ギリシャ 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

午前中にオリンピック発祥の地「オリンピアの遺跡(世界遺産)」を見学し、その後、バスでペロポネソス半島の山岳地帯を横断してミケーネへ。昼食後、ミケーネ遺跡(世界遺産)を見学し、コリントス運河を越えてアテネへもどる。<br /><br />写真:オリンピアのヘラ神殿。オリンピックの聖火はこの神殿の前で採火される。<br /><br />私のホームページ『第二の人生を豊かに―ライター舟橋栄二のホームページ―』に旅行記多数あり。<br />http://www.e-funahashi.jp/<br /><br /><br />

ギリシャ世界遺産紀行?(オリンピア遺跡・ミケーネ遺跡)

3いいね!

2008/08/24 - 2008/08/31

2745位(同エリア4271件中)

    34

    午前中にオリンピック発祥の地「オリンピアの遺跡(世界遺産)」を見学し、その後、バスでペロポネソス半島の山岳地帯を横断してミケーネへ。昼食後、ミケーネ遺跡(世界遺産)を見学し、コリントス運河を越えてアテネへもどる。

    写真:オリンピアのヘラ神殿。オリンピックの聖火はこの神殿の前で採火される。

    私のホームページ『第二の人生を豊かに―ライター舟橋栄二のホームページ―』に旅行記多数あり。
    http://www.e-funahashi.jp/


    PR

    • 港町イテアで昼食をとった後、バスで大移動(約210km)し、オリンピアへ向かう。途中、コリンティアコス湾に面した小さな美しいビーチが次々に現れ、車窓見学を楽しむ。写真:オリンピアのホテル「オリンピア・パレス」

      港町イテアで昼食をとった後、バスで大移動(約210km)し、オリンピアへ向かう。途中、コリンティアコス湾に面した小さな美しいビーチが次々に現れ、車窓見学を楽しむ。写真:オリンピアのホテル「オリンピア・パレス」

    • オリンピアはペロポネソス半島の西部、イオニア海に近い場所にあり、スポーツの祭典「オリンピック」の発祥の地である。写真:オリンピアパレスホテルの客室

      オリンピアはペロポネソス半島の西部、イオニア海に近い場所にあり、スポーツの祭典「オリンピック」の発祥の地である。写真:オリンピアパレスホテルの客室

    • 現代の華やかなオリンピックのイメージと、今のオリンピアの町とのギャップは大きい。オリンピアは緑多い山あいにある人口1500人ほどの小さな町である。写真:客室のバルコニーからの眺め。ホテルの前に公園がある。

      現代の華やかなオリンピックのイメージと、今のオリンピアの町とのギャップは大きい。オリンピアは緑多い山あいにある人口1500人ほどの小さな町である。写真:客室のバルコニーからの眺め。ホテルの前に公園がある。

    • オリンピアのメインストリート(写真)。この通りの両側に沢山のショップ・レストランが並んでいる。20分も歩けば通り抜けてしまうくらい小さな町である。カフェテリアでティータイムにする。

      オリンピアのメインストリート(写真)。この通りの両側に沢山のショップ・レストランが並んでいる。20分も歩けば通り抜けてしまうくらい小さな町である。カフェテリアでティータイムにする。

    • パレスホテル周辺の風景(写真)。ギリシャにしては緑が多く、美しい風景が楽しめる。

      パレスホテル周辺の風景(写真)。ギリシャにしては緑が多く、美しい風景が楽しめる。

    • 本日の夕食はパレスホテルのレストランでのビュッフェ。結構種類が多く、全種類制覇は不可能。とりあえず前菜としてサラダ中心(写真)の一皿を作る。

      本日の夕食はパレスホテルのレストランでのビュッフェ。結構種類が多く、全種類制覇は不可能。とりあえず前菜としてサラダ中心(写真)の一皿を作る。

    • メイン料理も肉・魚それぞれ数種類あったが、口に合いそうなものだけピックアップして私のメイン料理(写真)にする。

      メイン料理も肉・魚それぞれ数種類あったが、口に合いそうなものだけピックアップして私のメイン料理(写真)にする。

    • 最後のフルーツとケーキ(写真)フルーツは甘さが少なく、ケーキは強烈に甘い。日本の繊細な味からすればいずれも不合格であるが、ここはギリシャ。文句は言わない。

      最後のフルーツとケーキ(写真)フルーツは甘さが少なく、ケーキは強烈に甘い。日本の繊細な味からすればいずれも不合格であるが、ここはギリシャ。文句は言わない。

    • ギリシャ旅行5日目の朝。時差も完全に無くなり旅行生活にもリズムが出来てくる。昨夜はエアコンの効いた快適な客室でよく眠れた。早速、レストランに行く。朝食(写真)はアメリカンのビュッフェで種類が多い。十分満足。

      ギリシャ旅行5日目の朝。時差も完全に無くなり旅行生活にもリズムが出来てくる。昨夜はエアコンの効いた快適な客室でよく眠れた。早速、レストランに行く。朝食(写真)はアメリカンのビュッフェで種類が多い。十分満足。

    • 早くも朝7時45分、ホテルを出発し、歩いてオリンピアの遺跡(写真)へ行く。朝一番の入場。暑い夏のギリシャでも朝は涼しく、すがすがしい。

      早くも朝7時45分、ホテルを出発し、歩いてオリンピアの遺跡(写真)へ行く。朝一番の入場。暑い夏のギリシャでも朝は涼しく、すがすがしい。

    • オリンピアの遺跡の近くにはクラデオス川が流れ、周辺には緑が多い。神話によれば、この地は古くは「聖なる森アルティスの礼拝地」として、その後は「ゼウスの聖なる巡礼地」として栄えたという。

      オリンピアの遺跡の近くにはクラデオス川が流れ、周辺には緑が多い。神話によれば、この地は古くは「聖なる森アルティスの礼拝地」として、その後は「ゼウスの聖なる巡礼地」として栄えたという。

    • 古代オリンピックはゼウスを祀る奉納試合として4年に一度行われた。驚くべき事は、紀元前776年からローマ時代の393年まで、約1200年にわたって一度も中止されなかったことである。写真:ゼウス神殿

      古代オリンピックはゼウスを祀る奉納試合として4年に一度行われた。驚くべき事は、紀元前776年からローマ時代の393年まで、約1200年にわたって一度も中止されなかったことである。写真:ゼウス神殿

    • オリンピア遺跡の中心となるものがゼウス神殿(写真)で、紀元前470年〜紀元前456年に完成。現在、わずかに柱1本を残して廃墟となっているが、長さ64m、幅27m、ドリア式の柱の高さ10m、アテネのパルテノン神殿に匹敵する壮大な神殿だったという。地震で倒れた柱の一部がそのままになっている。

      オリンピア遺跡の中心となるものがゼウス神殿(写真)で、紀元前470年〜紀元前456年に完成。現在、わずかに柱1本を残して廃墟となっているが、長さ64m、幅27m、ドリア式の柱の高さ10m、アテネのパルテノン神殿に匹敵する壮大な神殿だったという。地震で倒れた柱の一部がそのままになっている。

    • ゼウス神殿に並列して小柄なヘラ神殿(写真)がある。ヘラ神殿はゼウスの妻ヘラを祀ったもので、紀元前7世紀(ゼウス神殿より早い)に建造されたドリア様式の神殿である。正面と後面に各6本、側面に16本の円柱が立っていたという。

      ゼウス神殿に並列して小柄なヘラ神殿(写真)がある。ヘラ神殿はゼウスの妻ヘラを祀ったもので、紀元前7世紀(ゼウス神殿より早い)に建造されたドリア様式の神殿である。正面と後面に各6本、側面に16本の円柱が立っていたという。

    • ヘラ神殿の前に石で囲まれた小さな場所(写真)がある。ここはオリンピックの「聖火の場所」。近代オリンピックの聖火もこの場所で点火される。2008年3月24日、北京オリンピックの聖火がここで点火された。

      ヘラ神殿の前に石で囲まれた小さな場所(写真)がある。ここはオリンピックの「聖火の場所」。近代オリンピックの聖火もこの場所で点火される。2008年3月24日、北京オリンピックの聖火がここで点火された。

    • 古代オリンピック競技の内容は「短距離走」「格闘技」「レスリング」「円盤投げ」「槍投げ」「競馬」「戦車競争」など。出場者は出身ポリス(都市国家)の名誉をかけて闘い、優勝者は故郷に凱旋したという。現代と同じだ。写真:ヘラ神殿前にある聖火の儀式

      古代オリンピック競技の内容は「短距離走」「格闘技」「レスリング」「円盤投げ」「槍投げ」「競馬」「戦車競争」など。出場者は出身ポリス(都市国家)の名誉をかけて闘い、優勝者は故郷に凱旋したという。現代と同じだ。写真:ヘラ神殿前にある聖火の儀式

    • 写真はスタジアム(競技場)入り口。直線距離で192mのコースを持つ競技場で、クロニオン山麓に沿って観客席が設けられ、3万人を収容。今もなおスタート・ラインの石板を見ることができる。<br />

      写真はスタジアム(競技場)入り口。直線距離で192mのコースを持つ競技場で、クロニオン山麓に沿って観客席が設けられ、3万人を収容。今もなおスタート・ラインの石板を見ることができる。

    • 家族3人でスタートラインに並び、よーいドン!誰もいないスタジアムを娘は駆け抜け、妻と私はトボトボと走る。実際に走ってみると192mの距離は長い。ひと汗かいてしまった。写真:ゴールラインからスタート地点を見る

      家族3人でスタートラインに並び、よーいドン!誰もいないスタジアムを娘は駆け抜け、妻と私はトボトボと走る。実際に走ってみると192mの距離は長い。ひと汗かいてしまった。写真:ゴールラインからスタート地点を見る

    • キリスト教の国教化で知られるテオドシウス1世が異教徒を禁じたため、オリンピア祭は終了。さらに、426年の異教徒の神殿破壊令によってオリンピア聖域は破壊され、6世紀中頃の大地震により地中に埋没した。あー無惨!(発掘は1875年)

      キリスト教の国教化で知られるテオドシウス1世が異教徒を禁じたため、オリンピア祭は終了。さらに、426年の異教徒の神殿破壊令によってオリンピア聖域は破壊され、6世紀中頃の大地震により地中に埋没した。あー無惨!(発掘は1875年)

    • 2時間ほどオリンピアの遺跡を見学した後、バスでペロポネソス半島の山岳地帯を越えてミケーネ(距離約230km)へ向かう。途中、ミケーネに近い場所で昼食。立派なレストラン(写真)に驚く。

      2時間ほどオリンピアの遺跡を見学した後、バスでペロポネソス半島の山岳地帯を越えてミケーネ(距離約230km)へ向かう。途中、ミケーネに近い場所で昼食。立派なレストラン(写真)に驚く。

    1件目~20件目を表示(全34件中)

    この旅行記のタグ

      3いいね!

      利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

      この旅行記へのコメント

      ピックアップ特集

      ギリシャ で人気のタグ


      PAGE TOP

      ピックアップ特集