水道橋旅行記(ブログ) 一覧に戻る
平日の昼休みに、駆け足で燃える紅葉を観賞しました。<br />昼頃の陽光は、紅葉を燃えさせていました。<br />訪問時間としても最適なのかもしれませんが、長居はできないのが残念でした。<br />

2010.12.1 小石川後楽園の紅葉☆昼休み駆け足撮影

8いいね!

2010/12/01 - 2010/12/01

568位(同エリア1392件中)

0

45

平日の昼休みに、駆け足で燃える紅葉を観賞しました。
昼頃の陽光は、紅葉を燃えさせていました。
訪問時間としても最適なのかもしれませんが、長居はできないのが残念でした。

PR

  • 飯田橋駅に近い西口から入りますが、入園する前の紅葉も見応え十分です。

    飯田橋駅に近い西口から入りますが、入園する前の紅葉も見応え十分です。

  • ここまでが西口・入園前に楽しめる紅葉です。

    ここまでが西口・入園前に楽しめる紅葉です。

  • 入園料は300円。<br />門の周辺は紅葉が少ないので、見頃かどうかチケット売り場で確認してから入りました。<br /><br />「今見頃になっております」<br />

    入園料は300円。
    門の周辺は紅葉が少ないので、見頃かどうかチケット売り場で確認してから入りました。

    「今見頃になっております」

  • 案内看板。<br /><br />この大きな池(大泉水)の南側から水面に写る紅葉を楽しみ、戻る感じで時計回りで白糸の滝を過ぎて、船着場当たりまでいきました。<br />入園して許された20分間の撮影です。

    案内看板。

    この大きな池(大泉水)の南側から水面に写る紅葉を楽しみ、戻る感じで時計回りで白糸の滝を過ぎて、船着場当たりまでいきました。
    入園して許された20分間の撮影です。

  • 池の写る紅葉は晴天時こそより綺麗な感じでしょうか。<br />しばらく、コメントなしで連続掲載です。

    池の写る紅葉は晴天時こそより綺麗な感じでしょうか。
    しばらく、コメントなしで連続掲載です。

  • 手前の陽光で輝く紅葉を入れて。

    手前の陽光で輝く紅葉を入れて。

  • 紅葉を写す水面の面白いですね。

    紅葉を写す水面の面白いですね。

  • カワセミが、大きな石の上で水中の小魚を狙っていました。<br /><br />これはダイブ後に石の上に戻る最中です。<br />画像を拡大すると見えます。

    カワセミが、大きな石の上で水中の小魚を狙っていました。

    これはダイブ後に石の上に戻る最中です。
    画像を拡大すると見えます。

  • これがカワセミが定位置に戻ったシーン。<br /><br />対岸から長いレンズで撮影している方もいました。

    これがカワセミが定位置に戻ったシーン。

    対岸から長いレンズで撮影している方もいました。

  • ちょうど西門・入り口から正面にあるモミジです。

    ちょうど西門・入り口から正面にあるモミジです。

  • 滝のある方へ移動開始です。

    滝のある方へ移動開始です。

  • この大きなモミジでない樹種の紅葉も見事です。

    この大きなモミジでない樹種の紅葉も見事です。

  • このような場所で一日昼寝したいものです。

    このような場所で一日昼寝したいものです。

  • 白糸の滝に到着。

    白糸の滝に到着。

  • 滝のある場所で、真上のモミジを撮影です。

    滝のある場所で、真上のモミジを撮影です。

  • 滝のある場所からの池の眺めもいいです。

    滝のある場所からの池の眺めもいいです。

  • この後、また池を時計回りします。

    この後、また池を時計回りします。

  • 平日なので、混み具合はほとほどでした。

    平日なので、混み具合はほとほどでした。

  • トップ画像です。<br /><br />池北側の一番見応えのあるモミジに到着です。

    トップ画像です。

    池北側の一番見応えのあるモミジに到着です。

  • 太陽が正面なだけに、透けた紅葉の赤さが飛び込んできます。

    太陽が正面なだけに、透けた紅葉の赤さが飛び込んできます。

  • このモミジを撮影して満足したので、<br />会社に戻ることにしました。<br /><br /><br />たくさんの画像をご覧いただきありがとうございました。

    このモミジを撮影して満足したので、
    会社に戻ることにしました。


    たくさんの画像をご覧いただきありがとうございました。

この旅行記のタグ

8いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集