丸の内・大手町・八重洲旅行記(ブログ) 一覧に戻る
残暑が続く9月の東京、未だGoToの対象外になってて、まぁ家でおとなしくしてようかと思ってたところ、前から気になっていたクラシックホテル「東京ステーションホテル」にて、「都民限定 トク割プラン」(正規料金より50%以上お得な宿泊料金で、さらに朝食無料&amp;共通ホテル利用券5000円分付き)をやっているのを発見!<br />せっかくのいい機会なので、丸の内周辺のプチ散策も合わせ、気分転換にホテルステイを楽しんでみることに。<br /><br />大正時代の竣工時の姿に復原された駅舎内にあるクラシックホテル・・・さてどんな素敵な光景に出会うことができるのでしょうか。。。<br /><br />〔ぷらっと東京さんぽ〕<br />●Scene.1:上野恩賜公園/不忍池(台東区)<br /> https://4travel.jp/travelogue/11637359<br /><br />〔ホテルステイ〕<br />●世のちり洗う・四万温泉そぞろ歩き(群馬県中之条町)<br /> https://4travel.jp/travelogue/11527443<br />●塔ノ沢温泉・元湯環翠楼ホテルステイ(神奈川県箱根町)<br /> https://4travel.jp/travelogue/11608083 

ぷらっと東京さんぽ《Scene.2》~丸の内プチ散策&東京ステーションホテルステイ~

113いいね!

2020/09/13 - 2020/09/14

103位(同エリア4103件中)

旅行記グループ ぷらっと東京さんぽ

2

61

葵

葵さん

この旅行記スケジュールを元に

残暑が続く9月の東京、未だGoToの対象外になってて、まぁ家でおとなしくしてようかと思ってたところ、前から気になっていたクラシックホテル「東京ステーションホテル」にて、「都民限定 トク割プラン」(正規料金より50%以上お得な宿泊料金で、さらに朝食無料&共通ホテル利用券5000円分付き)をやっているのを発見!
せっかくのいい機会なので、丸の内周辺のプチ散策も合わせ、気分転換にホテルステイを楽しんでみることに。

大正時代の竣工時の姿に復原された駅舎内にあるクラシックホテル・・・さてどんな素敵な光景に出会うことができるのでしょうか。。。

〔ぷらっと東京さんぽ〕
●Scene.1:上野恩賜公園/不忍池(台東区)
 https://4travel.jp/travelogue/11637359

〔ホテルステイ〕
●世のちり洗う・四万温泉そぞろ歩き(群馬県中之条町)
 https://4travel.jp/travelogue/11527443
●塔ノ沢温泉・元湯環翠楼ホテルステイ(神奈川県箱根町)
 https://4travel.jp/travelogue/11608083 

旅行の満足度
4.5
観光
4.0
ホテル
4.5
グルメ
4.0
交通
5.0
交通手段
JRローカル 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ●東京駅 赤レンガ駅舎<br /><br />日曜日の昼下がり、東京の表玄関たるターミナル駅「東京駅」へとやってきました。<br />丸の内側には重厚な赤レンガ造りの「丸の内駅舎」が、まさに駅の顔に相応しい堂々たる佇まいで建っています。

    ●東京駅 赤レンガ駅舎

    日曜日の昼下がり、東京の表玄関たるターミナル駅「東京駅」へとやってきました。
    丸の内側には重厚な赤レンガ造りの「丸の内駅舎」が、まさに駅の顔に相応しい堂々たる佇まいで建っています。

    東京駅 赤レンガ駅舎 名所・史跡

  • この「丸の内駅舎」は、明治・大正期の著名な建築家・辰野金吾らの設計により1914年に竣工したものの、1945年の東京大空襲により炎上。<br />終戦後はずっと応急復旧工事のまま年月が経過し、現在の姿は、2012年に創建時の姿へと戻す復原工事が完了したことによるもので、まさに波乱万丈の歴史を持っています。

    イチオシ

    この「丸の内駅舎」は、明治・大正期の著名な建築家・辰野金吾らの設計により1914年に竣工したものの、1945年の東京大空襲により炎上。
    終戦後はずっと応急復旧工事のまま年月が経過し、現在の姿は、2012年に創建時の姿へと戻す復原工事が完了したことによるもので、まさに波乱万丈の歴史を持っています。

  • お、こんなところに東京五輪の開会式までのカウントダウン時計が。<br />いや~、ホントどうなるんですかねぇ。。。

    お、こんなところに東京五輪の開会式までのカウントダウン時計が。
    いや~、ホントどうなるんですかねぇ。。。

  • ●東京駅丸の内駅前広場<br /><br />それなりに離れてみたものの、駅舎の長さが南北に約330メートルもあり、フレームに全然入り切らん(笑)<br /><br />ちなみに、駅舎の復原に合わせここ「丸の内駅前広場」の整備も行われ、なんだかスッキリとした空間になりましたね。

    ●東京駅丸の内駅前広場

    それなりに離れてみたものの、駅舎の長さが南北に約330メートルもあり、フレームに全然入り切らん(笑)

    ちなみに、駅舎の復原に合わせここ「丸の内駅前広場」の整備も行われ、なんだかスッキリとした空間になりましたね。

    東京駅丸の内駅前広場 名所・史跡

  • で、振り向くと、広場から皇居に向かって「行幸通り」が一直線に延び、目の前には丸の内の三菱村を代表する「丸ビル」(向かって左)と「新丸ビル」(同右)の巨大ビルが向かい合って建っています。<br /><br />この日はお天気がイマイチなのが玉に瑕ですが、ここからサクッと丸の内界隈を散策していくことに♪

    で、振り向くと、広場から皇居に向かって「行幸通り」が一直線に延び、目の前には丸の内の三菱村を代表する「丸ビル」(向かって左)と「新丸ビル」(同右)の巨大ビルが向かい合って建っています。

    この日はお天気がイマイチなのが玉に瑕ですが、ここからサクッと丸の内界隈を散策していくことに♪

  • ●丸の内仲通り<br /><br />さっそく駅前から移動し、有名ブランドの路面店やカフェが立ち並ぶ「丸の内仲通り」を、日比谷方向へ歩いていきます。<br />う~ん、こういうハイセンスな雰囲気なところって、正直ワタクシには似合いませんな(汗)

    ●丸の内仲通り

    さっそく駅前から移動し、有名ブランドの路面店やカフェが立ち並ぶ「丸の内仲通り」を、日比谷方向へ歩いていきます。
    う~ん、こういうハイセンスな雰囲気なところって、正直ワタクシには似合いませんな(汗)

  • 気持ち早足になりつつ、途中から通りを逸れて、ビルの合間を奥へ進んでいくと・・・。

    気持ち早足になりつつ、途中から通りを逸れて、ビルの合間を奥へ進んでいくと・・・。

  • ●三菱一号館美術館<br /><br />そこには、周囲を高いビルに囲まれた中に小さくも緑が広がる中庭と、その向こうに3階建ての赤レンガのレトロな建物が。<br />まずはこちらの「三菱一号館美術館」へ立ち寄っていきます。

    ●三菱一号館美術館

    そこには、周囲を高いビルに囲まれた中に小さくも緑が広がる中庭と、その向こうに3階建ての赤レンガのレトロな建物が。
    まずはこちらの「三菱一号館美術館」へ立ち寄っていきます。

    三菱一号館美術館 美術館・博物館

  • こちらの「三菱一号館」は、英国人建築家ジョサイア・コンドルの設計により、明治時代の1894年に丸の内で初めてのオフィスビルとして竣工し、戦後、一度解体されたものの、2009年に現在の姿に復元され、今は美術館として活用されています。

    こちらの「三菱一号館」は、英国人建築家ジョサイア・コンドルの設計により、明治時代の1894年に丸の内で初めてのオフィスビルとして竣工し、戦後、一度解体されたものの、2009年に現在の姿に復元され、今は美術館として活用されています。

  • 訪問時、ちょうど「画家が見たこども展」という展覧会が開かれていたので、たまには目の保養がてら鑑賞していくことに。<br /><br />なお、コロナ対策のため日時指定の完全予約制(なので事前予約済)となっており、決められた来場時間帯(30分毎)に来館し、スマホのQRコードをかざして入るシステムになっていました。<br /><br />◇三菱一号館美術館◇<br /> 開 館:10時~18時 (2020年6月9日~9月22日の間)<br /> 休館日:毎週月曜日<br /> H P:https://mimt.jp/<br />◆画家が見たこども展◆<br /> 会 期:2020年2月15日~9月22日<br /> 入館料:大人1,700円(Web販売のみ)

    訪問時、ちょうど「画家が見たこども展」という展覧会が開かれていたので、たまには目の保養がてら鑑賞していくことに。

    なお、コロナ対策のため日時指定の完全予約制(なので事前予約済)となっており、決められた来場時間帯(30分毎)に来館し、スマホのQRコードをかざして入るシステムになっていました。

    ◇三菱一号館美術館◇
     開 館:10時~18時 (2020年6月9日~9月22日の間)
     休館日:毎週月曜日
     H P:https://mimt.jp/
    ◆画家が見たこども展◆
     会 期:2020年2月15日~9月22日
     入館料:大人1,700円(Web販売のみ)

  • 展示の内容は、19世紀末パリの前衛芸術家グループ「ナビ派」の画家たちの作品の中から「子ども」に焦点をあて、ピエール・ボナールの作品など約100点が展示されていました。

    展示の内容は、19世紀末パリの前衛芸術家グループ「ナビ派」の画家たちの作品の中から「子ども」に焦点をあて、ピエール・ボナールの作品など約100点が展示されていました。

  • 展示室は2階と3階の各部屋で、最初にエレベーターで3階まで上がり、順に下りていくという面白いルートになっています。<br />また、内部も当時の姿に復元されており、こういうレトロな雰囲気の中で鑑賞するのもいいですね~。

    展示室は2階と3階の各部屋で、最初にエレベーターで3階まで上がり、順に下りていくという面白いルートになっています。
    また、内部も当時の姿に復元されており、こういうレトロな雰囲気の中で鑑賞するのもいいですね~。

  • その途中、廊下の休憩スペースで外を眺めながらひと休み。。。

    その途中、廊下の休憩スペースで外を眺めながらひと休み。。。

  • ゆっくり1時間ほど鑑賞し、今度は建物の正面側へ。<br />レトロなレンガ造りの建物と、現代的な巨大ビルが隣り合わせの絵なんかは、東京・丸の内らしいコントラストですね~。

    イチオシ

    ゆっくり1時間ほど鑑賞し、今度は建物の正面側へ。
    レトロなレンガ造りの建物と、現代的な巨大ビルが隣り合わせの絵なんかは、東京・丸の内らしいコントラストですね~。

  • 尖塔のあたりをアップにして1枚♪<br />復元にあたっては、約230万個もの赤レンガを積み上げ、可能な限り当時の姿を目指したそうです。

    尖塔のあたりをアップにして1枚♪
    復元にあたっては、約230万個もの赤レンガを積み上げ、可能な限り当時の姿を目指したそうです。

  • ●明治生命館<br /><br />「三菱一号館」から少しばかり皇居側に歩くと、威風堂々たる洋館が!<br /><br />この「明治生命館」は昭和初期の1934年にオフィスビルとして竣工し、戦後、GHQにアメリカ極東空軍司令部として接収されるなどの曲折を経て、昭和の建造物としては初めて国の重要文化財に指定されています。

    ●明治生命館

    「三菱一号館」から少しばかり皇居側に歩くと、威風堂々たる洋館が!

    この「明治生命館」は昭和初期の1934年にオフィスビルとして竣工し、戦後、GHQにアメリカ極東空軍司令部として接収されるなどの曲折を経て、昭和の建造物としては初めて国の重要文化財に指定されています。

    明治生命館 名所・史跡

  • 建物に近づいてみると、「三菱一号館」とは建造した年代が異なるためか、洋館といってもまた別の趣向で、特にこの古代ギリシア的な巨大な列柱が目を引きますね。

    建物に近づいてみると、「三菱一号館」とは建造した年代が異なるためか、洋館といってもまた別の趣向で、特にこの古代ギリシア的な巨大な列柱が目を引きますね。

  • 事前にHPをチェックすると、普段は建物の1階と2階は内部公開されているのですが、現在はコロナの影響で中止しているようで、大きな鉄の扉が閉まってました。。。<br />う~ん、残念ですがまた次の機会にしましょうか。

    事前にHPをチェックすると、普段は建物の1階と2階は内部公開されているのですが、現在はコロナの影響で中止しているようで、大きな鉄の扉が閉まってました。。。
    う~ん、残念ですがまた次の機会にしましょうか。

  • ●行幸通り<br /><br />で、そのまま歩き、東京駅と皇居を一直線に結ぶ「行幸通り」へ。<br />この向こうは皇居ですが、また別のタイミングでゆっくりと周辺散策しようかと思ってます。

    ●行幸通り

    で、そのまま歩き、東京駅と皇居を一直線に結ぶ「行幸通り」へ。
    この向こうは皇居ですが、また別のタイミングでゆっくりと周辺散策しようかと思ってます。

    行幸通り 名所・史跡

  • そして、反対側には並木道と赤レンガの「東京駅」。<br />駅舎もそうですが、駅前から皇居前にかけての一帯が整備され、ホントいい感じの景観になりましたねぇ♪<br /><br />サクッとでしたが、これで丸の内の散策を終わりにして駅へと戻ります。

    イチオシ

    そして、反対側には並木道と赤レンガの「東京駅」。
    駅舎もそうですが、駅前から皇居前にかけての一帯が整備され、ホントいい感じの景観になりましたねぇ♪

    サクッとでしたが、これで丸の内の散策を終わりにして駅へと戻ります。

  • ●東京ステーションホテル<br /><br />なぜ早々に散策を切り上げたのかと言えば、実は今日、東京駅丸の内駅舎内にある「東京ステーションホテル」に宿泊することにしたから!<br /><br />こちらのホテルは、駅舎が完成した翌年の1915年に開業したという歴史あるホテルで、いつか泊まってみたいな~と思っていたものの、東京都在住だとなかなかきっかけが無くて。。。<br /><br />最近はコロナ禍のため家でおとなしくしていたところ、たまたま「都民限定 トク割プラン」(Go Toで都民が除外されてるため?)を見つけ、いい機会なので、気分転換を兼ねてホテルステイを楽しんでみることに。<br />まぁ、このくらいは許してくれますよね?

    ●東京ステーションホテル

    なぜ早々に散策を切り上げたのかと言えば、実は今日、東京駅丸の内駅舎内にある「東京ステーションホテル」に宿泊することにしたから!

    こちらのホテルは、駅舎が完成した翌年の1915年に開業したという歴史あるホテルで、いつか泊まってみたいな~と思っていたものの、東京都在住だとなかなかきっかけが無くて。。。

    最近はコロナ禍のため家でおとなしくしていたところ、たまたま「都民限定 トク割プラン」(Go Toで都民が除外されてるため?)を見つけ、いい機会なので、気分転換を兼ねてホテルステイを楽しんでみることに。
    まぁ、このくらいは許してくれますよね?

    東京ステーションホテル 宿・ホテル

    2名1室合計 56,600円~

    東京駅丸の内駅舎内にあるクラシックホテル♪ by 葵さん
  • チェックインし案内されたのが、南側(サウスウィング)3階のスーペリアツインのお部屋です。<br /><br />ちなみに「都民限定 トク割プラン」は、正規料金より50%以上お得な宿泊料金で、さらに朝食無料&amp;共通ホテル利用券5000円分付きというもの。<br />その名のとおりかなりお得なプランですが、そのへんのビジホと違い、元々のお値段がそれなりにしますので・・・ね。

    チェックインし案内されたのが、南側(サウスウィング)3階のスーペリアツインのお部屋です。

    ちなみに「都民限定 トク割プラン」は、正規料金より50%以上お得な宿泊料金で、さらに朝食無料&共通ホテル利用券5000円分付きというもの。
    その名のとおりかなりお得なプランですが、そのへんのビジホと違い、元々のお値段がそれなりにしますので・・・ね。

  • 部屋はだいたい40平米ほどの広さとなっており、クラシカルな家具で統一され、とても落ち着いた雰囲気♪

    イチオシ

    部屋はだいたい40平米ほどの広さとなっており、クラシカルな家具で統一され、とても落ち着いた雰囲気♪

  • 部屋は南側に面しており、窓からは商業施設「KITTE」が見えますね。<br />ホテル客室は基本低層なので、眺望的には普通な感じかと。

    部屋は南側に面しており、窓からは商業施設「KITTE」が見えますね。
    ホテル客室は基本低層なので、眺望的には普通な感じかと。

  • 洗面台はこんな感じに。<br />向かって右にバスルーム、左はトイレです。

    洗面台はこんな感じに。
    向かって右にバスルーム、左はトイレです。

  • バスルームもまあ十分な広さ。<br />クラシックホテルとはいえ、駅舎復原時に改装しているためか、古さはまったく感じさせません。

    バスルームもまあ十分な広さ。
    クラシックホテルとはいえ、駅舎復原時に改装しているためか、古さはまったく感じさせません。

  • ちょっとソファーに腰掛けてひと休み・・・しようかと思ってたんですが、チェックイン時にもらった「館内ツアーガイド」というパンフレットを見てたら、また動き出したくなってしまい。。。<br /><br />まったく落ち着きのないやつですいません(汗)

    ちょっとソファーに腰掛けてひと休み・・・しようかと思ってたんですが、チェックイン時にもらった「館内ツアーガイド」というパンフレットを見てたら、また動き出したくなってしまい。。。

    まったく落ち着きのないやつですいません(汗)

  • ということで、パンフを片手にプチ館内ツアーへ出発!

    ということで、パンフを片手にプチ館内ツアーへ出発!

  • 長い廊下のあちらこちらに、東京駅にまつわる絵画や写真などが100点以上も展示されています。<br />目に留まった中で特に気に入ったのが、こちらの大正期の駅前全体を描いた絵葉書で、当時の活況ぶりが表現されてていいな~と。

    長い廊下のあちらこちらに、東京駅にまつわる絵画や写真などが100点以上も展示されています。
    目に留まった中で特に気に入ったのが、こちらの大正期の駅前全体を描いた絵葉書で、当時の活況ぶりが表現されてていいな~と。

  • 南北に2つあるドームに面する一角に、宿泊者専用の共有スペース「ドームバルコニー」が設けられており、ドームの吹き抜けを上から眺めることができます♪

    南北に2つあるドームに面する一角に、宿泊者専用の共有スペース「ドームバルコニー」が設けられており、ドームの吹き抜けを上から眺めることができます♪

  • 今3階にいるので、ドーム天井のレリーフもけっこう近い感じ。<br />なお、窓は開かない設定だったので、どうしても室内の照明が映り込んでしまいますが。

    今3階にいるので、ドーム天井のレリーフもけっこう近い感じ。
    なお、窓は開かない設定だったので、どうしても室内の照明が映り込んでしまいますが。

  • さらにアップにすると、機関車の車輪のような形状の飾りを格天井の中心に、その周囲を8体の大鷲が配されています。<br />いや~、さすがに凝った意匠ですね~。

    さらにアップにすると、機関車の車輪のような形状の飾りを格天井の中心に、その周囲を8体の大鷲が配されています。
    いや~、さすがに凝った意匠ですね~。

  • ドームは八角形なので、周囲の廊下は曲がり角が次々に現れます(笑)

    ドームは八角形なので、周囲の廊下は曲がり角が次々に現れます(笑)

  • エレベーターに乗って2階にも行ってみましょう。

    エレベーターに乗って2階にも行ってみましょう。

  • 南ドーム2階には回廊が設けられており、ぐるっとひと廻りできるようになっていて、こちらは宿泊客以外も入れます。

    南ドーム2階には回廊が設けられており、ぐるっとひと廻りできるようになっていて、こちらは宿泊客以外も入れます。

  • お、これは大正時代から現在に至る東京駅の全景写真ですね。

    お、これは大正時代から現在に至る東京駅の全景写真ですね。

  • その隣には復原された駅舎全体の模型も。

    その隣には復原された駅舎全体の模型も。

  • 再度ホテルへと戻り、2階のアートワークを見ていくと、途中、たびたび宿泊したという作家・松本清張にゆかりのある、推理小説『点と線』の連載第一回の冒頭部分の原稿や、例の「あさかぜ」を含む東海道本線の時刻表も展示されていました。

    再度ホテルへと戻り、2階のアートワークを見ていくと、途中、たびたび宿泊したという作家・松本清張にゆかりのある、推理小説『点と線』の連載第一回の冒頭部分の原稿や、例の「あさかぜ」を含む東海道本線の時刻表も展示されていました。

  • そして階段を上がり3階の部屋へと戻りましょうか。<br />さすが歴史あるホテルだけあって、館内ツアーができるだけの見どころがあるのが凄いですな。

    そして階段を上がり3階の部屋へと戻りましょうか。
    さすが歴史あるホテルだけあって、館内ツアーができるだけの見どころがあるのが凄いですな。

  • ●KITTE (キッテ)<br /><br />館内の見学を終えしばし部屋でゆっくりし、陽が落ちてきたところでぼちぼち行動再開。<br /><br />向かったのは、駅舎の南側に建つ「KITTE」という施設で、元々は1933年に竣工した旧東京中央郵便局舎を、再開発に伴い一部保存した建物になります。

    ●KITTE (キッテ)

    館内の見学を終えしばし部屋でゆっくりし、陽が落ちてきたところでぼちぼち行動再開。

    向かったのは、駅舎の南側に建つ「KITTE」という施設で、元々は1933年に竣工した旧東京中央郵便局舎を、再開発に伴い一部保存した建物になります。

    KITTE (キッテ) ショッピングモール

  • ●旧東京中央郵便局長室<br /><br />まずは建物4階の「旧東京中央郵便局長室」へ。<br />ここには東京中央郵便局の局長室の一部が再現されており、部屋の中は当時の雰囲気のままに。

    ●旧東京中央郵便局長室

    まずは建物4階の「旧東京中央郵便局長室」へ。
    ここには東京中央郵便局の局長室の一部が再現されており、部屋の中は当時の雰囲気のままに。

    旧東京中央郵便局長室 名所・史跡

  • 窓越しには、ライトアップされた丸の内駅舎を望むことができます♪<br />この部屋は4階にあり、駅舎も4階建てなので、ちょうど目線の高さが同じくらいになります。

    窓越しには、ライトアップされた丸の内駅舎を望むことができます♪
    この部屋は4階にあり、駅舎も4階建てなので、ちょうど目線の高さが同じくらいになります。

  • アップにするだけじゃ芸がないので、ちと趣向を変えての1枚に。。。

    アップにするだけじゃ芸がないので、ちと趣向を変えての1枚に。。。

  • ●キッテガーデン<br /><br />さらに6階まで上がると、屋上庭園「キッテガーデン」が設けられており、ここからは東京駅丸の内駅舎を一望できることから、有名なビュースポットになっています。<br /><br />ポツポツと雨が降ってきており、ここはサクッと見ていきましょうか。<br />ちなみに全て手持ち撮影なので、多少の手ブレはご容赦を。

    ●キッテガーデン

    さらに6階まで上がると、屋上庭園「キッテガーデン」が設けられており、ここからは東京駅丸の内駅舎を一望できることから、有名なビュースポットになっています。

    ポツポツと雨が降ってきており、ここはサクッと見ていきましょうか。
    ちなみに全て手持ち撮影なので、多少の手ブレはご容赦を。

    キッテガーデン 名所・史跡

  • お~~~、丸の内駅舎と駅前広場が一望の下に♪<br />さっきの「旧東京中央郵便局長室」から2階上なので、駅舎を見下ろす感じのアングルになってます。

    お~~~、丸の内駅舎と駅前広場が一望の下に♪
    さっきの「旧東京中央郵便局長室」から2階上なので、駅舎を見下ろす感じのアングルになってます。

  • こちらは丸ビル&新丸ビルのコラボ。<br />この日が休日のためか、高層ビルの明かりは少ない感じですかねぇ。

    こちらは丸ビル&新丸ビルのコラボ。
    この日が休日のためか、高層ビルの明かりは少ない感じですかねぇ。

  • 「キッテガーデン」はかなり広いのですが、北西の端のあたりから駅舎を狙うと、こんな感じのちょうどいい角度になると思います。

    イチオシ

    「キッテガーデン」はかなり広いのですが、北西の端のあたりから駅舎を狙うと、こんな感じのちょうどいい角度になると思います。

  • 復原されて竣工当時の丸い形に戻ったドームなんかは、現代建築では見られないレトロな感じが出てていいですよね~。。

    復原されて竣工当時の丸い形に戻ったドームなんかは、現代建築では見られないレトロな感じが出てていいですよね~。。

  • 南側ドームにつながるようにサウスウイングが建ち、この並んでいるどこかの部屋が、今日泊まるところ。<br /><br />いや~~~、ここは東京駅の全貌を眺めるのに絶好のスポット。<br />駅近でデッキへの入場も当然無料なので、気軽に寄れるのもいいですね。

    南側ドームにつながるようにサウスウイングが建ち、この並んでいるどこかの部屋が、今日泊まるところ。

    いや~~~、ここは東京駅の全貌を眺めるのに絶好のスポット。
    駅近でデッキへの入場も当然無料なので、気軽に寄れるのもいいですね。

  • ●ばいこうけん<br /><br />キッテには飲食店が沢山あるので、ここで夕飯を食べていくことに。<br />最初、回転寿司にしようかと思ってたんですが、そのお店だけ10人以上も並んでたのでやめ、同じ5階にある「ばいこうけん」というラーメン屋さんをチョイス。

    ●ばいこうけん

    キッテには飲食店が沢山あるので、ここで夕飯を食べていくことに。
    最初、回転寿司にしようかと思ってたんですが、そのお店だけ10人以上も並んでたのでやめ、同じ5階にある「ばいこうけん」というラーメン屋さんをチョイス。

    ばいこうけん グルメ・レストラン

  • 「ばいこうけん」は北海道旭川市の老舗ラーメンチェーンとのことで、生ビール(黒星)+ザンギ+味噌ラーメンを注文。<br /><br />何となくの気分で味噌味にしましたが・・・そういえば旭川ラーメンって醤油がメインだったような(汗)<br />まぁ、美味しくいただいたのでいいんですけども。

    「ばいこうけん」は北海道旭川市の老舗ラーメンチェーンとのことで、生ビール(黒星)+ザンギ+味噌ラーメンを注文。

    何となくの気分で味噌味にしましたが・・・そういえば旭川ラーメンって醤油がメインだったような(汗)
    まぁ、美味しくいただいたのでいいんですけども。

  • ホテルに戻る前に、ライトアップされた駅舎を眺めてみましょう♪<br />昼間とは雰囲気が異なり、暗闇の中で駅舎の赤レンガが照らされて、より一層魅力がアップしてる感じがしますね~。

    ホテルに戻る前に、ライトアップされた駅舎を眺めてみましょう♪
    昼間とは雰囲気が異なり、暗闇の中で駅舎の赤レンガが照らされて、より一層魅力がアップしてる感じがしますね~。

  • 駅舎中央部に・・・。

    駅舎中央部に・・・。

  • 北ドーム側も。

    イチオシ

    北ドーム側も。

  • 南側ドームとKITTE側は、道路や換気口などでちょっとごちゃっとしている感じかな。

    南側ドームとKITTE側は、道路や換気口などでちょっとごちゃっとしている感じかな。

  • ついでに丸ビル&新丸ビルの方も。<br /><br />それにしても、最近のカメラの手ぶれ補正機能って凄いですな。<br />もちろん細かく見だしたらキリがないですが、普通に楽しむ分にはこのくらいで十分ですし(この写真でシャッタースピードは1/1.3秒)。<br />

    ついでに丸ビル&新丸ビルの方も。

    それにしても、最近のカメラの手ぶれ補正機能って凄いですな。
    もちろん細かく見だしたらキリがないですが、普通に楽しむ分にはこのくらいで十分ですし(この写真でシャッタースピードは1/1.3秒)。

  • いろんなところからライトアップされた「丸の内駅舎」を眺めることができ、満足満足♪<br />ちなみに、駅舎のライトアップは日没から21時までとなっています。

    いろんなところからライトアップされた「丸の内駅舎」を眺めることができ、満足満足♪
    ちなみに、駅舎のライトアップは日没から21時までとなっています。

  • 夕食のあと、KITTE地下1階のコンビニでもろもろ買い込んできたので、部屋でビールでも飲みながら半沢直樹でも見ましょうか。<br />お、日本で一番有名な銀行の元常務・大和田の登場だ(笑)

    夕食のあと、KITTE地下1階のコンビニでもろもろ買い込んできたので、部屋でビールでも飲みながら半沢直樹でも見ましょうか。
    お、日本で一番有名な銀行の元常務・大和田の登場だ(笑)

  • ●アトリウム<br /><br />翌朝、少し早めに起床し、駅舎中央4階の屋根裏の空間を活用したという「アトリウム」で朝食を。<br />天井の高さは約9メートルあり、屋根の片側一面がガラス窓でとっても開放的な空間になっています。<br /><br />また、駅のホテルらしく、朝6時30分と早い時間帯から営業しているのもありがたいですね。

    イチオシ

    地図を見る

    ●アトリウム

    翌朝、少し早めに起床し、駅舎中央4階の屋根裏の空間を活用したという「アトリウム」で朝食を。
    天井の高さは約9メートルあり、屋根の片側一面がガラス窓でとっても開放的な空間になっています。

    また、駅のホテルらしく、朝6時30分と早い時間帯から営業しているのもありがたいですね。

    アトリウム グルメ・レストラン

  • 食事はビュッフェ形式ですが、コロナへの対応のため、パンやサラダなどはすべて小分けにされ、かつそれぞれ密閉されて提供されるという徹底ぶり・・・これが今後のスタンダードなんですかねぇ。。。<br /><br />オムレツと一口ステーキはシェフがその場で調理してくれ、他に魚もその場で焼いてもらえるなど、和洋の食材が豊富すぎて到底全部は食べきれませんな(苦笑)

    食事はビュッフェ形式ですが、コロナへの対応のため、パンやサラダなどはすべて小分けにされ、かつそれぞれ密閉されて提供されるという徹底ぶり・・・これが今後のスタンダードなんですかねぇ。。。

    オムレツと一口ステーキはシェフがその場で調理してくれ、他に魚もその場で焼いてもらえるなど、和洋の食材が豊富すぎて到底全部は食べきれませんな(苦笑)

  • 朝食を食べ終えると、そろそろ現実世界へと戻る時間が・・・。<br />チェックアウト期限は12時までですが、この日は月曜日なので、会社員(社畜)はそろそろ出勤しないといけないですから。<br /><br />チェックアウトの際、チェックイン時にお願いしておいた「クラシックホテルパスポート」(一冊1,500円)を受け取りました。<br />このパスポートは、東京ステーションホテルを含め9ホテルから構成される「日本クラシックホテルの会」が発行しているもので、宿泊するとスタンプがもらえ、期限内に所定の回数宿泊すると各種特典割引があるのですが、まぁそこはあまり気にせず、宿泊記念の延長ですよね。<br /><br />これで「東京ステーションホテル」のホテルステイも終わりに。<br />そもそもホテルに宿泊したのも2月末の箱根以来の約半年ぶりで、このような状況下でなければ思いつかなかった使い方でしたが、クラシックホテルならではの非日常感を味わうことができ、こういう楽しみ方もなかなかいいなぁと。<br /><br />最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。

    朝食を食べ終えると、そろそろ現実世界へと戻る時間が・・・。
    チェックアウト期限は12時までですが、この日は月曜日なので、会社員(社畜)はそろそろ出勤しないといけないですから。

    チェックアウトの際、チェックイン時にお願いしておいた「クラシックホテルパスポート」(一冊1,500円)を受け取りました。
    このパスポートは、東京ステーションホテルを含め9ホテルから構成される「日本クラシックホテルの会」が発行しているもので、宿泊するとスタンプがもらえ、期限内に所定の回数宿泊すると各種特典割引があるのですが、まぁそこはあまり気にせず、宿泊記念の延長ですよね。

    これで「東京ステーションホテル」のホテルステイも終わりに。
    そもそもホテルに宿泊したのも2月末の箱根以来の約半年ぶりで、このような状況下でなければ思いつかなかった使い方でしたが、クラシックホテルならではの非日常感を味わうことができ、こういう楽しみ方もなかなかいいなぁと。

    最後までご覧いただき、どうもありがとうございました。

113いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

旅行記グループ

ぷらっと東京さんぽ

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • olive kenjiさん 2020/09/26 06:26:09
    半沢直樹と東京ステーションホテル
    葵さん 私のアムステルダム旅行記にいいねありがとうございます。
    そのアムステルダム駅とよく似た東京駅周辺の旅行記が素敵です。

    私も丸の内界隈の雰囲気が好きで、若者中心の街が多い中、大人が落ちつける避難先かと思います。三菱一号館美術館の中庭は本当に癒されます。

    東京ステーションホテルにお泊りとは、羨ましいです。
    やはり素敵ですね。大正レトロ感を感じ、上品な色彩と家具のマッチングがいいです。
    シェイドランプが、その良さを引き立てているのでしょうか。
    いつかは泊まりたいホテル、しかし余りにも私のお財布では・・トホホ
    ところが、葵さんは何んとお得なびっくりプランでご利用になったのですね。
    早速、そのプランを探しましたけど、見つからず。どこで見つけたのですか。
    それよりも。空き部屋が少なくなっているのに驚きです。コロナでホテルがら空きと聞いてましたが、都内GO TOキャンペーン解禁の影響がもう出ているのでしょうか。
    葵さん 一体御幾らの宿泊代だったのか、よろしければ教えて下さい。
    半額になっていても、やはり私にはムリダベと納得するかもしれませんので。

    半沢直樹のテレビ画面がいいですね。何時の旅行記だったのかが一目瞭然です。
    あの大和田常務さんも、ご近所の三菱UFJ銀行にお勤めになっているそうです。
    夜は東京ステーションホテルのBAR辺りで、ふんぞり返っているのでしょうね。
    (東京中央銀行のモデルは三菱UFJ銀行と噂されています。半沢さんも実在します)

    秋の丸の内界隈歩きたくなりました。有難う御座いました。



    葵

    葵さん からの返信 2020/09/27 00:20:09
    RE: 半沢直樹と東京ステーションホテル
    olive kenjiさん、こんばんは。

    私は海外に縁が無く、いつもトラベラーの方々の旅行記で楽しませていただいてます。
    アムステルダム中央駅もですが、レンガ造りの駅舎って郷愁を感じさせていいですよね〜。


    今回のプランですが、ホテル公式の↓にありました。
    https://www.tokyostationhotel.jp/stay/plans/details/be-strong-tokyo/

    また、いつも使っているじゃらんで検索したら出てきたので、もしかしたら、登録している住所で違いが生じるのかもしれませんね。

    上記HPにあるとおり、宿泊代は諸々で3万数千円と、半額になっているとはいえかなりお高いっす・・・。

    今回は、東京都に住んでいるので、3月以降、一切都外へ旅行に行かなかったことへのご褒美と、こういう機会でしか都内のホテルに宿泊することも無いので、思い切って宿泊してみました(まぁ、定額給付金もありましたし・・・)。
    もちろんその分、東京駅のレトロな駅舎の中というスペックも含め、満喫しましたが。


    普段はテレビを見ないのですが、半沢直樹は以前原作を読んでたこともあり、いつの間にか見逃せない番組になってしまいました(笑)
    私はなんやかんやで、いい意味でも悪い意味でも人間味のある大和田常務が一番のお気に入りです。

葵さんのトラベラーページ

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

丸の内・大手町・八重洲の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集