香川旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 高知からの帰りに、香川県でまだ行ったことにない観光地を見学しようと、源平の合戦舞台である屋島(讃岐檀ノ浦)古戦場と屋島寺を見学することに。<br /> 下関にも壇之浦の戦いの跡地があります。自分の頭の中では屋島が香川、壇之浦は下関という認識でしたが、なぜか香川も檀ノ浦となっています。壇と檀で字が違うのですが。<br /> 「だんのうら」は、日本の浦の呼称で、治承・寿永の乱(源平合戦)の舞台となった場所であり、山口県下関市壇之浦町と香川県高松市屋島東町周辺の2か所が有名ということだそうで納得しました。<br /> 屋島寺には色々な御堂があるが、蓑山大明神をしっかり見るべきでした。アニメ映画「平成たぬき合戦ぽんぽこ」にも登場した日本三大狸「太三郎狸」をおまつりする神社だったので。日本三大狸とは佐渡の二ツ岩の団三郎狸、淡路の芝右衛門狸、そして屋島の禿狸 (太三郎狸)。

徳島・高知・香川の旅 香川編(屋島寺と源平屋島(讃岐檀ノ浦)古戦場)

2いいね!

2008/05/05 - 2008/05/05

5309位(同エリア6981件中)

0

16

tzpapa10

tzpapa10さん

 高知からの帰りに、香川県でまだ行ったことにない観光地を見学しようと、源平の合戦舞台である屋島(讃岐檀ノ浦)古戦場と屋島寺を見学することに。
 下関にも壇之浦の戦いの跡地があります。自分の頭の中では屋島が香川、壇之浦は下関という認識でしたが、なぜか香川も檀ノ浦となっています。壇と檀で字が違うのですが。
 「だんのうら」は、日本の浦の呼称で、治承・寿永の乱(源平合戦)の舞台となった場所であり、山口県下関市壇之浦町と香川県高松市屋島東町周辺の2か所が有名ということだそうで納得しました。
 屋島寺には色々な御堂があるが、蓑山大明神をしっかり見るべきでした。アニメ映画「平成たぬき合戦ぽんぽこ」にも登場した日本三大狸「太三郎狸」をおまつりする神社だったので。日本三大狸とは佐渡の二ツ岩の団三郎狸、淡路の芝右衛門狸、そして屋島の禿狸 (太三郎狸)。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
グルメ
4.5
同行者
家族旅行
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
自家用車 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 屋島スカイウェイ山上駐車場からの出口付近にある「(迎)源平屋島古戦場」の碑、反対側には「(歓)瀬戸内海国立公園 屋島」の碑があります。<br />背後の建物は「大師堂」だったと思います。

    屋島スカイウェイ山上駐車場からの出口付近にある「(迎)源平屋島古戦場」の碑、反対側には「(歓)瀬戸内海国立公園 屋島」の碑があります。
    背後の建物は「大師堂」だったと思います。

    源平屋島合戦の史跡 名所・史跡

  • 四国霊場第八十四番札所 南面山 千光院 屋島寺<br />山上駐車場からのアクセス歩道から撮影。<br />標高293mの屋島山上に位置する寺院で、753年に鑑真が建立。<br />本尊は十一面千手観世音菩薩

    四国霊場第八十四番札所 南面山 千光院 屋島寺
    山上駐車場からのアクセス歩道から撮影。
    標高293mの屋島山上に位置する寺院で、753年に鑑真が建立。
    本尊は十一面千手観世音菩薩

    屋島寺 寺・神社

  • 「東門」をアクセス歩道から。マイカーでいくとこの門から通常境内にはいる。<br />

    「東門」をアクセス歩道から。マイカーでいくとこの門から通常境内にはいる。

    屋島寺 寺・神社

  • 「東門」 写真の石碑は「真言宗 準大本山 屋島寺」とあり、反対側には「四国霊場第八十四番」の石碑が対になって立っています。山上駐車場から東門までの間には「瑠璃宝池」があり、弘法大師が伽藍を南嶺に移す際、お経と宝珠を納めて池としたが竜神が宝珠を奪いにくるという伝説が残っている。源平合戦のとき檀ノ浦で戦った武士が血のついた刀を洗い、池の水が真っ赤に染まったということから別名、血の池と呼ばれているそうです。

    「東門」 写真の石碑は「真言宗 準大本山 屋島寺」とあり、反対側には「四国霊場第八十四番」の石碑が対になって立っています。山上駐車場から東門までの間には「瑠璃宝池」があり、弘法大師が伽藍を南嶺に移す際、お経と宝珠を納めて池としたが竜神が宝珠を奪いにくるという伝説が残っている。源平合戦のとき檀ノ浦で戦った武士が血のついた刀を洗い、池の水が真っ赤に染まったということから別名、血の池と呼ばれているそうです。

    屋島寺 寺・神社

  • 「東門」から入ってすぐ右手にあるモニュメントで、本堂に向かって「三躰堂」「千躰堂」「大師堂」が順に並んでいます。

    「東門」から入ってすぐ右手にあるモニュメントで、本堂に向かって「三躰堂」「千躰堂」「大師堂」が順に並んでいます。

    屋島寺 寺・神社

  • 「東門」から境内に入って正面にある石塔。<br />右側は「四天門」で、四隅に四天王を配した門。仏法を守護する持国天・増長天・広目天・多聞天(毘沙門天)が四方を守っている。屋島登山道(旧遍路道)から訪れると、お遍路さん達は、まず「仁王門」を通って、そちらの「四天門」から境内に入る。<br />

    「東門」から境内に入って正面にある石塔。
    右側は「四天門」で、四隅に四天王を配した門。仏法を守護する持国天・増長天・広目天・多聞天(毘沙門天)が四方を守っている。屋島登山道(旧遍路道)から訪れると、お遍路さん達は、まず「仁王門」を通って、そちらの「四天門」から境内に入る。

    屋島寺庭園(雪の庭) 寺・神社

  • 写真右にあるのが「鐘楼」で重要文化財。<br />平家供養の鐘として、鎌倉時代・貞応2年(1223年)に鋳造。<br />左側は「四天門」<br />

    写真右にあるのが「鐘楼」で重要文化財。
    平家供養の鐘として、鎌倉時代・貞応2年(1223年)に鋳造。
    左側は「四天門」

    屋島寺 寺・神社

  • 「納経所」とその背後にある「本堂」<br />「本堂」は重要文化財。鎌倉時代後期に建立され、昭和34年に復元。<br /><br />

    「納経所」とその背後にある「本堂」
    「本堂」は重要文化財。鎌倉時代後期に建立され、昭和34年に復元。

    屋島寺 寺・神社

  • 賽銭箱附近しか撮れていないが「千躰堂」<br />ここは千手観音を安置しているお堂。本堂に向かって右側にあるこのお堂は、阿弥陀如来、釈迦如来、そして鑑真和上を祀る「三躰堂」、弘法大師を祀る「大師堂」並んでいる。

    賽銭箱附近しか撮れていないが「千躰堂」
    ここは千手観音を安置しているお堂。本堂に向かって右側にあるこのお堂は、阿弥陀如来、釈迦如来、そして鑑真和上を祀る「三躰堂」、弘法大師を祀る「大師堂」並んでいる。

    屋島寺 寺・神社

  • 「宝物館」 源平合戦の遺物と宝物、屋島寺に伝わる宝物を展示してます。建物の中央部の屋根がドーム状になっていて特徴的でインパクトあります。

    「宝物館」 源平合戦の遺物と宝物、屋島寺に伝わる宝物を展示してます。建物の中央部の屋根がドーム状になっていて特徴的でインパクトあります。

    屋島寺 寺・神社

  • 「納経所」<br />

    「納経所」

    屋島寺 寺・神社

  • 屋島展望エリア<br />車では屋島寺までは屋島スカイウェイでアクセスします。このスカイウェイの途中に源平屋島古戦場を一望できる展望エリアがある。相引川河口地域(立石港周辺一帯)を望み、この地域の手前側(西岸域)が屋島の戦いの戦場にもなった讃岐檀ノ浦になります。

    屋島展望エリア
    車では屋島寺までは屋島スカイウェイでアクセスします。このスカイウェイの途中に源平屋島古戦場を一望できる展望エリアがある。相引川河口地域(立石港周辺一帯)を望み、この地域の手前側(西岸域)が屋島の戦いの戦場にもなった讃岐檀ノ浦になります。

    源平屋島合戦の史跡 名所・史跡

  • 標識に「源平屋島古戦場」とあるが、展望台にある場所を示す看板には「源平檀ノ浦古戦場のご案内」とあります。

    標識に「源平屋島古戦場」とあるが、展望台にある場所を示す看板には「源平檀ノ浦古戦場のご案内」とあります。

    源平屋島合戦の史跡 名所・史跡

  • 展望台からの風景<br />かわら投げは展望台からかわらを投げる屋島の名物らしく、レトロなお店などで売られているそうで、開運や厄除け祈願のためだそう。源平の戦いに勝利した源氏の兵が陣笠を投げて、勝どきをあげたことに由来するそうです。

    展望台からの風景
    かわら投げは展望台からかわらを投げる屋島の名物らしく、レトロなお店などで売られているそうで、開運や厄除け祈願のためだそう。源平の戦いに勝利した源氏の兵が陣笠を投げて、勝どきをあげたことに由来するそうです。

    源平屋島合戦の史跡 名所・史跡

  • 展望台からの風景

    展望台からの風景

    源平屋島合戦の史跡 名所・史跡

  • 展望台からの風景

    展望台からの風景

    源平屋島合戦の史跡 名所・史跡

2いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

香川の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集