リューネブルク旅行記(ブログ) 一覧に戻る
リューベックからローカル列車で製塩業で栄えた街リューネブルクへ。<br /><br />2019年のゴールデンウイークは10連休。出発を1日と数時間前倒しすると経由便ながら羽田→コペンハーゲン、フランクフルト→羽田のオープンジョーで、サーチャージや税もコミコミ8万円を切る航空券を見つけたのが前年の6月。羽田発や現地発の時間帯も良いので、まだ出発が10ヶ月以上先ではあるものの、先手を打って迷わずゲット。<br /><br />往復の機中泊を含めると11泊12日、現地滞在正味10日の旅の入り口にコペンハーゲン、出口にフランクフルトを選んだんだのは、デンマークとドイツの間の海峡で列車を連絡船(フェリー)に乗せて航送する渡り鳥ラインと呼ばれるコースに乗ってみたかったから。<br /><br />羽田から夜便で出発。デンマーク1日目は、深夜の乗り継ぎ便で朝にコペンハーゲン到着後、列車でオーデンセを往復。<br />https://4travel.jp/travelogue/11729848<br /><br />デンマーク2日目(ドイツ1日目)は、朝から列車でデンマークの隣国スウェーデンのマルメを往復後、コペンハーゲンから列車代行バスとフェリーによる列車航送を経てドイツのハンブルクへ。<br />https://4travel.jp/travelogue/11734827<br /><br />ドイツ2日目の午前は、ハンブルクから列車でハンザ都市のリューベックに向かいます。<br />https://4travel.jp/travelogue/11749966<br /><br />ドイツ2日目の午後は、リューベックからローカル列車で製塩業で栄えた街リューネブルクへ。<br />【この旅行記です】<br /><br />ドイツ3日目の午前は、メクレンブルク=フィアボルン州の州都シュヴェリーンを観光。ロストク乗り継ぎでシュトラールズントへ。<br />https://4travel.jp/travelogue/11751162<br /><br />ドイツ3日目の午後は、バルト海に面した世界遺産、ハンザ同盟の街シュトラールズントを散策。<br />https://4travel.jp/travelogue/11751195<br /><br />ドイツ4日目の午前は、バルト海に浮かぶドイツ最大の島でリューゲン狭軌鉄道のSL列車に乗車(前編)。<br />https://4travel.jp/travelogue/11752645<br /><br />ドイツ4日目の午後は、バルト海に浮かぶドイツ最大の島でリューゲン狭軌鉄道のSL列車に乗車(後編)。その後、首都ベルリンへ。<br />https://4travel.jp/travelogue/11754572<br /><br />ドイツ5日目の午前は、UバーンとSバーンに乗ってベルリンの壁とヴェルヘルム皇帝記念教会を見学後、ブランデンブルク門へ。<br />https://4travel.jp/travelogue/11758299<br /><br />ドイツ5日目の午後(その1)は、東ドイツ時代のディーゼル特急を見学後、保存鉄道のブッコー小鉄道の小さな電車に乗車。<br />https://4travel.jp/travelogue/11758418<br /><br />ドイツ5日目の午後(その2)は、ブッコー小鉄道の終点ブッコー駅の保存車両とミニ鉄道博物館見学後ベルリンに戻ります。<br />https://4travel.jp/travelogue/11761196<br /><br />ドイツ5日目の夜は、バスとトラム、Sバーンで連邦議会議事堂からウンター・デン・リンデンをアレクサンダー広場まで散策です。<br />https://4travel.jp/travelogue/11761277<br /><br />ドイツ6日目の午前は、ベルリンからブダペスト行きのユーロシティーでドレスデンへ。Sバーンでバート・シャンダウに向かう際にキャッシングでぼったくりATMに遭遇。<br />https://4travel.jp/travelogue/11762492<br /><br />ドイツ6日目の午後(その1)は、東ドイツ時代の2軸の路面電車、ゴータカーが現役で活躍するキルニッツ渓谷鉄道でリヒテンハイネル滝に向かいます。<br />https://4travel.jp/travelogue/11762656<br />

ドイツ鉄道の旅(その2 北ドイツ ローカル列車で行く製塩業で栄えた街リューネブルク)

10いいね!

2019/04/28 - 2019/04/28

25位(同エリア45件中)

モボ101

モボ101さん

リューベックからローカル列車で製塩業で栄えた街リューネブルクへ。

2019年のゴールデンウイークは10連休。出発を1日と数時間前倒しすると経由便ながら羽田→コペンハーゲン、フランクフルト→羽田のオープンジョーで、サーチャージや税もコミコミ8万円を切る航空券を見つけたのが前年の6月。羽田発や現地発の時間帯も良いので、まだ出発が10ヶ月以上先ではあるものの、先手を打って迷わずゲット。

往復の機中泊を含めると11泊12日、現地滞在正味10日の旅の入り口にコペンハーゲン、出口にフランクフルトを選んだんだのは、デンマークとドイツの間の海峡で列車を連絡船(フェリー)に乗せて航送する渡り鳥ラインと呼ばれるコースに乗ってみたかったから。

羽田から夜便で出発。デンマーク1日目は、深夜の乗り継ぎ便で朝にコペンハーゲン到着後、列車でオーデンセを往復。
https://4travel.jp/travelogue/11729848

デンマーク2日目(ドイツ1日目)は、朝から列車でデンマークの隣国スウェーデンのマルメを往復後、コペンハーゲンから列車代行バスとフェリーによる列車航送を経てドイツのハンブルクへ。
https://4travel.jp/travelogue/11734827

ドイツ2日目の午前は、ハンブルクから列車でハンザ都市のリューベックに向かいます。
https://4travel.jp/travelogue/11749966

ドイツ2日目の午後は、リューベックからローカル列車で製塩業で栄えた街リューネブルクへ。
【この旅行記です】

ドイツ3日目の午前は、メクレンブルク=フィアボルン州の州都シュヴェリーンを観光。ロストク乗り継ぎでシュトラールズントへ。
https://4travel.jp/travelogue/11751162

ドイツ3日目の午後は、バルト海に面した世界遺産、ハンザ同盟の街シュトラールズントを散策。
https://4travel.jp/travelogue/11751195

ドイツ4日目の午前は、バルト海に浮かぶドイツ最大の島でリューゲン狭軌鉄道のSL列車に乗車(前編)。
https://4travel.jp/travelogue/11752645

ドイツ4日目の午後は、バルト海に浮かぶドイツ最大の島でリューゲン狭軌鉄道のSL列車に乗車(後編)。その後、首都ベルリンへ。
https://4travel.jp/travelogue/11754572

ドイツ5日目の午前は、UバーンとSバーンに乗ってベルリンの壁とヴェルヘルム皇帝記念教会を見学後、ブランデンブルク門へ。
https://4travel.jp/travelogue/11758299

ドイツ5日目の午後(その1)は、東ドイツ時代のディーゼル特急を見学後、保存鉄道のブッコー小鉄道の小さな電車に乗車。
https://4travel.jp/travelogue/11758418

ドイツ5日目の午後(その2)は、ブッコー小鉄道の終点ブッコー駅の保存車両とミニ鉄道博物館見学後ベルリンに戻ります。
https://4travel.jp/travelogue/11761196

ドイツ5日目の夜は、バスとトラム、Sバーンで連邦議会議事堂からウンター・デン・リンデンをアレクサンダー広場まで散策です。
https://4travel.jp/travelogue/11761277

ドイツ6日目の午前は、ベルリンからブダペスト行きのユーロシティーでドレスデンへ。Sバーンでバート・シャンダウに向かう際にキャッシングでぼったくりATMに遭遇。
https://4travel.jp/travelogue/11762492

ドイツ6日目の午後(その1)は、東ドイツ時代の2軸の路面電車、ゴータカーが現役で活躍するキルニッツ渓谷鉄道でリヒテンハイネル滝に向かいます。
https://4travel.jp/travelogue/11762656

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
交通
4.0
同行者
その他
一人あたり費用
20万円 - 25万円
交通手段
鉄道 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ローカル列車は、リューベックから1時間20分ほどかけて、幹線と合流するリューネブルクに到着。今は人口7万人余りの小さな街。

    ローカル列車は、リューベックから1時間20分ほどかけて、幹線と合流するリューネブルクに到着。今は人口7万人余りの小さな街。

  • 二階建てのリューネブルク駅舎には、DBとならんでマクドナルドの看板。

    二階建てのリューネブルク駅舎には、DBとならんでマクドナルドの看板。

  • 駅から西へ数分歩くとイルメナウ川に架かる橋。川には古い木造船が浮かび、

    駅から西へ数分歩くとイルメナウ川に架かる橋。川には古い木造船が浮かび、

  • 川岸には船に荷物を積みおろしした、古い木造のクレーン。製塩業で栄えたリューネブルクでは、塩を積んだ船がイルメナウ川を下ってリューベックに届け、バルト海でとれたニシンを積んで戻ってきたのだとか。最初のクレーンが設置されたのは14世紀で、現在あるのは18世紀末のクレーン。

    川岸には船に荷物を積みおろしした、古い木造のクレーン。製塩業で栄えたリューネブルクでは、塩を積んだ船がイルメナウ川を下ってリューベックに届け、バルト海でとれたニシンを積んで戻ってきたのだとか。最初のクレーンが設置されたのは14世紀で、現在あるのは18世紀末のクレーン。

  • 川沿いの煉瓦造りの建物は、かつてはニシンの倉庫だったらしい。

    川沿いの煉瓦造りの建物は、かつてはニシンの倉庫だったらしい。

  • 旧市街に建つ、船乗りの守護神を祀る聖ニコライ教会。

    旧市街に建つ、船乗りの守護神を祀る聖ニコライ教会。

  • 教会の表に回ってみました。煉瓦造りで正面中央に1本の尖塔。

    教会の表に回ってみました。煉瓦造りで正面中央に1本の尖塔。

  • 内部は星形の天井。

    内部は星形の天井。

  • マニュアルでデジカメの露出を絞れば、後陣のステンドグラスの色合いが鮮やかに。

    マニュアルでデジカメの露出を絞れば、後陣のステンドグラスの色合いが鮮やかに。

  • 木彫りの主祭壇。中央には十字架にかけられたキリスト。

    木彫りの主祭壇。中央には十字架にかけられたキリスト。

  • マルクト広場の中央にはルナの噴水。広場に面して建つリューネブルク市庁舎。増築を重ねた、中世やルネッサンス期のゴシックやバロック様式の建物は、戦災を免れて中世のままの姿を今に伝えています。

    マルクト広場の中央にはルナの噴水。広場に面して建つリューネブルク市庁舎。増築を重ねた、中世やルネッサンス期のゴシックやバロック様式の建物は、戦災を免れて中世のままの姿を今に伝えています。

  • マルクト広場に面して建つ、満開の藤が見事な煉瓦造りの建物は、ハインリッヒ・ハイネ・ハウス。ドイツの詩人、ハインリッヒ・ハイネの両親が一時期住んでいて、彼も良く訪れた家なのだとか。

    マルクト広場に面して建つ、満開の藤が見事な煉瓦造りの建物は、ハインリッヒ・ハイネ・ハウス。ドイツの詩人、ハインリッヒ・ハイネの両親が一時期住んでいて、彼も良く訪れた家なのだとか。

  • 近くに、カラフルな正面玄関の歴史的な建物。“旧市庁舎の薬局”の文字があり、今も本物の薬局として営業しているらしい。

    近くに、カラフルな正面玄関の歴史的な建物。“旧市庁舎の薬局”の文字があり、今も本物の薬局として営業しているらしい。

  • 旧市街の石畳の小道を抜け、

    旧市街の石畳の小道を抜け、

  • 塩商人達が建てた館が両側に建ち並ぶ、東西に細長いアム・サンデ広場へ。

    塩商人達が建てた館が両側に建ち並ぶ、東西に細長いアム・サンデ広場へ。

  • 広場の突き当たりには、教会の尖塔。

    広場の突き当たりには、教会の尖塔。

  • 煉瓦造りに木製の出窓でしょうか。

    煉瓦造りに木製の出窓でしょうか。

  • 列車の時刻が迫ってきたので、内部は見学できなかったけど、聖ヨハネ教会はパイプオルガンで有名らしい。

    列車の時刻が迫ってきたので、内部は見学できなかったけど、聖ヨハネ教会はパイプオルガンで有名らしい。

  • 再びイルメナウ川を渡って駅に戻ります。この建物は、川の流れを動力に使った14世紀の製粉所らしい。

    再びイルメナウ川を渡って駅に戻ります。この建物は、川の流れを動力に使った14世紀の製粉所らしい。

  • リューネブルクからハンブルクへ幹線は、DBのローカル輸送を担当するメトロノームの列車に乗車。クリームと青に塗り分けた機関車と二階建て客車のプッシュプルで、もちろんDBの一日券で乗車可能。

    リューネブルクからハンブルクへ幹線は、DBのローカル輸送を担当するメトロノームの列車に乗車。クリームと青に塗り分けた機関車と二階建て客車のプッシュプルで、もちろんDBの一日券で乗車可能。

  • 駅前のホテルに預けていた荷物をピックアップして、ロストック行きのREでシュヴェリーンに向かいます。後押しする電気機関車は異なるが、DBの赤と白の二階建て客車は先ほどのメトロノームとほとんど同型の車両。

    駅前のホテルに預けていた荷物をピックアップして、ロストック行きのREでシュヴェリーンに向かいます。後押しする電気機関車は異なるが、DBの赤と白の二階建て客車は先ほどのメトロノームとほとんど同型の車両。

  • ハンブルクから1時間20分ほどでシュヴェリーン中央駅に到着。このコースは2015年のゴールデンウイークにも乗ったけど、DBの長期ストライキに遭遇してスケジュールがグチャグチャになり、途中下車を諦めてそのまま通過してしまった街。今回あらためて訪問するにあたって、ここで宿泊することに。

    ハンブルクから1時間20分ほどでシュヴェリーン中央駅に到着。このコースは2015年のゴールデンウイークにも乗ったけど、DBの長期ストライキに遭遇してスケジュールがグチャグチャになり、途中下車を諦めてそのまま通過してしまった街。今回あらためて訪問するにあたって、ここで宿泊することに。

  • 駅の側線には、5車体連節のローカル電車。

    駅の側線には、5車体連節のローカル電車。

  • 向かいのホームには、ローカル輸送を担当するODEGのオール二階建て電車。

    向かいのホームには、ローカル輸送を担当するODEGのオール二階建て電車。

  • 煉瓦造りのシュヴェリーン中央駅の駅舎。

    煉瓦造りのシュヴェリーン中央駅の駅舎。

  • 駅前広場の横にDBか経営するインターシティーホテル。ここに泊まります。

    駅前広場の横にDBか経営するインターシティーホテル。ここに泊まります。

  • 駅前の通りを行くトラム。シュヴェリーンは旧東ドイツに属した街だけど、列車もトラムもドイツ統合以後に導入した車両で、もはや旧共産圏の車両は見かけることはありませんでした。

    駅前の通りを行くトラム。シュヴェリーンは旧東ドイツに属した街だけど、列車もトラムもドイツ統合以後に導入した車両で、もはや旧共産圏の車両は見かけることはありませんでした。

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ドイツで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ドイツ最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ドイツの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから海外旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集