ホワイトホース旅行記(ブログ) 一覧に戻る
「寒くない時にオーロラが見られる」<br />こう教えてもらって始まった旅の計画でした。<br /><br />出発前に想像していたより<br />ずっと楽しい旅になりました。<br /><br />動画もあります。<br />ブログで見てくださる方はこちらから<br />http://site333274-6821-5058.mystrikingly.com/blog/trip-to-canada-day-2

紅葉が始まる頃のホワイトホース

8いいね!

2019/09/13 - 2019/09/16

54位(同エリア144件中)

0

35

やまだ

やまださん

「寒くない時にオーロラが見られる」
こう教えてもらって始まった旅の計画でした。

出発前に想像していたより
ずっと楽しい旅になりました。

動画もあります。
ブログで見てくださる方はこちらから
http://site333274-6821-5058.mystrikingly.com/blog/trip-to-canada-day-2

PR

  • 前日にバンクーバー入りして一泊。<br />早朝にホテルを出発して空港に向かいます。<br />まだ日の出前。<br />ロブソン通りは電飾で綺麗でした。<br />(これ、通年の電飾なのでしょうか?)

    前日にバンクーバー入りして一泊。
    早朝にホテルを出発して空港に向かいます。
    まだ日の出前。
    ロブソン通りは電飾で綺麗でした。
    (これ、通年の電飾なのでしょうか?)

  • スカイトレインで空港に到着。<br />国内線のターミナルは改札を出てから少し歩きます。<br /><br />大きなラッコのぬいぐるみがあります。<br />この向かいにムースもいました。<br /><br />朝食を空港で食べようと目論んでいた私。<br />開いているお店はあったものの、<br />朝の5時台とはいえ、結構並んでいたので<br />先にセキュリティチェックを通りました。<br />セキュリティございますにもコーヒーと<br />サンドイッチなどが食べられるお店があります。

    スカイトレインで空港に到着。
    国内線のターミナルは改札を出てから少し歩きます。

    大きなラッコのぬいぐるみがあります。
    この向かいにムースもいました。

    朝食を空港で食べようと目論んでいた私。
    開いているお店はあったものの、
    朝の5時台とはいえ、結構並んでいたので
    先にセキュリティチェックを通りました。
    セキュリティございますにもコーヒーと
    サンドイッチなどが食べられるお店があります。

  • ホワイトホースの空港には今回お世話になった<br />MUKTUK ADVENTURESのスタッフさんが<br />迎えに来てくれていました。<br />彼女はドイツから来ていた大学生で、<br />家族でここに来て以来、ここが大好きになり、<br />何度もリピート、今回はボランティアとして<br />住み込みで働いているそうです。<br /><br />空港から彼女の運転で約20分ほど。<br />大きな道路から外れて<br />「この先に何かあるの?」と思うような場所を過ぎると<br />ポツポツとコテージが見えてきて、<br />メインのキャビンに到着しました。

    ホワイトホースの空港には今回お世話になった
    MUKTUK ADVENTURESのスタッフさんが
    迎えに来てくれていました。
    彼女はドイツから来ていた大学生で、
    家族でここに来て以来、ここが大好きになり、
    何度もリピート、今回はボランティアとして
    住み込みで働いているそうです。

    空港から彼女の運転で約20分ほど。
    大きな道路から外れて
    「この先に何かあるの?」と思うような場所を過ぎると
    ポツポツとコテージが見えてきて、
    メインのキャビンに到着しました。

  • 全部で127頭の犬たち!<br />スタッフさん達は全ての犬の名前を覚えています。

    全部で127頭の犬たち!
    スタッフさん達は全ての犬の名前を覚えています。

  • 以前はここの犬たちも、<br />ユーコンクエストに出ていたそうです。<br />今は出場せず、ここでお客さんのために<br />頑張ってくれているのだとか。

    以前はここの犬たちも、
    ユーコンクエストに出ていたそうです。
    今は出場せず、ここでお客さんのために
    頑張ってくれているのだとか。

  • 私が泊まったキャビンはこちら。<br />MUKTUK ADVENTURES 敷地内には<br />いくつか「離れ」的にキャビンがあります。<br />私はアクティビティ込みのパッケージで宿泊しましたが、<br />貸し別荘としての宿泊も可能。

    私が泊まったキャビンはこちら。
    MUKTUK ADVENTURES 敷地内には
    いくつか「離れ」的にキャビンがあります。
    私はアクティビティ込みのパッケージで宿泊しましたが、
    貸し別荘としての宿泊も可能。

  • たぶん大柄な欧米人には<br />二人で寝るには少し小さいかもしれません。

    たぶん大柄な欧米人には
    二人で寝るには少し小さいかもしれません。

  • 離れなのでとにかく静かです。<br />メインのキャビンからは徒歩3分くらい。

    離れなのでとにかく静かです。
    メインのキャビンからは徒歩3分くらい。

  • 暖房は薪ストーブ。<br />使い方は丁寧に教えてもらえます。<br />薪や焚き付け、マッチも用意してもらえます。<br />日本では使う機会がなかなか無いので、<br />これも楽しい経験でした。<br />夜間も充分暖かいし、薪がパチパチ燃える音を聴きながら<br />寝るのもすごく良かったです。

    暖房は薪ストーブ。
    使い方は丁寧に教えてもらえます。
    薪や焚き付け、マッチも用意してもらえます。
    日本では使う機会がなかなか無いので、
    これも楽しい経験でした。
    夜間も充分暖かいし、薪がパチパチ燃える音を聴きながら
    寝るのもすごく良かったです。

  • パッケージには全ての食事も含まれていて<br />宿泊客全部が集まってメインキャビンで食べます。<br />ここはWi-Fiもあります。<br />3食、バフェ形式。<br />朝は食パン、ベーグル、シリアルなどがあって<br />トースターも使えます。<br />オーナー自ら作るお料理はどれも美味しくて<br />とてもヘルシー。<br /><br />私のキャビンには水道が通っていませんが、<br />タンクで充分な量の水を用意してもらえます。<br />トイレはキャビンのすぐ横に、「バイオトイレ」<br />(水洗設備はありません。地球にそのまま返す感じ)があります。<br />夜中行く時はハンドライト片手に、または<br />貸してもらえるヘッドライトを付けて行きます。<br />すごく寒い…<br />でも、東南アジアなどでのこの手のトイレと違い、<br />途中、蚊に刺される心配をしなくていいのが良い。<br /><br />もし、この手のトイレが苦手な方は<br />メインキャビンのトイレをいつでも使えます。

    パッケージには全ての食事も含まれていて
    宿泊客全部が集まってメインキャビンで食べます。
    ここはWi-Fiもあります。
    3食、バフェ形式。
    朝は食パン、ベーグル、シリアルなどがあって
    トースターも使えます。
    オーナー自ら作るお料理はどれも美味しくて
    とてもヘルシー。

    私のキャビンには水道が通っていませんが、
    タンクで充分な量の水を用意してもらえます。
    トイレはキャビンのすぐ横に、「バイオトイレ」
    (水洗設備はありません。地球にそのまま返す感じ)があります。
    夜中行く時はハンドライト片手に、または
    貸してもらえるヘッドライトを付けて行きます。
    すごく寒い…
    でも、東南アジアなどでのこの手のトイレと違い、
    途中、蚊に刺される心配をしなくていいのが良い。

    もし、この手のトイレが苦手な方は
    メインキャビンのトイレをいつでも使えます。

  • 到着した日は南アフリカから来た女性1名と<br />オーストラリアから来た8名グループがいて、<br />彼らと一緒にダウンタウンに連れて行ってもらいました。

    到着した日は南アフリカから来た女性1名と
    オーストラリアから来た8名グループがいて、
    彼らと一緒にダウンタウンに連れて行ってもらいました。

  • 車の窓から消防署が見えたので、早速訪問。<br />ガレージ脇に呼び鈴のあるドアがあって、<br />それを押すと対応してもらえます。<br />私が行った時は、ドアの前に立ったら気づいてくれて<br />すぐに入れてもらえました。

    車の窓から消防署が見えたので、早速訪問。
    ガレージ脇に呼び鈴のあるドアがあって、
    それを押すと対応してもらえます。
    私が行った時は、ドアの前に立ったら気づいてくれて
    すぐに入れてもらえました。

  • 車両は二台。<br />当直しているのは2名。<br />バンクーバーと同じ勤務体制で、<br />大きな災害の時はボランティアの消防士が<br />消火活動に加わるそうです。

    車両は二台。
    当直しているのは2名。
    バンクーバーと同じ勤務体制で、
    大きな災害の時はボランティアの消防士が
    消火活動に加わるそうです。

  • 筋トレのためのダンベル有り!<br />たしかにお二人ともバシッと引き締まった<br />マッチョなイケメンでした。

    筋トレのためのダンベル有り!
    たしかにお二人ともバシッと引き締まった
    マッチョなイケメンでした。

  • ナンバープレートかっこいい。<br /><br />冬の間、たくさん雪が降るこの地域で、<br />水が凍ったらどうするのか聞いてみましたところ、<br />「水は止めない」のだそうです。<br />*日本の北国でもそうしていますか??<br /><br />いろいろお話を聞かせていただき、帰るときには<br />パッチまでいただきました!

    ナンバープレートかっこいい。

    冬の間、たくさん雪が降るこの地域で、
    水が凍ったらどうするのか聞いてみましたところ、
    「水は止めない」のだそうです。
    *日本の北国でもそうしていますか??

    いろいろお話を聞かせていただき、帰るときには
    パッチまでいただきました!

  • 消防署見学の後は街歩き。<br />紅葉が始まってとても綺麗。

    消防署見学の後は街歩き。
    紅葉が始まってとても綺麗。

  • 消防署の銅像。<br />プレートにはこの像の由来が書かれています。

    消防署の銅像。
    プレートにはこの像の由来が書かれています。

  • やはりここでも Fire stationではなく Fire Hall と言うようです。<br />ここは今は集会所のように使われている模様。<br /><br />この並びにツアー会社があって、<br />MUKTUK ADVENTUREの犬そりやカヌーなど単発の<br />アクティビティもここで申し込めるようです。<br /><br />なお、MUKTUK ADVENTURESには日本語対応スタッフはいません。<br />オーナーが言うには、ダウンタウンのどこかのツアーエージェントに<br />日本人スタッフがいて、日本語での対応希望の人には<br />その方が付いてきてアクティビティの時もお手伝い<br />してくれるそうです。

    やはりここでも Fire stationではなく Fire Hall と言うようです。
    ここは今は集会所のように使われている模様。

    この並びにツアー会社があって、
    MUKTUK ADVENTUREの犬そりやカヌーなど単発の
    アクティビティもここで申し込めるようです。

    なお、MUKTUK ADVENTURESには日本語対応スタッフはいません。
    オーナーが言うには、ダウンタウンのどこかのツアーエージェントに
    日本人スタッフがいて、日本語での対応希望の人には
    その方が付いてきてアクティビティの時もお手伝い
    してくれるそうです。

  • タキーニ川沿いに遊歩道があって、気持ちよく散歩できます。

    タキーニ川沿いに遊歩道があって、気持ちよく散歩できます。

  • ホワイトホース滞在2日目。<br />ユーコン野生動物保護区へ行きました。

    ホワイトホース滞在2日目。
    ユーコン野生動物保護区へ行きました。

  • 景色が綺麗。<br />これだけ広かったら動物も囲われている感無く<br />暮らせているように思います。

    景色が綺麗。
    これだけ広かったら動物も囲われている感無く
    暮らせているように思います。

  • この保護区訪問もMUKTUKのパッケージに<br />含まれています。<br />朝食後車で連れてきてくれて、保護区内の<br />バスツアーに申し込んでくれて、終わる頃に<br />迎えに来てくれます。<br /><br />保護区内は徒歩でも見られるのですが、<br />かなり長距離&amp;高低差有りなのでツアーがオススメ。<br />バス運転手 兼 ガイドさんがいろいろ<br />説明してくれて質問にも答えてくれます。<br />残念ながら見つけられなかったけど、<br />ユキヒョウのケージなんかはガイドさんが<br />いそうな場所を教えてくれるので、<br />見られる確率上がると思います。

    この保護区訪問もMUKTUKのパッケージに
    含まれています。
    朝食後車で連れてきてくれて、保護区内の
    バスツアーに申し込んでくれて、終わる頃に
    迎えに来てくれます。

    保護区内は徒歩でも見られるのですが、
    かなり長距離&高低差有りなのでツアーがオススメ。
    バス運転手 兼 ガイドさんがいろいろ
    説明してくれて質問にも答えてくれます。
    残念ながら見つけられなかったけど、
    ユキヒョウのケージなんかはガイドさんが
    いそうな場所を教えてくれるので、
    見られる確率上がると思います。

  • 保護区のあとは、温泉へ。<br />温泉と言っても日本とは違って水着を来てはいるもの。<br />これもパッケージに含まれます。<br /><br />受付でタオルとビーチサンダル、ロッカーの鍵を受け取って、<br />男女別ロッカールームで水着に着替えて入場。<br />熱めと緩い二つのプールがあります。<br />ぬる目の方は真冬では寒いかも。そして<br />入ってすぐのところは深くて足がつかないので<br />泳げない方はご注意を。

    保護区のあとは、温泉へ。
    温泉と言っても日本とは違って水着を来てはいるもの。
    これもパッケージに含まれます。

    受付でタオルとビーチサンダル、ロッカーの鍵を受け取って、
    男女別ロッカールームで水着に着替えて入場。
    熱めと緩い二つのプールがあります。
    ぬる目の方は真冬では寒いかも。そして
    入ってすぐのところは深くて足がつかないので
    泳げない方はご注意を。

  • キャビンに戻ってランチしたあとはフリータイム。<br />夜のオーロラ観測に備えて昼寝するもよし。<br />私は犬と戯れていました。<br /><br />ここの犬はみんな体が大きいですが、<br />とても人間が大好きで、噛むことはありません。<br />喜んで体当たりするので、そこはがっしり受け止めないと!<br />シベリアンハスキーの他にもアラスカ系、<br />ジャーマンシェパードの血を引いた子、<br />いろいろです。<br /><br />前庭にいる「現役」の他、キャビンには<br />引退した子、あとは訓練に参加させてはみたものの<br />どうにも興味を示さなかった子達が<br />癒し担当、エンターテイメント担当?として<br />たくさんいます。<br />最初にスタッフさんが犬との接し方も教えたくれます。<br />本当にどの子も人懐っこくて、撫でていると<br />グイグイと体を寄せてきたりします。

    キャビンに戻ってランチしたあとはフリータイム。
    夜のオーロラ観測に備えて昼寝するもよし。
    私は犬と戯れていました。

    ここの犬はみんな体が大きいですが、
    とても人間が大好きで、噛むことはありません。
    喜んで体当たりするので、そこはがっしり受け止めないと!
    シベリアンハスキーの他にもアラスカ系、
    ジャーマンシェパードの血を引いた子、
    いろいろです。

    前庭にいる「現役」の他、キャビンには
    引退した子、あとは訓練に参加させてはみたものの
    どうにも興味を示さなかった子達が
    癒し担当、エンターテイメント担当?として
    たくさんいます。
    最初にスタッフさんが犬との接し方も教えたくれます。
    本当にどの子も人懐っこくて、撫でていると
    グイグイと体を寄せてきたりします。

  • 夕食後、オーロラの撮影の準備をしました。<br />三脚は貸してもらえます。<br />さらに、オーロラ撮影に適した設定を<br />オーナーが教えてくれます。<br /><br />が、この夜はオーロラは見られませんでした。

    夕食後、オーロラの撮影の準備をしました。
    三脚は貸してもらえます。
    さらに、オーロラ撮影に適した設定を
    オーナーが教えてくれます。

    が、この夜はオーロラは見られませんでした。

  • ホワイトホース滞在3日目。<br />朝食後、メインキャビンのすぐ裏、<br />少し降りていくとタキーニ川が流れています。<br />ここでカヌーに乗って川をくだります。<br /><br />川をくだると言っても、ほぼ流れに乗っていき、<br />方向を変えるだけなので楽チンです。<br />パドルの使い方は乗る時に教えてもらえます。<br />時折青空が見えて気持ちがいい。

    ホワイトホース滞在3日目。
    朝食後、メインキャビンのすぐ裏、
    少し降りていくとタキーニ川が流れています。
    ここでカヌーに乗って川をくだります。

    川をくだると言っても、ほぼ流れに乗っていき、
    方向を変えるだけなので楽チンです。
    パドルの使い方は乗る時に教えてもらえます。
    時折青空が見えて気持ちがいい。

  • 鷹ガイド飛んでいる姿は雄大です。

    鷹ガイド飛んでいる姿は雄大です。

  • この橋の下で川下り終了。<br />車を回しておいてくれるので、カヌーを積み込みます。<br /><br />初日ご一緒したオーストラリアのグループは<br />途中ムースにも遭ったそうです。<br /><br />約2時間ほどの川下り。<br />景色を見ながら、最高!です。<br />なお、途中お手洗いには行かれないので、<br />参加される方は事前に済ませましょう。<br /><br />*後日聞いたところでは、この翌日に<br />「一日コース」の川下りのグループは<br />熊に遭遇したそうです。<br />

    この橋の下で川下り終了。
    車を回しておいてくれるので、カヌーを積み込みます。

    初日ご一緒したオーストラリアのグループは
    途中ムースにも遭ったそうです。

    約2時間ほどの川下り。
    景色を見ながら、最高!です。
    なお、途中お手洗いには行かれないので、
    参加される方は事前に済ませましょう。

    *後日聞いたところでは、この翌日に
    「一日コース」の川下りのグループは
    熊に遭遇したそうです。

  • MUKTUKのタイムテーブルはとても緩やか。<br />この日も午後はノープランなので犬たちと戯れていました。<br />途中、ボランティアスタッフから<br />犬それぞれの性格とか、得意なこととか<br />いろんな話を聞けたりして、この時間も<br />すごく楽しかったです。<br />なにせ127頭。<br />人間好きの犬とはいえ、やはりなんとなく相性があるようで、<br />旅行者の私にも「遊んで!」アピールする子もいれば<br />面倒臭そうに呼んでもちらっとこっちを見るだけの子、<br />もちろんムシする子もいて、<br />それぞれの反応を見るのも面白い。<br /><br />それと、最高に面白かったのが遠吠え。<br />何がきっかけなのかわからないけど、<br />一頭が遠吠えを始めると、みんな一斉に吠え始める。<br />ワオーン…ワオーーーーンと何度か繰り返す。<br />そして、これまた何が合図かわからないけど、<br />一斉にしーんとなる。。。<br />ブログには動画貼ったのでぜひ見てください。<br /><br />そして、オーナーさんが言うように、<br />すごくいい声で吠える子がいれば、<br />「遠吠え」かどうか怪しい鳴き声の子もいて<br />何回見ても飽きません。

    MUKTUKのタイムテーブルはとても緩やか。
    この日も午後はノープランなので犬たちと戯れていました。
    途中、ボランティアスタッフから
    犬それぞれの性格とか、得意なこととか
    いろんな話を聞けたりして、この時間も
    すごく楽しかったです。
    なにせ127頭。
    人間好きの犬とはいえ、やはりなんとなく相性があるようで、
    旅行者の私にも「遊んで!」アピールする子もいれば
    面倒臭そうに呼んでもちらっとこっちを見るだけの子、
    もちろんムシする子もいて、
    それぞれの反応を見るのも面白い。

    それと、最高に面白かったのが遠吠え。
    何がきっかけなのかわからないけど、
    一頭が遠吠えを始めると、みんな一斉に吠え始める。
    ワオーン…ワオーーーーンと何度か繰り返す。
    そして、これまた何が合図かわからないけど、
    一斉にしーんとなる。。。
    ブログには動画貼ったのでぜひ見てください。

    そして、オーナーさんが言うように、
    すごくいい声で吠える子がいれば、
    「遠吠え」かどうか怪しい鳴き声の子もいて
    何回見ても飽きません。

  • ホワイトホース滞在最終日。<br />犬ソリに乗ります。<br />ソリと言ってもまだ雪はないので、<br />バギーのようなものを犬たちが引きます。<br /><br />バギーとロープが用意されて、スタッフが<br />準備を始めると、犬たちのアピール合戦もスタート。<br />「行きたい!行きたい!」と吠えたり<br />ジャンプしたりですごい騒ぎです。

    ホワイトホース滞在最終日。
    犬ソリに乗ります。
    ソリと言ってもまだ雪はないので、
    バギーのようなものを犬たちが引きます。

    バギーとロープが用意されて、スタッフが
    準備を始めると、犬たちのアピール合戦もスタート。
    「行きたい!行きたい!」と吠えたり
    ジャンプしたりですごい騒ぎです。

  • チームになった犬たちは、やる気マンマン!!<br />早くもグイグイと引き始めます。<br />(準備中はバギーのブレーキがかかっています)

    チームになった犬たちは、やる気マンマン!!
    早くもグイグイと引き始めます。
    (準備中はバギーのブレーキがかかっています)

  • かなりのスピードで進みます。<br />ここは少し上り坂ですが、スピード落ちません。

    かなりのスピードで進みます。
    ここは少し上り坂ですが、スピード落ちません。

  • 途中休憩も挟みます。<br />犬が、う○ち をもよおしたときにも<br />ストップします。<br /><br />バギーに乗っている時にオーナーに聞いてみました。<br />この犬のチームはどうやって組むのですか?<br />彼女が言うには、犬の特性を見て組むそう。<br />例えば、先頭は人間の声かけによる指令に<br />しっかり対応できる子がいい。<br />また、長距離は苦手だけどスピードのある子、<br />上り坂でもパワフルに引ける子、<br />それぞれ見極めてチームにするのだそうです。<br /><br />で、どうにも興味を示さない子は<br />エンターテイメント、癒し担当に。

    途中休憩も挟みます。
    犬が、う○ち をもよおしたときにも
    ストップします。

    バギーに乗っている時にオーナーに聞いてみました。
    この犬のチームはどうやって組むのですか?
    彼女が言うには、犬の特性を見て組むそう。
    例えば、先頭は人間の声かけによる指令に
    しっかり対応できる子がいい。
    また、長距離は苦手だけどスピードのある子、
    上り坂でもパワフルに引ける子、
    それぞれ見極めてチームにするのだそうです。

    で、どうにも興味を示さない子は
    エンターテイメント、癒し担当に。

  • そして、オーロラ。<br /><br />3日目、滞在中最後の夜、見ることができました。<br />バンクーバー滞在中、いや、出発以前から<br />天気予報を見て雲が多めの空模様であることは<br />わかっていて、2日目までは絶望的な空でした。<br />3日目も日中は青空が見えたものの、<br />とても雲が多い1日でした。<br /><br />夕食後、「やっぱりダメかなあ」と諦めかけていたら<br />オーナーが「カメラどこにある?」と声をかけてくれました。<br />一緒にテラスに出たけれど、<br />私の目には白い雲が見えるだけ。<br />「うっすら緑に見える。あれ、オーロラよ。」というので<br />教えられた設定で撮影してみたら、<br />ホント!!ぼやっとですが緑色のオーロラ!?<br />画像の右上、オレンジっぽいところは<br />月の光です。

    そして、オーロラ。

    3日目、滞在中最後の夜、見ることができました。
    バンクーバー滞在中、いや、出発以前から
    天気予報を見て雲が多めの空模様であることは
    わかっていて、2日目までは絶望的な空でした。
    3日目も日中は青空が見えたものの、
    とても雲が多い1日でした。

    夕食後、「やっぱりダメかなあ」と諦めかけていたら
    オーナーが「カメラどこにある?」と声をかけてくれました。
    一緒にテラスに出たけれど、
    私の目には白い雲が見えるだけ。
    「うっすら緑に見える。あれ、オーロラよ。」というので
    教えられた設定で撮影してみたら、
    ホント!!ぼやっとですが緑色のオーロラ!?
    画像の右上、オレンジっぽいところは
    月の光です。

  • オーロラは30分くらいかかって明るくなりました。<br /><br />よくコマーシャル写真で見るような<br />満天のオーロラ展とはいきませんでしたが、<br />森の向こうに見えるオーロラも感動的でした。<br />9月のホワイトホースでは<br />3泊すれば1晩はオーロラをみられると言われているようですが、<br />これ、本当でした。<br /><br />MUKTUKは森の中なのですが、<br />湖畔のコテージなどに泊まると、湖に映る<br />オーロラがみられるそうです。<br /><br />今回、このオーロラが見られなかったとしても<br />ホワイトホースの時間は大満足でした。<br />お気に入りの犬もいるし、<br />オーナーのジェフ、マヌエラ夫妻は<br />本当にすばらしいお二人で、ぜひまた会いたい。<br />

    オーロラは30分くらいかかって明るくなりました。

    よくコマーシャル写真で見るような
    満天のオーロラ展とはいきませんでしたが、
    森の向こうに見えるオーロラも感動的でした。
    9月のホワイトホースでは
    3泊すれば1晩はオーロラをみられると言われているようですが、
    これ、本当でした。

    MUKTUKは森の中なのですが、
    湖畔のコテージなどに泊まると、湖に映る
    オーロラがみられるそうです。

    今回、このオーロラが見られなかったとしても
    ホワイトホースの時間は大満足でした。
    お気に入りの犬もいるし、
    オーナーのジェフ、マヌエラ夫妻は
    本当にすばらしいお二人で、ぜひまた会いたい。

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

カナダで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
カナダ最安 470円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

カナダの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集