鳥羽 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
私は、2007年6月にエクシブ鳥羽アネックス(Bタイプ)に1泊した。エクシブ鳥羽は自宅から近いせいもあり、私にとってエクシブの中では最も利用回数の多いホテルである。

エクシブ鳥羽アネックス

3いいね!

2007/06/30 - 2007/07/01

676位(同エリア844件中)

私は、2007年6月にエクシブ鳥羽アネックス(Bタイプ)に1泊した。エクシブ鳥羽は自宅から近いせいもあり、私にとってエクシブの中では最も利用回数の多いホテルである。

PR

  • エクシブ鳥羽アネックス玄関。どこのエクシブでも車で玄関に到着すると若いスタッフが荷物を車から部屋まで運んでくれる。

    エクシブ鳥羽アネックス玄関。どこのエクシブでも車で玄関に到着すると若いスタッフが荷物を車から部屋まで運んでくれる。

  • 鳥羽アネックスのラウンジは素晴らしい。私はいつも早めにチェックインをして、このラウンジでゆっくりティータイムを取る。

    鳥羽アネックスのラウンジは素晴らしい。私はいつも早めにチェックインをして、このラウンジでゆっくりティータイムを取る。

  • 美味しそうなケーキ類がショーケースに並んでいる。甘党の私は簡単に誘惑に負ける。

    美味しそうなケーキ類がショーケースに並んでいる。甘党の私は簡単に誘惑に負ける。

  • リゾートのガーデンプールは泳ぐものではなく、眺めて楽しむものである。ラウンジから見ても、プールサイドから見ても美しい。

    リゾートのガーデンプールは泳ぐものではなく、眺めて楽しむものである。ラウンジから見ても、プールサイドから見ても美しい。

  • 特に、ライトアップされた夜のガーデンプールはひときわ美しく輝く。そんなプールを眺めながら扇さんのサクソフォーンを聞けるのは幸せである。扇さんの演奏する、谷村新司の『群青』は最高!

    特に、ライトアップされた夜のガーデンプールはひときわ美しく輝く。そんなプールを眺めながら扇さんのサクソフォーンを聞けるのは幸せである。扇さんの演奏する、谷村新司の『群青』は最高!

  • 今日の部屋は15階にあるBタイプの洋室(1502号室)。エクシブらしくエレガントにまとまったツインベッド。

    今日の部屋は15階にあるBタイプの洋室(1502号室)。エクシブらしくエレガントにまとまったツインベッド。

  • エキストラのベッドにもなる大きめのソファーとテーブルセット。

    エキストラのベッドにもなる大きめのソファーとテーブルセット。

  • コンパクトにまとまったデスク周り。

    コンパクトにまとまったデスク周り。

  • Bタイプの部屋はアネックス棟の中では狭い部類に入るが、部屋の横幅全部を使った窓からの鳥羽湾の眺めは絶景である。

    Bタイプの部屋はアネックス棟の中では狭い部類に入るが、部屋の横幅全部を使った窓からの鳥羽湾の眺めは絶景である。

  • 何もせず、ひたすらこの風景を眺めるのもいいものである。

    何もせず、ひたすらこの風景を眺めるのもいいものである。

  • 鳥羽本館とアネックスとの間には大型のシャトルバスが常時運行しているが、私は散歩を兼ねてよく歩いて移動する。鳥羽湾に面したウッドテラスの床が新しくなった。

    鳥羽本館とアネックスとの間には大型のシャトルバスが常時運行しているが、私は散歩を兼ねてよく歩いて移動する。鳥羽湾に面したウッドテラスの床が新しくなった。

  • 私は必ずフィットネスクラブを訪れ軽く汗を流す。ガーデンプールや緑の芝生、そして鳥羽湾を見ながらトレッドミルの上でジョギングすると時を忘れる。

    私は必ずフィットネスクラブを訪れ軽く汗を流す。ガーデンプールや緑の芝生、そして鳥羽湾を見ながらトレッドミルの上でジョギングすると時を忘れる。

  • エクシブ鳥羽本館。エクシブ誕生の第1号として、今年20周年を迎えているがそれ程古さは感じない。

    エクシブ鳥羽本館。エクシブ誕生の第1号として、今年20周年を迎えているがそれ程古さは感じない。

  • 鳥羽本館の前にあるグリーンの芝生と背の高いヤシの木、葉をいっぱいつけたフェニックス。南の国のリゾートのイメージを上手く演出している。

    鳥羽本館の前にあるグリーンの芝生と背の高いヤシの木、葉をいっぱいつけたフェニックス。南の国のリゾートのイメージを上手く演出している。

  • 本館の前のガーデンプール。

    本館の前のガーデンプール。

  • フィットネスクラブで汗を流した後は「テルメゾン」に直行である。ホテル棟とは独立して建てられているため、脱衣所、大浴場、露天風呂、全てが広くゆったりしている。

    フィットネスクラブで汗を流した後は「テルメゾン」に直行である。ホテル棟とは独立して建てられているため、脱衣所、大浴場、露天風呂、全てが広くゆったりしている。

  • 朝食は和食レストラン『海幸』で頂いた。少量多品種で、熟年向けのいい朝食である。<br /><br />私の公式ページ『第二の人生を豊かに―ライター舟橋栄二のホームページ―』に他の旅行記あり。<br />http://www.e-funahashi.jp/<br />

    朝食は和食レストラン『海幸』で頂いた。少量多品種で、熟年向けのいい朝食である。

    私の公式ページ『第二の人生を豊かに―ライター舟橋栄二のホームページ―』に他の旅行記あり。
    http://www.e-funahashi.jp/

この旅行記のタグ

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ピックアップ特集

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

鳥羽(三重) で人気のタグ


PAGE TOP

ピックアップ特集