清里・八ヶ岳旅行記(ブログ) 一覧に戻る
毎年10月の第三週の週末に70代の両親と5歳の双子を連れて一足早く紅葉を見に、八ヶ岳に出かけます。<br />以前は11月の京都に行っていましたが、ここ最近の秋の京都フィーバーに疲れるようになったのと、<br />異常な宿泊価格高騰は収まりそうにありません。<br /><br />毎年宿泊するのは「八ヶ岳高原ロッジ」。<br />私が小学生の頃から利用しており、親子3代で利用しているホテルです。<br />入ってすぐの暖炉の火にホッとします。<br />最近は親がシニア世代になったので、シニアプランが使えるようになり、お得に利用できるようになりました。<br /><br /><br />ホテルに直接向かうか、どこかに寄るかは毎年お天気次第で、ケセラセラ~が我が家の旅スタイル。<br /><br />今回は初日が金曜日で平日だったこともあり、土日は混んでいそうで避けている<br />「八ヶ岳倶楽部」に久しぶりに寄ってからホテルへ向かうことにしました。<br /><br />「八ヶ岳倶楽部」に来るのは十数年ぶり。<br />森の散策道がぐんと広くなっていて、思った以上に森の散歩を楽しめました。<br />お天気は小雨でしたが、散策道がしっとり濡れて、「これはこれで雰囲気があるね」と言いながら森を進んでいきました。<br /><br />子どもは大きな森の散策道をいろんな道からアプローチして、結局3周もして、森の探検を楽しんだようでした。<br /><br />以前はこじんまりとしたお店だったような雑貨の販売スペースも広くなった気がします。<br />ここではwebでは完売で購入すらできない奈良のメーカーの「ANDSOX」の靴下を購入。<br />通常より糸が4倍使われていながら通気性・速乾性が高く、1年通して履ける厚手の靴下。これからの季節に活躍しそうです!<br />(お店の方曰く、この靴下目当てに来店する方が最近多いとのこと。八ヶ岳倶楽部は長い間メーカーさんとお付き合いがあるので、全種類納品してもらえるそうですが、再入荷は難しいとのことです。)<br /><br />その後は八ヶ岳倶楽部内のカフェでお茶。<br />名物フルーツティを注文しようとしたところ、ツアーでおひとり様で来ていた女性が<br />「私、もう出発時間でこのポットティは飲みきれないんです。もしよかったら飲んでもらえませんか?」と言って下さり、ありがたくいただくことにしました。<br />このポットティは2~3名分が一番小さいサイズだから、シェアしないと飲みきれないですよね・・・。<br />一人サイズがあればいいのにね。<br /><br />ちなみにこの日はクラブツーリズムプレミアムのバッジを付けたツアーの方がいらしていましたが、皆さん落ち着いた雰囲気の方ばかりで八ヶ岳倶楽部の雰囲気はそのままに楽しめました。<br />バスツアーの顧客層でだいぶ雰囲気が変わると思うので、この日はラッキーだったと思います。<br /><br />平日でもひっきりなしに出入りがある集客があるのは「さすが、八ヶ岳倶楽部!」といった感じです。<br />満喫したところで、ホテルへチェックイン。<br /><br />チェックインを終えた16時頃には雨が上がり、今のうちにソト遊びしよう!とコートを羽織って遊歩道を散策します。<br />この時間になると気温は5度くらいまで下がり、ヒートテック、セーター、コート&マフラーで防寒。<br /><br />夕暮れ時の八ヶ岳高原はなんともすがすがしく、寒ささえ気持ちよく感じます。<br /><br />ディナーを終えたら、金曜恒例の星空撮影会です。<br />ただディナー中に雨が降ってきたので、館内でのスライドショーに変更。<br />残念・・・ですが、スライドショーが終わるころには雨が上がり、星天が見えてきました!!<br /><br />我が家の古いミラーレス一眼(多分2011年くらいのオリンパス)でしたが、<br />講師の方は「これでも十分撮れるよ!この機種のオリンパスは最新になってもそんなに機能自体は大きく変わらないからね」と心強いお言葉。<br />「もっと低いスペックのレンズのほうが星空はきれいに撮れるよ」と仰っていて目からうろこ!<br />「でも三脚は必須だよ。」とも。三脚は持ってきていなかったので、25秒動かないように頑張りました(笑)<br /><br />最近のiphoneでも星空を撮影するアプリがあれば撮れるそうです!<br />皆さん、寒さを忘れて星空撮影。<br />子どもたちも寒ーい!と言っては暖炉の前で温まる、を繰り返しながら、こぼれ落ちるような星空を体験しました。<br />こういうのって、子どもが小さい頃はなかなか楽しめなかったので、やっと5歳になって楽しめるようになりました。<br /><br />やっぱり、天文学者が選ぶ日本で一番きれいな星空ベスト3は美しかった!<br />名古屋からだと長野の阿智村がスターウォッチングのスポットとしては近いのですが、<br />プロジェクションマッピングなどのエンタメ要素が強いので、自然のまま楽しみたい我が家は、この素朴さが好き。<br />この時間になると標高1500mの高原ロッジは気温が2度くらいまで下がっていました。<br /><br /><br />2日目は、11時チェックアウトまでホテル周辺を散策。ホテルから少し歩いた別荘地までのアプローチは紅葉が見ごろ!!<br />でも今年は全体的に枯れ気味か、まだ緑です。<br />夏の暑さのせいでしょうか。このまま紅葉せずに枯れそうな雰囲気。<br />今年は、毎年見られる黄色と赤に染まった八ヶ岳は見られませんでした。<br /><br /><br />チェックアウト後、清春芸術村に行こうと思って車を走らせていたら、野辺山駅周辺で何やら賑やかな雰囲気!<br />この日は「JA長野八ヶ岳農業祭」なるものがやっていて、わいわいと地元の方が集まっていたので、行ってみることに。<br />「ヤツレン」の乳製品や「きたやつハム」の屋台、他にも地元野菜の販売や飲食の屋台、耕作機械の展示会などもありました。飾らない、アットホームな雰囲気のお祭り。<br /><br />ここでソフトクリームも食べて、地元野菜やお肉も買って、屋台でちょい食べして・・・となんやかんやしていたら、<br />家族みんな結構満足。<br />私たち夫婦はまだまだ元気でしたが、70代&5歳児はこの後に何か予定を新たに入れると疲れそうだったので、また来年、来れることを楽しみに、名古屋まで。<br /><br />ちなみにこの日は毎年恒例、清里の萌木の村で「私のカントリーフェスタ」がやっていましたが、Facebookでかなりの人出があることを知り、行くのはやめておきました。(カントリー好きにはたまらないイベントですね)<br /><br />来年もまた10月第三週に親子3世代で八ヶ岳に行きます!

3世代で楽しむ紅葉!in八ヶ岳高原(標高1500~1300mまでが見頃)

13いいね!

2018/10/19 - 2018/10/20

355位(同エリア1004件中)

0

5

ソレイユママン

ソレイユママンさん

毎年10月の第三週の週末に70代の両親と5歳の双子を連れて一足早く紅葉を見に、八ヶ岳に出かけます。
以前は11月の京都に行っていましたが、ここ最近の秋の京都フィーバーに疲れるようになったのと、
異常な宿泊価格高騰は収まりそうにありません。

毎年宿泊するのは「八ヶ岳高原ロッジ」。
私が小学生の頃から利用しており、親子3代で利用しているホテルです。
入ってすぐの暖炉の火にホッとします。
最近は親がシニア世代になったので、シニアプランが使えるようになり、お得に利用できるようになりました。


ホテルに直接向かうか、どこかに寄るかは毎年お天気次第で、ケセラセラ~が我が家の旅スタイル。

今回は初日が金曜日で平日だったこともあり、土日は混んでいそうで避けている
「八ヶ岳倶楽部」に久しぶりに寄ってからホテルへ向かうことにしました。

「八ヶ岳倶楽部」に来るのは十数年ぶり。
森の散策道がぐんと広くなっていて、思った以上に森の散歩を楽しめました。
お天気は小雨でしたが、散策道がしっとり濡れて、「これはこれで雰囲気があるね」と言いながら森を進んでいきました。

子どもは大きな森の散策道をいろんな道からアプローチして、結局3周もして、森の探検を楽しんだようでした。

以前はこじんまりとしたお店だったような雑貨の販売スペースも広くなった気がします。
ここではwebでは完売で購入すらできない奈良のメーカーの「ANDSOX」の靴下を購入。
通常より糸が4倍使われていながら通気性・速乾性が高く、1年通して履ける厚手の靴下。これからの季節に活躍しそうです!
(お店の方曰く、この靴下目当てに来店する方が最近多いとのこと。八ヶ岳倶楽部は長い間メーカーさんとお付き合いがあるので、全種類納品してもらえるそうですが、再入荷は難しいとのことです。)

その後は八ヶ岳倶楽部内のカフェでお茶。
名物フルーツティを注文しようとしたところ、ツアーでおひとり様で来ていた女性が
「私、もう出発時間でこのポットティは飲みきれないんです。もしよかったら飲んでもらえませんか?」と言って下さり、ありがたくいただくことにしました。
このポットティは2~3名分が一番小さいサイズだから、シェアしないと飲みきれないですよね・・・。
一人サイズがあればいいのにね。

ちなみにこの日はクラブツーリズムプレミアムのバッジを付けたツアーの方がいらしていましたが、皆さん落ち着いた雰囲気の方ばかりで八ヶ岳倶楽部の雰囲気はそのままに楽しめました。
バスツアーの顧客層でだいぶ雰囲気が変わると思うので、この日はラッキーだったと思います。

平日でもひっきりなしに出入りがある集客があるのは「さすが、八ヶ岳倶楽部!」といった感じです。
満喫したところで、ホテルへチェックイン。

チェックインを終えた16時頃には雨が上がり、今のうちにソト遊びしよう!とコートを羽織って遊歩道を散策します。
この時間になると気温は5度くらいまで下がり、ヒートテック、セーター、コート&マフラーで防寒。

夕暮れ時の八ヶ岳高原はなんともすがすがしく、寒ささえ気持ちよく感じます。

ディナーを終えたら、金曜恒例の星空撮影会です。
ただディナー中に雨が降ってきたので、館内でのスライドショーに変更。
残念・・・ですが、スライドショーが終わるころには雨が上がり、星天が見えてきました!!

我が家の古いミラーレス一眼(多分2011年くらいのオリンパス)でしたが、
講師の方は「これでも十分撮れるよ!この機種のオリンパスは最新になってもそんなに機能自体は大きく変わらないからね」と心強いお言葉。
「もっと低いスペックのレンズのほうが星空はきれいに撮れるよ」と仰っていて目からうろこ!
「でも三脚は必須だよ。」とも。三脚は持ってきていなかったので、25秒動かないように頑張りました(笑)

最近のiphoneでも星空を撮影するアプリがあれば撮れるそうです!
皆さん、寒さを忘れて星空撮影。
子どもたちも寒ーい!と言っては暖炉の前で温まる、を繰り返しながら、こぼれ落ちるような星空を体験しました。
こういうのって、子どもが小さい頃はなかなか楽しめなかったので、やっと5歳になって楽しめるようになりました。

やっぱり、天文学者が選ぶ日本で一番きれいな星空ベスト3は美しかった!
名古屋からだと長野の阿智村がスターウォッチングのスポットとしては近いのですが、
プロジェクションマッピングなどのエンタメ要素が強いので、自然のまま楽しみたい我が家は、この素朴さが好き。
この時間になると標高1500mの高原ロッジは気温が2度くらいまで下がっていました。


2日目は、11時チェックアウトまでホテル周辺を散策。ホテルから少し歩いた別荘地までのアプローチは紅葉が見ごろ!!
でも今年は全体的に枯れ気味か、まだ緑です。
夏の暑さのせいでしょうか。このまま紅葉せずに枯れそうな雰囲気。
今年は、毎年見られる黄色と赤に染まった八ヶ岳は見られませんでした。


チェックアウト後、清春芸術村に行こうと思って車を走らせていたら、野辺山駅周辺で何やら賑やかな雰囲気!
この日は「JA長野八ヶ岳農業祭」なるものがやっていて、わいわいと地元の方が集まっていたので、行ってみることに。
「ヤツレン」の乳製品や「きたやつハム」の屋台、他にも地元野菜の販売や飲食の屋台、耕作機械の展示会などもありました。飾らない、アットホームな雰囲気のお祭り。

ここでソフトクリームも食べて、地元野菜やお肉も買って、屋台でちょい食べして・・・となんやかんやしていたら、
家族みんな結構満足。
私たち夫婦はまだまだ元気でしたが、70代&5歳児はこの後に何か予定を新たに入れると疲れそうだったので、また来年、来れることを楽しみに、名古屋まで。

ちなみにこの日は毎年恒例、清里の萌木の村で「私のカントリーフェスタ」がやっていましたが、Facebookでかなりの人出があることを知り、行くのはやめておきました。(カントリー好きにはたまらないイベントですね)

来年もまた10月第三週に親子3世代で八ヶ岳に行きます!

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
ショッピング
5.0
交通
5.0
同行者
乳幼児連れ家族旅行
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配
  • 八ヶ岳倶楽部の森を散策中。

    八ヶ岳倶楽部の森を散策中。

  • 八ヶ岳高原ロッジ入口。<br />入ってすぐのロビーの暖炉の火に癒されます。

    八ヶ岳高原ロッジ入口。
    入ってすぐのロビーの暖炉の火に癒されます。

  • 八ヶ岳高原ロッジから見る夜の星天。次回はスターウォッチング目的で来たいです。

    八ヶ岳高原ロッジから見る夜の星天。次回はスターウォッチング目的で来たいです。

  • この写真では青空ですが、5分前までは下のような曇り空でした。<br />変わりやすいお天気!

    この写真では青空ですが、5分前までは下のような曇り空でした。
    変わりやすいお天気!

  • 標高1500mの八ヶ岳高原ロッジ。今年はギリギリ紅葉が見られました!<br />でも毎年来ているけど普段よりちょっと寂しい感じ・・・。色づきがよくないような、枯葉が多いような・・・。

    標高1500mの八ヶ岳高原ロッジ。今年はギリギリ紅葉が見られました!
    でも毎年来ているけど普段よりちょっと寂しい感じ・・・。色づきがよくないような、枯葉が多いような・・・。

13いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP