米沢旅行記(ブログ) 一覧に戻る
奥羽線の秘境、峠駅から滑川温泉と姥湯温泉に連泊してきました。<br /><br />これは https://4travel.jp/travelogue/11637595 の続編です。<br />(こちらでは姥湯温泉主体です)<br /><br />峠の力餅が好きで、東北旅行の帰りは米沢~福島間は必ず普通列車に乗り、峠駅で立ち売りから購入していました。<br />今時ホームで立ち売りが残っていること自体、驚異的です。<br />日本で常時立ち売りのあるは峠駅のほか、九州の人吉駅だけのようです。<br /><br />この駅の平均乗降人員は1日10名。沿線住民も殆ど居ないこの地で、峠駅の乗降者はどこへ行くんだろう?<br /><br />ここから数キロのところに滑川温泉、姥湯温泉の2つの秘湯があることがわかったので行ってきました。力餅の「峠の茶屋(最上屋)」にも寄ってみました。<br />新しい世界の発見の旅でした。<br /><br />温泉客のほか峠駅では夏季には登山者も多数乗降するようです。<br /><br />写真:峠駅で客待ちする峠の力餅の売り子さん<br />

峠駅から秘湯めぐり 滑川温泉・姥湯温泉に連泊 (後編)

9いいね!

2019/09/04 - 2019/09/06

203位(同エリア439件中)

旅行記グループ 青春18きっぷの旅

0

55

たのちゃん

たのちゃんさん

奥羽線の秘境、峠駅から滑川温泉と姥湯温泉に連泊してきました。

これは https://4travel.jp/travelogue/11637595 の続編です。
(こちらでは姥湯温泉主体です)

峠の力餅が好きで、東北旅行の帰りは米沢~福島間は必ず普通列車に乗り、峠駅で立ち売りから購入していました。
今時ホームで立ち売りが残っていること自体、驚異的です。
日本で常時立ち売りのあるは峠駅のほか、九州の人吉駅だけのようです。

この駅の平均乗降人員は1日10名。沿線住民も殆ど居ないこの地で、峠駅の乗降者はどこへ行くんだろう?

ここから数キロのところに滑川温泉、姥湯温泉の2つの秘湯があることがわかったので行ってきました。力餅の「峠の茶屋(最上屋)」にも寄ってみました。
新しい世界の発見の旅でした。

温泉客のほか峠駅では夏季には登山者も多数乗降するようです。

写真:峠駅で客待ちする峠の力餅の売り子さん

旅行の満足度
4.5
観光
4.0
ホテル
5.0
交通
4.0
同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
1万円 - 3万円
交通手段
新幹線 JRローカル 徒歩
旅行の手配内容
個別手配
利用旅行会社
楽天トラベル

PR

  • 前夜は滑川温泉の福島屋旅館に泊まり、送迎車で峠駅まで送っていただきました。<br />峠の茶屋と峠駅、付近を3時間ほど散策して、今度は送迎車で姥湯温泉の桝形屋さんに向かいます。<br />13:50、峠駅シェルター内の駐車スペースから出発です。

    前夜は滑川温泉の福島屋旅館に泊まり、送迎車で峠駅まで送っていただきました。
    峠の茶屋と峠駅、付近を3時間ほど散策して、今度は送迎車で姥湯温泉の桝形屋さんに向かいます。
    13:50、峠駅シェルター内の駐車スペースから出発です。

    峠駅

  • 8キロのうち半分はすでにさっき通った道。<br />分岐点付近で昨夜滑川温泉で同宿だった方を拾って更に山奥へ進みます。<br />道は険しく細く、対向車が来るとヒヤヒヤします。<br />最大勾配なんと22%!!<br /><br />途中、姥湯温泉に着く手前で有名なスイッチバックを通ります。<br />ここは細い道路がヘアピン状に折り返していて、小型車でも回り切れないため一旦空き地に突っ込み切り返して180度方向転換してから先に進むのです。

    8キロのうち半分はすでにさっき通った道。
    分岐点付近で昨夜滑川温泉で同宿だった方を拾って更に山奥へ進みます。
    道は険しく細く、対向車が来るとヒヤヒヤします。
    最大勾配なんと22%!!

    途中、姥湯温泉に着く手前で有名なスイッチバックを通ります。
    ここは細い道路がヘアピン状に折り返していて、小型車でも回り切れないため一旦空き地に突っ込み切り返して180度方向転換してから先に進むのです。

  • 峠駅から曲がりくねった細い山道を25分、桝形屋さんに近づきました。<br />「お客さんは橋のところから約250m歩いていただきますが、お荷物はゴンドラでお運びいたします」<br />えー、そりゃすごいシステムだね。

    峠駅から曲がりくねった細い山道を25分、桝形屋さんに近づきました。
    「お客さんは橋のところから約250m歩いていただきますが、お荷物はゴンドラでお運びいたします」
    えー、そりゃすごいシステムだね。

  • 谷を渡る荷物ゴンドラ。

    谷を渡る荷物ゴンドラ。

  • 右上の建物が旅館です。右下は自家発電設備の小屋。<br />クルマが玄関前に横付け出来ないから、業務上もこのようなシステムが必要なんでしょう。<br />食材、リネン、ゴミ、備品・・・旅館ってかなり大量の荷物を移動させますね。

    右上の建物が旅館です。右下は自家発電設備の小屋。
    クルマが玄関前に横付け出来ないから、業務上もこのようなシステムが必要なんでしょう。
    食材、リネン、ゴミ、備品・・・旅館ってかなり大量の荷物を移動させますね。

  • 吊り橋でキョロキョロよそ見しているうちに、荷物はもう届いたようです。<br />ゴンドラは勿論、電動巻き上げです。<br /><br />送迎車と予め電話予約した人は荷物を運んでもらえますが、無連絡だと自分で荷物を運ぶことになります。

    吊り橋でキョロキョロよそ見しているうちに、荷物はもう届いたようです。
    ゴンドラは勿論、電動巻き上げです。

    送迎車と予め電話予約した人は荷物を運んでもらえますが、無連絡だと自分で荷物を運ぶことになります。

  • 約5分、川沿いの坂を登って玄関に着きました。標高は1300mもあります。<br />前夜の滑川温泉よりも更に450m、峠駅から870mも登ったことになります。<br />建物は茶色で山小屋風ですが、最近建替えられたようで真新しいです。<br />荷物はフロント前に置かれていました。<br /><br />こちらは天文2年に開湯され、486年経ちます。<br />ここより滑川温泉のほうが少し古いんですね。

    約5分、川沿いの坂を登って玄関に着きました。標高は1300mもあります。
    前夜の滑川温泉よりも更に450m、峠駅から870mも登ったことになります。
    建物は茶色で山小屋風ですが、最近建替えられたようで真新しいです。
    荷物はフロント前に置かれていました。

    こちらは天文2年に開湯され、486年経ちます。
    ここより滑川温泉のほうが少し古いんですね。

    姥湯温泉 桝形屋 宿・ホテル

    2名1室合計 12,400円~

  • 2階の7号室に案内されました。<br />8畳トイレ、ウォッシュレット、洗面付きです。<br />山なのにテレビ有。モチCATVです。<br /><br />こちらの宿も積雪地で道路が封鎖されるので冬季休業があります。<br />今年は11月6日から翌年4月27日が休業です。2020年は雪解けが遅かったので<br />5月14日まで休業でした。

    2階の7号室に案内されました。
    8畳トイレ、ウォッシュレット、洗面付きです。
    山なのにテレビ有。モチCATVです。

    こちらの宿も積雪地で道路が封鎖されるので冬季休業があります。
    今年は11月6日から翌年4月27日が休業です。2020年は雪解けが遅かったので
    5月14日まで休業でした。

  • 窓から見ると、眼下にさっき通って来た駐車場と吊り橋が見えます。

    窓から見ると、眼下にさっき通って来た駐車場と吊り橋が見えます。

  • とても秘湯の宿とは思えない、近代的で綺麗な廊下です。

    とても秘湯の宿とは思えない、近代的で綺麗な廊下です。

  • 2階の突き当りから内湯と露天への連絡通路に通じています。<br />頻繁に風呂へ通うには2階が便利ですね。

    2階の突き当りから内湯と露天への連絡通路に通じています。
    頻繁に風呂へ通うには2階が便利ですね。

  • では混まないうちに早速露天風呂に行ってみましょう。<br />ドアから出て50mくらい坂道を登って行くと2つの露天風呂があります。

    では混まないうちに早速露天風呂に行ってみましょう。
    ドアから出て50mくらい坂道を登って行くと2つの露天風呂があります。

  • 正面にはゴツゴツした岩山が見えます。<br />ワイルドだろ~~(笑)

    正面にはゴツゴツした岩山が見えます。
    ワイルドだろ~~(笑)

  • 後ろを振り返ると、奥に宿泊棟が見えます。

    後ろを振り返ると、奥に宿泊棟が見えます。

  • 薬師の湯 正面が脱衣場<br />女性専用ですが、18時~20時が混浴になります。

    薬師の湯 正面が脱衣場
    女性専用ですが、18時~20時が混浴になります。

  • 薬師の湯<br />青味がかった白濁の湯で、硫黄のにおいがします。

    薬師の湯
    青味がかった白濁の湯で、硫黄のにおいがします。

  • 山姥の湯の脱衣場<br />この宿はあちこちに時計があります。

    山姥の湯の脱衣場
    この宿はあちこちに時計があります。

  • 脱衣場内部。<br />男女別。広くて真新しいです。

    脱衣場内部。
    男女別。広くて真新しいです。

  • 山姥の湯<br />こちらは18時~20時が女性専用でそれ以外は混浴です。<br />タオル巻き、湯あみ着使用okなので難易度は低いです。<br />この日はカップルと若いお1人の女性が入っておられました。<br />広いので他人がいても適当な距離を保てます。中央に岩があるので目隠しにもなります。

    山姥の湯
    こちらは18時~20時が女性専用でそれ以外は混浴です。
    タオル巻き、湯あみ着使用okなので難易度は低いです。
    この日はカップルと若いお1人の女性が入っておられました。
    広いので他人がいても適当な距離を保てます。中央に岩があるので目隠しにもなります。

  • 夕食後にも入ってみました。もう貸切でした。<br />満天の星空が素晴らしかったです。<br />露天風呂は22時で消灯されますが、23時頃ランタンを持って入りに行ったのはナイショです。<br />周囲が暗黒のため星空が一層素晴らしかったのは言うまでもありません。<br />つくづく都会の空は暗くないと実感しました。

    夕食後にも入ってみました。もう貸切でした。
    満天の星空が素晴らしかったです。
    露天風呂は22時で消灯されますが、23時頃ランタンを持って入りに行ったのはナイショです。
    周囲が暗黒のため星空が一層素晴らしかったのは言うまでもありません。
    つくづく都会の空は暗くないと実感しました。

  • 朝食前にぐるっと回って上流側の岩の上から撮ってみました。<br />結構広いことがわかります。<br /><br />16mmの広角レンズを持ってくればよかった。

    朝食前にぐるっと回って上流側の岩の上から撮ってみました。
    結構広いことがわかります。

    16mmの広角レンズを持ってくればよかった。

  • 玄関前から。正面奥に露天の脱衣場が見えます。<br />紅葉の時来たらきっと素晴らしいんだろうなあ。<br /><br />1階の客室だと、窓の外を日帰り入浴者がぞろぞろ通るので2階のほうが快適だと思いました。

    玄関前から。正面奥に露天の脱衣場が見えます。
    紅葉の時来たらきっと素晴らしいんだろうなあ。

    1階の客室だと、窓の外を日帰り入浴者がぞろぞろ通るので2階のほうが快適だと思いました。

  • 泉質は酸性含硫黄単純泉でpHは2.5です。<br />滑川温泉とかなり違いますね。

    泉質は酸性含硫黄単純泉でpHは2.5です。
    滑川温泉とかなり違いますね。

  • この奥に源泉があるようです。<br />なんだか岩肌むき出しで地獄谷のような光景です。

    この奥に源泉があるようです。
    なんだか岩肌むき出しで地獄谷のような光景です。

  • こちらは内湯。やや小さ目で4人入ればいっぱいという感じですが、<br />空いていて貸切状態でした。<br />カラン、シャワーはこちらにしかありません。

    こちらは内湯。やや小さ目で4人入ればいっぱいという感じですが、
    空いていて貸切状態でした。
    カラン、シャワーはこちらにしかありません。

  • アメニティーは秘湯シリーズ!!熊笹シャンプーもありました。<br />しっかり売店で売っているのが日本秘湯を守る会のお約束。

    アメニティーは秘湯シリーズ!!熊笹シャンプーもありました。
    しっかり売店で売っているのが日本秘湯を守る会のお約束。

  • 部屋の窓からの黄昏風景。

    部屋の窓からの黄昏風景。

  • さて、夕食です。こちらも部屋食、お膳料理と福島屋さんと共通してます。<br />17:30~と早い。他の選択肢はありません。<br />米沢の地物を使った素朴でおいしい料理でした。<br />こんな秘境まで来て食べられるとは思いませんでした。<br /><br />この日は鯉料理でなく鮎の甘露煮でしたが、こんなに美味しいの初めて食べました。

    さて、夕食です。こちらも部屋食、お膳料理と福島屋さんと共通してます。
    17:30~と早い。他の選択肢はありません。
    米沢の地物を使った素朴でおいしい料理でした。
    こんな秘境まで来て食べられるとは思いませんでした。

    この日は鯉料理でなく鮎の甘露煮でしたが、こんなに美味しいの初めて食べました。

  • 米沢牛の鉄板焼きがつきます。

    米沢牛の鉄板焼きがつきます。

  • 根菜の煮もの いい味出してます。

    根菜の煮もの いい味出してます。

  • 前菜3点。<br />お品書きがないので、口頭で聞いても忘れました&lt;(_ _)&gt;

    前菜3点。
    お品書きがないので、口頭で聞いても忘れました<(_ _)>

  • 山菜小鉢

    山菜小鉢

  • 山菜の天ぷら

    山菜の天ぷら

  • 魚のつみれ入り吸い物。<br />いいダシ出てますよ。料理旅館並みです。

    魚のつみれ入り吸い物。
    いいダシ出てますよ。料理旅館並みです。

  • 仕上げはとろろ一口茶そばです。

    仕上げはとろろ一口茶そばです。

  • デザートは胡麻プリンです。<br />適度な甘さでおいしい。<br /><br />平均して食事のレベル高い。山小屋料理じゃありませんでした。

    デザートは胡麻プリンです。
    適度な甘さでおいしい。

    平均して食事のレベル高い。山小屋料理じゃありませんでした。

  • 早朝、駐車場の先まで散歩しました。<br />雲はありますが、まあいい天気です。

    早朝、駐車場の先まで散歩しました。
    雲はありますが、まあいい天気です。

  • 早朝の風景です。

    早朝の風景です。

  • 朝食は朝7時から。7:40には出発しないといけないので忙しいです。<br />シンプルですが良い味付けでした。<br />手造り感あふれてます。温泉玉子は出来立てだったような。

    朝食は朝7時から。7:40には出発しないといけないので忙しいです。
    シンプルですが良い味付けでした。
    手造り感あふれてます。温泉玉子は出来立てだったような。

  • 玄関脇に談話室があり、朝はモーニングコーヒー、夜はお茶が飲めます。

    玄関脇に談話室があり、朝はモーニングコーヒー、夜はお茶が飲めます。

  • 秘湯とは思えないお洒落な空間です。<br />電車の制約がなければもっといたいなー。

    秘湯とは思えないお洒落な空間です。
    電車の制約がなければもっといたいなー。

  • 備付けの秘湯書物。<br />もちろん、日本秘湯を守る会の「日本の秘湯」もあります。

    備付けの秘湯書物。
    もちろん、日本秘湯を守る会の「日本の秘湯」もあります。

  • 秘湯を守る会の全宿スタンプのパネルが展示してありました。<br />私はまだ6個しか押してもらってないのでつい見入ってしまいます。

    秘湯を守る会の全宿スタンプのパネルが展示してありました。
    私はまだ6個しか押してもらってないのでつい見入ってしまいます。

  • 1泊2食付1人13380円でした。<br />秘湯の宿にしては、あれだけの料理、充実した設備でこれは安いです。<br /><br />これは米沢の民芸品!?

    1泊2食付1人13380円でした。
    秘湯の宿にしては、あれだけの料理、充実した設備でこれは安いです。

    これは米沢の民芸品!?

  • 秘湯のスタンプも押していただきました。やっと6個目です。<br />でも、10個たまると秘湯の会員宿に1泊ご招待とは言いますが、3年以内に秘湯の宿に10泊するというのは至難の業だとわかりました。会員宿はそんなに多くないしお値段高め、宿泊予約サイトから予約すると押してもらえません。

    秘湯のスタンプも押していただきました。やっと6個目です。
    でも、10個たまると秘湯の会員宿に1泊ご招待とは言いますが、3年以内に秘湯の宿に10泊するというのは至難の業だとわかりました。会員宿はそんなに多くないしお値段高め、宿泊予約サイトから予約すると押してもらえません。

  • ああ、、私の荷物が運ばれて行く。。。<br />姥湯温泉、いいところでした。

    ああ、、私の荷物が運ばれて行く。。。
    姥湯温泉、いいところでした。

  • 吊り橋の先には送迎車が待っていました。<br />電車が8時台のつぎは13時台まで無いので、7:50出発です。<br />朝食が7時から、出発が7:50なのでゆっくりしていられません。<br /><br />なお、13時の電車に乗る人のためには「延長プラン」昼食の蕎麦付きで1450円増ということも出来ます。<br />この場合12時半まで部屋でゆっくり出来ます。

    吊り橋の先には送迎車が待っていました。
    電車が8時台のつぎは13時台まで無いので、7:50出発です。
    朝食が7時から、出発が7:50なのでゆっくりしていられません。

    なお、13時の電車に乗る人のためには「延長プラン」昼食の蕎麦付きで1450円増ということも出来ます。
    この場合12時半まで部屋でゆっくり出来ます。

  • 荷物を積んだゴンドラはすでに下に着いていました。

    荷物を積んだゴンドラはすでに下に着いていました。

  • 細い曲がりくねった急坂を峠駅に向かいます。<br />途中、ガードレールの無い場所もあります。慣れないと落ちるかも。<br />マイカーの方、どうか慎重な運転を。

    細い曲がりくねった急坂を峠駅に向かいます。
    途中、ガードレールの無い場所もあります。慣れないと落ちるかも。
    マイカーの方、どうか慎重な運転を。

  • 峠駅に8:15到着。<br />ホームにはすでに5名ほど先客がおられました。滑川温泉に泊られた方でしょうか。<br />続いて峠の茶屋から売り子さん登場。<br />値段は昔も今も変わらない1箱税込1000円!!販売効率最優先なんでしょう。<br />でも前回は10個入りだったのが今回は8個入りに。。。。<br />ま、許すか!!<br /><br />無添加なのですぐに固くなります。賞味期限は当日中!!<br />でも固くなったらオーブントースターで焼くもよし、フライパンでバター焼きにするもよし、素揚げするもよし。<br />ただカビやすいのですぐ食べないときは冷凍を。

    峠駅に8:15到着。
    ホームにはすでに5名ほど先客がおられました。滑川温泉に泊られた方でしょうか。
    続いて峠の茶屋から売り子さん登場。
    値段は昔も今も変わらない1箱税込1000円!!販売効率最優先なんでしょう。
    でも前回は10個入りだったのが今回は8個入りに。。。。
    ま、許すか!!

    無添加なのですぐに固くなります。賞味期限は当日中!!
    でも固くなったらオーブントースターで焼くもよし、フライパンでバター焼きにするもよし、素揚げするもよし。
    ただカビやすいのですぐ食べないときは冷凍を。

    峠の茶屋・最上屋 グルメ・レストラン

  • 8:24峠駅を発車すると、上り電車はすぐに板谷峠トンネル1964mに入ります。<br />これは1971年、複線化のとき増設された新しい方のトンネルです。内部はコンクリート。<br />トンネルを抜けるとこれから庭坂まで、峠越えの絶景が楽しめます。<br />松川の赤い鉄橋を渡ると、左手に有名な庭坂の大カーブが見え平野部に入って行きます。<br />秘境から里におりて来たことを実感する瞬間です。

    8:24峠駅を発車すると、上り電車はすぐに板谷峠トンネル1964mに入ります。
    これは1971年、複線化のとき増設された新しい方のトンネルです。内部はコンクリート。
    トンネルを抜けるとこれから庭坂まで、峠越えの絶景が楽しめます。
    松川の赤い鉄橋を渡ると、左手に有名な庭坂の大カーブが見え平野部に入って行きます。
    秘境から里におりて来たことを実感する瞬間です。

  • 笹木野を発車すると、新幹線は右のスロープを駆け上がって高架にある新幹線ホームへ。<br />普通電車は左に行き地平の在来線ホームに入ります。<br /><br />じつはこの辺で下りつばさ123号とすれ違うはずだったのですが、この日は遅れていたのかついに来ませんでした。

    笹木野を発車すると、新幹線は右のスロープを駆け上がって高架にある新幹線ホームへ。
    普通電車は左に行き地平の在来線ホームに入ります。

    じつはこの辺で下りつばさ123号とすれ違うはずだったのですが、この日は遅れていたのかついに来ませんでした。

  • 今回、峠駅探索、滑川温泉、姥湯温泉、峠の茶屋とじっくり時間をかけて見てきました。<br />ここは電車の時間が限られるため、一呼吸も二呼吸も立ち止まって見回す余裕があります。<br /><br />クルマを使った合理的な時間配分も否定しませんが、原点に返ってゆったり旅って素敵じゃないですか。鉄道も温泉も山野も、日本の原風景の世界でした。<br /><br />送迎を使えば難易度は高くないので、老後になったらまた行きます。あーバリアフリーではないので足元にはお気を付けを~~!!<br /><br />下り線の第二板谷峠トンネル、日本の鉄道史に残る歴史的トンネルですよ。<br />開業当時は「板谷峠大隧道」とも呼ばれました。<br />内部は明治の石積みのまま。坑口は新幹線開業時に改修されていますが。<br />まー気付く人まずいないだろ~なー。。<br />近代化産業遺産の一部です。<br /><br />最後までご覧いただきありがとうございました。

    今回、峠駅探索、滑川温泉、姥湯温泉、峠の茶屋とじっくり時間をかけて見てきました。
    ここは電車の時間が限られるため、一呼吸も二呼吸も立ち止まって見回す余裕があります。

    クルマを使った合理的な時間配分も否定しませんが、原点に返ってゆったり旅って素敵じゃないですか。鉄道も温泉も山野も、日本の原風景の世界でした。

    送迎を使えば難易度は高くないので、老後になったらまた行きます。あーバリアフリーではないので足元にはお気を付けを~~!!

    下り線の第二板谷峠トンネル、日本の鉄道史に残る歴史的トンネルですよ。
    開業当時は「板谷峠大隧道」とも呼ばれました。
    内部は明治の石積みのまま。坑口は新幹線開業時に改修されていますが。
    まー気付く人まずいないだろ~なー。。
    近代化産業遺産の一部です。

    最後までご覧いただきありがとうございました。

  •  おまけ<br />峠の力餅を30秒の停車時間中に確実に買いたい方は、進行右側(上り、下りとも)<br />一番後ろのドア(車掌さんのそば)にいてドアが開くとすぐに声をかけましょう。<br />右側の座席に座っているときは窓を開けて手(千円札)を振るとすぐ来てくれます。電車の窓は上段が下に向けて開きます。<br />1箱1000円なので、手に個数分の千円札をにぎっていると最速で買えます。<br />まあ、はっきり言って1分くらい遅れても大勢に影響無いので全員買い終わるまで電車は待ってくれます。ローカル線は都会みたいにシビアじゃありません。<br /><br />早朝、深夜の電車の場合は電話して予約しないと立ち売りしません。<br />大量買いと始発、最終、19時台の電車なら予約しましょう。<br />電話 0238(34)2301 峠の茶屋<br />対応時間 7:00~19:00

     おまけ
    峠の力餅を30秒の停車時間中に確実に買いたい方は、進行右側(上り、下りとも)
    一番後ろのドア(車掌さんのそば)にいてドアが開くとすぐに声をかけましょう。
    右側の座席に座っているときは窓を開けて手(千円札)を振るとすぐ来てくれます。電車の窓は上段が下に向けて開きます。
    1箱1000円なので、手に個数分の千円札をにぎっていると最速で買えます。
    まあ、はっきり言って1分くらい遅れても大勢に影響無いので全員買い終わるまで電車は待ってくれます。ローカル線は都会みたいにシビアじゃありません。

    早朝、深夜の電車の場合は電話して予約しないと立ち売りしません。
    大量買いと始発、最終、19時台の電車なら予約しましょう。
    電話 0238(34)2301 峠の茶屋
    対応時間 7:00~19:00

  • 余談<br />「奥羽新幹線構想」<br />どこかでお聞きになった方も多いと思います。<br />現在の山形新幹線は「ミニ新幹線方式」で在来線に新幹線車両を走らせています。<br />秋田新幹線も同じです。<br />でも、奥羽山脈越えがネックで大雨や豪雪、強風、倒木で年間数百回運転見合わせが出ています。<br />おまけにスピードが遅い。東京から新青森に行くのと山形に行くのがほぼ同じ所要時間。<br />山形県では不満が出ています。<br />そこで、「福島-新庄をフル規格新幹線に直す」という構想があります。<br />あくまで「構想」なので実施されるかはまだ未定です。<br />この構想ですと、庭坂の登り坂になるあたりから山形の手前の関根まで、奥羽山脈の下を23.1キロの長大なトンネルを掘る計画です。<br />もしこれが実現した場合、板谷、峠、大沢の3駅は通らなくなります。<br />そうなると併行在来線の扱いで、これまでの慣例だと第三セクター化されますが、山形県が引き受けないと廃線になる可能性もあります。<br /><br />そうなると峠の茶屋、姥湯温泉、滑川温泉、五色温泉はどうなるでしょうか。<br />クルマでないと行けなくなります。<br />予断は許されなくなりますね。<br /><br />参考記事<br />http://www.bunanomori.org/NucleusCMS_3.41Release/index.php?itemid=774&amp;catid=11<br />https://railproject.tabiris.com/yamagatatunnel.html<br />https://tabiris.com/archives/itayatouge/<br />http://www.pref.yamagata.jp/pickup/opinion/search/publicfolder201402181771135805/publicfolder201406193848637201/09111507.html<br />

    余談
    「奥羽新幹線構想」
    どこかでお聞きになった方も多いと思います。
    現在の山形新幹線は「ミニ新幹線方式」で在来線に新幹線車両を走らせています。
    秋田新幹線も同じです。
    でも、奥羽山脈越えがネックで大雨や豪雪、強風、倒木で年間数百回運転見合わせが出ています。
    おまけにスピードが遅い。東京から新青森に行くのと山形に行くのがほぼ同じ所要時間。
    山形県では不満が出ています。
    そこで、「福島-新庄をフル規格新幹線に直す」という構想があります。
    あくまで「構想」なので実施されるかはまだ未定です。
    この構想ですと、庭坂の登り坂になるあたりから山形の手前の関根まで、奥羽山脈の下を23.1キロの長大なトンネルを掘る計画です。
    もしこれが実現した場合、板谷、峠、大沢の3駅は通らなくなります。
    そうなると併行在来線の扱いで、これまでの慣例だと第三セクター化されますが、山形県が引き受けないと廃線になる可能性もあります。

    そうなると峠の茶屋、姥湯温泉、滑川温泉、五色温泉はどうなるでしょうか。
    クルマでないと行けなくなります。
    予断は許されなくなりますね。

    参考記事
    http://www.bunanomori.org/NucleusCMS_3.41Release/index.php?itemid=774&catid=11
    https://railproject.tabiris.com/yamagatatunnel.html
    https://tabiris.com/archives/itayatouge/
    http://www.pref.yamagata.jp/pickup/opinion/search/publicfolder201402181771135805/publicfolder201406193848637201/09111507.html

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

米沢の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集