ボーヴェ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
パリから北に77キロに ボーヴェ (Beauvais)という街がある。<br />空港があるんだけど、「それ以外は特に何もないよ」ってみんなが 言うし、ガイドブックにも載っていなかったので、 見たかった大聖堂だけを見て、ちゃっちゃと帰ってこようと思っていたのに、意外にも大きくて、結局 予定より2時間半も余分に滞在。<br /><br />「駅から大聖堂までは迷わず行ける」と、ホームページに書いてあったから 駅から見えてみるのかと思えば、そんなことはなく、軽く道に迷う。10分弱歩くと、街の中心らしいエリアに到着。そこで、ようやく大聖堂が見える。お昼休憩があって閉まってしまうので急ぎ足で向かう。<br /><br />ゴシック建築の傑作にあげられるサンピエール大聖堂。ゴシック建築は巨大化が進んで、高く、大きくなりすぎて、このボーヴェでは 最大の大聖堂を建築するつもりが 途中で崩れてしまったらしい。バベルの塔みたい。<br /><br />この大聖堂の有名なのは天文時計。1日に数回、解説付きで 時計のからくりが動いているのが見られる。午後から出直して、私は2:40PMからのを見る。(なんで こんな中途半端な時間なんだろう?)<br /><br />からくり時計が動いているのは 数分だけど、天文時計は 世界の都市の時刻、星座、月の満ち欠け、キリスト教の祭日などが わかるようになっている。すごく精密にできていた。100年以上も前に、こんな複雑な時計を作ったなんて ただただ感心してしまう。<br /><br />ボーヴェには これぐらいしか 見所がないんだろうと思っていたら、(←失礼??)隣には なんだか中世っぽい建物が。中はオワーズ美術館で、しかも無料だというので 昼休憩で大聖堂がしまっている間に入ってみる。誰もお客さんがいなくて あたしの貸しきりみたいだった。以前はお城だったのを 改造して 美術館にしたらしい。中は意外とモダンで、外観との違いに拍子抜け。でも、中庭は 手入れされていて すごく感じがいい。フランスの庭によくある、植木でデザインをしているようだ。上から見てみたなって 係りのお兄さんに聞いてみると、2時からなら 見れるよ、と教えてもらい、また 戻ってくる。ところが、管理人のおじさんに「今日は、大学の講義があるから 閉鎖されてるよ。写真を撮りたいんだろう?ちょっとだけならいいよ。4階から 綺麗に写真が撮れるよ」って言われる。(一言も写真が撮りたいなんて 言ってないのに、日本人=写真のイメージなのか?まぁ、写真撮ったけどさ・・・)<br /><br />ツーリストセンターで地図をもらう。カラーでしっかりした地図だけど、よくわかりにくい。結局、地図には頼らず、自分の勘で街をうろうろ。ちょこちょこ 遺跡の跡っぽいものがあった。なんせ この街、2000年の歴史があるらしい。戦争の時に かなり焼けてしまったのが 悔やまれるが。。。<br /><br />歩いていると、行きたかったサンテティエンヌ教会を発見。イエス・キリストの家系を示した木(エッサイの木)が描かれた ステンドグラスがあることで有名。内装は 派手ではないけど、エッサイの木のステンドグラスは たしかに 力作だった。<br /><br />この街のもうひとつ有名なのが タピスリー(つづれ織り) <br />国立タピスリー美術館。無料なので 入ってみる。あんまり タピスリーのよさは よくわからないけど、大きくて 芸術的だった、とでも言っておこう。<br /><br />街の主なところは だいたい散策した(つもり)と、いうことで 帰途に着く。パリからの日帰り旅行にぴったりの かわいい街だ。<br />

巨大になりすぎた ボーヴェの大聖堂

6いいね!

2008/09/10 - 2008/09/10

5位(同エリア5件中)

0

31

パリから北に77キロに ボーヴェ (Beauvais)という街がある。
空港があるんだけど、「それ以外は特に何もないよ」ってみんなが 言うし、ガイドブックにも載っていなかったので、 見たかった大聖堂だけを見て、ちゃっちゃと帰ってこようと思っていたのに、意外にも大きくて、結局 予定より2時間半も余分に滞在。

「駅から大聖堂までは迷わず行ける」と、ホームページに書いてあったから 駅から見えてみるのかと思えば、そんなことはなく、軽く道に迷う。10分弱歩くと、街の中心らしいエリアに到着。そこで、ようやく大聖堂が見える。お昼休憩があって閉まってしまうので急ぎ足で向かう。

ゴシック建築の傑作にあげられるサンピエール大聖堂。ゴシック建築は巨大化が進んで、高く、大きくなりすぎて、このボーヴェでは 最大の大聖堂を建築するつもりが 途中で崩れてしまったらしい。バベルの塔みたい。

この大聖堂の有名なのは天文時計。1日に数回、解説付きで 時計のからくりが動いているのが見られる。午後から出直して、私は2:40PMからのを見る。(なんで こんな中途半端な時間なんだろう?)

からくり時計が動いているのは 数分だけど、天文時計は 世界の都市の時刻、星座、月の満ち欠け、キリスト教の祭日などが わかるようになっている。すごく精密にできていた。100年以上も前に、こんな複雑な時計を作ったなんて ただただ感心してしまう。

ボーヴェには これぐらいしか 見所がないんだろうと思っていたら、(←失礼??)隣には なんだか中世っぽい建物が。中はオワーズ美術館で、しかも無料だというので 昼休憩で大聖堂がしまっている間に入ってみる。誰もお客さんがいなくて あたしの貸しきりみたいだった。以前はお城だったのを 改造して 美術館にしたらしい。中は意外とモダンで、外観との違いに拍子抜け。でも、中庭は 手入れされていて すごく感じがいい。フランスの庭によくある、植木でデザインをしているようだ。上から見てみたなって 係りのお兄さんに聞いてみると、2時からなら 見れるよ、と教えてもらい、また 戻ってくる。ところが、管理人のおじさんに「今日は、大学の講義があるから 閉鎖されてるよ。写真を撮りたいんだろう?ちょっとだけならいいよ。4階から 綺麗に写真が撮れるよ」って言われる。(一言も写真が撮りたいなんて 言ってないのに、日本人=写真のイメージなのか?まぁ、写真撮ったけどさ・・・)

ツーリストセンターで地図をもらう。カラーでしっかりした地図だけど、よくわかりにくい。結局、地図には頼らず、自分の勘で街をうろうろ。ちょこちょこ 遺跡の跡っぽいものがあった。なんせ この街、2000年の歴史があるらしい。戦争の時に かなり焼けてしまったのが 悔やまれるが。。。

歩いていると、行きたかったサンテティエンヌ教会を発見。イエス・キリストの家系を示した木(エッサイの木)が描かれた ステンドグラスがあることで有名。内装は 派手ではないけど、エッサイの木のステンドグラスは たしかに 力作だった。

この街のもうひとつ有名なのが タピスリー(つづれ織り)
国立タピスリー美術館。無料なので 入ってみる。あんまり タピスリーのよさは よくわからないけど、大きくて 芸術的だった、とでも言っておこう。

街の主なところは だいたい散策した(つもり)と、いうことで 帰途に着く。パリからの日帰り旅行にぴったりの かわいい街だ。

一人あたり費用
1万円未満
交通手段
鉄道

PR

  • パリの北駅(Gare du Nord)で 電車を 待っていると、いきなりモニュメントが動き出した。<br /><br />煙を吐き出し、電気がチカチカ。<br /><br />10時ちょうどだったから、1時間おきに 動くのか??<br /><br />実は 先週遊びに行こうと思ったら、ストで行けなかったので、今週こそは!と思って出かけてきた。(飛行場があるのに、ストのせいで 電車が出ないとか すごい困るよね?)<br /><br />そして、この日も地下鉄の事故のせいで、予定の9時27分発の電車に乗り損ねる。

    パリの北駅(Gare du Nord)で 電車を 待っていると、いきなりモニュメントが動き出した。

    煙を吐き出し、電気がチカチカ。

    10時ちょうどだったから、1時間おきに 動くのか??

    実は 先週遊びに行こうと思ったら、ストで行けなかったので、今週こそは!と思って出かけてきた。(飛行場があるのに、ストのせいで 電車が出ないとか すごい困るよね?)

    そして、この日も地下鉄の事故のせいで、予定の9時27分発の電車に乗り損ねる。

  • ボーヴェ駅(Beauvais)<br /><br />*パリの北駅(Gare du Nord)から1時間12分<br />大人片道:12ユーロ (25歳以下のカード使用:6ユーロ)<br /><br />ここから 街の中心まで 徒歩10分弱。<br /><br />飛行場がある街として知られているボーヴェ。格安航空券でパリ行きの飛行機を買ったら ボーヴェに着くこともあるらしい。

    ボーヴェ駅(Beauvais)

    *パリの北駅(Gare du Nord)から1時間12分
    大人片道:12ユーロ (25歳以下のカード使用:6ユーロ)

    ここから 街の中心まで 徒歩10分弱。

    飛行場がある街として知られているボーヴェ。格安航空券でパリ行きの飛行機を買ったら ボーヴェに着くこともあるらしい。

  • 通りすがりの かわいい家。

    通りすがりの かわいい家。

  • *サンピエール大聖堂 (Cathedrale Saint-Pierre)<br />5/1-10/31 : 9 :00am-12 :15pm &amp; 2 :00pm-6 :15pm<br />11/1-4/30 : 9 :00am-12 :15pm &amp; 2 :00pm-5 :30pm<br /><br />パリやランスとは異なった外観。巨大で 圧倒されそう!<br /><br /><br />

    *サンピエール大聖堂 (Cathedrale Saint-Pierre)
    5/1-10/31 : 9 :00am-12 :15pm & 2 :00pm-6 :15pm
    11/1-4/30 : 9 :00am-12 :15pm & 2 :00pm-5 :30pm

    パリやランスとは異なった外観。巨大で 圧倒されそう!


  • サンピエール大聖堂は 13世紀に建築を始めた。当時最大、天井まで48mというフランス一の高さを誇るが、内陣の建築を始めたら 天井が崩壊してしまった。付属の支柱やアケード強化をしたらしいが、未完成。(メインの身廊をつくるまえに 高い塔を建てたら 崩れた)<br /><br />100年戦争の後も16世紀頃まで 建築と補強が続くが、崩壊する一方・・・。<br /><br />今でも 工事は続く、未完成の巨大ゴシック建築。

    サンピエール大聖堂は 13世紀に建築を始めた。当時最大、天井まで48mというフランス一の高さを誇るが、内陣の建築を始めたら 天井が崩壊してしまった。付属の支柱やアケード強化をしたらしいが、未完成。(メインの身廊をつくるまえに 高い塔を建てたら 崩れた)

    100年戦争の後も16世紀頃まで 建築と補強が続くが、崩壊する一方・・・。

    今でも 工事は続く、未完成の巨大ゴシック建築。

  • スペインのサグラダファミリアみたいな鉄骨だらけの内装かと思ったら そんなこともなかった。ただ、工事中の部分や 木で支えられた部分はあるけど・・・

    スペインのサグラダファミリアみたいな鉄骨だらけの内装かと思ったら そんなこともなかった。ただ、工事中の部分や 木で支えられた部分はあるけど・・・

  • 48mもある高い天井は フランス一。<br /><br />もっと 崩壊しているのかと思っていたけど そうでもない。<br /><br />

    48mもある高い天井は フランス一。

    もっと 崩壊しているのかと思っていたけど そうでもない。

  • 大聖堂の戦争による崩壊は免れたけど、ステンドグラスは 現代のものが多かった。

    大聖堂の戦争による崩壊は免れたけど、ステンドグラスは 現代のものが多かった。

  • ステンドグラスも きれいな 素晴らしい聖堂だった。

    ステンドグラスも きれいな 素晴らしい聖堂だった。

  • 見て!<br /><br />ステンドグラスの光が 壁にうつって すっごく綺麗。

    見て!

    ステンドグラスの光が 壁にうつって すっごく綺麗。

  • 世界で最も古い時報時計。<br /><br />1303年製のものらしい。

    世界で最も古い時報時計。

    1303年製のものらしい。

  • 世界的にも有名な天文時計 (L&#39;horloge astronomique)<br /><br />1868年に Auguste Veriteというボーヴェの技術者がつくったらしい。<br /><br />*10:40 11:40 14:40 15:40 16:40の5回だけ解説付きのスペクタクルがある。<br /><br />大人:4ユーロ、25歳以下:2.5ユーロ<br />約25分間<br />

    世界的にも有名な天文時計 (L'horloge astronomique)

    1868年に Auguste Veriteというボーヴェの技術者がつくったらしい。

    *10:40 11:40 14:40 15:40 16:40の5回だけ解説付きのスペクタクルがある。

    大人:4ユーロ、25歳以下:2.5ユーロ
    約25分間

  • 最後の審判で、天国か地獄かが言い渡される場面。<br /><br />まず、雄鶏が鳴いた後、天使が最後の審判の笛を吹く。サンミッシェルの持っている秤が傾き、キリストが天国に行けるかどうかの サインを出す。

    最後の審判で、天国か地獄かが言い渡される場面。

    まず、雄鶏が鳴いた後、天使が最後の審判の笛を吹く。サンミッシェルの持っている秤が傾き、キリストが天国に行けるかどうかの サインを出す。

  • 小さな時計がいっぱいある。<br /><br />潮の満ちる時間とか、春夏秋冬の時計とか ともかく いろんなことが この時計1つで わかるようになっている。<br /><br />52の文字盤がある。

    小さな時計がいっぱいある。

    潮の満ちる時間とか、春夏秋冬の時計とか ともかく いろんなことが この時計1つで わかるようになっている。

    52の文字盤がある。

  • なんだか 中世っぽいな、と思って近づいてみると、オワーズ美術館であることが判明。<br /><br />*Musee Departmental de L&#39;Oise<br />7-9月 9:30am-6:00am<br />10月から6月 10:00am-12:00pm &amp; 2:00pm-6:00pm無料<br />

    なんだか 中世っぽいな、と思って近づいてみると、オワーズ美術館であることが判明。

    *Musee Departmental de L'Oise
    7-9月 9:30am-6:00am
    10月から6月 10:00am-12:00pm & 2:00pm-6:00pm無料

  • 中は現代アートが少しと、中世のものが少し。<br /><br />展示品は そんなに多くない。<br /><br />お客さん 全然いないし、働いてる人たちも のーんびり 休憩状態だった。

    中は現代アートが少しと、中世のものが少し。

    展示品は そんなに多くない。

    お客さん 全然いないし、働いてる人たちも のーんびり 休憩状態だった。

  • かつては お城だったらしい。<br /><br />ちゃんと、チャペルやギャラリー、牢屋まであったらしい。<br /><br />入り口は14世紀頃のものらしい。

    かつては お城だったらしい。

    ちゃんと、チャペルやギャラリー、牢屋まであったらしい。

    入り口は14世紀頃のものらしい。

  • 庭が手入れされていて すごく綺麗だった。<br /><br />これを どうしても 上から見てみたくて、わざわざ また ここに戻ってくる。

    庭が手入れされていて すごく綺麗だった。

    これを どうしても 上から見てみたくて、わざわざ また ここに戻ってくる。

  • お城の4階に上って見てみる。<br /><br />大聖堂の後ろ側部分と、デザインされた庭の植木が見える。<br /><br />

    お城の4階に上って見てみる。

    大聖堂の後ろ側部分と、デザインされた庭の植木が見える。

  • 大聖堂の周辺を散策してみる。<br /><br />Maison du XV <br />15世紀に建てられた家なんかも ぽつんと残っている。

    大聖堂の周辺を散策してみる。

    Maison du XV
    15世紀に建てられた家なんかも ぽつんと残っている。

  • 街の中心地にある噴水。<br /><br />天気が良かったので たくさんの人が パンやパニーニなどを 食べながら 歩く姿を見かける。<br /><br />水曜日で 学校が 休みだったせいか、学生も多かった。

    街の中心地にある噴水。

    天気が良かったので たくさんの人が パンやパニーニなどを 食べながら 歩く姿を見かける。

    水曜日で 学校が 休みだったせいか、学生も多かった。

  • ボーヴェ市役所。

    ボーヴェ市役所。

  • ジャンヌ・アシェット(Statue de Jeanne Hachette)<br /><br />ブルゴーニュ軍に 囲まれた時に 奮闘した ジャンヌ・アシェットさん。ジャンヌ・ダルク以外にも 勇敢に戦った女性がいたのね。<br /><br />フランス人女性は 勇敢だった! <br /><br /><br />

    ジャンヌ・アシェット(Statue de Jeanne Hachette)

    ブルゴーニュ軍に 囲まれた時に 奮闘した ジャンヌ・アシェットさん。ジャンヌ・ダルク以外にも 勇敢に戦った女性がいたのね。

    フランス人女性は 勇敢だった!


  • エスカルゴのチョコレート。<br /><br />買おうかと思ったけど、食べてもエスカルゴの味はしないだろう、ということで やめた。

    エスカルゴのチョコレート。

    買おうかと思ったけど、食べてもエスカルゴの味はしないだろう、ということで やめた。

  • 街のいろんなところに ちょっとしたデコレーションが。<br /><br />木でできた 鳥の家には 小鳥が止まっていたけど、あたしが近づいたせいで 逃げてしまった・・・。

    街のいろんなところに ちょっとしたデコレーションが。

    木でできた 鳥の家には 小鳥が止まっていたけど、あたしが近づいたせいで 逃げてしまった・・・。

  • サンテティエンヌ教会 (Eglise St.Etienne)<br /><br />この教会も お昼(11:30-14:00)の間は閉まってしまいます。<br /><br /><br />しばらく この周辺をぐるっと歩いてみる。<br />まわりには 感じのいい かわいらしい庭がある。

    サンテティエンヌ教会 (Eglise St.Etienne)

    この教会も お昼(11:30-14:00)の間は閉まってしまいます。


    しばらく この周辺をぐるっと歩いてみる。
    まわりには 感じのいい かわいらしい庭がある。

  • イエス・キリストの家系を示した木(エッサイの木)(Vitrail de l&#39;Arbre de Jessee)<br /><br />6.6m X 3.25m あるけっこう大きなステンドグラス。<br /><br />

    イエス・キリストの家系を示した木(エッサイの木)(Vitrail de l'Arbre de Jessee)

    6.6m X 3.25m あるけっこう大きなステンドグラス。

  • サンテティエンヌ教会の裏側から。<br /><br />ゴシック建築の教会は みんなこんな形してるね。

    サンテティエンヌ教会の裏側から。

    ゴシック建築の教会は みんなこんな形してるね。

  • 国立タピスリー美術館(Galerie Nationale de la Tapisserie)<br /><br />ここも お昼休憩がある。(この街の見所は みんな お昼休憩ばっかり・・・)<br /><br />広々とした空間に 小さなものから 大きなものまで いろんなタピスリーがある。

    国立タピスリー美術館(Galerie Nationale de la Tapisserie)

    ここも お昼休憩がある。(この街の見所は みんな お昼休憩ばっかり・・・)

    広々とした空間に 小さなものから 大きなものまで いろんなタピスリーがある。

  • パリの街が描かれた タピスリー

    パリの街が描かれた タピスリー

  • ボーヴェはピカルディー地方の中心都市。<br /><br />意外と大きな街だった。

    ボーヴェはピカルディー地方の中心都市。

    意外と大きな街だった。

この旅行記のタグ

6いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フランスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
フランス最安 100円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

フランスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

ボーヴェ(フランス) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集