日光旅行記(ブログ) 一覧に戻る
鉄道会社企画の「中禅寺湖畔をめぐるハイキング」をしました。

中禅寺湖畔をめぐる

9いいね!

2019/07/02 - 2019/07/02

1065位(同エリア2314件中)

0

20

鉄道会社企画の「中禅寺湖畔をめぐるハイキング」をしました。

交通手段
高速・路線バス 私鉄 徒歩
旅行の満足度
4.0
  • 旅の始めは、いつもの東武日光駅前から。<br />初めて見た貸自転車。坂が多いし、道も狭いし、借りる人はいるのだろうかと、余計な心配をしてしまいました。

    旅の始めは、いつもの東武日光駅前から。
    初めて見た貸自転車。坂が多いし、道も狭いし、借りる人はいるのだろうかと、余計な心配をしてしまいました。

  • ハイキング受付は、中禅寺湖畔ボートハウス。<br />来る前は名称から、貸ボート屋さんと思っていたら、米軍娯楽施設として使われたこともある歴史的な建物でした。

    ハイキング受付は、中禅寺湖畔ボートハウス。
    来る前は名称から、貸ボート屋さんと思っていたら、米軍娯楽施設として使われたこともある歴史的な建物でした。

  • 出発前に、館内を見学(無料)。

    出発前に、館内を見学(無料)。

  • 天井には、剥製。

    天井には、剥製。

  • ベルギー大使館から寄贈された船。

    ベルギー大使館から寄贈された船。

  • ハイキングは、湖畔に沿ってほぼ平坦なコース。5時台に朝食を食べて家を出たので、10時半すぎ、早めの昼食。<br />

    ハイキングは、湖畔に沿ってほぼ平坦なコース。5時台に朝食を食べて家を出たので、10時半すぎ、早めの昼食。

  • 山ホップ(カラハナソウ)

    山ホップ(カラハナソウ)

  • 残留放射能検査。ちなみにヒメマスのみ、セシウム濃度が低いので、持ち出し可。

    残留放射能検査。ちなみにヒメマスのみ、セシウム濃度が低いので、持ち出し可。

  • 天気は、薄曇り。

    天気は、薄曇り。

  • 一部遊歩道が切れて、車道を歩きます。ガードレール下のほうから芳香がして、思わず足を止めると、ノバラが咲いていました。

    一部遊歩道が切れて、車道を歩きます。ガードレール下のほうから芳香がして、思わず足を止めると、ノバラが咲いていました。

  • 湖のむこうには、立木観音と思われる建物。

    湖のむこうには、立木観音と思われる建物。

  • 外国人別荘跡地に建てられた東屋。柱は、別荘に使われていた木材を再利用。

    外国人別荘跡地に建てられた東屋。柱は、別荘に使われていた木材を再利用。

  • 二荒山神社中宮祠の鳥居。<br />男体山登拝は、ここから登ります。

    二荒山神社中宮祠の鳥居。
    男体山登拝は、ここから登ります。

  • 中禅寺温泉中心街が近くなり、いろいろな観光施設が増えてきました。湖に突き出した桟橋。

    中禅寺温泉中心街が近くなり、いろいろな観光施設が増えてきました。湖に突き出した桟橋。

  • 桟橋から振り返ると、男体山。頂には雲がかかっていました。

    桟橋から振り返ると、男体山。頂には雲がかかっていました。

  • 郵便局の看板は、赤でなく茶色。<br />はがきの用意をしてくれば、風景印を押して旅の便りが出せたのに、、、。

    郵便局の看板は、赤でなく茶色。
    はがきの用意をしてくれば、風景印を押して旅の便りが出せたのに、、、。

  • ハマナス

    ハマナス

  • 中禅寺温泉バス停の隣の自然博物館前には、東武日光駅前で見たのと同じ赤い貸自転車。観光案内所で訊いたら、駅前の貸自転車とは別料金体系で、相互に乗り捨てなどはできないとのこと。まあ、途中にいろは坂があるので、そんなこと考える人はいないか。

    中禅寺温泉バス停の隣の自然博物館前には、東武日光駅前で見たのと同じ赤い貸自転車。観光案内所で訊いたら、駅前の貸自転車とは別料金体系で、相互に乗り捨てなどはできないとのこと。まあ、途中にいろは坂があるので、そんなこと考える人はいないか。

  • 日光自然博物館の受付で、ハイキング終了。参加賞をもらいました。<br />この後、バスに乗って湯元温泉へ。午後から休暇村主催の2泊3日のハイキングが待っています。

    日光自然博物館の受付で、ハイキング終了。参加賞をもらいました。
    この後、バスに乗って湯元温泉へ。午後から休暇村主催の2泊3日のハイキングが待っています。

  • 休暇村夕食前のひととき。<br />ハイキング参加賞は、いつものTOBU(東武)の名入り品ではなく、百均で売られていそうな緊急時用の笛でした。ちなみにJR東日本との共催で、そちらはいつもの缶バッジ。

    休暇村夕食前のひととき。
    ハイキング参加賞は、いつものTOBU(東武)の名入り品ではなく、百均で売られていそうな緊急時用の笛でした。ちなみにJR東日本との共催で、そちらはいつもの缶バッジ。

この旅行記のタグ

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

nobuchinさんの関連旅行記

nobuchinさんの旅行記一覧

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集