その他の都市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
15日(土)<br />今日はバスででチチカカ湖を横断し、国境を越えてボリビアのラ・パスまで移動する。<br /><br />プーノのバスターミナルはバックパッカーで溢れている。<br />各方面へのバスが出発を待っている。<br />その中に、私の乗るボリビアのコパカバナ行きを見つけた。<br /><br />車内はペルーやボリビアらしき地元の人々に交じり、世界のパッカーで満席だ。<br />私の隣には、ペルー人らしき少年(12?3才くらいか?)が座った。<br />彼は両親や弟妹たちと合計5人で旅行中のようだ。<br />(スペイン語なので詳細は分からない)<br />乗車時に、ボリビアへの“入国カード”が配られた。<br />それはスペイン語で書かれているが、よく見ると小さく英語でも併記されている。<br />私は、その小さな文字と格闘しながら書き進む。<br />隣で少年もカードとにらめっこ。<br />悪戦苦闘している。<br />その意地悪な“入国カード”を前に、彼と協力し合った。<br />スペイン語と英語と日本語を交え、話をする。<br />(不思議なもんで、なんとなく会話が成立したようだ?)<br />やっと書類を書き終えた我々は、顔を見合わせて微笑んだ。<br /><br />バスは約3時間かけて国境に着いた。<br />ここで、いったん降りる。<br />まずペルー側で出国手続きをする。<br />向かいには、銀行があるので『ボリビアーノ』に両替をする。<br /><br />歩いて国境を通過する。<br />(なんとも簡単だ)<br />アーチの門をくぐる。<br />ボリビアに入国。<br />さらに、長い列に並び無事に入国審査を終えた。<br /><br /><br />これからチカカ湖を横断する。<br />それが、なんとも頼りない。<br />湖に筏(いかだ)の様なモノが浮かんでいる。<br />「これで渡るの?」<br />それは、まさに艀(はしけ)だった。<br />車もバスもトラックも、コレに乗っけて対岸を目指す。<br />(人間はボートで移動します)<br /><br />風で波が出てきたらどうするの?<br />まさか、そのまま沈没?<br /><br />地元の人は慣れているのか、お構いなし。<br />「これぞ、南米の醍醐味」なのかな?<br /><br /><br />夕刻4時。<br />ラパスの郊外を走っている。<br />これから街へ降りる。<br />そうラパスの町も、すり鉢状になっている。<br />(貧しい人々は空気の薄い高地に住み、比較的裕福な人はすり鉢の底辺に住居を構えている)<br />すり鉢の縁と底辺の高低差は700mもあるという。<br /><br />バスは、すり鉢の縁を舐めるように、ゆっくりと坂を下っている。<br />車窓から見えるのは、日干しレンガの建物がギッシリ詰まった光景だ。<br /><br /><br />

遥かなる南米への道 アンデスに抱(いだ)かれて 8

16いいね!

2014/02/15 - 2014/02/15

5位(同エリア68件中)

0

34

レモンパパ

レモンパパさん

15日(土)
今日はバスででチチカカ湖を横断し、国境を越えてボリビアのラ・パスまで移動する。

プーノのバスターミナルはバックパッカーで溢れている。
各方面へのバスが出発を待っている。
その中に、私の乗るボリビアのコパカバナ行きを見つけた。

車内はペルーやボリビアらしき地元の人々に交じり、世界のパッカーで満席だ。
私の隣には、ペルー人らしき少年(12?3才くらいか?)が座った。
彼は両親や弟妹たちと合計5人で旅行中のようだ。
(スペイン語なので詳細は分からない)
乗車時に、ボリビアへの“入国カード”が配られた。
それはスペイン語で書かれているが、よく見ると小さく英語でも併記されている。
私は、その小さな文字と格闘しながら書き進む。
隣で少年もカードとにらめっこ。
悪戦苦闘している。
その意地悪な“入国カード”を前に、彼と協力し合った。
スペイン語と英語と日本語を交え、話をする。
(不思議なもんで、なんとなく会話が成立したようだ?)
やっと書類を書き終えた我々は、顔を見合わせて微笑んだ。

バスは約3時間かけて国境に着いた。
ここで、いったん降りる。
まずペルー側で出国手続きをする。
向かいには、銀行があるので『ボリビアーノ』に両替をする。

歩いて国境を通過する。
(なんとも簡単だ)
アーチの門をくぐる。
ボリビアに入国。
さらに、長い列に並び無事に入国審査を終えた。


これからチカカ湖を横断する。
それが、なんとも頼りない。
湖に筏(いかだ)の様なモノが浮かんでいる。
「これで渡るの?」
それは、まさに艀(はしけ)だった。
車もバスもトラックも、コレに乗っけて対岸を目指す。
(人間はボートで移動します)

風で波が出てきたらどうするの?
まさか、そのまま沈没?

地元の人は慣れているのか、お構いなし。
「これぞ、南米の醍醐味」なのかな?


夕刻4時。
ラパスの郊外を走っている。
これから街へ降りる。
そうラパスの町も、すり鉢状になっている。
(貧しい人々は空気の薄い高地に住み、比較的裕福な人はすり鉢の底辺に住居を構えている)
すり鉢の縁と底辺の高低差は700mもあるという。

バスは、すり鉢の縁を舐めるように、ゆっくりと坂を下っている。
車窓から見えるのは、日干しレンガの建物がギッシリ詰まった光景だ。


PR

  • プーノからチチカカ湖沿いに南下します。<br />

    プーノからチチカカ湖沿いに南下します。

  • 車窓は、こんな風景。<br /><br />のどかです(^^)<br /><br />

    車窓は、こんな風景。

    のどかです(^^)

  • 約3時間ほど走り、国境に到着。<br /><br />銀行で両替をします。<br />

    約3時間ほど走り、国境に到着。

    銀行で両替をします。

  • 次は、みなさんブラブラと出国審査へ。<br />

    次は、みなさんブラブラと出国審査へ。

  • 石のアーチが国境です。<br /><br /><br />みなさん、歩いて越えます。<br /><br /><br /><br /><br />

    石のアーチが国境です。


    みなさん、歩いて越えます。




  • 門をくぐり、ボリビアに入国 ヽ(*´∀`)ノ<br /><br />特別な「国境線」などありません・・・<br /><br /><br />

    門をくぐり、ボリビアに入国 ヽ(*´∀`)ノ

    特別な「国境線」などありません・・・


  • ボリビア側<br />

    ボリビア側

  • ボリビア側<br />

    ボリビア側

  • リヤカー部隊<br /><br /><br />歩いて国境越えをする人の荷物を運びます。<br />

    リヤカー部隊


    歩いて国境越えをする人の荷物を運びます。

  • 「どうだい? 俺の仕事は!」<br /><br /><br />綺麗に並べられたボリビア側の車止め<br />(勝手に乗用車が国境に入らないようにしている)<br /><br /><br /><br />

    「どうだい? 俺の仕事は!」


    綺麗に並べられたボリビア側の車止め
    (勝手に乗用車が国境に入らないようにしている)



  • こんな光景も<br />

    こんな光景も

  • バスは中継地のコパカバナまで。<br /><br />ここで『ラパス』行に乗り換える。<br /><br />

    バスは中継地のコパカバナまで。

    ここで『ラパス』行に乗り換える。

  • 湖が美しい<br /><br />

    湖が美しい

  • ここから、船で対岸に渡ります。<br /><br />

    ここから、船で対岸に渡ります。

  • 乗客は、ここでボートのチケットを購入します。<br />

    乗客は、ここでボートのチケットを購入します。

  • “船”?<br /><br /><br />いや、艀(はしけ)? 筏(いかだ)???<br /><br />

    “船”?


    いや、艀(はしけ)? 筏(いかだ)???

  • なんと、人力!?<br /><br /><br />バスもトラックもこの通り |゚Д゚)))<br /><br />

    なんと、人力!?


    バスもトラックもこの通り |゚Д゚)))

  • 地元の人は、ノンビリと見物。<br /><br /><br />でも、突風が吹いたら一巻の終わり?<br /><br /><br /><br />

    地元の人は、ノンビリと見物。


    でも、突風が吹いたら一巻の終わり?



  • トラックも車も・・・<br /><br /><br />今まで、事故が無かったのかなぁ?<br />

    トラックも車も・・・


    今まで、事故が無かったのかなぁ?

  • 乗客は、バスに荷物を預けたまま<br /><br /><br />(さすがに艀には、モーターが付いています)

    乗客は、バスに荷物を預けたまま


    (さすがに艀には、モーターが付いています)

  • 水深は280mもあります。<br />

    水深は280mもあります。

  • 我々は、ボートで対岸に<br />

    我々は、ボートで対岸に

  • モニュメント

    モニュメント

  • バスは、夕刻にラパスに入りました。<br />

    バスは、夕刻にラパスに入りました。

  • 斜面には、日干しレンガの建物がギッシリ<br />

    斜面には、日干しレンガの建物がギッシリ

  • すり鉢状のラパスの街。<br />その高低差は、700mもある。<br /><br /><br /><br />空気の薄い高地には庶民が、底辺には富裕層が住むという。<br />

    すり鉢状のラパスの街。
    その高低差は、700mもある。



    空気の薄い高地には庶民が、底辺には富裕層が住むという。

  • バスターミナルから、タクシーで移動。<br /><br /><br />偶然知り合った日本人女性と乗車。<br /><br />彼女は、運転手にどんな魔法を使ったのか?<br />バスターミナルからホテルまで約20分乗車。<br />その料金は、『20Bs.(ボリビアーノ:約300円)』安いぞ!<br />

    バスターミナルから、タクシーで移動。


    偶然知り合った日本人女性と乗車。

    彼女は、運転手にどんな魔法を使ったのか?
    バスターミナルからホテルまで約20分乗車。
    その料金は、『20Bs.(ボリビアーノ:約300円)』安いぞ!

  • タクシーは古く、数十万キロ走っている代物だった。<br /><br />なんと、ホテルの前の坂道が登れない!<br />「アニモ、アニモ!(頑張れ)」<br /><br />運転手は、バックして脇道にそれる。<br />そこから助走して一気に駆け上がる!!!<br /><br />何度かそれを繰り返し、ホテルに着いた (^^)<br />

    タクシーは古く、数十万キロ走っている代物だった。

    なんと、ホテルの前の坂道が登れない!
    「アニモ、アニモ!(頑張れ)」

    運転手は、バックして脇道にそれる。
    そこから助走して一気に駆け上がる!!!

    何度かそれを繰り返し、ホテルに着いた (^^)

  • 旅装を解いた私は、近くを散策した。<br /><br /><br />テントを張ったマーケットがある。<br />

    旅装を解いた私は、近くを散策した。


    テントを張ったマーケットがある。

  • 日用雑貨から、飲食品や骨董品まで、ありとあらゆる品物が並んでいる。<br /><br />

    日用雑貨から、飲食品や骨董品まで、ありとあらゆる品物が並んでいる。

  • 私は一軒の店の前で立ち止まった。<br /><br />看板には『チュロス』<br /><br />そう、揚げたお菓子だ。

    私は一軒の店の前で立ち止まった。

    看板には『チュロス』

    そう、揚げたお菓子だ。

  • 「コンニチハ!」<br />なんと、店員が日本語で話しかけてきた。<br /><br />おまけに「試食してみて」と言った。<br />(揚げ物なら、食あたりもないかな?)<br />私は1本つまんだ。<br /><br />脂っこいが、それなりにイケてる。<br /><br /><br /><br /><br /><br />

    「コンニチハ!」
    なんと、店員が日本語で話しかけてきた。

    おまけに「試食してみて」と言った。
    (揚げ物なら、食あたりもないかな?)
    私は1本つまんだ。

    脂っこいが、それなりにイケてる。





  • ディープなラパスの夜は更けていった。<br />

    ディープなラパスの夜は更けていった。

  • 月が真上に登り始めた頃、私はベッドに沈んだ。<br /><br /><br />

    月が真上に登り始めた頃、私はベッドに沈んだ。


この旅行記のタグ

16いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ボリビアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ボリビア最安 780円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ボリビアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集