大月旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2019年6月8日、50年間思い続けた山に登りました。<br />25歳の頃、「大月駅」から徒歩で「雁ヶ腹摺山」に登ろうと勇んで歩いたが、途中で時間が足りなくなり引き返した苦い思い出があります。<br />今、ガイドブック等調べると、このコースは往復10時間以上掛かるコースのようです。<br /><br />この度、友人のマイカーで、「大峠」まで行き、登り1時間、下り50分の「楽ちん登山」が実現しました。<br /><br />

雁ヶ腹摺山登山

20いいね!

2019/06/08 - 2019/06/08

64位(同エリア182件中)

0

27

2019年6月8日、50年間思い続けた山に登りました。
25歳の頃、「大月駅」から徒歩で「雁ヶ腹摺山」に登ろうと勇んで歩いたが、途中で時間が足りなくなり引き返した苦い思い出があります。
今、ガイドブック等調べると、このコースは往復10時間以上掛かるコースのようです。

この度、友人のマイカーで、「大峠」まで行き、登り1時間、下り50分の「楽ちん登山」が実現しました。

旅行の満足度
4.5
同行者
友人
一人あたり費用
1万円未満
交通手段
JRローカル 自家用車 徒歩
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • ◆八王子駅発(マイカー) 08:07<br />◆大峠着 09:50

    ◆八王子駅発(マイカー) 08:07
    ◆大峠着 09:50

  • ◆「大峠」にある「登山コース」の看板

    ◆「大峠」にある「登山コース」の看板

  • ◆「登山コース」によるコースタイム<br /> ※「大峠」~「雁ヶ腹摺山」=1時間<br /> ※「雁ヶ腹摺山」~「大峠」=50分

    ◆「登山コース」によるコースタイム
     ※「大峠」~「雁ヶ腹摺山」=1時間
     ※「雁ヶ腹摺山」~「大峠」=50分

  • ◆「大峠」の標識<br /> ※標高=1560m<br /> 

    ◆「大峠」の標識
     ※標高=1560m
     

  • ◆「大峠」の道標<br /> 「雁ヶ腹摺山」と「黒岳」の案内あり!<br />

    ◆「大峠」の道標
     「雁ヶ腹摺山」と「黒岳」の案内あり!

  • ◆「大峠」で、大月方面から来て、進行方向の先(右側)に<br /> 「雁ヶ腹摺山」への「登山口」がある。

    ◆「大峠」で、大月方面から来て、進行方向の先(右側)に
     「雁ヶ腹摺山」への「登山口」がある。

  • ◆「登山者カウンター」があった。<br /> ※友人と2人分のカウンターを押して進んだ!

    ◆「登山者カウンター」があった。
     ※友人と2人分のカウンターを押して進んだ!

  • ◆登山口から直に、こんな道となる。

    ◆登山口から直に、こんな道となる。

  • ◆少し行くと「鎖」があった。<br /> ※極一部の区間だった!

    ◆少し行くと「鎖」があった。
     ※極一部の区間だった!

  • ◆「雁ヶ腹摺山」の山頂への道標<br /> ※「道標」が要所にあり、道迷いの心配はない!

    ◆「雁ヶ腹摺山」の山頂への道標
     ※「道標」が要所にあり、道迷いの心配はない!

  • ◆板の「橋」を渡って行く!

    ◆板の「橋」を渡って行く!

  • ◆ここにも「雁ヶ腹摺山」の道標あり。

    ◆ここにも「雁ヶ腹摺山」の道標あり。

  • ◆雨の後の山道は滑り易く、「鎖」に掴まって登った!

    ◆雨の後の山道は滑り易く、「鎖」に掴まって登った!

  • ◆突然視界が開けた!

    ◆突然視界が開けた!

  • ◆登山開始から、登り約1時間で「雁ヶ腹摺山」の山頂着!<br /><br />◆大峠発10:05 ~ (途中、写真、水で5分休み) ~ 雁が腹摺山11:15山頂着<br /><br /> 

    ◆登山開始から、登り約1時間で「雁ヶ腹摺山」の山頂着!

    ◆大峠発10:05 ~ (途中、写真、水で5分休み) ~ 雁が腹摺山11:15山頂着

     

  • ◆「雁ヶ腹摺山」の山頂の標識。<br /> ※山梨百名山

    ◆「雁ヶ腹摺山」の山頂の標識。
     ※山梨百名山

  • ◆「雁ヶ腹摺山」の山頂の看板。<br /> ※「秀麗富嶽十二景 一番」の山頂を示す看板。<br /> ※標高=1874m<br /><br />★「雁ヶ腹摺山登山」の「アルバム」はこちら! --- 写真76枚<br /> https://photos.app.goo.gl/C1nyBHRoHDmFEA4H8<br />

    ◆「雁ヶ腹摺山」の山頂の看板。
     ※「秀麗富嶽十二景 一番」の山頂を示す看板。
     ※標高=1874m

    ★「雁ヶ腹摺山登山」の「アルバム」はこちら! --- 写真76枚
     https://photos.app.goo.gl/C1nyBHRoHDmFEA4H8

  • ◆「雁ヶ腹摺山」の名前のいわれ<br /> ※小金沢連峰とこの山との鞍部である「大峠」は、渡り鳥である雁(がん)が腹をこするようにしてここを越えて行ったことから、この山を「雁ヶ腹摺山」と呼ぶようになったという。<br /><br /> 大月市には「雁」が山腹ぎりぎりに越えていくと称される山や峠が多くあり、「笹子雁ヶ腹摺山」、「牛奥ノ雁ヶ腹摺山」もある。<br /><br />晴れていると、この山の山頂は「富士山」の展望に恵まれ、五百円紙幣の裏側に印刷されていた富士山の絵の原画となった写真は、この山頂から撮影されたものだという。<br /> 大月市によって、「秀麗富嶽十二景」の一つに選定されている。

    ◆「雁ヶ腹摺山」の名前のいわれ
     ※小金沢連峰とこの山との鞍部である「大峠」は、渡り鳥である雁(がん)が腹をこするようにしてここを越えて行ったことから、この山を「雁ヶ腹摺山」と呼ぶようになったという。

     大月市には「雁」が山腹ぎりぎりに越えていくと称される山や峠が多くあり、「笹子雁ヶ腹摺山」、「牛奥ノ雁ヶ腹摺山」もある。

    晴れていると、この山の山頂は「富士山」の展望に恵まれ、五百円紙幣の裏側に印刷されていた富士山の絵の原画となった写真は、この山頂から撮影されたものだという。
     大月市によって、「秀麗富嶽十二景」の一つに選定されている。

  • ◆私の立つ後ろに、晴れていたら「富士山」が見える!

    ◆私の立つ後ろに、晴れていたら「富士山」が見える!

  • ◆「雁ヶ腹摺山」の山頂にて記念撮影! --- その1

    ◆「雁ヶ腹摺山」の山頂にて記念撮影! --- その1

  • ◆「雁ヶ腹摺山」の山頂にて記念撮影! --- その2

    ◆「雁ヶ腹摺山」の山頂にて記念撮影! --- その2

  • ◆夕食仁の「Aさん」と。<br /> ※マイカーかタクシーでないと、大変な歩行時間となる<br /> 「雁ヶ腹摺山」だが、「Aさん」のマイカーのお蔭で、<br /> 僅か1時間で山頂に立てた! --- 「Aさん」に感謝!

    ◆夕食仁の「Aさん」と。
     ※マイカーかタクシーでないと、大変な歩行時間となる
     「雁ヶ腹摺山」だが、「Aさん」のマイカーのお蔭で、
     僅か1時間で山頂に立てた! --- 「Aさん」に感謝!

  • ◆山頂で、ラーメンとコーヒーを楽しんだ!

    ◆山頂で、ラーメンとコーヒーを楽しんだ!

  • ◆「ラーメン」を食べる「Aさん」<br /> ※山で食べる「ラーメン」は格別旨い!

    ◆「ラーメン」を食べる「Aさん」
     ※山で食べる「ラーメン」は格別旨い!

  • ◆下山開始12:30 ~12:50頃雨となった!

    ◆下山開始12:30 ~12:50頃雨となった!

  • ◆12:55 雨具着用のため、5分休み!

    ◆12:55 雨具着用のため、5分休み!

  • ◆大峠着13:25<br /><br />●「雁が腹摺山」登山のコースタイム<br /><br />◆08:07八王子駅発(マイカー)<br />◆大峠着09:50<br />◆大峠発10:05 ~ (途中、写真、水で5分休み) ~ 雁が腹摺山11:15山頂着<br />◆下山開始12:30 ~12:50頃雨となった!<br />(雨具5分休み)~ 大峠着13:25<br />◆大峠発13:35 ~ 八王子駅着15:25

    ◆大峠着13:25

    ●「雁が腹摺山」登山のコースタイム

    ◆08:07八王子駅発(マイカー)
    ◆大峠着09:50
    ◆大峠発10:05 ~ (途中、写真、水で5分休み) ~ 雁が腹摺山11:15山頂着
    ◆下山開始12:30 ~12:50頃雨となった!
    (雨具5分休み)~ 大峠着13:25
    ◆大峠発13:35 ~ 八王子駅着15:25

20いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

大月の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集