コッツウォルズ地方 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
インターネットがまだそれほど普及していない時代。<br />親友と2人で、イングランドを旅しました。<br />大学のパソコンでB&amp;Bを調べ、きままに移動しながら<br />8日間。とてもいい思い出です。

イングランド2人旅 1998

3いいね!

1998/03/12 - 1998/03/22

627位(同エリア900件中)

0

17

インターネットがまだそれほど普及していない時代。
親友と2人で、イングランドを旅しました。
大学のパソコンでB&Bを調べ、きままに移動しながら
8日間。とてもいい思い出です。

同行者
友人
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
鉄道 高速・路線バス
航空会社
大韓航空

PR

  • Stow-on-the-woldのToy museum。<br />ここでテディベアを購入しました。<br />……シュタイフのですが(笑)<br />名前をつけてあげてね、と言われて<br />「カーク」と命名。

    Stow-on-the-woldのToy museum。
    ここでテディベアを購入しました。
    ……シュタイフのですが(笑)
    名前をつけてあげてね、と言われて
    「カーク」と命名。

  • 「これであなたも景色が見えるでしょ」と<br />museumの奥さんが彼を紙袋に入れてくれました。<br />バス亭での風景。

    「これであなたも景色が見えるでしょ」と
    museumの奥さんが彼を紙袋に入れてくれました。
    バス亭での風景。

  • かわいい熊が手に入った事が嬉しくて、<br />バス待ちの間、ストウの町を散策しながら<br />写真を撮りました。<br />コッツ特有の石垣と、向こうに広がる牧草地。<br />3月上旬、あたたかい土と草の匂いを思い出します。

    かわいい熊が手に入った事が嬉しくて、
    バス待ちの間、ストウの町を散策しながら
    写真を撮りました。
    コッツ特有の石垣と、向こうに広がる牧草地。
    3月上旬、あたたかい土と草の匂いを思い出します。

  • Borton-on-the-waterの街です。<br />桜らしい花が咲いていました。<br />

    Borton-on-the-waterの街です。
    桜らしい花が咲いていました。

  • ハニーストーンの壁。こんな路地が素敵です。

    ハニーストーンの壁。こんな路地が素敵です。

  • Borton-on-the-waterで泊まった<br />「Chester House Hotel」。<br />当時、2人で80ポンドと、自分たちにしては<br />奮発して泊まった宿でした。<br />とても快適で、朝ごはんは明るいサンルームで美味しく頂いたのを憶えています。

    Borton-on-the-waterで泊まった
    「Chester House Hotel」。
    当時、2人で80ポンドと、自分たちにしては
    奮発して泊まった宿でした。
    とても快適で、朝ごはんは明るいサンルームで美味しく頂いたのを憶えています。

  • ツインのお部屋も可愛くてこざっぱり。<br />バスケットに沢山のクッキーやココアの粉末、<br />ティーバッグがあるのに感動しました(笑)<br />これは、2階の部屋から外を眺めたところ。<br />屋根が低めの造りで、ぴょんと飛び降りられそうな高さでした。

    ツインのお部屋も可愛くてこざっぱり。
    バスケットに沢山のクッキーやココアの粉末、
    ティーバッグがあるのに感動しました(笑)
    これは、2階の部屋から外を眺めたところ。
    屋根が低めの造りで、ぴょんと飛び降りられそうな高さでした。

  • 行きの飛行機で知り合った方のホームステイ先に<br />1日泊めてもらうという嬉しいハプニングが。<br />イギリスに住む人の日常生活を垣間見れて<br />とても興味深い体験をしました。<br />デタッチドハウス、という言葉を知ったのもこの時。<br />場所はNewportです。

    行きの飛行機で知り合った方のホームステイ先に
    1日泊めてもらうという嬉しいハプニングが。
    イギリスに住む人の日常生活を垣間見れて
    とても興味深い体験をしました。
    デタッチドハウス、という言葉を知ったのもこの時。
    場所はNewportです。

  • 「この池に住む金魚の面倒をみてくれることを条件に、5万ポンド(当時のレートで約1000万)で前の持ち主から買ったの」と教えてくれました。<br />

    「この池に住む金魚の面倒をみてくれることを条件に、5万ポンド(当時のレートで約1000万)で前の持ち主から買ったの」と教えてくれました。

  • Newportの町並み。

    Newportの町並み。

  • 街の名前を忘れてしまいましたが<br />Newportからcoach(長距離バス)でコッツウォルズに向かう途中の街で見たINN。壁に描かれたユニコーンが可愛かったです。

    街の名前を忘れてしまいましたが
    Newportからcoach(長距離バス)でコッツウォルズに向かう途中の街で見たINN。壁に描かれたユニコーンが可愛かったです。

  • Newportの路地

    Newportの路地

  • ロンドンに戻ってきました。<br />教会の敷地で開催されているPiccadilly Market。<br />当時は古いシルバー製品などもあって面白かったのですが、最近はサッカー関連グッズなどお土産品メインになってしまったみたいで残念。<br />

    ロンドンに戻ってきました。
    教会の敷地で開催されているPiccadilly Market。
    当時は古いシルバー製品などもあって面白かったのですが、最近はサッカー関連グッズなどお土産品メインになってしまったみたいで残念。

  • ポートベローマーケットの賑わい。<br />まさかこの時、自分が将来バイヤーになるとは思っていませんでした。

    ポートベローマーケットの賑わい。
    まさかこの時、自分が将来バイヤーになるとは思っていませんでした。

  • レトロな雰囲気…

    レトロな雰囲気…

  • ロンドン滞在中、ずっとお世話になったB&amp;B<br />GOWER HOTEL。<br />パディントン駅からとても近く、回りには色々なお店があって便利でした。<br />ギリシア系のスタッフはとても気さくで、郊外に行っている間も荷物を預かってくれたり、途中でいい部屋にチェンジしてくれたりしました。<br />朝食も、コンチネンタルが多いロンドンでは珍しくイングリッシュで、夕方までお腹が空かないくらい!<br />2人で1泊40ポンド程度だったと思います。<br />

    ロンドン滞在中、ずっとお世話になったB&B
    GOWER HOTEL。
    パディントン駅からとても近く、回りには色々なお店があって便利でした。
    ギリシア系のスタッフはとても気さくで、郊外に行っている間も荷物を預かってくれたり、途中でいい部屋にチェンジしてくれたりしました。
    朝食も、コンチネンタルが多いロンドンでは珍しくイングリッシュで、夕方までお腹が空かないくらい!
    2人で1泊40ポンド程度だったと思います。

  • ホテルの部屋の窓から見た風景。

    ホテルの部屋の窓から見た風景。

この旅行記のタグ

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

zazieさんの関連旅行記

zazieさんの旅行記一覧

イギリスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
イギリス最安 50円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

イギリスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集