富士見旅行記(ブログ) 一覧に戻る
すずらんの花畑を見たくて、日帰り旅を計画。<br />ネットですずらん見頃情報や天気予報をチェックしながら2日前に列車の切符を購入。<br />疲れたけど楽しい一日になりました!

すずらん見頃の入笠山へ日帰り旅

50いいね!

2024/06/04 - 2024/06/04

19位(同エリア211件中)

4

55

luna

lunaさん

この旅行記スケジュールを元に

すずらんの花畑を見たくて、日帰り旅を計画。
ネットですずらん見頃情報や天気予報をチェックしながら2日前に列車の切符を購入。
疲れたけど楽しい一日になりました!

旅行の満足度
5.0
  • 旅の始まりは新宿駅。<br />あずさ3号にて出発。

    旅の始まりは新宿駅。
    あずさ3号にて出発。

    新宿駅

  • 富士見駅到着。<br />ここから富士見パノラマリゾートのシャトルバスに乗車。<br />シャトルバスは一日一往復、往きは富士見駅10時発、帰りは富士パノラマリゾート15時発。<br />平日でも満席でした。

    富士見駅到着。
    ここから富士見パノラマリゾートのシャトルバスに乗車。
    シャトルバスは一日一往復、往きは富士見駅10時発、帰りは富士パノラマリゾート15時発。
    平日でも満席でした。

    富士見駅

  • 10分で富士パノラマリゾート到着。<br />事前にゴンドラ乗車券をWebで購入しておいたのですが窓口に寄る必要があります。<br />Web購入は200円割引。

    10分で富士パノラマリゾート到着。
    事前にゴンドラ乗車券をWebで購入しておいたのですが窓口に寄る必要があります。
    Web購入は200円割引。

    富士見パノラマリゾート スキー場

  • ゴンドラ乗り場までは少し歩きます。

    ゴンドラ乗り場までは少し歩きます。

  • 冬場はスキー場になるんですね。

    冬場はスキー場になるんですね。

  • ゴンドラすずらん乗車口。<br />

    ゴンドラすずらん乗車口。

  • 山頂の天気は晴れ!<br />並ばず乗車。<br />平日万歳♪

    山頂の天気は晴れ!
    並ばず乗車。
    平日万歳♪

  • ゴンドラは1グループ1台なので独り占め。<br />

    ゴンドラは1グループ1台なので独り占め。

    富士見パノラマリゾートゴンドラ 名所・史跡

  • おー素晴らしい景色!

    おー素晴らしい景色!

  • ゴンドラ内に案内図。<br />

    ゴンドラ内に案内図。

  • ゴンドラチケット引き換え時に花に関する小冊子を頂きました。<br />花の色別に載っていて見ているだけでも楽しい。<br />

    ゴンドラチケット引き換え時に花に関する小冊子を頂きました。
    花の色別に載っていて見ているだけでも楽しい。

  • ゴンドラを降りるとすぐ目の前にドイツすずらんの花畑。

    ゴンドラを降りるとすぐ目の前にドイツすずらんの花畑。

  • わぁ、咲いてる、咲いてる♪<br />すずらんの甘い香りが漂っています。<br />すずらんの花畑なんて初めて見ました。

    わぁ、咲いてる、咲いてる♪
    すずらんの甘い香りが漂っています。
    すずらんの花畑なんて初めて見ました。

  • ドイツすずらんは花の背丈が葉と同じかそれよりも高く、花自体も日本すずらんよりも大きめだそうです。<br />

    ドイツすずらんは花の背丈が葉と同じかそれよりも高く、花自体も日本すずらんよりも大きめだそうです。

  • ドイツすずらんを満喫したあとは入笠山山頂を目指してトレッキングに出発。

    ドイツすずらんを満喫したあとは入笠山山頂を目指してトレッキングに出発。

  • 少し坂道を歩いて山頂方面へ。<br />ここから55分。

    少し坂道を歩いて山頂方面へ。
    ここから55分。

  • 天気が良く、歩いてるだけでも楽しい。

    天気が良く、歩いてるだけでも楽しい。

  • シカが入らないために設けられたドア。<br />ここを開けて入笠湿原に入ります。

    シカが入らないために設けられたドア。
    ここを開けて入笠湿原に入ります。

    入笠湿原 自然・景勝地

  • 木道が続いていて見晴らしが良くて最高♪

    木道が続いていて見晴らしが良くて最高♪

  • 湿原の中はすずらん群落地。<br />日本すずらんが咲いています。<br />ドイツすずらんよりも少し遅れて咲き出す日本すずらん。<br />この時期満開とはいきませんでしたが結構咲いていました。

    湿原の中はすずらん群落地。
    日本すずらんが咲いています。
    ドイツすずらんよりも少し遅れて咲き出す日本すずらん。
    この時期満開とはいきませんでしたが結構咲いていました。

  • 日本すずらんは、花の背丈が葉よりも低く、葉の影に隠れるように花が咲きます。<br />みんなしゃがみ込んで写真を撮っていました。

    日本すずらんは、花の背丈が葉よりも低く、葉の影に隠れるように花が咲きます。
    みんなしゃがみ込んで写真を撮っていました。

  • 上手に写真は撮れませんが小さくて可愛い!

    上手に写真は撮れませんが小さくて可愛い!

  • 入笠山湿原の大きな看板。

    入笠山湿原の大きな看板。

  • 湿原を通り過ぎ、階段を上ったり…

    湿原を通り過ぎ、階段を上ったり…

  • 自然たっぷりの山道を歩いたり…

    自然たっぷりの山道を歩いたり…

  • 遠くにクリンソウがたくさん咲いていました。<br />遠過ぎてこれが精一杯。

    遠くにクリンソウがたくさん咲いていました。
    遠過ぎてこれが精一杯。

  • 「ヒュッテ入笠」

    「ヒュッテ入笠」

  • 「マルナス山荘天文館」

    「マルナス山荘天文館」

  • ここから山頂まで30分。

    ここから山頂まで30分。

  • 残り30分はこんな道でした。<br />岩がゴロゴロしていたり、足場が悪かったり。<br />

    残り30分はこんな道でした。
    岩がゴロゴロしていたり、足場が悪かったり。

  • 残り15分で岩場コース迂回コースの分岐点。<br />よく登っている方に聞いたら岩場コースは本当に岩場ですよーと言われて怖気付いて迂回コースにしました。<br />それでも結構な急斜面の道で途中休みながら登りました。<br />入笠山は犬と一緒に登れるし、3歳の子供でも登れる、登山ではなくハイキング、と聞いて来たのですが思ったより山道(・・;)<br />でもそんな道は30分にも満たないので頑張れちゃいます。<br />70代くらいの方もたくさんいて、登っていましたよー

    残り15分で岩場コース迂回コースの分岐点。
    よく登っている方に聞いたら岩場コースは本当に岩場ですよーと言われて怖気付いて迂回コースにしました。
    それでも結構な急斜面の道で途中休みながら登りました。
    入笠山は犬と一緒に登れるし、3歳の子供でも登れる、登山ではなくハイキング、と聞いて来たのですが思ったより山道(・・;)
    でもそんな道は30分にも満たないので頑張れちゃいます。
    70代くらいの方もたくさんいて、登っていましたよー

  • 山頂到着!<br />山と名のつくものに登ったのは高尾山に次いで二度目。<br />入笠山は時間も短いし、登山なんて言わない、らしいですが私にとっては感動の瞬間でした!<br />思ったより息切れしたし(笑)

    山頂到着!
    山と名のつくものに登ったのは高尾山に次いで二度目。
    入笠山は時間も短いし、登山なんて言わない、らしいですが私にとっては感動の瞬間でした!
    思ったより息切れしたし(笑)

    入笠山 自然・景勝地

  • 山頂の様子。<br />週末に比べると人が少なめだと思います。

    山頂の様子。
    週末に比べると人が少なめだと思います。

  • 残念ながら雲ひとつない、とはいきませんでしたが、山々が綺麗。<br />360度パノラマビュー。

    残念ながら雲ひとつない、とはいきませんでしたが、山々が綺麗。
    360度パノラマビュー。

  • 新宿でおにぎり2個に簡単なおかずがついたものを買って朝食にしたのですが2個は食べられず1個残っていて…<br />それを山頂でシートを敷いて食べました!<br />本当はヒュッテ入笠で何かガッツリ食べようかと思っていたのですがバスの時間を考えるとそれほど時間に余裕はなく、山頂での食事正解でした。<br />こんな景色の中のランチなんて贅沢です。

    新宿でおにぎり2個に簡単なおかずがついたものを買って朝食にしたのですが2個は食べられず1個残っていて…
    それを山頂でシートを敷いて食べました!
    本当はヒュッテ入笠で何かガッツリ食べようかと思っていたのですがバスの時間を考えるとそれほど時間に余裕はなく、山頂での食事正解でした。
    こんな景色の中のランチなんて贅沢です。

  • 山頂で30分ほど過ごし下山。<br />帰りは下りで息切れはないのですが岩場で転ばないように必死^^;<br />花畑(入笠山登山口)には日本すずらんや小さな花々が咲いていました。<br />これはレンゲツツジ。

    山頂で30分ほど過ごし下山。
    帰りは下りで息切れはないのですが岩場で転ばないように必死^^;
    花畑(入笠山登山口)には日本すずらんや小さな花々が咲いていました。
    これはレンゲツツジ。

  • まだ蕾でした。<br />咲いたら綺麗でしょうね。

    まだ蕾でした。
    咲いたら綺麗でしょうね。

  • また入笠湿原を通って帰ります。

    また入笠湿原を通って帰ります。

    入笠湿原 自然・景勝地

  • 入笠湿原の階段からクリンソウが顔を出していました。

    入笠湿原の階段からクリンソウが顔を出していました。

  • 再び、日本すずらんの写真撮ってみる…

    再び、日本すずらんの写真撮ってみる…

  • ゴンドラ山頂駅に戻ってきました。<br />そこから入笠すずらん山野草公園へ。<br />一年を通し四季の旬な花が咲く公園です。<br /><br />サクラソウ。<br />とても綺麗なピンク。

    ゴンドラ山頂駅に戻ってきました。
    そこから入笠すずらん山野草公園へ。
    一年を通し四季の旬な花が咲く公園です。

    サクラソウ。
    とても綺麗なピンク。

    入笠すずらん公園 公園・植物園

  • クマガイソウ。<br />環境省が絶滅危惧種指定しているそうです。

    クマガイソウ。
    環境省が絶滅危惧種指定しているそうです。

  • 小さな展望台。

    小さな展望台。

  • どこからでも気持ちの良い景色が広がっています。

    どこからでも気持ちの良い景色が広がっています。

  • イチヨウラン。<br />今が見頃と看板がたくさん出ていたのでやっぱり見ないと♪

    イチヨウラン。
    今が見頃と看板がたくさん出ていたのでやっぱり見ないと♪

  • 釜無ホテイアツモリソウ。<br />幻の花と言われるほど希少価値の高い花とのこと。<br />日本国内で自生している個体数は100個体程度と推測され富士見ではさまざまな保護活動を行っているそうです。<br />そんな貴重なお花だったのねー

    釜無ホテイアツモリソウ。
    幻の花と言われるほど希少価値の高い花とのこと。
    日本国内で自生している個体数は100個体程度と推測され富士見ではさまざまな保護活動を行っているそうです。
    そんな貴重なお花だったのねー

  • ゴンドラに乗る前にもう一度ドイツすずらん。

    ゴンドラに乗る前にもう一度ドイツすずらん。

  • この景色また見に来たいなぁ。

    この景色また見に来たいなぁ。

  • バスに乗り遅れたら困るので早めに下りてきました。<br />ちょっと時間があったのでルバーブソフトミックス。<br />ソフトクリーム、食べたくなっちゃいます。

    バスに乗り遅れたら困るので早めに下りてきました。
    ちょっと時間があったのでルバーブソフトミックス。
    ソフトクリーム、食べたくなっちゃいます。

  • 15分前にはバス停に着いたのですがもう皆さま並んでる!<br />日本人、時間に正確です(^ ^)

    15分前にはバス停に着いたのですがもう皆さま並んでる!
    日本人、時間に正確です(^ ^)

    富士見パノラマリゾート スキー場

  • 富士見駅到着。<br />乗車予定のあずさまでまだ1時間20分ある…<br />お昼小さなおにぎり1個だったのでお腹すきました。<br />事前に調べておいたカフェで何か食べましょ。<br />「mame mura coffee」

    富士見駅到着。
    乗車予定のあずさまでまだ1時間20分ある…
    お昼小さなおにぎり1個だったのでお腹すきました。
    事前に調べておいたカフェで何か食べましょ。
    「mame mura coffee」

  • ナポリタンとアイスカフェラテ。<br />とても美味しく、古民家を改装したような雰囲気の良いカフェでした。<br />メニューにあったチーズケーキや和菓子なども食べてみたかったな。

    ナポリタンとアイスカフェラテ。
    とても美味しく、古民家を改装したような雰囲気の良いカフェでした。
    メニューにあったチーズケーキや和菓子なども食べてみたかったな。

  • 富士見駅に帰ってきました。

    富士見駅に帰ってきました。

    富士見駅

  • ここのお蕎麦も有名だそうです。<br />待合室にお蕎麦のいい匂いが…

    ここのお蕎麦も有名だそうです。
    待合室にお蕎麦のいい匂いが…

  • あずさに乗って新宿へ帰ります。<br />日帰りでも大満喫!<br />充実の一日でした。

    あずさに乗って新宿へ帰ります。
    日帰りでも大満喫!
    充実の一日でした。

50いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (4)

開く

閉じる

  • puyomushiさん 2024/06/18 18:22:56
    すずらん祭り
    lunaさん、こんばんは。

    インスタでしょっちゅう、入笠のすずらん祭りがでてくるので軽井沢のついでに行ってみようかな?と思いました。
    でも、方向が違うのですね、長野は広いので。
    なので、消化不良のままでいましたがlunaさんの旅行記で、ちゃっかり堪能させていただきましたm(__)m

    日帰りで相変わらず、アクティブです(*^-^*)
    絶景の中でいただくおにぎりは格別だったでしょうね。

    puyo

    luna

    lunaさん からの返信 2024/06/18 21:27:47
    Re: すずらん祭り
    puyomushiさん、こんばんは。

    私もInstagramで見たすずらんの花畑を、どうしても見てみたくて、一人で突撃しちゃいました。
    5月に行った上高地、天気に恵まれず残念でしたので天気予報とにらめっこしながら…
    でも山のお天気は難しくてサイトによって晴れだったり、雨だったり( ; ; )
    無事晴れて良かったです。

    puyomushiさんの沖縄旅、素敵過ぎて感動でした!
    なかなか真似っこは出来ませんが旅行記を拝見して優雅な気分にさせて頂いております♪

    コメントを頂き、ありがとうございます!
    またpuyomushiさんの素敵な旅行記楽しみにしています。

    luna
  • ma-yuさん 2024/06/18 11:03:54
    入笠山
    lunaさん

    こんにちは!

    今回は入笠山まで日帰りで!
    長野県の諏訪でしょう?? 片道でも3時間かかりますよね(汗
    あずさ3号にて出発、昭和の歌であずさ2号を思い出しました。フル・イ(笑
    ゴンドラ降りると「ドイツすずらん」が満開で綺麗ですね(・∀・)イイ!!
    名前のように鈴のような可愛らしい花で私も大好きです!!

    入笠湿原も日本すずらんや色とりどりの高山植物が綺麗で癒されますね(^^♪
    それに山頂まで上がられたんでしょう(-_-;)
    写真を拝見しますと岩がゴロゴロしていて私は無理かなー(笑
    でも山頂への達成感と頂上からの眺望は素敵ですね。
    疲れた時はミックスのソフトが最高(^^♪
    ハードな行程でしたが天候にも恵まれ充実の1日でしたね!

      ma-yu

    luna

    lunaさん からの返信 2024/06/18 21:09:01
    Re: 入笠山
    ma-yuさん、こんばんは。

    あずさ2号の昭和歌謡、やっぱり思い浮かんじゃいますよねー
    ついつい新宿駅で口ずさみそう(笑)
    でも、今は8時ちょうどの~♪はあずさ2号じゃなくてあずさ5号なんです。
    ちょっと悲しいような…^^;

    ハイキングは好きなのですが歩きやすい高低差のあまりないところがいいです(笑)
    でも、今回山頂までいけたのはとても感動しました。
    私の横を小さな子供が駆け抜けて行きましたが気にしなーい。
    のんびり、ゆっくり…
    転んだら大変なので。
    ソフトクリームもとても美味しかったです。

    いつもコメントをありがとうございます。
    次のma-yuさんの旅はどこかしら。
    今から楽しみです。

    luna

lunaさんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから国内旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP