旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

サンヤー マリオット ヤーロン ベイ リゾート & スパ Sanya Marriott Yalong Bay Resort & Spa

ホテルランク ホテル予約サイト各社から提供された情報の平均値をフォートラベル独自の評価として表示しております。
ホテルの品質を保証するものではありませんのでご注意ください。
三亜

みんなの満足度 実際に宿泊されたトラベラーのクチコミ評価をもとに、クチコミ総合評価として表示しております。
3.45 クチコミを見る(12件)

設備・サービスの特徴

設備・サービス一覧
  • 日本語スタッフ
  • 空港送迎
  • 無料Wi-Fi
  • 両替サービス
  • 空港送迎
  • プール
  • コインランドリー
  • バー・ラウンジ
2
ホテル満足度ランキング
三亜 ホテル(200件中)
3.45
ロケーション
4.32
コストパフォーマンス
4.32
サービス
3.46
客室
4.46
バスルーム
3.18
  • 幼児と小学校低学年向けのファミリーにオススメ

    4.5旅行時期:2023/01 (約1年前)
    くりぴょん

    くりぴょんさん

    男性/三亜のクチコミ:2件

    ■立地:
     ヤーロン湾の中心で、リゾートホテル街の中心部。空港からは、白タクシー(配車アプリ手配)で65元程度で45分ぐらい。空港でタクシースタンドがなく、白タクの客引きが多いのが気になる。空港からリゾートにも直通のバスがありそうだが、本数は不明。砂浜は隣接のホテル(シェラトン、リッツ・カールトン他)と共有で、各ホテルのプールにも制限なく行き来できる。

    ■近隣アトラクション
     チェックイン時に野外アクティビティの入場券をもらったが、リゾートから1時間以上離れている場所で不便。往復のバスはついている。基本的にリゾート内でのんびりするのがオススメ。隣接してレストラン街とスーパーがあるので、長期滞在でも不便はない。
    ■部屋
     海が見える部屋の方が良い。エントランス側は駐車場が見えている。海が見えなくても、敷地のプールが見えるぐらいなら良かったが、ベランダでのんびりするには不十分。
    ■食事
     通常のビュッフェ。洋食・中華が一通りあって高級ではないが、特に不満はない。日本食は海苔巻のみ。
    ■アメニティ
     部屋に子供用のストロー付きのカップがあるが有料(60元程度)。Mのシールが貼ってあるものは有料なので注意。サンダルは部屋についているが、持ち帰り用ではない。コーヒーは、インスタントのみ。
    ■ホスピタリティ
     キッズセンターが有り、毎日インストラクター2名がついている。アーチェリーやゴルフなど、お土産のポケモンのキーホルダーもあり、子供の満足度高い。卓球やボードサッカー、プレイグラウンド、子ども用プール(真夏でないと水温が低くて入れない)、ゴーカート場などがあり、幼児と小学校低学年は数日間十分楽しめる。プールも複数の高低差、場所で区切られており、のんびりできる。マリオットのプラチナステータスだと、プール遊具やウェルカムケーキ、ドリンク(フロントのカフェで提供)が無料になるのは良かった。
  • 亜龍湾の最もいい場所にあり

    4.0旅行時期:2017/05 (約7年前)
    てるてる55

    てるてる55さん

    女性/三亜のクチコミ:1件

    海南島、三亜で最も美しいビーチのあるといわれる亜龍湾の一番いい場所にあります。比較的前にできたので、建物は少し古くなっていますが、館内はまだまだきれいです。8088のグランドスイートに宿泊しました。この部屋は眺望がすばらしくベランダが2ちもあって、270度の角度で景色が見え、最高です。ただバスルームは平凡で開放感がありません。
  • 中国海南島の三亜の亜龍湾にあるマリオット

    4.5旅行時期:2012/01 (約12年前)
    えぞりす8

    えぞりす8さん

    女性/三亜のクチコミ:1件

    三亜では一番美しい海岸がある亜龍湾の真ん中にあり、絶好のロケーションでした。8階にあるグランドスイートに泊まりましたが、なんと3つもバルコニーがあって、すべての方向に海が見渡せて、絶景でした。1階に入っている広東料理の店も、豪華で見た目もきれいな広東料理で非常に安くてかつ美味しかったです。ロビーも夕方になると歌手が歌をうたってくれ、なかなかロマンチックでした。
  • 海南島の最高のホテル!

    4.5旅行時期:2011/09 (約13年前)
    ちっぷチップ

    ちっぷチップさん

    女性/三亜のクチコミ:6件

    8030号のグランドスイートに泊まりました。このホテルには3つのグランドスイートがあって、確か、8001、8331?、8030だったと思います。どれも間取りは同じですが、8331が一番、眺望がよく、8001は若干、山側に向いているため眺望が良くないです。このスイートはなんと3つのバルコニーがあり、バルコニーには、アンブレラ付きのテーブルがあり、朝ここで、2人きりのブレークファストを食べると本当に気持ちいいです。1階のレストランは美味しいのですが、子供がうるさくてたまらないですからね。
  • 海南島で最もコストパフォーマンスがいい!

    5.0旅行時期:2011/09 (約13年前)
    こりくん

    こりくんさん

    女性/三亜のクチコミ:2件

    ちょうど行ったときにキャンペーンをやっていて、通常4000元(日本円で5万円)はするスイートが2500元(日本円で3万円)に値下げしていたので、泊まってみました。ロケーションも最高で亜龍湾の真ん中にありますので、ホテルの部屋から見る景色は最高です。特に朝、部屋のテラスに机を出して食べた朝食は最高の味わいでした。
  • 三亜最上級のホテル

    4.5旅行時期:2011/07 (約13年前)
    ぷくちゃん88

    ぷくちゃん88さん

    男性/三亜のクチコミ:6件

    海南島はやっぱりいいですね。中でも、一番いいのは、三亜の亜龍湾ですね。亜龍湾でも最もいいのは、やはりこのマリオットのスイートですね、広々とした最上階8階にある部屋からは、はるかに三亜の海岸が眺められ、朝起きたときは、さざ波の音がなんとも心地よいです。最近は、フロントに日本人スタッフもいてなかなかサービスも向上しています。
  • 三亜リゾートのマリオット

    4.5旅行時期:2011/04 (約13年前)
    りすくん88

    りすくん88さん

    男性/三亜のクチコミ:13件

    中国海南島の三亜リゾートの亜龍湾のほぼ真ん中にあります。8階建ての広大なホテルで、庭にはたくさんのプールがあり、その先には白いビーチがあり、綺麗な海をみながらゆっくりくつろげます。8階のコーナーにあるスイートに泊まりましたが、なんとバルコニーが3つもあって、海が四方にわたって眺められ、本当に景観のよい部屋でした。
  • 亜龍湾のマリオット

    5.0旅行時期:2011/03 (約13年前)
    ぺんぎん888

    ぺんぎん888さん

    女性/三亜のクチコミ:4件

    中国海南島の三亜では最も美しい亜龍湾の真ん中に位置し、ロケーションは抜群です。是非、このホテルでは海側の部屋に泊まりたいですね。三亜の海はモルディブなど超一級の海ほどはきれいではないですが、かなりきれいですので、朝起きた時、バルコニーから海を眺めると本当にきれいです。1階にある中華はなかなか海鮮を主体においしいレストランです。私が行った時は、日本人スタッフもいて安心でした。
  • 海南島のマリオット

    4.5旅行時期:2011/01 (約13年前)
    しまりす

    しまりすさん

    男性/三亜のクチコミ:13件

    海南島の亜龍湾の真ん中にあるマリオットホテルです。海南島ではやはり亜龍湾が一番ビーチがきれいで、砂も白いです。ホテルの前面には無数のプールがあり、楽しめます。海は外洋に面しているので、波は高いし遠浅ではないので泳ぐには自信がいります。8階の隅にあるグランドスイートに泊まりましたが、この部屋はベランダが2つもついていて、270度に海が見え、最高の景色です。ホテルには3つスイートがあります。
  • プール・レストラン!設備の充実したホテル

    4.0旅行時期:2010/08 (約14年前)
    saoritty

    saorittyさん

    女性/三亜のクチコミ:1件

    ちょうど雨季のころに宿泊しました。連日の雨のためほぼホテル内とプールで過ごしました。ホテルの部屋は明るい色使いで、バスルームがとても広く別にシャワーブースがありました。バスソルトなどのアメニティも充実していました。ホテルの中のレストランはベトナム料理に行きましたが値段もお手ごろでおいしかったです。プールはゆっくりできる東屋が多数あり雨が降っていても楽しむことができました。

1件目~10件目を表示(全12件中)

サンヤー マリオット ヤーロン ベイ リゾート & スパのプラン予約・料金比較

チェックイン
チェックアウト
部屋数 予約する部屋数を設定できます。
「1部屋あたりの人数」で指定した人数が各部屋ごとに割り当てられます。
1部屋あたりの人数
大人 子ども

プランを検索しています…

ローディング

loading...

このページのトップへ