草津(滋賀)旅行記(ブログ) 一覧に戻る
毎年9月になると、サケの遡上を見るため北海道に行っていた…… のだけど、コロナの影響で2020年は自粛。<br />しかし、続けていたことが急に途切れると、やっぱり“サケ見たい!!”となってしまう。<br /><br />そんな時、琵琶湖博物館のFacebookで産卵遡上したビワマスが展示されていることがアナウンスされたのを見た。<br />婚姻色に染まった綺麗な魚体。<br />サケ成分が大いに不足していたこともあって、即座に“見たい!!”<br /><br />時期が時期ということを抜きにしても、もとより琵琶湖博物館くらいなら日帰りの距離である。<br />しかし、GoToキャンペーンの効果で、往復の新幹線+宿泊の合計代金が新幹線往復だけの金額より7000円くらい安い。<br />だったら泊まろうかと、前泊で琵琶湖博物館まで行ってきた。<br />天気にも恵まれ、美味しいものも食べられたりと、結果的に贅沢な水族館紀行となった。

ビワマスでサケ成分補充!! 初冬の琵琶湖

23いいね!

2020/11/16 - 2020/11/17

87位(同エリア237件中)

0

12

ミストラル

ミストラルさん

毎年9月になると、サケの遡上を見るため北海道に行っていた…… のだけど、コロナの影響で2020年は自粛。
しかし、続けていたことが急に途切れると、やっぱり“サケ見たい!!”となってしまう。

そんな時、琵琶湖博物館のFacebookで産卵遡上したビワマスが展示されていることがアナウンスされたのを見た。
婚姻色に染まった綺麗な魚体。
サケ成分が大いに不足していたこともあって、即座に“見たい!!”

時期が時期ということを抜きにしても、もとより琵琶湖博物館くらいなら日帰りの距離である。
しかし、GoToキャンペーンの効果で、往復の新幹線+宿泊の合計代金が新幹線往復だけの金額より7000円くらい安い。
だったら泊まろうかと、前泊で琵琶湖博物館まで行ってきた。
天気にも恵まれ、美味しいものも食べられたりと、結果的に贅沢な水族館紀行となった。

旅行の満足度
3.5
グルメ
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
高速・路線バス 新幹線 JRローカル
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 琵琶湖博物館に行ければいいだけだったし、時節柄、あちこち行くのも憚られる、ということで、出発したのは夕方が迫る頃。<br />草津に着いた頃には、日は沈み、空に赤みが残るくらいの時間帯。<br />日帰り水族館なら、こんなゆっくり移動していられないから、そういう意味でも贅沢だった。

    琵琶湖博物館に行ければいいだけだったし、時節柄、あちこち行くのも憚られる、ということで、出発したのは夕方が迫る頃。
    草津に着いた頃には、日は沈み、空に赤みが残るくらいの時間帯。
    日帰り水族館なら、こんなゆっくり移動していられないから、そういう意味でも贅沢だった。

  • 草津駅近く、地元料理が食べられるお店で夕飯。<br />以前、琵琶湖博物館の学芸員氏に連れてきてもらったことがあるお店。<br />外食するのも久しぶり。店内の徹底した感染対策のお陰で、安心して楽しめた。<br /><br />そこでありつけたビワマスのルイベ。<br />湖で育ったとは思えないサケ味の濃さ!!<br />これまで食べてきたサケ・マス類の中ではベスト3に入る美味しさ。<br />正直、これほどとは思わず、かなり驚かされたのだけど、夏場に捕れるものはさらにスゴイらしい。

    草津駅近く、地元料理が食べられるお店で夕飯。
    以前、琵琶湖博物館の学芸員氏に連れてきてもらったことがあるお店。
    外食するのも久しぶり。店内の徹底した感染対策のお陰で、安心して楽しめた。

    そこでありつけたビワマスのルイベ。
    湖で育ったとは思えないサケ味の濃さ!!
    これまで食べてきたサケ・マス類の中ではベスト3に入る美味しさ。
    正直、これほどとは思わず、かなり驚かされたのだけど、夏場に捕れるものはさらにスゴイらしい。

  • 琵琶湖ならではのコアユの天ぷら。<br />個人的にはコケを食べてる川のアユの香りが好きではなくて、こちらのコアユが好き。<br />以前食べた一夜干しが食べたかったのだけど、それは無いとのことで残念。<br />でも、天ぷらもすごく美味しいのだけど。

    琵琶湖ならではのコアユの天ぷら。
    個人的にはコケを食べてる川のアユの香りが好きではなくて、こちらのコアユが好き。
    以前食べた一夜干しが食べたかったのだけど、それは無いとのことで残念。
    でも、天ぷらもすごく美味しいのだけど。

  • これまた珍しいビワマスのイクラにもありつけた。<br /><br />透明感のある黄色の魚卵。大きさはサケのイクラよりやや小さいくらい。<br />味は、サケのイクラに比べると、かなり薄味。<br />刺身(ルイベ)の驚くべき美味しさからすると、ちょっと拍子抜けしたが、珍しいものを食べられたという点では貴重な体験だ。

    これまた珍しいビワマスのイクラにもありつけた。

    透明感のある黄色の魚卵。大きさはサケのイクラよりやや小さいくらい。
    味は、サケのイクラに比べると、かなり薄味。
    刺身(ルイベ)の驚くべき美味しさからすると、ちょっと拍子抜けしたが、珍しいものを食べられたという点では貴重な体験だ。

  • 目的の琵琶湖博物館へ。<br /><br />素晴らしくいい天気だったので、博物館に行く前に琵琶湖のまわりを少し散歩。<br />琵琶湖に馴染みのないオレにとって、琵琶湖はどこか特別感のある憧れの存在。<br />ただ湖を眺めつつ歩いてるだけでも不思議と楽しい。

    目的の琵琶湖博物館へ。

    素晴らしくいい天気だったので、博物館に行く前に琵琶湖のまわりを少し散歩。
    琵琶湖に馴染みのないオレにとって、琵琶湖はどこか特別感のある憧れの存在。
    ただ湖を眺めつつ歩いてるだけでも不思議と楽しい。

  • 湖のほとりの木々も色づき、図らずも紅葉も楽しめた。

    湖のほとりの木々も色づき、図らずも紅葉も楽しめた。

  • 琵琶湖の中にも冬が来つつあるようで、枯れてちぎれた水草が岸辺に吹き寄せられていた。<br /><br />景色はとても綺麗なのに、臭い!!

    琵琶湖の中にも冬が来つつあるようで、枯れてちぎれた水草が岸辺に吹き寄せられていた。

    景色はとても綺麗なのに、臭い!!

  • ホント、いい天気。<br /><br />京都と滋賀を隔てる山々もその稜線がくっきり。<br />11月も半ばだというのに、寒くもなくてすごく快適。<br />この辺りに引っ越してこようか、みたいな気になってくるくらい(笑)

    ホント、いい天気。

    京都と滋賀を隔てる山々もその稜線がくっきり。
    11月も半ばだというのに、寒くもなくてすごく快適。
    この辺りに引っ越してこようか、みたいな気になってくるくらい(笑)

  • 目的の遡上ビワマスも見られた。<br />知ってる学芸員氏にも会えて話も聞かせてもらえたし、綺麗な婚姻色に染まった個体も見られた。<br />前日には口でもビワマスを楽しむことができて、何とも幸せな遠征となった。<br /><br />ビワマスの話は水族館ブログで。<br />https://aquarium-mistral.blog.ss-blog.jp/2020-11-28

    目的の遡上ビワマスも見られた。
    知ってる学芸員氏にも会えて話も聞かせてもらえたし、綺麗な婚姻色に染まった個体も見られた。
    前日には口でもビワマスを楽しむことができて、何とも幸せな遠征となった。

    ビワマスの話は水族館ブログで。
    https://aquarium-mistral.blog.ss-blog.jp/2020-11-28

    滋賀県立琵琶湖博物館 美術館・博物館

  • 琵琶湖博物館の企画展で展示されていたパンダの剥製。<br /><br />何と「ランラン」と「カンカン」!!<br />日本に最初にやってきた2頭で、懐かしく思う人も多いのでは?<br />オレも小さい頃、親に連れられて見に行ったので、これら2頭の生きた姿を見ているので、何とも懐かしい再会。<br /><br />現在、この2頭の剥製は多摩動物園で収蔵されているそうで、琵琶湖博物館には企画展のために貸し出されているのだとか。

    琵琶湖博物館の企画展で展示されていたパンダの剥製。

    何と「ランラン」と「カンカン」!!
    日本に最初にやってきた2頭で、懐かしく思う人も多いのでは?
    オレも小さい頃、親に連れられて見に行ったので、これら2頭の生きた姿を見ているので、何とも懐かしい再会。

    現在、この2頭の剥製は多摩動物園で収蔵されているそうで、琵琶湖博物館には企画展のために貸し出されているのだとか。

    滋賀県立琵琶湖博物館 美術館・博物館

  • 博物館を閉館まで楽しんだのはよかったのだけど、草津駅行きのバスが来るのは閉館時間より1時間も後。<br /><br />最寄りの道の駅まで行ってお土産を物色したりしながら時間潰し。<br />頃合いを見てバス停まで行こうとしたら、ちょうど日が沈んだ頃。<br />とても綺麗な空を楽しむことができた。

    博物館を閉館まで楽しんだのはよかったのだけど、草津駅行きのバスが来るのは閉館時間より1時間も後。

    最寄りの道の駅まで行ってお土産を物色したりしながら時間潰し。
    頃合いを見てバス停まで行こうとしたら、ちょうど日が沈んだ頃。
    とても綺麗な空を楽しむことができた。

  • 道の駅で買った湖魚も南蛮漬け。<br /><br />ゼゼラとかカワムツとか、いわゆる“雑魚”。これで260円。<br />油で揚げてあって、味もしっかり付いていたので、どの魚がどんな味、みたいなことは分からなかったけれど、美味しくいただきました。<br />こういうのも含めて、琵琶湖、楽しい!!<br />

    道の駅で買った湖魚も南蛮漬け。

    ゼゼラとかカワムツとか、いわゆる“雑魚”。これで260円。
    油で揚げてあって、味もしっかり付いていたので、どの魚がどんな味、みたいなことは分からなかったけれど、美味しくいただきました。
    こういうのも含めて、琵琶湖、楽しい!!

    道の駅 草津(グリーンプラザからすま) 道の駅

この旅行記のタグ

関連タグ

23いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ミストラルさんの関連旅行記

ミストラルさんの旅行記一覧

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

草津(滋賀)の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集