ルツェルン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2013年の7月にスイスに行ってきました。<br />目的はユングフラウとマッターホルンでハイキングを楽しむことと、スイスの鉄道に乗ることです。<br />日程は以下のようになりました。<br /><br />7/13 土 早朝フランクフルト着。シュトゥットガルトに立ち寄った後チューリッヒへ。<br />7/14 日 チューリッヒからベルニナ線へ。その後氷河急行のルートを辿りグリンデルワルトへ。<br />7/15 月 グリンデルワルトからユングフラウ周辺を散策。<br />7/16 火 ユングフラウ周辺を散策後、ブリエンツ・ロートホルン登山鉄道に乗車。夜の列車でツェルマットへ。<br />7/17 水 ツェルマットからマッターホルン周辺のスネガ・シュバルツゼー周辺を散策。<br />7/18 木 フルカ山岳蒸気鉄道、チェントヴァッリ鉄道に乗車。<br />7/19 金 ツェルマットからマッターホルンに登り、ゴルナーグラート鉄道に乗車。その後ゴールデンパス・ラインに乗りチューリッヒへ。<br />7/20 土 チューリッヒからリギ山に行き登山鉄道に乗り、夕方の便で帰国。<br />7/21 日 成田空港着。<br /><br />今回乗車する鉄道路線は氷河急行のルートであるベルニナ線、ユングフラウの登山鉄道、ゴルナーグラート鉄道、フルカ山蒸気鉄道、リギ鉄道、チェントヴァッリ鉄道です。<br />スイスの山と鉄道を楽しみつくしましょう。<br /><br />※ブログ『マリンブルーの風』に掲載した旅行記を再編集して掲載しています。<br />ブログには最新の旅行記も掲載していますので、ぜひご覧下さい。<br /><br /> 『マリンブルーの風』<br />http://blog.livedoor.jp/buschiba/<br /><br /> 2013年南イタリア旅行記目次<br />http://blog.livedoor.jp/buschiba/archives/52395406.html<br /><br />スイス旅行記の第30回、最終回です。<br />最終日の8日目。<br />中世の町並みが残るルツェルンを散策し、日本に帰国しました。

2013年スイス旅行記 第30回 ルツェルン旧市街を観光

20いいね!

2013/07/13 - 2013/07/21

78位(同エリア469件中)

旅行記グループ 2013年スイス旅行記

0

74

kunyu

kunyuさん

2013年の7月にスイスに行ってきました。
目的はユングフラウとマッターホルンでハイキングを楽しむことと、スイスの鉄道に乗ることです。
日程は以下のようになりました。

7/13 土 早朝フランクフルト着。シュトゥットガルトに立ち寄った後チューリッヒへ。
7/14 日 チューリッヒからベルニナ線へ。その後氷河急行のルートを辿りグリンデルワルトへ。
7/15 月 グリンデルワルトからユングフラウ周辺を散策。
7/16 火 ユングフラウ周辺を散策後、ブリエンツ・ロートホルン登山鉄道に乗車。夜の列車でツェルマットへ。
7/17 水 ツェルマットからマッターホルン周辺のスネガ・シュバルツゼー周辺を散策。
7/18 木 フルカ山岳蒸気鉄道、チェントヴァッリ鉄道に乗車。
7/19 金 ツェルマットからマッターホルンに登り、ゴルナーグラート鉄道に乗車。その後ゴールデンパス・ラインに乗りチューリッヒへ。
7/20 土 チューリッヒからリギ山に行き登山鉄道に乗り、夕方の便で帰国。
7/21 日 成田空港着。

今回乗車する鉄道路線は氷河急行のルートであるベルニナ線、ユングフラウの登山鉄道、ゴルナーグラート鉄道、フルカ山蒸気鉄道、リギ鉄道、チェントヴァッリ鉄道です。
スイスの山と鉄道を楽しみつくしましょう。

※ブログ『マリンブルーの風』に掲載した旅行記を再編集して掲載しています。
ブログには最新の旅行記も掲載していますので、ぜひご覧下さい。

『マリンブルーの風』
http://blog.livedoor.jp/buschiba/

2013年南イタリア旅行記目次
http://blog.livedoor.jp/buschiba/archives/52395406.html

スイス旅行記の第30回、最終回です。
最終日の8日目。
中世の町並みが残るルツェルンを散策し、日本に帰国しました。

旅行の満足度
5.0
交通
5.0

PR

  • ■ 8日目 2013年7月20日 土曜日<br />リギ山から登山電車と遊覧船を乗り継いでルツェルンにやってきました。<br />ルツェルンは中央スイスの中心都市で、旧市街には中世の美しい街並みが残っています。<br />チューリッヒ行の電車まで3時間ほどあるので、ルツェルンの旧市街を散策しようと思います。<br /><br />まずはロイズ川を渡って旧市街の中心部に行ってみましょう。<br />

    ■ 8日目 2013年7月20日 土曜日
    リギ山から登山電車と遊覧船を乗り継いでルツェルンにやってきました。
    ルツェルンは中央スイスの中心都市で、旧市街には中世の美しい街並みが残っています。
    チューリッヒ行の電車まで3時間ほどあるので、ルツェルンの旧市街を散策しようと思います。

    まずはロイズ川を渡って旧市街の中心部に行ってみましょう。

  • しばらく歩くとロイズ川に架かる木造の屋根付き橋が見えてきます。<br />ルツェルンの代表的な観光スポットの一つ、カペル橋です。

    しばらく歩くとロイズ川に架かる木造の屋根付き橋が見えてきます。
    ルツェルンの代表的な観光スポットの一つ、カペル橋です。

  • 橋の両側は美しい花で彩られています。とても絵になる光景ですね。<br />

    橋の両側は美しい花で彩られています。とても絵になる光景ですね。

  • カペル橋はルツェルンを敵の攻撃から守るため、1333年に建造されました。<br />1933年の火災で橋の大部分が焼失しましたが、すぐに再建されています。<br />真ん中の塔は水の塔といい、かつては監獄や拷問の場所として使われました。現在は大砲協会のギルドホールになっているそうです。

    カペル橋はルツェルンを敵の攻撃から守るため、1333年に建造されました。
    1933年の火災で橋の大部分が焼失しましたが、すぐに再建されています。
    真ん中の塔は水の塔といい、かつては監獄や拷問の場所として使われました。現在は大砲協会のギルドホールになっているそうです。

  • さっそく渡ってみましょう。<br />

    さっそく渡ってみましょう。

  • カペル橋の屋根にはルツェルンの歴史を説明した絵が描かれています。<br />

    カペル橋の屋根にはルツェルンの歴史を説明した絵が描かれています。

  • 木造の橋を歩きます。観光客が多いですね。<br />

    木造の橋を歩きます。観光客が多いですね。

  • 橋の中央に曲がり角があり、塔の部分の1階が売店になっていました。<br />

    橋の中央に曲がり角があり、塔の部分の1階が売店になっていました。

  • カペル橋を渡れば、そこは旧市街の中心です。<br />不思議な形をした噴水がありました。

    カペル橋を渡れば、そこは旧市街の中心です。
    不思議な形をした噴水がありました。

  • 派手な絵が描かれた建物があります。

    派手な絵が描かれた建物があります。

  • お店が多いです。<br />

    お店が多いです。

  • 雰囲気の良い広場に出ました。<br />

    雰囲気の良い広場に出ました。

  • 市庁舎が建っています。

    市庁舎が建っています。

  • 市庁舎は大きな時計塔が印象的です。

    市庁舎は大きな時計塔が印象的です。

  • 歴史を感じる建物が並んでいます。

    歴史を感じる建物が並んでいます。

  • 美しい看板がありました。

    美しい看板がありました。

  • 観光客でにぎわっています。

    観光客でにぎわっています。

  • 旧市街の道をぶらぶら歩きました。<br />

    旧市街の道をぶらぶら歩きました。

  • やはりこういう街並みは良いですね。<br />

    やはりこういう街並みは良いですね。

  • ワイン広場。美しい花で彩られた噴水があります。<br />

    ワイン広場。美しい花で彩られた噴水があります。

  • 再び川沿いの道に出ました。

    再び川沿いの道に出ました。

  • もう一つの木造橋。シュプロイヤー橋を渡ります。<br />

    もう一つの木造橋。シュプロイヤー橋を渡ります。

  • シュプロイヤー橋は水門があり、水位を調節しています。<br />

    シュプロイヤー橋は水門があり、水位を調節しています。

  • この橋も屋根つきですね。

    この橋も屋根つきですね。

  • 噴水のようになっています。

    噴水のようになっています。

  • 渡ってみましょう。

    渡ってみましょう。

  • 水が勢いよく流れています。<br />

    水が勢いよく流れています。

  • 丘の上には城壁が見えます。

    丘の上には城壁が見えます。

  • シュプロイヤー橋は「死の舞踏」をテーマにした天井部分にかかる67枚の板絵が有名なのだそうです。

    シュプロイヤー橋は「死の舞踏」をテーマにした天井部分にかかる67枚の板絵が有名なのだそうです。

  • シュプロイヤー橋を渡りました。

    シュプロイヤー橋を渡りました。

  • カーブした道を歩きます。

    カーブした道を歩きます。

  • 広場にある噴水。今日は天気に恵まれ、かなり暑いです。

    広場にある噴水。今日は天気に恵まれ、かなり暑いです。

  • ルツェルンにはいくつかの古い教会があります。この近くに教会が固まっているので行ってみましょう。

    ルツェルンにはいくつかの古い教会があります。この近くに教会が固まっているので行ってみましょう。

  • こちらはフランシスコ教会。13世紀に建てられたゴシック様式の教会です。<br />

    こちらはフランシスコ教会。13世紀に建てられたゴシック様式の教会です。

  • 中に入ってみました。誰もいません。

    中に入ってみました。誰もいません。

  • この協会は壁面のフレスコ画が有名なのだそう。美しいです。<br />

    この協会は壁面のフレスコ画が有名なのだそう。美しいです。

  • 白を基調とした落ち着いた雰囲気の教会ですね。

    白を基調とした落ち着いた雰囲気の教会ですね。

  • 天井も白。

    天井も白。

  • ロイズ川沿いに広がる旧市街は中世の雰囲気を色濃く残しており、歩いていてとても楽しいです。

    ロイズ川沿いに広がる旧市街は中世の雰囲気を色濃く残しており、歩いていてとても楽しいです。

  • イエズス教会に入ってみました。

    イエズス教会に入ってみました。

  • 先ほど入ったフランシスコ教会と異なり、かなり凝った内装です。<br />

    先ほど入ったフランシスコ教会と異なり、かなり凝った内装です。

  • 天井の装飾も美しいですね。<br />

    天井の装飾も美しいですね。

  • 主祭壇も美しいです。

    主祭壇も美しいです。

  • 天井のフレスコ画も素晴らしいですね。

    天井のフレスコ画も素晴らしいですね。

  • まるで宮殿のような雰囲気です。中国人観光客の団体が入ってきて、写真を撮って、すぐに出ていきました。ここは中国人の観光ルートに入っているのでしょう。

    まるで宮殿のような雰囲気です。中国人観光客の団体が入ってきて、写真を撮って、すぐに出ていきました。ここは中国人の観光ルートに入っているのでしょう。

  • 天井からぶら下がるシャンデリア。

    天井からぶら下がるシャンデリア。

  • パイプオルガンも美しいです。

    パイプオルガンも美しいです。

  • イエズス教会を出ました。目の前にはロイズ川が流れています。<br />

    イエズス教会を出ました。目の前にはロイズ川が流れています。

  • 川を渡って対岸へ。

    川を渡って対岸へ。

  • 対岸からイエズス教会を眺めます。<br />

    対岸からイエズス教会を眺めます。

  • 川沿いの道を歩きます。

    川沿いの道を歩きます。

  • 木陰にいると涼しいですね。

    木陰にいると涼しいですね。

  • とんがり屋根が印象的なホーフ教会が見えてきました。<br />

    とんがり屋根が印象的なホーフ教会が見えてきました。

  • 中に入ります。

    中に入ります。

  • どうやら結婚式をやっているようですね。<br />

    どうやら結婚式をやっているようですね。

  • シックなデザインのパイプオルガン。<br />

    シックなデザインのパイプオルガン。

  • 主祭壇は黒を基調とした落ち着いたデザインです。<br />

    主祭壇は黒を基調とした落ち着いたデザインです。

  • 聖母マリアについての装飾が施された祭壇。とても凝っています。<br />

    聖母マリアについての装飾が施された祭壇。とても凝っています。

  • 教会の外に出ました。

    教会の外に出ました。

  • 教会に入っていく新婦。背が高いです。末永くお幸せに。<br />

    教会に入っていく新婦。背が高いです。末永くお幸せに。

  • ホーフ教会は一段高いところに建っています。<br />

    ホーフ教会は一段高いところに建っています。

  • ホーフ教会から5分ほど歩いたところにあるのがライオン記念碑です。<br />

    ホーフ教会から5分ほど歩いたところにあるのがライオン記念碑です。

  • 傷ついたライオンがつらそうな顔で横たわっています。<br />

    傷ついたライオンがつらそうな顔で横たわっています。

  • このライオン像は1792年のフランス革命時、ルイ16世の護衛部隊として戦ったスイス人傭兵たちがテュルイリー宮殿で虐殺されたことを偲び、彼らの忠義と勇猛さを讃えるために造られました。今でこそ観光やハイテクで潤うスイスですが、中世のスイスはこれと言った産業が無い貧しい国だったため、「傭兵」をヨーロッパ各国に輸出するほかなかったのです。

    このライオン像は1792年のフランス革命時、ルイ16世の護衛部隊として戦ったスイス人傭兵たちがテュルイリー宮殿で虐殺されたことを偲び、彼らの忠義と勇猛さを讃えるために造られました。今でこそ観光やハイテクで潤うスイスですが、中世のスイスはこれと言った産業が無い貧しい国だったため、「傭兵」をヨーロッパ各国に輸出するほかなかったのです。

  • ちょっと悲しいライオン像を立ち去り、丘を登ると城壁があります。<br />

    ちょっと悲しいライオン像を立ち去り、丘を登ると城壁があります。

  • 城壁には階段があり、上に登ることができます。<br />

    城壁には階段があり、上に登ることができます。

  • 城壁の塔の内部。<br />

    城壁の塔の内部。

  • ルツェルンの街並みを見ることができます。いい景色ですね。<br />もうすこし散策したかったのですが、そろそろ時間となったのでルツェルン駅に戻りましょう。<br />

    ルツェルンの街並みを見ることができます。いい景色ですね。
    もうすこし散策したかったのですが、そろそろ時間となったのでルツェルン駅に戻りましょう。

  • ルツェルン駅からチューリッヒまでは約1時間。<br />

    ルツェルン駅からチューリッヒまでは約1時間。

  • 2階建ての電車に乗ります。<br />ルツェルンを14:35に出発し、チューリッヒに15:30に到着しました。<br />

    2階建ての電車に乗ります。
    ルツェルンを14:35に出発し、チューリッヒに15:30に到着しました。

  • チューリヒに戻った私はホテルに預けてあったスーツケースを引き取り、空港行きの電車に乗り込みました。

    チューリヒに戻った私はホテルに預けてあったスーツケースを引き取り、空港行きの電車に乗り込みました。

  • チューリッヒ中央駅から空港駅までは10分足らず。近いのでとても便利です。

    チューリッヒ中央駅から空港駅までは10分足らず。近いのでとても便利です。

  • 16時過ぎに空港に到着し、チェックインはあっという間に終了。フードコートでピザを食べました。10フラン。約1000円。同じ大きさのピザがツェルマットでは17フランだったことを思い出しました。

    16時過ぎに空港に到着し、チェックインはあっという間に終了。フードコートでピザを食べました。10フラン。約1000円。同じ大きさのピザがツェルマットでは17フランだったことを思い出しました。

  • 18:15にチューリッヒを出発。フランクフルト経由で帰国します。<br />フランクフルトの乗り継ぎ時間はわずか1時間20分。かなりギリギリの乗継であり、飛行機が遅れると大ピンチに陥ります。幸い飛行機は定時の19:20に到着。駐機場からターミナルまでバスで移動すると聞いた時には焦りましたが、バスは成田行きの飛行機が出るBターミナルに直接向かったため、わずか30分で成田行きの搭乗口に着いてしまいました。通常必要なはずの荷物検査も飛ばしています。こんなことってあるんですね。<br /><br />成田行きの全日空NH210便はルフトハンザとの共同運航便です。ご飯は大したことありませんが、日本の飛行機という安心感があります。<br />ご飯を食べてひと眠りしたらもうシベリア上空。よっぽと疲れていたのでしょう。12時間近くあるはずのフライトがあっという間でした。<br /><br />これでスイス旅行記は終わりです。<br />今回は幸いにして天候に恵まれました。雨が降った日もありましたが、ユングフラウやマッターホルンでは晴れた日もあり、素晴らしい景色を拝むことができました。とは言ってもマッターホルンは3日間滞在して晴れたのは半日だけ。日程を変更して対応できたのは個人旅行の良さですね。これがツアーだったら曇りだろうが雨だろうが展望台に行くしかないのです。やはりスイス旅行は天候次第で柔軟に行動できる個人旅行が合っています。<br /><br />もう一つの有名な山であるモンブランに行けなかったのは残念ですが、8日間という限られた日程では難しいでしょう。スイスの夏は短く、5月では雪が残り、9月には冬が始まります。仕事の関係で7月や8月に長期休むのが難しいので、今回は限られたチャンスをうまく活かしたことになります。<br /><br />鉄道にはたくさん乗ったし、SLも無事乗れましたし、山登りもしたし、チーズフォンデュも食べたし、この8日間で思う存分スイスを堪能できました。実りのある、充実した旅行だったと思います。<br />この旅行記に最後までお付き合いいただきありがとうございました。

    18:15にチューリッヒを出発。フランクフルト経由で帰国します。
    フランクフルトの乗り継ぎ時間はわずか1時間20分。かなりギリギリの乗継であり、飛行機が遅れると大ピンチに陥ります。幸い飛行機は定時の19:20に到着。駐機場からターミナルまでバスで移動すると聞いた時には焦りましたが、バスは成田行きの飛行機が出るBターミナルに直接向かったため、わずか30分で成田行きの搭乗口に着いてしまいました。通常必要なはずの荷物検査も飛ばしています。こんなことってあるんですね。

    成田行きの全日空NH210便はルフトハンザとの共同運航便です。ご飯は大したことありませんが、日本の飛行機という安心感があります。
    ご飯を食べてひと眠りしたらもうシベリア上空。よっぽと疲れていたのでしょう。12時間近くあるはずのフライトがあっという間でした。

    これでスイス旅行記は終わりです。
    今回は幸いにして天候に恵まれました。雨が降った日もありましたが、ユングフラウやマッターホルンでは晴れた日もあり、素晴らしい景色を拝むことができました。とは言ってもマッターホルンは3日間滞在して晴れたのは半日だけ。日程を変更して対応できたのは個人旅行の良さですね。これがツアーだったら曇りだろうが雨だろうが展望台に行くしかないのです。やはりスイス旅行は天候次第で柔軟に行動できる個人旅行が合っています。

    もう一つの有名な山であるモンブランに行けなかったのは残念ですが、8日間という限られた日程では難しいでしょう。スイスの夏は短く、5月では雪が残り、9月には冬が始まります。仕事の関係で7月や8月に長期休むのが難しいので、今回は限られたチャンスをうまく活かしたことになります。

    鉄道にはたくさん乗ったし、SLも無事乗れましたし、山登りもしたし、チーズフォンデュも食べたし、この8日間で思う存分スイスを堪能できました。実りのある、充実した旅行だったと思います。
    この旅行記に最後までお付き合いいただきありがとうございました。

20いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

2013年スイス旅行記

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

スイスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スイス最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スイスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集