景徳鎮 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

3日目〜4日目<br /><br />【江西省・景徳鎮】<br />杭州からバスで6時間、「陶器の街」景徳鎮を訪ねました。<br />翌日の丸1日、景徳鎮の色んな場所に行ってみました。<br /><br />【古窟瓷廠】<br />景徳鎮陶器の製作工程を色々見ることができます。興味津々に色んな工程や施設を見て、結局、3時間も滞在してしまいました。<br />「景徳鎮を体験する」には、なかなかいい所と思います。<br /><br />午後は、景徳鎮陶器の一大商店街や古街、遺跡などを巡ってみました。<br /><br />----------------------------------------------------<br />日程<br />D1 関空0955-杭州1135(JL637)、杭州机場1210-紹興1335(BUS) <br />-- 【紹興:倉橋直街、咸亨酒店、八字橋、周恩来祖居 】<br />D2 【紹興:魯迅故居、府橋】紹興-安昌古鎮(BUS)【安昌古鎮】<br />-- 安昌1455-軽紡城汽車站1520(BUS),1525-杭州東站1610(BUS)<br />-- 杭州東站1625-1710杭州西站1730(BUS)<br />D3 杭州西站0900-景徳鎮1500(BUS)<br />D4 【景徳鎮陶瓷民俗博覧区(古窟瓷廠、陶瓷民族博物館)、龍珠閣】<br />-- 【中国瓷園、湖田博物館、三閭廟古街、陶瓷城、御窟廠、人民広場】<br />D5 景徳鎮0001-漳平1400(寝台列車)、漳平1430-龍岩1620(BUS)<br />D6 龍岩0730-土楼0930(BUS)【土楼AM:永定客家土楼民俗文化村】<br />-- 【土楼PM:高頭高北村土楼群、承啓楼、他】<br />D7 【土楼:河坑土楼群、石橋村(順裕楼)、塔下村、下坂村、 田螺坑村】<br />D8 【土楼:初渓村土楼群、南渓実佳村土楼群】南渓1515-撫市1615<br />-- 撫市1620-龍岩1720(BUS)、龍岩2154→広州東+0745(寝台列車)<br />D9 広州/中国大酒店0910-珠海1150(BUS)→澳門1220(BUS)<br />-- 【澳門:聖ドミンゴ教会、聖ポール天主堂跡、モンテの砦、白鴿巣公園、他】<br />D10 マカオ0930-香港1030(船) <br />-- 【香港:中環半山行人電梯、ビクトリアピーク、スターフェリー、ネイザンロード〜旺角】<br />D11 香港0825-広州東1013(列車)、広州1445-関空1930(JL606)<br />

中国(4)【景徳鎮:陶瓷民俗博覧区】

3いいね!

2007/04/29 - 2007/04/30

10位(同エリア45件中)

    48

    3日目〜4日目

    【江西省・景徳鎮】
    杭州からバスで6時間、「陶器の街」景徳鎮を訪ねました。
    翌日の丸1日、景徳鎮の色んな場所に行ってみました。

    【古窟瓷廠】
    景徳鎮陶器の製作工程を色々見ることができます。興味津々に色んな工程や施設を見て、結局、3時間も滞在してしまいました。
    「景徳鎮を体験する」には、なかなかいい所と思います。

    午後は、景徳鎮陶器の一大商店街や古街、遺跡などを巡ってみました。

    ----------------------------------------------------
    日程
    D1 関空0955-杭州1135(JL637)、杭州机場1210-紹興1335(BUS)
    -- 【紹興:倉橋直街、咸亨酒店、八字橋、周恩来祖居 】
    D2 【紹興:魯迅故居、府橋】紹興-安昌古鎮(BUS)【安昌古鎮】
    -- 安昌1455-軽紡城汽車站1520(BUS),1525-杭州東站1610(BUS)
    -- 杭州東站1625-1710杭州西站1730(BUS)
    D3 杭州西站0900-景徳鎮1500(BUS)
    D4 【景徳鎮陶瓷民俗博覧区(古窟瓷廠、陶瓷民族博物館)、龍珠閣】
    -- 【中国瓷園、湖田博物館、三閭廟古街、陶瓷城、御窟廠、人民広場】
    D5 景徳鎮0001-漳平1400(寝台列車)、漳平1430-龍岩1620(BUS)
    D6 龍岩0730-土楼0930(BUS)【土楼AM:永定客家土楼民俗文化村】
    -- 【土楼PM:高頭高北村土楼群、承啓楼、他】
    D7 【土楼:河坑土楼群、石橋村(順裕楼)、塔下村、下坂村、 田螺坑村】
    D8 【土楼:初渓村土楼群、南渓実佳村土楼群】南渓1515-撫市1615
    -- 撫市1620-龍岩1720(BUS)、龍岩2154→広州東+0745(寝台列車)
    D9 広州/中国大酒店0910-珠海1150(BUS)→澳門1220(BUS)
    -- 【澳門:聖ドミンゴ教会、聖ポール天主堂跡、モンテの砦、白鴿巣公園、他】
    D10 マカオ0930-香港1030(船)
    -- 【香港:中環半山行人電梯、ビクトリアピーク、スターフェリー、ネイザンロード〜旺角】
    D11 香港0825-広州東1013(列車)、広州1445-関空1930(JL606)

    PR

    • 杭州西站<br /><br />杭州西站を朝9時に出たバスは、少しして高速道路に入り、食事休憩で1回停車しただけで、15時に景徳鎮西客站に到着しました。今日は雨です。<br /><br />杭州西站0900-景徳鎮1500(BUS6H、125元)

      杭州西站

      杭州西站を朝9時に出たバスは、少しして高速道路に入り、食事休憩で1回停車しただけで、15時に景徳鎮西客站に到着しました。今日は雨です。

      杭州西站0900-景徳鎮1500(BUS6H、125元)

    • 景徳鎮西客站の出口を出た途端「さすが景徳鎮!」です!<br /><br />西客站の出口には陶器がズラ〜っと並んでいます。<br />ここは「中国陶瓷城」と言う景徳鎮陶器の最大商店街になっています。

      景徳鎮西客站の出口を出た途端「さすが景徳鎮!」です!

      西客站の出口には陶器がズラ〜っと並んでいます。
      ここは「中国陶瓷城」と言う景徳鎮陶器の最大商店街になっています。

    • 鴻発賓館 100元。<br /><br />【火車の切符獲得ドキュメント・・・】<br />今回の目的地「土楼」への明日深夜の火車硬臥票を手に入れねば!<br />西客站から一目散で景徳鎮火車站へ。並んで順番来て聞くと「没有〜」、ギャッ!ヤバイ!<br />直ぐに景徳鎮中国国際旅行社へ。ここでも「ホントに売り切れ」だと。事前連絡済みなんで「何とかして!!」と頼み込んだら、各関係先に連絡してくれ、結果OKとなった。ホッ! ちなみに手数料は50元で手を打った。<br /><br />硬臥票がやっと何とかなったんで「安宿はどこ?」「先の珠山中路にいくらでもある」と教えていただいた。<br /><br />珠山中路の珠山大橋を東に渡った所にあり。安宿も何軒もあったが、なぜか「ちょっと奮発」の気になって鴻発賓館に投宿。<br /><br />*宿は西客站付近と、鴻発賓館付近に多くある。あと火車站付近にも。<br /><br />*宿で観光情報を相談=高嶺古鉱区や瑶里風景区はそれぞれ1日かかるらしい。

      鴻発賓館 100元。

      【火車の切符獲得ドキュメント・・・】
      今回の目的地「土楼」への明日深夜の火車硬臥票を手に入れねば!
      西客站から一目散で景徳鎮火車站へ。並んで順番来て聞くと「没有〜」、ギャッ!ヤバイ!
      直ぐに景徳鎮中国国際旅行社へ。ここでも「ホントに売り切れ」だと。事前連絡済みなんで「何とかして!!」と頼み込んだら、各関係先に連絡してくれ、結果OKとなった。ホッ! ちなみに手数料は50元で手を打った。

      硬臥票がやっと何とかなったんで「安宿はどこ?」「先の珠山中路にいくらでもある」と教えていただいた。

      珠山中路の珠山大橋を東に渡った所にあり。安宿も何軒もあったが、なぜか「ちょっと奮発」の気になって鴻発賓館に投宿。

      *宿は西客站付近と、鴻発賓館付近に多くある。あと火車站付近にも。

      *宿で観光情報を相談=高嶺古鉱区や瑶里風景区はそれぞれ1日かかるらしい。

    • 鴻発賓館裏の食堂で夕食<br /><br />手前のが椎茸料理。辛くする?って聞かれ「うん♪」と応えて出てきたのが、なんと!絶品のうまさ、辛さでした。<br /><br />*あまりのうまさ、辛さだったんで次の日も食べに来ました。

      鴻発賓館裏の食堂で夕食

      手前のが椎茸料理。辛くする?って聞かれ「うん♪」と応えて出てきたのが、なんと!絶品のうまさ、辛さでした。

      *あまりのうまさ、辛さだったんで次の日も食べに来ました。

    • 景徳鎮陶瓷民俗博覧区(古窟瓷廠、陶瓷民族博物館)<br /><br />←ここは“裏口”です。本来は入れない。<br /><br />*地図を見ると「交警支隊」と言うバス停からが一番近そうだったんで。10分弱で到着したが裏口だった。<br />  門番がいたので、古窟の中を通り正規の入口まで案内してくれた。<br /><br />*地元の人は古窟瓷廠を“古窟”と言っていた。<br /><br />入場料50元。

      景徳鎮陶瓷民俗博覧区(古窟瓷廠、陶瓷民族博物館)

      ←ここは“裏口”です。本来は入れない。

      *地図を見ると「交警支隊」と言うバス停からが一番近そうだったんで。10分弱で到着したが裏口だった。
      門番がいたので、古窟の中を通り正規の入口まで案内してくれた。

      *地元の人は古窟瓷廠を“古窟”と言っていた。

      入場料50元。

    • 古窟<br /><br />こちらが正規の入口でした。

      古窟

      こちらが正規の入口でした。

    • 陶瓷民俗博覧区案内図<br /><br />景徳鎮陶瓷民俗博覧区は、Vの字状に広がっていて、右側が古窟瓷廠、左側が陶瓷民族博物館となっています。<br /><br />入場券売り場はVの字の下側にあり、1で共通券になっています。<br />

      陶瓷民俗博覧区案内図

      景徳鎮陶瓷民俗博覧区は、Vの字状に広がっていて、右側が古窟瓷廠、左側が陶瓷民族博物館となっています。

      入場券売り場はVの字の下側にあり、1で共通券になっています。

    • こちらは左側の陶瓷民族博物館の入口です。<br /><br />

      こちらは左側の陶瓷民族博物館の入口です。

    • 先に興味の湧く「古窟」から入ってみました。

      先に興味の湧く「古窟」から入ってみました。

    • 古窟

      古窟

    • “古窟”

      “古窟”

    • “古窟”<br /><br />絵付けをしています。

      “古窟”

      絵付けをしています。

    • 陶瓷民族博物館へ<br /><br />「陶器製楽器の演奏が博物館側である」?ようなカンバンがあったので、古窟見学を一次中断して、見に(聞きに)息ことにしました。<br /><br />*古窟⇔博物館は、入口に戻らなくても、2本の小道で繋がっていました。

      陶瓷民族博物館へ

      「陶器製楽器の演奏が博物館側である」?ようなカンバンがあったので、古窟見学を一次中断して、見に(聞きに)息ことにしました。

      *古窟⇔博物館は、入口に戻らなくても、2本の小道で繋がっていました。

    • 陶瓷民族博物館へ

      陶瓷民族博物館へ

    • 陶瓷民族博物館へ<br /><br />何か古代的に見える陶器の楽器で、既に練習が始まっていて、何曲かその澄んだ音色に聞き入っていました。<br /><br />休憩している娘がいたので「まだ始まらないの?」って聞くと「演奏会は明日からで、今日は無いですよ〜」と。カンバンには時間だけしか書いてなかった。。。<br /><br />確かに今日は4/30日で、明日は“五一”だもんな。納得。

      陶瓷民族博物館へ

      何か古代的に見える陶器の楽器で、既に練習が始まっていて、何曲かその澄んだ音色に聞き入っていました。

      休憩している娘がいたので「まだ始まらないの?」って聞くと「演奏会は明日からで、今日は無いですよ〜」と。カンバンには時間だけしか書いてなかった。。。

      確かに今日は4/30日で、明日は“五一”だもんな。納得。

    • “古窟”

      “古窟”

    • “古窟”

      “古窟”

    • “古窟”

      “古窟”

    • “古窟”<br /><br />商品として販売も行われていました。

      “古窟”

      商品として販売も行われていました。

    • “古窟”

      “古窟”

    1件目~20件目を表示(全48件中)

    この旅行記のタグ

      3いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      景徳鎮(中国) で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集