大津旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2020年の日本紅葉巡りドライブの最後は、滋賀&京都へ。紅葉シーズンでは、京都は2010年以来10年ぶり、滋賀は2002年以来18年ぶりだ。滋賀県内は、見どころが分散しているので、ほとんど車で移動。京都市内は、車で走り回るのはかなりハードルが高いので、滋賀に車を置いて電車で入ることに。八幡平に続いて友人を連れての3人旅だったが、京都の日曜日がものすごい混雑だった以外は、どこも比較的空いていて、久しぶりの滋賀・京都観光を堪能することが出来た。<br />滋賀第五部は、三日目の最初に、石山寺から日吉大社と旧竹林院を訪れた時の旅行記です。(表紙写真は、旧竹林院でのリフレクション撮影)<br /><br />全旅程<br /><br />11/12 東京ー(中央道/名神)->湖東三山PA->西明寺ー>八日市駅前<br />                     (ホテルルートイン泊) <br /><br />11/13 八日市駅前ー>永源寺ー>金剛輪寺ー>八日市IC-(名神)ー><br /> 竜王IC-> 長寿寺ー>常楽寺ー>瀬田 (ニューびわこホテル泊)<br /><br />11/14 瀬田ー>石山寺ー>日吉大社&旧竹林寺ー>奥比叡ドライブウェイ<br />   ->横川ー>延暦寺ー>比叡山ドライブウェイー>大津京駅<br />   (車を駅前の駐車場に置く)-(JR)ー>京都ー(地下鉄)ー>烏丸四条<br />                    (グリッズ京都四条河原町泊)<br /><br />11/15 烏丸四条―(バス)ー>高雄(神護寺から清滝へ)<br />   清滝ー(バス)ー>嵐山(宝厳院)-(嵐電/地下鉄)ー>蹴上ー><br />   永観堂ー> 蹴上ー(地下鉄)ー>京都市役所前 <br />                   (ホテルビスタプレミオ和邸泊)<br /><br />11/16 烏丸四条ー(地下鉄/JR)ー>東福寺駅ー>東福寺―(京阪)ー><br />   祇園四条->ホテルで荷物をピックアップして京都駅へ<br />   京都ー(JR)->大津京(車をピックアップ)ー>大津ICー<br />   (名神)->八日市ICー>教林坊ー>八日市IC-(名神)ー><br />   彦根ICー>彦根           (ホテルサンルート泊)<br /><br />11/17 彦根ー>(名神/中央道)->東京

団塊夫婦の2020年日本紅葉巡りドライブー(滋賀5) 石山寺から日吉大社&旧竹林院へ

9いいね!

2020/11/14 - 2020/11/14

615位(同エリア1220件中)

miharashi

miharashiさん

2020年の日本紅葉巡りドライブの最後は、滋賀&京都へ。紅葉シーズンでは、京都は2010年以来10年ぶり、滋賀は2002年以来18年ぶりだ。滋賀県内は、見どころが分散しているので、ほとんど車で移動。京都市内は、車で走り回るのはかなりハードルが高いので、滋賀に車を置いて電車で入ることに。八幡平に続いて友人を連れての3人旅だったが、京都の日曜日がものすごい混雑だった以外は、どこも比較的空いていて、久しぶりの滋賀・京都観光を堪能することが出来た。
滋賀第五部は、三日目の最初に、石山寺から日吉大社と旧竹林院を訪れた時の旅行記です。(表紙写真は、旧竹林院でのリフレクション撮影)

全旅程

11/12 東京ー(中央道/名神)->湖東三山PA->西明寺ー>八日市駅前
                     (ホテルルートイン泊) 

11/13 八日市駅前ー>永源寺ー>金剛輪寺ー>八日市IC-(名神)ー>
 竜王IC-> 長寿寺ー>常楽寺ー>瀬田 (ニューびわこホテル泊)

11/14 瀬田ー>石山寺ー>日吉大社&旧竹林寺ー>奥比叡ドライブウェイ
   ->横川ー>延暦寺ー>比叡山ドライブウェイー>大津京駅
   (車を駅前の駐車場に置く)-(JR)ー>京都ー(地下鉄)ー>烏丸四条
                    (グリッズ京都四条河原町泊)

11/15 烏丸四条―(バス)ー>高雄(神護寺から清滝へ)
   清滝ー(バス)ー>嵐山(宝厳院)-(嵐電/地下鉄)ー>蹴上ー>
   永観堂ー> 蹴上ー(地下鉄)ー>京都市役所前 
                   (ホテルビスタプレミオ和邸泊)

11/16 烏丸四条ー(地下鉄/JR)ー>東福寺駅ー>東福寺―(京阪)ー>
   祇園四条->ホテルで荷物をピックアップして京都駅へ
   京都ー(JR)->大津京(車をピックアップ)ー>大津ICー
   (名神)->八日市ICー>教林坊ー>八日市IC-(名神)ー>
   彦根ICー>彦根           (ホテルサンルート泊)

11/17 彦根ー>(名神/中央道)->東京

旅行の満足度
5.0
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
自家用車
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 石山寺は大津市の南東部にあり、747年に東大寺の僧、良弁が開いた真言宗のお寺。2002年に滋賀の紅葉を見に訪れたとき、最初に入ったお寺で、永源寺と同様18年ぶりの再訪となった。石山寺はまた、紫式部ゆかりのお寺で、石山寺での滞在が源氏物語を書くきっかけになったと伝えられている。2002年当時は、そんな話は全く知らずに来てしまったが、今回は境内にある紫式部像をしっかり撮ることが出来た。

    石山寺は大津市の南東部にあり、747年に東大寺の僧、良弁が開いた真言宗のお寺。2002年に滋賀の紅葉を見に訪れたとき、最初に入ったお寺で、永源寺と同様18年ぶりの再訪となった。石山寺はまた、紫式部ゆかりのお寺で、石山寺での滞在が源氏物語を書くきっかけになったと伝えられている。2002年当時は、そんな話は全く知らずに来てしまったが、今回は境内にある紫式部像をしっかり撮ることが出来た。

  • 石山寺の後は、坂本にある日吉大社と旧竹林院を訪れた。特に、旧竹林は、今回が始めてだったが、庭園の書院の中で紅葉のリフレクション撮影が体験でき、素晴らしかった。

    石山寺の後は、坂本にある日吉大社と旧竹林院を訪れた。特に、旧竹林は、今回が始めてだったが、庭園の書院の中で紅葉のリフレクション撮影が体験でき、素晴らしかった。

  • 11月14日(土)。紅葉ドライブ3日目。今日は、一日滋賀の紅葉を見て回った後、大津京駅の駐車場に車を置いて、電車で京都へ移動する。朝7時に朝食を食べ、8時前には瀬田のニューびわこホテルを出発して、石山寺に向かった。

    11月14日(土)。紅葉ドライブ3日目。今日は、一日滋賀の紅葉を見て回った後、大津京駅の駐車場に車を置いて、電車で京都へ移動する。朝7時に朝食を食べ、8時前には瀬田のニューびわこホテルを出発して、石山寺に向かった。

  • 石山寺には10分足らずで到着。8時を少し過ぎたばかりなので、お寺の有料駐車場はご覧の通りガラガラ。係員もまだ来ていなかったので、駐車料金も払わずに駐車(後で出るときに払った)。

    石山寺には10分足らずで到着。8時を少し過ぎたばかりなので、お寺の有料駐車場はご覧の通りガラガラ。係員もまだ来ていなかったので、駐車料金も払わずに駐車(後で出るときに払った)。

  • 石山寺の前まで行ってみたが、土曜日だというのに門の扉は閉まっていて、開門は9時からだと言われた。仕方なく、そばの公園のベンチに座って開門を待つことにした。8時か8時半の開門と思って、早く来た観光客もけっこういた。

    石山寺の前まで行ってみたが、土曜日だというのに門の扉は閉まっていて、開門は9時からだと言われた。仕方なく、そばの公園のベンチに座って開門を待つことにした。8時か8時半の開門と思って、早く来た観光客もけっこういた。

  • 公園のベンチから紅葉越しに見る石山寺。

    公園のベンチから紅葉越しに見る石山寺。

  • お寺の門の右横にひっそりとあった小さな庭。鯉が数匹泳いでいた。

    お寺の門の右横にひっそりとあった小さな庭。鯉が数匹泳いでいた。

  • 池に映る真っ赤な紅葉の中を悠然と泳ぐ真っ白な鯉。鯉の撮影をすることで、開門まで退屈せずにすごせた。

    池に映る真っ赤な紅葉の中を悠然と泳ぐ真っ白な鯉。鯉の撮影をすることで、開門まで退屈せずにすごせた。

  • ようやく9時になり、開門。門を入りしばらく歩くと受付があり、拝観料600円を払って入場。

    ようやく9時になり、開門。門を入りしばらく歩くと受付があり、拝観料600円を払って入場。

  • 順路に従って歩き、急な階段を登っていくと、本堂横の広場に出た(写真)。正面には多宝塔(国宝)。朝早いので陰になっていた。

    順路に従って歩き、急な階段を登っていくと、本堂横の広場に出た(写真)。正面には多宝塔(国宝)。朝早いので陰になっていた。

  • 多宝塔の脇を登り、さらに上の方へと登っていく。

    多宝塔の脇を登り、さらに上の方へと登っていく。

  • しばらく登り坂を歩いて行き、道が平坦になると、紫式部像と書かれた案内板を発見。前回は見た覚えがないので、案内板の方向へ歩いてみた。しばらく緩やかだが退屈な道を登っていき、二つ目の紫式部の案内板の所を入ると、ようやくきれいな紅葉越しに像が見えた。

    しばらく登り坂を歩いて行き、道が平坦になると、紫式部像と書かれた案内板を発見。前回は見た覚えがないので、案内板の方向へ歩いてみた。しばらく緩やかだが退屈な道を登っていき、二つ目の紫式部の案内板の所を入ると、ようやくきれいな紅葉越しに像が見えた。

  • 近づいてみると、紫式部の像が静かに座していた。

    近づいてみると、紫式部の像が静かに座していた。

  • 紫式部像を正面から。

    紫式部像を正面から。

  • 拡大して。前回見損なったので、これで2回来た甲斐はあった。

    拡大して。前回見損なったので、これで2回来た甲斐はあった。

  • 紫式部像を後にして、紅葉の下の山道を下っていく。

    紫式部像を後にして、紅葉の下の山道を下っていく。

  • さざんかの花も。

    さざんかの花も。

  • そのまま下っていくと無憂園という庭園に出た。写真はその入り口ににあった滝。

    そのまま下っていくと無憂園という庭園に出た。写真はその入り口ににあった滝。

  • 庭園から入り口の方向へと戻る。道路脇のライトは夜のライトアップのため?

    庭園から入り口の方向へと戻る。道路脇のライトは夜のライトアップのため?

  • 前方に杉の大木。ここから再び本堂に上がれるようになっていた。

    前方に杉の大木。ここから再び本堂に上がれるようになっていた。

  • 本堂へむかう階段。

    本堂へむかう階段。

  • ようやく本堂に着き、中に入る。

    ようやく本堂に着き、中に入る。

  • 本堂の欄干からの眺め。

    本堂の欄干からの眺め。

  • 本堂の周りでは、ここだけ見事な紅葉が見れた。

    本堂の周りでは、ここだけ見事な紅葉が見れた。

  • 屋根越しに見えた紅葉。

    屋根越しに見えた紅葉。

  • 本堂から入口に戻る途中の紅葉のトンネル。来た時とは逆に歩くので、陽の光が順光になり、紅葉もきれいだった。

    本堂から入口に戻る途中の紅葉のトンネル。来た時とは逆に歩くので、陽の光が順光になり、紅葉もきれいだった。

  • 同上。

    同上。

  • もうすぐ入口。

    もうすぐ入口。

  • 受付を出る。時刻は10時近くになり、参拝客も増えてきた。

    受付を出る。時刻は10時近くになり、参拝客も増えてきた。

  • 門を出る前に見えたひときわ真っ赤なもみじ。

    門を出る前に見えたひときわ真っ赤なもみじ。

  • 朝石山寺に入った時は、正直紅葉はあまりぱっとしない印象だったが、最後の方になってようやくきれいな紅葉を見た気がした。前回は石山寺が最初の訪問だったのに対し、今回はすでに五つのお寺を回ったあとなので、どうしても印象が薄くなるのは仕方がないだろう。

    朝石山寺に入った時は、正直紅葉はあまりぱっとしない印象だったが、最後の方になってようやくきれいな紅葉を見た気がした。前回は石山寺が最初の訪問だったのに対し、今回はすでに五つのお寺を回ったあとなので、どうしても印象が薄くなるのは仕方がないだろう。

  • 石山寺を出て、湖岸道路を湖西方向に走り、坂本への分岐から山の方へ入って日吉大社へ向かう。駐車場は前もってタイムズにネット予約しておいた(1日400円)。駐車場は日吉大社から10分ほど離れたところにあった(結果的には大社近くの駐車場も空いていた)。

    石山寺を出て、湖岸道路を湖西方向に走り、坂本への分岐から山の方へ入って日吉大社へ向かう。駐車場は前もってタイムズにネット予約しておいた(1日400円)。駐車場は日吉大社から10分ほど離れたところにあった(結果的には大社近くの駐車場も空いていた)。

  • 駐車場から神社に向かう途中の蕎麦屋のまえには長蛇の列。待つほどおいしいのかな?

    駐車場から神社に向かう途中の蕎麦屋のまえには長蛇の列。待つほどおいしいのかな?

  • 神社近くの中学校の体育館では剣道の授業中。青春を感じた。

    神社近くの中学校の体育館では剣道の授業中。青春を感じた。

  • 日吉大社の鳥居に着いたが、紅葉は終わりに近づいていて、がっかり。以前来た時は本当にきれいだったのに。

    日吉大社の鳥居に着いたが、紅葉は終わりに近づいていて、がっかり。以前来た時は本当にきれいだったのに。

  • それでもきれいな紅葉も残っていた。

    それでもきれいな紅葉も残っていた。

  • 受付の手前から鳥居方面を振り返って。これより先は有料で、あまり紅葉も期待できなさそうなので、受付の手前で撮影だけですまし、引き返すことに。

    受付の手前から鳥居方面を振り返って。これより先は有料で、あまり紅葉も期待できなさそうなので、受付の手前で撮影だけですまし、引き返すことに。

  • 鳥居を出る前に横道があり、そこを入ってみると、紅葉がきれいなところがあった(写真)。このあと、日吉大社の手前にある里坊旧竹林院に入ることにした。里坊とは延暦寺の僧侶の隠居所だという。前回日吉大社に来た時は、帰り時間が迫っていて、旧竹林院は素通りしていた(そもそも旧竹林院のことも全く知らなかった)。

    鳥居を出る前に横道があり、そこを入ってみると、紅葉がきれいなところがあった(写真)。このあと、日吉大社の手前にある里坊旧竹林院に入ることにした。里坊とは延暦寺の僧侶の隠居所だという。前回日吉大社に来た時は、帰り時間が迫っていて、旧竹林院は素通りしていた(そもそも旧竹林院のことも全く知らなかった)。

  • 旧竹林院の駐車場は空いていたので、最初からここに入ればよかったかも。たまたま空いていたのかもしれない。ここは京都の瑠璃光院と同じく、ピカピカに磨かれたテーブルに庭の景色が映り、美しいと評判のお寺。瑠璃光院は予約制になり、入場料も2000円と高いのに、ここは空いていて、並ぶこともなくすんなり入れ、料金も330円と安いとネットでどなたかが勧めていたところ。幸い Go To トラベルの紙クーポン千円分で3人分の入場料を払うことができた。

    旧竹林院の駐車場は空いていたので、最初からここに入ればよかったかも。たまたま空いていたのかもしれない。ここは京都の瑠璃光院と同じく、ピカピカに磨かれたテーブルに庭の景色が映り、美しいと評判のお寺。瑠璃光院は予約制になり、入場料も2000円と高いのに、ここは空いていて、並ぶこともなくすんなり入れ、料金も330円と安いとネットでどなたかが勧めていたところ。幸い Go To トラベルの紙クーポン千円分で3人分の入場料を払うことができた。

  • 最初は一階へ。前が庭園になっている。

    最初は一階へ。前が庭園になっている。

  • 部屋の中央にはピカピカに磨かれたテーブル。リフレクション(反射)撮影用のテーブルだ。部屋には数人しかいなかったので、自由に撮影ができた。<br />

    部屋の中央にはピカピカに磨かれたテーブル。リフレクション(反射)撮影用のテーブルだ。部屋には数人しかいなかったので、自由に撮影ができた。

  • 最初は撮影の仕方がわからず、何度も撮影に失敗。何度か試してみて、ようやく要領を得た。空いているからできることで、瑠璃光院ではとてもかなわないことだろう。

    最初は撮影の仕方がわからず、何度も撮影に失敗。何度か試してみて、ようやく要領を得た。空いているからできることで、瑠璃光院ではとてもかなわないことだろう。

  • 庭の傘のリフレクション。ここ(一階)の撮影では、完全なリフレクションにはならなかったが、この後の二階での撮影では、よりきれいなリフレクション撮影が出来た。

    庭の傘のリフレクション。ここ(一階)の撮影では、完全なリフレクションにはならなかったが、この後の二階での撮影では、よりきれいなリフレクション撮影が出来た。

  • 二階へ移動。

    二階へ移動。

  • リフレクション撮影に集中する主人。

    リフレクション撮影に集中する主人。

  • テーブルによる紅葉のリフレクション。写真中央を横切る欄干の真ん中の横棒を境にして、上下対称になっていることがわかる。

    テーブルによる紅葉のリフレクション。写真中央を横切る欄干の真ん中の横棒を境にして、上下対称になっていることがわかる。

  • 右に移動して。

    右に移動して。

  • やや左に移動。

    やや左に移動。

  • 上の三枚はコンパクトデジカメによる撮影で、この最後の一枚は一眼レフによるもの。結果的には、両方ともほぼ同じ写真に見えるが、厳密に見ると、一眼レフの方が画像の歪みが小さいため、少しだけ完全なリフレクションに近づいているようだった。

    上の三枚はコンパクトデジカメによる撮影で、この最後の一枚は一眼レフによるもの。結果的には、両方ともほぼ同じ写真に見えるが、厳密に見ると、一眼レフの方が画像の歪みが小さいため、少しだけ完全なリフレクションに近づいているようだった。

  • 二階からの眺め。庭園は約3300平米あり、手入れが行き届いていた。

    二階からの眺め。庭園は約3300平米あり、手入れが行き届いていた。

  • 紅葉も見ごろだった。

    紅葉も見ごろだった。

  • 部屋から出て、お庭を巡ってみた。大きな土瓶を利用した水場もあった。

    部屋から出て、お庭を巡ってみた。大きな土瓶を利用した水場もあった。

  • 庭園から見上げると遠くに奥の坊が。

    庭園から見上げると遠くに奥の坊が。

  • 茶室。

    茶室。

  • もう一つ別の茶室。

    もう一つ別の茶室。

  • 日吉大社は期待外れだったが、ここ旧竹林院は、お庭もよかったし、建物も人が少なくて、気持ちのいい空間だった。なにより初めてのリフレクション撮影を経験することができ、ほんとうに来てよかった。これから奥比叡ドライブウェイを走って、比叡山延暦寺へ向かう。(滋賀6に続く)

    日吉大社は期待外れだったが、ここ旧竹林院は、お庭もよかったし、建物も人が少なくて、気持ちのいい空間だった。なにより初めてのリフレクション撮影を経験することができ、ほんとうに来てよかった。これから奥比叡ドライブウェイを走って、比叡山延暦寺へ向かう。(滋賀6に続く)

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

大津の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集