ギリシャ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
毎日鬱陶しいコロナニュースに嫌気さして脱出<br /><br />批判覚悟でどこか出かけられないか日々欠かさずにチェックしていた。<br />場所はどこでも良かったので、グアムが6月中旬頃に、7月1日から隔離なしで行けるというのでホテルもほぼ決めていた。<br />と思ったら、米軍関係者がコロナ感染で7月1日からの緩和措置が延期。<br />欧州は遠いからなるべく近場で探すも、観光客に対する入国緩和には厳しい。<br />そうしているとモルディブが7月15日から観光を再開するという。<br />ただ、この時点で航空券が中東経由しか見つからない。<br />ドバイ、ドーハでの乗継時間が地獄の20時間超え。<br />ドバイは証明書持参か現地で検査後陰性判明で入国することは可能だが、トランジットの為だけに面倒なことはしたくないし、誰が好き好んで40度越えの中へ飛び込みたいと言うのか。そういえば、エミレーツは旅行中(10/31まで)にコロナ感染した場合は医療費を最大15万ユーロまで補助。(ただ、日本の海外旅行保険はコロナ感染を含む医療費を無制限でも数千円程度なので、普通に加入されている方には全く魅力はない)<br />となると、今行けるのは遠いEU方面になる。<br />どうせ行くなら、イタリアに行きたい。<br />正直、真夏のイタリアは二度と行きたいと思わないが、今行けるのなら行きたい。<br />ただ入国後14日の自主隔離があり、緩和されてないか日々チェック。<br />気になるホテルのプレジデンシャルスイートがバグってるのか90%オフになってるうちに予約したい。<br /><br />6月下旬時点で他に行けそうな国は、マルタ、クロアチア、オランダ、トルコ等。その後数か国が入国可能となる。<br />早く出かけたかったので、最終的には当初より入国緩和をいち早く実施したギリシャに決めたが、自主隔離が緩和されるならイタリアへ行きたかった。<br />まぁそんなことで、<br />「コロナが蔓延している時期にも関わらず、選んでくれてありがとう!」<br />の歓迎メールがわんさか届いた。<br />さすが観光立国。

コロナ渦のバカンス

32いいね!

2020/07/12 - 2020/07/25

717位(同エリア5484件中)

0

87

毎日鬱陶しいコロナニュースに嫌気さして脱出

批判覚悟でどこか出かけられないか日々欠かさずにチェックしていた。
場所はどこでも良かったので、グアムが6月中旬頃に、7月1日から隔離なしで行けるというのでホテルもほぼ決めていた。
と思ったら、米軍関係者がコロナ感染で7月1日からの緩和措置が延期。
欧州は遠いからなるべく近場で探すも、観光客に対する入国緩和には厳しい。
そうしているとモルディブが7月15日から観光を再開するという。
ただ、この時点で航空券が中東経由しか見つからない。
ドバイ、ドーハでの乗継時間が地獄の20時間超え。
ドバイは証明書持参か現地で検査後陰性判明で入国することは可能だが、トランジットの為だけに面倒なことはしたくないし、誰が好き好んで40度越えの中へ飛び込みたいと言うのか。そういえば、エミレーツは旅行中(10/31まで)にコロナ感染した場合は医療費を最大15万ユーロまで補助。(ただ、日本の海外旅行保険はコロナ感染を含む医療費を無制限でも数千円程度なので、普通に加入されている方には全く魅力はない)
となると、今行けるのは遠いEU方面になる。
どうせ行くなら、イタリアに行きたい。
正直、真夏のイタリアは二度と行きたいと思わないが、今行けるのなら行きたい。
ただ入国後14日の自主隔離があり、緩和されてないか日々チェック。
気になるホテルのプレジデンシャルスイートがバグってるのか90%オフになってるうちに予約したい。

6月下旬時点で他に行けそうな国は、マルタ、クロアチア、オランダ、トルコ等。その後数か国が入国可能となる。
早く出かけたかったので、最終的には当初より入国緩和をいち早く実施したギリシャに決めたが、自主隔離が緩和されるならイタリアへ行きたかった。
まぁそんなことで、
「コロナが蔓延している時期にも関わらず、選んでくれてありがとう!」
の歓迎メールがわんさか届いた。
さすが観光立国。

PR

  • 成田空港でのチェックイン時、政府承認のQRコードが取得されているかの確認をされる。<br />え、そのQRコードは24時間前にならないと送られてこないから、取得できていませんと説明すると、いろいろ確認していたようだが搭乗券を発券してくれた。<br />(ギリシャ政府は到着24時間前までに電子申請フォームを提出することを義務)<br /><br />成田でのラウンジサービスはPM6時までだったので、夜便発は食事券5,000円分(コンビニ不可)が配布された。<br />この時間利用できる店舗は、吉野家とスタバの2店舗だけでした。<br />一番高そうな鰻重三枚盛とスタバでフラペチーノをいただいたが、使い切れず。<br />もちろん専門店とは全くの別物。

    成田空港でのチェックイン時、政府承認のQRコードが取得されているかの確認をされる。
    え、そのQRコードは24時間前にならないと送られてこないから、取得できていませんと説明すると、いろいろ確認していたようだが搭乗券を発券してくれた。
    (ギリシャ政府は到着24時間前までに電子申請フォームを提出することを義務)

    成田でのラウンジサービスはPM6時までだったので、夜便発は食事券5,000円分(コンビニ不可)が配布された。
    この時間利用できる店舗は、吉野家とスタバの2店舗だけでした。
    一番高そうな鰻重三枚盛とスタバでフラペチーノをいただいたが、使い切れず。
    もちろん専門店とは全くの別物。

    吉野家 成田国際空港第2ターミナル本館店 グルメ・レストラン

  • ゲート前でフェイスシールドを配布していて、機内での移動時はマスクと共に必要とのことで、その場で顔に付けて搭乗。非接触型のレーザーで検温も実施していた。<br />フェイスシールドは前後に薄いシールがあるので剥がさないと曇ったような感じで前が見えずらいが、剥がさず付けていた方も多くかなり歩き難そうだった。

    ゲート前でフェイスシールドを配布していて、機内での移動時はマスクと共に必要とのことで、その場で顔に付けて搭乗。非接触型のレーザーで検温も実施していた。
    フェイスシールドは前後に薄いシールがあるので剥がさないと曇ったような感じで前が見えずらいが、剥がさず付けていた方も多くかなり歩き難そうだった。

  • 搭乗後、<br />マスク、ゴム手袋の入ったアメニティーが支給される。<br />ビジネス客にはこの水色の消毒用ジェルも。<br />扉を付けただけのスイートと名乗る座席は、閉めておくとさらに閉塞感を感じる。

    搭乗後、
    マスク、ゴム手袋の入ったアメニティーが支給される。
    ビジネス客にはこの水色の消毒用ジェルも。
    扉を付けただけのスイートと名乗る座席は、閉めておくとさらに閉塞感を感じる。

  • ドーハのラウンジのビュッフェは、勝手に取ることは許されず、欲しいものをスタッフに伝えればテーブルへ全て運んでもらえるシステムなので楽ちんである。<br />この後利用したホテルや空港ラウンジ全てのビュッフェ形式での提供は禁止されていました。<br />

    ドーハのラウンジのビュッフェは、勝手に取ることは許されず、欲しいものをスタッフに伝えればテーブルへ全て運んでもらえるシステムなので楽ちんである。
    この後利用したホテルや空港ラウンジ全てのビュッフェ形式での提供は禁止されていました。

  • アテネ空港入国時、EU以外からの入国者はほぼ全員がPCR検査を受けさせられていた。(口を開けて唾液から採取)<br />EUからの便は検査はほぼスルーされていた。(その時のイミグレの混み具合によるかも)<br />しかし、早い。<br />事前に48時間の滞在場所を提出しているので、取得済のQRコードを提示し、あっと言う間に検査終了で入国。<br />ただし、陽性の場合は連絡があり14日間隔離されてしまうリスクはある。<br />公共交通機関を利用可能(要マスク着用)なので、前回同様にバスでシンタグマ広場へ<br />バスの席は、一つおきに座れるようになっており確か65%上限規制がされていた。

    アテネ空港入国時、EU以外からの入国者はほぼ全員がPCR検査を受けさせられていた。(口を開けて唾液から採取)
    EUからの便は検査はほぼスルーされていた。(その時のイミグレの混み具合によるかも)
    しかし、早い。
    事前に48時間の滞在場所を提出しているので、取得済のQRコードを提示し、あっと言う間に検査終了で入国。
    ただし、陽性の場合は連絡があり14日間隔離されてしまうリスクはある。
    公共交通機関を利用可能(要マスク着用)なので、前回同様にバスでシンタグマ広場へ
    バスの席は、一つおきに座れるようになっており確か65%上限規制がされていた。

    フレッシュ ホテル ホテル

  • シャワーを浴びて外出。<br />街中でのマスク着用率は5%以下。<br />それも多分、マスクを着用している方はサービス業従事者で仕方なくあごにかけているような状態。<br />観光客の多くが集まっていたモナスティラキ広場でマスクしている方はほぼゼロ。<br />コロナなんか忘れ去られている感じがした。

    シャワーを浴びて外出。
    街中でのマスク着用率は5%以下。
    それも多分、マスクを着用している方はサービス業従事者で仕方なくあごにかけているような状態。
    観光客の多くが集まっていたモナスティラキ広場でマスクしている方はほぼゼロ。
    コロナなんか忘れ去られている感じがした。

    アレオパゴスの丘 自然・景勝地

  • 以前アクロポリスなど一通りは観光しているので、とりあえずアレオパゴス、フィロパポスの丘だけ周ってみたが、暑くてこれだけで観光終了(早っ)。

    以前アクロポリスなど一通りは観光しているので、とりあえずアレオパゴス、フィロパポスの丘だけ周ってみたが、暑くてこれだけで観光終了(早っ)。

    フィロパポスの丘 山・渓谷

  • 観光客が多いプラカ地区のタベルナをいくつか見て回るが、マスク率ゼロなので、この時点では屋外とは言えマスクをしていない大勢の中で食べるのはまだ怖かった。<br />ミトロポレオス通り沿いのOSAKAという和食屋が誰も入ってなかった為、これ幸いとばかりに入店。<br />結局2度も食べにきてしまったが、寿司と天ぷらは止めておいた方が無難。

    観光客が多いプラカ地区のタベルナをいくつか見て回るが、マスク率ゼロなので、この時点では屋外とは言えマスクをしていない大勢の中で食べるのはまだ怖かった。
    ミトロポレオス通り沿いのOSAKAという和食屋が誰も入ってなかった為、これ幸いとばかりに入店。
    結局2度も食べにきてしまったが、寿司と天ぷらは止めておいた方が無難。

  • 早朝発の鉄道で移動。<br />アテネ駅構内のファストフードのエベレストで朝食をテイクアウト。<br /><br />

    早朝発の鉄道で移動。
    アテネ駅構内のファストフードのエベレストで朝食をテイクアウト。

    アテネ駅 (アテネ中央駅)

  • 列車内はバスのように利用できない席を明確にされていないが、まだまだ観光客自体が少ないせいかかなり空いていた。<br />と思ったら、私が指定したのは最後列の5号車で、前の方は混んでいてビックリ。

    列車内はバスのように利用できない席を明確にされていないが、まだまだ観光客自体が少ないせいかかなり空いていた。
    と思ったら、私が指定したのは最後列の5号車で、前の方は混んでいてビックリ。

    ギリシャ国鉄 鉄道系(地下鉄・モノレールなど)

  • カランバカ駅

  • カランバカ駅から徒歩10分くらいのHobbyshopというレンタル屋でバイクを借りて、カストラキのホテルへ。

    カランバカ駅から徒歩10分くらいのHobbyshopというレンタル屋でバイクを借りて、カストラキのホテルへ。

    Grand Meteora Hotel ホテル

  • 何度もメテオラへ登るであろうと予想できたので、ホテルはカランバカより近いカストラキにしてみたが、大して差はないように思えた。<br />違いは、カランバカは市街、カストラキは村という感じ。<br /><br />チェックインしてみると宿泊客は一人だけでした。<br />なので、ロビーや廊下全ての電気が消されたまま。<br />朝食も時間を指定し全てラップがかけられていて、普段ならビュッフェだと思うが、かなり多めの朝食でした。

    何度もメテオラへ登るであろうと予想できたので、ホテルはカランバカより近いカストラキにしてみたが、大して差はないように思えた。
    違いは、カランバカは市街、カストラキは村という感じ。

    チェックインしてみると宿泊客は一人だけでした。
    なので、ロビーや廊下全ての電気が消されたまま。
    朝食も時間を指定し全てラップがかけられていて、普段ならビュッフェだと思うが、かなり多めの朝食でした。

    Grand Meteora Hotel ホテル

  • この辺りのホテルはどこも眺めが良いらしい。<br />

    この辺りのホテルはどこも眺めが良いらしい。

  • 部屋のバルコニーからの眺め

    イチオシ

    部屋のバルコニーからの眺め

  • シャワーを浴びて直ぐに外出。

    シャワーを浴びて直ぐに外出。

  • ホテル近くにある名も無いカストラキの丘<br />正面から全体を一望できる絶好の展望台だった<br />

    ホテル近くにある名も無いカストラキの丘
    正面から全体を一望できる絶好の展望台だった

  • 丘への道が草木で覆われていて標識も何も無い未舗装の悪路なので見つけるのは簡単ではないかも

    イチオシ

    丘への道が草木で覆われていて標識も何も無い未舗装の悪路なので見つけるのは簡単ではないかも

  • メテオラを効率よく周るのは以下の順らしいのでそれに沿って周ることに。<br />(メテオラとは「宙に浮く」とか「空中に釣り上げられた」という意味)<br />まず最初は北から、<br />1.メガロ・メテオロン修道院(メテオラ修道院群の中で最大の修道院)<br />2.ヴァルラーム修道院<br />そして一番南の<br />3.アギオス・ステファノス修道院(尼僧院)<br />その隣の<br />4.アギア・トリアダ修道院<br />最後は下方二つの<br />5.ルヌサ修道院(尼僧院)<br />6.アギオス・ニコラウス修道院(アナパフサス修道院)<br /><br />また、ルヌサ修道院の上方に眺めの良い展望台が二つある<br />Observation deck<br />Meteora Observation Deck

    メテオラを効率よく周るのは以下の順らしいのでそれに沿って周ることに。
    (メテオラとは「宙に浮く」とか「空中に釣り上げられた」という意味)
    まず最初は北から、
    1.メガロ・メテオロン修道院(メテオラ修道院群の中で最大の修道院)
    2.ヴァルラーム修道院
    そして一番南の
    3.アギオス・ステファノス修道院(尼僧院)
    その隣の
    4.アギア・トリアダ修道院
    最後は下方二つの
    5.ルヌサ修道院(尼僧院)
    6.アギオス・ニコラウス修道院(アナパフサス修道院)

    また、ルヌサ修道院の上方に眺めの良い展望台が二つある
    Observation deck
    Meteora Observation Deck

  • Observation deck<br /><br />曜日により休館となる修道院があるので注意。<br />初日は、展望台と明日休館となるアギオス・ステファノス女子修道院を見学し街中散策

    Observation deck

    曜日により休館となる修道院があるので注意。
    初日は、展望台と明日休館となるアギオス・ステファノス女子修道院を見学し街中散策

  • Observation deckから<br />左がメガロ・メテオロン修道院<br />右がヴァルラーム修道院<br />

    Observation deckから
    左がメガロ・メテオロン修道院
    右がヴァルラーム修道院

  • イチオシ

  • 途中の路上からアギア・トリアダ修道院<br />奥はカランバカの街

    途中の路上からアギア・トリアダ修道院
    奥はカランバカの街

  • カランバカの中心地辺りで多くの観光客を見かけた<br />修道院のある山の方でも観光客は見かけたし、バスにもたくさんの観光客が乗車しているようだった。<br />修道院でマスクしてる方はほとんど見かけず。

    カランバカの中心地辺りで多くの観光客を見かけた
    修道院のある山の方でも観光客は見かけたし、バスにもたくさんの観光客が乗車しているようだった。
    修道院でマスクしてる方はほとんど見かけず。

  • 一旦、ランチにカストラキまで戻って、アギオス・ステファノス修道院へ<br />入口でPM3時30分の開門を待っていると、電動自転車で観光していた日本人女性に出会う。<br />EU在住のようで、この後一緒に修道院を見学。<br />アジア人を見かけるのはギリシャ入国後初めてのようで、アテネ、サントリーニと周ってきて、この後、知合いの別荘があるジュネーブに行く予定だとか。まだ20代だというのにかなりしっかりしている感じだった。

    一旦、ランチにカストラキまで戻って、アギオス・ステファノス修道院へ
    入口でPM3時30分の開門を待っていると、電動自転車で観光していた日本人女性に出会う。
    EU在住のようで、この後一緒に修道院を見学。
    アジア人を見かけるのはギリシャ入国後初めてのようで、アテネ、サントリーニと周ってきて、この後、知合いの別荘があるジュネーブに行く予定だとか。まだ20代だというのにかなりしっかりしている感じだった。

  • 夕食を一緒に食べることになりその後、二けつでサンセットを見に行くことに。<br />テラス席から絶景が見られる「Meteoron Panorama」へ<br />お店お勧めの熟成肉のTボーンを食す。<br />COVID-19後初の日本人客とのことでとても歓迎してくれた。

    夕食を一緒に食べることになりその後、二けつでサンセットを見に行くことに。
    テラス席から絶景が見られる「Meteoron Panorama」へ
    お店お勧めの熟成肉のTボーンを食す。
    COVID-19後初の日本人客とのことでとても歓迎してくれた。

  • 時間には気を付けていたのに、話しし過ぎて夜9時近くになってしまう。<br />慌ててサンセットを見に行くも、陽が沈んだ後の残念なサンセットだった。

    時間には気を付けていたのに、話しし過ぎて夜9時近くになってしまう。
    慌ててサンセットを見に行くも、陽が沈んだ後の残念なサンセットだった。

  • 彼女はもう1泊したので、翌日再チャレンジしたサンセットの写真を送ってもらった。<br />

    彼女はもう1泊したので、翌日再チャレンジしたサンセットの写真を送ってもらった。

  • 朝6時待ち合わせで二けつでサンライズを見に行く。<br /><br />まずはGolden Sunriseで有名な丘(Mirador de Kalambaka)へ<br />ここはカストラキとカランバカの間にある丘<br /><br /><br />

    朝6時待ち合わせで二けつでサンライズを見に行く。

    まずはGolden Sunriseで有名な丘(Mirador de Kalambaka)へ
    ここはカストラキとカランバカの間にある丘


  • そして朝陽の当たるメテオラの修道院を見に展望台へ

    そして朝陽の当たるメテオラの修道院を見に展望台へ

  • 朝食後、修道院の観光再開<br />まずはメガロ・メテオロン修道院から<br /><br />次にこの隣に見えるヴァルラーム修道院を見学 <br />ヴァルラーム修道院の横にも眺めの良い展望台があり、早朝はキャンピングカーが何台か停車していた。<br />ちなみに全て拝観料は3ユーロ

    イチオシ

    朝食後、修道院の観光再開
    まずはメガロ・メテオロン修道院から

    次にこの隣に見えるヴァルラーム修道院を見学 
    ヴァルラーム修道院の横にも眺めの良い展望台があり、早朝はキャンピングカーが何台か停車していた。
    ちなみに全て拝観料は3ユーロ

  • そして<br />アギア・トリアダ修道院<br /><br />次にルヌサ修道院<br />暑さでルヌサ修道院の下で涼んでいたら連絡があり、同じルヌサ修道院を見学しているというので、合流しランチを食べに行くことに。<br />ルヌサ修道院だけはマスク着用義務をしっかりチェックしていた。<br />また、ルヌサの上の方にパノラマがあると教えられて汗だくで登ってみたら、何のことはない何度も寄ったObservation deckだった。<br /><br />ルヌサから下って行ったカストラキの街の最初にあり、通り沿いで賑わっていて良さそうだった「Boufidis Greek Tavern」にてランチ<br />スブラキやムサカ、イェミスタなどを食べるが、イェミスタがことのほか美味かった。

    そして
    アギア・トリアダ修道院

    次にルヌサ修道院
    暑さでルヌサ修道院の下で涼んでいたら連絡があり、同じルヌサ修道院を見学しているというので、合流しランチを食べに行くことに。
    ルヌサ修道院だけはマスク着用義務をしっかりチェックしていた。
    また、ルヌサの上の方にパノラマがあると教えられて汗だくで登ってみたら、何のことはない何度も寄ったObservation deckだった。

    ルヌサから下って行ったカストラキの街の最初にあり、通り沿いで賑わっていて良さそうだった「Boufidis Greek Tavern」にてランチ
    スブラキやムサカ、イェミスタなどを食べるが、イェミスタがことのほか美味かった。

  • 最後にアギオス・ニコラウス修道院を観て終了

    最後にアギオス・ニコラウス修道院を観て終了

  • 宿泊したホテルは、中央右の大きなリゾートホテル<br />そして、秘密の丘は正面の岩の頂上左上の辺り

    宿泊したホテルは、中央右の大きなリゾートホテル
    そして、秘密の丘は正面の岩の頂上左上の辺り

  • 場所を変えてイオニア海のザンテへ<br /><br />アテネからの小さなATRの機内はほぼ満席。(航空機には定員の上限率の規定はないのかも)<br />かなりの観光客が押し寄せていたが、空港・機内以外でマスクをしている人は全く見かけず。<br />マスクを着用しているのは法律で義務付けられているホテルやレストランのスタッフくらいだった。

    場所を変えてイオニア海のザンテへ

    アテネからの小さなATRの機内はほぼ満席。(航空機には定員の上限率の規定はないのかも)
    かなりの観光客が押し寄せていたが、空港・機内以外でマスクをしている人は全く見かけず。
    マスクを着用しているのは法律で義務付けられているホテルやレストランのスタッフくらいだった。

  • Agios Nikolaos港そばのLa Grottaで1泊

    Agios Nikolaos港そばのLa Grottaで1泊

  • La Grottaのバルコニーから

    La Grottaのバルコニーから

  • 真下に海の見える丘のヴィラへ移動し2泊

    真下に海の見える丘のヴィラへ移動し2泊

  • イチオシ

  • ヴィラのテラスから

    ヴィラのテラスから

  • そしてTragaki Beachの丘のリゾートホテルで3泊<br />

    そしてTragaki Beachの丘のリゾートホテルで3泊

    Elegance Luxury Executive Suites - Adults Only ホテル

  • バイクで5分程の近くのTsiliviの街へは何度も食事に出かけた。

    バイクで5分程の近くのTsiliviの街へは何度も食事に出かけた。

  • 客室にはマスク、消毒液、手袋などがポーチ入りで用意されている

    客室にはマスク、消毒液、手袋などがポーチ入りで用意されている

  • 部屋のジャグジーからの海の眺めも良い

    部屋のジャグジーからの海の眺めも良い

  • 部屋のバルコニーからの眺め

    部屋のバルコニーからの眺め

  • 朝食のレストランは他と同じようにスタッフと一緒に食べたいものを指定し、テーブルへ運んでもらう。<br />これを一人一人とこなすので、かなり時間がかかる。

    朝食のレストランは他と同じようにスタッフと一緒に食べたいものを指定し、テーブルへ運んでもらう。
    これを一人一人とこなすので、かなり時間がかかる。

  • ここは3度も通ったお気に入りのビーチへ行く途中の休憩スポット<br />景色も良く日陰で涼しいのでウトウトしてしまう

    ここは3度も通ったお気に入りのビーチへ行く途中の休憩スポット
    景色も良く日陰で涼しいのでウトウトしてしまう

  • 島に1週間滞在中、あちこちのビーチ(ハート印)へ出かけた<br />個人的な好みで良かったのが、地図では一番下に位置する Plakaki Beachだった<br /><br />ちなみに、何かのランキングでは<br />Limnionas Beachが1位らしいが、私の順位では4番目くらいで、<br />有名な難破船ビーチは3番目。

    島に1週間滞在中、あちこちのビーチ(ハート印)へ出かけた
    個人的な好みで良かったのが、地図では一番下に位置する Plakaki Beachだった

    ちなみに、何かのランキングでは
    Limnionas Beachが1位らしいが、私の順位では4番目くらいで、
    有名な難破船ビーチは3番目。

  • Plakaki cape

    Plakaki cape

  • Plakaki Beach

    イチオシ

    Plakaki Beach

  • 反対側

    反対側

  • ビーチヘは崖をひたする降りる

    ビーチヘは崖をひたする降りる

  • ドイツ人を多く見かけた。<br />普段はロシア人も多いらしい。

    ドイツ人を多く見かけた。
    普段はロシア人も多いらしい。

  • イチオシ

  • 2位はFilipoi Beach<br />ケファロニア島を正面に見るビーチまでのルートは絶景

    2位はFilipoi Beach
    ケファロニア島を正面に見るビーチまでのルートは絶景

  • 北側のビーチで夕刻から日陰になる

    北側のビーチで夕刻から日陰になる

  • 3位は有名な難破船ビーチ<br />Navagio Beach

    3位は有名な難破船ビーチ
    Navagio Beach

    シップレック ビーチ (ナバギオ ビーチ) ビーチ

  • まずは右奥に見えるView Cliffへ

    まずは右奥に見えるView Cliffへ

  • イチオシ

  • 一旦戻って下に10分ほど降って行くと

    一旦戻って下に10分ほど降って行くと

  • 真上からビーチを眺められる

    真上からビーチを眺められる

  • 日中は人多い<br />白砂に見えるが、波打ち際は大きな石ころがゴロゴロあるビーチ

    日中は人多い
    白砂に見えるが、波打ち際は大きな石ころがゴロゴロあるビーチ

  • サンセット

    サンセット

  • サンセットの時間はビーチには誰もいません<br /><br />

    サンセットの時間はビーチには誰もいません

  • 雲の無かったサンセット

    雲の無かったサンセット

  • 別の日のサンセット

    別の日のサンセット

  • イチオシ

  • ビーチを貸切にしてみた

    ビーチを貸切にしてみた

  • AM9時30分までのわずか1時間30分だけですが独占できます<br />(各港から9時にボートが出航して30分くらいで到着)<br />但し、10時過ぎでないとビーチに陽が射しませんから目の前の海の色も鮮やかではありません。<br />まぁ、射したら射したで、陽を避けるものが何もないのでこの時期は熱すぎて長居はできませんが。<br />

    AM9時30分までのわずか1時間30分だけですが独占できます
    (各港から9時にボートが出航して30分くらいで到着)
    但し、10時過ぎでないとビーチに陽が射しませんから目の前の海の色も鮮やかではありません。
    まぁ、射したら射したで、陽を避けるものが何もないのでこの時期は熱すぎて長居はできませんが。

  • 難破船の上で、持参したサンドイッチとカプチーノで朝食とした。

    難破船の上で、持参したサンドイッチとカプチーノで朝食とした。

  • その他、泳いだビーチは<br />人気のLimnionas Beach<br />すぐ近くのRoxa Beach<br />Korakonissi Beach<br />これらは全て岩のビーチで砂浜はなし<br /><br />東側のXigia Beachは硫黄の匂いがプンプン漂い、肌に良いらしい。<br />一度、ボートで沖から進入してみたが、海上で硫黄の匂いがかなりした。<br />狭い割りにはちょい混んでる。

    その他、泳いだビーチは
    人気のLimnionas Beach
    すぐ近くのRoxa Beach
    Korakonissi Beach
    これらは全て岩のビーチで砂浜はなし

    東側のXigia Beachは硫黄の匂いがプンプン漂い、肌に良いらしい。
    一度、ボートで沖から進入してみたが、海上で硫黄の匂いがかなりした。
    狭い割りにはちょい混んでる。

  • Korakonissi

    Korakonissi

  • Korakonissi

    Korakonissi

  • アテネ、成田と2度のPCR検査を無料でさせてもらい、<br />良くも悪くも、まぁまぁ思ってたような旅ができた。<br />日本と比べるとかなり緩いコロナ対策のギリシャでしたが、陰性だったので一安心。<br />

    アテネ、成田と2度のPCR検査を無料でさせてもらい、
    良くも悪くも、まぁまぁ思ってたような旅ができた。
    日本と比べるとかなり緩いコロナ対策のギリシャでしたが、陰性だったので一安心。

32いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

96さんの関連旅行記

96さんの旅行記一覧

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

ギリシャで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ギリシャ最安 600円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ギリシャの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから海外旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集