熊本市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
やっと例のまん防も解除され、久しぶりに遠出してみようかと思い立ち、今回は1泊2日で、すでに桜が開花し始めている九州のうち2つの都市(熊本県熊本市&福岡県福岡市)を順に巡っていくことに。<br /><br />最初に訪れたのは熊本のシンボルである「熊本城」で、2016年の熊本地震で甚大な被害を受け、現在も復旧作業が続いています。<br />この2021年6月に、天守閣全体(大天守&小天守)の復旧が完了したことから、「熊本城特別公開第3弾」として、大天守の最上階からの眺めを楽しめるようになり、桜の季節に合わせて訪れてみようかと♪<br /><br />城内を歩いてみたところ、まだまだあちこちに地震の爪痕が残っていますが、まずは天守閣が復活したのは喜ばしい限りで、お城を彩る桜とともにその雄姿を堪能することができました。<br /><br /><br />〔2022.3 さくら彩る春の九州2都巡り〕<br />●Part.1(1日目①):熊本城(日本100名城/日本さくら名所100選)【この旅行記】<br />●Part.2(1日目②):水前寺成趣園<br /> https://4travel.jp/travelogue/11748106<br />●Part.3(2日目①):福岡城跡(日本100名城)<br /> https://4travel.jp/travelogue/11749943<br />●Part.4(2日目②):西公園(日本さくら名所100選)/住吉神社(筑前国一之宮)<br /> https://4travel.jp/travelogue/11751824<br /><br />〔日本100名城登城記〕<br />●根 城(陸奥国):https://4travel.jp/travelogue/11706813<br />●水戸城(常陸国):https://4travel.jp/travelogue/11472788<br />●小田原城(相模国):https://4travel.jp/travelogue/11685392<br />●上田城(信濃国):https://4travel.jp/travelogue/11516270<br />●小諸城(信濃国):https://4travel.jp/travelogue/11535605<br />●春日山城(越後国):https://4travel.jp/travelogue/11658345<br />●高岡城(越中国):https://4travel.jp/travelogue/11741823<br />●金沢城(加賀国):https://4travel.jp/travelogue/11743925<br />●彦根城(近江国):https://4travel.jp/travelogue/11718422<br />●小谷城(近江国):https://4travel.jp/travelogue/11716960<br />●姫路城(播磨国):https://4travel.jp/travelogue/11593194<br />          https://4travel.jp/travelogue/11601496<br />●松江城(出雲国):https://4travel.jp/travelogue/11478799<br />●津山城(美作国):https://4travel.jp/travelogue/11484252<br />●萩 城(長門国):https://4travel.jp/travelogue/11628785<br />●宇和島城(伊予国):https://4travel.jp/travelogue/11644895<br />●大洲城(伊予国):https://4travel.jp/travelogue/11652466<br />●高知城(土佐国):https://4travel.jp/travelogue/11567369

さくら彩る春の九州2都巡り《1》~復活した天守閣・熊本城特別公開第3弾~

67いいね!

2022/03/27 - 2022/03/28

60位(同エリア1649件中)

旅行記グループ 熊本県への旅

2

41

葵

葵さん

この旅行記のスケジュール

この旅行記スケジュールを元に

やっと例のまん防も解除され、久しぶりに遠出してみようかと思い立ち、今回は1泊2日で、すでに桜が開花し始めている九州のうち2つの都市(熊本県熊本市&福岡県福岡市)を順に巡っていくことに。

最初に訪れたのは熊本のシンボルである「熊本城」で、2016年の熊本地震で甚大な被害を受け、現在も復旧作業が続いています。
この2021年6月に、天守閣全体(大天守&小天守)の復旧が完了したことから、「熊本城特別公開第3弾」として、大天守の最上階からの眺めを楽しめるようになり、桜の季節に合わせて訪れてみようかと♪

城内を歩いてみたところ、まだまだあちこちに地震の爪痕が残っていますが、まずは天守閣が復活したのは喜ばしい限りで、お城を彩る桜とともにその雄姿を堪能することができました。


〔2022.3 さくら彩る春の九州2都巡り〕
●Part.1(1日目①):熊本城(日本100名城/日本さくら名所100選)【この旅行記】
●Part.2(1日目②):水前寺成趣園
 https://4travel.jp/travelogue/11748106
●Part.3(2日目①):福岡城跡(日本100名城)
 https://4travel.jp/travelogue/11749943
●Part.4(2日目②):西公園(日本さくら名所100選)/住吉神社(筑前国一之宮)
 https://4travel.jp/travelogue/11751824

〔日本100名城登城記〕
●根 城(陸奥国):https://4travel.jp/travelogue/11706813
●水戸城(常陸国):https://4travel.jp/travelogue/11472788
●小田原城(相模国):https://4travel.jp/travelogue/11685392
●上田城(信濃国):https://4travel.jp/travelogue/11516270
●小諸城(信濃国):https://4travel.jp/travelogue/11535605
●春日山城(越後国):https://4travel.jp/travelogue/11658345
●高岡城(越中国):https://4travel.jp/travelogue/11741823
●金沢城(加賀国):https://4travel.jp/travelogue/11743925
●彦根城(近江国):https://4travel.jp/travelogue/11718422
●小谷城(近江国):https://4travel.jp/travelogue/11716960
●姫路城(播磨国):https://4travel.jp/travelogue/11593194
          https://4travel.jp/travelogue/11601496
●松江城(出雲国):https://4travel.jp/travelogue/11478799
●津山城(美作国):https://4travel.jp/travelogue/11484252
●萩 城(長門国):https://4travel.jp/travelogue/11628785
●宇和島城(伊予国):https://4travel.jp/travelogue/11644895
●大洲城(伊予国):https://4travel.jp/travelogue/11652466
●高知城(土佐国):https://4travel.jp/travelogue/11567369

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.0
グルメ
4.0
ショッピング
4.0
交通
4.0
交通手段
高速・路線バス JALグループ 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ●羽田空港<br /><br />まん防明け最初の日曜日、いきなりですが、ここ「羽田空港」を8時に出発するJAL625便に乗り、熊本県の「阿蘇くまもと空港」へ向け離陸!<br />こんなご時世なので、飛行機に乗るのもかなりご無沙汰しており、ついつい気持ちも高ぶっちゃいますな(笑)

    ●羽田空港

    まん防明け最初の日曜日、いきなりですが、ここ「羽田空港」を8時に出発するJAL625便に乗り、熊本県の「阿蘇くまもと空港」へ向け離陸!
    こんなご時世なので、飛行機に乗るのもかなりご無沙汰しており、ついつい気持ちも高ぶっちゃいますな(笑)

  • この日は無事晴れのお天気で、離陸直後、眼下に広がる東京湾に「海ほたるPA」も確認できます(写真左側の斜め下)。

    この日は無事晴れのお天気で、離陸直後、眼下に広がる東京湾に「海ほたるPA」も確認できます(写真左側の斜め下)。

  • こうやって上空から眺めると、「羽田空港」ってデカいですねぇ。<br />このあとは、朝早く起きたこともあってか完全に爆睡モード・・・。

    イチオシ

    こうやって上空から眺めると、「羽田空港」ってデカいですねぇ。
    このあとは、朝早く起きたこともあってか完全に爆睡モード・・・。

  • ●阿蘇くまもと空港<br /><br />飛行機は定刻どおりの9時50分に、熊本県の空の玄関口「阿蘇くまもと空港」へ到着しました。<br />ここからは空港リムジンバスに乗り、熊本市街へと移動していきます。

    ●阿蘇くまもと空港

    飛行機は定刻どおりの9時50分に、熊本県の空の玄関口「阿蘇くまもと空港」へ到着しました。
    ここからは空港リムジンバスに乗り、熊本市街へと移動していきます。

    熊本空港 (阿蘇くまもと空港) 空港

  • ●熊本桜町バスターミナル/サクラマチクマモト<br /><br />そして熊本市街中心部の「熊本桜町バスターミナル」にて降車。<br />バスターミナルとともに「サクラマチクマモト」という複合商業施設があり、前に訪れた時はこんな立派な施設は無かったなぁと。

    ●熊本桜町バスターミナル/サクラマチクマモト

    そして熊本市街中心部の「熊本桜町バスターミナル」にて降車。
    バスターミナルとともに「サクラマチクマモト」という複合商業施設があり、前に訪れた時はこんな立派な施設は無かったなぁと。

    サクラマチクマモト ショッピングモール

  • ●熊本ラーメン 黒亭 桜町熊本城前店<br /><br />時刻はちょうど11時を回ったところで、せっかくなのでここで昼食を取っていくことに。<br />やっぱり熊本に来たからにはご当地ラーメンということで、地下1階の「熊本ラーメン黒亭」をチョイスしてみました。

    ●熊本ラーメン 黒亭 桜町熊本城前店

    時刻はちょうど11時を回ったところで、せっかくなのでここで昼食を取っていくことに。
    やっぱり熊本に来たからにはご当地ラーメンということで、地下1階の「熊本ラーメン黒亭」をチョイスしてみました。

    熊本ラーメン 黒亭 桜町熊本城前店 グルメ・レストラン

  • 注文したのは、定番の「玉子入ラーメン」(@950円)と「黒亭とんこつ餃子3個セット」(@240円)です。<br /><br />豚骨ベースのスープは想像してたより後味がすっきりしてて、焦がしにんにく油もいいアクセントに。<br />途中、生玉子で味変させて最後まで美味しくいただきました♪

    注文したのは、定番の「玉子入ラーメン」(@950円)と「黒亭とんこつ餃子3個セット」(@240円)です。

    豚骨ベースのスープは想像してたより後味がすっきりしてて、焦がしにんにく油もいいアクセントに。
    途中、生玉子で味変させて最後まで美味しくいただきました♪

  • だいぶ前置きが長くなりましたが、ここ熊本を訪れた1番の目的は、もちろんあそこに見える「熊本城」です!<br />バスターミナルはお城のすぐ南側に位置しており、さっそく登城していくことに。

    だいぶ前置きが長くなりましたが、ここ熊本を訪れた1番の目的は、もちろんあそこに見える「熊本城」です!
    バスターミナルはお城のすぐ南側に位置しており、さっそく登城していくことに。

  • ●加藤清正公像<br /><br />まずは坪井川に架かる「行幸橋」のたもとに佇む、お城の築城した加藤清正の像へご挨拶。<br />例の長く大きな兜のおかげで、影で顔が見えないですが(笑)

    ●加藤清正公像

    まずは坪井川に架かる「行幸橋」のたもとに佇む、お城の築城した加藤清正の像へご挨拶。
    例の長く大きな兜のおかげで、影で顔が見えないですが(笑)

    加藤清正公像 名所・史跡

  • この坪井川は江戸時代に大規模改修され城の内堀として活用されており、対岸には川に並行してその名のとおりの「長塀」が築かれています。

    この坪井川は江戸時代に大規模改修され城の内堀として活用されており、対岸には川に並行してその名のとおりの「長塀」が築かれています。

  • ではでは、川沿いの桜を眺めつつ、「行幸橋」を渡り城内へと入っていくことに。

    ではでは、川沿いの桜を眺めつつ、「行幸橋」を渡り城内へと入っていくことに。

  • 「熊本城」は加藤清正が築いた言わずと知れた名城ですが、2016年の熊本地震の際に甚大な被害を受け、現在修復が進められています。<br /><br />こちらの案内図を見ると、まだまだ立入禁止区域が多いものの、2021年6月より、天守閣が復旧して内部の特別公開が始まったことから、このタイミングで訪れてみることにしました。<br /><br />◇熊本城ホームページ◇<br /> https://castle.kumamoto-guide.jp/

    「熊本城」は加藤清正が築いた言わずと知れた名城ですが、2016年の熊本地震の際に甚大な被害を受け、現在修復が進められています。

    こちらの案内図を見ると、まだまだ立入禁止区域が多いものの、2021年6月より、天守閣が復旧して内部の特別公開が始まったことから、このタイミングで訪れてみることにしました。

    ◇熊本城ホームページ◇
     https://castle.kumamoto-guide.jp/

  • ●桜の馬場 城彩苑<br /><br />ということで、さっそく「桜の馬場 城彩苑」の脇を抜けて、南側の入口から天守へと向かうことに。

    ●桜の馬場 城彩苑

    ということで、さっそく「桜の馬場 城彩苑」の脇を抜けて、南側の入口から天守へと向かうことに。

    桜の馬場 城彩苑 名所・史跡

  • 実はここ「熊本城」は「日本さくら名所100選」にも選定されている桜の名所でもあり、一直線に延びる「行幸坂」の桜並木もいい感じに♪

    イチオシ

    実はここ「熊本城」は「日本さくら名所100選」にも選定されている桜の名所でもあり、一直線に延びる「行幸坂」の桜並木もいい感じに♪

  • もちろんお城と桜のコラボを狙うべく、訪れるのをこのタイミングにしたのですが、どうやらバッチリ狙いが的中しましたね~。

    もちろんお城と桜のコラボを狙うべく、訪れるのをこのタイミングにしたのですが、どうやらバッチリ狙いが的中しましたね~。

  • 奉行丸と呼ばれるエリアの南西端に建つ「未申櫓」も、桜に彩られて。

    奉行丸と呼ばれるエリアの南西端に建つ「未申櫓」も、桜に彩られて。

  • で、先ほどの「行幸坂」を坂の上側からもう1枚。<br />この道は下り専用の一方通行となってました。

    で、先ほどの「行幸坂」を坂の上側からもう1枚。
    この道は下り専用の一方通行となってました。

  • ●熊本城特別公開(南ルート)<br /><br />「行幸坂」を上ったところに、今回の「熊本城特別公開」(@800円)の南口券売所が設けられ、ここから城の本丸へ向かうことになります。<br /><br />桜の時期の日曜日ということもあり行列ができていたものの、前もってweb事前予約をしておいたので、電子チケットですぐに入城できました。<br />また、こちらの窓口にて「日本100名城スタンプ」を押印しときます。

    ●熊本城特別公開(南ルート)

    「行幸坂」を上ったところに、今回の「熊本城特別公開」(@800円)の南口券売所が設けられ、ここから城の本丸へ向かうことになります。

    桜の時期の日曜日ということもあり行列ができていたものの、前もってweb事前予約をしておいたので、電子チケットですぐに入城できました。
    また、こちらの窓口にて「日本100名城スタンプ」を押印しときます。

  • 今回の特別公開は第3弾にあたるそうで、ここ「南ルート」は、地上から高さ約6メートルに設けられた通路を進むこととなります。

    今回の特別公開は第3弾にあたるそうで、ここ「南ルート」は、地上から高さ約6メートルに設けられた通路を進むこととなります。

  • なので、こんなふうに桜も上から見下ろす感じのアングルに。

    なので、こんなふうに桜も上から見下ろす感じのアングルに。

  • そしてほんの少し進んでいくと、復活した「熊本城」の大天守を正面から望め、その威風堂々とした姿は感涙ものですねぇ。

    そしてほんの少し進んでいくと、復活した「熊本城」の大天守を正面から望め、その威風堂々とした姿は感涙ものですねぇ。

  • その手前には有名な「二様の石垣」がそびえ、天守とともに石垣の美しさをも実感できます!

    イチオシ

    その手前には有名な「二様の石垣」がそびえ、天守とともに石垣の美しさをも実感できます!

  • かなり前にこの場所を訪れた際は、当然地面から見上げる感じで、こういう高いところから眺めてみると、また印象が変わってくるなぁと。

    かなり前にこの場所を訪れた際は、当然地面から見上げる感じで、こういう高いところから眺めてみると、また印象が変わってくるなぁと。

  • そのまま道なりに進み、こちらも有名な本丸御殿下の「闇り通路」を横目に見つつ歩いていくと・・・。

    そのまま道なりに進み、こちらも有名な本丸御殿下の「闇り通路」を横目に見つつ歩いていくと・・・。

  • ●熊本城(大天守・小天守)<br /><br />本丸にど~んとそびえる「大天守」とその隣の「小天守」の前へ。<br />2016年の地震から約5年後の2021年3月に復旧工事が完了し、内部に入城できるようになりました。

    ●熊本城(大天守・小天守)

    本丸にど~んとそびえる「大天守」とその隣の「小天守」の前へ。
    2016年の地震から約5年後の2021年3月に復旧工事が完了し、内部に入城できるようになりました。

    熊本城 名所・史跡

  • 別の角度から、桜の木も入れてもう1枚♪<br />ではでは、「小天守」の入口から1番上まで順に上がっていくことに。

    イチオシ

    別の角度から、桜の木も入れてもう1枚♪
    ではでは、「小天守」の入口から1番上まで順に上がっていくことに。

  • 天守はB1階から6階までの7階構造となっており、各階ごとにそれぞれの時代についての展示・解説がなされており、この精巧な模型は縮尺1/10の天守軸組模型です。

    天守はB1階から6階までの7階構造となっており、各階ごとにそれぞれの時代についての展示・解説がなされており、この精巧な模型は縮尺1/10の天守軸組模型です。

  • やはり加藤氏が治めた時代の展示(1階)が最も広いスペースを占め、大天守最上階の「御上段」の模型も。

    やはり加藤氏が治めた時代の展示(1階)が最も広いスペースを占め、大天守最上階の「御上段」の模型も。

  • また、明治維新以降の西南戦争に関する展示なんかもあり、なかなか興味深い内容でした。

    また、明治維新以降の西南戦争に関する展示なんかもあり、なかなか興味深い内容でした。

  • 最上階は展望フロアとなっており、熊本の市街地を一望できます♪<br />こちらは東側になり、上から見下ろすと、まだまだシートを被った場所が散見されます。。。

    最上階は展望フロアとなっており、熊本の市街地を一望できます♪
    こちらは東側になり、上から見下ろすと、まだまだシートを被った場所が散見されます。。。

  • 南側はこんな感じで、向かって左側の「本丸御殿」の奥には、先ほど歩いてきた通路も見え、あんなところを通ってきたんですねぇ。

    南側はこんな感じで、向かって左側の「本丸御殿」の奥には、先ほど歩いてきた通路も見え、あんなところを通ってきたんですねぇ。

  • そして東側にはもう1つの通路である北ルートが敷かれ、その右側には「宇土櫓」の姿も。

    そして東側にはもう1つの通路である北ルートが敷かれ、その右側には「宇土櫓」の姿も。

  • この「宇土櫓」は加藤清正の時代に建造されたとされる貴重な現存の櫓ですが、地震により倒壊は免れたものの、一度解体するとのこと。<br />う~ん、早くにまた復活して欲しいですね~。

    この「宇土櫓」は加藤清正の時代に建造されたとされる貴重な現存の櫓ですが、地震により倒壊は免れたものの、一度解体するとのこと。
    う~ん、早くにまた復活して欲しいですね~。

  • そして帰りは大天守側のB1階から外へ。<br />上り下りは階段のみなので、普段運動不足だと少々へばってしまいますな(苦笑)

    そして帰りは大天守側のB1階から外へ。
    上り下りは階段のみなので、普段運動不足だと少々へばってしまいますな(苦笑)

  • このあとひと息入れるべく「本丸お休み処」へ寄ってみると、御城印を販売してたのでいただきました。<br />(基本集めてはないんですが、たまたま目に留まったら入手する感じ)

    このあとひと息入れるべく「本丸お休み処」へ寄ってみると、御城印を販売してたのでいただきました。
    (基本集めてはないんですが、たまたま目に留まったら入手する感じ)

  • ではぼちぼち本丸を出発することに。<br />今後も復旧作業が続いていくのですから、またタイミングを図って訪れたいですね~。

    ではぼちぼち本丸を出発することに。
    今後も復旧作業が続いていくのですから、またタイミングを図って訪れたいですね~。

  • こんな天守の威容を眺めながら、帰りは「北ルート」を通って出口へと歩いていきます。

    イチオシ

    こんな天守の威容を眺めながら、帰りは「北ルート」を通って出口へと歩いていきます。

  • 城内のあちらこちらにこのような解説パネルもあり、勉強になります。

    城内のあちらこちらにこのような解説パネルもあり、勉強になります。

  • おおっ、先ほど上から眺めた「宇土櫓」をこうやって近くで見ると、建物は残っているもののかなり痛々しい感じ(涙)

    おおっ、先ほど上から眺めた「宇土櫓」をこうやって近くで見ると、建物は残っているもののかなり痛々しい感じ(涙)

  • こちらの「北ルート」は基本的に地上に設けられており、まぁ普通と言えばこれが普通なんですが、城跡において、あのような高い場所を通路を設ける「南ルート」って発想が大胆だなぁと。

    こちらの「北ルート」は基本的に地上に設けられており、まぁ普通と言えばこれが普通なんですが、城跡において、あのような高い場所を通路を設ける「南ルート」って発想が大胆だなぁと。

  • そのまま道なりに進み、もう1つの出入口となる北口券売所を抜け、今回の特別公開エリアは終わりとなります。<br /><br />まだまだ城内のあちこちに地震の爪痕が残っていますが、お城のシンボルでもある大天守と小天守が完全に復活したのは喜ばしい限りで、今後も着実に復旧が進むことを願うばかりです。<br /><br />このあと、もう少しお城の周りを巡り、熊本市街のもう1つの有名スポットにも訪れてみますが、その模様はまた別の旅行記で。<br />今回も最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。

    そのまま道なりに進み、もう1つの出入口となる北口券売所を抜け、今回の特別公開エリアは終わりとなります。

    まだまだ城内のあちこちに地震の爪痕が残っていますが、お城のシンボルでもある大天守と小天守が完全に復活したのは喜ばしい限りで、今後も着実に復旧が進むことを願うばかりです。

    このあと、もう少しお城の周りを巡り、熊本市街のもう1つの有名スポットにも訪れてみますが、その模様はまた別の旅行記で。
    今回も最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。

67いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • pacorinさん 2022/04/12 17:07:54
    熊本城と桜のコラボ*:.。.:* ゜( n´∀`)n゜*:.。.:*
    葵さん、はじめまして

    日本のお城の中で一番好きな熊本城。地震で大きな被害を受けた際は非常にショックを受けましたが、大天守と小天守が完全に復活したとのこと、本当に良かったですよね。お城と桜と青空、三拍子そろってとっても素晴らしい☆思わずコメントしてしまいました。素敵な風景を見せていただき、ありがとうございました(*^-^*)

    pacorin

    葵

    葵さん からの返信 2022/04/13 00:18:28
    RE: 熊本城と桜のコラボ*:.。.:* ゜( n´∀`)n゜*:.。.:*
    pacorinさん、はじめまして。
    ご訪問&コメントありがとうございます。

    熊本城、カッコいいお城ですよね〜。
    地震による被害があまりにも大きくとても心配してたんですが、まずはシンボルとなる天守閣が復旧したと聞き、桜の季節に合わせて今回訪れてみました。

    で、本丸から天守閣の威容を見上げると、やっぱりスゴイ!

    ただ、立入禁止のエリアも多く、櫓が傾き石垣が崩れているところも散見され、完全復活にはまだまだ道のりは長いなぁと。。。
    私にできることといえば、これからもタイミングを見て登城することくらいですが。

     葵

葵さんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

熊本市の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集