コンゴ共和国旅行記(ブログ) 一覧に戻る
1976年3月0日<br /><br />三月はじめに、主席参事官が交代した。<br />前任者のキニは、次官に転進し、後任にはユマが任命される。<br /><br />キニはフランスびいきと噂され、私が会ったときにも、若い参事官たちに率先して日本人批判を繰り返した人だった。<br />今度就任したユマは、彼ら仲間では数少ない東カサイ州の出身で、ベルギーの大学を出ているそうだ。<br /><br />40歳を少し過ぎた感じで、エリート官僚の匂いはなく、苦労人のように見える。<br />私には初対面から非常に好意的で、「捨てる神あれば拾う神あり」との、ことわざを思い出す。<br /><br />「いちいち事前に約束を取り付けたり、受付を通すようなことなしに、直接ドアをノックしていい」との許可をもらい、週に一度は会いたいものと考えている。<br />この人との意思疎通が、プロジェクトを進める上では、キーポイントと位置づける。<br /><br />数回合ううちに、すっかり打ち解けて、本音の話が出るようになった。<br />「困ったときには、相談相手になって欲しい」と頼んだところ、即座に「ダコール(オーケー)」と答えてくれる。<br /><br />ではと、早速公団内の職員管理の難しさを訴えたところ、空席の総務課長にベテランの候補を探そうと約束してくれた。<br /><br />そのころ、若い参事官たちからの呼び出しと日本人批判は、まだしつこく続いていた。<br />この問題については、「日本人の十分な反省があれば、そのうち何とか解決できる」と、答えてくれた。<br />

キンシャサ日記【401】新らしい主席参事官は良き相談相手

5いいね!

1976/03 - 1976/03

4位(同エリア6件中)

0

5

片瀬貴文

片瀬貴文さん

1976年3月0日

三月はじめに、主席参事官が交代した。
前任者のキニは、次官に転進し、後任にはユマが任命される。

キニはフランスびいきと噂され、私が会ったときにも、若い参事官たちに率先して日本人批判を繰り返した人だった。
今度就任したユマは、彼ら仲間では数少ない東カサイ州の出身で、ベルギーの大学を出ているそうだ。

40歳を少し過ぎた感じで、エリート官僚の匂いはなく、苦労人のように見える。
私には初対面から非常に好意的で、「捨てる神あれば拾う神あり」との、ことわざを思い出す。

「いちいち事前に約束を取り付けたり、受付を通すようなことなしに、直接ドアをノックしていい」との許可をもらい、週に一度は会いたいものと考えている。
この人との意思疎通が、プロジェクトを進める上では、キーポイントと位置づける。

数回合ううちに、すっかり打ち解けて、本音の話が出るようになった。
「困ったときには、相談相手になって欲しい」と頼んだところ、即座に「ダコール(オーケー)」と答えてくれる。

ではと、早速公団内の職員管理の難しさを訴えたところ、空席の総務課長にベテランの候補を探そうと約束してくれた。

そのころ、若い参事官たちからの呼び出しと日本人批判は、まだしつこく続いていた。
この問題については、「日本人の十分な反省があれば、そのうち何とか解決できる」と、答えてくれた。

PR

この旅行記のタグ

5いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集