五所川原旅行記(ブログ) 一覧に戻る
数年前、サカイ引越センターのCMで青森のりんご産地に転勤になった彼氏について行って結婚するストーリーがあり、壮大なりんご畑をサカイのトラックが走り抜けるシーンが記憶に残っていました。<br />その後、JRの駅貼りポスターで吉永小百合さんが鶴の舞橋をバックに佇むものがあり、バックの岩木山を見て「これって、もしやりんご畑の近くじゃないかい??」と思いました。<br />調べてみると、どちらも五所川原・弘前の周辺にあること、リンゴの花は例年5月連休明けに満開となることがわかり計画を立てました。<br /><br />一番のネックは鶴の舞橋に行くバスが過疎化のため廃止され足がないことです。<br />調べると「つがる富士見荘」という公共の宿が鶴の舞橋の近くにあり最寄り駅から送迎して下さるので、迷わずそこを予約しました。駅から6キロ、、ちょっと気軽に歩ける距離じゃないですね。<br />*実は「教えてトラベラー」で地元の方にここを教えていただいたのです。<br />ありがとうございます。<br />「じゃらん」など宿泊予約サイトと契約していないので盲点でした。<br /><br />ちょうど新幹線が50%引というのにも背中を押され2泊で行ってきました。<br />2泊目は駅前ビジネスホテルでもよかったのですが、思い切ってジビエ料理で有名な嶽温泉「山のホテル」にしました。

りんごの花と鶴の舞橋と

29いいね!

2021/05/08 - 2021/05/10

66位(同エリア269件中)

2

55

たのちゃん

たのちゃんさん

数年前、サカイ引越センターのCMで青森のりんご産地に転勤になった彼氏について行って結婚するストーリーがあり、壮大なりんご畑をサカイのトラックが走り抜けるシーンが記憶に残っていました。
その後、JRの駅貼りポスターで吉永小百合さんが鶴の舞橋をバックに佇むものがあり、バックの岩木山を見て「これって、もしやりんご畑の近くじゃないかい??」と思いました。
調べてみると、どちらも五所川原・弘前の周辺にあること、リンゴの花は例年5月連休明けに満開となることがわかり計画を立てました。

一番のネックは鶴の舞橋に行くバスが過疎化のため廃止され足がないことです。
調べると「つがる富士見荘」という公共の宿が鶴の舞橋の近くにあり最寄り駅から送迎して下さるので、迷わずそこを予約しました。駅から6キロ、、ちょっと気軽に歩ける距離じゃないですね。
*実は「教えてトラベラー」で地元の方にここを教えていただいたのです。
ありがとうございます。
「じゃらん」など宿泊予約サイトと契約していないので盲点でした。

ちょうど新幹線が50%引というのにも背中を押され2泊で行ってきました。
2泊目は駅前ビジネスホテルでもよかったのですが、思い切ってジビエ料理で有名な嶽温泉「山のホテル」にしました。

旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
4.5
グルメ
5.0
交通
4.5
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
高速・路線バス 新幹線 JRローカル 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • これがそのポスターです。<br />このキャンペーンを機に「鶴の舞橋」が一気に全国的に有名になり、観光客が押し寄せるようになったそうです。<br />こちらに専用サイトもあります。<br />https://www.jreast.co.jp/otona/tvcm/sakasafuji.html<br />(JR東日本 大人の休日倶楽部)<br /><br />

    これがそのポスターです。
    このキャンペーンを機に「鶴の舞橋」が一気に全国的に有名になり、観光客が押し寄せるようになったそうです。
    こちらに専用サイトもあります。
    https://www.jreast.co.jp/otona/tvcm/sakasafuji.html
    (JR東日本 大人の休日倶楽部)

  • りんご畑の中にある無人駅。五能線林崎駅です。<br />サカイのCMはこの付近で撮影されました。<br />こちらに動画も残っていました。<br />https://www.youtube.com/watch?v=LBI6_CmXVUE

    りんご畑の中にある無人駅。五能線林崎駅です。
    サカイのCMはこの付近で撮影されました。
    こちらに動画も残っていました。
    https://www.youtube.com/watch?v=LBI6_CmXVUE

  • 今回の行程です。<br />〇1日目 5月8日(土)<br />東京 6:16 → 盛岡8:45 はやぶさ1号<br />盛岡駅前 9:20 → 弘前駅前 11:35 高速バス ヨーデル号 岩手県交通<br />弘前 12:40 → 林崎 13:03 五能線普通列車<br />【りんご畑を徒歩散策】<br />板柳 14:54 → 陸奥鶴田 14:54 リゾートしらかみ4号<br />送迎車 15:00 →【つがる富士見荘】泊 1泊2食12000円<br />〇2日目 5月9日(日)<br />送迎車 9:00 → 陸奥鶴田駅 9:15<br />陸奥鶴田 9:24 → 五所川原 9:30 リゾートしらかみ2号<br />【立佞武多の館】<br />五所川原 12:09 → 板柳 12:24 リゾートしらかみ1号<br />無料観光タクシー  ⇒【板柳町ふるさと館】【岩木川散策】<br />無料観光タクシー  ⇒ 板柳駅<br />板柳 15:25 → 弘前 15:52 リゾートしらかみ3号<br />送迎車 16:00 →【嶽温泉 山のホテル】泊 16:45<br />〇3日目 5月10日(月)<br />送迎車 9:00 → 弘前りんご公園 9:40<br />【弘前りんご公園】<br />弘前りんご公園前 10:45  → 弘前駅 11:07 弘南バス<br />弘前 11:39 → 青森 12:29 奥羽本線普通列車<br />【青森きっちんPOPE】【ワラッセ】【アスパム】<br />青森 16:45 → 新青森 16:50 奥羽本線普通列車<br />【あおもり旬味館】<br />新青森 17:44 → 上野 20:55 はやぶさ42号<br />

    今回の行程です。
    〇1日目 5月8日(土)
    東京 6:16 → 盛岡8:45 はやぶさ1号
    盛岡駅前 9:20 → 弘前駅前 11:35 高速バス ヨーデル号 岩手県交通
    弘前 12:40 → 林崎 13:03 五能線普通列車
    【りんご畑を徒歩散策】
    板柳 14:54 → 陸奥鶴田 14:54 リゾートしらかみ4号
    送迎車 15:00 →【つがる富士見荘】泊 1泊2食12000円
    〇2日目 5月9日(日)
    送迎車 9:00 → 陸奥鶴田駅 9:15
    陸奥鶴田 9:24 → 五所川原 9:30 リゾートしらかみ2号
    【立佞武多の館】
    五所川原 12:09 → 板柳 12:24 リゾートしらかみ1号
    無料観光タクシー ⇒【板柳町ふるさと館】【岩木川散策】
    無料観光タクシー ⇒ 板柳駅
    板柳 15:25 → 弘前 15:52 リゾートしらかみ3号
    送迎車 16:00 →【嶽温泉 山のホテル】泊 16:45
    〇3日目 5月10日(月)
    送迎車 9:00 → 弘前りんご公園 9:40
    【弘前りんご公園】
    弘前りんご公園前 10:45 → 弘前駅 11:07 弘南バス
    弘前 11:39 → 青森 12:29 奥羽本線普通列車
    【青森きっちんPOPE】【ワラッセ】【アスパム】
    青森 16:45 → 新青森 16:50 奥羽本線普通列車
    【あおもり旬味館】
    新青森 17:44 → 上野 20:55 はやぶさ42号

  • ヨーデル号<br />このバスは自由席で、券売機で乗車券を買って乗ります。<br />東北自動車道の盛岡~黒石を走行し、沿線の里山景色がなかなか良いです。

    ヨーデル号
    このバスは自由席で、券売機で乗車券を買って乗ります。
    東北自動車道の盛岡~黒石を走行し、沿線の里山景色がなかなか良いです。

    盛岡駅

  • 弘前駅に定刻到着。<br />自動改札があるのにSuicaが使えないとは!!<br />駅ビルや売店では普通に使えるんですが。<br /><br />「津軽フリーパス」というお得なきっぷがあるのですが、計算してみたら20円損になるので今回は個札で対応しました。バスや私鉄にたくさん乗らないと元は取れません。<br /><br />

    弘前駅に定刻到着。
    自動改札があるのにSuicaが使えないとは!!
    駅ビルや売店では普通に使えるんですが。

    「津軽フリーパス」というお得なきっぷがあるのですが、計算してみたら20円損になるので今回は個札で対応しました。バスや私鉄にたくさん乗らないと元は取れません。

    弘前駅

  • 五能線の普通列車、深浦行きです。<br />今年の3月に登場したばかりの最新式電気式気動車。<br />ディーゼル発電機で電気をおこし、電車と同じ足回りで走ります。<br />これまでの気動車と違い、低速でも高速でも急坂でもエンジン音が常に一定というのに違和感を感じましたね。変速(ギヤチェンジ)もありません。<br />モーター駆動なので初期加速がいいですね。<br />車内はボックスシートが復活しました。<br />ローカル線にロングシートの701系は味気ないですからね。

    五能線の普通列車、深浦行きです。
    今年の3月に登場したばかりの最新式電気式気動車。
    ディーゼル発電機で電気をおこし、電車と同じ足回りで走ります。
    これまでの気動車と違い、低速でも高速でも急坂でもエンジン音が常に一定というのに違和感を感じましたね。変速(ギヤチェンジ)もありません。
    モーター駆動なので初期加速がいいですね。
    車内はボックスシートが復活しました。
    ローカル線にロングシートの701系は味気ないですからね。

  • JR東の最新型車両なのに、なぜかスピードメーターがアナログ!?!?<br />E233やE531の液晶パネルデジアナメーターは不評だったのかなあ。<br /><br />気動車は電車よりもパイロットランプの数が多いです。

    JR東の最新型車両なのに、なぜかスピードメーターがアナログ!?!?
    E233やE531の液晶パネルデジアナメーターは不評だったのかなあ。

    気動車は電車よりもパイロットランプの数が多いです。

  • 弘前の郊外まで来るとりんご畑が広がります。おーっ咲いてる!!

    弘前の郊外まで来るとりんご畑が広がります。おーっ咲いてる!!

  • リンゴ畑に囲まれた有名な無人駅、林崎です。

    リンゴ畑に囲まれた有名な無人駅、林崎です。

  • 近くに民家はなく、どちらを見てもりんごの木だらけです。<br /><br />これまで快速のリゾートしらかみで、いつも通過だったのでやっと降りられました。

    近くに民家はなく、どちらを見てもりんごの木だらけです。

    これまで快速のリゾートしらかみで、いつも通過だったのでやっと降りられました。

    林崎駅

    りんごの花見は林崎駅から by たのちゃんさん
  • ここから岩木川の土手を通り、隣の板柳駅に向けて4キロを歩きます。<br />ほぼ満開!!もーシアワセ(⌒∇⌒)

    ここから岩木川の土手を通り、隣の板柳駅に向けて4キロを歩きます。
    ほぼ満開!!もーシアワセ(⌒∇⌒)

  • これは間引き前なので花がたわわですが、手作業でりんごの生育に丁度良いように花を摘み取り間引きします。<br />1つの枝に2花程度を残して摘み取るそうです。<br />このまま実をつけさせたら栄養不足で実が大きく育たないそうです。

    これは間引き前なので花がたわわですが、手作業でりんごの生育に丁度良いように花を摘み取り間引きします。
    1つの枝に2花程度を残して摘み取るそうです。
    このまま実をつけさせたら栄養不足で実が大きく育たないそうです。

  • こちらは剪定と間引き後なので、一見花が少ないです。<br />ハシゴをかけて収穫できるよう樹形は低く抑えられています。<br />作業機械が通れるように通路をあけリンゴの木は整然と植えられています。<br /><br />リンゴの木の下で、おにぎりピクニック!!これやりたかったんです。。

    こちらは剪定と間引き後なので、一見花が少ないです。
    ハシゴをかけて収穫できるよう樹形は低く抑えられています。
    作業機械が通れるように通路をあけリンゴの木は整然と植えられています。

    リンゴの木の下で、おにぎりピクニック!!これやりたかったんです。。

  • 板柳駅は無人駅ですが、こんなハイテクの時刻表がありました。<br />これを見ると「リゾ-トしらかみ」ばかりで普通列車はごく少ないことがわかりますね。<br />冬季は運休の日も多いので、その時期に旅行すると格段に不便です。

    板柳駅は無人駅ですが、こんなハイテクの時刻表がありました。
    これを見ると「リゾ-トしらかみ」ばかりで普通列車はごく少ないことがわかりますね。
    冬季は運休の日も多いので、その時期に旅行すると格段に不便です。

    板柳駅

  • 2017年新造の「ブナ*」編成がやってきました。(*表外字なので漢字が表示されません)<br />ハイブリッド気動車で起動時はバッテリーを使い排煙を削減しています。<br />車両はスタート時が一番パワーを必要とし、排気ガスを多量に出します。

    2017年新造の「ブナ*」編成がやってきました。(*表外字なので漢字が表示されません)
    ハイブリッド気動車で起動時はバッテリーを使い排煙を削減しています。
    車両はスタート時が一番パワーを必要とし、排気ガスを多量に出します。

  • 2駅8分でもう着きました。<br />車内では津軽弁の語り部がむかし話を披露しておりました。<br />ほかに津軽三味線とか、人形芝居とか車内イベントがあります。<br /><br />陸奥鶴田駅から送迎車で今宵の宿、つがる富士見荘に向かいます。

    2駅8分でもう着きました。
    車内では津軽弁の語り部がむかし話を披露しておりました。
    ほかに津軽三味線とか、人形芝居とか車内イベントがあります。

    陸奥鶴田駅から送迎車で今宵の宿、つがる富士見荘に向かいます。

    陸奥鶴田駅

  • 鶴田町の公共の宿、富士見荘。鶴の舞橋の目の前です。<br />正面を撮り忘れましたので湖側からの、つがる富士見荘。<br />中央2階の部屋に泊まりました。<br /><br />*つがる富士見荘は4トラの位置情報がありませんので富士見湖パークにしてあります。

    鶴田町の公共の宿、富士見荘。鶴の舞橋の目の前です。
    正面を撮り忘れましたので湖側からの、つがる富士見荘。
    中央2階の部屋に泊まりました。

    *つがる富士見荘は4トラの位置情報がありませんので富士見湖パークにしてあります。

    富士見湖パーク 自然・景勝地

  • 玄関から入るとロビー正面に「鶴の舞橋」が広がっています。

    玄関から入るとロビー正面に「鶴の舞橋」が広がっています。

  • 部屋は2階です。正面に鶴の舞橋の見えるベストポジション(●⌒∇⌒●) <br />空いているので良い部屋にして下さったようです。

    部屋は2階です。正面に鶴の舞橋の見えるベストポジション(●⌒∇⌒●)
    空いているので良い部屋にして下さったようです。

  • では早速鶴の舞橋探索へ。<br />日本で一番長い木造の橋で3連構造、全長300mです。

    では早速鶴の舞橋探索へ。
    日本で一番長い木造の橋で3連構造、全長300mです。

    鶴の舞橋 名所・史跡

  • 3連の太鼓橋でステージと呼ばれる建物が2つあります。

    3連の太鼓橋でステージと呼ばれる建物が2つあります。

  • 岩木山も見えますが、ちょうど中国からの黄砂の影響ではっきりしません。<br />風が強いので逆さ岩木山はちょっとムリですね~。

    岩木山も見えますが、ちょうど中国からの黄砂の影響ではっきりしません。
    風が強いので逆さ岩木山はちょっとムリですね~。

  • ところで鶴の舞橋って何でしょうか?<br />江戸時代から農業かんがい用に使われていた人造の「津軽富士見湖」に観光用のため平成6年に完成した総青森ヒバ造りの橋です。<br />歩行者専用で鶴が羽根を広げたイメージをデザインされています。<br />なお津軽富士見湖の正式名称は廻堰大溜池(まわりぜきおおためいけ)といいます。 2010年(平成22年)3月25日に農林水産省のため池百選に選ばれています。

    ところで鶴の舞橋って何でしょうか?
    江戸時代から農業かんがい用に使われていた人造の「津軽富士見湖」に観光用のため平成6年に完成した総青森ヒバ造りの橋です。
    歩行者専用で鶴が羽根を広げたイメージをデザインされています。
    なお津軽富士見湖の正式名称は廻堰大溜池(まわりぜきおおためいけ)といいます。 2010年(平成22年)3月25日に農林水産省のため池百選に選ばれています。

  • 手前が大ステージ。向うが小ステージで展望場所になっています。<br /><br />夏から秋に来ると農業に水を使ってしまって池の水位が低いそうです。

    手前が大ステージ。向うが小ステージで展望場所になっています。

    夏から秋に来ると農業に水を使ってしまって池の水位が低いそうです。

    津軽富士見湖 自然・景勝地

  • 木立の合間に見える大ステージ

    木立の合間に見える大ステージ

  • ふと吉永小百合さんポスターの撮影ポイントはどこだろうなあとレビューしてみたりします。<br />この日は水草がありますが、きっとこの近くなんでしょう。

    ふと吉永小百合さんポスターの撮影ポイントはどこだろうなあとレビューしてみたりします。
    この日は水草がありますが、きっとこの近くなんでしょう。

  • 説明の看板もありました。

    説明の看板もありました。

  • 東岸では八重桜の関山が満開見頃でした。<br />染井は1週間前に終わったそうです。

    東岸では八重桜の関山が満開見頃でした。
    染井は1週間前に終わったそうです。

  • 関山(かんざん)と鶴の舞橋のコラボを。

    関山(かんざん)と鶴の舞橋のコラボを。

  • この時は一羽しかいませんでしたが、鶴田町は鶴の飛来地で、春先には舞橋の欄干に鶴が鈴なりにとまってている光景も見られるそうです。

    この時は一羽しかいませんでしたが、鶴田町は鶴の飛来地で、春先には舞橋の欄干に鶴が鈴なりにとまってている光景も見られるそうです。

  • つがる富士見荘の宿泊者専用浴室<br />窓から鶴の舞橋をながめながら温泉に浸かれるんです。ナトリウム塩化物泉。<br />これは贅沢!!

    つがる富士見荘の宿泊者専用浴室
    窓から鶴の舞橋をながめながら温泉に浸かれるんです。ナトリウム塩化物泉。
    これは贅沢!!

  • 御食事処ももちろん鶴の舞橋ビュー!!

    御食事処ももちろん鶴の舞橋ビュー!!

  • つがる富士見荘の夕食です。<br />公共の宿にしてはしっかり造られています。<br />おいしくいただきました。<br />*1泊2食付\12000円(休前日料金)

    つがる富士見荘の夕食です。
    公共の宿にしてはしっかり造られています。
    おいしくいただきました。
    *1泊2食付\12000円(休前日料金)

  • 夜間は欄干がLED照明でぼんやり光ります。<br /><br />周囲が暗いので満天の星空も見られました。

    夜間は欄干がLED照明でぼんやり光ります。

    周囲が暗いので満天の星空も見られました。

  • 朝4時、夜明け前の鶴の舞橋<br />ここに泊まらなきゃ撮れない写真です。<br /><br />チェックアウト後も陸奥鶴田駅まで送っていただきました。<br />ありがとうございます。この送迎がなきゃ見られませんでしたね。

    朝4時、夜明け前の鶴の舞橋
    ここに泊まらなきゃ撮れない写真です。

    チェックアウト後も陸奥鶴田駅まで送っていただきました。
    ありがとうございます。この送迎がなきゃ見られませんでしたね。

  • 陸奥鶴田駅。<br />鶴が羽根をひろげてはばたいているイメージの建物です。<br />

    陸奥鶴田駅。
    鶴が羽根をひろげてはばたいているイメージの建物です。

    陸奥鶴田駅

  • 五所川原まで、またリゾートしらかみです。<br />この時間普通列車はありません。<br />たった2駅、運賃190円でも座席指定料金530円が1乗車ごとに必要です。<br />今度は「青池」編成でした。これもハイブリッド気動車です。<br />デッキでは津軽三味線ライブをやっていて車内放送で流れています。

    五所川原まで、またリゾートしらかみです。
    この時間普通列車はありません。
    たった2駅、運賃190円でも座席指定料金530円が1乗車ごとに必要です。
    今度は「青池」編成でした。これもハイブリッド気動車です。
    デッキでは津軽三味線ライブをやっていて車内放送で流れています。

  • 今回は2号車のボックス席です。というかドアのない個室です。<br />中央にテーブルがあり、座席を動かすとフラット床になって寝そべることも出来るんですよ~。隣はグループで宴会やってる~~。。<br />わずか2駅6分間のリッチな旅でした・・・(/・_・\)<br />この席はえきねっとや指定席券売機では買えません。みどりの窓口へGo!!

    今回は2号車のボックス席です。というかドアのない個室です。
    中央にテーブルがあり、座席を動かすとフラット床になって寝そべることも出来るんですよ~。隣はグループで宴会やってる~~。。
    わずか2駅6分間のリッチな旅でした・・・(/・_・\)
    この席はえきねっとや指定席券売機では買えません。みどりの窓口へGo!!

  • 五所川原では「立佞武多の館」へ。<br />ひときわ目立つ、鉄筋6階建ての建物です。

    五所川原では「立佞武多の館」へ。
    ひときわ目立つ、鉄筋6階建ての建物です。

    五所川原駅

  • 入館料を支払い、エレベータで4階へ。<br />ねぶたの最上部から見られます。<br />大型ねぶた。高さが23mあるそうです。

    入館料を支払い、エレベータで4階へ。
    ねぶたの最上部から見られます。
    大型ねぶた。高さが23mあるそうです。

    立佞武多の館 美術館・博物館

  • 至近距離なので迫力ありますね。通常はこの高さ、こんな角度からは見られません。<br /><br />

    至近距離なので迫力ありますね。通常はこの高さ、こんな角度からは見られません。

  • 大型ねぶたは毎年1基づつ新製し、祭りには前年、前々年のものと3基が参加するそうです。<br />つまり3年間使用して4年目には解体されます。<br /><br />今年の分は3階で製作中ですが、日曜で作業はお休みでした。<br />観光客も着色などお手伝いできるそうです。<br /><br />*【2021-6-1追記】<br />2021年の立佞武多まつりは中止が決まりました。<br />代替えイベントを10月9,10日に開催し今年製作の分をお披露目するそうです。<br />

    大型ねぶたは毎年1基づつ新製し、祭りには前年、前々年のものと3基が参加するそうです。
    つまり3年間使用して4年目には解体されます。

    今年の分は3階で製作中ですが、日曜で作業はお休みでした。
    観光客も着色などお手伝いできるそうです。

    *【2021-6-1追記】
    2021年の立佞武多まつりは中止が決まりました。
    代替えイベントを10月9,10日に開催し今年製作の分をお披露目するそうです。

  • ねぶた祭り、見に行きたいけど五所川原はホテルが少ないので弘前か周辺の温泉に泊まらないとだめですね。

    ねぶた祭り、見に行きたいけど五所川原はホテルが少ないので弘前か周辺の温泉に泊まらないとだめですね。

  • 五所川原からまた快速リゾートしらかみで弘前に向かいます。<br />さすがリゾート列車、満開のりんご畑を通るときには徐行して車掌さんが説明して下さいます。<br />こんどは、くまげら編成。これで全部の編成に乗ることが出来ました。

    五所川原からまた快速リゾートしらかみで弘前に向かいます。
    さすがリゾート列車、満開のりんご畑を通るときには徐行して車掌さんが説明して下さいます。
    こんどは、くまげら編成。これで全部の編成に乗ることが出来ました。

  • 実は、ここリゾートしらかみ車内でしか食べられない「ハタハタ館の晩酌セット」というレアな弁当があるのですが、今は「あきた白神駅」に停車時点で車内に乗っていないと買えないことがわかり断念しました。JRの車内販売廃止の弊害ですね。<br />残念です。<br />以前は予約しておけば五所川原から乗ってもアテンダントさん経由で買えたのですが・・・。<br />*「五能線の旅」パンフより 2021年

    実は、ここリゾートしらかみ車内でしか食べられない「ハタハタ館の晩酌セット」というレアな弁当があるのですが、今は「あきた白神駅」に停車時点で車内に乗っていないと買えないことがわかり断念しました。JRの車内販売廃止の弊害ですね。
    残念です。
    以前は予約しておけば五所川原から乗ってもアテンダントさん経由で買えたのですが・・・。
    *「五能線の旅」パンフより 2021年

  • 今宵の宿は、嶽温泉の「山のホテル」<br />弘前駅から送迎して下さいました。片道45分もかかり標高800mで岩木山5合目くらいの位置にあります。後ろは岩木山です。

    今宵の宿は、嶽温泉の「山のホテル」
    弘前駅から送迎して下さいました。片道45分もかかり標高800mで岩木山5合目くらいの位置にあります。後ろは岩木山です。

    嶽温泉 山のホテル 宿・ホテル

    2名1室合計 21,780円~

  • 鹿肉、熊肉、猪肉のマタギプランです。<br />詳しくは「食べログ」にレポしたのでこちらをご覧下さい。<br />1泊2食付15500円!これは安いと思いました。大満足です。<br />https://tabelog.com/aomori/A0202/A020204/2008984/dtlrvwlst/B437582701/

    鹿肉、熊肉、猪肉のマタギプランです。
    詳しくは「食べログ」にレポしたのでこちらをご覧下さい。
    1泊2食付15500円!これは安いと思いました。大満足です。
    https://tabelog.com/aomori/A0202/A020204/2008984/dtlrvwlst/B437582701/

  • 部屋は8畳で踏込、広縁のないシンプルなものです。<br />トイレ、洗面、冷蔵庫がついていました。

    部屋は8畳で踏込、広縁のないシンプルなものです。
    トイレ、洗面、冷蔵庫がついていました。

  • お風呂はpH=2.6の酸性硫黄泉、白濁した湯で大変気持ちが良かった。

    お風呂はpH=2.6の酸性硫黄泉、白濁した湯で大変気持ちが良かった。

  • 翌朝は弘前りんご公園まで送っていただき、その後電車で青森に来ました。<br />津軽平野にもサミットがあります。大釈迦越え。<br /><br />さて、奥羽本線の新しいトンネルですがこの坑口にいくつ「大釈迦」と書かれているでしょうか?<br />・<br />・<br />・<br />・<br />答え:5つです。<br />上の扁額<br />左のプレートが3枚<br />右の製造銘版に1つ、計5です。<br />悲願が叶ってやっと開通したんですね。<br />トンネルの坑口には開通時の歓びが凝縮されているのです。<br />(詳しくは https://4travel.jp/travelogue/11618483)<br />

    翌朝は弘前りんご公園まで送っていただき、その後電車で青森に来ました。
    津軽平野にもサミットがあります。大釈迦越え。

    さて、奥羽本線の新しいトンネルですがこの坑口にいくつ「大釈迦」と書かれているでしょうか?




    答え:5つです。
    上の扁額
    左のプレートが3枚
    右の製造銘版に1つ、計5です。
    悲願が叶ってやっと開通したんですね。
    トンネルの坑口には開通時の歓びが凝縮されているのです。
    (詳しくは https://4travel.jp/travelogue/11618483

    大釈迦駅

  • 青森市内です。<br />驚いたのは街路樹がリンゴの木で、まさに満開見頃なんですよ。こんなのはじめて。\(◎o◎)/!<br />でも歩いてる人は誰一人注目してはしゃいでいない・・・花見してる人もいない<br />桜よりも赤味が少ないので地味というか清楚というか・・・

    青森市内です。
    驚いたのは街路樹がリンゴの木で、まさに満開見頃なんですよ。こんなのはじめて。\(◎o◎)/!
    でも歩いてる人は誰一人注目してはしゃいでいない・・・花見してる人もいない
    桜よりも赤味が少ないので地味というか清楚というか・・・

  • こちらはメモリアル青函連絡船とリンゴの木。<br />街路樹は背を伸ばしているので、リンゴ畑の樹木とはイメージが全然違います。

    こちらはメモリアル青函連絡船とリンゴの木。
    街路樹は背を伸ばしているので、リンゴ畑の樹木とはイメージが全然違います。

  • 「ワラッセ」にリンゴのねぶたが展示してありました。<br />これ、お持ち帰りして玄関に置きたい(笑)

    「ワラッセ」にリンゴのねぶたが展示してありました。
    これ、お持ち帰りして玄関に置きたい(笑)

    ねぶたの家 ワ ラッセ 美術館・博物館

  • 新青森駅からはやぶさ42号で帰りました。<br />この42号、なにかほかと違うのがおわかりですか?<br /><br />そう、帯が紫、デッキの内装が緑。JR北海道のH5系の編成なんです。<br />北海道のエンブレムも描かれていますね。。<br />このH5系、数が少なく東京行きは1日に3本だけなんです。<br />ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー<br />今回は連休明けで大変空いていて快適でした。<br />念願が2つ叶ったので嬉しいですね。<br /><br />*板柳町ふるさとセンター、アップルモール、弘前りんご公園、アスパムは寄ったのですが記載省略いたしました。ごめんなさい。<br />

    新青森駅からはやぶさ42号で帰りました。
    この42号、なにかほかと違うのがおわかりですか?

    そう、帯が紫、デッキの内装が緑。JR北海道のH5系の編成なんです。
    北海道のエンブレムも描かれていますね。。
    このH5系、数が少なく東京行きは1日に3本だけなんです。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    今回は連休明けで大変空いていて快適でした。
    念願が2つ叶ったので嬉しいですね。

    *板柳町ふるさとセンター、アップルモール、弘前りんご公園、アスパムは寄ったのですが記載省略いたしました。ごめんなさい。

    新青森駅

  • ☆今回の1人あたりの費用です。<br />交通費 23730円<br />宿泊費 30110円<br />飲食費他 5580円<br />合計  59420円<br /><br />最後までご覧いただきありがとうございました。

    ☆今回の1人あたりの費用です。
    交通費 23730円
    宿泊費 30110円
    飲食費他 5580円
    合計  59420円

    最後までご覧いただきありがとうございました。

29いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • azuraさん 2021/07/09 19:19:24
    りんごの花、可愛らしいですね ♪
    たのちゃんさま

    以前のQ&Aの回答に御返信下さっていたのに気付かず、すみませんでした。
    危うく、素敵な旅行記を見逃す所でした (๑˃̵ᴗ˂̵)

    五能線、りんごの花の季節だとこんな景色なんですね ♪
    ゴールデンウィーク明けが良さそうと言う事も発見でした!
    貴重な情報をありがとうございます。^^

    仕事の繁忙期に当たる為、暫くは無理そうですが、リタイアしたら10日くらいかけて東北の桜とりんごの花を巡りたいです!
    その時には、私もりんご畑の中を歩きたいです ♪

    街路樹のりんごも、お花が咲くんですね!しかも満開 ♪
    私が訪ねた秋には、正にりんごがなっていました。

    青森は温泉も多く、そちらも楽しみ !お陰様で、次回への妄想が更に膨らんでおります。^^

    鶴の舞橋も四季ごとに美しいですよね、又行きたくてウズウズして来ました。^^

    素敵な旅行記を、ありがとうございました ♪ ^^

    azura

    たのちゃん

    たのちゃんさん からの返信 2021/07/10 06:08:29
    Re: りんごの花、可愛らしいですね
    azuraさん、こんにちは。
    コメントありがとうございました。

    今回思ったんですが、意外にりんごの花をわざわざ見にゆく人って少ないんですね。
    満開時期もよくわからなかったので、板柳町と藤崎町の役場に問い合わせ、10年平均で5月12日がピークだと知りました。
    今年は高温の影響で桜も早かったので5日くらい早いだろうと見当をつけたらほぼアタリでした。
    青森市内のりんごの街路樹も意外でしたし、まだ知らない温泉がたくさんあり、青森の魅力は大きいです。
    秋には未踏の猿倉温泉と谷地温泉をハシゴする予定ですが、紅葉に当たるかどうかまた賭けですね。(早く予約しないと取れないので半年前に日程を決めています)

    是非時間を割いてりんご畑に行って下さいな。

たのちゃんさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

五所川原の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集