ゲルニカ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
ビルバオ中心地から約30分離れた「マキシ」というサーフポイントまでたくさんの車で案内してもらうことになった。<br /><br /> 残念ながら岸から見る限り、コンディションは良くなさそうだ。強風が横から入り、ダンパー気味のホレホレの波。でもせっかく来たのだからと思い、たくさんからウェットとボードを貸してもらい、靄がかかって先の見えない海に二人で飛び込んだ。<br /><br /><br /> <br /><br />     やはり波は良くなかった。セットに乗れば確実にダンパーになり、小波はなかなか割れない。見極めが非常に難しく、地元のサーファーでもうまく乗れていないようだった。僕は1時間ほどで諦め、先に海から上がる。<br /><br /> 程なくしてたくさんも上がってきた。「今日はちょっと厳しいね。」残念だが仕方ない。これがサーフィンだ。そのまま海岸線を西に下って、ムンダッカまで案内してもらう。<br /> ムンダッカとは、サーフィンの世界大会WTCが開催される有名ポイントで、去年、C・スレーターが世界チャンピオンを決めた場所である。世界のサーファーが憧れるそのビーチは、保養地のような小さく静かな街の河口にあった。<br /><br /> 今日は比較的波が小さいようだ。セット肩程度。それでも綺麗に巻いていくグーフィーの波は見ていてとても美しかった。「波のある日は頭3つ以上のセットが引切り無しに押し寄せるよ」とたくさんはいう。僕もいつかここの波にも乗れるぐらいサーフィンの腕を上げたいものだ。<br /><br /><br /><br />    その後は、ゲルニカで日本食レストランを営む日本人に会いに行った。彼の名前はユタカさん。彼のお母さんが2年前からこの地でレストランを開業し、その手伝いをするためやって来たのだという。海外で暮らすのが昔からのお母さんの夢だったらしく、世界の様々な街を周って、ゲルニカの街に落ち着いたのだそうだ。近い将来、ここでホテルを建設する計画もあるとのこと。日本人がまったく住んでいないこの小さな街で、新規のビジネスを創り出すバイタリティーには、ただ頭が下がるばかりだった。<br /><br /> 自己紹介を軽く終え、たくさんとユタカさん、そして僕の男3人で近くの公園に遊ぶことになった。<br /><br /> 種目はペロタPelote。<br /><br /> テニスコート大のコンクリートの壁に球をあて、返ってくる球を打ち返して競うスポーツ。バスク地方に古くから伝わる伝統的な競技で、小さな板ラケットを使ったり、皮製のグローブをはめたり、素手でやったりと、ペロタの種類はいろいろあるそうだ。バスク地方ではどの公園にいっても、この競技用の壁が設置されているらしい。<br /><br /> 僕らはテニスラケットを使ってやった。ラケットを握った瞬間、僕は嫌な予感がした。そう、僕は球技に関しては運動ド音痴なのだ。サッカー、野球、テニス、バレー、ビリヤードに至るまで球が関連するスポーツは、昔からまったくダメなのだ。その予感は的中し、僕はサーブすらまともに入れられなかった。ゲームどころか、何処に動いて良いかわからず、ボールを打つ相手の邪魔になってしまう始末。ポイントを多めにもらっても勝負にならない。赤子以前の最弱レベルを露呈してしまった。<br /><br /> バスク地方在住の二人は、疲れ知らずで次々とスマッシュを決めていく。僕のような初心者がいるとはいえ、まったく手を抜かない。表情は真剣そのもので、彼らにとっては遊びではなく競技なのだ。<br /><br /> 僕は、あまりの自分の不甲斐なさにガックリ落ち込んでいた。僕ってここまでダメだったっけ。途中からは脚が縺れて、ボールを追って走ることすら間々ならなくなった。<br /><br /> そんな哀れな僕を見てか、ペロタは終了し、サッカーボールでのリフティング競技へと変わることになった。<br /><br /> 「じゃ、3人でリフティングして10回連続パスして今日は終わりにしよう」とたくさん。<br /><br /> えっ、僕一人で3回以上リフティングできないのに、パスもするなんて大丈夫かな。彼ら二人は地元のチームに所属しているのでサッカーもかなり上手かった。何度やっても、やはり僕のところで、連続回数がストップしてしまう。それでも彼らは諦めない。順番を代えたり、やさしいパスにしてくれたりと、何度も何度もやり直す。上達しない僕はかなりプレッシャーを感じていた。「今日は止めてまた今度!」と気安く言えそうな雰囲気ではない。彼らはコーチのように的確にアドバイスを矢継ぎ早に出す。その表情は先ほどのぺロタ以上に真剣そのもの。さすがにそろそろ決めないとマズイ。僕の体力は、もう限界をとうに超えているのだ。<br /><br /> これでラスト!と思って力を振り絞ったとき、不思議と力が抜けて、うまくパスできた。粉々のパズルが組み合わさるように、10回続けて綺麗なリフティングが完成する。これがチームワークの力なのか。3人とも何かから開放されたように、自然に笑みがこぼれた。<br /><br /> 情熱を持った、たくさんとユタカさん。彼らは出来るまで頑固にやり通す人間だ。彼らは日本人だけど、バスクに住んでから、頑強なバスクの伝統の血が混ざったではなかろうか。少なくとも僕は、バスクに住むという誇りを持った日本人二人をペロタとサッカーを通して、ちょっとだけ垣間見れたような気がする。<br /><br /> そして、僕自身がさっぱり球技がダメだということも改めて認識した。次の日は、案の定、全身筋肉痛となっていた。トイレへ行くのも辛い。「本当にもうダメ!」カンタービレと体が悲鳴を上げているのだ。<br /><br /> 彼らのように根性のない僕は、今日何処へも行けそうにナイ。。。<br /><br />

もうダメ。カンタビーレ@ゲルニカ

1いいね!

2007/05/26 - 2007/05/26

19位(同エリア20件中)

0

0

フーテンの若さん

フーテンの若さんさん

ビルバオ中心地から約30分離れた「マキシ」というサーフポイントまでたくさんの車で案内してもらうことになった。

 残念ながら岸から見る限り、コンディションは良くなさそうだ。強風が横から入り、ダンパー気味のホレホレの波。でもせっかく来たのだからと思い、たくさんからウェットとボードを貸してもらい、靄がかかって先の見えない海に二人で飛び込んだ。




やはり波は良くなかった。セットに乗れば確実にダンパーになり、小波はなかなか割れない。見極めが非常に難しく、地元のサーファーでもうまく乗れていないようだった。僕は1時間ほどで諦め、先に海から上がる。

 程なくしてたくさんも上がってきた。「今日はちょっと厳しいね。」残念だが仕方ない。これがサーフィンだ。そのまま海岸線を西に下って、ムンダッカまで案内してもらう。
 ムンダッカとは、サーフィンの世界大会WTCが開催される有名ポイントで、去年、C・スレーターが世界チャンピオンを決めた場所である。世界のサーファーが憧れるそのビーチは、保養地のような小さく静かな街の河口にあった。

 今日は比較的波が小さいようだ。セット肩程度。それでも綺麗に巻いていくグーフィーの波は見ていてとても美しかった。「波のある日は頭3つ以上のセットが引切り無しに押し寄せるよ」とたくさんはいう。僕もいつかここの波にも乗れるぐらいサーフィンの腕を上げたいものだ。



その後は、ゲルニカで日本食レストランを営む日本人に会いに行った。彼の名前はユタカさん。彼のお母さんが2年前からこの地でレストランを開業し、その手伝いをするためやって来たのだという。海外で暮らすのが昔からのお母さんの夢だったらしく、世界の様々な街を周って、ゲルニカの街に落ち着いたのだそうだ。近い将来、ここでホテルを建設する計画もあるとのこと。日本人がまったく住んでいないこの小さな街で、新規のビジネスを創り出すバイタリティーには、ただ頭が下がるばかりだった。

 自己紹介を軽く終え、たくさんとユタカさん、そして僕の男3人で近くの公園に遊ぶことになった。

 種目はペロタPelote。

 テニスコート大のコンクリートの壁に球をあて、返ってくる球を打ち返して競うスポーツ。バスク地方に古くから伝わる伝統的な競技で、小さな板ラケットを使ったり、皮製のグローブをはめたり、素手でやったりと、ペロタの種類はいろいろあるそうだ。バスク地方ではどの公園にいっても、この競技用の壁が設置されているらしい。

 僕らはテニスラケットを使ってやった。ラケットを握った瞬間、僕は嫌な予感がした。そう、僕は球技に関しては運動ド音痴なのだ。サッカー、野球、テニス、バレー、ビリヤードに至るまで球が関連するスポーツは、昔からまったくダメなのだ。その予感は的中し、僕はサーブすらまともに入れられなかった。ゲームどころか、何処に動いて良いかわからず、ボールを打つ相手の邪魔になってしまう始末。ポイントを多めにもらっても勝負にならない。赤子以前の最弱レベルを露呈してしまった。

 バスク地方在住の二人は、疲れ知らずで次々とスマッシュを決めていく。僕のような初心者がいるとはいえ、まったく手を抜かない。表情は真剣そのもので、彼らにとっては遊びではなく競技なのだ。

 僕は、あまりの自分の不甲斐なさにガックリ落ち込んでいた。僕ってここまでダメだったっけ。途中からは脚が縺れて、ボールを追って走ることすら間々ならなくなった。

 そんな哀れな僕を見てか、ペロタは終了し、サッカーボールでのリフティング競技へと変わることになった。

 「じゃ、3人でリフティングして10回連続パスして今日は終わりにしよう」とたくさん。

 えっ、僕一人で3回以上リフティングできないのに、パスもするなんて大丈夫かな。彼ら二人は地元のチームに所属しているのでサッカーもかなり上手かった。何度やっても、やはり僕のところで、連続回数がストップしてしまう。それでも彼らは諦めない。順番を代えたり、やさしいパスにしてくれたりと、何度も何度もやり直す。上達しない僕はかなりプレッシャーを感じていた。「今日は止めてまた今度!」と気安く言えそうな雰囲気ではない。彼らはコーチのように的確にアドバイスを矢継ぎ早に出す。その表情は先ほどのぺロタ以上に真剣そのもの。さすがにそろそろ決めないとマズイ。僕の体力は、もう限界をとうに超えているのだ。

 これでラスト!と思って力を振り絞ったとき、不思議と力が抜けて、うまくパスできた。粉々のパズルが組み合わさるように、10回続けて綺麗なリフティングが完成する。これがチームワークの力なのか。3人とも何かから開放されたように、自然に笑みがこぼれた。

 情熱を持った、たくさんとユタカさん。彼らは出来るまで頑固にやり通す人間だ。彼らは日本人だけど、バスクに住んでから、頑強なバスクの伝統の血が混ざったではなかろうか。少なくとも僕は、バスクに住むという誇りを持った日本人二人をペロタとサッカーを通して、ちょっとだけ垣間見れたような気がする。

 そして、僕自身がさっぱり球技がダメだということも改めて認識した。次の日は、案の定、全身筋肉痛となっていた。トイレへ行くのも辛い。「本当にもうダメ!」カンタービレと体が悲鳴を上げているのだ。

 彼らのように根性のない僕は、今日何処へも行けそうにナイ。。。

PR

この旅行記のタグ

関連タグ

1いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

スペインで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スペイン最安 322円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スペインの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集