伊良部島・下地島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 それより何より、この宿が素晴らしかったのは<br />たった6室しかない、おそらく一晩に12人しか泊まらないお客のために<br />スタッフ全員がこの上ないホスピタリティを提供してくれることです。<br /><br /> チェックイン後に、名前を聞かれることは皆無でした。<br /><br /> フロントに電話を入れると名前で呼んでくれるのはもちろんのこと、<br />ランチについてきたコーヒーを<br />「もう要らないから明日に先送りしてキープしといて。」<br />と戯れに言ったまま忘れていると<br />次の日にきちんと覚えていてくれる…。<br /><br />  極めつけはこのサプライズ企画。

続・思う壺Barマダムの伊良部島スーパーホスピタリティ「ヴィラブリゾート」と乗り物好きにサプライズプレゼント「タッチ&ゴー伝説」

4いいね!

2005/11/13 - 2005/11/16

279位(同エリア335件中)

4

24

 それより何より、この宿が素晴らしかったのは
たった6室しかない、おそらく一晩に12人しか泊まらないお客のために
スタッフ全員がこの上ないホスピタリティを提供してくれることです。

 チェックイン後に、名前を聞かれることは皆無でした。

 フロントに電話を入れると名前で呼んでくれるのはもちろんのこと、
ランチについてきたコーヒーを
「もう要らないから明日に先送りしてキープしといて。」
と戯れに言ったまま忘れていると
次の日にきちんと覚えていてくれる…。

  極めつけはこのサプライズ企画。

PR

  •  思う壺riderは、45歳になろうと言うのに<br />いつまで経っても乗り物好きのオトコノコです。<br /><br /> その彼への45歳の誕生日プレゼントとして、<br />彼には黙って伊良部島に隣接する下地島の飛行訓練場に連れて行こうと私はあらかじめ企画していました。<br /><br /> このホテルでは島内観光はどこにでも<br />車で案内してくれるということだったので、<br />下地島にある訓練用空港に、行き先を告げずに案内して欲しいとメールで相談したところ、<br />飛行訓練が何日の何時から行われるかなど調べてきちんと準備をしてくれて、<br />スタッフみんなでアホな乗り物好きオトナコドモへの<br />誕生日サプライズプレゼントに協力してくれたのでありました。<br />

     思う壺riderは、45歳になろうと言うのに
    いつまで経っても乗り物好きのオトコノコです。

     その彼への45歳の誕生日プレゼントとして、
    彼には黙って伊良部島に隣接する下地島の飛行訓練場に連れて行こうと私はあらかじめ企画していました。

     このホテルでは島内観光はどこにでも
    車で案内してくれるということだったので、
    下地島にある訓練用空港に、行き先を告げずに案内して欲しいとメールで相談したところ、
    飛行訓練が何日の何時から行われるかなど調べてきちんと準備をしてくれて、
    スタッフみんなでアホな乗り物好きオトナコドモへの
    誕生日サプライズプレゼントに協力してくれたのでありました。

  •  飛行訓練の行われるのが宿泊3日目だったため、<br />到着してから読んだガイドブックでこのオトコノコは<br />残念ながら、近くに訓練場があることを知ってしまいました。<br /><br /> …が、前2日間のうちに何度飛行場に行ってみても飛ばない飛行機を<br />「タッチ&ゴー伝説や。<br />昔々、たった一度だけタッチ&ゴーが行われたから、<br />村人たちはそれを永遠に伝説として語り継いだんや。」<br />などと勝手な創り話をしながら、実はとてもがっかりしている様子でしたから、<br />十分にサプライズ効果はあったようです。<br /><br />裏話は↓<br />http://ameblo.jp/omoutubo-bar/entry-10006223077.html<br />

     飛行訓練の行われるのが宿泊3日目だったため、
    到着してから読んだガイドブックでこのオトコノコは
    残念ながら、近くに訓練場があることを知ってしまいました。

     …が、前2日間のうちに何度飛行場に行ってみても飛ばない飛行機を
    「タッチ&ゴー伝説や。
    昔々、たった一度だけタッチ&ゴーが行われたから、
    村人たちはそれを永遠に伝説として語り継いだんや。」
    などと勝手な創り話をしながら、実はとてもがっかりしている様子でしたから、
    十分にサプライズ効果はあったようです。

    裏話は↓
    http://ameblo.jp/omoutubo-bar/entry-10006223077.html

  •  そして飛行訓練の行われるサプライズ企画当日には…。

     そして飛行訓練の行われるサプライズ企画当日には…。

  • わざわざ冷たいお絞りや飲み物を詰め込んだ<br />サプライズバッグとともに滑走路の一番端、<br />真上を飛行機が飛んでいくベストポジションまで<br />車で送り届けてくれました。<br /><br /> しかも、ホテルのスタッフを待たせて<br />ご迷惑をかけることなく、<br />オトコノコが何時間でも飛行機を見られるようにと、<br />自転車も持って行きたいと言ったら、<br />私たちが乗る車の後ろから、<br />自転車を積んだトラックが同行。<br /><br /> お待たせして迷惑をかけると思ったことが、かえって裏目に出てしまいました。<br /><br /> がしかし、こんなわがままにも全てYESと答えて<br />いやな顔ひとつせず実現してくれる皆さんのホスピタリティに感謝、感謝です。<br />

    わざわざ冷たいお絞りや飲み物を詰め込んだ
    サプライズバッグとともに滑走路の一番端、
    真上を飛行機が飛んでいくベストポジションまで
    車で送り届けてくれました。

     しかも、ホテルのスタッフを待たせて
    ご迷惑をかけることなく、
    オトコノコが何時間でも飛行機を見られるようにと、
    自転車も持って行きたいと言ったら、
    私たちが乗る車の後ろから、
    自転車を積んだトラックが同行。

     お待たせして迷惑をかけると思ったことが、かえって裏目に出てしまいました。

     がしかし、こんなわがままにも全てYESと答えて
    いやな顔ひとつせず実現してくれる皆さんのホスピタリティに感謝、感謝です。

  •  また、希望すれば料理長が港に魚を仕入れに行くのに同行させてもらえます。

     また、希望すれば料理長が港に魚を仕入れに行くのに同行させてもらえます。

  •  イメージしていた市場とは違って、上がった魚がそのまま足元に放置されている、そのまんまの漁港です。

     イメージしていた市場とは違って、上がった魚がそのまま足元に放置されている、そのまんまの漁港です。

  •  手際のいいお母さんが、魚のうろこと内臓をあっという間に処理していくのに興味津々。

     手際のいいお母さんが、魚のうろこと内臓をあっという間に処理していくのに興味津々。

  •  小さな鰹を茹でて燻製にするナマリブシ工場で試食。

     小さな鰹を茹でて燻製にするナマリブシ工場で試食。

  •  島唯一の真水の井戸のあるサバ沖など、<br />お仕事の邪魔にならないかと心配しつつも、料理長が快く案内してくださるのに連れられて島内を一周することができました。<br />

     島唯一の真水の井戸のあるサバ沖など、
    お仕事の邪魔にならないかと心配しつつも、料理長が快く案内してくださるのに連れられて島内を一周することができました。

  •  スーパーホスピタリティはまだまだ続きます。<br /><br /> 部屋で持ち込んだPCを使おうとしたら、電話回線。<br />日に数百通のメールが来てしまう私のメールは電話回線だと途中で切れてしまって受信することが不可能です。<br />それを相談すると、今度は出てきたのが宿のオーナー。<br /><br /><br /> ホテル内の通信環境は十分なものではないからと、<br />なんとオーナーのご自宅に車で連れて行ってもらってPC受信。<br />ここまで親切にしていただけるとは、またまた感謝。

     スーパーホスピタリティはまだまだ続きます。

     部屋で持ち込んだPCを使おうとしたら、電話回線。
    日に数百通のメールが来てしまう私のメールは電話回線だと途中で切れてしまって受信することが不可能です。
    それを相談すると、今度は出てきたのが宿のオーナー。


     ホテル内の通信環境は十分なものではないからと、
    なんとオーナーのご自宅に車で連れて行ってもらってPC受信。
    ここまで親切にしていただけるとは、またまた感謝。

  •  とにもかくにもオーナー、料理人、宿のスタッフ全員総出で、心からもてなしていただいていると実感できる<br />本当に気持ちのいい宿でした。<br /><br /> ダイビングができなくとも<br />楽しいアクティビティが充実していて、<br />おかげで今回は持って行った本は1冊しか読めませんでした。<br /><br /> ということで、このホテルのスーパーホスピタリティを象徴するプライベートプール脇でいただくカットフルーツとワイン。<br />まるで天国です。<br /><br /> ちなみに、この写真のカットフルーツは…。

     とにもかくにもオーナー、料理人、宿のスタッフ全員総出で、心からもてなしていただいていると実感できる
    本当に気持ちのいい宿でした。

     ダイビングができなくとも
    楽しいアクティビティが充実していて、
    おかげで今回は持って行った本は1冊しか読めませんでした。

     ということで、このホテルのスーパーホスピタリティを象徴するプライベートプール脇でいただくカットフルーツとワイン。
    まるで天国です。

     ちなみに、この写真のカットフルーツは…。

  •  お部屋に届けられたフルーツだったのですが<br />またまた誰かに食べられてしまった…。<br /><br /> 前号のあらすじは、「五足のくつ」にて幻と消えたばちこ炙りをご参照ください。

     お部屋に届けられたフルーツだったのですが
    またまた誰かに食べられてしまった…。

     前号のあらすじは、「五足のくつ」にて幻と消えたばちこ炙りをご参照ください。

  •  野鳥に食べられたと思われる部分を除いて、よーく冷えたカットフルーツがお部屋に届きました。

     野鳥に食べられたと思われる部分を除いて、よーく冷えたカットフルーツがお部屋に届きました。

  •  さて少し趣を変えて、島内サイクリングのご案内です。<br /><br />「でっかいどー」みたいにまっすぐな道を通る車も人もほとんどありません。<br />両脇はサトウキビ畑。

     さて少し趣を変えて、島内サイクリングのご案内です。

    「でっかいどー」みたいにまっすぐな道を通る車も人もほとんどありません。
    両脇はサトウキビ畑。

  •  渡口の浜。<br />青い海、白い砂浜…という平凡な言葉しか出てこないけれど、だってそれが本当なんですから。

     渡口の浜。
    青い海、白い砂浜…という平凡な言葉しか出てこないけれど、だってそれが本当なんですから。

  •  真ん中の蝶の羽のような形の白いものは、蟹。<br />白い砂浜に生息する蟹はみごとに真っ白で、砂浜模様がありました。

     真ん中の蝶の羽のような形の白いものは、蟹。
    白い砂浜に生息する蟹はみごとに真っ白で、砂浜模様がありました。

  • サギが道路脇にとまっていました。

    サギが道路脇にとまっていました。

  • 地元では、<br />スッガーナとか…。

    地元では、
    スッガーナとか…。

  •  ッスガーナとか、呼ぶそうですが、<br />これってほんとに見分けて呼び分けてる??<br /><br />…なんかウソっぽい…。<br />

     ッスガーナとか、呼ぶそうですが、
    これってほんとに見分けて呼び分けてる??

    …なんかウソっぽい…。

  • マングローブ、初めて見ました。

    マングローブ、初めて見ました。

  • 佐和田の浜。

    佐和田の浜。

  •  さてサイクリングから帰ってホテルのメインダイニングにて。<br /><br /> 食事はいたっておおらかですが、<br />気の優しい料理長が、生きているのを仕入れてくれたイシミーバイを刺身に。

     さてサイクリングから帰ってホテルのメインダイニングにて。

     食事はいたっておおらかですが、
    気の優しい料理長が、生きているのを仕入れてくれたイシミーバイを刺身に。

  • ヤコウ貝は刺身と酒蒸しに。<br /><br />お料理の詳しいことは↓<br /><br />http://ameblo.jp/omoutubo-bar/entry-10006222628.html

    ヤコウ貝は刺身と酒蒸しに。

    お料理の詳しいことは↓

    http://ameblo.jp/omoutubo-bar/entry-10006222628.html

  •  ちなみに05年11月13日は選挙とのことで、宮古島の港近くにあった選挙ポスター。<br /><br /> よく見ると、大書きされているのはファーストネーム。<br />だって苗字はみんな一緒なんですもん。<br /><br /><br /><br />  宿にこだわるコミュニティ「本物の高級宿を楽しむ」を立ち上げました。<br />よろしかったら、情報交換しましょう。<br /><br />http://4travel.jp/community/main/10000186/<br />

     ちなみに05年11月13日は選挙とのことで、宮古島の港近くにあった選挙ポスター。

     よく見ると、大書きされているのはファーストネーム。
    だって苗字はみんな一緒なんですもん。



    宿にこだわるコミュニティ「本物の高級宿を楽しむ」を立ち上げました。
    よろしかったら、情報交換しましょう。

    http://4travel.jp/community/main/10000186/

この旅行記のタグ

4いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • プルミエ フィグエさん 2006/11/27 06:13:41
    初めまして♪
    こんにちは。
    初めてお邪魔させていただきました。
    プルミエ フィグエと申します。

    素敵な旅行先が目白押しでしたが、
    このヴィラブリゾートは、これまでノンチェックでした。
    情報ありがとうございます!

    国内に老舗旅館並みのホスピタリティを持つリゾートホテルが
    できると嬉しくなっちゃいます♪
    というわけで、早速ホテルのHPをブックマークしました!
    ひとつ気になったのがお部屋の広さ。
    40平米と案内されていたのですが、
    ヴィラの割には狭い感じですか?
    でもバルコニーは広そう……。
    実際の居心地はどんな感じでしたか?
    お暇なときに、ぜひ教えてくださいませ。

    またお邪魔させていただきます!

    プルミエ フィグエ

    プルミエ フィグエさん からの返信 2006/11/27 06:23:11
    RE: 初めまして♪
    すいません、いきなり自己レスです。
    もうひとつのヴィラブリゾートの旅行記を拝見したら、
    お部屋の感想も、リビングが小さめな訳も、
    しっかりレポートされてました。
    ごめんなさい。。。
    お部屋で待ったりするのが好きなので、
    気候のいい時期に、ぜひ行ってみたいです♪
    (お騒がせしました〜)

    miu

    miuさん からの返信 2006/11/27 06:58:23
    RE: 初めまして♪
    プルミエ フィグエさん、はじめまして。

     ヴィラブリゾートはとてもいいホテルでしたよ。
    建蔽率の関係でお部屋がとても狭い分、実際には広い庭がそのまんま
    リビングみたいなものですから、天気が悪いと辛いかも。
    ぜひとも、晴れる季節に行ってください。

     ただ、食事は期待しないで。
    もともと南の色とりどりの魚ですから、新鮮でも身は締りのない感じですし、料理人さんはダイビング好きの気のいいお兄さん。
    (交代していても、きっと同じような方です。オーナーが、「こんな島まで来てくれる料理人を探すだけで一苦労。こちらから選ぶのはムリ。」と嘆いていたくらい。)

     タッチ&ゴーも、飛行機オタクでなくとも、珍しいので楽しめます。
    ただ、訓練自体が月に数日しか行われないらしいので、
    それを楽しみに行くなら、先にスケジュールを確認してから行ってください。

     もし、国内の素敵な宿に泊まるのが趣味なら、どうぞ「本物の高級宿を楽しむ」コミュにもご参加の上、なんでも書いちゃってくださいね。
    待ってます♪
  • ウサギさん 2005/11/18 22:29:25
    ヴィラブリゾート・・・
    miuさん、こんばんは。
    さっそく拝見しました。

    伊良部島からも下地島のタッチ&ゴーも見られるんですね。
    飛行機(ちょっぴり)マニアにはたまらないです。

    ヴィラブリゾートのホスピタリティは、沖縄ならではという印象を受けました。
    わたしも沖縄は大好きで何度も行っているのですが、
    フレンドリーで、何か困っていればこちらがびっくりするくらいのケアをしてくれる人が多いように思います。
    よその土地から来た客を全力で歓迎してくれるような。

    あー、行きたいところがまた増えて困ります。
    ステキな旅行記、ありがとうございました♪

    おやすみなさい★


miuさんのトラベラーページ

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集