ティンプー旅行記(ブログ) 一覧に戻る
2019年の改元に伴う10連休の超大型連休は、アジアの国をひとつひとつ巡っていきたいという私の志向と、以前から行きたかったという妻の希望を結びつけて、ブータンを訪れることにしました。<br /><br />公定料金制度という独特の価格設定や、ガイド、ドライバーと常に同伴して観光するという旅行規則など、ブータン観光には他の国では見られない独自のルールが存在します。そのため、普段のアジア周遊とは相当趣きの異なる旅行となりました。そういった特殊性にも触れつつ、GWの8泊9日におよぶブータン観光の旅行記を、およそ4回にわたってまとめていきたいと思います。<br /><br />1回目はバンコクでのトランジット事情を簡単に述べてから、ブータン最初の訪問地である首都ティンプーでの観光について書いていきます。<br /><br />※4月27日(土)15:00関空→19:05バンコク/ドンムアン<br />       タイライオンエアー、バンコク泊<br />※4月28日(日)06:50バンコク/スワンナプーム→08:50パロ<br />       Druk Air、ティンプー観光、ティンプー泊<br /> 4月29日(月)10:20パロ→10:55ブムタン、Druk Air<br />       ブムタン観光、ブムタン泊<br /> 4月30日(火)ブムタン観光、トンサ泊<br /> 5月01日(水)トンサ観光、プナカ泊<br /> 5月02日(木)プナカ観光、パロ泊<br /> 5月03日(金)パロ観光、パロ泊<br /> 5月04日(土)11:00ロ→15:10バンコク/スワンナプーム<br />       Druk Air、バンコク泊<br /> 5月05日(日)05:55バンコク/ドンムアン→13:45関空<br />       タイライオンエアー<br /><br />ブータン&#39;19①~バンコク経由でティンプーへ<br />https://4travel.jp/travelogue/11493906

ブータン'19①~バンコク経由でティンプーへ

24いいね!

2019/04/27 - 2019/05/05

24位(同エリア126件中)

旅行記グループ ブータン'19

0

50

2019年の改元に伴う10連休の超大型連休は、アジアの国をひとつひとつ巡っていきたいという私の志向と、以前から行きたかったという妻の希望を結びつけて、ブータンを訪れることにしました。

公定料金制度という独特の価格設定や、ガイド、ドライバーと常に同伴して観光するという旅行規則など、ブータン観光には他の国では見られない独自のルールが存在します。そのため、普段のアジア周遊とは相当趣きの異なる旅行となりました。そういった特殊性にも触れつつ、GWの8泊9日におよぶブータン観光の旅行記を、およそ4回にわたってまとめていきたいと思います。

1回目はバンコクでのトランジット事情を簡単に述べてから、ブータン最初の訪問地である首都ティンプーでの観光について書いていきます。

※4月27日(土)15:00関空→19:05バンコク/ドンムアン
       タイライオンエアー、バンコク泊
※4月28日(日)06:50バンコク/スワンナプーム→08:50パロ
       Druk Air、ティンプー観光、ティンプー泊
 4月29日(月)10:20パロ→10:55ブムタン、Druk Air
       ブムタン観光、ブムタン泊
 4月30日(火)ブムタン観光、トンサ泊
 5月01日(水)トンサ観光、プナカ泊
 5月02日(木)プナカ観光、パロ泊
 5月03日(金)パロ観光、パロ泊
 5月04日(土)11:00ロ→15:10バンコク/スワンナプーム
       Druk Air、バンコク泊
 5月05日(日)05:55バンコク/ドンムアン→13:45関空
       タイライオンエアー

ブータン'19①~バンコク経由でティンプーへ
https://4travel.jp/travelogue/11493906

同行者
カップル・夫婦
一人あたり費用
30万円 - 50万円
交通手段
レンタカー タクシー 飛行機
利用旅行会社
その他

PR

  • 1日目。<br />ブータン旅行の費用については後でまとめますが、非常に高額になります。少しばかりは経費を節約しようと、関空から経由地のバンコクまではタイライオンエアーというLCCを利用しました。ただ、旅行代金が高騰する超長期のGWのこと。往復2人分で166,020円は、とびっきり安いとまではいえないでしょうね。

    1日目。
    ブータン旅行の費用については後でまとめますが、非常に高額になります。少しばかりは経費を節約しようと、関空から経由地のバンコクまではタイライオンエアーというLCCを利用しました。ただ、旅行代金が高騰する超長期のGWのこと。往復2人分で166,020円は、とびっきり安いとまではいえないでしょうね。

  • ライオンエアーはバンコクのドンムアン空港着ですが、明日はスワンナプーム空港発の便に乗ります。LCCですが、軽食が出ておりました。

    ライオンエアーはバンコクのドンムアン空港着ですが、明日はスワンナプーム空港発の便に乗ります。LCCですが、軽食が出ておりました。

  • 空港間の移動は、無料のシャトルバスを利用しました。バスは、スワンナプーム空港発のエアチケットを見せると乗ることができます。朝夕は12分間隔、それ以外は30分間隔で走っていて、利便性に優れています。この日の道路は混雑もなく、40分ほどで着きました。スワンナプーム空港からホテルまでは、タクシーでした。次の日が早いので、無事に着けて一安心でした。

    空港間の移動は、無料のシャトルバスを利用しました。バスは、スワンナプーム空港発のエアチケットを見せると乗ることができます。朝夕は12分間隔、それ以外は30分間隔で走っていて、利便性に優れています。この日の道路は混雑もなく、40分ほどで着きました。スワンナプーム空港からホテルまでは、タクシーでした。次の日が早いので、無事に着けて一安心でした。

    トン タ リゾート スワンナプーム ホテル

  • 1泊2,883円。トランジット利用としては十分なホテルでした。早朝4時30分、ホテルの無料送迎で、空港に戻りました。

    1泊2,883円。トランジット利用としては十分なホテルでした。早朝4時30分、ホテルの無料送迎で、空港に戻りました。

  • 2日目。<br />朝6時50分、ドゥルクエアーでブータンのパロに向かいます。ちなみに、日本からバンコクまでの往復は自力での手配ですが、バンコクからブータンまでの往復とブータンでの宿泊、スケジュールなどはすべてブータンの旅行会社の手配によります。<br /><br />私たちが依頼したのは、ドゥルク・サクラ・ツアーズという旅行会社です。4トラベルでこの会社を利用した旅行記を多く読んだというのが、選択理由です。ブータン人の夫と日本人の妻が経営する会社で、佐藤さんという奥様と日本語でメールのやり取りができます。他の旅行記にも書かれていましたが、佐藤さんのメール返信が常に迅速だったので、スムーズな旅行準備ができました。お勧めしておきます。<br /><br />https://druksakuratours.com/

    2日目。
    朝6時50分、ドゥルクエアーでブータンのパロに向かいます。ちなみに、日本からバンコクまでの往復は自力での手配ですが、バンコクからブータンまでの往復とブータンでの宿泊、スケジュールなどはすべてブータンの旅行会社の手配によります。

    私たちが依頼したのは、ドゥルク・サクラ・ツアーズという旅行会社です。4トラベルでこの会社を利用した旅行記を多く読んだというのが、選択理由です。ブータン人の夫と日本人の妻が経営する会社で、佐藤さんという奥様と日本語でメールのやり取りができます。他の旅行記にも書かれていましたが、佐藤さんのメール返信が常に迅速だったので、スムーズな旅行準備ができました。お勧めしておきます。

    https://druksakuratours.com/

  • ドゥルクエアーの機内食は、なかなか美味でした。

    ドゥルクエアーの機内食は、なかなか美味でした。

  • ブータンが見えてきました。

    ブータンが見えてきました。

  • 朝9時、パロに着きました。空港で日本円をブータンニュルハムに両替してから、ガイドさんとドライバーさんと落ち合いました。車に乗って、4人でのブータン観光が始まります。

    朝9時、パロに着きました。空港で日本円をブータンニュルハムに両替してから、ガイドさんとドライバーさんと落ち合いました。車に乗って、4人でのブータン観光が始まります。

    パロ空港 (PBH) 空港

  • パロから首都ティンプーへの道。車は、こんな光景の中を走っていきます。

    パロから首都ティンプーへの道。車は、こんな光景の中を走っていきます。

  • 最初の観光地は、チュゾム。あまり写真映えしませんが、ここは川の合流点になっていて、宗教的に重要な場所であるため仏塔が立っています。川の合流点といえば、マレーシアのクアラルンプールを思い出します。それが地名の由来ですからね。

    最初の観光地は、チュゾム。あまり写真映えしませんが、ここは川の合流点になっていて、宗教的に重要な場所であるため仏塔が立っています。川の合流点といえば、マレーシアのクアラルンプールを思い出します。それが地名の由来ですからね。

  • 今後、しばしば目にすることになる、ロイヤルファミリーの写真です。

    今後、しばしば目にすることになる、ロイヤルファミリーの写真です。

  • 続いて、シムトカ・ゾン。ゾンとは、県庁や僧院が一体となっている城塞建築のことで、各地に建てられています。ゾン巡りは、ブータン観光の中核のひとつです。

    続いて、シムトカ・ゾン。ゾンとは、県庁や僧院が一体となっている城塞建築のことで、各地に建てられています。ゾン巡りは、ブータン観光の中核のひとつです。

    シムトカゾン 史跡・遺跡

  • シムトカ・ゾンは、ブータン最古のゾンだそうです。

    シムトカ・ゾンは、ブータン最古のゾンだそうです。

  • 続いて、クェンセルポダンへ。

    続いて、クェンセルポダンへ。

    クェンセル ポダン国立公園 国立公園

  • 巨大な仏像が建っています。

    巨大な仏像が建っています。

    ブッダ ポイント 寺院・教会

  • なかなか広い敷地でした。

    なかなか広い敷地でした。

  • ティンプー市街を見下ろしています。

    ティンプー市街を見下ろしています。

  • 車はティンプー中心部に入りました。昼食です。

    車はティンプー中心部に入りました。昼食です。

  • ビュッフェ。

    ビュッフェ。

  • ブータン名物のエマダツィ。ブータン料理は唐辛子を普通に野菜として食べるため、世界一辛い料理ともいわれています。このエマダツィは唐辛子のチーズ煮込みともいうべきもので、ブータンの国民食になっています。思っていた以上においしかったのですが、当然ながら辛く、食べすぎると絶対に胃腸に問題が発生するだろうなあと思われたので、少しだけに留めました。

    ブータン名物のエマダツィ。ブータン料理は唐辛子を普通に野菜として食べるため、世界一辛い料理ともいわれています。このエマダツィは唐辛子のチーズ煮込みともいうべきもので、ブータンの国民食になっています。思っていた以上においしかったのですが、当然ながら辛く、食べすぎると絶対に胃腸に問題が発生するだろうなあと思われたので、少しだけに留めました。

  • なかなかおいしい昼食でした。

    なかなかおいしい昼食でした。

  • 食後、国立図書館へ。出発前に、岩波新書の「ブータンに魅せられて」(今枝由郎著) を参考テキストとして読んでいて、著者がブータンの国立図書館で勤務していたという記述があったので、立ち寄ってもらいました。なお、おおよその観光ルートの希望は、事前に妻から佐藤さんに伝えています。

    食後、国立図書館へ。出発前に、岩波新書の「ブータンに魅せられて」(今枝由郎著) を参考テキストとして読んでいて、著者がブータンの国立図書館で勤務していたという記述があったので、立ち寄ってもらいました。なお、おおよその観光ルートの希望は、事前に妻から佐藤さんに伝えています。

  • いったんホテルにチェックインして、民族衣装に着替えて、ティンプー観光の目玉タシチョ・ゾンに向かいました。大きな建物で、インパクトは強烈です。

    いったんホテルにチェックインして、民族衣装に着替えて、ティンプー観光の目玉タシチョ・ゾンに向かいました。大きな建物で、インパクトは強烈です。

    タシチョ ゾン 寺院・教会

  • 表紙写真もタシチョ・ゾンです。

    表紙写真もタシチョ・ゾンです。

  • 建物と後景の緑とのコントラストがいいですね。なお、こういった観光名所の入場料は旅行会社に払い込んだ公定料金に含まれているので、現地での支払いはありません。

    建物と後景の緑とのコントラストがいいですね。なお、こういった観光名所の入場料は旅行会社に払い込んだ公定料金に含まれているので、現地での支払いはありません。

  • ゾンの後、尼僧院に立ち寄ります。

    ゾンの後、尼僧院に立ち寄ります。

    ドゥプトプ尼僧院 寺院・教会

  • ティンプーの街並み。

    ティンプーの街並み。

  • 続いて、チャンガンカ・ラカンです。

    続いて、チャンガンカ・ラカンです。

    チャンガンカ ラカン 寺院・教会

  • この後も、〇〇ラカンとか〇〇ゴンパとかの建物によく行きますが、ともに寺院と考えてよいのだと思います。堂内の仏教芸術が素敵なのですが、ブータンではすべて撮影禁止になっています。残念ながら、この先も寺院の内部の写真はありません。

    この後も、〇〇ラカンとか〇〇ゴンパとかの建物によく行きますが、ともに寺院と考えてよいのだと思います。堂内の仏教芸術が素敵なのですが、ブータンではすべて撮影禁止になっています。残念ながら、この先も寺院の内部の写真はありません。

  • 次は、ナショナル・メモリアル・チョルテン。国王が建てた仏塔で、多くの人がお参りしていました。

    次は、ナショナル・メモリアル・チョルテン。国王が建てた仏塔で、多くの人がお参りしていました。

    ナショナル メモリアル チョルテン 寺院・教会

  • 市場です。

    市場です。

    サブジ バザール 市場

  • アジアの市場は、好きな場所です。どこの国に行っても、一度は訪れます。

    アジアの市場は、好きな場所です。どこの国に行っても、一度は訪れます。

  • いろいろな米。ブータンの人たちは、米を非常に多く食べます。

    いろいろな米。ブータンの人たちは、米を非常に多く食べます。

  • 市場の近くに、伝統様式の橋が架かっています。

    市場の近くに、伝統様式の橋が架かっています。

  • 橋は、日常使いされています。

    橋は、日常使いされています。

  • 橋を渡ると、衣類などの雑貨マーケット街に出ます。

    橋を渡ると、衣類などの雑貨マーケット街に出ます。

  • 本日の観光を終え、ホテルに戻りました。ガイドさんとドライバーさんとはお別れです。

    本日の観光を終え、ホテルに戻りました。ガイドさんとドライバーさんとはお別れです。

    ホテル プンツォ ペルリ ホテル

  • プンツォペルリは、市街地散策に便利な立地でした。いくつかの旅行記を見ていると、ツアーでよく利用されているホテルのようでした。

    プンツォペルリは、市街地散策に便利な立地でした。いくつかの旅行記を見ていると、ツアーでよく利用されているホテルのようでした。

  • ホテルは、佐藤さんにツインベッドということだけをリクエストしていました。

    ホテルは、佐藤さんにツインベッドということだけをリクエストしていました。

  • ガイドさんとは夕刻前の解散であったため、民族衣装を脱いで、我々2人だけでティンプーの街を散策することにしました。ブータンでの観光はガイド同伴が原則なのですが、夕方の自由行動などに特に制限はないようです。ただ、地方都市ではホテルの外に何もないため、夕方の散策をしたのはティンプーとパロに宿泊したときだけでした。

    ガイドさんとは夕刻前の解散であったため、民族衣装を脱いで、我々2人だけでティンプーの街を散策することにしました。ブータンでの観光はガイド同伴が原則なのですが、夕方の自由行動などに特に制限はないようです。ただ、地方都市ではホテルの外に何もないため、夕方の散策をしたのはティンプーとパロに宿泊したときだけでした。

    ノルジン ラム 散歩・街歩き

  • 繁華街ノルジンラムの北のほうにあるショップです。

    繁華街ノルジンラムの北のほうにあるショップです。

    ナショナル ハンディクラフト エンポリウム お土産店

  • ノルジンラムにある、ブータン唯一の信号。電動ではなく、人力なのですが・・・。

    ノルジンラムにある、ブータン唯一の信号。電動ではなく、人力なのですが・・・。

    交通整理の交差点 散歩・街歩き

  • 繁華街の中心部に時計塔広場があります。この日は中央のステージで、市民ダンス大会のような催しが開かれていました。何組かのダンスを見ましたが、日本人目線で見ると、ダンスにあまりやる気は感じられませんでした。

    繁華街の中心部に時計塔広場があります。この日は中央のステージで、市民ダンス大会のような催しが開かれていました。何組かのダンスを見ましたが、日本人目線で見ると、ダンスにあまりやる気は感じられませんでした。

    時計塔広場 広場・公園

  • ステージ周りの青いテントに地元の人たちが集まっています。手製のルーレットです。ニュルタム紙幣を賭けています。実物の現金が動いているので、賭け事をしているのが一目瞭然でした。結構みなさん夢中になっていて、叫んでいる人もいました。幸せの国ブータンで青空賭場を見たことについては、驚きを感じるとともに、逆に、ある種の親近感も覚えました。ただ、さすがにルーレットの写真を間近で撮るのは控えました。

    ステージ周りの青いテントに地元の人たちが集まっています。手製のルーレットです。ニュルタム紙幣を賭けています。実物の現金が動いているので、賭け事をしているのが一目瞭然でした。結構みなさん夢中になっていて、叫んでいる人もいました。幸せの国ブータンで青空賭場を見たことについては、驚きを感じるとともに、逆に、ある種の親近感も覚えました。ただ、さすがにルーレットの写真を間近で撮るのは控えました。

  • ダンス大会にルーレットにと市民生活を垣間見れた時計塔広場を離れて、ノルジンラムの通りを戻っていきます。首都屈指の目抜き通りですが、こういう自由な街歩きは、やっぱりどこの国でも楽しいです。

    ダンス大会にルーレットにと市民生活を垣間見れた時計塔広場を離れて、ノルジンラムの通りを戻っていきます。首都屈指の目抜き通りですが、こういう自由な街歩きは、やっぱりどこの国でも楽しいです。

  • ホテルに戻っての夕食です。

    ホテルに戻っての夕食です。

  • ビュッフェですが、その種類が昼間とほぼ同じ。料理のバリエーションは限られているのかもしれません。

    ビュッフェですが、その種類が昼間とほぼ同じ。料理のバリエーションは限られているのかもしれません。

  • エマダツィ。がっつり食べてみたいけど、翌日以降の体調(胃腸)を考えて自重。残念ですが、これを食べ過ぎたら、絶対に次の日からが大変ですからね。自粛は正しい判断だったと思っています。

    エマダツィ。がっつり食べてみたいけど、翌日以降の体調(胃腸)を考えて自重。残念ですが、これを食べ過ぎたら、絶対に次の日からが大変ですからね。自粛は正しい判断だったと思っています。

  • ビュッフェのスープ。

    ビュッフェのスープ。

  • 夕食を食べて、本日は終了です。ちなみに、首都の街歩きの途中で、ビールを何本か買い込んでいます。しかし、ホテルに冷蔵庫がなかったため、常温で飲む寝酒となりました。この先のホテルでも、常温ビールが続きました。このあたりの若干の不便さは仕方ないのだろうなあと思いつつ、続きます。

    夕食を食べて、本日は終了です。ちなみに、首都の街歩きの途中で、ビールを何本か買い込んでいます。しかし、ホテルに冷蔵庫がなかったため、常温で飲む寝酒となりました。この先のホテルでも、常温ビールが続きました。このあたりの若干の不便さは仕方ないのだろうなあと思いつつ、続きます。

24いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

ブータンで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ブータン最安 1,560円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ブータンの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集