう列車からは、どこまでも続く落書きの壁・・・。そしてゴミ・・・。

 後に、飛行機の中で一緒になったデンマークに住む日本人や韓国人と隣に座る度に話をしましたが、どの人も第一声に「汚い街でしょ?」と。特に日本人の方は、「全然イメージと違うでしょ?」と言っていました。
 確かに、あまりにも清いイメージと、ずいぶんかけ離れていました。

気を取り直し、観光。

ホストが、ホットドッグを買ってくれました。おいしいのよ!渡され食べると、本当においしい!
とても幸せな気分になりました。

 アマリエンボー宮殿に行きました。今でも、ここで王が暮らしているのだと教えてくれました。兵隊さんが不動で立って警備をしていました。おもちゃの兵隊みたいな格好で立っていて感動しました。

 その後、クリスチャンボー宮殿、市庁舎、証券取引所、国立劇場など、色々な場所をまわりました。

 行きたかった人魚姫は、ホストがあまり興味がないようで、連れて行ってもらえませんでした。

 そして、チボリは、次回来ようと言うことになりました。

結局、滞在中に、チボリと人魚姫に行ったのは、帰国前。

 デンマークの家でクリスマスを一緒に過ごすために、日本から呼んでいた母と行きました。
 23日の夜に行ったのですが、チボリパークの中に、クリスマスマーケットもありました。夜でしたが、イルミネーションがとにかくとても綺麗でした。でも、普通の遊園地だなぁというのが正直な感想でした。

 人魚姫をどうしても今見たい!と言い張る母親を暗くて無理だと説得するために、現地の人も巻き込んで一緒に説得し、この日は結局見ずに終わりました。
 そして、帰国日の26日の朝、人魚姫を見に行きました。最寄りの駅に着いて歩いて行きました。
 地図を見ながらこっちだと案内するのですが、ちがう、こっちだと言い張る母は、右へ。母は人魚を見れずに終わりました・・・。

諦めて私は左へ・・・。
 本当に小さな小さな人魚なので、遠くからは何かあるなぁ・・・くらいにしか分かりません。というよりも、観光客が群がっているので分かりました。


<ホームステイ>
 滞在中に、訪問した家で、何度か食べることができた、デンマークの伝統的なクリスマス料理が、とても印象的で、おいしかったです。
また、Gryuワインは、クリスマス時期に、デンマークでも飲まれ、帰国のお土産に持たせてくれました。

 田舎では、近所何件かが一緒に風力発電機を所有していました。あの大きな風力発電が、普通に、ドン!と立っています。自然エネルギーを利用した素晴らしいシステムだと思いました。

 おうちの中は、セントラルヒーティングで、とても快適でした。

 デンマークの「個性」尊重に対する考え方が、2か月で最も考えさせられました。

 あと、やっぱり、この国では、薬物は普通なんだなぁと思いました。滞在していた校長先生の娘さんは、17歳でマリファナを使用していました。そういう会話を普通にされるので、返す言葉が見つかりませんでした。

行きたかった「レゴランド・アイスランド」はいつかの旅にお預けになりました。。。

とてもスイートな家族に恵まれた2か月でした。

同行者
その他
交通手段
鉄道
旅行の満足度
3.0
観光
3.0
ショッピング
4.0
交通
3.0

PR

この旅行記のタグ

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

デンマークで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
デンマーク最安 190円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

デンマークの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集