男鹿旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今年は三密防止で、関東のあじさいの所はどこもよそ者はお断り。<br />しかし紫陽花の絶景を見てみたい・・・<br /><br />三年前に一ノ関駅のポスターで見た、男鹿のあじさい寺を思い出しました。<br />6月24日に見頃を迎えたようなので、何も考えず「えいやっ」と行ってきました~(o^―^o) <br />9分咲きでまさに見頃!!!<br />今年はコロナウィルスの感染防止で夜間のライトアップは中止でしたが、日中と早朝の2回訪れ十分満足できました。<br />(2022もライトップが行われています:最下段)<br /><br />往復交通費は1人36000円で、過去の私の花見史上コスパ最悪!!<br />しかし男鹿名物の石焼料理やはたはた丼などをいただき、男鹿温泉のしょっぱい風呂に入ることも出来ていっぱい楽しめました。<br /><br />付近にはなまはげ館やゴジラ岩など名所もあったのですが、徒歩で行ける距離でなくバスの便もなく、観光タクシーなどを使わないととても無理なので断念・・・。<br />今回は青い世界に浸ることに専念しました。<br /><br />でも近間の似たような所へ毎年通うよりは、思い切って遠出すると新たな発見がありますね。<br />一歩先の世界へ!!

青の絨毯を求めて男鹿の北浦雲昌寺へ。一生に一度は見たい絶景(⌒∇⌒)・・・しかし男鹿は遠かった。

32いいね!

2020/06/30 - 2020/07/01

78位(同エリア443件中)

旅行記グループ 四万温泉

0

61

たのちゃん

たのちゃんさん

今年は三密防止で、関東のあじさいの所はどこもよそ者はお断り。
しかし紫陽花の絶景を見てみたい・・・

三年前に一ノ関駅のポスターで見た、男鹿のあじさい寺を思い出しました。
6月24日に見頃を迎えたようなので、何も考えず「えいやっ」と行ってきました~(o^―^o)
9分咲きでまさに見頃!!!
今年はコロナウィルスの感染防止で夜間のライトアップは中止でしたが、日中と早朝の2回訪れ十分満足できました。
(2022もライトップが行われています:最下段)

往復交通費は1人36000円で、過去の私の花見史上コスパ最悪!!
しかし男鹿名物の石焼料理やはたはた丼などをいただき、男鹿温泉のしょっぱい風呂に入ることも出来ていっぱい楽しめました。

付近にはなまはげ館やゴジラ岩など名所もあったのですが、徒歩で行ける距離でなくバスの便もなく、観光タクシーなどを使わないととても無理なので断念・・・。
今回は青い世界に浸ることに専念しました。

でも近間の似たような所へ毎年通うよりは、思い切って遠出すると新たな発見がありますね。
一歩先の世界へ!!

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
4.0
グルメ
4.5
交通
2.0
一人あたり費用
3万円 - 5万円
交通手段
高速・路線バス 新幹線 JRローカル
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 今回の行程です。<br />1日目<br /> 東京6:32-秋田新幹線こまち1号-秋田10:24<br /> 昼食 八代目佐藤養助(稲庭うどん)<br /> 秋田12:09-男鹿線普通列車-羽立13:02<br /> 羽立駅前13:18-秋田中央交通バス-北浦13:46<br /> 【徒歩~雲昌寺(あじさい寺)13:50~15:20拝観・あじさい見物】<br /> 北浦15:30-なまはげ11号(乗合タクシー)-男鹿温泉15:45<br /> 宿泊 萬盛閣 1泊2食付8000円 (石焼料理)<br />2日目<br /> 【早朝あじさい寺見学プラン2000円 6:15~7:30】<br /> チェックアウト9:30<br /> 男鹿温泉9:41-秋田中央交通バス-北浦9:51<br /> 北浦漁港散策<br /> 昼食 亀寿司食堂(ハタハタ丼)<br /> 北浦市民センター12:44-秋田中央交通バス-羽立駅前15:43<br /> 羽立13:49-JR男鹿線-秋田14:45<br /> 秋田15:07-秋田新幹線-大宮18:38着<br />写真は男鹿線の蓄電池駆動電車「ACCUM」EV-E801系 日立製

    今回の行程です。
    1日目
     東京6:32-秋田新幹線こまち1号-秋田10:24
     昼食 八代目佐藤養助(稲庭うどん)
     秋田12:09-男鹿線普通列車-羽立13:02
     羽立駅前13:18-秋田中央交通バス-北浦13:46
     【徒歩~雲昌寺(あじさい寺)13:50~15:20拝観・あじさい見物】
     北浦15:30-なまはげ11号(乗合タクシー)-男鹿温泉15:45
     宿泊 萬盛閣 1泊2食付8000円 (石焼料理)
    2日目
     【早朝あじさい寺見学プラン2000円 6:15~7:30】
     チェックアウト9:30
     男鹿温泉9:41-秋田中央交通バス-北浦9:51
     北浦漁港散策
     昼食 亀寿司食堂(ハタハタ丼)
     北浦市民センター12:44-秋田中央交通バス-羽立駅前15:43
     羽立13:49-JR男鹿線-秋田14:45
     秋田15:07-秋田新幹線-大宮18:38着
    写真は男鹿線の蓄電池駆動電車「ACCUM」EV-E801系 日立製

  • この時期、新型コロナ対策による減便期間にあたり、JRも緊縮モード。<br />いつも使用する新幹線35%引の「先トク」は発売停止中。(7月14日まで)<br />やむなくポイントの溜まる「新幹線e-チケット」でお茶を濁すことに。。。<br />まさに『定価』で新幹線に乗るのは久々です。<br /><br />この年の3月から始まったこのサービス、えきねっとで予約しスマホのIC番号を登録すればチケットレスで新幹線に乗れるようです。

    この時期、新型コロナ対策による減便期間にあたり、JRも緊縮モード。
    いつも使用する新幹線35%引の「先トク」は発売停止中。(7月14日まで)
    やむなくポイントの溜まる「新幹線e-チケット」でお茶を濁すことに。。。
    まさに『定価』で新幹線に乗るのは久々です。

    この年の3月から始まったこのサービス、えきねっとで予約しスマホのIC番号を登録すればチケットレスで新幹線に乗れるようです。

  • マニュアルを見ながらスマホに設定。<br />初チケットレスにどきどき…o(;-_-;)o♪。。<br />自動改札機にスマホをピッ!!!!   青ランプが点灯し無事に通れました~<br /><br />運賃料金はSuicaのチャージから引かれるのではなく、えきねっとに登録したクレジットカードから引落とされるので、Suicaの使用記録には残りません。<br />Suicaの番号に紐づけされた特急券があるかセンターに照合するだけです。

    マニュアルを見ながらスマホに設定。
    初チケットレスにどきどき…o(;-_-;)o♪。。
    自動改札機にスマホをピッ!!!!   青ランプが点灯し無事に通れました~

    運賃料金はSuicaのチャージから引かれるのではなく、えきねっとに登録したクレジットカードから引落とされるので、Suicaの使用記録には残りません。
    Suicaの番号に紐づけされた特急券があるかセンターに照合するだけです。

    東京駅

  • 改札を入った脇の所にこんな機械がしれっと置いてあります。<br /><br />気付く人、いるのかなあ・・・

    改札を入った脇の所にこんな機械がしれっと置いてあります。

    気付く人、いるのかなあ・・・

  • スマホを読み取らせると、こんな画面が。

    スマホを読み取らせると、こんな画面が。

  • 座席票発行機<br />印刷ボタンを押すと、下から席番を書いたレシートが。<br /><br />実はパソコンで予約した時から席番は決まっていてメモっておけば問題ないのですが、やはり切符が無いと不安な方もいるので設置したんでしょう。<br />もし誰かが間違えて自分の席に座っていたとして、このレシートがあれば主張しやすくなりますね。双方が「ここは俺の席だ!!どけ」と主張しても紙がなければ水かけ論になりますから。<br /><br />JR東海では、自動改札機から勝手にレシートが出てくるようです。<br />先発なのに進んでいますね。

    座席票発行機
    印刷ボタンを押すと、下から席番を書いたレシートが。

    実はパソコンで予約した時から席番は決まっていてメモっておけば問題ないのですが、やはり切符が無いと不安な方もいるので設置したんでしょう。
    もし誰かが間違えて自分の席に座っていたとして、このレシートがあれば主張しやすくなりますね。双方が「ここは俺の席だ!!どけ」と主張しても紙がなければ水かけ論になりますから。

    JR東海では、自動改札機から勝手にレシートが出てくるようです。
    先発なのに進んでいますね。

  • 更にえきねっとに登録されたメアドへ、改札を通過するとこんなメールが来ます。<br />まさに至れり尽くせり。<br />複数人で車内集合にした場合など、連れが改札を入ったかどうか申込者にはわかります。

    更にえきねっとに登録されたメアドへ、改札を通過するとこんなメールが来ます。
    まさに至れり尽くせり。
    複数人で車内集合にした場合など、連れが改札を入ったかどうか申込者にはわかります。

  • こまち1号に乗ります。<br />秋田新幹線車両は車幅がせまいのでホームとの隙間に転落するのを防止するため、東北新幹線駅に停車中はタラップが出ています。<br />6時32分、秋田に向け出発です。<br />指定の席に正しく座っていれば検札には来ません。

    こまち1号に乗ります。
    秋田新幹線車両は車幅がせまいのでホームとの隙間に転落するのを防止するため、東北新幹線駅に停車中はタラップが出ています。
    6時32分、秋田に向け出発です。
    指定の席に正しく座っていれば検札には来ません。

  • おやっ、、大曲駅のホームにはこんなものが。<br />危険を察知したら旅客が赤旗を振って列車を止めるのでしょうか?<br />連れが線路に落ちたときとか・・・・<br />東京では見ませんね。

    おやっ、、大曲駅のホームにはこんなものが。
    危険を察知したら旅客が赤旗を振って列車を止めるのでしょうか?
    連れが線路に落ちたときとか・・・・
    東京では見ませんね。

    大曲駅

  • 10時24分、定時で秋田に着きました。<br />すると新幹線改札内にこんなものが????<br /><br />チケットレスはその仕組み上、乗車券は新幹線停車駅で打ち切りになっているため<br />在来線に乗り継ぐ場合は別途乗車券を買う必要があるからなのです。<br />紙の切符なら「東京都区内-仙台市内」となって<br />蒲田で乗って作並で降りても東京-仙台の運賃で済んだのですが、e-チケットは東京-仙台と単駅表示になり蒲田-東京、仙台-作並を別に払うことになります。<br />いくら一乗車200円引き+60ポイントもらってもねぇ~~~・・・&quot;o(-_-;*) <br />

    10時24分、定時で秋田に着きました。
    すると新幹線改札内にこんなものが????

    チケットレスはその仕組み上、乗車券は新幹線停車駅で打ち切りになっているため
    在来線に乗り継ぐ場合は別途乗車券を買う必要があるからなのです。
    紙の切符なら「東京都区内-仙台市内」となって
    蒲田で乗って作並で降りても東京-仙台の運賃で済んだのですが、e-チケットは東京-仙台と単駅表示になり蒲田-東京、仙台-作並を別に払うことになります。
    いくら一乗車200円引き+60ポイントもらってもねぇ~~~・・・"o(-_-;*)

    秋田駅

  • 改札を出ると正面になまはげがお出迎え。<br />秋田県はなまはげ一色です。

    改札を出ると正面になまはげがお出迎え。
    秋田県はなまはげ一色です。

  • 駅ビルのTopicoに稲庭うどんの八代目佐藤養助の店があったので寄ってみました。<br />客席は通路に面したオープンな造りで、気軽に入れるよう考慮されています。<br />前回来たときはエキチカに佐藤養助は無かったなあ・・・。わざわざ湯沢まで行ったもん。

    駅ビルのTopicoに稲庭うどんの八代目佐藤養助の店があったので寄ってみました。
    客席は通路に面したオープンな造りで、気軽に入れるよう考慮されています。
    前回来たときはエキチカに佐藤養助は無かったなあ・・・。わざわざ湯沢まで行ったもん。

    佐藤養助 トピコ店 グルメ・レストラン

  • ツルツル、ピカピカの稲庭うどん。<br />もう芸術の域です。

    ツルツル、ピカピカの稲庭うどん。
    もう芸術の域です。

  • さて、そろそろ男鹿線の出発時刻です。<br />赤と青の2両による新車でした。赤鬼青鬼?<br />側面にはなまはげが描かれています。。

    さて、そろそろ男鹿線の出発時刻です。
    赤と青の2両による新車でした。赤鬼青鬼?
    側面にはなまはげが描かれています。。

  • 男鹿線には「男鹿なまはげライン」という愛称がついています。<br /><br />ACCUMってなに???

    男鹿線には「男鹿なまはげライン」という愛称がついています。

    ACCUMってなに???

  • アキュムです。EV。<br />ディーゼルではなくバッテリーで動く電車(電気自動車の鉄道版)です。<br />まさに電気車両=電車なんですが、フツーの架線直接駆動車との区分がつかないのでJRでは「蓄電池駆動電車」と呼んでいます。<br />架線のあるところでは充電し、非電化区間に入るとバッテリーの電気で走ります。<br />男鹿線は全線が非電化ではなく、秋田-追分が電化され、追分-男鹿が非電化なので充放電の効率が良いので導入されたのでしょう。<br />走行区間のうち電化/非電化の比率が関係するようです。あと烏山線にも採用されています。<br />只見線や五能線など始発駅以外長大な非電化のところはバッテリーが終点まで持たないから使えません。<br />https://emira-t.jp/ace/3524/

    アキュムです。EV。
    ディーゼルではなくバッテリーで動く電車(電気自動車の鉄道版)です。
    まさに電気車両=電車なんですが、フツーの架線直接駆動車との区分がつかないのでJRでは「蓄電池駆動電車」と呼んでいます。
    架線のあるところでは充電し、非電化区間に入るとバッテリーの電気で走ります。
    男鹿線は全線が非電化ではなく、秋田-追分が電化され、追分-男鹿が非電化なので充放電の効率が良いので導入されたのでしょう。
    走行区間のうち電化/非電化の比率が関係するようです。あと烏山線にも採用されています。
    只見線や五能線など始発駅以外長大な非電化のところはバッテリーが終点まで持たないから使えません。
    https://emira-t.jp/ace/3524/

  • 男鹿線内では停車中になまはげが現れ、なにかを語り掛けてきます。<br /><br />この画面、運転士が加速したりブレーキを掛けたり停車中など運転操作すると細かくアニメやテキストが変わるんですね。電化区間では架線が出現します。<br /><br />でも、地元の乗客はだれ1人こんなのに目を向けていない。<br />*蛍光灯が映り込むので斜めに撮っています。<br /><br />電車なので結構加速が良くすぐに最高速度に達します。快適快適(⌒∇⌒)

    男鹿線内では停車中になまはげが現れ、なにかを語り掛けてきます。

    この画面、運転士が加速したりブレーキを掛けたり停車中など運転操作すると細かくアニメやテキストが変わるんですね。電化区間では架線が出現します。

    でも、地元の乗客はだれ1人こんなのに目を向けていない。
    *蛍光灯が映り込むので斜めに撮っています。

    電車なので結構加速が良くすぐに最高速度に達します。快適快適(⌒∇⌒)

  • 天王-船越間では船越水道を渡り、八郎潟干拓の防潮水門が見えます。<br /><br />水門の向こうが昔、小学校の社会科で学んだ干拓地ですね。手前が日本海とつながっています。

    天王-船越間では船越水道を渡り、八郎潟干拓の防潮水門が見えます。

    水門の向こうが昔、小学校の社会科で学んだ干拓地ですね。手前が日本海とつながっています。

  • 雲昌寺と男鹿温泉の最寄り駅、男鹿線羽立駅に着きました。<br />男鹿線の各駅の駅名標にもなまはげが描かれています。

    雲昌寺と男鹿温泉の最寄り駅、男鹿線羽立駅に着きました。
    男鹿線の各駅の駅名標にもなまはげが描かれています。

    羽立駅

  • 羽立から雲昌寺のある北浦地区まではバスで行きます。<br />1日わずか8往復(休日は4往復)のみで、上手く接続するかどうが無駄な時間を作らないポイントです。<br /> JR男鹿線 秋田12:09-羽立13:02<br /> バス   羽立駅前13:18-北浦13:46<br />男鹿線終点の男鹿駅まで行くと、このバスに接続しないので途中の羽立駅乗換えにしました。<br />*本来バスの運賃は820円なのですが、路線バス活用促進のため2019-10から1年間は男鹿市の補助でヨソ者も含めて全線200円均一で乗れました。<br />ありがとうございます。

    羽立から雲昌寺のある北浦地区まではバスで行きます。
    1日わずか8往復(休日は4往復)のみで、上手く接続するかどうが無駄な時間を作らないポイントです。
     JR男鹿線 秋田12:09-羽立13:02
     バス   羽立駅前13:18-北浦13:46
    男鹿線終点の男鹿駅まで行くと、このバスに接続しないので途中の羽立駅乗換えにしました。
    *本来バスの運賃は820円なのですが、路線バス活用促進のため2019-10から1年間は男鹿市の補助でヨソ者も含めて全線200円均一で乗れました。
    ありがとうございます。

  • 雲昌寺もよりの北浦バス停から。<br />赤い看板の店の前を左に曲がると2分で雲昌寺です。<br />危うく1本手前をまがってしまうところを、地元のおじさんに助けられました。<br />秋田人、チョー親切です。ありがとう。。

    雲昌寺もよりの北浦バス停から。
    赤い看板の店の前を左に曲がると2分で雲昌寺です。
    危うく1本手前をまがってしまうところを、地元のおじさんに助けられました。
    秋田人、チョー親切です。ありがとう。。

  • 道路が細いのであじさい見物のクルマは進入禁止です。<br />指定の駐車場へ行きましょう。混雑時にはかなり遠方に案内されるようです。

    道路が細いのであじさい見物のクルマは進入禁止です。
    指定の駐車場へ行きましょう。混雑時にはかなり遠方に案内されるようです。

  • おおっ、、、、だんだんと青の世界が見えてきます。<br />道路沿いにも大量のあじさいが植えられていますね。

    おおっ、、、、だんだんと青の世界が見えてきます。
    道路沿いにも大量のあじさいが植えられていますね。

  • こちらが雲昌寺の入り口。<br />拝観料1人500円を払って奥に進みます。<br /><br />*雲昌寺という寺は秋田県に3ヶ所、全国に数か所あるので、ここは「北浦雲昌寺」と呼ぶそうです。山号が「北浦山」です。<br />北浦山雲昌寺とフルネームで呼べばここが特定されます。

    こちらが雲昌寺の入り口。
    拝観料1人500円を払って奥に進みます。

    *雲昌寺という寺は秋田県に3ヶ所、全国に数か所あるので、ここは「北浦雲昌寺」と呼ぶそうです。山号が「北浦山」です。
    北浦山雲昌寺とフルネームで呼べばここが特定されます。

    雲昌寺 寺・神社

    男鹿のあじさい寺 by たのちゃんさん
  • 入るといきなりこの光景が目前に広がります。<br />ずっと奥まで広がっていそうなので期待が高まりますね。

    入るといきなりこの光景が目前に広がります。
    ずっと奥まで広がっていそうなので期待が高まりますね。

  • 行けども青い世界が続きます。<br />ここはご住職が15年にわたり1株から挿し木を繰り返し増やして来たそうです。<br />今では1500株あるとか。<br />もうたまらないですね。

    行けども青い世界が続きます。
    ここはご住職が15年にわたり1株から挿し木を繰り返し増やして来たそうです。
    今では1500株あるとか。
    もうたまらないですね。

  • 寺務所の中に、3年前に一ノ関駅で見て目に焼き付いていた、あのポスターが貼ってありました。これを機に全国区のあじさい寺になった??<br /><br />どこからともなくジャズが流れてくるのはご住職さんのご趣味かな??

    寺務所の中に、3年前に一ノ関駅で見て目に焼き付いていた、あのポスターが貼ってありました。これを機に全国区のあじさい寺になった??

    どこからともなくジャズが流れてくるのはご住職さんのご趣味かな??

  • この辺がポスターと同じアングルかな(^○^)<br /><br />*この写真は翌朝6:40頃撮ったものなので、ポスターと色目や影が昼間とかなり違います。ポスターは恐らく夕暮れ時に撮影されたのでしょう。

    この辺がポスターと同じアングルかな(^○^)

    *この写真は翌朝6:40頃撮ったものなので、ポスターと色目や影が昼間とかなり違います。ポスターは恐らく夕暮れ時に撮影されたのでしょう。

  • 三門の仁王像とあじさい

    三門の仁王像とあじさい

  • 散策路は狭く、迫力があります。<br />昼間で日が照っているとあまり青く感じません。

    散策路は狭く、迫力があります。
    昼間で日が照っているとあまり青く感じません。

  • 見晴し台から水屋

    見晴し台から水屋

  • ここは、2017年の「死ぬまでに行きたい世界の絶景」第一位に選ばれたそうです。

    ここは、2017年の「死ぬまでに行きたい世界の絶景」第一位に選ばれたそうです。

  • 巨大なしあわせ地蔵

    巨大なしあわせ地蔵

  • おや~寺の出口にはなにやらカラフルな傘が。。。

    おや~寺の出口にはなにやらカラフルな傘が。。。

  • 秋田名物ババヘラアイスです。<br />ババがヘラ1本で器用にバラの花状にアイスをコーンに盛り付けてゆきます。<br />コーンは茎に見立てて緑色という凝りよう。1本300円<br />ここではあじさいにちなんで、水色のミントアイスとピンクのイチゴアイスの組み合わせでした。<br />蛇足ながら味は普通。

    秋田名物ババヘラアイスです。
    ババがヘラ1本で器用にバラの花状にアイスをコーンに盛り付けてゆきます。
    コーンは茎に見立てて緑色という凝りよう。1本300円
    ここではあじさいにちなんで、水色のミントアイスとピンクのイチゴアイスの組み合わせでした。
    蛇足ながら味は普通。

  • 旅館に泊まった翌朝、1人2000円で往復送迎付きジオガイド付きで見学プランがあったので参加してみました。<br />なんとこの日は他に参加者がいなかったので、完全貸切状態で雲昌寺を見ることが出来ました。なんという幸運!!!<br />以下は早朝参観の写真です。

    旅館に泊まった翌朝、1人2000円で往復送迎付きジオガイド付きで見学プランがあったので参加してみました。
    なんとこの日は他に参加者がいなかったので、完全貸切状態で雲昌寺を見ることが出来ました。なんという幸運!!!
    以下は早朝参観の写真です。

  • いつも必ず人がいるこの場所も無人です。(表紙写真と同じ場所です)<br />なにか隔世の気分ですね。<br />前夜雨が降り、雨上がりなので花が活き活きしてます!!

    いつも必ず人がいるこの場所も無人です。(表紙写真と同じ場所です)
    なにか隔世の気分ですね。
    前夜雨が降り、雨上がりなので花が活き活きしてます!!

  • 鎌倉の明月院に比べ、通路が狭いため花がより密集して圧巻です。<br />「花に埋もれる」感が強いです。

    鎌倉の明月院に比べ、通路が狭いため花がより密集して圧巻です。
    「花に埋もれる」感が強いです。

  • すぐ向うに北浦海岸が見え、オーシャンビューです。

    すぐ向うに北浦海岸が見え、オーシャンビューです。

  • このお寺では青のあじさいに拘っていますが、この一角だけピンクのあじさいが植えられていました。

    このお寺では青のあじさいに拘っていますが、この一角だけピンクのあじさいが植えられていました。

  • 小さなしあわせ地蔵

    小さなしあわせ地蔵

  • こんな青ばかりの広がりは他で見たことがありません。<br />すばらしい雲昌寺!!来られてよかった。

    こんな青ばかりの広がりは他で見たことがありません。
    すばらしい雲昌寺!!来られてよかった。

  • 庫裡とあじさい

    庫裡とあじさい

  • 三門とあじさい

    三門とあじさい

  • お寺らしい光景ですね。

    お寺らしい光景ですね。

  • 竹林の小経への入り口

    竹林の小経への入り口

  • 手水鉢にもあじさいが。<br />赤いツツジがアクセントに使われています。

    手水鉢にもあじさいが。
    赤いツツジがアクセントに使われています。

  • 住職の遊び心でしょうか、足元に小さなハート石があります。<br />心に余裕がないと気付きませんね。

    住職の遊び心でしょうか、足元に小さなハート石があります。
    心に余裕がないと気付きませんね。

  • この時間ちょうど路線バスが無いので、なまはげシャトル(乗合タクシー)で男鹿温泉へ。<br />1人1100円の定額です。

    この時間ちょうど路線バスが無いので、なまはげシャトル(乗合タクシー)で男鹿温泉へ。
    1人1100円の定額です。

  • この日の宿は萬盛閣。<br />男鹿温泉唯一の貸切露天風呂があります。<br />湯は塩辛い茶色の湯。<br />同じ秋田の強首温泉を思い出しました。

    この日の宿は萬盛閣。
    男鹿温泉唯一の貸切露天風呂があります。
    湯は塩辛い茶色の湯。
    同じ秋田の強首温泉を思い出しました。

    男鹿温泉 男鹿萬盛閣 宿・ホテル

    2名1室合計 11,000円~

    コスパ抜群のホテル by たのちゃんさん
  • ナトリウム塩化物泉でpHは6.5です。<br />よく温まりぽかぽかします。<br />塩分でちょっとべたつくかな。

    ナトリウム塩化物泉でpHは6.5です。
    よく温まりぽかぽかします。
    塩分でちょっとべたつくかな。

  • 夕食はかさご塩焼き、ハタハタ唐揚げ、しょっつる鱈鍋、いかの煮つけ、ハタハタ寿司など魚好きにはたまらない御馳走です。刺身も鮮度抜群で海鮮料理屋に行っている気分でした。<br />この宿では漁船を持って自前でそろえているようです。<br />素材が良いと美味しいですね。<br />これで1泊2食付税込8000円は安い!!

    夕食はかさご塩焼き、ハタハタ唐揚げ、しょっつる鱈鍋、いかの煮つけ、ハタハタ寿司など魚好きにはたまらない御馳走です。刺身も鮮度抜群で海鮮料理屋に行っている気分でした。
    この宿では漁船を持って自前でそろえているようです。
    素材が良いと美味しいですね。
    これで1泊2食付税込8000円は安い!!

  • 男鹿名物の石焼料理です。別注しました。<br />家庭食というより漁師料理で、その日獲れた魚介を味噌、水と一緒に桶に入れ<br />熱した石で一気に加熱する料理です。

    男鹿名物の石焼料理です。別注しました。
    家庭食というより漁師料理で、その日獲れた魚介を味噌、水と一緒に桶に入れ
    熱した石で一気に加熱する料理です。

  • 炭火で2時間以上熱し800℃に赤熱した石を桶に投入します。<br />調理してくれるのは若女将。<br />スカートスーツ姿なので違和感あり??

    炭火で2時間以上熱し800℃に赤熱した石を桶に投入します。
    調理してくれるのは若女将。
    スカートスーツ姿なので違和感あり??

  • うゎ~~・・・<br /><br />一気に沸騰し数十秒で調理完了。

    うゎ~~・・・

    一気に沸騰し数十秒で調理完了。

  • 普通に煮るよりもふっくらと仕上がっていました。<br />この日はソイとメバル、ホタテでしたが、高級料理店では海老カニを入れることも<br />あるとか。<br />追加料理で2人前5500円(税別)でした。<br />前日予約でないと出来ないようです。

    普通に煮るよりもふっくらと仕上がっていました。
    この日はソイとメバル、ホタテでしたが、高級料理店では海老カニを入れることも
    あるとか。
    追加料理で2人前5500円(税別)でした。
    前日予約でないと出来ないようです。

  • 昼食は雲昌寺近くの亀寿司食堂。<br />3年前に弟さんの寿司職人さんが他界し、今では握り寿司は出来ないとか。<br />この日はあじさい期間で、ランチの3種類だけでの営業でした。<br /><br />ここは冬季のハタハタ料理では有名な店で、予約しないと食べられないそうです。<br />12月に宿泊すると運が良いとハタハタづくしが出ることも。(天候により獲れない日もある)<br />旅館部はあじさい期間は休業でした。

    昼食は雲昌寺近くの亀寿司食堂。
    3年前に弟さんの寿司職人さんが他界し、今では握り寿司は出来ないとか。
    この日はあじさい期間で、ランチの3種類だけでの営業でした。

    ここは冬季のハタハタ料理では有名な店で、予約しないと食べられないそうです。
    12月に宿泊すると運が良いとハタハタづくしが出ることも。(天候により獲れない日もある)
    旅館部はあじさい期間は休業でした。

    亀寿司食堂 グルメ・レストラン

  • ハタハタ丼セット。1500円<br />しょっつる汁に漬けて焼いたハタハタと、ギバサがごはんに乗ってます。<br />素朴な味ですね。

    ハタハタ丼セット。1500円
    しょっつる汁に漬けて焼いたハタハタと、ギバサがごはんに乗ってます。
    素朴な味ですね。

  • 刺身定食。1500円<br />さざえ、海老、まぐろ、ヒラメの4種類とトロトロわかめ、ハタハタ寿司がついています。どれも新鮮で美味しい。<br />ハタハタ寿司は生ではなく飯鮓(発酵食品)です。写真:中央

    刺身定食。1500円
    さざえ、海老、まぐろ、ヒラメの4種類とトロトロわかめ、ハタハタ寿司がついています。どれも新鮮で美味しい。
    ハタハタ寿司は生ではなく飯鮓(発酵食品)です。写真:中央

  • 弾丸旅行でついに男鹿まで行ってきました。<br />東京から片道7時間半、決して近くはないです。<br />花見としては弘前公園や五稜郭公園より遠いかも。。<br />公共交通が不便なのでクルマがないと結構敷居が高い場所です。<br />羽田ー秋田を飛行機を使えば日帰り可能かもしれませんがLCCがない。<br />写真:三門の北浦山の扁額とあじさい<br />-----------------------------<br />今回の1人あたり費用<br /> 交通費  36000円<br /> 宿泊費  8150円<br /> 食費   8900円<br /> 観光費  3500円<br /> ★合計★ 56550円<br />1泊2日の花見旅行にしてはずいぶん高めだけど、満足度も高かったからま、いっかヽ(*⌒∇⌒*)ノ<br /><br />----------------------------<br />追記<br />航空機利用で日帰り可能かどうか試算してみました。<br />東京5:15⇒北浦11:45着 6.5時間⇒新幹線よりも2時間早く着きます。<br /> (4時間半滞在)<br />北浦16:23⇒東京22:10着 5.8時間<br />交通費は往復71,000円です。LCCはありません。<br />お金をかければ可能なんですね。なんて高い花見だ!!(笑)

    弾丸旅行でついに男鹿まで行ってきました。
    東京から片道7時間半、決して近くはないです。
    花見としては弘前公園や五稜郭公園より遠いかも。。
    公共交通が不便なのでクルマがないと結構敷居が高い場所です。
    羽田ー秋田を飛行機を使えば日帰り可能かもしれませんがLCCがない。
    写真:三門の北浦山の扁額とあじさい
    -----------------------------
    今回の1人あたり費用
     交通費  36000円
     宿泊費  8150円
     食費   8900円
     観光費  3500円
    ★合計★ 56550円
    1泊2日の花見旅行にしてはずいぶん高めだけど、満足度も高かったからま、いっかヽ(*⌒∇⌒*)ノ

    ----------------------------
    追記
    航空機利用で日帰り可能かどうか試算してみました。
    東京5:15⇒北浦11:45着 6.5時間⇒新幹線よりも2時間早く着きます。
     (4時間半滞在)
    北浦16:23⇒東京22:10着 5.8時間
    交通費は往復71,000円です。LCCはありません。
    お金をかければ可能なんですね。なんて高い花見だ!!(笑)

  • さらに追記<br />2021年は2年ぶりにライトアップが行われたそうです。<br />2022も6/11から7/18まで実施。<br />いいなあ。<br /><br />写真は河北新報2021-6-28朝刊より転載させていただきました。

    さらに追記
    2021年は2年ぶりにライトアップが行われたそうです。
    2022も6/11から7/18まで実施。
    いいなあ。

    写真は河北新報2021-6-28朝刊より転載させていただきました。

32いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

コメントを投稿する前に

十分に確認の上、ご投稿ください。 コメントの内容は攻撃的ではなく、相手の気持ちに寄り添ったものになっていますか?

サイト共通ガイドライン(利用上のお願い)

報道機関・マスメディアの方へ 画像提供などに関するお問い合わせは、専用のお問い合わせフォームからお願いいたします。

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

旅の計画・記録

マイルに交換できるフォートラベルポイントが貯まる
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

タグから国内旅行記(ブログ)を探す

この旅行記の地図

拡大する

男鹿の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集