ウィーン旅行記(ブログ) 一覧に戻る
今年のGWは10連休。行先を検討した結果、この数年ずっと行ってみたかったチェスキークルムロフとハルシュタットに決定。せっかくチェコとオーストリアへ行くので、プラハとウィーン、ザルツブルクも再訪しました。連休開始前日夜に出発し、連休終了翌日早朝に帰国する9泊12日の旅となりました。<br /><br />元々は、JALのマイルで、ワンワールドの特典航空券を購入しヨーロッパへ行く計画を立てていたのですが、既にどの航空会社も日本発着便の特典航空券に空きは無くなっていました。そんな中、エミレーツの香港発着なら空席を発見。そこで、日本と香港間は、別途航空券を購入し、行きも帰りも香港発着で行くことに決定。行き(成田→香港→ドバイ→プラハ)、帰り(ウィーン→ドバイ→香港→成田)という行程です。香港と欧州間は、いずれもエミレーツ航空。初めて乗るエミレーツ航空も今回の旅の楽しみの一つでした。<br />ということで、香港1泊、プラハ3泊、チェスキークルムロフ1泊、ハルシュタット1泊、ザルツブルク1泊、ウィーン2泊の9泊12日の旅です。<br />オーストリアは17年ぶり6度目、チェコも同じく17年ぶりで3度目です。<br /><br />Vol.8は、ウィーン観光(後編)と帰国編です。<br />観光のメインは、ベルヴェデーレ宮殿。その他は決めていなかったけれど、当日の朝、楽友協会でのコンサート鑑賞を盛り込みました。<br />この日の深夜便で、ドバイ、香港経由で帰国しました。<br />

GWチェコ・オーストリア旅行⑧(終) ウィーン後編(ベルヴェデーレ宮殿、楽友協会)&帰国

53いいね!

2019/05/05 - 2019/05/07

243位(同エリア5774件中)

arurun

arurunさん

今年のGWは10連休。行先を検討した結果、この数年ずっと行ってみたかったチェスキークルムロフとハルシュタットに決定。せっかくチェコとオーストリアへ行くので、プラハとウィーン、ザルツブルクも再訪しました。連休開始前日夜に出発し、連休終了翌日早朝に帰国する9泊12日の旅となりました。

元々は、JALのマイルで、ワンワールドの特典航空券を購入しヨーロッパへ行く計画を立てていたのですが、既にどの航空会社も日本発着便の特典航空券に空きは無くなっていました。そんな中、エミレーツの香港発着なら空席を発見。そこで、日本と香港間は、別途航空券を購入し、行きも帰りも香港発着で行くことに決定。行き(成田→香港→ドバイ→プラハ)、帰り(ウィーン→ドバイ→香港→成田)という行程です。香港と欧州間は、いずれもエミレーツ航空。初めて乗るエミレーツ航空も今回の旅の楽しみの一つでした。
ということで、香港1泊、プラハ3泊、チェスキークルムロフ1泊、ハルシュタット1泊、ザルツブルク1泊、ウィーン2泊の9泊12日の旅です。
オーストリアは17年ぶり6度目、チェコも同じく17年ぶりで3度目です。

Vol.8は、ウィーン観光(後編)と帰国編です。
観光のメインは、ベルヴェデーレ宮殿。その他は決めていなかったけれど、当日の朝、楽友協会でのコンサート鑑賞を盛り込みました。
この日の深夜便で、ドバイ、香港経由で帰国しました。

旅行の満足度
3.5
同行者
カップル・夫婦
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 5月5日、日曜日。<br />ウィーン最終日。今夜の便で帰国します。日中は最後のウィーン観光です。<br />今日は朝から雨。気温はなんと4度。旅行前半プラハでの7度でも驚いたのに、まさかここでそれを上回る寒さが来るとは。ラウンジのスタッフからも「今日は4度だって。ここ(クラブラウンジ)にいるのがベストだよ。」と言われました。<br />私もそうしたいけど、せっかくの旅行なのでそうも行きません。<br />午前中は、ベルヴェデーレ宮殿に行く予定ですが、こんな天気では街歩きも厳しいと考え、急遽、午後に楽友協会のコンサートを当日予約しました。

    5月5日、日曜日。
    ウィーン最終日。今夜の便で帰国します。日中は最後のウィーン観光です。
    今日は朝から雨。気温はなんと4度。旅行前半プラハでの7度でも驚いたのに、まさかここでそれを上回る寒さが来るとは。ラウンジのスタッフからも「今日は4度だって。ここ(クラブラウンジ)にいるのがベストだよ。」と言われました。
    私もそうしたいけど、せっかくの旅行なのでそうも行きません。
    午前中は、ベルヴェデーレ宮殿に行く予定ですが、こんな天気では街歩きも厳しいと考え、急遽、午後に楽友協会のコンサートを当日予約しました。

    インターコンチネンタル ウィーン ホテル

    クラブラウンジが充実 by arurunさん
  • 今日のメインイベント、ベルヴェデーレ宮殿。<br />この日は、地下鉄や電車にたくさん乗るので、24時間乗車券を購入しました。ホテル最寄りのシュタットパーク駅からウィーン・ミッテ駅まで向かい、そこでSバーンに乗り換えて「Quartier Belvedere駅」で下車。徒歩約10分でベルヴェデーレ宮殿に到着。今回の旅行では、防寒対策はそこまで考えずに来たので、とにかく寒かった。傘を持つ手も震えます。

    今日のメインイベント、ベルヴェデーレ宮殿。
    この日は、地下鉄や電車にたくさん乗るので、24時間乗車券を購入しました。ホテル最寄りのシュタットパーク駅からウィーン・ミッテ駅まで向かい、そこでSバーンに乗り換えて「Quartier Belvedere駅」で下車。徒歩約10分でベルヴェデーレ宮殿に到着。今回の旅行では、防寒対策はそこまで考えずに来たので、とにかく寒かった。傘を持つ手も震えます。

    ベルヴェデーレ宮殿 城・宮殿

    上宮を見学 by arurunさん
  • この宮殿前の池に映る逆さベルヴェデーレ宮殿が見たかったのですが、この天気では無理でした。<br />チケットはネットで事前に購入済みなので、チケット売り場には寄らずに、直接中に入ります。

    この宮殿前の池に映る逆さベルヴェデーレ宮殿が見たかったのですが、この天気では無理でした。
    チケットはネットで事前に購入済みなので、チケット売り場には寄らずに、直接中に入ります。

  • ベルヴェデーレ宮殿上宮内部は、美術館になっています。<br />以前は撮影不可だったものの、2017年に解禁されたとのこと。一部撮影できない作品はありますが、ほとんどの作品は撮影可でした。

    ベルヴェデーレ宮殿上宮内部は、美術館になっています。
    以前は撮影不可だったものの、2017年に解禁されたとのこと。一部撮影できない作品はありますが、ほとんどの作品は撮影可でした。

    オーストリア ギャラリー 博物館・美術館・ギャラリー

    クリムトの「接吻」 by arurunさん
  • そして、なんと言っても、ここの目玉はクリムトの代表作である「接吻」。

    そして、なんと言っても、ここの目玉はクリムトの代表作である「接吻」。

  • 「接吻」の前はこんな感じで、いつも人でいっぱい。

    「接吻」の前はこんな感じで、いつも人でいっぱい。

  • ベルヴェデーレ宮殿は、クリムト作品を世界一所蔵しているそうで、他にもクリムト作品が何点か展示されています。<br />こちらは、「アッター湖畔の森の家」という作品。

    ベルヴェデーレ宮殿は、クリムト作品を世界一所蔵しているそうで、他にもクリムト作品が何点か展示されています。
    こちらは、「アッター湖畔の森の家」という作品。

  • 「フリッツァ・リードラー」<br />接吻以外の作品は、ほとんど人がおらずゆっくりと鑑賞できました。

    「フリッツァ・リードラー」
    接吻以外の作品は、ほとんど人がおらずゆっくりと鑑賞できました。

  • ちなみにクリムトの代表作の一つ「ユディト」は、東京都美術館で開催されているクリムト展に出展されているため、この時は展示されていませんでした。<br />帰国したらクリムト展に行こうと決めていて、先日、無事観に行くことができました。<br />

    ちなみにクリムトの代表作の一つ「ユディト」は、東京都美術館で開催されているクリムト展に出展されているため、この時は展示されていませんでした。
    帰国したらクリムト展に行こうと決めていて、先日、無事観に行くことができました。

  • 他にはエゴン・シーレの作品が多数ありました。クリムトと同じ時代に活躍したそう。

    他にはエゴン・シーレの作品が多数ありました。クリムトと同じ時代に活躍したそう。

  • 建物内から庭園が一望できました。上宮と下宮の間に広がる庭園も見事。<br />ウィーンの街も見えます。ここでも、シュテファン大聖堂は存在感がありますね。

    建物内から庭園が一望できました。上宮と下宮の間に広がる庭園も見事。
    ウィーンの街も見えます。ここでも、シュテファン大聖堂は存在感がありますね。

  • 外に出ると、入場待ちの行列でしょうか??もの凄い人。

    外に出ると、入場待ちの行列でしょうか??もの凄い人。

  • 有名なスフィンクス像。

    有名なスフィンクス像。

  • 下宮方面。<br />下宮は別料金です。下宮のみのチケットのほか、上宮と下宮のコンビチケットも販売されています。私達は、上宮のみのチケットを購入しました。<br />天気が良ければ、庭園散策をしたかったけれど、この天気なので写真を撮るだけで精一杯。

    下宮方面。
    下宮は別料金です。下宮のみのチケットのほか、上宮と下宮のコンビチケットも販売されています。私達は、上宮のみのチケットを購入しました。
    天気が良ければ、庭園散策をしたかったけれど、この天気なので写真を撮るだけで精一杯。

  • 帰りは、路面電車を利用しました。市の中心部に戻った後、王宮方面へ行こうとするも、間違って違う方向に乗ってしまう。あわてて降りて、とりあえずオペラ座前まで出てトラムを待つも、一向に電車が来ない。寒い中辛かった。休日はダイヤが違うのでしょうか?よくわからなかった路面電車。

    帰りは、路面電車を利用しました。市の中心部に戻った後、王宮方面へ行こうとするも、間違って違う方向に乗ってしまう。あわてて降りて、とりあえずオペラ座前まで出てトラムを待つも、一向に電車が来ない。寒い中辛かった。休日はダイヤが違うのでしょうか?よくわからなかった路面電車。

  • 路面電車での観光は諦めて、地下鉄でドナウ川の湖畔まで行くことにしました。ウィーンに来たら、ドナウ川を見に行きたかったのです。<br />地下鉄を乗り継いで、U1の「ドナウインゼル駅」駅へ。

    路面電車での観光は諦めて、地下鉄でドナウ川の湖畔まで行くことにしました。ウィーンに来たら、ドナウ川を見に行きたかったのです。
    地下鉄を乗り継いで、U1の「ドナウインゼル駅」駅へ。

  • ドナウインゼル駅から外へ出ると、目の前にはいきなりドナウ川が広がっています。<br />昔、ウィーンでドナウ川の遊覧船に乗ったことはあるけれど、こんなに大きかったかという印象。

    ドナウインゼル駅から外へ出ると、目の前にはいきなりドナウ川が広がっています。
    昔、ウィーンでドナウ川の遊覧船に乗ったことはあるけれど、こんなに大きかったかという印象。

    ドナウ川 (オーストリア) 滝・河川・湖

    大河 by arurunさん
  • 木が生い茂っているあたりは、岸では無くドナウ島という中州です。

    木が生い茂っているあたりは、岸では無くドナウ島という中州です。

  • 帰りは、隣の駅まで歩いて出ました。歩行者も歩ける橋が架かっていて、屋根もあるので、なんとか歩けました。<br />岸にあった教会「アッシジの聖フランチェスコ教会」は、お城のような立派な教会でした。

    帰りは、隣の駅まで歩いて出ました。歩行者も歩ける橋が架かっていて、屋根もあるので、なんとか歩けました。
    岸にあった教会「アッシジの聖フランチェスコ教会」は、お城のような立派な教会でした。

  • 橋を渡り切って岸側を見ると、ドナウタワーが少しだけ見えました。ここも余裕があれば行ってみたかった所でした。

    橋を渡り切って岸側を見ると、ドナウタワーが少しだけ見えました。ここも余裕があれば行ってみたかった所でした。

  • ホテルに戻って、最後のクラブラウンジ。アフタヌーンティータイムです。

    ホテルに戻って、最後のクラブラウンジ。アフタヌーンティータイムです。

    インターコンチネンタル ウィーン ホテル

    クラブラウンジが充実 by arurunさん
  • すっかり顔見知りになったクラブラウンジのスタッフさんともお別れです。どなたもフレンドリーでとても感じが良かったです。

    すっかり顔見知りになったクラブラウンジのスタッフさんともお別れです。どなたもフレンドリーでとても感じが良かったです。

  • ホテルの部屋は会員特典で16:00まで利用できますが、それまでに戻ってこられないので、先にホテルをチェックアウトして、荷物を預けて、楽友協会へ向かいます。歩けない距離では無いけれど、雨だし24時間チケットもあるし、地下鉄を利用しました。<br />U4線のカールスプラッツ駅で下車。

    ホテルの部屋は会員特典で16:00まで利用できますが、それまでに戻ってこられないので、先にホテルをチェックアウトして、荷物を預けて、楽友協会へ向かいます。歩けない距離では無いけれど、雨だし24時間チケットもあるし、地下鉄を利用しました。
    U4線のカールスプラッツ駅で下車。

    楽友協会ホール 劇場・ホール・ショー

    黄金のホール by arurunさん
  • 予約したのは、15:30開演のグローサーザール(大ホール)で行われるコンサート。<br />トーンキュンストラー管弦楽団の演奏です。佐渡裕さんが首席指揮者を務めているとのことですが、この日はご本人はいらっしゃいませんでした。<br />1人35ユーロ。<br />大きな手荷物は無かったのですが、傘を預けるように言われました。有料で、0.85ユーロでした。

    予約したのは、15:30開演のグローサーザール(大ホール)で行われるコンサート。
    トーンキュンストラー管弦楽団の演奏です。佐渡裕さんが首席指揮者を務めているとのことですが、この日はご本人はいらっしゃいませんでした。
    1人35ユーロ。
    大きな手荷物は無かったのですが、傘を預けるように言われました。有料で、0.85ユーロでした。

  • 大ホールは、その音響の素晴らしさから、通称「黄金のホール」と言われているのだとか。装飾も金色で見事です。<br />ちょうど、席はこのあたりでした。ホール全体が良く見える場所で良かったです。

    大ホールは、その音響の素晴らしさから、通称「黄金のホール」と言われているのだとか。装飾も金色で見事です。
    ちょうど、席はこのあたりでした。ホール全体が良く見える場所で良かったです。

  • 天井も見事。フレスコ画が描かれています。シャンデリアにも特徴がありました。

    天井も見事。フレスコ画が描かれています。シャンデリアにも特徴がありました。

  • 前方部分の楽団がいる所です。<br />公演中は、撮影禁止。15:30開演で、途中休憩を挟みつつ、約2時間の公演でした。馴染みの無い曲が多かったですが、素晴らしい雰囲気の中で音楽を楽しめました。

    前方部分の楽団がいる所です。
    公演中は、撮影禁止。15:30開演で、途中休憩を挟みつつ、約2時間の公演でした。馴染みの無い曲が多かったですが、素晴らしい雰囲気の中で音楽を楽しめました。

  • 楽友協会の最寄り駅「カールスプラッツ駅」の駅舎。オットー・ワーグナーという建築家が設計したことで有名。観光スポットになっています。

    楽友協会の最寄り駅「カールスプラッツ駅」の駅舎。オットー・ワーグナーという建築家が設計したことで有名。観光スポットになっています。

    カールスプラッツ駅舎 建造物

    芸術作品 by arurunさん
  • なお、ホテル最寄り駅の「シュタットパーク駅」も、同じオットー・ワーグナーの設計だそう。緑と白の色使いに共通点が感じられます。<br />一旦、ホテルへ戻った後、預けてあった荷物を受け取り、空港へ向かいます。

    なお、ホテル最寄り駅の「シュタットパーク駅」も、同じオットー・ワーグナーの設計だそう。緑と白の色使いに共通点が感じられます。
    一旦、ホテルへ戻った後、預けてあった荷物を受け取り、空港へ向かいます。

    シュタットパーク駅

    オットー・ワーグナーが設計 by arurunさん
  • 空港まではSバーンを利用しました。<br />ウィーン・ミッテ駅まで出て、そこでSバーンに乗り換えます。市内と空港間の運賃は4.2ユーロのため、追加で1.8ユーロ券を購入して乗車。<br />ちなみに飛行機は23:45なので、まだだいぶ早い時間です。でも、雨だし寒いし、出歩くのも大変なので、もう空港へ行ってしまいます。

    空港まではSバーンを利用しました。
    ウィーン・ミッテ駅まで出て、そこでSバーンに乗り換えます。市内と空港間の運賃は4.2ユーロのため、追加で1.8ユーロ券を購入して乗車。
    ちなみに飛行機は23:45なので、まだだいぶ早い時間です。でも、雨だし寒いし、出歩くのも大変なので、もう空港へ行ってしまいます。

  • ウィーンミッテ駅。<br />ここから空港までは、約20分とアクセスは良かったです。結局、飛行機の出発時刻の5時間前には空港に到着してしまいました。

    ウィーンミッテ駅。
    ここから空港までは、約20分とアクセスは良かったです。結局、飛行機の出発時刻の5時間前には空港に到着してしまいました。

    ウィーン ミッテ駅

    地下鉄からSバーンの乗換駅 by arurunさん
  • 空港内でお土産などを見た後はラウンジへ。エミレーツ航空の指定ラウンジは、エアーラウンジ。なんだか仮設みたいな入口でした。

    空港内でお土産などを見た後はラウンジへ。エミレーツ航空の指定ラウンジは、エアーラウンジ。なんだか仮設みたいな入口でした。

    エアーラウンジ (ウィーン国際空港) 空港ラウンジ

    シャワーは無し by arurunさん
  • 料理の品数は少なく、シャワーもありません。

    料理の品数は少なく、シャワーもありません。

  • アルコール類は、そこそこの品揃えでした。

    アルコール類は、そこそこの品揃えでした。

  • 凄く混んでましたが、なんとか席を見つけました。

    凄く混んでましたが、なんとか席を見つけました。

  • しばらくしたら、大分空いてきて、窓側のリクライニングチェアーのある席をゲットできたので、そこでのんびりしていました。<br />相変わらず、本降りの雨が降り続いています。

    しばらくしたら、大分空いてきて、窓側のリクライニングチェアーのある席をゲットできたので、そこでのんびりしていました。
    相変わらず、本降りの雨が降り続いています。

  • 23:45発のEK0126便に搭乗。まずはドバイまで行きます。席は窓際縦2列です。同じA380でも往路便と少し仕様が違って狭かったです。 <br />席のドリンクコーナーの上に置いてあったアイマスクと靴下が入った袋。袋が破られて使用済みのものが置いてありました。結構、いい加減。夫が自分は使わないからとくれたので、指摘しなかったけれど・・・。<br />

    23:45発のEK0126便に搭乗。まずはドバイまで行きます。席は窓際縦2列です。同じA380でも往路便と少し仕様が違って狭かったです。
    席のドリンクコーナーの上に置いてあったアイマスクと靴下が入った袋。袋が破られて使用済みのものが置いてありました。結構、いい加減。夫が自分は使わないからとくれたので、指摘しなかったけれど・・・。

  • この時は気付かず、次の搭乗便で気付いたのですが、モニター下の紫の部分に取っ手があって、ここを開けると物入れになっていました。靴を収納する場所だったらしいです。

    この時は気付かず、次の搭乗便で気付いたのですが、モニター下の紫の部分に取っ手があって、ここを開けると物入れになっていました。靴を収納する場所だったらしいです。

  • この路線で初めてアメニティポーチが配られました。ブルガリのもので男女別でした。なお、往路2路線では全く配られず、この後のドバイ香港間でも配られませんでした。配る基準は不明です。

    この路線で初めてアメニティポーチが配られました。ブルガリのもので男女別でした。なお、往路2路線では全く配られず、この後のドバイ香港間でも配られませんでした。配る基準は不明です。

  • パイナップルジュースとナッツ。<br />前菜は海老。メインはチキン。デザートはパスしました。

    パイナップルジュースとナッツ。
    前菜は海老。メインはチキン。デザートはパスしました。

  • 夫はシャンパン。<br />前菜は選ばず、メインはビーフ。デザートは、ホワイトチョコレートとマンゴーコンポート。

    夫はシャンパン。
    前菜は選ばず、メインはビーフ。デザートは、ホワイトチョコレートとマンゴーコンポート。

  • ドバイ到着は、翌日5月6日の早朝7:20。<br />ラウンジは、同じターミナル3でも往路とは違うラウンジでした。

    ドバイ到着は、翌日5月6日の早朝7:20。
    ラウンジは、同じターミナル3でも往路とは違うラウンジでした。

    エミレーツ航空 ターミナル3 コンコースA ビジネスクラスラウンジ 空港ラウンジ

    シャワー利用時は搭乗券の提示が必要 by arurunさん
  • 往路で利用したラウンジもそうでしたが、こちらもとにかく広い広い。<br />まずはシャワー。往路のラウンジでは、シャワーは自由に利用できましたが、このラウンジでは、搭乗券の提示が必要でした。女性側は待たずに利用できましたが、男性側は少し待ったそうです。

    往路で利用したラウンジもそうでしたが、こちらもとにかく広い広い。
    まずはシャワー。往路のラウンジでは、シャワーは自由に利用できましたが、このラウンジでは、搭乗券の提示が必要でした。女性側は待たずに利用できましたが、男性側は少し待ったそうです。

  • 横に長い仕組みで、端から端まで歩くと10分以上かかります。<br />残念ながら、このラウンジにはシャンパンバーは無し。代わりに、シガーバーがありました。

    横に長い仕組みで、端から端まで歩くと10分以上かかります。
    残念ながら、このラウンジにはシャンパンバーは無し。代わりに、シガーバーがありました。

  • お腹は空いていないので、食事はせず、飲むヨーグルトとカフェラテのみをいただきました。

    お腹は空いていないので、食事はせず、飲むヨーグルトとカフェラテのみをいただきました。

  • アイスは別腹。<br />

    アイスは別腹。

  • ラウンジフロアにある専用搭乗口から、搭乗できました。<br />往路便では、「2階に専用搭乗口があるよ。」と言われていたから行ったのに、開放されていなくて、あわてて1階まで行ったんです。機体はA380で、座席が2階席なので、ここから搭乗できると、搭乗してから階段を利用しなくても良いのでとっても楽です。

    ラウンジフロアにある専用搭乗口から、搭乗できました。
    往路便では、「2階に専用搭乗口があるよ。」と言われていたから行ったのに、開放されていなくて、あわてて1階まで行ったんです。機体はA380で、座席が2階席なので、ここから搭乗できると、搭乗してから階段を利用しなくても良いのでとっても楽です。

  • ドバイ10:45発のEK0380便に搭乗。<br />座席は同じです。

    ドバイ10:45発のEK0380便に搭乗。
    座席は同じです。

  • 前菜は海老、メインはビーフにしました。デザートはジャスミンのケーキ。

    前菜は海老、メインはビーフにしました。デザートはジャスミンのケーキ。

  • 夫は前菜にスープ。メインはチキン。デザートはチョコレートケーキ。

    夫は前菜にスープ。メインはチキン。デザートはチョコレートケーキ。

  • A380名物のバー。<br />後方両脇にトイレがあります。<br />

    A380名物のバー。
    後方両脇にトイレがあります。

  • 夫は、クラシックにハマったのか??、モーツァルトを聴いていたようです。

    夫は、クラシックにハマったのか??、モーツァルトを聴いていたようです。

  • 少し横になった後、ライトバイトをいただきました。<br />エッグタルトでした。想像していたのとは、ちょっと違ったけれど、美味しかったです。

    少し横になった後、ライトバイトをいただきました。
    エッグタルトでした。想像していたのとは、ちょっと違ったけれど、美味しかったです。

  • もうすぐ香港。<br />香港とマカオを結ぶ海上橋が見えました。綺麗にライトアップされています。

    もうすぐ香港。
    香港とマカオを結ぶ海上橋が見えました。綺麗にライトアップされています。

  • 香港には22:00に到着。<br />往路では、エミレーツ便のため、利用できなかったキャセイパシフィックラウンジ「ザ・ピア」へ。<br />まずはダイニングで食事です。オーダー制でした。<br />小籠包と麺2種。ハンバーガーが美味しそうだったけれど、お腹に余裕が無いので食べられず。

    香港には22:00に到着。
    往路では、エミレーツ便のため、利用できなかったキャセイパシフィックラウンジ「ザ・ピア」へ。
    まずはダイニングで食事です。オーダー制でした。
    小籠包と麺2種。ハンバーガーが美味しそうだったけれど、お腹に余裕が無いので食べられず。

    キャセイパシフィック ラウンジ ザ ピア 空港ラウンジ

    ファーストクラスラウンジ by arurunさん
  • こちらは、別の部屋にあるバー。

    こちらは、別の部屋にあるバー。

  • また、ダイニング以外にも、こちらのパントリーでは、セルフで軽食がいただけます。<br />フットマッサージがあるとのことで楽しみにしていきましたが、予約いっぱいで利用できませんでした。残念。

    また、ダイニング以外にも、こちらのパントリーでは、セルフで軽食がいただけます。
    フットマッサージがあるとのことで楽しみにしていきましたが、予約いっぱいで利用できませんでした。残念。

  • 日付が変わった5月7日月曜日。0:55発のJL7040便に搭乗。ついに帰国です。<br />初めてのキャセイパシフィック航空。<br />最後はエコノミー。2人掛けの非常口席を予約したのに、変更されてしまって、4人掛け席になってしまいました。

    日付が変わった5月7日月曜日。0:55発のJL7040便に搭乗。ついに帰国です。
    初めてのキャセイパシフィック航空。
    最後はエコノミー。2人掛けの非常口席を予約したのに、変更されてしまって、4人掛け席になってしまいました。

  • 一番前の席なので足下は広いけれど、モニターは遠い。イヤホンは音量を最大にしてもよく聞こえないしで、エンタテインメントはほとんど楽しめず。

    一番前の席なので足下は広いけれど、モニターは遠い。イヤホンは音量を最大にしてもよく聞こえないしで、エンタテインメントはほとんど楽しめず。

  • 食事は、マフィンやパン、フルーツが入ったBOXとレモンティーが配られました。<br />夫がエメラルドステータスなので、客室乗務員の方が、席に着いたときや食後のタイミングなどで、何かと気遣いの言葉をかけてくれました。<br />早朝6:10、成田空港に到着。往路と同じ京成スカイライナーで帰る予定でしたが、思ったよりも順調に外に出られてしまい、始発までは少し時間があったので、バスで東京駅まで出ました。私はこの日は休みだったけど、夫は帰宅後、仕事へ。お疲れさまです。<br /><br />ちょっと遠回りで行った今年のGW旅行、結果的にはラウンジもいろいろ利用できて楽しめた旅でした。チェコ、オーストリアでは、懐かしい場所、初めての場所でそれぞれ違った感動がありました。

    食事は、マフィンやパン、フルーツが入ったBOXとレモンティーが配られました。
    夫がエメラルドステータスなので、客室乗務員の方が、席に着いたときや食後のタイミングなどで、何かと気遣いの言葉をかけてくれました。
    早朝6:10、成田空港に到着。往路と同じ京成スカイライナーで帰る予定でしたが、思ったよりも順調に外に出られてしまい、始発までは少し時間があったので、バスで東京駅まで出ました。私はこの日は休みだったけど、夫は帰宅後、仕事へ。お疲れさまです。

    ちょっと遠回りで行った今年のGW旅行、結果的にはラウンジもいろいろ利用できて楽しめた旅でした。チェコ、オーストリアでは、懐かしい場所、初めての場所でそれぞれ違った感動がありました。

53いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • nichiさん 2019/08/09 11:31:34
    arurunさん  こんにちは。
    転勤でヨーロッパを転々としていましたが、20年以上前にウィーンに1年間だけ赴任したことがございます。
    住まいは5区 Margareten と言うエリアでした。
    地下鉄U4のPilgramgasse駅が最寄で、arurunさんがいらっしゃった楽友会館のあるKarlsplatzの2つ隣の駅です。
    晴れた日にKarlsplatz駅の駅舎にあるカフェでコーヒーを戴くのが好きだったのですが、arurunさんの旅行記を拝見し、懐かしく変わらぬウィーンの街を見ることができました。
    ありがとうございました。

    下田、関内、ウィーンと何かarurunさんとご縁を感じ、勝手にフォローさせていただきました。
    これからもよろしくお願い申し上げます。

    arurun

    arurunさん からの返信 2019/08/09 13:38:48
    RE: arurunさん  こんにちは。

    nichiさん、こんにちは。
    コメントありがとうございます。

    ウィーンにお住まいだったことがあるんですね。あのカフェで、ゆっくりコーヒーを味わうなんて、想像するだけで素敵です!観光で訪れるのとは違った時間の過ごし方ができるのも良いですね。
    ウィーンは私も大好きな街です。東京などではわずかの間でも変わったと感じることが多いですが、こうして変わらない街並みを見せてくれるのは素晴らしいと思います。

    nichiさんの旅行記は、とても臨場感があり、行ったような気で楽しませていただいています。ヨハネスブルクでは、こちらまで緊張感が伝わってきましたし、サファリでは、動物が目の前にいるかのように感じました。

    そして、ロッジから、象が見えるなんて感動ですね!
    昨年、オーストラリアに行った際、ホテルのバルコニーからカンガルーが見えて感動した事を思い出しました。
    続きの旅行記も楽しみにしています。

    フォローもありがとうございました。
    こちらこそ、これからも宜しくお願い致します。

    arurun

arurunさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

オーストリアで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
オーストリア最安 450円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

オーストリアの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集