ベルニナ急行旅行記(ブログ) 一覧に戻る
 ソーリオのホテルを9時に出てプロモントーノでバスを乗り換えてサンモリッツには11時についた。<br />駅からエスカレータに乗って街中まで上りホテルランガードへ戻った。預けていた荷物をとり、特別に使わせてくれたエンガディンパスを謝礼と共に返却した。ホテルでタクシーを呼んで貰いサンモリッツ駅へ行った。<br /><br /> 今回の旅の目玉の一つベルニナ急行に乗ってベルニナの谷に入り込む。標高差は1800m余りだそうだ。<br />途中で一時は宿泊も検討したこの列車の最高点、標高2253mのオスピッツォ・ベルニナ駅からラーゴ・ビアンコ湖の畔を走り、バリュ氷河の良く見えるアルプ・グリム駅で途中下車した。<br /><br /> この駅はホームにレストランとそのオープンテラスが付いていて、観光客が氷河や山を眺めながら休んでいる。<br />流石に観光立国スイスである。このテラスで次の列車が来るまでの1時間を景色を眺めながら過ごした。<br />14:53分発のティラーノ行きの列車に乗り間もなくスイスとはお別れだ。<br /> 列車が暫く進むとベルニナ鉄道の目玉とも云われているオープンループ橋(標高差を克服するために360度ぐるりと廻る橋)を通るのだが生憎工事中でシートが垂れ下がっていて全体像を観ることが出来なかった。<br /><br /> やがてティラーノの街に入り街中の道路の真ん中を走って終点のティラーノ駅に着いた。<br />ティラーノは既にイタリアで、ベルニナ鉄道とミラノ方面に向うイタリア鉄道の駅が駅前広場に面して建てられている。我々の今日の泊まるホテルは、広場を挟んでベルニナ鉄道駅の正面だった。<br /> ホテルの部屋が広場に面しているので人の往来がよく見える。日本人・ドイツ人・フランス人などのグループが思い思いに駅前の広場で写真を撮って駅舎やバスの中に消えていった。週末のためか夕方から深夜にかけて駅前広場や街のアチコチでアマチュアの演奏会がありスピーカーの音に悩まされる。<br />

イタリア周遊とオーストリア・スイス+アルバニア・マケドニアの旅日記  16/53 スイス編  ソーリオ ⇒ ティラーノ

3いいね!

2011/07/15 - 2011/07/15

144位(同エリア180件中)

0

24

ontaさん

 ソーリオのホテルを9時に出てプロモントーノでバスを乗り換えてサンモリッツには11時についた。
駅からエスカレータに乗って街中まで上りホテルランガードへ戻った。預けていた荷物をとり、特別に使わせてくれたエンガディンパスを謝礼と共に返却した。ホテルでタクシーを呼んで貰いサンモリッツ駅へ行った。

 今回の旅の目玉の一つベルニナ急行に乗ってベルニナの谷に入り込む。標高差は1800m余りだそうだ。
途中で一時は宿泊も検討したこの列車の最高点、標高2253mのオスピッツォ・ベルニナ駅からラーゴ・ビアンコ湖の畔を走り、バリュ氷河の良く見えるアルプ・グリム駅で途中下車した。

 この駅はホームにレストランとそのオープンテラスが付いていて、観光客が氷河や山を眺めながら休んでいる。
流石に観光立国スイスである。このテラスで次の列車が来るまでの1時間を景色を眺めながら過ごした。
14:53分発のティラーノ行きの列車に乗り間もなくスイスとはお別れだ。
 列車が暫く進むとベルニナ鉄道の目玉とも云われているオープンループ橋(標高差を克服するために360度ぐるりと廻る橋)を通るのだが生憎工事中でシートが垂れ下がっていて全体像を観ることが出来なかった。

 やがてティラーノの街に入り街中の道路の真ん中を走って終点のティラーノ駅に着いた。
ティラーノは既にイタリアで、ベルニナ鉄道とミラノ方面に向うイタリア鉄道の駅が駅前広場に面して建てられている。我々の今日の泊まるホテルは、広場を挟んでベルニナ鉄道駅の正面だった。
 ホテルの部屋が広場に面しているので人の往来がよく見える。日本人・ドイツ人・フランス人などのグループが思い思いに駅前の広場で写真を撮って駅舎やバスの中に消えていった。週末のためか夕方から深夜にかけて駅前広場や街のアチコチでアマチュアの演奏会がありスピーカーの音に悩まされる。

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.5
交通
4.5
同行者
カップル・夫婦(シニア)
交通手段
鉄道 高速・路線バス タクシー 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ソーリオの教会。 

    ソーリオの教会。 

  • ソーリオ村を別れるバスが来た。 

    ソーリオ村を別れるバスが来た。 

  • バスの中から国境方面を写す。

    バスの中から国境方面を写す。

  • ソロモントーノ村周辺にて。

    ソロモントーノ村周辺にて。

  • マローヤ周辺にて。

    マローヤ周辺にて。

  • サンモリッツ駅にて。

    サンモリッツ駅にて。

  • サンモリッツ駅からベルニナ線に乗ってイタリアへ入ります。。

    サンモリッツ駅からベルニナ線に乗ってイタリアへ入ります。。

    サン モリッツ駅

  • サンモリッツ駅で。

    サンモリッツ駅で。

  • ラーゴ・ビアンコの湖畔を走る。  

    ラーゴ・ビアンコの湖畔を走る。  

  • ベルニナ山は雲の中。 

    ベルニナ山は雲の中。 

  • 日本語でアルプグリュムと書いてあった。アルプグリュム駅。<br /><br />この駅で途中下車して次の電車までゆっくりと過ごすことにして、テラス席でバリュー氷河を見ながら昼食を摂った。

    日本語でアルプグリュムと書いてあった。アルプグリュム駅。

    この駅で途中下車して次の電車までゆっくりと過ごすことにして、テラス席でバリュー氷河を見ながら昼食を摂った。

    アルプ グリュム駅

  • アルプグリュム駅にて。

    アルプグリュム駅にて。

  • アルプグリュム駅から少し上がってパリュ氷河と流れ込む湖を写したのだが、<br />期待していたパリュ氷河は氷が後退してしまっていて期待外れだった。

    アルプグリュム駅から少し上がってパリュ氷河と流れ込む湖を写したのだが、
    期待していたパリュ氷河は氷が後退してしまっていて期待外れだった。

  • アルプグリム駅から再び電車に乗ってティラーノへ向かった。

    アルプグリム駅から再び電車に乗ってティラーノへ向かった。

  • 途中に架けられていた橋。

    途中に架けられていた橋。

  • ボスキアーヴォ湖を左手に見ながら高度を下げながら走る。

    ボスキアーヴォ湖を左手に見ながら高度を下げながら走る。

  • やがてベルニナ線名物の、360度の円弧を描くオープンル-フ橋に来たのだが、生憎改修中で幕が下げられており、写真を写すことが出来なかった。何れにしても全景は無理だし、わが腕前ではこれが精一杯だ。

    やがてベルニナ線名物の、360度の円弧を描くオープンル-フ橋に来たのだが、生憎改修中で幕が下げられており、写真を写すことが出来なかった。何れにしても全景は無理だし、わが腕前ではこれが精一杯だ。

  • オープンループ橋。

    オープンループ橋。

  • オープンループ橋全景。<br /><br />ベルニナ線のティラーノ駅に貼られていた宣伝写真を借用した。

    オープンループ橋全景。

    ベルニナ線のティラーノ駅に貼られていた宣伝写真を借用した。

  • ベルニナ線 ティラーノ駅。 <br /><br />此処でスイスの旅は終了し、イタリアの旅が始まります。

    ベルニナ線 ティラーノ駅。 

    此処でスイスの旅は終了し、イタリアの旅が始まります。

  • イタリア鉄道のティラーノ駅。<br /><br />此処でスイスの旅は終了し、イタリアの旅が始まります。

    イタリア鉄道のティラーノ駅。

    此処でスイスの旅は終了し、イタリアの旅が始まります。

  • オレンジ色のホテル 3f右が部屋。

    オレンジ色のホテル 3f右が部屋。

  • 部屋からイタリアの山並。 <br />

    部屋からイタリアの山並。 

  • 部屋から駅前広場 正面ベルニナ駅左イタリア駅。 <br /><br />今日は金曜日だったためか、夕方過ぎから数組のミュージシャンがこの広場で演奏を始め、些か睡眠不足となった。

    部屋から駅前広場 正面ベルニナ駅左イタリア駅。 

    今日は金曜日だったためか、夕方過ぎから数組のミュージシャンがこの広場で演奏を始め、些か睡眠不足となった。

3いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

スイスで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
スイス最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

スイスの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集