奈良市旅行記(ブログ) 一覧に戻る
4/1(木)<br /><br />私にとって旅行先では恒例になっている朝の散歩で、桜と五重塔が池に映り込む美しい景色を堪能しました。奈良ホテルに戻り、美味しい茶粥の朝食を頂いた後  “ならまち”  を散策して、町屋や「からくりおもちゃ館」を見学したり買い物をしたりして楽しみました。<br /><br />その後いったんホテルに戻り、おすすめのアップルパイやサンドイッチをティーラウンジで頂き、興福寺と春日大社に向かいました。<br />春の奈良公園は桜がいっぱい咲いていて、花びらが緑の草原の上に落ちる様子は素敵な映画のワンシーンを見ているようでした。鹿たちがのんびりと草を食む姿を見ながらの移動は、「奈良に来た~」っていう感じがしました♪<br /><br />春はあっという間に過ぎ初夏の訪れを感じるこの頃ですが、感染対策をしながら2年目のコロナ禍で季節の花を楽しみたいです。

~桜の花でいっぱいの奈良へ~ 後編 <奈良ホテルから “ならまち” 散策と 春日大社>

84いいね!

2021/04/01 - 2021/04/01

135位(同エリア4531件中)

12

89

yoko

yokoさん

4/1(木)

私にとって旅行先では恒例になっている朝の散歩で、桜と五重塔が池に映り込む美しい景色を堪能しました。奈良ホテルに戻り、美味しい茶粥の朝食を頂いた後  “ならまち”  を散策して、町屋や「からくりおもちゃ館」を見学したり買い物をしたりして楽しみました。

その後いったんホテルに戻り、おすすめのアップルパイやサンドイッチをティーラウンジで頂き、興福寺と春日大社に向かいました。
春の奈良公園は桜がいっぱい咲いていて、花びらが緑の草原の上に落ちる様子は素敵な映画のワンシーンを見ているようでした。鹿たちがのんびりと草を食む姿を見ながらの移動は、「奈良に来た~」っていう感じがしました♪

春はあっという間に過ぎ初夏の訪れを感じるこの頃ですが、感染対策をしながら2年目のコロナ禍で季節の花を楽しみたいです。

旅行の満足度
5.0
同行者
友人
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 4/1(木)<br /><br />おはようございます!<br /><br />予定通り、6:30から朝の散歩に Let&#39;s Go!<br /><br />ホテルのすぐ下の教会です。チャペルで式を挙げて披露宴を奈良ホテルで。。。という素敵なプランもあるようですよ。<br /><br />この画像だけなら、北欧の景色のようですよね*,゚.:。+゚*

    4/1(木)

    おはようございます!

    予定通り、6:30から朝の散歩に Let's Go!

    ホテルのすぐ下の教会です。チャペルで式を挙げて披露宴を奈良ホテルで。。。という素敵なプランもあるようですよ。

    この画像だけなら、北欧の景色のようですよね*,゚.:。+゚*

  • ホテルの裏から回り込むように、昨日見て行きたいと思っていた濃いピンクの桜の所にやって来ました。<br /><br />レセプションでの説明通り私有地で柵があり、花の下には入り込めないようです。<br /><br />桜はちょうど満開!!<br /><br />でも、遠くからの眺めの方が感動が大きかったかも。。。

    ホテルの裏から回り込むように、昨日見て行きたいと思っていた濃いピンクの桜の所にやって来ました。

    レセプションでの説明通り私有地で柵があり、花の下には入り込めないようです。

    桜はちょうど満開!!

    でも、遠くからの眺めの方が感動が大きかったかも。。。

  • ということで。。。菊水楼さんの横から、また荒池を挟んだ所に来ました。<br /><br />早朝だからか風もなく、まるで鏡のようです*,゚.:。+゚*★<br /><br />種類の違う濃淡ピンクの桜と新緑の柳の木、少し離れた所に建つ五重塔が丁度バランス良く映り込んでいます。<br /><br />美しいので、表紙写真にも使いました。

    イチオシ

    ということで。。。菊水楼さんの横から、また荒池を挟んだ所に来ました。

    早朝だからか風もなく、まるで鏡のようです*,゚.:。+゚*★

    種類の違う濃淡ピンクの桜と新緑の柳の木、少し離れた所に建つ五重塔が丁度バランス良く映り込んでいます。

    美しいので、表紙写真にも使いました。

  • 池のそばまで下りて、最高の景色を満喫しました!<br /><br />「早起きは三文の徳」ですね~(^^)♪<br />午後から通りかかった時には水面にさざ波が立っていて、同じ景色を見ることはできませんでした。<br /><br />右手に見えているのが菊水楼さんです。<br /><br />*三文の“得”と表記していましたが、徳が正しいようなので訂正しました。

    池のそばまで下りて、最高の景色を満喫しました!

    「早起きは三文の徳」ですね~(^^)♪
    午後から通りかかった時には水面にさざ波が立っていて、同じ景色を見ることはできませんでした。

    右手に見えているのが菊水楼さんです。

    *三文の“得”と表記していましたが、徳が正しいようなので訂正しました。

  • 左手には、私達が泊まっている奈良ホテルの建物も見えています。<br /><br />池の淵には花筏。<br /><br />幸せな時間でした♪

    左手には、私達が泊まっている奈良ホテルの建物も見えています。

    池の淵には花筏。

    幸せな時間でした♪

  • ぐるっと1周して、ホテルに戻ってきました。<br /><br />ただいま~!

    ぐるっと1周して、ホテルに戻ってきました。

    ただいま~!

  • ホテルの敷地内にも、立派な桜がありますね。ここにも歴史を感じます。

    ホテルの敷地内にも、立派な桜がありますね。ここにも歴史を感じます。

  • 小さな八重の椿は「オトメツバキ」と、ネームプレートに記されていました。<br /><br />愛らしいわ♪

    小さな八重の椿は「オトメツバキ」と、ネームプレートに記されていました。

    愛らしいわ♪

  • 目も心も満たされたけれど、お腹はぺこぺこ。<br /><br />7:30にお願いしていた朝食に向かいます。<br /><br />朝の「桜の間」も良い感じ~。<br />こちらの和のシャンデリアは、丸くて優しい印象ですね。

    目も心も満たされたけれど、お腹はぺこぺこ。

    7:30にお願いしていた朝食に向かいます。

    朝の「桜の間」も良い感じ~。
    こちらの和のシャンデリアは、丸くて優しい印象ですね。

  • 朝食も、メインダイニング「三笠」で頂きます。<br /><br />こちらの和のシャンデリアは六角柱で、また違う雰囲気ですね。

    朝食も、メインダイニング「三笠」で頂きます。

    こちらの和のシャンデリアは六角柱で、また違う雰囲気ですね。

  • 朝食も窓際の席に案内されます。<br /><br />こちらの窓からは、五重塔が見えています。

    朝食も窓際の席に案内されます。

    こちらの窓からは、五重塔が見えています。

  • 朝食は、茶粥の付いた和定食をお願いしました。<br /><br />茶粥を白米にしたものや、洋食も選べますよ。

    朝食は、茶粥の付いた和定食をお願いしました。

    茶粥を白米にしたものや、洋食も選べますよ。

  • こちらが実際のお膳です。<br /><br />種類も多くて、優しいお味の茶粥と共に美味しく頂きました。

    こちらが実際のお膳です。

    種類も多くて、優しいお味の茶粥と共に美味しく頂きました。

  • 部屋に戻ってちょっとゆっくり。。。<br /><br />カーテンを開けると、緑がいっぱいのお庭が見えました。<br /><br />今回の部屋予約はパーク(奈良公園)サイドを選んでいました。<br />お隣の部屋は、道路が近くてバイクの音がうるさかったようです。<br />パークサイドと言っても違うのですね。あみだくじで決めた部屋ですが、こちらの部屋が「当たり」だったようです♪

    部屋に戻ってちょっとゆっくり。。。

    カーテンを開けると、緑がいっぱいのお庭が見えました。

    今回の部屋予約はパーク(奈良公園)サイドを選んでいました。
    お隣の部屋は、道路が近くてバイクの音がうるさかったようです。
    パークサイドと言っても違うのですね。あみだくじで決めた部屋ですが、こちらの部屋が「当たり」だったようです♪

  • ホテルのレセプションで申し出て頂いていたチケットを使って、「旧大乗院庭園」に入園しました。ホテルの敷地からの入口にはポストのようなものがあり、そこにチケットを入れて自分で鍵を外して入りました。

    ホテルのレセプションで申し出て頂いていたチケットを使って、「旧大乗院庭園」に入園しました。ホテルの敷地からの入口にはポストのようなものがあり、そこにチケットを入れて自分で鍵を外して入りました。

  • 緑の庭には、春の花が咲いていました。<br /><br />黄色いのはタンポポ、紫のは何かしら?

    緑の庭には、春の花が咲いていました。

    黄色いのはタンポポ、紫のは何かしら?

  • こちらのひとかたまりになって咲いているのは、「キランソウ」という名前のようです。

    こちらのひとかたまりになって咲いているのは、「キランソウ」という名前のようです。

  • 旧大乗院庭園<br /><br />大乗院は1087年に創建された、興福寺門跡寺院のひとつです。<br />1180年の南部焼き討ちによる消失後現在地に移り、明治初年に廃寺になるまで存続していたそうです。<br />銀閣寺を手掛けた善阿弥の作庭による、室町時代随一の広さを誇る池線回遊式庭園です。国指定名勝。<br /><br />現在、その敷地の一部が奈良ホテルになっています。<br /><br />赤い太鼓橋が映り込み、美しいです。

    旧大乗院庭園

    大乗院は1087年に創建された、興福寺門跡寺院のひとつです。
    1180年の南部焼き討ちによる消失後現在地に移り、明治初年に廃寺になるまで存続していたそうです。
    銀閣寺を手掛けた善阿弥の作庭による、室町時代随一の広さを誇る池線回遊式庭園です。国指定名勝。

    現在、その敷地の一部が奈良ホテルになっています。

    赤い太鼓橋が映り込み、美しいです。

  • 今年は芽吹きも早く、イロハカエデ(モミジ)には花が咲いていました。

    今年は芽吹きも早く、イロハカエデ(モミジ)には花が咲いていました。

  • 三つ島のひとつには、枝ぶりの良い木が植えてあります。<br /><br />百日紅の木です。夏にはピンクの花を咲かせて、彩りを添えるそうです。

    三つ島のひとつには、枝ぶりの良い木が植えてあります。

    百日紅の木です。夏にはピンクの花を咲かせて、彩りを添えるそうです。

  • 文化館の建物にやって来ました。<br /><br />窓からの眺めが額縁のようです。<br /><br />こちらでパンフレットを頂きました。

    文化館の建物にやって来ました。

    窓からの眺めが額縁のようです。

    こちらでパンフレットを頂きました。

  • 室町時代の善阿弥作庭のジオラマがありました。<br /><br />「大乗院四季真景図」を見ることもできました。

    室町時代の善阿弥作庭のジオラマがありました。

    「大乗院四季真景図」を見ることもできました。

  • こちらが「名勝大乗院庭園文化館」の入口です。<br /><br />私達は庭のある裏口から入りました。文化館だけなら無料だそうです。<br />庭園に入るには200円が必要です。<br /><br />ここから出て、“ならまち”を散策します。

    こちらが「名勝大乗院庭園文化館」の入口です。

    私達は庭のある裏口から入りました。文化館だけなら無料だそうです。
    庭園に入るには200円が必要です。

    ここから出て、“ならまち”を散策します。

  • 雰囲気のある洋食屋さん。

    雰囲気のある洋食屋さん。

  • 庚申さんの身代わり猿を下げた店先。<br /><br />庚申さんのおつかいの猿をかたどったお守りで、災難が家の中に入ってこないように魔除けの意味があるそうです。

    庚申さんの身代わり猿を下げた店先。

    庚申さんのおつかいの猿をかたどったお守りで、災難が家の中に入ってこないように魔除けの意味があるそうです。

  • 見事に咲いた君子蘭。

    見事に咲いた君子蘭。

  • 山桜のような桜も満開。

    山桜のような桜も満開。

  • 人が少なくて、コロナ禍でも安心の“ならまち”散歩。

    人が少なくて、コロナ禍でも安心の“ならまち”散歩。

  • 元興寺(がんごうじ)

    元興寺(がんごうじ)

  • 「にぎわいの家」9:00~17:00(水曜休み)無料です。<br /><br />1917年(大正6年)に建築されたものを改修して、公開されているようです。<br /><br />入ってみましょう。<br /><br />

    「にぎわいの家」9:00~17:00(水曜休み)無料です。

    1917年(大正6年)に建築されたものを改修して、公開されているようです。

    入ってみましょう。

  • 蹲いと灯籠のある、玄関近くの小さな庭。

    蹲いと灯籠のある、玄関近くの小さな庭。

  • 階段箪笥になっています。<br /><br />上がってみましょう。

    階段箪笥になっています。

    上がってみましょう。

  • 奥は茶室でしょうか?<br /><br />天井が低くて、背の高い人は屈まないと立っていられないと思います。

    奥は茶室でしょうか?

    天井が低くて、背の高い人は屈まないと立っていられないと思います。

  • 中庭にも下りることができます。<br /><br />敷石も雰囲気があります。臼型の石もありました。<br /><br />中庭を挟むことで、隣の部屋の声が聞こえにくくなるという生活の知恵だそうですよ。

    中庭にも下りることができます。

    敷石も雰囲気があります。臼型の石もありました。

    中庭を挟むことで、隣の部屋の声が聞こえにくくなるという生活の知恵だそうですよ。

  • 木肌が独特の木は「クロガネモチ」だそうです。<br /><br />“カネモチ”の名前にあやかって植えられたようです。<br />はい、確かにお金持ちの方であることが窺えるお家でした。<br />元骨董屋さんのお家だそうですよ。<br />納得!!

    木肌が独特の木は「クロガネモチ」だそうです。

    “カネモチ”の名前にあやかって植えられたようです。
    はい、確かにお金持ちの方であることが窺えるお家でした。
    元骨董屋さんのお家だそうですよ。
    納得!!

  • 再び中に入ります。<br /><br />大きな仏間です。

    再び中に入ります。

    大きな仏間です。

  • 天井画がありました。

    天井画がありました。

  • 離れ座敷<br /><br />立派な掛け軸が掛けてありました。

    離れ座敷

    立派な掛け軸が掛けてありました。

  • 通り庭には竈がありました。<br /><br />ちょっとした所にもお花が生けてあって、100年前の暮らしを垣間見ることができる時間でした。

    通り庭には竈がありました。

    ちょっとした所にもお花が生けてあって、100年前の暮らしを垣間見ることができる時間でした。

  • 向かいにある「菊岡漢方薬局」に入ります。<br /><br />創業八百有余年続く、漢方薬専門薬局です。

    向かいにある「菊岡漢方薬局」に入ります。

    創業八百有余年続く、漢方薬専門薬局です。

  • 友人ご用達の「陀羅尼助丸(胃腸薬)」です。<br /><br />小さな丸い玉は扱いにくいのですが、分包になっているのは人気で売り切れていたらしく、今日入ってきたばかりでした。私も一つ購入してみました。

    友人ご用達の「陀羅尼助丸(胃腸薬)」です。

    小さな丸い玉は扱いにくいのですが、分包になっているのは人気で売り切れていたらしく、今日入ってきたばかりでした。私も一つ購入してみました。

  • 和のテイストの雑貨をはじめ、色々なテイストの作家さんが集まってお店を出していました。

    和のテイストの雑貨をはじめ、色々なテイストの作家さんが集まってお店を出していました。

  • 9匹の小さな猿をつなげて、“苦が去る”に掛けた飾りもありました。<br /><br />とっても素敵だけれど、残念ながらわが家には似合いそうにありません。

    9匹の小さな猿をつなげて、“苦が去る”に掛けた飾りもありました。

    とっても素敵だけれど、残念ながらわが家には似合いそうにありません。

  • 「吉田蚊帳」蚊帳のれんのお店に入ってみます。<br /><br />前回来た時は、時間がなくて入れませんでした。

    「吉田蚊帳」蚊帳のれんのお店に入ってみます。

    前回来た時は、時間がなくて入れませんでした。

  • 子供の頃、九州の祖母の家に泊まった時に吊ってあったような蚊帳がありました。懐かしいですね。<br /><br />自然な色合いの、“蚊帳のれん”も、たくさんありました。<br /><br />布巾や麻のタオルなどをそれぞれに購入しました。

    子供の頃、九州の祖母の家に泊まった時に吊ってあったような蚊帳がありました。懐かしいですね。

    自然な色合いの、“蚊帳のれん”も、たくさんありました。

    布巾や麻のタオルなどをそれぞれに購入しました。

  • 綺麗な桜が見えているのは、元興寺(塔跡)です。

    綺麗な桜が見えているのは、元興寺(塔跡)です。

  • 御料神社

    御料神社

  • 「ならまち 格子の家」です。<br /><br />私達は前回来た時に入ったので、初めての友人だけが入りました。<br /><br />受付にいた方が外まで出てきて「格子の間から中を覗いてみて下さい。」と言われました。<br /><br />覗いてみると。。。<br />

    「ならまち 格子の家」です。

    私達は前回来た時に入ったので、初めての友人だけが入りました。

    受付にいた方が外まで出てきて「格子の間から中を覗いてみて下さい。」と言われました。

    覗いてみると。。。

  • 奥まで見渡せる素敵な景色でした。<br /><br />京都の“ウナギの寝床”のようになっているのですね。

    奥まで見渡せる素敵な景色でした。

    京都の“ウナギの寝床”のようになっているのですね。

  • 屋根の上の小さな屋根は竈の上にあり、煙突の代わりになっているそうです。

    屋根の上の小さな屋根は竈の上にあり、煙突の代わりになっているそうです。

  • 何ということのない壁が。。。

    何ということのない壁が。。。

  • 潜り戸になったり。。。

    潜り戸になったり。。。

  • 上に上げると、大きな物でも運び入れられる入口に大変身!<br />跳ね上げ扉になっていて、上に収納することができるのですね。<br />100年前からの暮らしの知恵が詰まっていました。<br /><br />実際にやって見せて下さって、納得~。<br />ありがとうございました!

    上に上げると、大きな物でも運び入れられる入口に大変身!
    跳ね上げ扉になっていて、上に収納することができるのですね。
    100年前からの暮らしの知恵が詰まっていました。

    実際にやって見せて下さって、納得~。
    ありがとうございました!

  • もう4月だけれど、節分の “鰯の頭と柊” が残っていました。<br /><br />実際にやっているの、初めて見ました!

    もう4月だけれど、節分の “鰯の頭と柊” が残っていました。

    実際にやっているの、初めて見ました!

  • 庚申堂<br /><br />屋根の上には三猿(見ざる言わざる聞かざる)がいました。

    庚申堂

    屋根の上には三猿(見ざる言わざる聞かざる)がいました。

  • 趣のある丸窓のある町屋。

    趣のある丸窓のある町屋。

  • 「からくりおもちゃ館」9:00~17:00(水曜休み)無料<br /><br />入ってみます。

    「からくりおもちゃ館」9:00~17:00(水曜休み)無料

    入ってみます。

  • 昔ながらのからくりおもちゃは、実際にさわって遊ぶことが出来ます。<br /><br />コロナ禍なので、順路を決めてソーシャルディスタンスをとるようになっていました。

    昔ながらのからくりおもちゃは、実際にさわって遊ぶことが出来ます。

    コロナ禍なので、順路を決めてソーシャルディスタンスをとるようになっていました。

  • 友人たちは、童心にかえって遊んでいますね♪

    友人たちは、童心にかえって遊んでいますね♪

  • 棒を引くと丸太を切る、捻りはちまきのお兄さんの顔が真剣でした。

    棒を引くと丸太を切る、捻りはちまきのお兄さんの顔が真剣でした。

  • 椿の花が素敵です。

    椿の花が素敵です。

  • 小さなお店のセンスが良いんです。

    小さなお店のセンスが良いんです。

  • 中は自然素材の服や雑貨が並び、入って見てみたい気持ちは山々ですが。。。<br /><br />ホテルでアップルパイを食べるのが最後のミッションなので、急ぎます。<br /><br />と言いながら、、、歩いて7分の距離を既に20分は要しています(^^;)

    中は自然素材の服や雑貨が並び、入って見てみたい気持ちは山々ですが。。。

    ホテルでアップルパイを食べるのが最後のミッションなので、急ぎます。

    と言いながら、、、歩いて7分の距離を既に20分は要しています(^^;)

  • ただいま~。<br /><br />あっ、「花嫁」上村松園(うえむらしょうえん)作 が戻ってきてる~~!<br /><br />実は昨日の3/31まで、フォトジェニックプランのために一般の人は見られない場所に移動していたのでした。見たい作品だったので、間に合って良かったです(^^)♪

    ただいま~。

    あっ、「花嫁」上村松園(うえむらしょうえん)作 が戻ってきてる~~!

    実は昨日の3/31まで、フォトジェニックプランのために一般の人は見られない場所に移動していたのでした。見たい作品だったので、間に合って良かったです(^^)♪

  • 早速、ティーラウンジに入ります。<br /><br />桜の見える席になりました。<br /><br />朝の散歩で見ていた景色を、反対側から見ていることになります。

    早速、ティーラウンジに入ります。

    桜の見える席になりました。

    朝の散歩で見ていた景色を、反対側から見ていることになります。

  • コーナーの右側の窓からは、赤い欄干が古都の雰囲気を盛り上げるテラス席が見えてました。

    コーナーの右側の窓からは、赤い欄干が古都の雰囲気を盛り上げるテラス席が見えてました。

  • こちらが辛党の友人と私が選んだ、アップルパイとミックスサンド。<br />パディントンさんからお勧めされたアップルパイは、2個しかありませんでした。<br /><br />取り皿を頂いて、シェアして食べました。<br />アップルパイは甘すぎず、シナモンの香りが効いて美味しかったです。<br />バニラビーンズ入りのアイスクリームとの相性もバッチリでした。<br />ミックスサンドはハムのお味が絶妙で、満足する一皿でした(^^)♪<br />お値段はホテル価格でしたが。。。<br /><br />

    こちらが辛党の友人と私が選んだ、アップルパイとミックスサンド。
    パディントンさんからお勧めされたアップルパイは、2個しかありませんでした。

    取り皿を頂いて、シェアして食べました。
    アップルパイは甘すぎず、シナモンの香りが効いて美味しかったです。
    バニラビーンズ入りのアイスクリームとの相性もバッチリでした。
    ミックスサンドはハムのお味が絶妙で、満足する一皿でした(^^)♪
    お値段はホテル価格でしたが。。。

  • 甘党の友人一人は、プチケーキのセットを食べていました。<br /><br />満足そうな笑顔で、本日のミッション終了です!

    甘党の友人一人は、プチケーキのセットを食べていました。

    満足そうな笑顔で、本日のミッション終了です!

  • 午後から仕事の友人と別れて、残りの時間を楽しみます。<br /><br />先ずは興福寺に入ります。遠くからの写真では奈良らしさを演出してくれる五重塔ですが、中には入ったことがないので入ってみようとなったのです。<br /><br />近づくと、大きいわ~!

    午後から仕事の友人と別れて、残りの時間を楽しみます。

    先ずは興福寺に入ります。遠くからの写真では奈良らしさを演出してくれる五重塔ですが、中には入ったことがないので入ってみようとなったのです。

    近づくと、大きいわ~!

  • 東金堂(とうこんどう)国宝(200円)に入ってみます。<br /><br />銅像の薬師如来座像(重要文化財)や木造の十二神将立像(国宝)・四天王立像など、価値のある作品がたくさん並んでいました。

    東金堂(とうこんどう)国宝(200円)に入ってみます。

    銅像の薬師如来座像(重要文化財)や木造の十二神将立像(国宝)・四天王立像など、価値のある作品がたくさん並んでいました。

  • 移動する途中に咲いていた可憐な白椿。<br /><br />白侘(しろわびすけ)でした。

    移動する途中に咲いていた可憐な白椿。

    白侘(しろわびすけ)でした。

  • 陽光降り注ぐ草原でくつろぐ鹿と桜。<br /><br />春の景色ですね♪

    陽光降り注ぐ草原でくつろぐ鹿と桜。

    春の景色ですね♪

  • 雰囲気のある建物と思ったら、旧奈良県物産陳列所(重要文化財)だそうです。<br /><br />フェンスの間から写真に収めます。<br />右側の枝垂れ桜は終わっていましたが、咲いていたら見事でしょうね。

    雰囲気のある建物と思ったら、旧奈良県物産陳列所(重要文化財)だそうです。

    フェンスの間から写真に収めます。
    右側の枝垂れ桜は終わっていましたが、咲いていたら見事でしょうね。

  • 一の鳥居の前は何回も通りましたが、中にはお邪魔していない春日大社に向かいます。<br /><br />参道は木々が茂り、初夏の陽気で24度のこの日には有り難い陰ができていました。<br /><br />伊勢神宮にお参りした時のような清々しさを感じました。

    一の鳥居の前は何回も通りましたが、中にはお邪魔していない春日大社に向かいます。

    参道は木々が茂り、初夏の陽気で24度のこの日には有り難い陰ができていました。

    伊勢神宮にお参りした時のような清々しさを感じました。

  • この日見た一番小さな子鹿です。 まだ冬毛なのかな?<br /><br />愛らしいお顔でした♪<br /><br />でも。。。鹿せんべいもやらずに背中をなで続けていた小さい女の子は、頭突きを食らっていました。お気を付け下さい(^^;)

    この日見た一番小さな子鹿です。 まだ冬毛なのかな?

    愛らしいお顔でした♪

    でも。。。鹿せんべいもやらずに背中をなで続けていた小さい女の子は、頭突きを食らっていました。お気を付け下さい(^^;)

  • 遠かった~。<br /><br />やっと、二の鳥居が見えてきました。<br /><br />一の鳥居から本殿までは1,7キロ。徒歩で20分以上かかります。<br />春日大社の敷地は、春日山原始林を含めて32万坪。東京ドーム22個分に相当するそうです。広すぎる~~。

    遠かった~。

    やっと、二の鳥居が見えてきました。

    一の鳥居から本殿までは1,7キロ。徒歩で20分以上かかります。
    春日大社の敷地は、春日山原始林を含めて32万坪。東京ドーム22個分に相当するそうです。広すぎる~~。

  • 伏鹿手水所で手を清めます。

    伏鹿手水所で手を清めます。

  • 石灯籠がたくさん並んでる~と思って見ていると、ひょっこりはん!<br /><br />ちゃんと頭を下げて、ご挨拶してくれましたよ♪<br />礼儀正しい鹿さんでした。<br /><br />因みに、境内には3000基の灯籠があるそうです。

    石灯籠がたくさん並んでる~と思って見ていると、ひょっこりはん!

    ちゃんと頭を下げて、ご挨拶してくれましたよ♪
    礼儀正しい鹿さんでした。

    因みに、境内には3000基の灯籠があるそうです。

  • 南門(現在の正門)に到着しました。<br /><br />春日大社国宝殿(拝観料500円)に入ります。<br /><br />1300年の歴史を持つ世界遺産です。

    南門(現在の正門)に到着しました。

    春日大社国宝殿(拝観料500円)に入ります。

    1300年の歴史を持つ世界遺産です。

  • 藤棚がありました。

    藤棚がありました。

  • 「砂ずりの藤」という銘木です。咲いたら見事でしょうね。

    「砂ずりの藤」という銘木です。咲いたら見事でしょうね。

  • 末社参拝所<br />

    末社参拝所

  • 本殿のそばには、幹周り8,7メートル、高さ25メートルの大杉がそびえ立っています。<br /><br />樹齢約800~1000年とも言われ、鎌倉時代の絵巻物には幼木の姿で描かれているそうです。建物は何度か建て替えられていますが、その歴史を知る貴重な木なのですね。<br />左奥に見えているのはヒノキ科の柏槇(びゃくしん)という種類の木です。屋根を突き破って伸びています。自然を神として大切にする神道の心でしょうか。

    本殿のそばには、幹周り8,7メートル、高さ25メートルの大杉がそびえ立っています。

    樹齢約800~1000年とも言われ、鎌倉時代の絵巻物には幼木の姿で描かれているそうです。建物は何度か建て替えられていますが、その歴史を知る貴重な木なのですね。
    左奥に見えているのはヒノキ科の柏槇(びゃくしん)という種類の木です。屋根を突き破って伸びています。自然を神として大切にする神道の心でしょうか。

  • 東回廊にたくさん並ぶ吊り灯籠。<br /><br />節分とお盆の「万灯篭」の時には灯が入り幻想的な眺めになるようで、見てみたいと思っていました。

    東回廊にたくさん並ぶ吊り灯籠。

    節分とお盆の「万灯篭」の時には灯が入り幻想的な眺めになるようで、見てみたいと思っていました。

  • 探してみると、有名な人の寄進した灯籠もあるようですよ。

    探してみると、有名な人の寄進した灯籠もあるようですよ。

  • こちらの藤は、また変わった枝ぶりになっていますね。

    こちらの藤は、また変わった枝ぶりになっていますね。

  • 中門越しの景色が素敵でした♪<br /><br />

    中門越しの景色が素敵でした♪

  • 帰りの参道で出会った、ハートのお尻を持つ鹿さん。<br /><br />友人が見つけてくれました。<br /><br />この後は鹿のお尻ばっかり見てたけど、この子が一番ハートでした(^^)♪<br /><br />周りに落ちているのは鹿の糞です。匂いに閉口しますが、生きてるから仕方ないよね~。匂いは写真には写らないのでご容赦下さい(^^;)

    帰りの参道で出会った、ハートのお尻を持つ鹿さん。

    友人が見つけてくれました。

    この後は鹿のお尻ばっかり見てたけど、この子が一番ハートでした(^^)♪

    周りに落ちているのは鹿の糞です。匂いに閉口しますが、生きてるから仕方ないよね~。匂いは写真には写らないのでご容赦下さい(^^;)

  • 行きにも見えていた「この木なんの木~♪」の木に似た立派な木の所に来てみました。<br /><br />「飛火野の大楠」と呼ばれています。樹齢は約100年。<br /><br />1本の木のように見えますが、実は3本の木が組み合わさっているそうです。樹高23,5メートル。幹周りは4,83メートル・4,25メートル・3,35メートルだそうです。<br /><br />新緑が眩しい形の良い楠に元気をもらい、帰宅します。<br />帰りは1時間ほどで帰ることができました。<br /><br />2日で2往復をしてくれた友人のお連れ合いには、感謝の気持ちでいっぱいです!!

    行きにも見えていた「この木なんの木~♪」の木に似た立派な木の所に来てみました。

    「飛火野の大楠」と呼ばれています。樹齢は約100年。

    1本の木のように見えますが、実は3本の木が組み合わさっているそうです。樹高23,5メートル。幹周りは4,83メートル・4,25メートル・3,35メートルだそうです。

    新緑が眩しい形の良い楠に元気をもらい、帰宅します。
    帰りは1時間ほどで帰ることができました。

    2日で2往復をしてくれた友人のお連れ合いには、感謝の気持ちでいっぱいです!!

84いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (12)

開く

閉じる

  • blanche_bleuさん 2021/04/30 15:32:58
    お邪魔致します♪
    yokoさん、初めまして。

    奈良の美しい景色堪能させて頂きました。
    私も3月の末に京都奈良へ行って参りました♪
    奈良ホテルよいですね~重厚な雰囲気が素敵です。
    早起きして撮られたお写真に圧倒されました、早起きは三文の徳って奈良発祥の言葉と旅の最中に地元の方から教えてもらいました(^^♪(神鹿と鹿奉公で調べると由来が分かります)
    yokoさんの旅行記を参考に来年は奈良だけに滞在する桜旅もよいかなぁと考え始めました。
    素敵な旅行記をありがとうございます。


                     blanche_bleu

    yoko

    yokoさん からの返信 2021/05/01 11:30:16
    RE: お邪魔致します♪
    blanche_bleuさん こんにちは!

    そして、初めまして♪ よろしくお願いいたします。
    ちょうど同じ頃、京都や奈良にいらしていたのですね〜。
    日帰りでも行ける京都や奈良には中々宿泊する機会がなかったのですが、ここ数年はゆっくりしたくて1泊して楽しんだりもしています。

    奈良ホテルは初めての訪問でしたが、歴史を感じさせる素敵な空間でしたよ。ギシギシきしむ階段も味があるというか。。。食事も美味しかったです(^^)♪
    「早起きは三文の得」の起源は奈良にありましたか〜。それは知らなかったです。ちょこっと調べてみると、“三文の得”ではなく、損をしないための早起きでしたね(^^;) ポジティブな意味で使っていたのでちょっと意外でしたが、実際に早起きして散歩したことで見られた絶景も多いので、これからもポジティブに“朝散歩”を頑張ります!

    京都は全国的に、いえ世界的にも人気の高い古都なので、コロナ禍で奈良に行き始めました。京都は小さな区画に神社仏閣があり、ちょっとした通りも絵になりますが、奈良は有名な所が離れているので移動に時間がかかりますよね。実は私“京都派”なんです。“奈良派”の夫と色々出かけたという友人がナビをしてくれました。来年こそ、安心して桜旅ができるようになると良いですね。最後になりましたが、ご訪問そしてコメントまで頂きありがとうございました!

    yoko


  • yumikenさん 2021/04/08 08:17:37
    表紙の写真とても素敵です(*´ω`*)
    おはようございます♪

    表紙の写真すごく綺麗で素敵です♪
    池の水面が凪いでいるから綺麗に映っていますね(*'▽')
    塔の下の桜がとても良いアクセントで手前の桜とベストマッチ.。o○
    朝から心が落ち着く良い風景をありがとうございます(*^_^*)
    奈良は古都としては京都と同じだけれど。。
    とても静かな街並みに感じます。。
    そして古くからの建築様式を今に繋いでいるのです。。凄いですよね!!
    釣り灯篭も前回の夕日を背景にした写真も凄く良かったけど、
    朱の回廊と釣り灯篭も素敵ですね♪奈良も行ってみたいなぁ~

    そうそう。。クリケット無事に行って来ました(^O^)
    苺パフェが限定であったのですが、やっぱり7種フルーツパフェを頂いて、
    苺のサンドは相方が頼んで満喫して来ました~♪
    もう一つ。。嵐山のちりめん工房にも行きましたよぉ~
    がま口の可愛い小銭入れがあったので買っちゃいました(*^_^*)
    桜はだいぶ散ってしまっていたけど。。平野神社もまだ綺麗に咲いていて。。
    仁和寺はバッチリ満開♪ちょっとだけ京都の桜便りをお届け出来るかもです(^^♪
    yokoさん。。色々情報ありがとう御座いました!!

    yumiken

    yoko

    yokoさん からの返信 2021/04/08 11:54:48
    RE: 表紙の写真とても素敵です(*´ω`*)
    yumikenさん お帰りなさい!

    無事に京都の春を楽しんで帰って来られたようで、良かったです。
    クリケットにも行かれて、苺パフェか7種のフルーツパフェか。。。そりゃあ、7種の勝ち〜です!(^^)! 私も先日苺パフェを食べてきました。季節のフルーツは甘みも強くて幸せな気持ちになりますよね〜♪

    平野神社や仁和寺の桜も楽しまれたのですね。仁和寺の御室桜は低いところで咲いているので、お花が近くで楽しめたでしょう? お土産にちりめんのお財布も買って満足の京都旅になりましたね。旅行記を楽しみにしています(^^)♪ 

    奈良は人が少なくて、コロナ禍でも古都の景色を安心して楽しめましたよ。
    ポップなプロジェクションマッピングも華やかで魅力的ですが、シンプルな吊り灯籠に灯りが入るような景色が私好みなんです。春日大社の「万灯篭」もいつか見てみたいです。黄色い土壁が少し朽ちながらも続いている様子は、静かに歴史を紡いでいるようで心が落ち着きます。

    池に映り込む五重塔と桜は、早朝散歩のご褒美の景色でした。ピンクの濃淡の桜や新緑の柳の木、少し離れた所に立つ五重塔が丁度良いバランスに並んで映り込んでいますよね。午後に通ったときには水面がさざ波立っていたので、朝だけに見られる景色だったと思います。
    その時その場所でしか見られない景色に会うために、また旅がしたいですよね。コロナをなんとかしてください!。。と、神さまにも仏様にもお願いしたいと思う節操のない私です。

    yoko


  • sanaboさん 2021/04/07 16:48:16
    春爛漫☆彡
    yokoさん、こんにちは

    いつもありがとうございます。
    春爛漫の奈良の旅行記を楽しませていただきました♪
    表紙にされたショットはまるで旅行社の奈良のパンフレットを
    見ているような美しさで、思わず見とれてしまいました。
    構図も素晴らしいし、水面に映った景色もばっちりですね(^_-)-☆
    本当に良い時期にいらっしゃいましたね!
    朝食のお品書きのイラストが可愛らしくて
    お写真としっかり見比べてしまいました(笑)
    私も鹿ちゃんのハートのお尻にも目が釘付けになり
    その後鹿のお尻ばかり見ていたというyokoさんにフフッ(´艸`*)
    奈良はずっとご無沙汰しているのですが、奈良の魅力を
    再認識させていただきました。

    sanabo

    yoko

    yokoさん からの返信 2021/04/08 06:10:31
    RE: 春爛漫☆彡
    sanaboさん おはようございます!

    こちらこそありがとうございます。
    今年は季節の進みが早くて、桜の季節もあっという間に終わってしまいましたね。
    奈良では秋の時とはまた違う景色が見られて、幸せな時間を過ごすことができました。
    表紙の写真は早起きしたからこそ見られた、ご褒美の景色だったと思っています。
    お気に入りではありますが、そんなふうに褒めて頂くと嬉しすぎます(^^)♪
    ありがとうございます!
    お散歩の後の朝食はとっても美味しかったです♪
    イラストのお品書き、良く出来ているでしょう。 写真よりも美味しそうに見えます。実際も美味しかったですよ。

    鹿さんのお尻も可愛いでしょう。ハートを意識すると、つい目が行ってしまって。。。そんな私を想像しないで下さいよ〜(^^;)

    コロナ禍で日本の良さを見直す機会にもなっていますが、日々の情報を見る度に早く安心して旅行に行ける日が来て欲しいと願うばかりです。

    yoko

  • たらよろさん 2021/04/05 20:11:35
    日本の美ですね
    こんばんは、yokoさん

    たくさんの言葉はいらないですねー。
    とにかく、日本の美そのもの。
    早起きは三文の徳で、素晴らしい風景のオンパレード。
    奈良の桜、素敵だわー。

    たらよろ

    yoko

    yokoさん からの返信 2021/04/06 06:34:33
    RE: 日本の美ですね
    たらよろさん ありがとうございます!

    ついお喋りが過ぎてしまう私ですが。。。
    美しい景色に出会うと、夢中でカメラを向けてしまいます。
    素材が良ければ腕はいりませんね。
    年々早起きは得意になっていますが、これからも精進します。

    yoko
  • ryujiさん 2021/04/05 13:02:35
    美しい!、タイトル写真に魅せられて
     はじめまして、yokoさま。 私はryujiと申します。

     コロナ禍のおり、私の好きな桜をとその旅行記を物色しておりました。 奈良の桜で貴女様の旅行記が目に止まりました。 素晴らしい~のひと言に尽きます。 桜そのものもそうなんですが、私好みは池・沼が対象としたのが。 水面(みなも)に映る景観が好きなんです。 その意味では絶賛の旅行記ですよ。(決して褒め殺しではございません)

     ありがとうございます、素敵な旅行記を。
                      ryuji

    yoko

    yokoさん からの返信 2021/04/05 13:31:14
    RE: 美しい!、タイトル写真に魅せられて
    初めまして ryujiさま。

    私は花や自然の景色が大好きでそれを目的に良く出掛けておりますが、コロナ禍では特に慰められますね。
    その中でも水辺の景色(海・小川・池など)と一緒に見られると、その魅力は増すように思います。最近はリフレクションが流行っていますが、水面に映る様は自然で素敵ですよね。その写真をお褒め頂き、天にも昇る心地です。ありがとうございます! あまり昇りすぎないようにしないと危険ですが。。。(^^;)

    どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。

    yoko


  • パディントンさん 2021/04/05 12:15:15
    春の奈良、お花がいっぱいで素敵!
    yokoさん、こんにちは!

    奈良旅行、いいお天気でよかったですね。
    光も柔らかで春そのものです。公園も3月初めにはまだ芽吹いていなかった草も、若草色になって、鹿さん達は大喜びだったでしょう。

    奈良ホテル、改めてよかったなぁ~!と思い出しています。
    朝食のテーブル、私達も同じ場所でした!夕食のフランス料理も美味しそう(o^―^o)
    上村松園の「花嫁」もご覧になられてよかったですね!

    宇多にも車で行くことができてよかったですね。電車では行きにくい所なのですね。
    長槍の後藤又兵衛が僧侶になって、隠遁生活をここで送っていたのは知りませんでした。
    でもあの桜を見ると、何だかさもありなん!と思いますね。はかなげででも芯があって、立派です。

    ならまちも春日神社もぎゅっと奈良中心で周ることができてよかったです。
    桜の美しいこと!池から桜と五重塔が見えて、これぞ古都奈良の春!
    本当にいい季節に、またお天気にも恵まれてお友達と楽しまれて良かった!と思いました。素敵な奈良旅行記ありがとうございました。
    (^O^)/

    パディントン

    yoko

    yokoさん からの返信 2021/04/05 13:06:27
    RE: 春の奈良、お花がいっぱいで素敵!
    パディントンさん こんにちは♪

    ありがとうございます! お陰様でお天気にも恵まれて春の奈良を楽しむことができました。
    私達が行った日は初夏の陽気で、ブラウス1枚で歩くことが出来ました。
    ちょうど月変わり年度変わりの日に当たり、「花嫁」も帰ってきて見ることができました。夕食のフランス料理は、どの料理もとっても美味しかったです♪

    宇陀は榛原駅まで近鉄で行き、そこからバスに乗り18分、降りてから徒歩で20分との案内でした。コロナがなければツアーが良いかな。。と思いました。
    でも、あの景色は一度は見ておいた方が良いなと思いましたよ。ただし休日は更に凄い人出のようです。

    池越しの桜と五重塔は、古都の春を絵に描いたような眺めでした。
    今回は病み上がりの友人がいたので、公共交通機関を使わない方が良いかな。。と、コンパクトな観光をした次第です。

    早くワクチンが行き渡って、少しでも安心な暮らしができるようになると良いですね。

    yoko

yokoさんのトラベラーページ

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

奈良市の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集