旅行のクチコミと比較サイト フォートラベル

オークランド 旅行記(ブログ) 一覧に戻る

オークランド人気旅行記ランキング207位(735件中)

ニュージーランド(北島) キャンパーバンの旅

関連タグ

    旅行時期 2016/05/01 - 2016/05/06 (2016/06/05投稿

    かつてから念願だった、ニュージーランド(北島)へ。

    オークランドでキャンパーバンを借りての
    チープトリップwithオクサーン。

    総走行距離:1,075km
    費用:一人当り15万円弱


    キャンパーバン レンタル編はこちら ↓
    http://4travel.jp/travelogue/11129493


    毎日、200-300km移動して、
    日暮れ前にホリデーパーク(キャンプ場)にイン。
    町のスーパーで食材を買い、パーク内のキッチンで料理し、そこで食べる。
    自然と文化を経験してきた。

    総走行距離:1,075km
    費用:一人当り15万円弱


    ________________________

    【行程】
    5/1 オークランド市内 アパート泊
    5/2  ロトルア ブルーレイクホリデーパーク泊
    5/3  タウポ  ホリデーパーク泊
    5/4  ワイトモ ホリデーパーク泊
    5/5  マンガヌイ ビーチサイドホリデーパーク泊
    5/6  オークランド発


    【費用】
    ・中国南方航空往復:96,000円/1人
    ・キャンパーバン5日間:39,000円
    ・Road User Charge:5,500円/1,075km
    ・食費2人分:140$(約10,500円)
    ・パーク宿泊費:13,400円/4泊
    ・給油3回: 8,300円/112L diesel
    ・admission:
      ワイマング渓谷 37$/人
      オークランドZOO 28$/人
      ワイトモGLOWWARM cave 49$/人
    ・SKYBUS:往復28$/人
    ・MOTOLINKBUS:往復9$/人
    (レートは1NZ$=76円で計算)

    写真 89枚

    交通手段 : 
    エリア:
    ニュージーランド > オークランド
    エリアの満足度:
    5.0
    • 撮影場所の地図

      早朝、オークランド着。初NZ

      関空から18時間。
      中国南方航空にて、広州〜オークランド着。

    • 走行したルート。

    • 1泊目:オークランド
      2泊目:ロトルア
      3泊目:タウポ
      4泊目:ワイトモ
      5泊目:マウントマウンガヌイ

    • 撮影場所の地図

      【1泊目】
      1泊目のみホテル、というかアパート泊。

      「Barclay Suites」
      http://www.barclaysuites.co.nz/

      空港からバスで移動。
      クイーンズst.のバス停からも近く、スーパーも近くて便利。

      入口が判りにくいが、事前にGOOGLEMAPのストビューでチェックしてたので問題なし。
      フロントの対応も良い。
      この日は満室でアーリーチェックインできず。
      荷物を預けて街へでた。

      部屋は広く、キッチン用品、レンジ、洗濯機、ドライヤーなんでも揃ってる。
      連泊するならオススメ。
      ホテルサイトから直接予約でFREE WIFIとのことだが、
      まぁつながらなかったね。そこだけが残念。

    • 撮影場所の地図

      長旅のあとは、熱めのシャワー、
      そして、広いベッドでぐっすり寝る!

      実感した。

    • 早朝の街へ。

    • 撮影場所の地図

      とりあえず、港の方をブラブラ。

    • 「帆の街」と言われるだけに、クルーザーは多い。

      そして、綺麗!

    • フィッシュマーケットの端の方でランチ

    • 撮影場所の地図

      フィッシュ&チップス

    • 海老の天ぷら寿司だ。(笑

    • オークランドZoo

      市内からバスで20分ぐらい。
      バス乗り場はBritomart駅、とのことだが、
      駅周辺が工事中でバス乗り場が変わってる
      バスのドライバーに聞いても的を得ない返事。

      結局、Hobson St.のバス停の行先案内板に「ZOO」をみつけ、それに乗った。


    • 撮影場所の地図

      バス停からZOO入口までこの道を200mほど。

      となりの輸送技術博物館(MOTAT)の電車がZOO前を走っていく。

    • 園内は広く、
      国のシンボル、飛べない鳥「KIWI」も見れた。

      夜行性で真っ暗な部屋なので、写真撮れず。
      結構でかくて動きが速いのは意外。

      ホッピングがかわいい鳥さんの画像↓
      https://youtu.be/ymTHPSoLecI

    • 撮影場所の地図

      けど、落ち着きがない(笑

    • 撮影場所の地図

      こうやって、手が届くような低い柵。
      海外の動物園ならでは。

    • 撮影場所の地図

      オークランドはNZ最大の都市、とのことだけど、
      街中は人が少なく、ガラーンとした印象。

      一番の繁華街、クイーンズストリートも人が少ない。

    • アパートの部屋から

    • 撮影場所の地図

      翌朝。
      キャンパーバンを借りるため、いったん空港へ戻る。

      空港行きのバス(SKYBUS)の乗り場が判りにくい。
      ホテル近くのここ。Hobson St.のデニーズ向かい側にバス停がある。

      最初にきたバスは手を挙げたのに、なぜか?スルー。
      一緒に待ってたおねぃちゃんと肩をすくめて「なんで(`△´?)」ってね。

      道路にスーツケースを置いて、「ここに待ってる」をアピール! 
      次のバスはちゃんと止まった。
      また一つ賢くなった(笑


      このバス、
      市内でピックアップするのは小型のバスで、
      街を出たところで全員、大きいバスに乗り換えた。

    • キャンパーバンをレンタルし、オークランド市内を出る。

      キャンパーバン レンタル編はこちら ↓
      http://4travel.jp/travelogue/11129493

      田舎道の制限速度は100km/h、
      ほぼ、ずーっとこんな感じの景色。

      とにかく緑がたくさん、羊や牛もたくさん(笑

    • シープドッグと連携して、
      バイクで羊の群れを追いかけている。

      全方位が緑色。
      雄大な景色が延々・・・続く。

    • 撮影場所の地図

      スーパーで買いだし。
      NZのスーパーは、ほぼパックンセーブに行ってた。
      安いから(笑

      他にスーパーは
      COUNT DOWN や、
      NEW WORLD(やや高め)がある。

    • 撮影場所の地図

      物価はほぼ日本と同じ。

      肉、バター、ヨーグルト、ムール貝、ポテトは安い。
      (オクさーん談)

    • パイは安い。

    • 撮影場所の地図

      【2泊目】
      ブルーレイクTOP10ホリデーパーク

      ロトルアの街から約10km。
      あえて街から離れた静かな場所にした。

      夜は静まり返っていて、星がとっても綺麗!!
      空を見上げて「わぁー!」って鳥肌がたつぐらいに。

    • 撮影場所の地図

      ベッドモードにする。

      大人2人なら十分寝れる広さ。

    • 暗くなると、野生のウサギが場内を駆け回ってる。

    • キッチンにて。

      ロコのご夫婦。
      結構、凝ったお料理をされてました。

      「どこから来たの?私達はここにステイ3日目よ。今日は山で山菜を取ってきたから味見してみる?」ってね。


    • そのご夫婦の朝食風景。
      ずいぶん長く旅してる感じ。

      毎朝、外のベンチで鳥の声を聴きながら♪かぁ。
      いいなぁ。

    • 共同の洗面。

      皆な綺麗に使ってる。

      女性用はほぼドライヤーが付いてたようだが、
      男性用はない所もあり。

    • シャワールーム。

      クロックスサンダルと足ふきタオルは必須。
      AUでのキャンプの経験から、今回は持参してきた。

      ちなみに、
      NZの入国申請欄に「靴類」の項目があるので、「あり」にチェックした。
      「靴類ってどんなもの?」聞かれたが、
      「サンダルだ。だけど綺麗だ」と答えて通過。
      現地で廃棄、を前提にボロイのを持って行ったが、泥がついてなければOK。

    • 当然、ウォシュレットはないが、どこも綺麗です。

    • 参考までに、、、。
      ロッジはこんな感じ。

      どこのホリデーパークにもロッジはある。
      大型のキャンパーバンを運転するのはちょっと・・。
      という方には小型車で行ってロッジに泊まる方法もあり。

      実際に、セダンで来てる女子のグループを何組か見ました。

    • 空いてるロッジを撮影させてもらった


    • 朝ご飯。

      毎日しっかり食べてトレッキングに備える。

    • ロトルア湖近くのレッドウッドパークをトレッキング。
      ショートコースで約45分。

      ここはおすすめ!


    • 日本にはないクラスの巨木がゴロゴロ立ってる。

      ひっそりと長寿の木が建っていて
      「本当にその辺からホビットが出てきそうだね」
      「やぁ!」ってね。

    • ワイマング国立公園(Waimangu Volcanic Valley)へ。
      受付への入口

      ロトルアの街から南下、車で30分ほど

    • ワイマング国立公園のトレッキングコース入場料。
      大人37$/人

      片道約2時間ってところかな。
      帰りはバスに乗って戻ってくるコース。

    • 川沿いのルートを歩く。
      いたるところに湯気が出ていて、
      熱い空気が流れてきたり、熱帯のシダが生えてたりする。
      歩いていて楽しい。

    • 湖全体が熱い温泉。
      その名も、フライパン湖。(Frying Pan Lake)

    • 川からもボコボコ・・

    • 当然、熱い(笑

    • ブルーの湖の辺りでコースが2つに分かれている。
      川沿いか、山の方か。

      山の方にいった→結構ハードだった。
      終点のロトマハナ湖につく頃には無口に(笑

      コースの途中にトイレが一か所あり、
      途中でもバスにピックアップしてもらえる。

    • ロトルア → タウポへ移動

    • 【3泊目】
      タウポTOP10ホリデーパーク。
      タウポの街はずれにある。

      I'd like to stay at the power-site for tonight, 2 persons.
      but Do you have any vacancy ?
      「今晩、パワー(電源付き)サイトは空いてるか?」

      毎日、予約なしの飛び込み。
      5月はオフシーズンだから空いている。
      どこのパークでもトイレやキッチン棟に近いサイトを言ってくれる。

      ここの設備はかなり充実していた。
      ホリデーパークは入口にゲートが付いていて、ここは暗証番号を入力するタイプ。

    • パーク内も秋色がとても美しい。

    • キッチン、右奥がシャワールーム棟。

      綺麗で使いやすい。

    • キッチンにて

    • NZはムール貝がかなり安い。

      オクサーンが持ってきた醤油と現地のスーパーで買ったバターで、
      バター醤油煮込み。

      出汁が最高!
      ぷりっぷりの身がチョー美味しかった!!

    • 撮影場所の地図

      パーク内の広大なプール、38℃のジャクージ。
      無料、夜9時まで。

      オクサーンと二人で貸切(笑

    • 朝ごはんの時にランチ用のサンドイッチを作る。

      それをリュックに入れてトレッキングに持っていく。

    • タウポのフカ滝までのトレッキングコース。

      スパ・サーマルパークに車を停め、
      そこから往復8km。

      滝まで途中にトイレはない。

    • 自然の温泉。

      バックパッカーのおねぃちゃん?がフツーに入ってる。
      水流があって、気持ちよさそうだ。

    • 川沿いの景色はすばらしい。

      対岸に見えたキャンプ場、
      この景色とちゃんとした施設で無料だなんて。
      日本じゃありえない。

    • フカ滝。 アイスブルーでかなりの水量だ。

      「流れが強すぎて、溯上して産卵ができない。
      だから下流のタウポ湖にウナギなどがいない」

      と、看板に。

    • 8千円ほど払えばあの船に乗れるが、
      乗らない(笑

    • 滝から少し上流側の橋。

      「乱流の渦で岩が削れ、滝は年々上流へ移動してる。
      いずれこの橋の下に滝が・・?」

      と案内看板に。

    • フカ滝でトイレを借り(50セント)、
      帰りものんびりトコトコ。

    • タウポから南下し、トンガリロ国立公園をぐるっと回る。

      約200kmほどの走行。

    • トンガリロの山。
      ここの道は「デザートロード」、名前通りの荒廃とした景色。

      富士山そっくりの山が見えてくる。
      ここはラストサムライのロケ地だ。
      トムクルーズ、渡辺謙もここにきたのかぁ。



    • 撮影場所の地図

      【4泊目】
      ワイトモTOP10ホリデーパーク

    • 撮影場所の地図

      キッチン。

      ここの設備は全てが小規模だった。
      WIFIは120MBまで無料。
      小さい温水ジャクージもあり。

    • 翌朝。
      ワイトモGLOWWARM caveへ。 49$/人

      レンタルバン(Blitz)の契約書に、
      ここの入場が無料と書いてあるのを見逃さなかった。
      受付で申請してドライバー1名のみ入場無料になった。

      鍾乳洞の見学(ガイド説明付き)と、ボートに乗ってホタルの見学ができる。
      ガイドはもちろん全て英語。

    • シーンとして真っ暗な中、
      ガイドさんがロープを手で引っ張ってボートを動かしていく。

      ぽちゃん。 ぽちゃん。 と、しずくの落ちる音が響く。

      天井にはたくさんのワームが放つ光。
      ラピュタの地下洞窟、
      「飛行石じゃ〜」のシーンそのまんまの感動的な空間だ。

    • 【5泊目】
      マウントマウンガヌイ(Mt.Maunganui)ビーチサイドホリデーパーク。

      ベイ・オブ・プレンティにある。

    • 海に向かって山が突き出した、江の島のような所。
      ここの付け根にパークはある。

      ちなみに、
      このビーチサイドタウンはリタイヤしたニュージー達が憧れる、永住したい場所らしい。
      さながら葉山、湘南って所か。

    • 1泊37$/2人

      ピークシーズンの場合は約30$アップする。
      場所柄、人気の所なんだろうな。

      パークの隣にホットプール(有料)あり

    • 目の前がトレッキングコース!

      街の特等席にパークがあるなんて!
      できるなら連泊したい。

    • パークの裏山。

      ここにもいっぱい(笑
      なんていいところなんだ。

    • キッチンはすごーく広い

    • キッチンに置いてあった、このフルーツ。
      帰国後に調べたら、「フェイジョア」っていうらしい。

      甘酸っぱさと、プルメリアぽい香りが鼻を抜けていく。
      とってもおいしい!
      NZLはキウィ長者が有名で、億万長者がたくさんいる。
      フェイジョアをははやらせれば長者になれる予感。

    • 夜。街を散策。

      こじんまりした街だけど、
      住みやすいって感じだなぁ。

    • 最終日の朝。

      気持ち良い朝日!

    • 帰国前に軽量化。

      オクサーンが日本から持ってきたキャンプ用の品々を、
      共同キッチンに置いてきた。

      「FREE! JAPAN QUALITY」

      さりげなく日本の宣伝も(笑
      20分後に殆ど無くなってた。

    • ベッドモードをリビングモードに戻して、車内を清掃。

      オークランドへ戻り、
      ガス満にして15時までに車を返した。
      レンタカー会社のトイレでシャワー浴びて空港へ。



    • 帰りの飛行機は爆睡だった。

      この旅で経験値が一つ上がった。
      もう40才半ばだけど(笑

    • 撮影場所の地図

      自分みやげはKIWIのプレート。(右上)

      帰国後、早速ガレージに飾った。
      いろんな記憶がここでよみがえってくる。

      そして、次に行きたい所を妄想するのだ。


    • また 会おうね。

    • おまけ。
      以下、「自己責任」の情報

      関空からの帰りの電車にて、
      そういえば・・・?
      「ここは有料道路だ。あなたのナンバーはカメラで撮って記録される」という看板を見たような気がして、調べてみた。

      マウントマウンガヌイへのこのルート、
      やはり有料で、放置してると罰金40$+レンタカー会社の手数料を払わなければならないようだ。

    • NZ Transport Agency のサイトにて。
      https://tollingonline.nzta.govt.nz/#/purchasetrips/prerequisites

      車のナンバーを入力すると、通った道と通行料が表示される。
      で、カード情報を入力してネットでお支払い。

      たった1.8$をね(笑

    • 支払い完了。
      便利だ・・ん?便利?

      有料道路ながら、ETCのようなゲートはなにもない。
      その場で支払うのが便利なのか、
      ネットで支払うのが便利なのか・・



    オークランド人気旅行記ランキング207位(735件中)

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。問題のある投稿を連絡する

    出発前のあなた!ネットの準備は大丈夫?

    ニュージーランド旅行前にWi-Fiルーターのレンタルはお済みですか?「フォートラベル GLOBAL WiFi」なら860円/日~の定額料金で、さらにマイルに交換できるポイントもたまります!

    Wi-Fiについてもっと見る

    フォートラベル GLOBAL WiFi

    内容が近い旅行記

    このエリアの旅行記一覧へ

    このエリアのホテル

    オークランド ホテル一覧へ

    JI-GEN☆さん

    JI-GEN☆さん 写真

    海外10カ国渡航

    国内11都道府県訪問

    写真 | QA掲示板 | 行ってきます | 掲示板 | コミュニティ | 行きたい

    この旅行記の地図

    拡大する


    ピックアップ特集

    閉じる