小樽旅行記(ブログ) 一覧に戻る
去年の秋に続いて2度目の北海道旅。<br />今回は一人旅で、函館→札幌→小樽で冬のお祭りめぐりをします。<br /><br />1日目:函館 五稜郭タワー「五稜星の夢イルミネーション」<br />https://4travel.jp/travelogue/11489481<br /><br />2日目:札幌 「さっぽろ雪まつり」<br />https://4travel.jp/travelogue/11491867<br /><br />3日目:小樽 「小樽雪あかりの路」<br />

冬の北海道お祭りめぐり③(小樽 小樽雪あかりの路)

42いいね!

2019/02/09 - 2019/02/09

212位(同エリア1867件中)

2

41

てぶケロトラベラー

てぶケロトラベラーさん

去年の秋に続いて2度目の北海道旅。
今回は一人旅で、函館→札幌→小樽で冬のお祭りめぐりをします。

1日目:函館 五稜郭タワー「五稜星の夢イルミネーション」
https://4travel.jp/travelogue/11489481

2日目:札幌 「さっぽろ雪まつり」
https://4travel.jp/travelogue/11491867

3日目:小樽 「小樽雪あかりの路」

旅行の満足度
4.5
同行者
一人旅
交通手段
スカイマーク JR特急 JRローカル

PR

  • 札幌から小樽へ。<br />車内は混んでいたけれど、電車一本で移動できるのはありがたいなぁ。<br />小樽に近づくにつれ、車窓からの景色が雪深くなっていく。<br />

    札幌から小樽へ。
    車内は混んでいたけれど、電車一本で移動できるのはありがたいなぁ。
    小樽に近づくにつれ、車窓からの景色が雪深くなっていく。

  • 雪道で重いスーツケースを引っ張りながら、本日のお宿「スマイルホテル小樽」にチェックイン。<br />旅疲れが出てきたところだったので、少し休んでから外出。

    雪道で重いスーツケースを引っ張りながら、本日のお宿「スマイルホテル小樽」にチェックイン。
    旅疲れが出てきたところだったので、少し休んでから外出。

  • 小樽駅から歩いてすぐのところにある三角市場。<br />夕方でしたがまだ賑わっていました。<br /><br />行列に並ぶのは面倒なので、すぐに入れた「さんかく亭」に入店。<br />カラフル丼をオーダー。美味しかったですよ~海鮮大好き!

    小樽駅から歩いてすぐのところにある三角市場。
    夕方でしたがまだ賑わっていました。

    行列に並ぶのは面倒なので、すぐに入れた「さんかく亭」に入店。
    カラフル丼をオーダー。美味しかったですよ~海鮮大好き!

  • お腹いっぱいになったので、「小樽雪あかりの路」を見に行きます。<br />氷の中に閉じ込めたお花。鮮やかでとってもきれい。<br />

    お腹いっぱいになったので、「小樽雪あかりの路」を見に行きます。
    氷の中に閉じ込めたお花。鮮やかでとってもきれい。

  • 17時から灯りがつくのでまだ少し早いのですが、明るいうちに見るアイスキャンドルもとっても綺麗。

    17時から灯りがつくのでまだ少し早いのですが、明るいうちに見るアイスキャンドルもとっても綺麗。

  • 小樽堺町通り商店街には、店先に雪だるまが並びます。

    小樽堺町通り商店街には、店先に雪だるまが並びます。

  • かんざし屋さんの前の雪だるま。<br />かんざし挿してて可愛い~

    かんざし屋さんの前の雪だるま。
    かんざし挿してて可愛い~

  • 前回小樽に来た時に入り浸ってしまったかんざし屋さん。<br />繊細で可愛いかんざしがいっぱいあるんだ~<br />和装する機会が減って来たけれど、集めるだけでも楽しい。

    前回小樽に来た時に入り浸ってしまったかんざし屋さん。
    繊細で可愛いかんざしがいっぱいあるんだ~
    和装する機会が減って来たけれど、集めるだけでも楽しい。

  • 「小樽雪あかりの路」は、毎年2月に北海道小樽市で開催されている雪とろうそくの祭典。1999年より開催されています。<br /><br />さっぽろ雪まつりと同時期に開催するので、わたしのように両方行かれる方も多いんじゃないかな。

    「小樽雪あかりの路」は、毎年2月に北海道小樽市で開催されている雪とろうそくの祭典。1999年より開催されています。

    さっぽろ雪まつりと同時期に開催するので、わたしのように両方行かれる方も多いんじゃないかな。

  • 今回の北海道旅行の中で、一番楽しみにしていたのがこの「小樽雪あかりの路」。<br />毎年50万人前後もの来場者数を記録している、小樽の冬の風物詩です。<br /><br />「小樽雪あかりの路」は、小樽高等商業学校(現在の小樽商科大学)を卒業した詩人の伊藤整『雪明りの路』にちなんで命名されました。

    今回の北海道旅行の中で、一番楽しみにしていたのがこの「小樽雪あかりの路」。
    毎年50万人前後もの来場者数を記録している、小樽の冬の風物詩です。

    「小樽雪あかりの路」は、小樽高等商業学校(現在の小樽商科大学)を卒業した詩人の伊藤整『雪明りの路』にちなんで命名されました。

  • 「小樽雪あかりの路」では1日では回りきれないぐらい、あかりスポットがたくさんありますが、メインは「運河会場」と「手宮線会場」。<br />

    「小樽雪あかりの路」では1日では回りきれないぐらい、あかりスポットがたくさんありますが、メインは「運河会場」と「手宮線会場」。

  • 他にも準メインとして「天狗山会場」と「小樽芸術村会場」がありますが、<br />メイン会場だけでもかなり見応えがあります。

    他にも準メインとして「天狗山会場」と「小樽芸術村会場」がありますが、
    メイン会場だけでもかなり見応えがあります。

  • 冬の小樽運河。倉庫群にはつららが出来てる。<br />小樽運河には大勢の人がいて、みんな押し合うのでゆっくり写真を撮るのは難しいね。

    冬の小樽運河。倉庫群にはつららが出来てる。
    小樽運河には大勢の人がいて、みんな押し合うのでゆっくり写真を撮るのは難しいね。

  • 北の玄関口として賑わった小樽港の船からの荷揚げ用に造成されたのが小樽運河。<br />水面に浮かぶのは、200個のガラスの浮き玉キャンドル。<br />やさしく揺れるキャンドルの灯りに癒されます。<br />

    北の玄関口として賑わった小樽港の船からの荷揚げ用に造成されたのが小樽運河。
    水面に浮かぶのは、200個のガラスの浮き玉キャンドル。
    やさしく揺れるキャンドルの灯りに癒されます。

  • 運河沿いにはたくさんのキャンドルが並びます。<br />期間中は12万本のキャンドルが、小樽の街を優しく照らします。

    運河沿いにはたくさんのキャンドルが並びます。
    期間中は12万本のキャンドルが、小樽の街を優しく照らします。

  • 文字をやわらかく照らし出すワックスプレート。

    文字をやわらかく照らし出すワックスプレート。

  • こういうのすごく好き。家に飾りたい。

    こういうのすごく好き。家に飾りたい。

  • 内側からシルエットを浮かび上がらせる雪のオブジェや、アイスキャンドル、文字を浮かび上がらせるワックスプレートなど。<br /><br />各地のキャンドルナイトイベントに足を運んでいますが、キャンドルで様々な魅せ方があることに感動。

    内側からシルエットを浮かび上がらせる雪のオブジェや、アイスキャンドル、文字を浮かび上がらせるワックスプレートなど。

    各地のキャンドルナイトイベントに足を運んでいますが、キャンドルで様々な魅せ方があることに感動。

  • 花や葉など、植物を入れ込んだキャンドルもたくさんありました。

    花や葉など、植物を入れ込んだキャンドルもたくさんありました。

  • 寄り添う雪だるま。こちらは「手宮線会場」。<br /><br />北海道で最古の鉄路として知られ、1985年に廃線となった旧国鉄手宮線の鉄道レールを今も残しています。<br />

    寄り添う雪だるま。こちらは「手宮線会場」。

    北海道で最古の鉄路として知られ、1985年に廃線となった旧国鉄手宮線の鉄道レールを今も残しています。

  • 「小樽雪あかりの路」は開催当初から、「さっぽろ雪まつり」とは対照的に、「参加型」「手づくり」にこだわって回を重ねてきました。<br />町内会、市民ボランティア、各種団体をはじめ、韓国・中国からの海外ボランティアが集まり、このイベントは成立しています。<br /><br />この手宮線会場ではボランティアのおばさま達が、お餅や芋を焼いていて、振る舞ってくれました。

    「小樽雪あかりの路」は開催当初から、「さっぽろ雪まつり」とは対照的に、「参加型」「手づくり」にこだわって回を重ねてきました。
    町内会、市民ボランティア、各種団体をはじめ、韓国・中国からの海外ボランティアが集まり、このイベントは成立しています。

    この手宮線会場ではボランティアのおばさま達が、お餅や芋を焼いていて、振る舞ってくれました。

  • ボランティアの作業内容は力が必要なものから、ろうそくを灯すだけの簡単なものまで。<br />幅広い年齢層から大勢の人がボランティアに参加されているそうです。<br />みんなでスノーキャンドルを作成したりするのは楽しそう。<br /><br />いろんな人と話すのが好きなのですが、最近人間関係が固定しているので、こういうボランティアに参加してみたいな!

    ボランティアの作業内容は力が必要なものから、ろうそくを灯すだけの簡単なものまで。
    幅広い年齢層から大勢の人がボランティアに参加されているそうです。
    みんなでスノーキャンドルを作成したりするのは楽しそう。

    いろんな人と話すのが好きなのですが、最近人間関係が固定しているので、こういうボランティアに参加してみたいな!

  • 冷たい雪の中に揺らめく、ろうそくの灯り。<br />こういう人のあたたかみを感じるお祭りが大好きです。

    冷たい雪の中に揺らめく、ろうそくの灯り。
    こういう人のあたたかみを感じるお祭りが大好きです。

  • かまくらの中の住人。

    かまくらの中の住人。

  • どのお家も幸せそうでほっこり。

    どのお家も幸せそうでほっこり。

  • わたしが旅行をしたタイミングで、北海道には史上最強クラスの寒波襲来してまして。旅行前に、風邪ひかないようにとにかく厚着をしてきて!と北海道在住の皆さんに言われていたのですが、北海道着いたら意外と皆さん軽装。<br />金曜日の昼間は札幌だったけれど、名古屋のサラリーマンと変わらない。<br />観光客だけモコモコに着込んでいる感じでした。<br /><br />ロングのダウンコートの下に、ユニクロのウルトラライトダウン2枚重ねしていったから、夜ご飯を食べに行った時は、わたしの過剰な重ね着に皆さん驚かれてました。恥ずかしい…。

    わたしが旅行をしたタイミングで、北海道には史上最強クラスの寒波襲来してまして。旅行前に、風邪ひかないようにとにかく厚着をしてきて!と北海道在住の皆さんに言われていたのですが、北海道着いたら意外と皆さん軽装。
    金曜日の昼間は札幌だったけれど、名古屋のサラリーマンと変わらない。
    観光客だけモコモコに着込んでいる感じでした。

    ロングのダウンコートの下に、ユニクロのウルトラライトダウン2枚重ねしていったから、夜ご飯を食べに行った時は、わたしの過剰な重ね着に皆さん驚かれてました。恥ずかしい…。

  • 寒さ対策は万全だったので、意外と寒くないなという感想でしたが、小樽では寒さが堪えました。

    寒さ対策は万全だったので、意外と寒くないなという感想でしたが、小樽では寒さが堪えました。

  • 夜に数時間歩き回ったのは小樽だけだったのもありますが、駅に着いた時から寒さが全然違ってました。

    夜に数時間歩き回ったのは小樽だけだったのもありますが、駅に着いた時から寒さが全然違ってました。

  • 写真を趣味にするようになって6年。写真が好きになったことで旅行が大好きになりましたが、1年ぐらい前から写真熱が低下。<br />カメラを持っていってもあんまり写真を撮らなくなりました。<br />写真を撮らなくても目に焼き付ければいいかなという気持ちが大きくなってきて。

    写真を趣味にするようになって6年。写真が好きになったことで旅行が大好きになりましたが、1年ぐらい前から写真熱が低下。
    カメラを持っていってもあんまり写真を撮らなくなりました。
    写真を撮らなくても目に焼き付ければいいかなという気持ちが大きくなってきて。

  • そういう人間が撮る写真はやっぱりイマイチで。構図とか細かくこだわるだけの情熱がないから、見返してもなんだかパッとしない。<br />とても幻想的で素敵なお祭りなのに、それを上手く写真で伝えられないのが残念。

    そういう人間が撮る写真はやっぱりイマイチで。構図とか細かくこだわるだけの情熱がないから、見返してもなんだかパッとしない。
    とても幻想的で素敵なお祭りなのに、それを上手く写真で伝えられないのが残念。

  • 小樽あかりの路は21時まで。時間内に全部回り切れるかなと思っていましたが、寒すぎて20時くらいでギブアップでした。<br /><br />

    小樽あかりの路は21時まで。時間内に全部回り切れるかなと思っていましたが、寒すぎて20時くらいでギブアップでした。

  • もしまた行くことになったら、途中で休憩を挟みながら最後までいたいな。<br />あたたかくて、とっても素敵なお祭りでした。

    もしまた行くことになったら、途中で休憩を挟みながら最後までいたいな。
    あたたかくて、とっても素敵なお祭りでした。

  • 翌朝、小樽から新千歳空港に向かいます。<br />昨日とは打って変わってガラガラの車内。

    翌朝、小樽から新千歳空港に向かいます。
    昨日とは打って変わってガラガラの車内。

  • 新千歳空港に到着!<br />前回は地震直後で3Fが閉鎖されていたので、ぐるりと散策。<br />お腹が空いたのでちょっと早めのお昼ごはん。<br />釜めしが食べたくて「ふく亭」へ。<br />

    新千歳空港に到着!
    前回は地震直後で3Fが閉鎖されていたので、ぐるりと散策。
    お腹が空いたのでちょっと早めのお昼ごはん。
    釜めしが食べたくて「ふく亭」へ。

  • カニ好きなのに食べ損ねていて、今回の旅はじめてのカニ。<br />毛ガニ・タラバ・ズワイガニの豪華贅沢釜めし!<br />

    カニ好きなのに食べ損ねていて、今回の旅はじめてのカニ。
    毛ガニ・タラバ・ズワイガニの豪華贅沢釜めし!

  • ロイズチョコレートワールド。<br />前々からここに来たかったんですよね!<br />

    ロイズチョコレートワールド。
    前々からここに来たかったんですよね!

  • ガラス越しにチョコレート菓子の製造が見れたり

    ガラス越しにチョコレート菓子の製造が見れたり

  • 様々な展示、フォトスポットもたくさん。なんて幸せな空間。

    様々な展示、フォトスポットもたくさん。なんて幸せな空間。

  • お菓子のショップもカラフルでステキ!

    お菓子のショップもカラフルでステキ!

  • お土産もたくさん買いましたよ~<br />美瑛選果に行きたかったのですが、地図が読めない方向音痴人間。お店にたどり着けず…。時間がなくなったので今回は諦めることに。<br /><br />行きは吹雪だったけれど、帰りは青空も見えていい天気。

    お土産もたくさん買いましたよ~
    美瑛選果に行きたかったのですが、地図が読めない方向音痴人間。お店にたどり着けず…。時間がなくなったので今回は諦めることに。

    行きは吹雪だったけれど、帰りは青空も見えていい天気。

  • 今回も楽しい旅行になりました。<br />さよなら北海道。また行きますね!

    今回も楽しい旅行になりました。
    さよなら北海道。また行きますね!

42いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (2)

開く

閉じる

  • ひろさん 2019/05/26 12:35:02
    大満喫の冬の北海道!
    てぶケロさん こんにちは!
    冬の北海道旅行楽しまれましたねー

    五稜郭のイルミネーションがあんなに綺麗なのは初めて知りました。
    五稜郭へは桜の時期しか行っていないので大発見です。
    雪まつり、雪あかりの路、どれも冬の北海道の風物詩ですね。
    雪あかりはまだ行ったことないので、いつか行ってみたい・・・。

    写真熱が下がってきたとのこと。
    私も最近そうですが、老後のために写真に残すように頑張っています(汗)
    雪あかりのてぶケロさんの写真は、温かみを感じさせてくれるので
    イマイチという事は無いですよ。

    てぶケロさんの撮る写真を楽しみにしている者より

    てぶケロトラベラー

    てぶケロトラベラーさん からの返信 2019/05/27 20:22:51
    Re: 大満喫の冬の北海道!
    ひろさん、こんばんわ!
    コメントありがとうございます( ^ω^ )

    桜の時期の五稜郭に行かれたことがあるんですね!いいなぁ~!!
    めちゃめちゃ人多いと聞きましたが、ピンクに染まる五芒星をいつか見てみたいです☆

    未来の自分に、思い出が詰まった写真を見返すという楽しみを残すのですね!とても素敵なプレゼントだなぁ。

    最近の自分の写真はメリハリがないというか、これを魅せたい!という気持ちが弱まっているから、単調な写真になっていてつまらないんですよね。
    でもひろさんに、温かみがあると言っていただけて、すごく嬉しいです!

    また見返して楽しくなるような写真が撮れたらいいなと思いながら、これからも旅しようと思います☆
    嬉しいコメントありがとうございました(*´▽︎`*)


    てぶケロトラベラー

てぶケロトラベラーさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

この旅行で行ったグルメ・レストラン

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

小樽の人気ホテルランキング

PAGE TOP

ピックアップ特集