祖谷渓・かずら橋・大歩危旅行記(ブログ) 一覧に戻る
かずら橋からこんぴらさんへの交通として、最近人気のJR四国観光列車<br />「四国まんなか千年ものがたり」に乗りました。<br /><br />この列車は金土日祝に1往復のみ運転のため、この列車の日程と時間から逆算してスケジュールを立てました。<br />関東からだと遠方のレストラン列車に乗るためには観光、移動、宿泊地などのスケジュール合わせに結構敷居が高いものです。<br /><br />下り列車は資生堂パーラーさんの洋食、上り列車は地元割烹の和食なので、金曜日の上り列車に乗ることを基準にしてスケジュールを立てました。<br /><br />1日目 水曜日 成田-高松-大歩危 かずら橋 祖谷温泉泊<br />2日目 木曜日 奥祖谷の二重かずら橋 新祖谷温泉泊<br />3日家 金曜日 祖谷渓谷『四国まんなか千年ものがたり』大歩危-琴平乗車<br />4日目 土曜日 金比羅さん参り 大塚国際美術館 高松-東京<br /><br />時刻等は都度書くこととします。

かずら橋から金比羅さんへ 観光列車「四国まんなか千年ものがたり」で

10いいね!

2020/09/02 - 2020/09/05

264位(同エリア552件中)

0

70

たのちゃん

たのちゃんさん

かずら橋からこんぴらさんへの交通として、最近人気のJR四国観光列車
「四国まんなか千年ものがたり」に乗りました。

この列車は金土日祝に1往復のみ運転のため、この列車の日程と時間から逆算してスケジュールを立てました。
関東からだと遠方のレストラン列車に乗るためには観光、移動、宿泊地などのスケジュール合わせに結構敷居が高いものです。

下り列車は資生堂パーラーさんの洋食、上り列車は地元割烹の和食なので、金曜日の上り列車に乗ることを基準にしてスケジュールを立てました。

1日目 水曜日 成田-高松-大歩危 かずら橋 祖谷温泉泊
2日目 木曜日 奥祖谷の二重かずら橋 新祖谷温泉泊
3日家 金曜日 祖谷渓谷『四国まんなか千年ものがたり』大歩危-琴平乗車
4日目 土曜日 金比羅さん参り 大塚国際美術館 高松-東京

時刻等は都度書くこととします。

旅行の満足度
4.5
観光
5.0
ホテル
4.0
グルメ
4.0
交通
5.0
一人あたり費用
15万円 - 20万円
交通手段
高速・路線バス タクシー ANAグループ JR特急 JRローカル 私鉄 ジェットスター
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
楽天トラベル

PR

  • 今回の旅行はそもそも、LCCのジェットスター航空のフライトバウチャー消化からはじまりました。<br />3月に下地島を予約していたのですが、コロナの影響で欠航。<br />大手だと現金で返金されるのですが、悲しきかなLCC、、、自社の商品券(フライトバウチャー)で返金(/・_・\)おまけに有効期限が発行から6か月なので、どこかに行かないと失効してしまうのです。<br />片道4990円以上の行先にしないと残余額を捨てることになるので、高松にしました。

    今回の旅行はそもそも、LCCのジェットスター航空のフライトバウチャー消化からはじまりました。
    3月に下地島を予約していたのですが、コロナの影響で欠航。
    大手だと現金で返金されるのですが、悲しきかなLCC、、、自社の商品券(フライトバウチャー)で返金(/・_・\)おまけに有効期限が発行から6か月なので、どこかに行かないと失効してしまうのです。
    片道4990円以上の行先にしないと残余額を捨てることになるので、高松にしました。

  • GK411便 成田7:55-高松9:25 \5650円(運賃4490+諸費用)<br /><br />左側に雲海の上に頭を出す黒い富士山が見えました。<br />高度約13000ftなので富士山の約2倍の高さからです。<br />通常は1日3往復あったのですが、乗客減でこの日は1便のみの運航でした。

    GK411便 成田7:55-高松9:25 \5650円(運賃4490+諸費用)

    左側に雲海の上に頭を出す黒い富士山が見えました。
    高度約13000ftなので富士山の約2倍の高さからです。
    通常は1日3往復あったのですが、乗客減でこの日は1便のみの運航でした。

  • 高松空港からは琴平経由でかずら橋に向かいます。<br />当初、琴電経由にしようと思いましたが、空港から直通バスがあったので急遽変更しました。<br />高松空港9:45-琴平駅10:33 路線バス\1500円<br />琴平12:06-大歩危12:53 特急南風7号\2310円<br />大歩危駅前12:56-かずら橋13:45 路線バス\540円<br />おかげで当初計画よりも90分早くかずら橋に着くことが出来ました。

    高松空港からは琴平経由でかずら橋に向かいます。
    当初、琴電経由にしようと思いましたが、空港から直通バスがあったので急遽変更しました。
    高松空港9:45-琴平駅10:33 路線バス\1500円
    琴平12:06-大歩危12:53 特急南風7号\2310円
    大歩危駅前12:56-かずら橋13:45 路線バス\540円
    おかげで当初計画よりも90分早くかずら橋に着くことが出来ました。

    祖谷のかずら橋 名所・史跡

  • 有名な祖谷のかずら橋(西祖谷のかずら橋)です。<br />足元のさな木は約20センチほどの間隔で並べられ水面が見えます。<br /><br />平日なのでもっと空いているかと思ったのですが次から次へと人が現れ、橋上を独占することはかないませんでした。

    有名な祖谷のかずら橋(西祖谷のかずら橋)です。
    足元のさな木は約20センチほどの間隔で並べられ水面が見えます。

    平日なのでもっと空いているかと思ったのですが次から次へと人が現れ、橋上を独占することはかないませんでした。

  • まん中を手放しで歩く人、両手でつかまっている人、さまざまです。<br />意識しないとそんなに怖くありませんが、一度谷底を見てしまったり足が滑った経験をすると、そこはかとなく恐怖感が湧いて足が踏み出せなくなります。<br />テンポよくサッサッと歩くのがこつです。<br /><br />参考:スリルを楽しむ祖谷のかずら橋<br />https://www.jcca.or.jp/kaishi/262/262_toku5.pdf<br /><br />実はこのほか、あと2つかずら橋があるので、明日1日ががりで行く予定です。

    まん中を手放しで歩く人、両手でつかまっている人、さまざまです。
    意識しないとそんなに怖くありませんが、一度谷底を見てしまったり足が滑った経験をすると、そこはかとなく恐怖感が湧いて足が踏み出せなくなります。
    テンポよくサッサッと歩くのがこつです。

    参考:スリルを楽しむ祖谷のかずら橋
    https://www.jcca.or.jp/kaishi/262/262_toku5.pdf

    実はこのほか、あと2つかずら橋があるので、明日1日ががりで行く予定です。

  • この辺はみやげもの屋や飲食店があるので、猫が多く見られます。<br />人慣れしていて近寄っても逃げません。

    この辺はみやげもの屋や飲食店があるので、猫が多く見られます。
    人慣れしていて近寄っても逃げません。

  • かずら橋から歩いて30分。<br />今夜お世話になる、新祖谷温泉の「祖谷美人」です。<br />隣に同名の蕎麦店も併設されています。<br />食べログでも食事が高評価の宿です。<br />9部屋しかなく全室渓谷に面しています。

    かずら橋から歩いて30分。
    今夜お世話になる、新祖谷温泉の「祖谷美人」です。
    隣に同名の蕎麦店も併設されています。
    食べログでも食事が高評価の宿です。
    9部屋しかなく全室渓谷に面しています。

    渓谷の隠れ宿 祖谷美人 宿・ホテル

    2名1室合計 43,800円~

  • 客室は渓谷に面しており、各部屋には半露天風呂があって絶景を楽しめます。<br />写真の陶器風呂と檜風呂の部屋があります。<br />静かで大人の雰囲気。<br />接客、風呂、食事とも大満足でした。4.8点!!<br />1泊2食付19,900円/人

    客室は渓谷に面しており、各部屋には半露天風呂があって絶景を楽しめます。
    写真の陶器風呂と檜風呂の部屋があります。
    静かで大人の雰囲気。
    接客、風呂、食事とも大満足でした。4.8点!!
    1泊2食付19,900円/人

  • 部屋の窓からは祖谷渓谷だけしか視野に入りません。<br />道路もなければ人もどこにもいません。<br />素晴らしいロケーションですね。<br />テラスからいつまで眺めていても飽きません。

    部屋の窓からは祖谷渓谷だけしか視野に入りません。
    道路もなければ人もどこにもいません。
    素晴らしいロケーションですね。
    テラスからいつまで眺めていても飽きません。

  • 蕎麦どころ祖谷美人のテラスから谷底に向け「小便たぬき」が用を足しています。<br />祖谷渓の小便小僧のパロディー版?<br />台風の影響で前夜大雨だったので渓流が茶色く濁っています。<br />普段はもっと青いはず。。。<br /><br />たしか祖谷渓の小便小僧は小便をしていなかったような・・・

    蕎麦どころ祖谷美人のテラスから谷底に向け「小便たぬき」が用を足しています。
    祖谷渓の小便小僧のパロディー版?
    台風の影響で前夜大雨だったので渓流が茶色く濁っています。
    普段はもっと青いはず。。。

    たしか祖谷渓の小便小僧は小便をしていなかったような・・・

  • 翌朝、奥祖谷の二重かずら橋に向かいます。<br />実はこちらが本命!!<br />「祖谷に来て奥祖谷に行かずして帰るべからず」<br /><br />四国交通のバスで久保まで。かずら橋から40分970円、結構高いです。<br />ここから二重かずら橋まで、8月中は毎日市営バスがあったのですが、9月の平日はなんと運休、やむなくタクシーを利用しました。<br />ちょうど久保バス停前に「三嶺タクシー」さんがあります。<br />久保~二重かずら橋まで片道12キロ、\3370円でした。(小型)<br /><br />祖谷美人前9:16-久保10:06 路線バス<br />久保バス停前10:15-二重かずら橋10:40 タクシー<br />途中、国道が曲がりくねっていて細く対向車が来るとタイヘンでした。<br />道路工事も数か所でやっており時間によって通行止めがあるそうです。<br />参考:バス時刻表<br />https://miyoshi-tourism.jp/wp-content/themes/tmp/pdf/download/bustable_JP.pdf<br /><br />*このバスは大歩危駅8:58発なので、祖谷に泊まらなくても高知や高松、岡山を早朝発って来ても同じ行程が可能です。

    翌朝、奥祖谷の二重かずら橋に向かいます。
    実はこちらが本命!!
    「祖谷に来て奥祖谷に行かずして帰るべからず」

    四国交通のバスで久保まで。かずら橋から40分970円、結構高いです。
    ここから二重かずら橋まで、8月中は毎日市営バスがあったのですが、9月の平日はなんと運休、やむなくタクシーを利用しました。
    ちょうど久保バス停前に「三嶺タクシー」さんがあります。
    久保~二重かずら橋まで片道12キロ、\3370円でした。(小型)

    祖谷美人前9:16-久保10:06 路線バス
    久保バス停前10:15-二重かずら橋10:40 タクシー
    途中、国道が曲がりくねっていて細く対向車が来るとタイヘンでした。
    道路工事も数か所でやっており時間によって通行止めがあるそうです。
    参考:バス時刻表
    https://miyoshi-tourism.jp/wp-content/themes/tmp/pdf/download/bustable_JP.pdf

    *このバスは大歩危駅8:58発なので、祖谷に泊まらなくても高知や高松、岡山を早朝発って来ても同じ行程が可能です。

  • 国道439号から二重かずら橋への入り口です。<br />ここの標高は1010mです。かずら橋から560m登って来たところです。<br />ここで1人550円を払って渓谷に降りて行きましょう。

    国道439号から二重かずら橋への入り口です。
    ここの標高は1010mです。かずら橋から560m登って来たところです。
    ここで1人550円を払って渓谷に降りて行きましょう。

    奥祖谷二重かずら橋 名所・史跡

    手間をかけても行く価値あり。ここには原風景が残されています。 by たのちゃんさん
  • 祖谷のかずら橋は一方通行のため1度しか渡れませんが、ここ奥祖谷の二重かずら橋は、男橋、女橋の2つと野猿、渓谷の散策路を自由に何度でも回ることが出来ます。<br />この日は小雨模様だったためか、他には誰もいませんでした。

    祖谷のかずら橋は一方通行のため1度しか渡れませんが、ここ奥祖谷の二重かずら橋は、男橋、女橋の2つと野猿、渓谷の散策路を自由に何度でも回ることが出来ます。
    この日は小雨模様だったためか、他には誰もいませんでした。

  • 奥祖谷二重かずら橋と野猿の由来<br /><br />昔は祖谷には13ものかずら橋があったそうな。

    奥祖谷二重かずら橋と野猿の由来

    昔は祖谷には13ものかずら橋があったそうな。

  • 下流側から見た「男橋」<br />ついに奥地のここまでやって来ました。感無量です!

    下流側から見た「男橋」
    ついに奥地のここまでやって来ました。感無量です!

  • 新緑が気持ちいいです。<br />周囲は広葉樹が多いので紅葉の時期に来たらさぞ美しいことでしょう。<br />男橋は幅が2mあるので、両手を広げてつかまるわけにはゆきません。

    新緑が気持ちいいです。
    周囲は広葉樹が多いので紅葉の時期に来たらさぞ美しいことでしょう。
    男橋は幅が2mあるので、両手を広げてつかまるわけにはゆきません。

  • さな木の隙間から見える谷底。<br />さな木は幅10センチ隙間は20センチ。<br />隙間から転落することはないけれど、靴やスマホ、カメラを持っていると落としそうで不安になります。<br /><br />(西)祖谷のかずら橋は「さな木」が丸太なので若干歩きにくいですが、こちらは男橋、女橋ともに角材で上が平なので安定感があります。<br />早足で歩いてみましたがコワくはありません。

    さな木の隙間から見える谷底。
    さな木は幅10センチ隙間は20センチ。
    隙間から転落することはないけれど、靴やスマホ、カメラを持っていると落としそうで不安になります。

    (西)祖谷のかずら橋は「さな木」が丸太なので若干歩きにくいですが、こちらは男橋、女橋ともに角材で上が平なので安定感があります。
    早足で歩いてみましたがコワくはありません。

  • こちらが「女橋」<br />幅が1.2mとかなり狭いです。<br /><br />これまで見てきた3つのかずら橋のなかで一番風情があるかな。<br /><br />写っている木々が全て紅葉したら絶景なんでしょうね。

    こちらが「女橋」
    幅が1.2mとかなり狭いです。

    これまで見てきた3つのかずら橋のなかで一番風情があるかな。

    写っている木々が全て紅葉したら絶景なんでしょうね。

  • 木製の人力手動ロープウェイ?「野猿」です。<br />誰も乗らないときは、一番低位置の中央にいるのでロープを引いて手元にたぐり寄せてから乗ります。<br />手をはなすと自重で中央まで滑走するので、その後ロープを引いて反対側まで移動します。<br />カゴと人間分の重量があるので、かなり重いです。<br />乗っていると安定した姿勢で引けないので1人だとキツイかも。2人で全力で引いてやっとでした。グループならば対岸から仲間に曳いてもらうと楽です。

    木製の人力手動ロープウェイ?「野猿」です。
    誰も乗らないときは、一番低位置の中央にいるのでロープを引いて手元にたぐり寄せてから乗ります。
    手をはなすと自重で中央まで滑走するので、その後ロープを引いて反対側まで移動します。
    カゴと人間分の重量があるので、かなり重いです。
    乗っていると安定した姿勢で引けないので1人だとキツイかも。2人で全力で引いてやっとでした。グループならば対岸から仲間に曳いてもらうと楽です。

  • あちこち見ていたらあっという間に1時間半が経ってしまいました。<br />山からパワーを頂いた感じです。<br /><br />最後に「男橋」を上から。

    あちこち見ていたらあっという間に1時間半が経ってしまいました。
    山からパワーを頂いた感じです。

    最後に「男橋」を上から。

  • 実は関東にもかずら橋はあります。<br />栃木県の湯西川温泉「ホテル本家伴久」の中にあり、祖谷の職人を招いて1998年に架設したそうです。<br />でも、本館から対岸のお食事処への通路にあって、酔っ払って足を突っ込むといけないので、カーペットが敷かれています。これではコワくないですね。<br />国内にはこれと、祖谷の3つと、あと福井県の池田町の公園内の合計5つのかずら橋が現存しています。

    実は関東にもかずら橋はあります。
    栃木県の湯西川温泉「ホテル本家伴久」の中にあり、祖谷の職人を招いて1998年に架設したそうです。
    でも、本館から対岸のお食事処への通路にあって、酔っ払って足を突っ込むといけないので、カーペットが敷かれています。これではコワくないですね。
    国内にはこれと、祖谷の3つと、あと福井県の池田町の公園内の合計5つのかずら橋が現存しています。

    平家伝承かずら橋の宿 本家伴久 宿・ホテル

    2名1室合計 42,900円~

  • タクシーで祖谷観光モノレールに向かう途中の、名頃(なごろ)という集落です。<br />おばちゃんが座っているように見えますが、実は人形。<br /><br />この辺いたるところにかかしがあって、賑わっています。<br />観光案内には「名頃かかしの里」と書かれていました。<br />集落の人口よりかかしの方が数倍いるとか。

    タクシーで祖谷観光モノレールに向かう途中の、名頃(なごろ)という集落です。
    おばちゃんが座っているように見えますが、実は人形。

    この辺いたるところにかかしがあって、賑わっています。
    観光案内には「名頃かかしの里」と書かれていました。
    集落の人口よりかかしの方が数倍いるとか。

    かかしの里 名所・史跡

  • 久保のバス停に戻る途中、脇道にそれた所に日本一長い観光モノレールがありました。<br />歩かないハイキング??座ったままで深山に分け入ってもう登山の気分です。<br />大人1人2000円。<br />2006年8月29日に開業。全長4.6km、高低差590m、最大傾斜度40度、最頂標高1380m、乗車時間65分、結構傾斜がキツイのはジェットコースター並ですが、速度は時速10キロしか出ません。早歩き程度?<br />下界は暑くても上は寒い。長袖は必須ですね。<br /><br />途中トイレも休憩も無いので、まず用を足してから乗るよう促されます。

    久保のバス停に戻る途中、脇道にそれた所に日本一長い観光モノレールがありました。
    歩かないハイキング??座ったままで深山に分け入ってもう登山の気分です。
    大人1人2000円。
    2006年8月29日に開業。全長4.6km、高低差590m、最大傾斜度40度、最頂標高1380m、乗車時間65分、結構傾斜がキツイのはジェットコースター並ですが、速度は時速10キロしか出ません。早歩き程度?
    下界は暑くても上は寒い。長袖は必須ですね。

    途中トイレも休憩も無いので、まず用を足してから乗るよう促されます。

    奥祖谷観光周遊モノレール 乗り物

  • 自然がいっぱいの山林を進むので野生動物がたくさんいるとか。<br />熊だったら困るなあと思っていたら、現れたのは鹿でした。

    自然がいっぱいの山林を進むので野生動物がたくさんいるとか。
    熊だったら困るなあと思っていたら、現れたのは鹿でした。

  • 最高地点標高1380m付近。<br />乗り場は暑かったですが、ここまで来ると結構寒い。長袖は必須でしょう。<br /><br />これは森林作業に使う産業用モノレールを観光用のライドにしたものです。<br />当初、ケーブルで計画したのですが地上設備が重装備で自然を破壊するとの配慮で軽装備で柔軟に経路を曲げられる産業用モノレールにしたそうです。<br />貴重な経験が出来ました。<br />降りたら一目散にトイレにダッシュ!!やはり下半身が冷えました。<br /><br />ここからまたタクシー、バスで宿に戻りました。<br />観光モノレール14:00-久保14:20 タクシー\2330<br />久保14:24-祖谷美人前15:13 路線バス\970

    最高地点標高1380m付近。
    乗り場は暑かったですが、ここまで来ると結構寒い。長袖は必須でしょう。

    これは森林作業に使う産業用モノレールを観光用のライドにしたものです。
    当初、ケーブルで計画したのですが地上設備が重装備で自然を破壊するとの配慮で軽装備で柔軟に経路を曲げられる産業用モノレールにしたそうです。
    貴重な経験が出来ました。
    降りたら一目散にトイレにダッシュ!!やはり下半身が冷えました。

    ここからまたタクシー、バスで宿に戻りました。
    観光モノレール14:00-久保14:20 タクシー\2330
    久保14:24-祖谷美人前15:13 路線バス\970

  • 夜間はかずら橋のライトアップがあるので行ってみました。<br />18時過ぎは渡れないので見るだけ。<br />かなり照明を着色しているなあ。

    夜間はかずら橋のライトアップがあるので行ってみました。
    18時過ぎは渡れないので見るだけ。
    かなり照明を着色しているなあ。

  • 近くの「琵琶の滝」もライトアップされていました。なかなか神秘的な光景です。<br /><br />近所の宿からも結構大勢見物に来ています。

    近くの「琵琶の滝」もライトアップされていました。なかなか神秘的な光景です。

    近所の宿からも結構大勢見物に来ています。

    琵琶の滝 自然・景勝地

  • さて、いよいよ待望の観光列車です。<br />JR四国が2017年から運転開始し、金、土、日に限り多度津~大歩危間を1日1往復します。<br /><br />JR四国の公式ページ<br />https://www.jr-shikoku.co.jp/sennenmonogatari/index.html<br />写真はパンフの表紙

    さて、いよいよ待望の観光列車です。
    JR四国が2017年から運転開始し、金、土、日に限り多度津~大歩危間を1日1往復します。

    JR四国の公式ページ
    https://www.jr-shikoku.co.jp/sennenmonogatari/index.html
    写真はパンフの表紙

  • 上りの「しあわせの郷紀行」に乗ります。<br />大歩危14:21ー琴平16:51<br />1ヶ月前に地元駅のみどりの窓口で10時打ちして頂き購入。<br />3号車1A/B席。ここが上り列車では一番前の展望席になります。<br /><br />テーブルにはランチョンマット、沿線地図、イベント時刻、車内販売メニューなどがセットされています。

    上りの「しあわせの郷紀行」に乗ります。
    大歩危14:21ー琴平16:51
    1ヶ月前に地元駅のみどりの窓口で10時打ちして頂き購入。
    3号車1A/B席。ここが上り列車では一番前の展望席になります。

    テーブルにはランチョンマット、沿線地図、イベント時刻、車内販売メニューなどがセットされています。

  • 車内サービスの時刻。<br />時刻表で公開されている以外に4駅に臨時停車してイベントがあるようです。

    車内サービスの時刻。
    時刻表で公開されている以外に4駅に臨時停車してイベントがあるようです。

  • 14時前に大歩危駅に着くと、すでに列車は入線していました。<br />3両編成で赤、青、緑の車体です。<br />185系気動車を改造したものです。

    14時前に大歩危駅に着くと、すでに列車は入線していました。
    3両編成で赤、青、緑の車体です。
    185系気動車を改造したものです。

  • JR四国の主要駅にはこのような「らぶらぶベンチ」が置いてあります。<br />2人で座ると滑って自然に密着!?!?

    JR四国の主要駅にはこのような「らぶらぶベンチ」が置いてあります。
    2人で座ると滑って自然に密着!?!?

  • 大歩危駅ホームのかずら橋模型。<br />せっかくだから渡れるようにすればいいのに。

    大歩危駅ホームのかずら橋模型。
    せっかくだから渡れるようにすればいいのに。

  • 発車15分前。アテンダントさんがホームに絨毯を敷いて乗車開始です!

    発車15分前。アテンダントさんがホームに絨毯を敷いて乗車開始です!

  • 出入り台の手洗い。陶器製です。<br />最近の新しい観光列車はこれが多いかも。

    出入り台の手洗い。陶器製です。
    最近の新しい観光列車はこれが多いかも。

  • 1号車 春萌(はるあかり)の章<br />若葉をイメージした緑色ノシートです。外装も緑です。<br />窓向きのカウンター席、2人、4人テーブルで構成されています。

    1号車 春萌(はるあかり)の章
    若葉をイメージした緑色ノシートです。外装も緑です。
    窓向きのカウンター席、2人、4人テーブルで構成されています。

  • 2号車 夏清(なつすがし)の章、冬清(ふゆすがし)の章<br />3両編成で四季を表現するのに苦戦? 1両で夏と冬の折衷。<br />カーブした11人分(4+4+3)のベンチソファーです。<br />対面しないのでソーシャルディスタンス??<br />外装は東向きが白、西向きが青と2号車のみ左右の色が違います。<br />

    2号車 夏清(なつすがし)の章、冬清(ふゆすがし)の章
    3両編成で四季を表現するのに苦戦? 1両で夏と冬の折衷。
    カーブした11人分(4+4+3)のベンチソファーです。
    対面しないのでソーシャルディスタンス??
    外装は東向きが白、西向きが青と2号車のみ左右の色が違います。

  • 3号車 秋彩(あきみのり)の章<br />色ずく山々をイメージした赤い座席。外装も赤です。<br />配置は1号車と同じです。<br />カバー写真は3号車を正面から。

    3号車 秋彩(あきみのり)の章
    色ずく山々をイメージした赤い座席。外装も赤です。
    配置は1号車と同じです。
    カバー写真は3号車を正面から。

  • 2号車には徳島・香川の伝統工芸品の食器や遊山箱などが陳列されていました。

    2号車には徳島・香川の伝統工芸品の食器や遊山箱などが陳列されていました。

  • 通常の特急「南風」などは、大歩危-琴平間の所要時間は平均41分ですが、この「四国まんなか千年ものがたり」号は、途中観光徐行したり5分~15分途中駅に停車して降りて観光するため、上りは130分、下りは120分かけてのんびり走行します。<br />車窓をゆっくり流れる景色を楽しめるのも観光列車の醍醐味でしょう。

    通常の特急「南風」などは、大歩危-琴平間の所要時間は平均41分ですが、この「四国まんなか千年ものがたり」号は、途中観光徐行したり5分~15分途中駅に停車して降りて観光するため、上りは130分、下りは120分かけてのんびり走行します。
    車窓をゆっくり流れる景色を楽しめるのも観光列車の醍醐味でしょう。

  • 予め指定券と同時に予約購入してあった、料理が遊山箱に入って運ばれてきます。<br />料理は三好市内の割烹料理屋「味匠藤本」さんの作で、刻露清秀 秋の遊山。<br />3段重のおいしい和食でした。\4600円税込<br />観光列車の食事としてはかなりコスパいいです。<br /><br />この日は秋の献立に変わった初日でした。<br /><br />この列車は14:21発と食事には中途半端な時間でおなかも微妙な具合です。<br />2人で1人前だけ頼んでおいて丁度良かった。

    予め指定券と同時に予約購入してあった、料理が遊山箱に入って運ばれてきます。
    料理は三好市内の割烹料理屋「味匠藤本」さんの作で、刻露清秀 秋の遊山。
    3段重のおいしい和食でした。\4600円税込
    観光列車の食事としてはかなりコスパいいです。

    この日は秋の献立に変わった初日でした。

    この列車は14:21発と食事には中途半端な時間でおなかも微妙な具合です。
    2人で1人前だけ頼んでおいて丁度良かった。

  • 秋メニューのお品書きです。

    秋メニューのお品書きです。

  • 和食なので日本酒を注文しました。<br />酒豪なアテンダンドさん(笑)のオススメにより、純米吟醸の「今小町穣」<br />片口に入って、醤油豆のお通し付です \1200<br /><br />この列車の良いところは食事は予約した人だけで、必須ではないところです。<br />ただし飲食物持込み禁止なので、何か飲みたくなったら車内で販売しているものを買うしかありません。<br /><br />この日食事を予約したのは約半数で、あとはコーヒーやスイーツを頼んでいる人が目立ちました。

    和食なので日本酒を注文しました。
    酒豪なアテンダンドさん(笑)のオススメにより、純米吟醸の「今小町穣」
    片口に入って、醤油豆のお通し付です \1200

    この列車の良いところは食事は予約した人だけで、必須ではないところです。
    ただし飲食物持込み禁止なので、何か飲みたくなったら車内で販売しているものを買うしかありません。

    この日食事を予約したのは約半数で、あとはコーヒーやスイーツを頼んでいる人が目立ちました。

  • 最近の観光列車は、車内イベントだけでなく沿線住民のお見送り(歓迎?)がすごいです。これってJR九州の「ななつ星」からの流れでしょうか。<br />JRの関係者だけではなく沿線地元住民がこぞって手や旗を振ってくれます。<br />写真は大歩危を発車してすぐの対岸にある道の駅。

    最近の観光列車は、車内イベントだけでなく沿線住民のお見送り(歓迎?)がすごいです。これってJR九州の「ななつ星」からの流れでしょうか。
    JRの関係者だけではなく沿線地元住民がこぞって手や旗を振ってくれます。
    写真は大歩危を発車してすぐの対岸にある道の駅。

  • 大歩危峡でカヤックしている人も。。

    大歩危峡でカヤックしている人も。。

  • 田んぼの中に大勢の人が・・・<br />と思ったら、5人を除いてかかしでした(笑)<br /><br />沿線の人には旗とか通過予定時刻が配られているのでしょう。

    田んぼの中に大勢の人が・・・
    と思ったら、5人を除いてかかしでした(笑)

    沿線の人には旗とか通過予定時刻が配られているのでしょう。

  • 土讃線は川沿いの崖の上を通るので、短いトンネルや落石シェルター、沢にかかる短い橋の連続です。<br />大歩危-小歩危の1駅間には短いトンネルが16もあります。

    土讃線は川沿いの崖の上を通るので、短いトンネルや落石シェルター、沢にかかる短い橋の連続です。
    大歩危-小歩危の1駅間には短いトンネルが16もあります。

  • 下から見るとこんな感じですね。

    下から見るとこんな感じですね。

  • 吉野川を3回渡ります。<br />パンフ表紙の写真の場所です。紅葉??ナイナイ(-_-;<br />撮影スポットを前面から。第一吉野川橋梁。

    吉野川を3回渡ります。
    パンフ表紙の写真の場所です。紅葉??ナイナイ(-_-;
    撮影スポットを前面から。第一吉野川橋梁。

  • 阿波川口駅ではタヌキの着ぐるみの方たちが迎えてくれます。

    阿波川口駅ではタヌキの着ぐるみの方たちが迎えてくれます。

  • ここはタヌキの名所なのでしょうか?<br />記念撮影と地元の物産販売がありました。

    ここはタヌキの名所なのでしょうか?
    記念撮影と地元の物産販売がありました。

  • タヌキが駅長に化けています(笑)

    タヌキが駅長に化けています(笑)

  • 停車駅には横断幕が。

    停車駅には横断幕が。

  • 有名な秘境駅、坪尻に着きました。<br />ここはクルマでは近寄れない駅で、1日5往復しか普通列車が停まりません。

    有名な秘境駅、坪尻に着きました。
    ここはクルマでは近寄れない駅で、1日5往復しか普通列車が停まりません。

  • 傾斜面にあるのでスイッチバックになっています。<br />今停車している「引上げ線」(後方は行きどまり)は水平ですが、左に見える本線は手前が低く、前方が高く急勾配なのがわかります。<br />坪尻駅のホームは前方左の分岐奥にあり、ここも水平になっています。

    傾斜面にあるのでスイッチバックになっています。
    今停車している「引上げ線」(後方は行きどまり)は水平ですが、左に見える本線は手前が低く、前方が高く急勾配なのがわかります。
    坪尻駅のホームは前方左の分岐奥にあり、ここも水平になっています。

  • 坪尻駅のホームに入ります。この先は行きどまりです。

    坪尻駅のホームに入ります。この先は行きどまりです。

  • この「引上げ線」からでないと見られない滝。<br />これは坪尻駅を谷底に造ったので、川の水流を替えるために水路とトンネルを造りました。

    この「引上げ線」からでないと見られない滝。
    これは坪尻駅を谷底に造ったので、川の水流を替えるために水路とトンネルを造りました。

  • 讃岐財田駅では、猫がお出迎えしてくれますが、さすがに手は振ってくれません。

    讃岐財田駅では、猫がお出迎えしてくれますが、さすがに手は振ってくれません。

  • アンパンマン列車が通過して行きました。<br />時速110キロ、あっと言う間でした。

    アンパンマン列車が通過して行きました。
    時速110キロ、あっと言う間でした。

  • 最後にコーヒーと和菓子が出ました。

    最後にコーヒーと和菓子が出ました。

  • 乗車記念証もいただきました。

    乗車記念証もいただきました。

  • 琴平駅到着時には一般乗客が手や旗を振って迎えてくれます。

    琴平駅到着時には一般乗客が手や旗を振って迎えてくれます。

  • 琴平駅では19分停車し、その間「四国まんなか千年ものがたり」専用のラウンジで休憩出来ます。<br />食事を頼んだ人にはデザート(アイスとムース)が供されました。<br /><br />往路の洋食ではここで冷製スープが供されるそうです。

    琴平駅では19分停車し、その間「四国まんなか千年ものがたり」専用のラウンジで休憩出来ます。
    食事を頼んだ人にはデザート(アイスとムース)が供されました。

    往路の洋食ではここで冷製スープが供されるそうです。

  • この列車の主要イベントは琴平で全て終わったのでここで下車しました。<br />翌朝は金比羅参りです。

    この列車の主要イベントは琴平で全て終わったのでここで下車しました。
    翌朝は金比羅参りです。

  • 琴平に来たら名物の「骨付鳥」をはずすわけにはゆきません。<br />一番人気の「田中屋本店」へ。

    琴平に来たら名物の「骨付鳥」をはずすわけにはゆきません。
    一番人気の「田中屋本店」へ。

    さぬき名物 骨付鳥 田中屋 グルメ・レストラン

  • 若鳥と親鳥がありますが、親鳥を頼みました。\890円<br />ニンニクとスパイスが効いて固く歯ごたえがあり、他では食べたことのない味です。<br />ふつう鋏で切り取っていただきますが、隣席の地元の若い女性はそのままかぶりついていました。<br />ビールが進みますね。クセになりそうです。

    若鳥と親鳥がありますが、親鳥を頼みました。\890円
    ニンニクとスパイスが効いて固く歯ごたえがあり、他では食べたことのない味です。
    ふつう鋏で切り取っていただきますが、隣席の地元の若い女性はそのままかぶりついていました。
    ビールが進みますね。クセになりそうです。

  • 翌日は早朝、金比羅参りをしたあと大塚国際美術館を見て帰途につきました。<br />金乃比羅宮へは日の出前に行ったので真っ暗で、ヘッドライトをつけて登ったので写真はありません。<br />街灯が少ないですね。<br />コロナで、御朱印所が9時からになったのでいただけませんでしたが、後日郵送していただくことが出来ました。<br />

    翌日は早朝、金比羅参りをしたあと大塚国際美術館を見て帰途につきました。
    金乃比羅宮へは日の出前に行ったので真っ暗で、ヘッドライトをつけて登ったので写真はありません。
    街灯が少ないですね。
    コロナで、御朱印所が9時からになったのでいただけませんでしたが、後日郵送していただくことが出来ました。

  • クルマを使わない旅。4日間でもずいぶんワイルドな体験が出来ました。<br /><br />最終日の日程<br />とら丸旅館泊 \4180/人<br />4:30-6:30 金乃比羅宮参り<br />琴平6:42-高松7:42 琴平電鉄 \630<br />高松8:24-鳴門9:58 うずしお5号 池谷乗換 \2670<br />鳴門駅前10:06-美術館前10:22 徳島バス\290<br />大塚国際美術館 10:30-15:30 \3150前売(5時間滞在)<br />美術館前15:33-鳴門駅前15:48 \290<br />鳴門15:55-高松17:44 池谷,三本松乗換 うずしお22号 \2000<br />高松駅前17:53-高松空港18:45 空港リムジンバス\780<br />高松19:35-羽田20:55 ANA540便 \17590<br /><br />しかし美術館で写真撮り放題とは、世界中でここだけじゃないでしょうか。<br />(商業利用は許可が要ります)<br />写真は大塚美術館

    クルマを使わない旅。4日間でもずいぶんワイルドな体験が出来ました。

    最終日の日程
    とら丸旅館泊 \4180/人
    4:30-6:30 金乃比羅宮参り
    琴平6:42-高松7:42 琴平電鉄 \630
    高松8:24-鳴門9:58 うずしお5号 池谷乗換 \2670
    鳴門駅前10:06-美術館前10:22 徳島バス\290
    大塚国際美術館 10:30-15:30 \3150前売(5時間滞在)
    美術館前15:33-鳴門駅前15:48 \290
    鳴門15:55-高松17:44 池谷,三本松乗換 うずしお22号 \2000
    高松駅前17:53-高松空港18:45 空港リムジンバス\780
    高松19:35-羽田20:55 ANA540便 \17590

    しかし美術館で写真撮り放題とは、世界中でここだけじゃないでしょうか。
    (商業利用は許可が要ります)
    写真は大塚美術館

    こんぴら温泉 とら丸旅館 宿・ホテル

    2名1室合計 8,360円~

  • 美術館1FにあるGARDENというレストランでランチ。<br />「最後の晩餐」という名のコースで赤ワイン付き\1800円。<br />有名なダヴィンチの絵にちなんだメニューということでしたが、絵をよく見てもよくわかりませんでした。ワインとパンは辛うじてわかりましたが、その他の献立がなんなのか・・絵ではテーブル上が劣化してる。

    美術館1FにあるGARDENというレストランでランチ。
    「最後の晩餐」という名のコースで赤ワイン付き\1800円。
    有名なダヴィンチの絵にちなんだメニューということでしたが、絵をよく見てもよくわかりませんでした。ワインとパンは辛うじてわかりましたが、その他の献立がなんなのか・・絵ではテーブル上が劣化してる。

    大塚国際美術館 美術館・博物館

  • 帰路はANAのA320でした。<br />客席背面のディスプレイにコックピット情報が表示できるのは驚きです。<br />現在地、方角、高度、速度が表示されています。風景は実写ではなくCGですが。<br />(別画面で機外カメラ映像も表示できますが、夜なので真っ暗)<br />まあ、機内LANに飛行データは流れているわけですから今の技術では簡単に出来るのでしょう。

    帰路はANAのA320でした。
    客席背面のディスプレイにコックピット情報が表示できるのは驚きです。
    現在地、方角、高度、速度が表示されています。風景は実写ではなくCGですが。
    (別画面で機外カメラ映像も表示できますが、夜なので真っ暗)
    まあ、機内LANに飛行データは流れているわけですから今の技術では簡単に出来るのでしょう。

10いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

祖谷渓・かずら橋・大歩危の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集