トレド旅行記(ブログ) 一覧に戻る
<br />2012年7月〜10月までの、3か月のヨーロッパ周遊記録(Vol.67)です。<br />現在、13カ国目スペインに滞在しています。<br /><br />9/27〜9/30はマドリッドを拠点とし、マドリッド市内、セゴビア、コルトバ、トレドを1日ずつ訪れました。<br />≪旅程≫<br />・9/27 マドリッド市内半日観光<br />・9/28 セゴビア観光<br />・9/29 コルトバ観光<br />・9/30 トレド観光→長距離バスでボルドーへ移動★<br /><br />旅は残り4日です。スペイン最後の街に選んだのは、古都トレド。<br />旧市街にはまるで時が止まったかのような中世の面影が残り、外に目を向ければ荒野のような大地がどこまでも続いています。思わずうっとり・・・いつまでも見ていたい景色でした。<br />トレドのあとは、夜行バスでフランスのボルドーまで一気に北上します。<br /><br />写真はトレドの旧市街です。<br />※1ユーロ=100〜104円<br />(スペイン語の綴り記号が文字化けするので、なしで表記します。)<br /><br />

行きあたりばったり、ヨーロッパ周遊一人旅2012 Vol.67 時が止まったかのような古都、トレド

5いいね!

2012/09/30 - 2012/09/30

514位(同エリア798件中)

0

40

ローズベリー

ローズベリーさん


2012年7月〜10月までの、3か月のヨーロッパ周遊記録(Vol.67)です。
現在、13カ国目スペインに滞在しています。

9/27〜9/30はマドリッドを拠点とし、マドリッド市内、セゴビア、コルトバ、トレドを1日ずつ訪れました。
≪旅程≫
・9/27 マドリッド市内半日観光
・9/28 セゴビア観光
・9/29 コルトバ観光
・9/30 トレド観光→長距離バスでボルドーへ移動★

旅は残り4日です。スペイン最後の街に選んだのは、古都トレド。
旧市街にはまるで時が止まったかのような中世の面影が残り、外に目を向ければ荒野のような大地がどこまでも続いています。思わずうっとり・・・いつまでも見ていたい景色でした。
トレドのあとは、夜行バスでフランスのボルドーまで一気に北上します。

写真はトレドの旧市街です。
※1ユーロ=100〜104円
(スペイン語の綴り記号が文字化けするので、なしで表記します。)

同行者
一人旅
交通手段
高速・路線バス

PR

  • <br />◆9月30日(日)第88日目<br /><br />9:00すぎ、チェックアウトして外に出ると息が真っ白!<br />朝晩がだいぶ涼しくなってきました。<br />王宮の方からパレードのような音楽が聞こえ、つい気になって見に行くと、王宮の門の前に人だかりができています。<br />軍隊の何かの式がちょうど終わるところでした。<br /><br />


    ◆9月30日(日)第88日目

    9:00すぎ、チェックアウトして外に出ると息が真っ白!
    朝晩がだいぶ涼しくなってきました。
    王宮の方からパレードのような音楽が聞こえ、つい気になって見に行くと、王宮の門の前に人だかりができています。
    軍隊の何かの式がちょうど終わるところでした。

  • <br />今日はバスを利用し、マドリッドからトレドまで日帰りで出かけます。<br />寄り道したので予定よりだいぶ時間が押しましたが、地下鉄でPlaza Eliptica(エリプティカ広場)へ。<br />駅直結の地下バスターミナルで、ALSA社のトレド行きチケットを購入しました。<br /><br />


    今日はバスを利用し、マドリッドからトレドまで日帰りで出かけます。
    寄り道したので予定よりだいぶ時間が押しましたが、地下鉄でPlaza Eliptica(エリプティカ広場)へ。
    駅直結の地下バスターミナルで、ALSA社のトレド行きチケットを購入しました。

  • <br />バスに乗り込みます。<br />11:30マドリッド→12:15トレド<br /><br />


    バスに乗り込みます。
    11:30マドリッド→12:15トレド

  • <br />終点トレドのバスターミナルです。<br />バスから見えた旧市街の方へ向かって歩いていきます。<br /><br />


    終点トレドのバスターミナルです。
    バスから見えた旧市街の方へ向かって歩いていきます。

  • <br />ビサグラ新門に到着。<br />門の前のツーリストインフォメーションは、日曜で休みでした。<br />門をくぐって道なりにすすみます。<br /><br />


    ビサグラ新門に到着。
    門の前のツーリストインフォメーションは、日曜で休みでした。
    門をくぐって道なりにすすみます。

  • <br />2つ目の門、太陽の門をくぐります。<br />トレドの旧市街は小高い丘の上にあります。<br />しばらく坂道を上がります。<br /><br />


    2つ目の門、太陽の門をくぐります。
    トレドの旧市街は小高い丘の上にあります。
    しばらく坂道を上がります。

  • <br />城壁の外の街の景色です。


    城壁の外の街の景色です。

  • <br />どこまでも広がる荒野。


    どこまでも広がる荒野。

  • <br />川の向こうに見える古城は、“Castillo de San Servando”<br />サン・セルバンド城を改装した人気のユースだそうです。<br /><br />


    川の向こうに見える古城は、“Castillo de San Servando”
    サン・セルバンド城を改装した人気のユースだそうです。

  • <br />まずはアルカサルを目指してやってきました。<br />ローマ時代の要塞跡に建てられたもので、現在は軍事博物館。<br />・・・と書かれていたので入れると信じてきたのですが、前には警備員が何人か立っており、入っていく人が誰もいません。<br />入れないようなので、カテドラルへ向かいます。<br /><br />


    まずはアルカサルを目指してやってきました。
    ローマ時代の要塞跡に建てられたもので、現在は軍事博物館。
    ・・・と書かれていたので入れると信じてきたのですが、前には警備員が何人か立っており、入っていく人が誰もいません。
    入れないようなので、カテドラルへ向かいます。

  • <br />雰囲気ある旧市街。<br />通りの向こうにカテドラルの塔が見えてきました。<br /><br />


    雰囲気ある旧市街。
    通りの向こうにカテドラルの塔が見えてきました。

  • <br />狭い通りを抜けると、カテドラル前の広場に出ました。<br />こちらは広場に建っている市庁舎です。<br />中のツーリストインフォメーションが開いていたので、地図と簡単な情報をもらいます。<br />カテドラルは日曜は14:00オープンだったので、先に街の中を散策します。<br /><br />


    狭い通りを抜けると、カテドラル前の広場に出ました。
    こちらは広場に建っている市庁舎です。
    中のツーリストインフォメーションが開いていたので、地図と簡単な情報をもらいます。
    カテドラルは日曜は14:00オープンだったので、先に街の中を散策します。

  • <br />通りは狭く、込み入っています。<br />昔の面影を残す街。


    通りは狭く、込み入っています。
    昔の面影を残す街。

  • <br />“サント・トメ教会”<br />エル・グレコの傑作『オルガス伯爵の埋葬』を所蔵する教会です。


    “サント・トメ教会”
    エル・グレコの傑作『オルガス伯爵の埋葬』を所蔵する教会です。

  • <br />教会ですが、名作があるためか有料です。<br />こちらには入りませんでした。


    教会ですが、名作があるためか有料です。
    こちらには入りませんでした。

  • <br />“サンタ・マリア・ラ・ブランカ教会”<br />トレドに残存する最古のユダヤ教会で13世紀に建てられました。<br />


    “サンタ・マリア・ラ・ブランカ教会”
    トレドに残存する最古のユダヤ教会で13世紀に建てられました。

  • <br />教会の入口の係員は、椅子に腰かけて静かに本を読んでいましたが、チケットを見せるとにこっとして通してくれました。<br />なんとものどかな教会です。


    教会の入口の係員は、椅子に腰かけて静かに本を読んでいましたが、チケットを見せるとにこっとして通してくれました。
    なんとものどかな教会です。

  • <br />1405年にはキリスト教会になっていますが、イスラム風の装飾がところどころに見受けられます。<br />


    1405年にはキリスト教会になっていますが、イスラム風の装飾がところどころに見受けられます。

  • <br />“Monasterio de San Juan de los Reyes(サン・フアン・デ・ロス・レイエス教会)”<br />イサベル女王とフェルナンド2世が、ポルトガルとの戦いの勝利を記念して15世紀に建立した教会です。<br />ゴシック様式、プラテレスコ様式、ムデハル様式とが融合した回廊が見どころだそうです。<br />こちらも有料だったので入らずです。<br /><br />


    “Monasterio de San Juan de los Reyes(サン・フアン・デ・ロス・レイエス教会)”
    イサベル女王とフェルナンド2世が、ポルトガルとの戦いの勝利を記念して15世紀に建立した教会です。
    ゴシック様式、プラテレスコ様式、ムデハル様式とが融合した回廊が見どころだそうです。
    こちらも有料だったので入らずです。

  • <br />教会の先にかかるサン・マルティン橋を渡って対岸へ行ってみました。


    教会の先にかかるサン・マルティン橋を渡って対岸へ行ってみました。

  • <br />迫力あるタホ川の流れ。<br />街をぐるりと囲むように流れています。


    迫力あるタホ川の流れ。
    街をぐるりと囲むように流れています。

  • <br />再びカテドラルに戻ってきました。<br /><br />カテドラルは、フェルナンド3世により建設が始められ、200年以上を費やして1493年に完成しました。<br />チケットセンターへ行くと、入場料は8ユーロ!<br />なぜこれほどかかるのかは、中へ入って納得しました。<br /><br />


    再びカテドラルに戻ってきました。

    カテドラルは、フェルナンド3世により建設が始められ、200年以上を費やして1493年に完成しました。
    チケットセンターへ行くと、入場料は8ユーロ!
    なぜこれほどかかるのかは、中へ入って納得しました。

  • <br />内陣に入ってまず目を惹いたのは、祭壇の衝立(ついたて)。<br />キリストの生涯20場面が表現された木彫りの衝立で、彩色して金箔が張られています。<br /><br />


    内陣に入ってまず目を惹いたのは、祭壇の衝立(ついたて)。
    キリストの生涯20場面が表現された木彫りの衝立で、彩色して金箔が張られています。

  • <br />衝立の上部。<br />上までかなりの高さがあります。


    衝立の上部。
    上までかなりの高さがあります。

  • <br />聖堂中央の聖歌隊席です。<br />上がルネッサンス様式、下がゴシック様式でつくられています。<br />その向こう側には、美しいバラ窓。<br /><br />


    聖堂中央の聖歌隊席です。
    上がルネッサンス様式、下がゴシック様式でつくられています。
    その向こう側には、美しいバラ窓。

  • <br />最大の見どころは、内陣の裏に位置する“トランスパレンテ”です。<br />天使や聖母像などの装飾が施されています。<br /><br />


    最大の見どころは、内陣の裏に位置する“トランスパレンテ”です。
    天使や聖母像などの装飾が施されています。

  • <br />狭い宝物室の中には、イサベル女王の王冠や、宝石で飾られた聖体顕示台などが展示されています。


    狭い宝物室の中には、イサベル女王の王冠や、宝石で飾られた聖体顕示台などが展示されています。

  • <br />高さ3m、重さが約200Kgというこの顕示台は、聖体祭のときに神輿のように担がれて、トレドの街を行進するそうです。<br /><br />


    高さ3m、重さが約200Kgというこの顕示台は、聖体祭のときに神輿のように担がれて、トレドの街を行進するそうです。

  • <br />聖具室の中は美術館になっています。<br />壁一面に絵画が飾られていました。<br />エル・グレコの傑作『聖衣剥奪』をはじめとし、ゴヤ、ティツァーノ、ヴァン・ダイクの作品も展示されています。<br /><br />


    聖具室の中は美術館になっています。
    壁一面に絵画が飾られていました。
    エル・グレコの傑作『聖衣剥奪』をはじめとし、ゴヤ、ティツァーノ、ヴァン・ダイクの作品も展示されています。

  • <br />回廊の壁にも、美しい絵が描かれています。<br /><br />


    回廊の壁にも、美しい絵が描かれています。

  • <br />その先にも小さな礼拝堂がありました。<br />こちらも壁一面、宗教画で埋め尽くされています。<br /><br />大聖堂とはいえ、中はまるで美術館のようでした。<br />美術館、宝物館、オーディオガイドまでついて納得です。<br /><br />


    その先にも小さな礼拝堂がありました。
    こちらも壁一面、宗教画で埋め尽くされています。

    大聖堂とはいえ、中はまるで美術館のようでした。
    美術館、宝物館、オーディオガイドまでついて納得です。

  • <br />最後に、もう一つ行きたいところがありました。<br />エル・グレコが描いたトレドの街と同じ風景が見えるという“パラドール”。<br />インフォメーションではPl. de Zocodover(ソコドベール広場)のそばから71番のバスかタクシーでと言われましたが、広場から出ている2階建て観光バスやソコトレイン(5ユーロ/毎時2便で1周40分)という列車型ミニバスでも行かれるようです。<br /><br />71番バス乗り場で時間を確認すると、ちょうど出発したばかり。<br />1時間1本ペースなので断念。<br />ならばソコトレインかと思いチケット売場へ行くと、こちらも大行列。<br />1時間待たないと乗れないと言われました。<br /><br />


    最後に、もう一つ行きたいところがありました。
    エル・グレコが描いたトレドの街と同じ風景が見えるという“パラドール”。
    インフォメーションではPl. de Zocodover(ソコドベール広場)のそばから71番のバスかタクシーでと言われましたが、広場から出ている2階建て観光バスやソコトレイン(5ユーロ/毎時2便で1周40分)という列車型ミニバスでも行かれるようです。

    71番バス乗り場で時間を確認すると、ちょうど出発したばかり。
    1時間1本ペースなので断念。
    ならばソコトレインかと思いチケット売場へ行くと、こちらも大行列。
    1時間待たないと乗れないと言われました。

  • <br />実はあまり時間の余裕はありません。<br />夜には長距離バスでボルドーへ向かわなければならないので・・・<br />そこで意を決して、タクシーに乗りました。<br />“パラドールまでお願いします”<br />ドライバーに告げると、タクシーは街を抜け、そのまますいすい、すいすい・・・どこまでも丘を上っていきます!<br /><br />実はパラドールを、近場の展望台か何かだと想像していた私は、ここで降ろされたときちんぷんかんぷんでした。<br /><br />


    実はあまり時間の余裕はありません。
    夜には長距離バスでボルドーへ向かわなければならないので・・・
    そこで意を決して、タクシーに乗りました。
    “パラドールまでお願いします”
    ドライバーに告げると、タクシーは街を抜け、そのまますいすい、すいすい・・・どこまでも丘を上っていきます!

    実はパラドールを、近場の展望台か何かだと想像していた私は、ここで降ろされたときちんぷんかんぷんでした。

  • <br />よくわからないまま、建物に入ってみるとそこはホテル(@_@;)<br />ホテルのロビーの先には、眺望のいいレストランがありました。<br />レストランではたくさんのお客さんが、景色を見ながらゆっくり食事を楽しんでいます。<br />その隅の展望デッキで、写真だけ撮らせてもらいます。<br /><br />


    よくわからないまま、建物に入ってみるとそこはホテル(@_@;)
    ホテルのロビーの先には、眺望のいいレストランがありました。
    レストランではたくさんのお客さんが、景色を見ながらゆっくり食事を楽しんでいます。
    その隅の展望デッキで、写真だけ撮らせてもらいます。

  • <br />壮観な大パノラマ♪♪<br />ですが、街から離れる分ちょっと小さいように思います。<br />丘の途中の景色の方が迫力があったような。<br /><br />


    壮観な大パノラマ♪♪
    ですが、街から離れる分ちょっと小さいように思います。
    丘の途中の景色の方が迫力があったような。

  • <br />少し納得いかなかったので、帰りは歩いて丘を下りてみました。<br />こちらの景色もまた格別です(^^♪<br /><br /><br />


    少し納得いかなかったので、帰りは歩いて丘を下りてみました。
    こちらの景色もまた格別です(^^♪


  • <br />パラドールからアルカンタラ橋(写真の奥の橋)まで、下りで1時間ほどかかりました。<br />写真も撮りながらなのでペースはゆっくりだと思いますが、歩くと結構距離があります。<br />再びバスで、マドリッドへ戻ります。<br />17:30トレド→18:20マドリッド<br /><br />


    パラドールからアルカンタラ橋(写真の奥の橋)まで、下りで1時間ほどかかりました。
    写真も撮りながらなのでペースはゆっくりだと思いますが、歩くと結構距離があります。
    再びバスで、マドリッドへ戻ります。
    17:30トレド→18:20マドリッド

  • <br />宿へ戻る前にまず南ターミナルへ寄り、ボルドー行きのバスチケットを買いにきました。<br />実は2日前にも訪れたのですが、乗りたい便が1日1便しかなく、その場ではすぐに決められなかったのです。<br />出発まで2時間を切っていましたが、チケットは無事に買うことができました(*^_^*)<br />これで一安心です・・・<br /><br />


    宿へ戻る前にまず南ターミナルへ寄り、ボルドー行きのバスチケットを買いにきました。
    実は2日前にも訪れたのですが、乗りたい便が1日1便しかなく、その場ではすぐに決められなかったのです。
    出発まで2時間を切っていましたが、チケットは無事に買うことができました(*^_^*)
    これで一安心です・・・

  • <br />20:30の出発ですが、乗車は20:00からスタートします。<br />宿へ戻って荷物をピックアップしていたら、時間がぎりぎりでした。<br />乗り場は、はるかかなたの一番奥。<br />バスまで走って行き、すぐ乗れるかと思いきや、買ったチケットをカウンターで乗車券と引き換えなければなりませんでした。<br />なかなかすすまない列に並びながら、心臓はバクバク。<br />バスが行っちゃうよ〜!<br />本当にぎりぎりでした。<br />ボルドー経由パリ行きのバスに乗ります。<br /><br />


    20:30の出発ですが、乗車は20:00からスタートします。
    宿へ戻って荷物をピックアップしていたら、時間がぎりぎりでした。
    乗り場は、はるかかなたの一番奥。
    バスまで走って行き、すぐ乗れるかと思いきや、買ったチケットをカウンターで乗車券と引き換えなければなりませんでした。
    なかなかすすまない列に並びながら、心臓はバクバク。
    バスが行っちゃうよ〜!
    本当にぎりぎりでした。
    ボルドー経由パリ行きのバスに乗ります。

  • <br />バスはほぼ満員でした。<br />早朝のボルドー到着にそなえて仮眠を取ります。<br />慌ただしい1日でした。<br />数日前に始まった腹痛もなかなかおさまらず、今日もペースがかなり乱れましたがなんとか1日無事に終わりました。<br />20:30マドリッド→翌日5:15ボルドー<br />このバスですが、2時間半ごとに30分間の休憩が入るので熟睡できません(@_@)zzz<br />明日はふらふら気分でボルドーの街を歩きます。<br /><br />≪出費≫<br />・地下鉄チケット 計4.9ユーロ<br />・バスチケット 9.12ユーロ;マドリッド⇔トレド往復<br />・長距離バスチケット 75ユーロ;マドリッド→ボルドー<br />・荷物預かり 3ユーロ<br />・カテドラル 8ユーロ<br />・サンタ・マリア・ラ・ブランカ教会 2.5ユーロ<br />・タクシー代 8.9ユーロ;ソコドベール広場そば→パラドール<br />・水 1.4ユーロ<br />・夜食 2ユーロ;ドーナツ、コーヒー<br /><br />


    バスはほぼ満員でした。
    早朝のボルドー到着にそなえて仮眠を取ります。
    慌ただしい1日でした。
    数日前に始まった腹痛もなかなかおさまらず、今日もペースがかなり乱れましたがなんとか1日無事に終わりました。
    20:30マドリッド→翌日5:15ボルドー
    このバスですが、2時間半ごとに30分間の休憩が入るので熟睡できません(@_@)zzz
    明日はふらふら気分でボルドーの街を歩きます。

    ≪出費≫
    ・地下鉄チケット 計4.9ユーロ
    ・バスチケット 9.12ユーロ;マドリッド⇔トレド往復
    ・長距離バスチケット 75ユーロ;マドリッド→ボルドー
    ・荷物預かり 3ユーロ
    ・カテドラル 8ユーロ
    ・サンタ・マリア・ラ・ブランカ教会 2.5ユーロ
    ・タクシー代 8.9ユーロ;ソコドベール広場そば→パラドール
    ・水 1.4ユーロ
    ・夜食 2ユーロ;ドーナツ、コーヒー

この旅行記のタグ

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

「旅の計画」作成でもれなく300ポイント!

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

スペインで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スペイン最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スペインの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集