奄美大島旅行記(ブログ) 一覧に戻る
子どもの頃に読んだ椋鳩十さんの作品<br />それからずっと行ってみたかった奄美大島<br />奄美は夏のイメージですが、<br />あえて観光客が少ない冬旅を計画<br /><br />ところがその冬旅、あいにくの雨模様<br />でも、雨もいいものです。<br />金作原原生林は、雨の恵みでいっそう美しく輝いて、<br />私を魅了しました。<br /><br />ちょこっと 奄美特産グルメを満喫<br />ちょこっと シュノーケリングも

冬の奄美大島へ 金作原散策と島ごはんを満喫 ちょこっとシュノーケリング

58いいね!

2020/12/05 - 2020/12/07

109位(同エリア1163件中)

5

55

雪月花

雪月花さん

この旅行記のスケジュール

この旅行記スケジュールを元に

子どもの頃に読んだ椋鳩十さんの作品
それからずっと行ってみたかった奄美大島
奄美は夏のイメージですが、
あえて観光客が少ない冬旅を計画

ところがその冬旅、あいにくの雨模様
でも、雨もいいものです。
金作原原生林は、雨の恵みでいっそう美しく輝いて、
私を魅了しました。

ちょこっと 奄美特産グルメを満喫
ちょこっと シュノーケリングも

旅行の満足度
4.0
観光
4.0
ホテル
4.0
グルメ
4.5
交通
3.0
同行者
友人
一人あたり費用
5万円 - 10万円
交通手段
レンタカー JALグループ 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 奄美空港からはレンタカーを利用<br />先ずは土盛海岸へ<br />空港からは10分で、あっという間に到着<br /><br />重たい雲でしたが、海の色はコバルトブルー<br />心の中では、青空だったらなぁ~、でした。

    奄美空港からはレンタカーを利用
    先ずは土盛海岸へ
    空港からは10分で、あっという間に到着

    重たい雲でしたが、海の色はコバルトブルー
    心の中では、青空だったらなぁ~、でした。

    土盛海岸 自然・景勝地

  • ビーチを独り占め<br />まさに、プライベートビーチ♪<br /><br />晴れていたら、海の色が違うのでしょうね

    ビーチを独り占め
    まさに、プライベートビーチ♪

    晴れていたら、海の色が違うのでしょうね

  • 土盛海岸から、奄美十景の一つ あやまる岬へ<br />珊瑚礁を眺めていると、雨がパラついてきました。<br /><br />そうそう、奄美は雨が多い島だとか・・・

    土盛海岸から、奄美十景の一つ あやまる岬へ
    珊瑚礁を眺めていると、雨がパラついてきました。

    そうそう、奄美は雨が多い島だとか・・・

    あやまる岬 自然・景勝地

  • このあやまる岬<br />岬一帯の地形が「アヤに織られた手鞠」に似ていることから<br />いつの頃からか「アヤマル」になったと聞きました。<br /><br />岬からの大パノラマ<br />太平洋に突き出ているのがわかります。

    このあやまる岬
    岬一帯の地形が「アヤに織られた手鞠」に似ていることから
    いつの頃からか「アヤマル」になったと聞きました。

    岬からの大パノラマ
    太平洋に突き出ているのがわかります。

  • お昼は奄美大島の郷土料理、鶏飯を<br />「とりめし」でなく、「けいはん」<br /><br />計画していた鶏飯の元祖、『みなとや』さんへ<br />エントランスには、大きな鶏の像が<br />地元の方もたくさん訪れているようです。<br />お店は待ち時間があるほどでした。<br /><br />私の次のお客さんで、今日の鶏飯は終了<br />ギリギリ間に合いました。

    お昼は奄美大島の郷土料理、鶏飯を
    「とりめし」でなく、「けいはん」

    計画していた鶏飯の元祖、『みなとや』さんへ
    エントランスには、大きな鶏の像が
    地元の方もたくさん訪れているようです。
    お店は待ち時間があるほどでした。

    私の次のお客さんで、今日の鶏飯は終了
    ギリギリ間に合いました。

    みなとや グルメ・レストラン

    元祖鶏飯をいただきにみなとやへ by 雪月花さん
  • お皿に、そぎ切りの鶏肉と錦糸卵、<br />そして、椎茸の含め煮と小口のネギ<br />海苔も付いています。

    お皿に、そぎ切りの鶏肉と錦糸卵、
    そして、椎茸の含め煮と小口のネギ
    海苔も付いています。

  • 具だくさんのお茶漬けみたい<br /><br />白ご飯の上に、具材をトッピング<br />その上から、透明な鶏だしをかけます。<br /><br />

    具だくさんのお茶漬けみたい

    白ご飯の上に、具材をトッピング
    その上から、透明な鶏だしをかけます。

  • なんとなく懐かしいお味<br />

    なんとなく懐かしいお味

  • 口コミで “シュノーケリングには最高” とあったので<br />パラつく雨を横目に、ちょっと倉崎海岸に<br /><br />なかなか晴れ間を見せてくれない奄美です。<br />今回はシュノーケリングはダメかなぁ。

    口コミで “シュノーケリングには最高” とあったので
    パラつく雨を横目に、ちょっと倉崎海岸に

    なかなか晴れ間を見せてくれない奄美です。
    今回はシュノーケリングはダメかなぁ。

    倉崎海岸 ビーチ

  • 耳には波の音と、アダンの葉を揺する風の音<br />風が運ぶ潮の匂い<br />コバルトブルーの海<br /><br />しばらく砂浜に座って眺めました。

    耳には波の音と、アダンの葉を揺する風の音
    風が運ぶ潮の匂い
    コバルトブルーの海

    しばらく砂浜に座って眺めました。

  • 一日目の夕飯は、名瀬の鯨石庵(けいせきあん)へ<br />奄美大島料理がいただける純和風のお店です。<br />ここで「あまみ島めぐり膳」の懐石を<br />予約していたせいか、完全個室でした。

    一日目の夕飯は、名瀬の鯨石庵(けいせきあん)へ
    奄美大島料理がいただける純和風のお店です。
    ここで「あまみ島めぐり膳」の懐石を
    予約していたせいか、完全個室でした。

  • とっても新鮮な奄美のお刺身<br />キュウリの向こうにはマグロ<br />こっちはエラブチだとか<br /><br />奄美大島ではエラブチだそうですが<br />沖縄ではブダイと呼ばれているお魚かな?<br /><br />珊瑚礁でよく見かける青い大きな魚<br />あのお魚を想像すると<br />食べちゃうことにためらいが・・・

    とっても新鮮な奄美のお刺身
    キュウリの向こうにはマグロ
    こっちはエラブチだとか

    奄美大島ではエラブチだそうですが
    沖縄ではブダイと呼ばれているお魚かな?

    珊瑚礁でよく見かける青い大きな魚
    あのお魚を想像すると
    食べちゃうことにためらいが・・・

  • 粋な籠に盛られた前菜<br />本州では見ない奄美特産料理が、てんこ盛りです<br /><br />籠盛りの一番上にトビンニャ<br />右側にはキビナゴの唐揚げ<br />中央にもずく酢<br />左にはミミガー<br />手前には、豚味噌とタナガ唐揚げに、さつま揚げ

    粋な籠に盛られた前菜
    本州では見ない奄美特産料理が、てんこ盛りです

    籠盛りの一番上にトビンニャ
    右側にはキビナゴの唐揚げ
    中央にもずく酢
    左にはミミガー
    手前には、豚味噌とタナガ唐揚げに、さつま揚げ

    鯨石庵 グルメ・レストラン

    奄美大島料理をいただきに名瀬の鯨石庵に by 雪月花さん
  • 奄美の貝と言えば、このトビンニャだそうです。<br />食べにくそうに見えますが、<br />意外と、貝から塩味の身がスルリと<br /><br />貝殻が綺麗だったので、持ち帰ってお家に飾っています。

    奄美の貝と言えば、このトビンニャだそうです。
    食べにくそうに見えますが、
    意外と、貝から塩味の身がスルリと

    貝殻が綺麗だったので、持ち帰ってお家に飾っています。

  • 椀物には、豚骨と島野菜

    椀物には、豚骨と島野菜

  • 地魚の天ぷらと、珍しいもずくの天ぷら<br />カラっと焼き上がっているようですが、<br />ちゃんと、もずくのネバネバ感があります<br /><br />サクッ そのあと もちっ ねばっ<br />磯の香りがする不思議な食感です。

    地魚の天ぷらと、珍しいもずくの天ぷら
    カラっと焼き上がっているようですが、
    ちゃんと、もずくのネバネバ感があります

    サクッ そのあと もちっ ねばっ
    磯の香りがする不思議な食感です。

  • お昼に食べた鶏飯も<br />トッピングされている具材は、お店によって微妙に違います。<br /><br />なんと!アジアの国々でよく見かける<br />熟す前の青いパパイヤを、千切りして出すお店なんかもありました。

    お昼に食べた鶏飯も
    トッピングされている具材は、お店によって微妙に違います。

    なんと!アジアの国々でよく見かける
    熟す前の青いパパイヤを、千切りして出すお店なんかもありました。

  • 具だくさんの油そうめん<br />島では「あぶらぞうめん」と言うそうです。<br /><br />沖縄のそうめんチャンプルーに似てますが、<br />こちらの方がしっかりとしたお味がついています

    具だくさんの油そうめん
    島では「あぶらぞうめん」と言うそうです。

    沖縄のそうめんチャンプルーに似てますが、
    こちらの方がしっかりとしたお味がついています

  • あまみ島めぐり膳<br /><br />1日目から、伝統的なお料理をしっかりいただきました。<br />

    あまみ島めぐり膳

    1日目から、伝統的なお料理をしっかりいただきました。

  • 最後は、<br />「お米のヨーグルト」と呼ばれる 発酵飲料ミキのパンナコッタ<br />女性にはうれしい 肌荒れ改善の効果があるそう

    最後は、
    「お米のヨーグルト」と呼ばれる 発酵飲料ミキのパンナコッタ
    女性にはうれしい 肌荒れ改善の効果があるそう

  • 純和風の鯨石庵のロビーに、クリスマスツリーが<br /><br />師走なんですね。<br />白のストールが掛けられた椅子が中央に<br />記念撮影用でしょうか

    純和風の鯨石庵のロビーに、クリスマスツリーが

    師走なんですね。
    白のストールが掛けられた椅子が中央に
    記念撮影用でしょうか

  • お店の入り口には、純和風の生け花も<br />やっぱりこっちの方が似合いますね。

    お店の入り口には、純和風の生け花も
    やっぱりこっちの方が似合いますね。

  • 夕食のあと、ホテルへの歩道には<br />こんな目を惹くタイルが<br /><br />珊瑚礁でよく見るモンガラカワハギかな?

    夕食のあと、ホテルへの歩道には
    こんな目を惹くタイルが

    珊瑚礁でよく見るモンガラカワハギかな?

  • このタイルはチョウチョウウオでしょうか?<br />これも、よく珊瑚礁で見かけます。

    このタイルはチョウチョウウオでしょうか?
    これも、よく珊瑚礁で見かけます。

  • ホテルのロビーで目にとまった タペストリー<br />よく見ると、大島紬!<br />大島紬の着物は、高くてよう着ません。<br />飽きのこないとても素敵な色合い。<br />横には、飛び杼のオブジェも

    ホテルのロビーで目にとまった タペストリー
    よく見ると、大島紬!
    大島紬の着物は、高くてよう着ません。
    飽きのこないとても素敵な色合い。
    横には、飛び杼のオブジェも

    ホテルウエストコート奄美II 宿・ホテル

    2名1室合計 6,200円~

    奄美大島観光の拠点に打って付け by 雪月花さん
  • 二日目の午前中は、オプショナルツアーに参加<br /><br />冬の奄美大島で、念願のシュノーケリング♪<br />激しく雨が降り、風も強かったのですが、<br />海の中は想像していた世界とは、全く違いました。<br /><br />亀にも逢えました。<br />触れないように、そっと接近

    二日目の午前中は、オプショナルツアーに参加

    冬の奄美大島で、念願のシュノーケリング♪
    激しく雨が降り、風も強かったのですが、
    海の中は想像していた世界とは、全く違いました。

    亀にも逢えました。
    触れないように、そっと接近

  • 奄美の冬の海は、<br />夏よりもにごりが少なくて透き通っているそうです。<br /><br />それに、陸に居るよりも海の中の方が温かい

    奄美の冬の海は、
    夏よりもにごりが少なくて透き通っているそうです。

    それに、陸に居るよりも海の中の方が温かい

  • 二日目の午後は、奄美の王道スポット 金作原(きんさくばる)へ<br />ガイドさんの車で移動します。<br />この金作原、ガイドさんなしでは入れなくなったそうです。<br /><br />舗装されてない でこぼこ道を ひたすら進みます。<br />車窓からは、ぎっしりと緑で覆われた山々が<br />「ブロッコリーの森」と呼ばれているそうです。<br />なるほど! その表現がぴったり

    二日目の午後は、奄美の王道スポット 金作原(きんさくばる)へ
    ガイドさんの車で移動します。
    この金作原、ガイドさんなしでは入れなくなったそうです。

    舗装されてない でこぼこ道を ひたすら進みます。
    車窓からは、ぎっしりと緑で覆われた山々が
    「ブロッコリーの森」と呼ばれているそうです。
    なるほど! その表現がぴったり

    金作原原生林 自然・景勝地

  • 奄美大島の原生林は、保護林になっています。<br />かつては伐採が進み、大半の原生林が消えてしまったとか<br />保護のおかげで、いまでは金作原のような原生林が

    奄美大島の原生林は、保護林になっています。
    かつては伐採が進み、大半の原生林が消えてしまったとか
    保護のおかげで、いまでは金作原のような原生林が

  • 金作原原生林への入口では<br />大きなクワズイモが迎えてくれます。<br /><br />雨に濡れた艶っぽい葉、趣があります。<br />この葉っぱ トトロが持っていた傘に似てませんか。

    金作原原生林への入口では
    大きなクワズイモが迎えてくれます。

    雨に濡れた艶っぽい葉、趣があります。
    この葉っぱ トトロが持っていた傘に似てませんか。

  • 雨宿りができそうな大きさ<br />葉脈もきれいに見えます。

    雨宿りができそうな大きさ
    葉脈もきれいに見えます。

  • こういう道を原生林の奥へ奥へ<br />一歩一歩進むと、高温多湿の奄美ならではの気候風土が育んだ<br />すてきな世界が<br /><br />耳を澄ませば、緑をたたく雨音と野鳥の声

    こういう道を原生林の奥へ奥へ
    一歩一歩進むと、高温多湿の奄美ならではの気候風土が育んだ
    すてきな世界が

    耳を澄ませば、緑をたたく雨音と野鳥の声

  • 周囲は原生林というよりジャングル<br /><br />鬱蒼と茂る見慣れぬ木々と、とにかく巨大なシダ植物<br />太古にタイムスリップしたかのよう<br />ぬうっと、恐竜が顔を出しそうな雰囲気

    周囲は原生林というよりジャングル

    鬱蒼と茂る見慣れぬ木々と、とにかく巨大なシダ植物
    太古にタイムスリップしたかのよう
    ぬうっと、恐竜が顔を出しそうな雰囲気

  • 深い緑の原生林に降る雨<br />自然の緑を一層際立たせています。<br /><br />12月、冬の雨ですが、決して冷たくはありません。

    深い緑の原生林に降る雨
    自然の緑を一層際立たせています。

    12月、冬の雨ですが、決して冷たくはありません。

  • 空がのぞく空間には、決まってヒカゲヘゴが<br />どうしてこんな名前に?<br />’日かげ’よりも、’日なた’を好む 植物なのに。<br /><br />向こうの木々が、雨に煙っています。

    空がのぞく空間には、決まってヒカゲヘゴが
    どうしてこんな名前に?
    ’日かげ’よりも、’日なた’を好む 植物なのに。

    向こうの木々が、雨に煙っています。

  • 台風で倒れたヒカゲヘゴ<br />風が止むと、ふたたび 先端が力強く天に向かって伸びてます。<br /><br />ヒカゲヘゴの力強さが伝わってきます。<br />感動 見習わないと・・・<br />本当にパワーがもらえそう

    台風で倒れたヒカゲヘゴ
    風が止むと、ふたたび 先端が力強く天に向かって伸びてます。

    ヒカゲヘゴの力強さが伝わってきます。
    感動 見習わないと・・・
    本当にパワーがもらえそう

  • 天にそびえるヒカゲヘゴ<br />金作原の、この風景が見たかったんです。

    天にそびえるヒカゲヘゴ
    金作原の、この風景が見たかったんです。

  • ガイドさんいわく、<br />ここがベストビューポイントだそうです。<br />たしかにすてき<br /><br />見上げるヒカゲヘゴの四方に広がる葉<br />規則正しく、幾何学模様のようにも見えます。

    ガイドさんいわく、
    ここがベストビューポイントだそうです。
    たしかにすてき

    見上げるヒカゲヘゴの四方に広がる葉
    規則正しく、幾何学模様のようにも見えます。

  • まわりの木々の樹高を越えるヒカゲヘゴ<br /><br />晴れた日は、日差しを遮るパラソル<br />こんな雨の日は、アンブレラに<br /><br />雨の金作原ですが、ほとんど濡れません。

    まわりの木々の樹高を越えるヒカゲヘゴ

    晴れた日は、日差しを遮るパラソル
    こんな雨の日は、アンブレラに

    雨の金作原ですが、ほとんど濡れません。

  • 蘭の一種、アオノクマタケラン<br />薄暗い木の下などがお好みのようです。<br /><br />この季節には赤い実を付けていますが、<br />夏には、赤い筋の入った白い花を咲かせるそうです。<br />見てみたいな~

    蘭の一種、アオノクマタケラン
    薄暗い木の下などがお好みのようです。

    この季節には赤い実を付けていますが、
    夏には、赤い筋の入った白い花を咲かせるそうです。
    見てみたいな~

  • 同じように赤い実ですが、<br />アオノクマタケランとは違います。<br />こちらは、ボチョウジの実だそうです。<br />たしかに葉っぱが違います。<br /><br />ボチョウジの別名は、リュウキュウアオキ<br />屋久島や種子島以南にしか生えない薬草だとか

    同じように赤い実ですが、
    アオノクマタケランとは違います。
    こちらは、ボチョウジの実だそうです。
    たしかに葉っぱが違います。

    ボチョウジの別名は、リュウキュウアオキ
    屋久島や種子島以南にしか生えない薬草だとか

  • ルリミノキという植物だそうです。<br />この小さな実、たしかに綺麗な瑠璃色<br />実が玉になって寄り添って、飾り物のようです。<br />雨に濡れて、瑠璃色が一層輝いて見えます。

    ルリミノキという植物だそうです。
    この小さな実、たしかに綺麗な瑠璃色
    実が玉になって寄り添って、飾り物のようです。
    雨に濡れて、瑠璃色が一層輝いて見えます。

  • 愛らしい白い花を残した枝も<br /><br />ルリミノキ<br />はじめは白い実のようです。<br />それが、だんだん瑠璃色に染まっていくのですね。

    愛らしい白い花を残した枝も

    ルリミノキ
    はじめは白い実のようです。
    それが、だんだん瑠璃色に染まっていくのですね。

  • 原生林を、さらに奥へ進むと<br />下に伸びるこんな木の階段が<br /><br />途中で、夜行性のアマミノクロウサギの足跡も見つかりました。<br />夜の金作原ツアーに参加すると、このウサギにも逢えるそうです。

    原生林を、さらに奥へ進むと
    下に伸びるこんな木の階段が

    途中で、夜行性のアマミノクロウサギの足跡も見つかりました。
    夜の金作原ツアーに参加すると、このウサギにも逢えるそうです。

  • 急な木の階段を降りると、こんな大きな板根が<br />巨大な根っこが地面からはみ出しています。<br />値が板状に張り出すので、「板根」というそう<br /><br />あいにくの雨<br />出かける前は、ちょっと残念な気持ちでした。<br />でも、もっとも奄美らしい雨の金作原を見ることができました。

    急な木の階段を降りると、こんな大きな板根が
    巨大な根っこが地面からはみ出しています。
    値が板状に張り出すので、「板根」というそう

    あいにくの雨
    出かける前は、ちょっと残念な気持ちでした。
    でも、もっとも奄美らしい雨の金作原を見ることができました。

  • 二日目の夕食も、やっぱり奄美大島料理<br />「かめ」という居酒屋へ<br />口コミでは高評価のお店<br />たしかに地元のお客さんもたくさん<br /><br />偶然ですが<br />亀に出逢えた日に、「かめ」で奄美大島料理です。

    二日目の夕食も、やっぱり奄美大島料理
    「かめ」という居酒屋へ
    口コミでは高評価のお店
    たしかに地元のお客さんもたくさん

    偶然ですが
    亀に出逢えた日に、「かめ」で奄美大島料理です。

    奄美大島料理 かめ グルメ・レストラン

  • お刺身の盛り合わせ<br /><br />海ぶどうも、トビンニャも<br />白いお刺身は、もしかして・・・例のエラブチ?

    お刺身の盛り合わせ

    海ぶどうも、トビンニャも
    白いお刺身は、もしかして・・・例のエラブチ?

  • 綺麗なお椀で出てきたのは、豚骨と島野菜煮<br />

    綺麗なお椀で出てきたのは、豚骨と島野菜煮

  • アオサともずくの天ぷら<br />昨日もいただいたもずくの天ぷらです。<br />右側には、アオサの玉子焼きも<br />磯の香りがいい

    アオサともずくの天ぷら
    昨日もいただいたもずくの天ぷらです。
    右側には、アオサの玉子焼きも
    磯の香りがいい

  • 焼きそばでもなく、そうめんチャンプルでもなく<br />奄美大島原産の油そうめん<br /><br />おなかいっぱい<br />お酒がすすむ♪<br />素材の味を感じる、島の伝統的な家庭料理が並びました。

    焼きそばでもなく、そうめんチャンプルでもなく
    奄美大島原産の油そうめん

    おなかいっぱい
    お酒がすすむ♪
    素材の味を感じる、島の伝統的な家庭料理が並びました。

  • 冬の奄美をあとに、一路伊丹空港へ<br />堺の上空では、大きな古墳がくっきりと<br />街並みと比較しても超巨大です。

    冬の奄美をあとに、一路伊丹空港へ
    堺の上空では、大きな古墳がくっきりと
    街並みと比較しても超巨大です。

  • 2019年に世界遺産に登録されたばかりの古墳群<br /><br />空の上から、こんなに見れるなんて<br />左側の座席にしてよかった。

    2019年に世界遺産に登録されたばかりの古墳群

    空の上から、こんなに見れるなんて
    左側の座席にしてよかった。

  • 大阪城も

    大阪城も

  • 師走の搭乗通路には、クリスマスツリー<br />空港も年の瀬だな~、という雰囲気です。

    師走の搭乗通路には、クリスマスツリー
    空港も年の瀬だな~、という雰囲気です。

    大阪国際空港 (伊丹空港) 空港

  • 奄美大島の旅の記念に、ターンテーブルから一枚<br />ぜんぜん回りきれなかった奄美大島<br /><br />今度はいつ行けるでしょうか。

    奄美大島の旅の記念に、ターンテーブルから一枚
    ぜんぜん回りきれなかった奄美大島

    今度はいつ行けるでしょうか。

58いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (5)

開く

閉じる

  • 紅映さん 2021/07/06 20:22:34
    金作原原生林行きました♪
    雪月花さん、今晩は~♪
    冬に南の島、しかもつい最近。お小さい頃からの夢を叶えてってとっても素敵❢
    かく言う私は「行きました」と言っても20年も前のことです。
    思い出して去年辺りでしたかしら、クチコミを投稿しました。思い出に残っているのは、やはり金作原原生林!!
    誰一人として出会いませんでしたが、アフリカのジャングルのようでいて明るいので不安とか怖いとかは思わなかったです。主人と二人でレンタカーで行きました。
    ちょっと調べてみましたら、世界遺産の登録を目指すので、自然環境保全・混雑緩和・安全確保等のために2年前から規制されるようになったようですね。
    ツアーだとちょっと考えてしまいますが、あの原生林へはもう一度行ってみたいです。
    素敵な旅行記を拝見出来て、思いがけず思い出に浸ることが出来ました。
    ありがとうございました。

                           ・・・☆紅映☆・・・

    雪月花

    雪月花さん からの返信 2021/07/07 13:01:20
    Re: 金作原原生林行きました♪
    紅映さま

    早速、 金作原原生林の口コミを拝見しました。
    本州では見られない大きな葉っぱ。
    当時は、レンタカーでも自由に行けたんですね。
    今では、ご覧のようにネイチャーガイドさんに、
    連れて行ってもらわないといけなくなりました。
    でも、この原生林は、
    ずっとこれからもこのままでいてほしい景色。
    金作原にとっては、そのほうがいいかもしれません。

    今回案内してくださった方は、生まれも育ちも奄美のひと。
    奄美愛にあふれていて、じっくり時間をかけて案内してくださいました。
    一度、奄美に大雪があったそうで、
    雪とのコラボ写真を見せてくださいましたが、とても素敵でした。

    雪月花


  • ちーちゃんさん 2021/05/31 12:42:08
    奄美大島!行きたかったな(^_^*)
    はじめまして、ちーちゃんと申します。

    この度は、フォロー、
    そして、いいね!を沢山頂き、
    ありがとうございます。

    去年の7月に奄美旅行を予定していましたが、
    感染者の増加で、キャンセルしていました。
    この旅行記を見せて頂いて、やはりステキな場所なんだなあ♪と楽しく拝見させて頂きました。

    海のなかは、もちろん素敵ですが、
    ジャングル?の様な森の中の景色が、
    素晴らしいですね!
    散策に雨は大変でしょうが、
    木々や葉の濡れてツヤツヤした写真は、
    生き物の生命力をより強く感じました。

    コロナが落ち着いたら、
    私も是非行ってみたいです。(^_^*)

    素敵な旅行記ありがとうございました。

    雪月花

    雪月花さん からの返信 2021/06/06 18:19:53
    RE: 奄美大島!行きたかったな(^_^*)
    ち−ちゃんさま

    はじめまして。
    takaさんの花で溢れた美しすぎる旅行記に寄せられておられた
    コメントを拝見し、旅行記をのぞかせていただいたら・・・
    ウィットに富んだ作品に、たちまちハマってしまいました。

    たぶん、私、満面の笑顔で拝見させていただいていると思います。
    時々、通勤電車の中で声を出して笑いそうになっちゃってます。
    お蕎麦が好きなので、そちらも興味がそそられます。

    いつか奄美に行かれたら、ぜひ旅行記も作ってくださいね。
    楽しみに待っています。

    雪月花

    ちーちゃん

    ちーちゃんさん からの返信 2021/06/06 20:59:38
    Re: 奄美大島!行きたかったな(^_^*)
    こんばんは(^_^*)

    私の旅行記を沢山見て頂いて、
    お褒めの言葉まで頂き、
    お礼をさせて頂きたく、
    またお便りさせて頂きました。

    通勤時間のひと時を、
    私の旅行記に当てて頂き
    ありがとうございます!

    雪月花さんが、
    満面笑顔で見てくださっている事を聞き、
    私の顔は、苺の様に赤くなっています。
    決して可愛いのではありません。
    歳を重ねるごとに、
    顔には、ホクロやシミが…
    それで苺なんです(^_^;)
    出来れば、トマトの様にと表現したかったのですが(笑)

    こんな私ですが、
    これからも雪月花さんに、
    電車の中でクスッと笑ってもらえる様な、
    楽しい旅行記を書いていきたいと
    思いますので、
    どうぞ、宜しくお願い致します。

雪月花さんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

奄美大島の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集