石垣島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
雨期の石垣島、竹富島、波照間島での旅写真と、思ったこと。<br />6日間の、ひとり旅の記録です。

ISHIGAKI☆JOURNEY  

191いいね!

2010/05/19 - 2010/05/24

14位(同エリア3781件中)

40

60

雨期の石垣島、竹富島、波照間島での旅写真と、思ったこと。
6日間の、ひとり旅の記録です。

同行者
一人旅
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
高速・路線バス 観光バス 自転車 JALグループ JRローカル 私鉄 徒歩
利用旅行会社
ツアー(添乗員同行なし)

PR

  • 石垣空港は、ひっそりと可愛らしい。<br />着陸した飛行機から空港内までは、小さなトラックバスに乗り移動します。どこか、東南アジアの国に来たようで、湿った空気と、あまいフルーツのようなにおいがかすかにします。<br /><br />市街地までは、いかにも沖縄らしい風景が広がっています。

    石垣空港は、ひっそりと可愛らしい。
    着陸した飛行機から空港内までは、小さなトラックバスに乗り移動します。どこか、東南アジアの国に来たようで、湿った空気と、あまいフルーツのようなにおいがかすかにします。

    市街地までは、いかにも沖縄らしい風景が広がっています。

    石垣空港 空港

  • 暑い…。<br />この島に来て、春、初夏を飛び越し、一気に真夏が訪れました。<br /><br />浅い夢のような、<br />ふしぎな旅のはじまりを象徴する1枚。<br /><br />真昼の空港に降り立ってすぐ撮った、くらくらするほどの赤い花。

    暑い…。
    この島に来て、春、初夏を飛び越し、一気に真夏が訪れました。

    浅い夢のような、
    ふしぎな旅のはじまりを象徴する1枚。

    真昼の空港に降り立ってすぐ撮った、くらくらするほどの赤い花。

  • 滞在中の天気予報はすべて雨…。<br />雨期なので仕方がないですし、雨は好きですが、さすがに全日程雨天はいやだなって思っていました。<br />しかしこの日は、呆れるほどの晴天!<br /><br />グアムの空を想わせる、絵の具で描いたような青!

    滞在中の天気予報はすべて雨…。
    雨期なので仕方がないですし、雨は好きですが、さすがに全日程雨天はいやだなって思っていました。
    しかしこの日は、呆れるほどの晴天!

    グアムの空を想わせる、絵の具で描いたような青!

  • 竹富島のフェリー待合室。<br /><br />発着が無い時間は、がらんとしていて、とても静か。<br />観光案内コーナーの、職員の方の静かな話し声が聞こえるほど。<br /><br />紺碧の海を隔てて、石垣島が遠く、しかしはっきりと確認できる。<br /><br />こういう場所、好きだなぁ。

    竹富島のフェリー待合室。

    発着が無い時間は、がらんとしていて、とても静か。
    観光案内コーナーの、職員の方の静かな話し声が聞こえるほど。

    紺碧の海を隔てて、石垣島が遠く、しかしはっきりと確認できる。

    こういう場所、好きだなぁ。

  • ソーダ水のような海と、青い絵の具の空と、<br />嘘のように鮮やかな南国の花たち。

    ソーダ水のような海と、青い絵の具の空と、
    嘘のように鮮やかな南国の花たち。

  • 歩いて旅をするからこそ、見える風景、見つけられるものもあると思います。竹富島は歩いていて、ほんとうにたのしい島。<br /><br />何気ない風景が、幻想的で美しく、夢を見ているよう

    歩いて旅をするからこそ、見える風景、見つけられるものもあると思います。竹富島は歩いていて、ほんとうにたのしい島。

    何気ない風景が、幻想的で美しく、夢を見ているよう

  • 石垣島に来た瞬間から、はっきりと感じていたこと。<br />それは、呼吸のしやすさ。東京よりも明らかに酸素が濃く、空気が澄んでいます。石垣島の街中ですら、それは、はっきりと感じられるのです。

    石垣島に来た瞬間から、はっきりと感じていたこと。
    それは、呼吸のしやすさ。東京よりも明らかに酸素が濃く、空気が澄んでいます。石垣島の街中ですら、それは、はっきりと感じられるのです。

  • 竹富島。<br /><br />白い砂利の道と、電信柱。<br />宮沢賢治の話に出てくる、古い電信柱のイメージです<br /><br />じゃりじゃりと、歩く音も感触もたのしい。<br />植物の、青くさい夏らしいにおい。

    竹富島。

    白い砂利の道と、電信柱。
    宮沢賢治の話に出てくる、古い電信柱のイメージです

    じゃりじゃりと、歩く音も感触もたのしい。
    植物の、青くさい夏らしいにおい。

  • 見るもの全てが初めてで、撮るべき場所、撮りたい瞬間が次から次にやって来ます。<br /><br />ものすごくゆっくり時間が流れていて(あるいは時間が止まっているかのようで)、竹富島はとても不思議な場所です。

    見るもの全てが初めてで、撮るべき場所、撮りたい瞬間が次から次にやって来ます。

    ものすごくゆっくり時間が流れていて(あるいは時間が止まっているかのようで)、竹富島はとても不思議な場所です。

  • どこか懐かしさを感じる、トラディショナルな建築様式。赤い瓦屋根と、清められたように真っ白な砂利の道が印象的。<br /><br />なごみの塔からの眺望。馬鹿にせず、登ってみて下さい!見た目よりかなりエキサイティングな体験ができます(笑)眺めもいいっ!

    どこか懐かしさを感じる、トラディショナルな建築様式。赤い瓦屋根と、清められたように真っ白な砂利の道が印象的。

    なごみの塔からの眺望。馬鹿にせず、登ってみて下さい!見た目よりかなりエキサイティングな体験ができます(笑)眺めもいいっ!

  • ビーチや集落から少し行くと、急に静かになり観光客も見かけなくなります。マイナーな道をわざわざ行く癖があるので、すぐに迷ってしまう。<br /><br />まるでジャングルのような景色が広がる。

    ビーチや集落から少し行くと、急に静かになり観光客も見かけなくなります。マイナーな道をわざわざ行く癖があるので、すぐに迷ってしまう。

    まるでジャングルのような景色が広がる。

  • 竹富島のシーサー。<br /><br />邪気を払い、家を守る守り神。家々でデザインが異なり、可愛らしいものから、いかにも強そうな年期の入ったものまで様々。<br /><br />信心深い沖縄の人の、家族を思うやさしい気持ちが伝わって来ます。

    竹富島のシーサー。

    邪気を払い、家を守る守り神。家々でデザインが異なり、可愛らしいものから、いかにも強そうな年期の入ったものまで様々。

    信心深い沖縄の人の、家族を思うやさしい気持ちが伝わって来ます。

  • 西桟橋。<br /><br />スタジオに組んだ撮影セットか、あるいはいっそ、<br />コンピューターグラフィックのような、鮮やかで、<br />嘘のような景色。

    西桟橋。

    スタジオに組んだ撮影セットか、あるいはいっそ、
    コンピューターグラフィックのような、鮮やかで、
    嘘のような景色。

  • コンドイビーチに行くまでの、静かで、美しい墓地で見つけた蜘蛛。<br /><br />沖縄のお墓は、実に立派に、屈強で、美しい。<br />中国文化の影響を受けているのか、台湾で見たお墓によく似ている。

    コンドイビーチに行くまでの、静かで、美しい墓地で見つけた蜘蛛。

    沖縄のお墓は、実に立派に、屈強で、美しい。
    中国文化の影響を受けているのか、台湾で見たお墓によく似ている。

  • 長い歴史を感じる石垣。<br /><br />いびつで、苔むし、なんとも味のある力強い風景。

    長い歴史を感じる石垣。

    いびつで、苔むし、なんとも味のある力強い風景。

  • ここには、別々に来た観光客ですら、一気に一体感を感じてしまうほどの島の力がある。<br /><br />ヒトはもちろん、昆虫や牛や、海や植物や、白い砂利ですら愛おしく、島に在るものとしての結びつきを強く感じる。

    ここには、別々に来た観光客ですら、一気に一体感を感じてしまうほどの島の力がある。

    ヒトはもちろん、昆虫や牛や、海や植物や、白い砂利ですら愛おしく、島に在るものとしての結びつきを強く感じる。

  • アイヤル浜へ向かう道。<br /><br />数えきれない程の蝶が飛んでいて、道はまっすぐで、果てしない。

    アイヤル浜へ向かう道。

    数えきれない程の蝶が飛んでいて、道はまっすぐで、果てしない。

  • 八重山諸島の人たちは、ほんとうにやさしい。<br />のんびりしているとか、フレンドリーとか、そんなことではなく(もちろんそれもあるのだけれど)、もっと深いところで、根本的に人をもてなす心を持っているのだと思う。

    八重山諸島の人たちは、ほんとうにやさしい。
    のんびりしているとか、フレンドリーとか、そんなことではなく(もちろんそれもあるのだけれど)、もっと深いところで、根本的に人をもてなす心を持っているのだと思う。

  • 石垣島の夜は静かで、湿っている。<br />虫やヤモリたちの方が賑やかなくらいです。<br /><br />空港と市街地の真ん中に位置する最初の宿は、信じられないくらい居心地がいい。<br /><br />植物も静かに眠っているよう。

    石垣島の夜は静かで、湿っている。
    虫やヤモリたちの方が賑やかなくらいです。

    空港と市街地の真ん中に位置する最初の宿は、信じられないくらい居心地がいい。

    植物も静かに眠っているよう。

  • 朝、部屋のバルコニーからの景色。<br /><br />連日の雨予報でしたが、この日も目のくらむほどの晴天。八重山諸島の天気予報はあてにならない。

    朝、部屋のバルコニーからの景色。

    連日の雨予報でしたが、この日も目のくらむほどの晴天。八重山諸島の天気予報はあてにならない。

  • 宿のダイニング。<br /><br />都会的な感覚と島のやさしさが合わさった、<br />とても気持ちのいい宿。<br /><br />ビュッフェスタイルで食べる朝食は、シェフの気持ちが伝わるあたたかい味。特に私は、島らっきょうのフリッターに感動しました。エシャロットのような独特な風味と、耳に響く歯触りが印象的。<br /><br />花と緑と、スタッフの方の心づかいが嬉しい宿です。

    宿のダイニング。

    都会的な感覚と島のやさしさが合わさった、
    とても気持ちのいい宿。

    ビュッフェスタイルで食べる朝食は、シェフの気持ちが伝わるあたたかい味。特に私は、島らっきょうのフリッターに感動しました。エシャロットのような独特な風味と、耳に響く歯触りが印象的。

    花と緑と、スタッフの方の心づかいが嬉しい宿です。

  • バンナ森林公園の蝶園。<br /><br />宿の方のご好意で、特別に連れて来て頂きました。<br />ここの蝶たちは人を怖がりません。頭や腕に次々に停まってくれます。<br />とてもクリエイティブな飼育員の方が、丁寧に説明をしてくれます。

    バンナ森林公園の蝶園。

    宿の方のご好意で、特別に連れて来て頂きました。
    ここの蝶たちは人を怖がりません。頭や腕に次々に停まってくれます。
    とてもクリエイティブな飼育員の方が、丁寧に説明をしてくれます。

  • 石垣島市街地。<br /><br />想像していたよりもかなり都会で、ファーストフードや雑貨屋を覗いていると、ここが八重山諸島であることを忘れてしまいそうになります。

    石垣島市街地。

    想像していたよりもかなり都会で、ファーストフードや雑貨屋を覗いていると、ここが八重山諸島であることを忘れてしまいそうになります。

  • これは観賞用のパイナップル。<br /><br />他にスナックパインという、食べ方がなんとも画期的というか、ユニークなパイナップルがあり、驚いてしまいました。

    これは観賞用のパイナップル。

    他にスナックパインという、食べ方がなんとも画期的というか、ユニークなパイナップルがあり、驚いてしまいました。

  • 石垣島バスターミナル。

    石垣島バスターミナル。

  • 玉取崎展望台。<br /><br />普段観光地にはあまり行かないのですが、この島では別。もれなく、観光地=ビューポイントなのです。

    玉取崎展望台。

    普段観光地にはあまり行かないのですが、この島では別。もれなく、観光地=ビューポイントなのです。

  • 栄養分をふんだんに含んだ赤土の大地。

    栄養分をふんだんに含んだ赤土の大地。

  • ふいに懐かしさを感じる道に出逢う。<br /><br />雲の動きが早く、カメラの露出がころころ変わる。

    ふいに懐かしさを感じる道に出逢う。

    雲の動きが早く、カメラの露出がころころ変わる。

  • 川平湾。<br /><br />信じられない程美しいグラデーションの水面。<br />天候や季節によって、全く違う色合いに変化する。<br /><br />海水はどこまでも澄んでいて、きらきらひかる。

    川平湾。

    信じられない程美しいグラデーションの水面。
    天候や季節によって、全く違う色合いに変化する。

    海水はどこまでも澄んでいて、きらきらひかる。

  • バンナ森林公園。<br /><br />強靭なとげを持つ植物。この公園は、ほとんどジャングルといったところで、奥の奥に入るには森に詳しいガイドがいた方がいい。<br /><br />展望台からは、石垣市街地がぐるっと見渡せます。

    バンナ森林公園。

    強靭なとげを持つ植物。この公園は、ほとんどジャングルといったところで、奥の奥に入るには森に詳しいガイドがいた方がいい。

    展望台からは、石垣市街地がぐるっと見渡せます。

  • 雨の気配。<br /><br />気温が一気にぐっと下がり、グレーの雲が空を覆います。ほんの数分のやさしい雨でしたが、この島には雨が似合うなぁと感じた1枚。

    雨の気配。

    気温が一気にぐっと下がり、グレーの雲が空を覆います。ほんの数分のやさしい雨でしたが、この島には雨が似合うなぁと感じた1枚。

  • 雨上がりの道と、数分ぶりの青空。  <br /><br />子供の頃の夏休みに見たような、<br />自由で、少しセンチメンタルな風景。<br /><br />鼻をくすぐる雨上がりのにおい。

    雨上がりの道と、数分ぶりの青空。  

    子供の頃の夏休みに見たような、
    自由で、少しセンチメンタルな風景。

    鼻をくすぐる雨上がりのにおい。

  • とてもつめたい滝のある、天然のプールに向かうまでの道。<br /><br />そこは、地元の人が大切にしている場所。<br />島の子供たちの、秘密の遊び場といった感じでした。

    とてもつめたい滝のある、天然のプールに向かうまでの道。

    そこは、地元の人が大切にしている場所。
    島の子供たちの、秘密の遊び場といった感じでした。

  • 海辺にある不思議な場所です。<br /><br />何ともいえないゆっくりとした時間の流れ。

    海辺にある不思議な場所です。

    何ともいえないゆっくりとした時間の流れ。

  • 夕暮れの黄色い花。

    夕暮れの黄色い花。

  • 川平湾近くの民家。<br /><br />どことなくアジアな雰囲気で、とても気になった場所

    川平湾近くの民家。

    どことなくアジアな雰囲気で、とても気になった場所

  • ソファーの傷と、サンダル、光の当たり具合、<br />全てが完璧にそろった瞬間!

    ソファーの傷と、サンダル、光の当たり具合、
    全てが完璧にそろった瞬間!

  • 御神崎灯台。<br /><br />丘の上に建つ白い灯台。荒々しい岩肌と、牧草のなだらかな丘が不思議なコントラスト。

    御神崎灯台。

    丘の上に建つ白い灯台。荒々しい岩肌と、牧草のなだらかな丘が不思議なコントラスト。

  • 石垣島フェリーターミナルのすぐ横にある、2つ目の宿。<br /><br />建物は古いが、きちんと掃除の行き届いた清潔な部屋。飴色の艶を持ったドアが気に入りました。<br /><br />石垣島で短期間働く、離島の人も泊まる宿です。

    石垣島フェリーターミナルのすぐ横にある、2つ目の宿。

    建物は古いが、きちんと掃除の行き届いた清潔な部屋。飴色の艶を持ったドアが気に入りました。

    石垣島で短期間働く、離島の人も泊まる宿です。

  • 午前6時、石垣島繁華街。<br /><br />湿ったなまあたたかい潮風と、すでに汗ばんでいる皮膚と、眠りについたばかりの町。海辺の町の、褪せた色合いや、いい意味での雑さが好きです。

    午前6時、石垣島繁華街。

    湿ったなまあたたかい潮風と、すでに汗ばんでいる皮膚と、眠りについたばかりの町。海辺の町の、褪せた色合いや、いい意味での雑さが好きです。

  • A&amp;W。<br /><br />コニードッグ、スーパーフライ、ルートビア。<br />毎週火曜はコニーデイ。コニードッグを買うと、もう1つコニードッグが貰えます!(笑)

    A&W。

    コニードッグ、スーパーフライ、ルートビア。
    毎週火曜はコニーデイ。コニードッグを買うと、もう1つコニードッグが貰えます!(笑)

  • Happy Birthday to me!!

    Happy Birthday to me!!

  • 日本最南端の島、ハテルマ島。<br /><br />石垣港から高速船で約1時間。<br />途中、海の色が急に濃くなり、波も荒々しくなる。<br />ものすごく遠くに来たような気になり、心細さと期待感が膨らみます。<br /><br />妖しく、美しいニライカナイの空。

    日本最南端の島、ハテルマ島。

    石垣港から高速船で約1時間。
    途中、海の色が急に濃くなり、波も荒々しくなる。
    ものすごく遠くに来たような気になり、心細さと期待感が膨らみます。

    妖しく、美しいニライカナイの空。

  • ハテルマ港のフェリー待合室。<br /><br />時間が止まったように眠たげな場所。誰も居ないのにテレビがついていて、それが余計にここを浮世離れした場所に思わせる。

    ハテルマ港のフェリー待合室。

    時間が止まったように眠たげな場所。誰も居ないのにテレビがついていて、それが余計にここを浮世離れした場所に思わせる。

  • 最果ての珊瑚の島・ハテルマ。<br /><br />ここはただのリゾートなどではなく、<br />神々が棲むというまさにニライカナイ(楽土)の趣。<br /><br />夢のような光景が広がり、時間の感覚が狂う。

    最果ての珊瑚の島・ハテルマ。

    ここはただのリゾートなどではなく、
    神々が棲むというまさにニライカナイ(楽土)の趣。

    夢のような光景が広がり、時間の感覚が狂う。

  • 水たまりにうつる、紺碧の空。

    水たまりにうつる、紺碧の空。

  • 暖かい、強い風に吹かれるサトウキビ。

    暖かい、強い風に吹かれるサトウキビ。

  • 真昼の農道には人影は無い。<br /><br />炎天下のヤギ。<br />この島で見ると、鋭い角を持った架空の動物のような気さえしてくる。

    真昼の農道には人影は無い。

    炎天下のヤギ。
    この島で見ると、鋭い角を持った架空の動物のような気さえしてくる。

  • 数メートル先からでも確認できる程の鮮やかな色彩。<br /><br />黄色い実の部分は食べられます。うすあまい、梨のような食感。

    数メートル先からでも確認できる程の鮮やかな色彩。

    黄色い実の部分は食べられます。うすあまい、梨のような食感。

  • パナヌファという、食堂とバーを兼ねた気持ちのいい飲食店。<br /><br />ハテルマ発信のコミュニティーマガジンが置いてあり、購入できます。<br />写真がすばらしく、島の人ならではの視点で撮影された写真はとてもクリエイティブ。パナヌファのスタッフの方はカメラマンでもあります。

    パナヌファという、食堂とバーを兼ねた気持ちのいい飲食店。

    ハテルマ発信のコミュニティーマガジンが置いてあり、購入できます。
    写真がすばらしく、島の人ならではの視点で撮影された写真はとてもクリエイティブ。パナヌファのスタッフの方はカメラマンでもあります。

  • 黒く、美しい牛。

    黒く、美しい牛。

  • こわいくらいの極彩色の花や、奇妙な木々、黒い牛、静かなヤギ、ハテルマでは全てのものにリアリティーが無く、浮き世離れした美しさがあります。

    こわいくらいの極彩色の花や、奇妙な木々、黒い牛、静かなヤギ、ハテルマでは全てのものにリアリティーが無く、浮き世離れした美しさがあります。

  • 星空観測所。<br /><br />荒々しい断崖の側に建つ観測所。<br />この辺りは似たような風景が続き、簡単に迷ってしまう。

    星空観測所。

    荒々しい断崖の側に建つ観測所。
    この辺りは似たような風景が続き、簡単に迷ってしまう。

  • 夢を見ているかのような風景に出逢う。<br /><br />ハテルマの幻の酒、泡波は、水のようになめらかで、かすかに甘い。<br />信じられないほど飲みやすく、かなりの量を飲みました。<br /><br />やさしさ、甘さの中に、匂いたつ花のような香りも感じられ、まるでこの島そのもののような美しい酒。

    夢を見ているかのような風景に出逢う。

    ハテルマの幻の酒、泡波は、水のようになめらかで、かすかに甘い。
    信じられないほど飲みやすく、かなりの量を飲みました。

    やさしさ、甘さの中に、匂いたつ花のような香りも感じられ、まるでこの島そのもののような美しい酒。

  • ハテルマ島の人たちはとても静か。<br />民宿や飲食店など、観光客相手の人たちはまたぜんぜん違うのですが、あまり観光客と接点の無い島の人たちは、恥ずかしがりやで、静か。<br /><br />他意は全くないのですが、イノセントな印象を受けました。

    ハテルマ島の人たちはとても静か。
    民宿や飲食店など、観光客相手の人たちはまたぜんぜん違うのですが、あまり観光客と接点の無い島の人たちは、恥ずかしがりやで、静か。

    他意は全くないのですが、イノセントな印象を受けました。

  • ずっと昔、この島で生きて来た人たちはなんて勇敢だったんだろう…と思う。みやこから遠く離れ、今のように定期便も無く、美しくも生きて行くにはあまりに厳しい自然環境。<br /><br />そんな中で生まれたのがあの酒だったり、争わない静かな性格だったりするのかもしれない。

    ずっと昔、この島で生きて来た人たちはなんて勇敢だったんだろう…と思う。みやこから遠く離れ、今のように定期便も無く、美しくも生きて行くにはあまりに厳しい自然環境。

    そんな中で生まれたのがあの酒だったり、争わない静かな性格だったりするのかもしれない。

  • 夜明け直後、波照間空港辺りで。<br /><br />早朝は少しひんやりしていて気持ちがいい。<br />あまり寝られなかったのですが、目の前に広がる鮮やかな世界が夢の続きのようで、不思議と心地よい朝になりました。

    夜明け直後、波照間空港辺りで。

    早朝は少しひんやりしていて気持ちがいい。
    あまり寝られなかったのですが、目の前に広がる鮮やかな世界が夢の続きのようで、不思議と心地よい朝になりました。

  • とても眩しい、白い坂。<br /><br />島の子供が自転車をこいでいます。

    とても眩しい、白い坂。

    島の子供が自転車をこいでいます。

  • 石垣島の町中で、地元の人たちのあいさつを耳にしました。「ごはん食べた?」というものです。<br />おはようでもお疲れさまでもなく、「ごはん食べた?」なのです。相手を気遣い、自分のものを分け与えようとする気持ちの表れだと思いました。なんて素敵なあいさつなのだろう!

    石垣島の町中で、地元の人たちのあいさつを耳にしました。「ごはん食べた?」というものです。
    おはようでもお疲れさまでもなく、「ごはん食べた?」なのです。相手を気遣い、自分のものを分け与えようとする気持ちの表れだと思いました。なんて素敵なあいさつなのだろう!

  • その昔、八重山諸島の人々は、島を侵略しようとした者ですら“客人”として扱い、三線と島酒でもてなしたという。<br />私がこの旅で出逢った全ての島の人は、まさにその精神を持っていて、どこに行っても気持ちよく歓迎し、もてなしてくれました。<br />この島に魅了され、集まって来た人たちもまた同様に親切で、たくさんのすばらしい出会いがありました。この八重山諸島の魅力は、信じられない程に美しい海や空ではなく、そこにある人びとの優しい気持ちなのだと感じました。

    その昔、八重山諸島の人々は、島を侵略しようとした者ですら“客人”として扱い、三線と島酒でもてなしたという。
    私がこの旅で出逢った全ての島の人は、まさにその精神を持っていて、どこに行っても気持ちよく歓迎し、もてなしてくれました。
    この島に魅了され、集まって来た人たちもまた同様に親切で、たくさんのすばらしい出会いがありました。この八重山諸島の魅力は、信じられない程に美しい海や空ではなく、そこにある人びとの優しい気持ちなのだと感じました。

この旅行記のタグ

191いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (40)

開く

閉じる

  • わんぱく大将さん 2011/12/23 07:49:49
    のんびり VS 走り回り
    レイニ―☆ウォンさん

    めちゃ、お久しぶりでした。 お名前変わりましたね?
    とりあえず、走り回りの博物館ツアーの参加有難うございました。

    この色に対抗するなら、アジアか、日本だったら八重山諸島。
    空と海が一体になって、果てしなさが広がりますね。
    (このままの色、セイシェルでも見ましたぞ)この海に、ビビットな黄色いれたら映えること。

     大将

    Rainy☆Wong

    Rainy☆Wongさん からの返信 2011/12/25 18:42:17
    こんにちは!
    お久しぶりです。そうなんです、諸事情ありまして、しれっと(笑)本名になってます。

    下田の海は想像以上に美しくてビックリしました。砂地の色が薄いグレーだったので、あれで砂さえ白ければ、完全に南国の海でしたね!!鮮やかなパラソルや、サーフボードが、確かに海の色に映えてましたね!

    メッセージありがとうございました!
    これからもよろしくお願いします。

    レイニー☆ウォン
  • がりさん 2011/01/13 22:09:05
    沖縄を拝見!
    taka1さん、こんばんは。
    沖縄の旅行記を見つけたので、拝見しました♪

    またまた素晴らしい写真ばかりで感動です!
    沖縄の夏の強烈な日射しがこちらまで届いてくるような…。
    taka1さんの写真で見る沖縄は、まるで東南アジアのどこかの島のようです〜。

    でもほんとに沖縄ってアジア的というか、すごい日本じゃない感じがしますよね。
    僕も前に同じ石垣や竹富、波照間を旅したのですが、見るものすべてが新鮮だった気がします。
    とくに波照間は一度行くとその魅力にはまりますよね!
    美しいブルーの海や綺麗な星空や夜のゆんたく。。
    あの島は楽園だって、そう思ってます。

    Rainy☆Wong

    Rainy☆Wongさん からの返信 2011/01/15 00:48:03
    こんばんわ。
    沖縄、特に離島は独特の雰囲気ですよね!アメリカンな那覇、コザ、中国的で東南アジア的な離島。
    架空のアジアの町みたいです。

    波照間はもう、夢の中の場所ですよね(笑)自分でも不思議なくらい、ふわふわと夢見心地でした!
    あいにくの曇り空で、波照間では満天の星空とはいきませんでしたが、必ずリベンジしたいですね!!メッセージありがとうございました。

    taka1
  • いぬいぬさん 2010/12/16 22:54:43
    ダイスキ☆
    taka1さま

    ご訪問ありがとうございます。
    こんなステキな写真を撮られる方に訪問いただいて、いぬいぬのご飯ばっかりの旅行記が恥ずかしい限りです。。。
    taka1さんの旅行記は銀色夏生さん(イメージ違ってたらゴメンナサイ)の詩集を見ているみたいで、とってもステキです。
    欲を言うなら、もっと見たいのでいっぱい旅行記作ってください♪
    オキナワいいですねー
    また、素敵な旅行記楽しみにしてるので早くどこかにお出かけください!

    いぬいぬ

    Rainy☆Wong

    Rainy☆Wongさん からの返信 2010/12/17 20:57:58
    嬉しいです!
    ありがとうございます!気に入って頂けてほんとうに嬉しいです!
    仕事が忙しく、しばらく遠出はできないのですが…行きたい気は満々です(笑)
    寒くなると、激しく南国に惹かれますよねー。

    ここまで言って頂けるなんて、嬉しくて嬉しくて…。近場や、観光名所でなくても、自分の気持ち次第では立派な「旅」なんですよね!旅人気分で何か撮ってみたくなりました!

    メッセージありがとうございました。

    taka1
  • てぃあらさん 2010/10/12 11:22:03
    目を奪われました!
    taka1さんはじめまして。
    式根島の旅行記から、辿り着き、すごく楽しませてもらいました。

    鮮やかな色彩。特に私は青がすごくて見とれてしまいました。
    気になって他の方のコメントのお返事読ませてもらったらフィルムなんですね! 何を使ってるんだろう?ってカメラ好きの人に聞いたらagfaだと思うって言われ。あ、本当だ!って思いました♪

    フィルムカメラで撮ったものは、ダウンロードの仕方がわからなくて(笑)私は旅行記は全部デジタルのものだけを載せてますが;
    フィルムカメラ好きなので、これからもっと覚えたいなぁって思ってます。

    taka1さんの視点、瞬間の切り取り、旅行の記録っていうより物語が見えてくるようで、ワクワクしました。ありがとうございました。
    次の旅行でまた写真を撮るのがさらに楽しみになりました。
    また遊びにこさせていただきます。

    Rainy☆Wong

    Rainy☆Wongさん からの返信 2010/11/20 15:37:39
    こんにちわ。
    返信が遅れてしまい申し訳ありません。体調を崩し、静養していました…

    そうですなんですよ、フィルムです、アグフアです。他の銘柄や、ポジも使っていますが、主にアグフアのネガですね。現像や、増感も自分でやるので、そういう意味では作っていく楽しさがありますよね、フィルム写真には。私の写真を気に入って頂けて嬉しいです!!

    メッセージありがとうございました。
    返事が遅れてしまい、すみません。

    taka1
  • Sunnie さん 2010/08/08 21:16:54
    夢と幻想の間。
    お久しぶりです!またすごい旅行記ですね♪
    途中2枚あるモノクロの写真のところで、完全に現実ではない夢と幻想の間に飛んで行ってしまいました。浅い眠りの時に見る夢の世界というか...
    それまで鮮やかな写真をずっと見ていて突然のモノクロ。taka1さんの写真の構成がとても好きです。子供の後ろ姿の写真でなんとか現実に帰ってきましたが、最後までなぜか微笑みながら見てしまいました☆
    taka1さんの写真は鮮やかすぎるほどで、なのに目が疲れない。優しい鮮やかな気がします。
    また次の写真も楽しみにしています!

    Rainy☆Wong

    Rainy☆Wongさん からの返信 2010/08/09 14:10:39
    お久しぶりです!
    こんにちは。コメントありがとうございます。嬉しいです!
    石垣はほんとうに夢の中ような場所でしたよ。

    Sunnie さんも西表島に行かれていますよね?深い湿気と、むせ返る程の植物の匂い、照りつける太陽と、絵に描いたような南国ですよね。

    写真は常に、「少し狂気めいた鮮やかな世界」をテーマに撮っているんです。
    色は、ギリギリアウト(笑)というか、やりすぎ1歩出ちゃった感じが狙いです(笑)

    Sunnie さんの旅行記にもまたお邪魔しますね!

    taka1
  • zzr-cさん 2010/08/02 11:36:43
    素晴らしい景色!
    taka1さま こんにちは!

    全ての写真が素晴らしいです。

    青は凄く蒼い、赤い物はより赤く。

    私がどんだけ逆立ちしてもこのような写真は撮れないでしょう(笑)

    また、taka1さんのコメントも読んでいて、成程ね!って思います。

    石垣島と言いますか、沖縄に目が向いちゃいましたよ^^;

    じぃ〜

    Rainy☆Wong

    Rainy☆Wongさん からの返信 2010/08/03 09:23:20
    おはようございます!
    メッセージありがとうございます。お返事遅れて申し訳ありません…。

    八重山諸島をはじめとして、沖縄本島、那覇やコザもまた、独特で、美しい景色、文化がありますよね!いかにも南国な、陽気で明るい人々の気質も魅力的です。

    何度でも行きたくなる!そんな場所です。
    私の場合、興奮の度合いが確実に撮影に影響するので(笑)、この石垣島旅行記は、ちょっと浮かれ過ぎ感が否めませんが…。気に入って頂けて嬉しいです!

    ありがとうございました!!

    taka1
  • natusoraさん 2010/07/17 00:05:52
    写真に見入ってしまいました!!
    taka1さん、

    はじめまして。
    つい最近4tra登録したnatusoraといいます。
    コミュニティのところを見たら色鮮やかな写真が目に飛び込んできて読ませてもらいました(^^)

    1枚見る毎に”すごーい””すごーい”とひとりごとを言った位です(笑)
    フィルム写真ってこんなに素敵な色彩が出せるのですね!!
    自分でこんな写真がとれたらどんなにいいだろう・・って思いました!

    沖縄はまだ行った事がなくて一度は行きたいと思っています。
    taka1さんの旅行記で素敵な沖縄の旅を味わわせてもらいました。
    ありがとうございます♪

    Rainy☆Wong

    Rainy☆Wongさん からの返信 2010/07/21 08:37:57
    ありがとうございます!
    お返事遅れてすみません…嬉しいメッセージありがとうございます!

    石垣島は、「東南アジアっぽい日本」というより、「日本っぽい、東南アジアの架空の島」といった感じです(笑)。オキナワ本島はまた少し違うのですが、やはり、トロピカルで南国情緒たっぷりです。

    フィルムで撮ると、キレイに撮れ過ぎないというか、適度に「粗さ」が残るので、それも好きで使っています。

    メッセージありがとうございました!また遊びに来てください。

    taka1
  • あっちゃんさん 2010/07/03 11:21:03
    写真だけじゃなく言葉にも
    taka1さん、こんにちは

    ホントこれ写真集として売れますよ!w
    一枚一枚立ち止まって(気持ち的に)
    じっくりと見させて頂きました。

    いろんな青というよりシアン
    あー、私もこんな空の色の写真が撮れたらなぁ
    とため息の連続です。

    そしてtaka1さんの旅行記は写真だけじゃなくて
    言葉も大好きです。

    酸素がいっぱいあるって
    すごく写真から伝わってきました。

    最後の海の美しさでなく人の優しさが人を惹きつける
    というのもなるほどなぁ!と思いました。

    旅行中にお誕生日だったんですか!
    最高の青空、素敵な自分へのご褒美でしたねっ!!

    Rainy☆Wong

    Rainy☆Wongさん からの返信 2010/07/04 01:16:20
    ありがとうございます!!
    そうなんですよ、石垣マイバースデイ!
    満天の星の下、なんと!流れ星を生まれて初めてみました。
    最高の誕生日に成りました!

    八重山諸島は、どこへ行っても本当にフォトジェニックで、興奮しまくりで(笑)写真を撮りまくりました!現像代とプリント代で、もう一回石垣に行けちゃうくらい…(笑)

    旅ってやっぱり、人と人との出会いだったり、あるいは、自分を客観的に見る絶好の機会だったりするんですよね!自分にとって、とても意味のある旅に成ったので、それが写真にも現れているとうれしいです。

    メッセージありがとうございました。

    taka1
  • kuritchiさん 2010/07/01 23:14:32
    はじめまして
    taka1さん、はじめまして
    ご訪問ありがとうございます^^
    Botanical☆Garden のコミュに興味があり、taka1さんの旅行記にお邪魔させていただいたのですが…

    次元の違う?色も鮮やかな旅行記の数々…
    すばらしい…、 すごい…
    しかも、フィルムで撮影ですか… ハァ〜〜……

    コミュ参加は???ですが、時々お邪魔させていただきます^^
    よろしくお願いいたします

    kuritchi

    Rainy☆Wong

    Rainy☆Wongさん からの返信 2010/07/02 00:24:30
    こんばんは!
    メッセージありがとうございます。大変光栄です!!

    コミュは…(笑)お気になさらないで下さい!植物の写真は見るのも撮るのも大好きなんです。
    ただ全く詳しくはなく…。色んな方の撮影された、花や草、木々の写真が見たくて。
    なんとなくな、ゆるーい感じで始められたらいいなと思い作りました。

    紫陽花やバラの写真、素敵ですね!
    私もまた、お邪魔させて頂きます。
    ありがとうございました。

    taka1
  • まあやんさん 2010/06/29 18:13:35
    こんにちは!
    こちらの掲示板への書き込みありがとうございます☆
    私も来月、沖縄に行きます!
    最初は石垣島の予定だったんですが、なぜか宮古島に行くことになりました〜。
    石垣島も宮古島も行ったことがないので、まぁどちらが先でも良かったんですが!
    そのうち石垣島にも行きますよー!!

    それにしても本当に綺麗な写真たち。
    自分の写真が恥ずかしいです。
    (何のテクニックもないし、何とかしようともしてないですが…)
    普通のコンパクトデジカメじゃ、どうしようもありませんかねぇ!?

    ではまた。。。
    改めて他の旅行記もゆっくり拝見させていただきます!

    Rainy☆Wong

    Rainy☆Wongさん からの返信 2010/06/29 23:32:20
    こんばんは。
    メッセージありがとうございます。
    宮古島行かれるのですね!羨ましいっ!きっと石垣同様海がきれいなんでしょうねー。

    写真も褒めて頂いてありがとうございます。
    私は、コンパクトデジカメは持っていないのですが、ストロボ(フラッシュ)を使わず、自然光で撮ると雰囲気がある優しい写真になるかもしれないですね!でも写真なんか二の次で、おもいっきり楽しむのが1番なんですよね(笑)きっと。

    宮古島&石垣島旅行記楽しみにしています。
    ありがとうございました!

    taka1
  • こめさん 2010/06/26 13:02:52
    おひさしぶりです^^
    久しぶりの旅行記、素晴らしかったです☆

    色、構図、コメント
    かなりぐっときました!

    個人的な主観ですが、写真はぱっと見たときのインパクトが大きいのかなー、と思います

    そういった意味でも、みなさんがコメントされてるようにtaka1さんの写真はすごく印象深いです♪

    また旅行記期待しています^^


    こめ

    Rainy☆Wong

    Rainy☆Wongさん からの返信 2010/06/28 03:05:44
    ありがとうございます!!
    八重山諸島、特に波照間島は、ひとり旅にすごく合っているというか、言葉ではうまく説明できないのですが、心にすうっと入って来るものがありました。まさに言葉通り、無我夢中で撮影できました!

    単純で、代り映えしない構図は、ほとんどレンズ交換をしない為です(笑)
    あまり深く考えず、色先行で組み立てる撮り方なので、自分でも何をどこで撮った写真なのか分からない時があります…。

    メッセージありがとうございました!!とてもうれしいコメントでした!

    taka1
  • むんさん 2010/06/21 22:52:44
    はじめまして。
    taka1さん、こんにちは。
    はじめまして。

    とても素晴らしい写真の数々!
    何度も溜息つきながら、旅行記拝見しました。
    八重山諸島〜まだ行ったことがないんですが、
    いつかぜひ訪れてみたいとの思いを強く抱きました。

    Rainy☆Wong

    Rainy☆Wongさん からの返信 2010/06/23 02:06:05
    あぁ、なんて嬉しいお言葉!
    ありがとうございます!八重山諸島…すばらしいところでした!人も親切で(那覇にくらべて、少しシャイな印象です)、食べ物もおいしいです。地元の人によると、真夏は本当に暑いらしいですが…でもどの季節に行っても、やっぱりすばらしいんだろうなぁ、と思いました。
    是非訪れてみて下さい!

    メッセージありがとうございました!

    taka1
  • ゆっぴぃさん 2010/06/21 18:10:47
    やっぱり
    taka1さんの写真はほんとーにキレイ!
    吸い込まれそうな色ですね(^ー^)
    カメラは何を使っていますか!?
    私もtaka1さんみたいな写真が撮りたい!!!!

    taka1さんが写す沖縄を見れてよかったです☆

    Rainy☆Wong

    Rainy☆Wongさん からの返信 2010/06/21 20:26:25
    うれしいです!
    仕事ではデジタルカメラを使うので、決してアンチデジタルではないのですが…作品撮り(特に旅)ではフィルムカメラを使っています。デジカメの色設定や、PCでの色加工を使えば簡単に鮮やかな色は出せてしまいます。でもやはりその場の空気感や匂いまでを閉じ込めるには、じっくりフィルムで撮るのが私には一番合っています。もちろんデジタルカメラで素敵な写真、旅行記を作られている方はたくさんいらっしゃるので、あくまで「私には」ということです。

    カメラはNikon F5、Mamiya 6×7です。
    agfaウルトラ、フジ800Zなど、フィルムは鮮やかな色の出るものを使用しています。
    PCでの加工はほとんどしないため、撮影時にかなり集中します!
    しゃがみ込んだり、背伸びしたり、撮る時はかなり怪しい人になっています(笑)

    すみません、ついマニアックなマジ返答をしてしまいました(笑)

    石垣島旅行記はまだまだ製作中なので、お時間あるときまた遊びにいらして下さい!!
    メッセージありがとうございました。

    taka1
  • Tomさん 2010/06/21 11:20:10
    一度はいってみたい・・・
    taka1さん、こんにちは・・お邪魔しています。

    私は九州出身ですが、南の島は一度も行ったことがありません。4Traの皆さんの旅行記を見るようになって・・日本の南の島が、急に魅力的に見えてきました。

    ただ綺麗な海だけではなく・・そこには・私の大好きな日本の古い町並みや景色が今でも残ってるからなのかもしれません。本当に素晴らしい、光景楽しませていただきました・・。

    『歩いてしか見えない光景・・』できれば、南の島は・・暑いときに汗を出して・・北の大地は、深々と冷え込む時期に・・辛くて、私には本当に耐えられるかどうか自信はないですけれど・・そんな風景の中に身をおいてみたいです。

    素晴らしい旅行記をありがとうございます。
                        −Tom

    Rainy☆Wong

    Rainy☆Wongさん からの返信 2010/06/21 14:22:55
    ありがとうございます。
    実は最初、八重山諸島か、ヨロン島か迷ったんです!いろいろ調べましたが、ヨロン島もすごく素敵な場所ですよ!奄美大島も大変美しいですよね!

    八重山諸島はもちろんニホンですが、生活習慣や食文化、方言などはかなり独特で、ちょっとした海外に行ったみたいでした。海も空も、ハワイやグアムにも負けてませんよ!

    石垣島。おすすめです!是非。

    taka1
  • procidaさん 2010/06/21 08:03:05
    おはようございます!
    taka1さんへ

    taka1さんが撮る八重山の世界。
    どんなふうになるのかなんて、
    考えたことがありました。
    (私も大好きな場所ですから。^^)

    やっぱり期待通りの写真の連続。
    何度も見直してしまいました。

    誰もいないフェリーターミナル。
    自分がそこにいるかのような気持ちになります。

    空のブルーも今までに見たことのないような色です。

    どうやったらこんな素敵な写真が撮れるのでしょうか?
    毎回、感動の連続です。

    この夏にでも石垣に飛んで行きたい気持ちになりましたが、
    休みは8月に2日だけ。^^;

    冬に向けて作戦を練ります。

    次号を期待しています!

    プロチダ

    Rainy☆Wong

    Rainy☆Wongさん からの返信 2010/06/21 09:08:03
    ありがとうございます!
    オキナワの那覇&コザには長期滞在をしたことがあったのですが、八重山諸島は初めて行きました。
    どこを見回してもフォトジェニックで、撮りたいものだらけでした!
    私も、またすぐにでも行きたい大好きな場所になりました!!

    かなり沢山撮影したので、まだまとまっておらず、この旅行記はまだ製作中なんです…。
    少しずつアップしていきますので、よろしければお時間ある時にまた覗いてみて下さい!

    メッセージ、ありがとうございました!!

    taka1
  • なおちさん 2010/06/20 22:22:43
    石垣島〜♪
    taka1さん、こんにちは♪
    お久しぶりです。

    梅雨の時期なのに、はっと目が覚めるような青い空と、
    色とりどりの景色に、またまた見入ってしまいました!

    西桟橋のお写真、ホントに素敵ですね。
    日本にもまだこんな景色があるのですね。

    私も今年は石垣島か宮古島で悩みましたが、
    7月に宮古島へ行ってきます☆

    また遊びに来させてもらいます〜!

    なおち

    Rainy☆Wong

    Rainy☆Wongさん からの返信 2010/06/21 00:33:13
    あぁ、宮古島もよさそうですよねー!
    南国はほんとうに絵になりますよね!きれいな海と空は、何枚でも撮ってしまって、結果同じようなカットがわんさか…みたいなことになりました私は。(笑)

    旅をされる時、天気が良いといいですね!八重山諸島やあの辺りの天気は、本当によく変わるので、雨マークでも晴れ間は必ずありますよ。降水確率80%だったのに、朝からカンカン照りだったりもしました。

    宮古島旅行記、楽しみにしています!

    メッセージありがとうございました。

    taka1
  • トムソーヤさん 2010/06/20 14:52:32
    赤と青の鮮やかな景色が目立ちますね。
    今回は、絵の具のような、赤と青の鮮やかな景色が目立ちますね。
    石垣島や竹富島の日差しを感じます。

    いつもながら、素敵な写真で感心します。

    景色が静かなのは、人物を入れないからでしょうか。
    好きなパソコンのゲームに、ミストMISTというゲームがありますが、この中の風景も静かで、人はいません。どこか似ています。

    完成版をお待ちしています。

    Rainy☆Wong

    Rainy☆Wongさん からの返信 2010/06/20 20:53:49
    ミスト!
    全く知らなかったのですが、とても気になって、ミストの画像を何シーンか見てみました…
    あぁ、なるほど(笑)。私も大好きな世界観ですね!!美しさと、少しの怖さと、どこかしらストレンジというか、あやしいというか。こういう世界観を、写真で撮れるようになりたいです!

    人が写っていないのは、単に、本当に人が少なかった、というのもあるのですが…(笑)
    もちろん多少は意識して撮りました。

    色も褒めて頂いてすごく嬉しいです!デジタルカメラやPCでの加工では出せない、フィルムならではの色や質感が出ていればうれしいです!!


    素敵なコメント、ありがとうございました!

    taka1
  • kumさん 2010/06/19 23:04:07
    ウハー、南国だー!!
    taka1さん、こんばんは〜
    ドイツがセルビア戦で負け、日本がオランダ戦で負けちゃいがっくりしてましたが、南国ムードの旅行記にテンション少し上がりました〜☆

    やっぱ夏は海ですね〜。
    まだday1かな?であれば、まだまだ続きますよね〜♪?
    晴れの日もステキですが、taka1さんの雨の日もこれまたすごそうなので見てみたいなぁ。天気予報だと雨の確率が高かったようなので、ちょっと期待してマス。

    鮮やかな色の南国の花、青い空、田舎道・・・
    緑の薫り、潮の香りが混ざってそうな蒸し暑くいドロリとした空気が写真から伝わってきそうです。

    相変わらず素晴らしいカメラワークで、taka1さんワールドに引き込まれてしまいました・・・

    くむ

    Rainy☆Wong

    Rainy☆Wongさん からの返信 2010/06/20 02:00:29
    石垣島、いいですよー!すごく。
    あの島に憧れて、移住して行く人の気持ちがすごく分かりました。
    人が気持ちいんですよね。旅行記にも書きましたが、もてなしの心がすばらしく心地いい。

    ネタバレですが、奇跡的に本降りの雨には1度も遭いませんでした。
    スコールの様な、豪快な雨に出逢いたかった気もするのですが(笑)。

    旅行記はまだまだ製作中なのですが、しばらく経ってからまた覗いてみて下さい!
    実はまだ現像していないフィルムもあったりします…。

    早速のメッセージ、ありがとうございました。

    taka1
  • Bintangさん 2010/06/19 11:25:45
    うっとり・・・
    taka1さんこんにちは!
    石垣島へいってらしたんですね〜

    やっぱりtaka1さんの写真はすごいです。。。
    いつも私の写真をほめてくださるのに、taka1さんはプロ並みではないですか〜
    私が超苦手な蜘蛛でさえ美しく見えます。
    鮮やかなものを敢えて白黒で撮られてるのにもセンスを感じます。
    想像力が掻き立てられます〜

    ☆Bintang☆

    Rainy☆Wong

    Rainy☆Wongさん からの返信 2010/06/19 17:51:53
    嬉しいです!ありがとうございます!!
    海も撮らず、クモやら植物やら変なものばかりに目が行ってしまって…(笑)
    星の砂で有名なビーチに行っていたみたいなのですが、全く気づかず通り過ぎていたようです…。

    八重山諸島(特に波照間島)は、日本というよりも、東南アジアの雰囲気でした。タイやベトナムのビーチのような、なんというか、湿り気のあるアジアの島といった感じ。食べ物や、生活習慣もどちらかといえば、東南アジアや台湾(中華圏)のそれに近いものでした。

    膨大な枚数を撮ったので、まだ整理しきれていません。旅行記はちょっとずつのアップになると思うのですが、よろしければまた遊びに来てください!!
    ありがとうございました。

    taka1
  • hideさん 2010/06/19 01:21:26
    はじめまして
    すごい色ですね。鮮やかでびっくりしました。他の旅行記のお写真もですが、どうしてこんな色になるのですか?特にこの石垣島の旅行記は気に入りました。他の方と比べて撮るものの選び方が独特で構図もすばらしいのでプロの方かな?とおもいますが?どちらのデジカメをお使いですか?やはり一眼ですか?質問ばかりですみません。とても感動しました。製作中だとは思いましたが、1票入れさせてもらいました。

    Rainy☆Wong

    Rainy☆Wongさん からの返信 2010/06/19 17:22:18
    ありがとうございます!
    石垣島では、海も空も花も、実際にとても鮮やかできれいな色をしています。視界がパァーっと開けるというか、らんらんと目が覚めるというか、とにかく色彩が強烈なんです!
    そういったものを選んで、寄って撮っているので余計にこういう色に成るのだとおもいます。

    機材は…今回は全てフィルムカメラ(アナログカメラ)です。
        Nikon F5と、Mamiya6×7(ブローニー)です。
        フィルムは、AGFA VISTA400、ULTRA100、Fuji 800z、Kodak E100VSです。

    フィルターワークや、現像、プリントで色を出すので、PCでの加工はしていません。仕事ではデジタルカメラを使いますが、作品はやはりフィルムのほうが撮っていて楽しいです。

    気に入って頂けて嬉しいです!メッセージ&投票ありがとうございました!!

    taka1

Rainy☆Wongさんのトラベラーページ

この旅行で行ったスポット

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集