ドバイ旅行記(ブログ) 一覧に戻る
せっかく〈「ド」こ行く?何する?〉の「ド」 から始まり 〈「バ」スか?ツアーか?〉の「バ」と続いたので、最後は「イ」で始まるタイトルにしよう!などと変な事を思いついてしまいました。「い」「イ」…と唸りながら、なかなか旅行記が進みませんでしたが、とうとうドバイ滞在も最終日…(&gt;o&lt;)「イ」ンポッシブルなミッションをこなした一日でした。<br /><br />実は、私たちが出発後、実家の解体作業が始まりました。母が入退院を繰り返し他界してから5年以上 空き家になっていた実家を取り壊すので 昨年末から実家の整理でゴミ袋を何十袋も出しました。その中で、捨てきれない物もたくさん…<br /><br />****************<br />【マルタ・1】<br />https://4travel.jp/travelogue/11471152<br /><br />【マルタ・2】<br />https://4travel.jp/travelogue/11473261<br /><br />【マルタ・3】<br />https://4travel.jp/travelogue/11476336<br /><br />【ドバイ・1】「ド」こ行く?何する?タイムリミットは…72時間<br />https://4travel.jp/travelogue/11473297<br /><br />【ドバイ・2】「バ」スか?ツアーか?マネーリミットは…3万円<br />https://4travel.jp/travelogue/11473365

【ドバイ・3】「イ」マ(今)も 昔も…

171いいね!

2019/02/27 - 2019/03/07

31位(同エリア2994件中)

旅行記グループ 2019年 マルタ・ドバイ

35

76

せっかく〈「ド」こ行く?何する?〉の「ド」 から始まり 〈「バ」スか?ツアーか?〉の「バ」と続いたので、最後は「イ」で始まるタイトルにしよう!などと変な事を思いついてしまいました。「い」「イ」…と唸りながら、なかなか旅行記が進みませんでしたが、とうとうドバイ滞在も最終日…(>o<)「イ」ンポッシブルなミッションをこなした一日でした。

実は、私たちが出発後、実家の解体作業が始まりました。母が入退院を繰り返し他界してから5年以上 空き家になっていた実家を取り壊すので 昨年末から実家の整理でゴミ袋を何十袋も出しました。その中で、捨てきれない物もたくさん…

****************
【マルタ・1】
https://4travel.jp/travelogue/11471152

【マルタ・2】
https://4travel.jp/travelogue/11473261

【マルタ・3】
https://4travel.jp/travelogue/11476336

【ドバイ・1】「ド」こ行く?何する?タイムリミットは…72時間
https://4travel.jp/travelogue/11473297

【ドバイ・2】「バ」スか?ツアーか?マネーリミットは…3万円
https://4travel.jp/travelogue/11473365

旅行の満足度
4.5
観光
4.5
ホテル
5.0
グルメ
5.0
ショッピング
4.5
交通
4.5
同行者
家族旅行
一人あたり費用
25万円 - 30万円
交通手段
鉄道 徒歩 飛行機
航空会社
エミレーツ航空
旅行の手配内容
個別手配

PR

  • 捨てられなかった物の一部…本当は、返納しなくてはいけないみたいですね。<br /><br />上左:昭和37年発行のパスポート。<br />1ページ目には「○○○(母の名前)右の者は日本国民であって、夫と同居のためイラク及び※第47頁記載の諸国へ赴くから通路故障なく旅行させ且つ必要な保護扶助を與えられるよう、その筋の緒官に要請する」という文面があります。<br />上右:私の黄色いワクチンのノート。ポリオの記録らしきものがありました。<br />下 :昭和36年に弟がイラクで生まれたので新しく発行されたパスポートの写真。自宅の庭で父が撮った写真。なぜか…この写真を撮っている事を覚えています。

    捨てられなかった物の一部…本当は、返納しなくてはいけないみたいですね。

    上左:昭和37年発行のパスポート。
    1ページ目には「○○○(母の名前)右の者は日本国民であって、夫と同居のためイラク及び※第47頁記載の諸国へ赴くから通路故障なく旅行させ且つ必要な保護扶助を與えられるよう、その筋の緒官に要請する」という文面があります。
    上右:私の黄色いワクチンのノート。ポリオの記録らしきものがありました。
    下 :昭和36年に弟がイラクで生まれたので新しく発行されたパスポートの写真。自宅の庭で父が撮った写真。なぜか…この写真を撮っている事を覚えています。

  • ※第47頁記載の諸国<br /><br />これは南回りの飛行機が立ち寄る国ですね。<br />ベイルート→テヘラン→ニューデリー→カラチ→バンコク→香港…<br /><br />手書きが驚き!

    ※第47頁記載の諸国

    これは南回りの飛行機が立ち寄る国ですね。
    ベイルート→テヘラン→ニューデリー→カラチ→バンコク→香港…

    手書きが驚き!

  • 上左:弟が生まれた病院。2度目にイラクに行った時(1971年から)は、母が子宮筋腫で同じ病院に入院。<br />上右:バグダッドで一番にぎやかだった通り(アル・ラシッド通り)<br />下左:1960年代のバグダッド。<br />下右:バビロン遺跡<br />******************************<br />バグダッドでは、街中の写真をあまり撮ることができませんでした。<br />なので、街中の写真は車の中から撮ったものが多いです。<br />「街中で写真を撮っているのが見つかると…フィルムを抜かれることもあるから絶対に写真を撮らないで」と父はいつも日本から来るお客さんに説明していました。

    上左:弟が生まれた病院。2度目にイラクに行った時(1971年から)は、母が子宮筋腫で同じ病院に入院。
    上右:バグダッドで一番にぎやかだった通り(アル・ラシッド通り)
    下左:1960年代のバグダッド。
    下右:バビロン遺跡
    ******************************
    バグダッドでは、街中の写真をあまり撮ることができませんでした。
    なので、街中の写真は車の中から撮ったものが多いです。
    「街中で写真を撮っているのが見つかると…フィルムを抜かれることもあるから絶対に写真を撮らないで」と父はいつも日本から来るお客さんに説明していました。

  • 上左:接待でバビロンに行った時の写真。お客様と両親と私。<br />上右:クテシフォン遺跡(ササン朝ペルシャ時代)母と私。<br />下左:父と私。<br />下右:弟が生まれた病院で。イギリス人の看護師さんとインド人の医師と一緒。<br />弟は10月産まれ。10月でも真夏の服装。<br />**********************<br />「サザエさん」に登場するワカメちゃんのように…パンツが丸見えですがご勘弁ください。

    上左:接待でバビロンに行った時の写真。お客様と両親と私。
    上右:クテシフォン遺跡(ササン朝ペルシャ時代)母と私。
    下左:父と私。
    下右:弟が生まれた病院で。イギリス人の看護師さんとインド人の医師と一緒。
    弟は10月産まれ。10月でも真夏の服装。
    **********************
    「サザエさん」に登場するワカメちゃんのように…パンツが丸見えですがご勘弁ください。

  • 上:レバノンの航空会社(MEA)のチケット。レバノン杉が飛行機にも描いてありました。<br />下:イラク航空とMEAのチケット。<br /><br />**********************<br />当時は、南回りで香港、カラチ、デリー、カラチなとに止まりながら、ベイルートに向かい、ベイルートからイラクに入りました。ベイルートは中近東の中心地でした。

    上:レバノンの航空会社(MEA)のチケット。レバノン杉が飛行機にも描いてありました。
    下:イラク航空とMEAのチケット。

    **********************
    当時は、南回りで香港、カラチ、デリー、カラチなとに止まりながら、ベイルートに向かい、ベイルートからイラクに入りました。ベイルートは中近東の中心地でした。

  • 2016年の年が明けた時、大晦日の年越しで賑わっていたドバイのホテルで火事がありました。それほど大火事ではなかったようですが、元旦の昼に日本のニュースでも報道されていました。<br /><br />〈1.泊まりたいホテルベスト3⇒マディナ・ジュメイラのホテルどこでも、アドレス・ダウンタウンかアドレス・ドバイモール、バブアルシャムス〉<br /><br />アドレス・ダウンタウンがこの火事になったホテルでした。<br />ドバイ往復の航空券が取れた時はまだ営業再開になっていなかったので、最後の夜はアドレス・ドバイモールを変更可のお値段で予約しました。変更可で予約しておいて いざダウンタウンが開業になったら、そちらに乗り換える予定でした。<br /><br />なぜ、この二つのホテルにこだわったかというと…<br />どちらもチェックインから丸々24時間ホテルにいることができるからです。<br />夜中の2時過ぎの成田行き飛行機に乗るために、午後11時過ぎにホテルをチェックアウトしようと思っていました。そこで、なるべく遅い時間にチェックインをしようという計画です。このために、チェックイン当日にアブダビ行きを考え、ツアー会社に問い合わせるときも「なるべく遅い時間に次のホテルに送ってもらうことは可能か」を聞いていました。

    2016年の年が明けた時、大晦日の年越しで賑わっていたドバイのホテルで火事がありました。それほど大火事ではなかったようですが、元旦の昼に日本のニュースでも報道されていました。

    〈1.泊まりたいホテルベスト3⇒マディナ・ジュメイラのホテルどこでも、アドレス・ダウンタウンかアドレス・ドバイモール、バブアルシャムス〉

    アドレス・ダウンタウンがこの火事になったホテルでした。
    ドバイ往復の航空券が取れた時はまだ営業再開になっていなかったので、最後の夜はアドレス・ドバイモールを変更可のお値段で予約しました。変更可で予約しておいて いざダウンタウンが開業になったら、そちらに乗り換える予定でした。

    なぜ、この二つのホテルにこだわったかというと…
    どちらもチェックインから丸々24時間ホテルにいることができるからです。
    夜中の2時過ぎの成田行き飛行機に乗るために、午後11時過ぎにホテルをチェックアウトしようと思っていました。そこで、なるべく遅い時間にチェックインをしようという計画です。このために、チェックイン当日にアブダビ行きを考え、ツアー会社に問い合わせるときも「なるべく遅い時間に次のホテルに送ってもらうことは可能か」を聞いていました。

  • 上:7階エレベーターホール<br />下:エレベーターホールにある案内プレート<br />*******************************<br />5月に何度か アドレスホテルとやりとりをしました。「ダウンタウンはいつ開業するのか?」そして、3度目の正直!!予想は見事的中!!<br />5月25日、「6月1日にオープンする」ということを教えてもらい、すでに取ってあったドバイモールをキャンセルしてダウンタウンに変更してもらいました。<br />夜の10時半頃にチェックイン。<br />ここから24時間のホテルステイです。

    上:7階エレベーターホール
    下:エレベーターホールにある案内プレート
    *******************************
    5月に何度か アドレスホテルとやりとりをしました。「ダウンタウンはいつ開業するのか?」そして、3度目の正直!!予想は見事的中!!
    5月25日、「6月1日にオープンする」ということを教えてもらい、すでに取ってあったドバイモールをキャンセルしてダウンタウンに変更してもらいました。
    夜の10時半頃にチェックイン。
    ここから24時間のホテルステイです。

    アドレス ダウンタウン ホテル

    テラスで噴水ショーをみることができる部屋でした! by mikimikiさん
  • 部屋までフロントの人が荷物を持って案内してくれました。<br />エレベーターホールが数カ所あり、私たちが使うエレベーターは一番奥にありました。<br />部屋は12階。クラブラウンジは7階。<br />この日、朝食をたっぷり食べたあとアフタヌーンティーしかしていなかった…と気づいて急に空腹感を感じたのでクラブラウンジに行きました。

    部屋までフロントの人が荷物を持って案内してくれました。
    エレベーターホールが数カ所あり、私たちが使うエレベーターは一番奥にありました。
    部屋は12階。クラブラウンジは7階。
    この日、朝食をたっぷり食べたあとアフタヌーンティーしかしていなかった…と気づいて急に空腹感を感じたのでクラブラウンジに行きました。

    アドレス ダウンタウン ホテル

    テラスで噴水ショーをみることができる部屋でした! by mikimikiさん
  • ラウンジの正面にドーン!!ブルジュハリファが見えます。<br />広いバルコニーにはテーブルあり、イスあり、ソファあり。<br />お酒を飲みながらブルジュハリファを見ているカップルも。ムード満点です!

    ラウンジの正面にドーン!!ブルジュハリファが見えます。
    広いバルコニーにはテーブルあり、イスあり、ソファあり。
    お酒を飲みながらブルジュハリファを見ているカップルも。ムード満点です!

    ブルジュ ハリファ 現代・近代建築

  • 少し遠いですが、噴水ショーも見えます。

    少し遠いですが、噴水ショーも見えます。

    ドバイ ファウンテン 劇場・ホール・ショー

  • ダウンタウンがいつオープンするかを知りたくて何度もアドレスホテルのホームページを見ていたので、新しくオープンしたホテルの形も覚えてしまいました。<br />左の高いビルは新しいアドレス・ブルバード、右は前からあるアドレス・ドバイモール。<br /><br />アドレス・ドバイモールはドバイモールと直結しているので夏の暑い時期は外に出なくてもショッピングができるようです。<br />ドバイは、ショッピングセンターと直結しているホテルが多いと感じました。<br />暑いんだろうなぁ…やっぱり。

    ダウンタウンがいつオープンするかを知りたくて何度もアドレスホテルのホームページを見ていたので、新しくオープンしたホテルの形も覚えてしまいました。
    左の高いビルは新しいアドレス・ブルバード、右は前からあるアドレス・ドバイモール。

    アドレス・ドバイモールはドバイモールと直結しているので夏の暑い時期は外に出なくてもショッピングができるようです。
    ドバイは、ショッピングセンターと直結しているホテルが多いと感じました。
    暑いんだろうなぁ…やっぱり。

  • マルタに3泊、ドバイで3泊目。<br /><br />お・は・しがあるよぉ!!娘は興奮状態です。<br /><br />初めてお箸を見ました!<br />

    マルタに3泊、ドバイで3泊目。

    お・は・しがあるよぉ!!娘は興奮状態です。

    初めてお箸を見ました!

  • ここのホテル、器がおしゃれ。

    ここのホテル、器がおしゃれ。

  • とてもおしゃれなお皿にケーキ。<br />お肉も野菜も これ一つで扱える なんて便利なんだろう お箸って!!<br />と改めて 優れものお箸を絶賛してしまいました。<br /><br />いざとなったら…ケーキだって お箸で食べられます!!

    とてもおしゃれなお皿にケーキ。
    お肉も野菜も これ一つで扱える なんて便利なんだろう お箸って!!
    と改めて 優れものお箸を絶賛してしまいました。

    いざとなったら…ケーキだって お箸で食べられます!!

  • 夜 11時頃に こんなにお料理が並んでるって…ビックリ。

    夜 11時頃に こんなにお料理が並んでるって…ビックリ。

  • サラダ類も充実。

    サラダ類も充実。

  • 上左:ストウブのお鍋が3つ並んでいたので、一つ一つふたを開けてみました。<br />お肉あり、お魚のクリーム煮あり、そして温野菜。<br />下:冷蔵コーナーには、にぎり寿司まで!!<br />上右:ケーキ類はトレイに直接置かれているので、ケーキ類を取ると跡が残ってしまう…左に写っているのはチョコレートケーキがあった場所…(&gt;o&lt;)<br />この冷蔵コーナーの下は、飲み物類が冷えています。

    上左:ストウブのお鍋が3つ並んでいたので、一つ一つふたを開けてみました。
    お肉あり、お魚のクリーム煮あり、そして温野菜。
    下:冷蔵コーナーには、にぎり寿司まで!!
    上右:ケーキ類はトレイに直接置かれているので、ケーキ類を取ると跡が残ってしまう…左に写っているのはチョコレートケーキがあった場所…(>o<)
    この冷蔵コーナーの下は、飲み物類が冷えています。

  • 噴水ショーも終わり、少しずつ静まりかえるドバイモール。1階の噴水ショーの周りにはレストランが並び、外のテラス席がたくさんあるので、食事をしながら噴水ショーを楽しむ事も!

    噴水ショーも終わり、少しずつ静まりかえるドバイモール。1階の噴水ショーの周りにはレストランが並び、外のテラス席がたくさんあるので、食事をしながら噴水ショーを楽しむ事も!

  • 上左:ドアの横にある差し込み口にカードキーを入れると、部屋の電気がつきます。<br />上右:部屋の位置。非常口もきちんと確認しておかないと…火の用心!!<br />下: キングベッドと簡易ベッド。実は、このホテル、噴水側の部屋は全てキングベッドだけで、反対側の部屋にはツインルーム、キングベッドの2種類があります。そして…噴水とブルジュハリファ側のお部屋の方がお値段も高め…(&gt;o&lt;)<br />当然、反対側のツインの部屋を予約するつもりでした。予約をするときもそう伝えたのですが、「キングベッドの部屋に簡易ベッドを入れて その上、反対側の部屋と同じ値段でどう?」となんともありがたい提案をいただき…このような部屋で24時間ステイをすることになりました。<br />超がつくラッキー!!

    上左:ドアの横にある差し込み口にカードキーを入れると、部屋の電気がつきます。
    上右:部屋の位置。非常口もきちんと確認しておかないと…火の用心!!
    下: キングベッドと簡易ベッド。実は、このホテル、噴水側の部屋は全てキングベッドだけで、反対側の部屋にはツインルーム、キングベッドの2種類があります。そして…噴水とブルジュハリファ側のお部屋の方がお値段も高め…(>o<)
    当然、反対側のツインの部屋を予約するつもりでした。予約をするときもそう伝えたのですが、「キングベッドの部屋に簡易ベッドを入れて その上、反対側の部屋と同じ値段でどう?」となんともありがたい提案をいただき…このような部屋で24時間ステイをすることになりました。
    超がつくラッキー!!

  • 左:引き出しの中には紅茶とコーヒーのセット<br />右上:バスタブ<br />右中:右の扉はトイレ 左の扉はシャワールーム<br />部屋のすべての電気を消したあとも、トイレの灯りだけほんのりとついていて、夜中にトイレに行くときも迷うことなく安心です。<br />右下:ダブルシンクの洗面所。中央にアメニティが入った引き出しがありました。<br /><br />部屋でテレビを見ているとお風呂場までスピーカーで音が聞こえます。<br /><br />マルタとドバイで泊まってきたホテルの中で一番たくさんのチャンネルがありました。

    左:引き出しの中には紅茶とコーヒーのセット
    右上:バスタブ
    右中:右の扉はトイレ 左の扉はシャワールーム
    部屋のすべての電気を消したあとも、トイレの灯りだけほんのりとついていて、夜中にトイレに行くときも迷うことなく安心です。
    右下:ダブルシンクの洗面所。中央にアメニティが入った引き出しがありました。

    部屋でテレビを見ているとお風呂場までスピーカーで音が聞こえます。

    マルタとドバイで泊まってきたホテルの中で一番たくさんのチャンネルがありました。

  • ぐっすり寝て…朝食はレストランで。

    ぐっすり寝て…朝食はレストランで。

  • アラビア料理も揃っているレストラン。レモンミントジュース、スイカジュースもありました。

    アラビア料理も揃っているレストラン。レモンミントジュース、スイカジュースもありました。

  • スイカジュースにはこのような可愛らしいマークが。それぞれ果物の絵が描いてあるのでわかりやすくなっています。<br /><br />食事をしているとき 隣のテーブルにいた親子…大きな丸いテーブルで、お母さんはアバヤを着ているアラブの女性。お母さんを囲んで5人の子供たち、アフリカ系の子供に欧米系の子供、アジア系の子供も…国籍も人種も年代も異なる子供たちは、それぞれ幸せそうに食事をしていました。すごい!ドバイはお金持ちの国だと聞いていましたが、お金の使い方が半端なくカッコイイです。<br />食事をしながら…感心していました。

    スイカジュースにはこのような可愛らしいマークが。それぞれ果物の絵が描いてあるのでわかりやすくなっています。

    食事をしているとき 隣のテーブルにいた親子…大きな丸いテーブルで、お母さんはアバヤを着ているアラブの女性。お母さんを囲んで5人の子供たち、アフリカ系の子供に欧米系の子供、アジア系の子供も…国籍も人種も年代も異なる子供たちは、それぞれ幸せそうに食事をしていました。すごい!ドバイはお金持ちの国だと聞いていましたが、お金の使い方が半端なくカッコイイです。
    食事をしながら…感心していました。

  • ラウンジのテラスから朝の街を。

    ラウンジのテラスから朝の街を。

  • 右を見るとドバイモール。

    右を見るとドバイモール。

  • 正面を見上げると…朝陽に照らされたブルジュハリファ。

    正面を見上げると…朝陽に照らされたブルジュハリファ。

  • 娘とは午後1時に待ち合わせをして別行動。<br /><br />これはホテルの入り口。<br />実は、このあと ちょっとしたトラブルがありました。<br /><br />この写真を撮って 外に出て入り口横の花を写真に撮り、少しずらしてホテルの名前とベンチを撮った時でした。<br />ホテルの前にいた男性に呼び止められたのです。<br />「今、何を撮りましたか?」「カメラを見せてください」…<br />ビックリして 渡しました。一枚、一枚 点検して…<br />ホテルの玄関横を写した写真は消されました。<br />「他にカメラは?」と聞かれたので、小さい方のカメラを渡しました。<br />朝食の料理やブルジュハリファの写真を見ながら<br />「この料理の写真は…記念に撮ったの?」素直に頷く私…<br />焦りました。本当に焦りました。(&gt;o&lt;)(&gt;o&lt;)<br /><br />正直に言うと…焦るというより 怖かったです。泣きそうでした。<br /><br />「propertyの写真を撮ってはいけない!」と注意をされてカメラを返してもらいました。<br />property「所有物、所有地」などなど…<br /><br />あ…昔と同じなんだなぁ。バグダッドもこうだったんだぁ…<br />少しカメラを外に出すのが怖くなりました。

    娘とは午後1時に待ち合わせをして別行動。

    これはホテルの入り口。
    実は、このあと ちょっとしたトラブルがありました。

    この写真を撮って 外に出て入り口横の花を写真に撮り、少しずらしてホテルの名前とベンチを撮った時でした。
    ホテルの前にいた男性に呼び止められたのです。
    「今、何を撮りましたか?」「カメラを見せてください」…
    ビックリして 渡しました。一枚、一枚 点検して…
    ホテルの玄関横を写した写真は消されました。
    「他にカメラは?」と聞かれたので、小さい方のカメラを渡しました。
    朝食の料理やブルジュハリファの写真を見ながら
    「この料理の写真は…記念に撮ったの?」素直に頷く私…
    焦りました。本当に焦りました。(>o<)(>o<)

    正直に言うと…焦るというより 怖かったです。泣きそうでした。

    「propertyの写真を撮ってはいけない!」と注意をされてカメラを返してもらいました。
    property「所有物、所有地」などなど…

    あ…昔と同じなんだなぁ。バグダッドもこうだったんだぁ…
    少しカメラを外に出すのが怖くなりました。

  • ドバイモールを通り抜けてメトロの駅まで行き、メトロに乗ってバスタキア地区まで歩きました。<br /><br />よくよく注意してみると、メトロまでの通路も駅も 私服や制服を着た警備員の人がたくさん!それだけ治安が良いともいえますし、逆に 本来撮ってはいけないところで写真を撮っていると、すぐに捕まるともいえます。(^^ゞ

    ドバイモールを通り抜けてメトロの駅まで行き、メトロに乗ってバスタキア地区まで歩きました。

    よくよく注意してみると、メトロまでの通路も駅も 私服や制服を着た警備員の人がたくさん!それだけ治安が良いともいえますし、逆に 本来撮ってはいけないところで写真を撮っていると、すぐに捕まるともいえます。(^^ゞ

    オリエント ゲスト ハウス ホテル

  • バスタキャ地区はとても雰囲気のある街でした。<br />この地区まで歩いている道は知っていたバグダッドの道と同じでした。 <br />道路と歩道の間に排水溝があって、その排水溝にゴミがたまっている…そんな道でした。<br />

    バスタキャ地区はとても雰囲気のある街でした。
    この地区まで歩いている道は知っていたバグダッドの道と同じでした。 
    道路と歩道の間に排水溝があって、その排水溝にゴミがたまっている…そんな道でした。

    アル ファヒディ歴史地区 (バスタキヤ地区) 散歩・街歩き

  • ベンチに座って周りを見渡し、写真を撮っている人がいるときだけ 自分も写真を撮ればいいのかも…と思い直してキョロキョロしながら撮った写真。(^^ゞ<br /><br />ヒヤヒヤでした。<br />でも…property…って。いったい何を撮ったらダメで、何を撮っても良いのか…理解できていません。<br /><br />この後、オールドスークに向いました。

    ベンチに座って周りを見渡し、写真を撮っている人がいるときだけ 自分も写真を撮ればいいのかも…と思い直してキョロキョロしながら撮った写真。(^^ゞ

    ヒヤヒヤでした。
    でも…property…って。いったい何を撮ったらダメで、何を撮っても良いのか…理解できていません。

    この後、オールドスークに向いました。

  • オールドスークに入る前に場所を確認しようと ちょっと見ていたガイドブックをバッグにしまって…また呼び止められました。<br />今、しまったガイドブックを見せろ、と言うのです。<br />なぜ?何?と頭の中をクエスチョンマークでいっぱいにしてガイドブックを取り出して見せました。<br />すると…スルッと本を抜き取り<br />「やっぱりあなたは運が良い。この本のここにいるのが私の叔父だ(矢印の下の四角内の男性)。その叔父がやっているお店があそこにあるから、会わせよう!」<br />本を持ってスークの中を進み、一軒のお店につれて行かれました。<br />「別に会いたいなんて思ってないけどな…」と心の中で思っていたのですが、本を返してもらおうとついて行くと…<br />ここの本で出ている値段より安くするから…とストールを売りつけてきました。<br />「いらない」と言って、外に出ると 今度は「私の父だ」「私の妻の叔父だ」と<br />いろいろなお店からこの男性の親戚が次々と出てきては ストールやショールを見せます。笑いたくなるのを必死でこらえて、足早に歩きました。絶対にこの男性の甥や息子じゃないくせに!!<br />この本の利用の仕方、慣れているのでしょうか…この本を持っている男性の後ろに別の男性が回り込み 本をさっと引き受けて「今度は、僕の店に来い!叔父が待ってるから。今、会わせよう!!」と…<br />本を渡したまま帰ってしまおうかと思いましたが…私も相当 執念深い(笑)<br />「今は、時間がないから また別の日に来るね!本を返して!!」と帰ってきました。<br /><br />バグダッドもスークに行くと次から次へと売り込みでした。<br />私は、最後まで何も買うこともなく戻ってきましたが、女性一人で初めてスークに行ったら…少し怖い思いをするのではないでしょうか。<br /><br />あと…絶対にこのガイドブックをスークのそばで見たり バッグの中からは見えないようにする方が良いと思います。みんなこの男性の親戚のフリをして売りつけてきますから…(笑)

    オールドスークに入る前に場所を確認しようと ちょっと見ていたガイドブックをバッグにしまって…また呼び止められました。
    今、しまったガイドブックを見せろ、と言うのです。
    なぜ?何?と頭の中をクエスチョンマークでいっぱいにしてガイドブックを取り出して見せました。
    すると…スルッと本を抜き取り
    「やっぱりあなたは運が良い。この本のここにいるのが私の叔父だ(矢印の下の四角内の男性)。その叔父がやっているお店があそこにあるから、会わせよう!」
    本を持ってスークの中を進み、一軒のお店につれて行かれました。
    「別に会いたいなんて思ってないけどな…」と心の中で思っていたのですが、本を返してもらおうとついて行くと…
    ここの本で出ている値段より安くするから…とストールを売りつけてきました。
    「いらない」と言って、外に出ると 今度は「私の父だ」「私の妻の叔父だ」と
    いろいろなお店からこの男性の親戚が次々と出てきては ストールやショールを見せます。笑いたくなるのを必死でこらえて、足早に歩きました。絶対にこの男性の甥や息子じゃないくせに!!
    この本の利用の仕方、慣れているのでしょうか…この本を持っている男性の後ろに別の男性が回り込み 本をさっと引き受けて「今度は、僕の店に来い!叔父が待ってるから。今、会わせよう!!」と…
    本を渡したまま帰ってしまおうかと思いましたが…私も相当 執念深い(笑)
    「今は、時間がないから また別の日に来るね!本を返して!!」と帰ってきました。

    バグダッドもスークに行くと次から次へと売り込みでした。
    私は、最後まで何も買うこともなく戻ってきましたが、女性一人で初めてスークに行ったら…少し怖い思いをするのではないでしょうか。

    あと…絶対にこのガイドブックをスークのそばで見たり バッグの中からは見えないようにする方が良いと思います。みんなこの男性の親戚のフリをして売りつけてきますから…(笑)

    ドバイ オールド スーク (テキスタイル スーク) 市場

  • スークを抜けてアブラ乗り場まで早足で…<br />ちょうどアブラが止まっていたので、乗り込み座りました。<br />1ディルハムですが、乗る時ではなく 定員が集まってから現金でお金を集めます。幸い、1ディルハムを持っていました。<br />おつりが必要な人には、別の人から集めたお金がおつりの金額になるとおつりを返してくれます。<br /><br />対岸にある2カ所の乗り場まで行くことができますが…<br />私が乗ったアブラは 思っていた所より少し先の乗り場に向っていました。

    スークを抜けてアブラ乗り場まで早足で…
    ちょうどアブラが止まっていたので、乗り込み座りました。
    1ディルハムですが、乗る時ではなく 定員が集まってから現金でお金を集めます。幸い、1ディルハムを持っていました。
    おつりが必要な人には、別の人から集めたお金がおつりの金額になるとおつりを返してくれます。

    対岸にある2カ所の乗り場まで行くことができますが…
    私が乗ったアブラは 思っていた所より少し先の乗り場に向っていました。

    アブラ (船) 船系

  • アブラを降り、メトロのバニヤススクエア駅まで街中をあるき、メトロに乗ってホテルに戻りました。<br />午後1時少し過ぎてしまって…娘は心配しているだろうか…と思っていたらドバイモールの中で娘とバッタリ。<br />娘は広すぎるモールの中で迷子になっていたようです。

    アブラを降り、メトロのバニヤススクエア駅まで街中をあるき、メトロに乗ってホテルに戻りました。
    午後1時少し過ぎてしまって…娘は心配しているだろうか…と思っていたらドバイモールの中で娘とバッタリ。
    娘は広すぎるモールの中で迷子になっていたようです。

    Sabkha Abra Station 船系

  • ホテルの名前が印刷してあるカードも持って、大丈夫だろうと思ってモールにいたら…広すぎてホテルにつながる出口が見つけられなかった…そうです。<br /><br />親も子も…お互いヒヤヒヤしましたが、最終的には刺激的な数時間を過ごしました。ラウンジのテラスで噴水ショーを見ながらランチにします。<br /><br />このホテルは朝食、アフタヌーンティー、カクテルタイムだけでなく、昼食や軽食などがいつも用意されています。

    ホテルの名前が印刷してあるカードも持って、大丈夫だろうと思ってモールにいたら…広すぎてホテルにつながる出口が見つけられなかった…そうです。

    親も子も…お互いヒヤヒヤしましたが、最終的には刺激的な数時間を過ごしました。ラウンジのテラスで噴水ショーを見ながらランチにします。

    このホテルは朝食、アフタヌーンティー、カクテルタイムだけでなく、昼食や軽食などがいつも用意されています。

    アドレス ダウンタウン ホテル

    テラスで噴水ショーをみることができる部屋でした! by mikimikiさん
  • 昼の噴水ショーが一番よく見える正面のテーブルに座りました。

    昼の噴水ショーが一番よく見える正面のテーブルに座りました。

  • とても喉が渇いたので…セブンアップ。<br />ところが、栓抜きが見当たりません…ちょうどテラスにやってきた ラウンジ担当の若い男性に栓抜きをもらおうと思って呼び止めました。<br /><br />すると…栓抜きは無い…と。

    とても喉が渇いたので…セブンアップ。
    ところが、栓抜きが見当たりません…ちょうどテラスにやってきた ラウンジ担当の若い男性に栓抜きをもらおうと思って呼び止めました。

    すると…栓抜きは無い…と。

  • こうやってねじると栓が取れるとやってくれました。<br />すごい!!力持ち!!と驚いていると<br />ドバイでは、ねじって取るようになっているようで、これが普通だと笑っていました。<br /><br />初めて見るタイプのビンだったので、「もう一度やってください」とお願いしてビンの栓を取っている所を写真に撮りました。

    こうやってねじると栓が取れるとやってくれました。
    すごい!!力持ち!!と驚いていると
    ドバイでは、ねじって取るようになっているようで、これが普通だと笑っていました。

    初めて見るタイプのビンだったので、「もう一度やってください」とお願いしてビンの栓を取っている所を写真に撮りました。

  • 豆サラダ。この肉…まさか…ポーク?とてもおいしい豚肉のような気がしたのですが…まさかね。<br /><br />ジリジリと太陽の光が差し込むような熱を感じました。<br />暑い…<br /><br />「今はベストシーズン。あと1,2週間たつともっと暑くなる」と言われましたが、その暑さを少し感じる事ができるような太陽の熱でした。

    豆サラダ。この肉…まさか…ポーク?とてもおいしい豚肉のような気がしたのですが…まさかね。

    ジリジリと太陽の光が差し込むような熱を感じました。
    暑い…

    「今はベストシーズン。あと1,2週間たつともっと暑くなる」と言われましたが、その暑さを少し感じる事ができるような太陽の熱でした。

  • 温野菜も。<br /><br />このラウンジ担当の男性はエジプト出身だそうです。妹さんもエジプトからドバイに来て仕事をしているとか…<br />私たちがお箸を使って豆をつまんだり、野菜をはさんだりしているのを見て、「お箸を使うのは難しいですか?」と聞いてきました。彼自身は お箸を使うことができないそうですが、妹さんは一生懸命練習しているそうでした。<br />お箸があったり、お寿司があったり…このホテルは日本人のお客さんが多いのかもしれないと思い尋ねたところ、ホテル全体でもラウンジでも日本人はあまり見かけないそうです。中国人はとても多いと言っていました。

    温野菜も。

    このラウンジ担当の男性はエジプト出身だそうです。妹さんもエジプトからドバイに来て仕事をしているとか…
    私たちがお箸を使って豆をつまんだり、野菜をはさんだりしているのを見て、「お箸を使うのは難しいですか?」と聞いてきました。彼自身は お箸を使うことができないそうですが、妹さんは一生懸命練習しているそうでした。
    お箸があったり、お寿司があったり…このホテルは日本人のお客さんが多いのかもしれないと思い尋ねたところ、ホテル全体でもラウンジでも日本人はあまり見かけないそうです。中国人はとても多いと言っていました。

  • お部屋に置いてあったペットボトルを持って散策開始。<br />娘は この時期 スペインに行っていた友だちとラインで連絡を取りながら「ドバイで○○買ってきて」という○○を探しにモール散策中。<br /><br />若い子達って、すごいな…と思いました。<br />世界は狭くなっている!!<br />

    お部屋に置いてあったペットボトルを持って散策開始。
    娘は この時期 スペインに行っていた友だちとラインで連絡を取りながら「ドバイで○○買ってきて」という○○を探しにモール散策中。

    若い子達って、すごいな…と思いました。
    世界は狭くなっている!!

  • ブルジュハリファの周辺にはアドレスグループを含めてEMAARのホテルがたくさんあります。ブルジュハリファやドバイモール自体がEMAARの物です。<br />アドレスダウンタウンの隣にはドバイモールとアドレス・ドバイモールというホテルがありますが、その反対にはパレスと呼ばれるアラビアチックなホテルがあります。<br /><br />一応、怖いので…写真を撮って良いか許可をもらいました。<br />フロントにいる人と、ホテルのドアマンなどみんな「どうぞ、どうぞ」と快く言ってくれたので、バッグからカメラを出して…カメラを構えると<br />「ちょっと待って!!そのカメラで写真を撮るのか?!」とさっきはニコニコしていた男性が大声で叫んでいます。<br />またもや 頭の中は ???<br /><br />一眼レフはダメ!! という事でした。

    ブルジュハリファの周辺にはアドレスグループを含めてEMAARのホテルがたくさんあります。ブルジュハリファやドバイモール自体がEMAARの物です。
    アドレスダウンタウンの隣にはドバイモールとアドレス・ドバイモールというホテルがありますが、その反対にはパレスと呼ばれるアラビアチックなホテルがあります。

    一応、怖いので…写真を撮って良いか許可をもらいました。
    フロントにいる人と、ホテルのドアマンなどみんな「どうぞ、どうぞ」と快く言ってくれたので、バッグからカメラを出して…カメラを構えると
    「ちょっと待って!!そのカメラで写真を撮るのか?!」とさっきはニコニコしていた男性が大声で叫んでいます。
    またもや 頭の中は ???

    一眼レフはダメ!! という事でした。

    パレス ダウンタウン ホテル

  • これはパレスの玄関横にある喫煙所。おしゃれです!<br />ただ…もっとおしゃれなのが…

    これはパレスの玄関横にある喫煙所。おしゃれです!
    ただ…もっとおしゃれなのが…

  • この灰皿(?)<br />わざわざ砂にデザインがありました。

    この灰皿(?)
    わざわざ砂にデザインがありました。

  • パレスホテルは玄関を入ると とてもエキゾチックな香がします。<br />これは玄関の脇にあるランプ。

    パレスホテルは玄関を入ると とてもエキゾチックな香がします。
    これは玄関の脇にあるランプ。

  • パレスホテルから噴水の方を眺めるとこんな感じ。<br />この写真には写っていませんが、左側にバージハリファがそびえ立っています。

    パレスホテルから噴水の方を眺めるとこんな感じ。
    この写真には写っていませんが、左側にバージハリファがそびえ立っています。

  • もう少し右を見ると…泊まっているホテルが見えていました。<br /><br />なんか…鉄人28号みたいだ…<br />私と同じ意見の方!<br />昭和は遠くになりにけり、ですね…(笑)

    もう少し右を見ると…泊まっているホテルが見えていました。

    なんか…鉄人28号みたいだ…
    私と同じ意見の方!
    昭和は遠くになりにけり、ですね…(笑)

  • 一応、スーク アル バハール内部にも たくさん警備の方がいました。<br />「写真OK?」を何度も繰り返し、一眼レフは取り出さず…<br />コンパクトカメラで写真を撮りました。<br /><br />(帰国後、知り合いに聞いたところ…イスラム教の国では一眼レフを嫌がることが多いそうです。また、女性は自分のカメラで写真を撮ってもらうなら大丈夫だけど他の人のカメラで写す写真に収まるのはNGだとか…)

    一応、スーク アル バハール内部にも たくさん警備の方がいました。
    「写真OK?」を何度も繰り返し、一眼レフは取り出さず…
    コンパクトカメラで写真を撮りました。

    (帰国後、知り合いに聞いたところ…イスラム教の国では一眼レフを嫌がることが多いそうです。また、女性は自分のカメラで写真を撮ってもらうなら大丈夫だけど他の人のカメラで写す写真に収まるのはNGだとか…)

    スーク アル バハール ショッピングセンター

  • ここのスークは 買い物自体よりもスーク全体の雰囲気がステキでした。<br />

    ここのスークは 買い物自体よりもスーク全体の雰囲気がステキでした。

  • 橋の上を歩いていると、不思議な声が聞こえました。<br />キョロキョロ見回してみると、声の主は このハトに違いありません。日本では聞いた事がない声です。<br />きっと中近東に生息しているハトなのだと思います。<br />バグダッドでよく聞いていたハトの鳴き声でした。<br /><br />調べると世界には300種類のハトが生息しているそうです。<br />その中の9種類が日本にいるとか…<br />世界中には いろいろな鳴き方のハトがいるのだと思います。

    橋の上を歩いていると、不思議な声が聞こえました。
    キョロキョロ見回してみると、声の主は このハトに違いありません。日本では聞いた事がない声です。
    きっと中近東に生息しているハトなのだと思います。
    バグダッドでよく聞いていたハトの鳴き声でした。

    調べると世界には300種類のハトが生息しているそうです。
    その中の9種類が日本にいるとか…
    世界中には いろいろな鳴き方のハトがいるのだと思います。

  • 噴水ショーが行われる湖にかかる橋を渡るとドバイモールにつながります。<br />ドバイモールは とても広いのですが、自分が行きたいお店が決まっている時は、エレベーターや階段のそばにある案内用の機械を使うと道順がわかりやすくなります。<br /><br />行きたいお店の名前を選ぶと 目の前にある画面が立体的になり、もし上の階にあるお店の場合などは どの階段やエレベーターで行けば良いかも教えてくれます。まるで、グーグルマップの店内案内用のようでした。

    噴水ショーが行われる湖にかかる橋を渡るとドバイモールにつながります。
    ドバイモールは とても広いのですが、自分が行きたいお店が決まっている時は、エレベーターや階段のそばにある案内用の機械を使うと道順がわかりやすくなります。

    行きたいお店の名前を選ぶと 目の前にある画面が立体的になり、もし上の階にあるお店の場合などは どの階段やエレベーターで行けば良いかも教えてくれます。まるで、グーグルマップの店内案内用のようでした。

  • 一度 ホテルに戻って娘とお茶。<br />ラウンジを見ると外のテラスのソファやイスに置いてあるクッションがはずされてました。<br />テラスも所々濡れている所があり、私は運良く濡れませんでしたが、にわか雨が降ったようでした。

    一度 ホテルに戻って娘とお茶。
    ラウンジを見ると外のテラスのソファやイスに置いてあるクッションがはずされてました。
    テラスも所々濡れている所があり、私は運良く濡れませんでしたが、にわか雨が降ったようでした。

    アドレス ダウンタウン ホテル

    テラスで噴水ショーをみることができる部屋でした! by mikimikiさん
  • サンドイッチ類やスイーツが並べられたアフタヌーンティー。<br />ラズベリーのケーキは薄い層になったスポンジが 甘酸っぱくとてもおいしかったです。

    サンドイッチ類やスイーツが並べられたアフタヌーンティー。
    ラズベリーのケーキは薄い層になったスポンジが 甘酸っぱくとてもおいしかったです。

  • 外を見るとちょうど この高いビルの向こう側の太陽が雲の間から顔を出しているようで幻想的な空模様でした。

    外を見るとちょうど この高いビルの向こう側の太陽が雲の間から顔を出しているようで幻想的な空模様でした。

  • 部屋に戻って 荷造りを始めました。<br />この日は、夜の10時にチェックアウトするので日中 部屋の掃除はしなくても良いと伝えておきました。<br />部屋のテラスに出ると…また あの声。<br />隣の部屋のテラスの手すりにハトがいました。

    部屋に戻って 荷造りを始めました。
    この日は、夜の10時にチェックアウトするので日中 部屋の掃除はしなくても良いと伝えておきました。
    部屋のテラスに出ると…また あの声。
    隣の部屋のテラスの手すりにハトがいました。

  • 外も暗くなってきて…<br />ついこの間 ドバイに行っていた友だちから娘の所に連絡が来て<br />「まだ ドバイにいる?」<br />「いるんだったら、買ってきて欲しい物があるんだけど…」<br />とお土産のリクエストがありました。

    外も暗くなってきて…
    ついこの間 ドバイに行っていた友だちから娘の所に連絡が来て
    「まだ ドバイにいる?」
    「いるんだったら、買ってきて欲しい物があるんだけど…」
    とお土産のリクエストがありました。

  • ドバイモールは午後11時頃まで営業しているので、荷物をまとめてからシャワーを浴びました。<br /><br />ドライヤーはダイソン製。

    ドバイモールは午後11時頃まで営業しているので、荷物をまとめてからシャワーを浴びました。

    ドライヤーはダイソン製。

  • この飾り棚の一番下に ダイソンのドライヤーの箱が置いてありました。

    この飾り棚の一番下に ダイソンのドライヤーの箱が置いてありました。

  • アイロンやアイロン台は、洗面所への出入り口の反対側の棚にあります。

    アイロンやアイロン台は、洗面所への出入り口の反対側の棚にあります。

  • 夜 8時頃になってドバイモールの地下にあるスーパーに 友だちから頼まれたお土産を探しに出かけました。<br />イスラム教徒以外の人のために豚肉売り場がありました。<br />スーパーの奥にコーナーができています。

    夜 8時頃になってドバイモールの地下にあるスーパーに 友だちから頼まれたお土産を探しに出かけました。
    イスラム教徒以外の人のために豚肉売り場がありました。
    スーパーの奥にコーナーができています。

    ウェイトローズ (ドバイモール店) スーパー・コンビニ

  • これがリクエストがあったお土産です。<br />ラクダのミルクで作られた石鹸。<br />何種類かの香があるようです。これはスイートオレンジ&レモン。<br />

    これがリクエストがあったお土産です。
    ラクダのミルクで作られた石鹸。
    何種類かの香があるようです。これはスイートオレンジ&レモン。

  • よくドバイモールの紹介に出てくる写真。<br />私たちが泊まったホテルは この滝の横を通り抜けて右に向う出口を出ます。<br />

    よくドバイモールの紹介に出てくる写真。
    私たちが泊まったホテルは この滝の横を通り抜けて右に向う出口を出ます。

    ドバイ モール ショッピングセンター

  • するといったん外に出る通路があり、この通路の先がホテルの入り口。

    するといったん外に出る通路があり、この通路の先がホテルの入り口。

  • 自分たちの部屋にはかなり長い廊下を歩いて…1219号室でした。

    自分たちの部屋にはかなり長い廊下を歩いて…1219号室でした。

    アドレス ダウンタウン ホテル

    テラスで噴水ショーをみることができる部屋でした! by mikimikiさん
  • 部屋のテラスの写真も撮っておきました。<br />注意をされることもないと思います。(笑)

    部屋のテラスの写真も撮っておきました。
    注意をされることもないと思います。(笑)

  • さっきハトが止まっていたお隣の手すりと夜景。

    さっきハトが止まっていたお隣の手すりと夜景。

  • 午後10時過ぎ、スーツケースを二つ フロントに持って行き、チェックアウトの手続きをしました。<br />帰りの空港までは 車で送ってもらえるプランだったので<br />あらかじめ11時に送ってもらうようにお願いしてあります。

    午後10時過ぎ、スーツケースを二つ フロントに持って行き、チェックアウトの手続きをしました。
    帰りの空港までは 車で送ってもらえるプランだったので
    あらかじめ11時に送ってもらうようにお願いしてあります。

  • 残りの時間…ラウンジにいても良いということだったので、最後のラウンジからの夜景を楽しみました。

    残りの時間…ラウンジにいても良いということだったので、最後のラウンジからの夜景を楽しみました。

  • 到着した日は気づかなかったのですが、ブルジュハリファでは、噴水ショーの合間にプロジェクションマッピングが行われています。<br />次々に変化するブルジュハリファ。

    到着した日は気づかなかったのですが、ブルジュハリファでは、噴水ショーの合間にプロジェクションマッピングが行われています。
    次々に変化するブルジュハリファ。

  • EMAARと、自分の会社の宣伝も忘れません。<br /><br /><br /><br />https://youtu.be/EMzH2OT5QdI

    EMAARと、自分の会社の宣伝も忘れません。



    https://youtu.be/EMzH2OT5QdI

  • カードキーは1枚 記念にいただいて帰りました。

    カードキーは1枚 記念にいただいて帰りました。

  • 10時過ぎのラウンジ。<br />相変わらず ケーキも数種類揃っています。<br />きっと大富豪なのだと思いますが、広いテーブルで家族で食事をしていました。<br /><br />アラビアの民族衣装を着ていると 誰でも大富豪に見えてしまいます。(笑)

    10時過ぎのラウンジ。
    相変わらず ケーキも数種類揃っています。
    きっと大富豪なのだと思いますが、広いテーブルで家族で食事をしていました。

    アラビアの民族衣装を着ていると 誰でも大富豪に見えてしまいます。(笑)

  • 今日もお寿司が…<br />周りを見ても 日本人がいないのに…お寿司が国際的に認められる料理になったことをとても感じました。<br /><br />せっかくなのでお箸で お寿司をいただきました。

    今日もお寿司が…
    周りを見ても 日本人がいないのに…お寿司が国際的に認められる料理になったことをとても感じました。

    せっかくなのでお箸で お寿司をいただきました。

  • 11時にフロントに降りて行くと、すでにスーツケースは準備完了。<br />車に乗せて 空港まで20分でした。<br />ドバイのポスト。<br /><br />今回は、行きに2時間近く乗り継ぎの時間があったので、空港にあるお土産類をチェックしておくことができたのが良かったと思いました。市内の値段と比べると空港は少し高い物もありますが、空港にしかないお土産類もたくさんありました。

    11時にフロントに降りて行くと、すでにスーツケースは準備完了。
    車に乗せて 空港まで20分でした。
    ドバイのポスト。

    今回は、行きに2時間近く乗り継ぎの時間があったので、空港にあるお土産類をチェックしておくことができたのが良かったと思いました。市内の値段と比べると空港は少し高い物もありますが、空港にしかないお土産類もたくさんありました。

    ドバイ国際空港 (DXB) 空港

    24時間営業のお店が揃っています by mikimikiさん
  • たとえば、お土産で人気があるパッチのチョコレート。このチョコは市内のお店では見つけることができなかったので、空港で買おうと計画しておきました。<br />他に、この「パッチ」のチョコレートと「バティール」のデーツのお菓子を買おうと思うと、モールの中に揃っていてもお店が隣り合わせにあるわけではないので一つのお店で買って、移動をしなくてはいけません。ドバイモールは広いので移動だけでも大変でした。<br /><br />それが、空港だとショッピング用のカゴをぶら下げて隣り合わせに位置している「パッチ」コーナーや「バティール」コーナーを行ったり来たりして、同時に両方のお買い物もできるのが便利でした。

    たとえば、お土産で人気があるパッチのチョコレート。このチョコは市内のお店では見つけることができなかったので、空港で買おうと計画しておきました。
    他に、この「パッチ」のチョコレートと「バティール」のデーツのお菓子を買おうと思うと、モールの中に揃っていてもお店が隣り合わせにあるわけではないので一つのお店で買って、移動をしなくてはいけません。ドバイモールは広いので移動だけでも大変でした。

    それが、空港だとショッピング用のカゴをぶら下げて隣り合わせに位置している「パッチ」コーナーや「バティール」コーナーを行ったり来たりして、同時に両方のお買い物もできるのが便利でした。

  • ある程度 買い物をしてからエミレーツのラウンジで軽食。<br />ラウンジは、ヘルシーハブ(野菜中心のヘルシーな食べ物)と呼ばれるコーナー、パスタなどのコーナーとかなりバラバラにお料理が分かれていました。<br /><br />ラウンジから直接 A380の2階に乗ることができるゲートもあるようですが、残念なことに私たちが乗るゲートは普通…上の階に階段を登っていくタイプでした。

    ある程度 買い物をしてからエミレーツのラウンジで軽食。
    ラウンジは、ヘルシーハブ(野菜中心のヘルシーな食べ物)と呼ばれるコーナー、パスタなどのコーナーとかなりバラバラにお料理が分かれていました。

    ラウンジから直接 A380の2階に乗ることができるゲートもあるようですが、残念なことに私たちが乗るゲートは普通…上の階に階段を登っていくタイプでした。

  • 最後の24時間…いろいろな事が起こりました。<br />ハラハラしたこと、ドキドキしたこと。<br />もう50年近く昔…住んでいた中近東を思い出す事もたくさんありました。<br /><br />マルタ・ドバイの旅行記に最後までおつきあいいただき ありがとうございました。本当に自己満足な最終章ですが、これからドバイにお出かけになる方に少しでもお役に立てれば…とても嬉しいです。<br /><br />〈ドバイでやりたいことベスト10!〉<br />1.泊まりたいホテルベスト3⇒マディナ・ジュメイラのホテルどこでも、アドレス・ダウンタウンかアドレス・ドバイモール、バブアルシャムス<br />  ♪バブアルシャムスでディナー、アドレス・ダウンタウンに1泊♪<br />2.金曜日のブランチを食べる! X残念X<br />3.世界一きれいなスターバックスに行く!♪クリア♪<br />4.砂漠を見る! ♪クリア♪<br />5.アラビア料理を食べる! ♪クリア♪<br />6.アブダビに行く! ♪クリア♪<br />7.世界一高いビルを見る! ♪クリア♪<br />8.メトロに乗る! ♪クリア♪<br />9.ドバイオールドタウンに行く! ♪クリア♪<br />10.噴水ショーを見る! ♪クリア♪<br /><br />…という結果になりましたぁ。<br />ありがとうございました!!

    最後の24時間…いろいろな事が起こりました。
    ハラハラしたこと、ドキドキしたこと。
    もう50年近く昔…住んでいた中近東を思い出す事もたくさんありました。

    マルタ・ドバイの旅行記に最後までおつきあいいただき ありがとうございました。本当に自己満足な最終章ですが、これからドバイにお出かけになる方に少しでもお役に立てれば…とても嬉しいです。

    〈ドバイでやりたいことベスト10!〉
    1.泊まりたいホテルベスト3⇒マディナ・ジュメイラのホテルどこでも、アドレス・ダウンタウンかアドレス・ドバイモール、バブアルシャムス
      ♪バブアルシャムスでディナー、アドレス・ダウンタウンに1泊♪
    2.金曜日のブランチを食べる! X残念X
    3.世界一きれいなスターバックスに行く!♪クリア♪
    4.砂漠を見る! ♪クリア♪
    5.アラビア料理を食べる! ♪クリア♪
    6.アブダビに行く! ♪クリア♪
    7.世界一高いビルを見る! ♪クリア♪
    8.メトロに乗る! ♪クリア♪
    9.ドバイオールドタウンに行く! ♪クリア♪
    10.噴水ショーを見る! ♪クリア♪

    …という結果になりましたぁ。
    ありがとうございました!!

171いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

この旅行記へのコメント (35)

開く

閉じる

  • Miecoさん 2019/07/28 12:57:26
    こんにちは!
    Q&Aにご回答いただき、ありがとうございました。お礼の投稿ができず取り急ぎこちらにコメント書かせていただきます。
    何を隠そう、私がドバイ、アブダビに心をグッとつかまれたのが、この旅行記シリーズだったのです。それまではやはり少し怖いイメージがあったので、mikimikiさん旅行記や幼少期のころの体験も含めとても興味深くなりました。そして極めつけがモスクの美しさです!
    また、ホテルの情報もとても多く参考にさせていただきます。アドレスダウンタウンには1度は泊まりたいホテルの1つです…他にも素敵なホテルもたくさんあり、何を優先させるか…ですね。

    いつもイイネもくださりありがとうございます。
    娘は仕事で東京と離れているため、詳しい打ち合わせがまだできてなくて、有給とれるかどうか…月曜日次第←いまここ!状態です。

    遡ってmikimikiさんの旅行記読ませていただき、どれも参考にさせていただいています。

    ありがとうございました。

    mikimiki

    mikimikiさん からの返信 2019/07/28 22:44:51
    RE: こんにちは!
    Miecoさん、こんばんは!!

    > Q&Aにご回答いただき、ありがとうございました。お礼の投稿ができず取り急ぎこちらにコメント書かせていただきます。

     わぁ、わざわざ すみません!!
     私、最初にあのQ&Aを見つけた時、何も考えずに書いてしまって
     書き終えてから
     あれ…?Miecoさんって もしかして…お友達のMiecoさんかしら…って
     確認してしまったくらい だったんです。
     ごめんなさい。細かく書いてしまって…

    > 何を隠そう、私がドバイ、アブダビに心をグッとつかまれたのが、この旅行記シリーズだったのです。それまではやはり少し怖いイメージがあったので、mikimikiさん旅行記や幼少期のころの体験も含めとても興味深くなりました。そして極めつけがモスクの美しさです!

     わぁ!!!
     そんな風に書いていただいて、これは いいね! をいっぺんに何百もいただいた
     ような気分です。
     とても嬉しかったです。

    > また、ホテルの情報もとても多く参考にさせていただきます。アドレスダウンタウンには1度は泊まりたいホテルの1つです…他にも素敵なホテルもたくさんあり、何を優先させるか…ですね。

     ほんとですよね。
     私は、今まで 数回 ドバイ旅行を断念せざるを得なかったのですが
     そのたびに、アドレス・ダウンタウンは候補に上がっていました。

     ドバイは、本当に魅力的なホテルが多いですね。
     噴水ショーが ホテルから見られるのは ドバイモールやパレスも良いですよね。
     ドバイモール・ホテルは、本当に直接モールとつながっているので
     暑い時期は 外を通らずにショッピングができるのも大きな魅力だし…

     でも、選んでいる理由を よくご覧になると…わかってしまうのですが(笑)
     お得感があるところばかり 選んでますね。

     あと、娘と二人なので、
     できれば ツインのお部屋を捜しています。

    > いつもイイネもくださりありがとうございます。
    > 娘は仕事で東京と離れているため、詳しい打ち合わせがまだできてなくて、有給とれるかどうか…月曜日次第←いまここ!状態です。

     計画を立てている時って、本当に頭を悩ませますよね。
     私も、いつもそうです。
     
    > 遡ってmikimikiさんの旅行記読ませていただき、どれも参考にさせていただいています。

     本当に嬉しいお言葉をたくさん ありがとうございます。
     他に 何かお役にたてそうな事があったら、おっしゃってくださいね!
     
    > ありがとうございました。

     こちらこそ、ありがとうございます。
     これからも どうぞよろしくお願いします。

     明日からも暑い日が続くようです。
     お身体を大切に お過ごしください。

    mikimiki
  • cocokunさん 2019/06/16 18:43:25
    いつか挑戦したい中東♪
    mikimiki 様

    お久しぶりです!
    気がつけば、マルタ&ドバイ記も最終章を迎えていたのですねー☆
    本文もコメントも含め楽しく読ませて頂ました♪

    mikimikiさんが幼少時を中東で過ごされたのは知ってましたが、昔の写真を見て、改めて私の憧れる『謎』を秘めた(と、勝手に盛り上がってるw)文明の中で成長されたのですねっ。他の方も仰ってましたが、貴重な思い出で羨ましいです。
    そして、綺麗なお母様ですね。
    私のイメージしていたmikimikiさんに近いです^^

    ドバイを含め中東の遺跡に行くのが私の夢ですが、写真の話だけでビビッてしまう小心者の私です。。。 絶対、1人では無理!
    いつか、家族を誘って行きたいです。

    平塚の写真も素敵でした。
    また、楽しみにしています。

    cocokun


    mikimiki

    mikimikiさん からの返信 2019/06/17 22:36:39
    RE: いつか挑戦したい中東♪
    cocokunさん、こんばんは!!

     いつも私の旅行記に いいね! をありがとうございます。
     コメントも とても嬉しく拝見しました。
    >
    > お久しぶりです!

     こちらこそ、ご無沙汰しています。
     お元気ですか?

    > 気がつけば、マルタ&ドバイ記も最終章を迎えていたのですねー☆
    > 本文もコメントも含め楽しく読ませて頂ました♪

     わぁ、いつも本当にありがとうございます。

    > mikimikiさんが幼少時を中東で過ごされたのは知ってましたが、昔の写真を見て、改めて私の憧れる『謎』を秘めた(と、勝手に盛り上がってるw)文明の中で成長されたのですねっ。他の方も仰ってましたが、貴重な思い出で羨ましいです。

     今、なかなか行けない国になってしまったので、余計にそう思われるかも
     しれませんね。
     遺跡も、ずいぶん破壊されてしまったと思います。

    > そして、綺麗なお母様ですね。
    > 私のイメージしていたmikimikiさんに近いです^^

     わぁ、本当ですかぁ?
     母は、洋裁が好きで、いつも自分で作った服をきていました。
     今、写真を見直したのですが、母が着ているのは
     自分で作った服でした。
     
    > ドバイを含め中東の遺跡に行くのが私の夢ですが、写真の話だけでビビッてしまう小心者の私です。。。 絶対、1人では無理!
    > いつか、家族を誘って行きたいです。

     この写真の話は…結構、私の日頃の行いが悪かったからかも…なんて
     思います。笑笑
     だって、いろいろな方がドバイで こんな思いをしていらっしゃらないし
     きっと運が悪かったのかも。
     
    > 平塚の写真も素敵でした。

     ありがとうございます!!
     久々に参加したフォトレッスンでした。平塚という場所自体が
     とても 緑が多くて…また、機会を見つけて歩いて見たいなぁと思いました。
     道路が広かったり 広々した街です。
     もうすぐ七夕ですね。
     
    > また、楽しみにしています。

     ありがとうございます!!
     私も、cocokunさんの所に また お邪魔しますね♪♪

     明日も良い一日でありますように!

    mikimiki
  • olive kenjiさん 2019/05/16 22:37:16
    「イ」ち「バ」ん面白かった「ド」
    アブダビでのお話が盛り上がったので、じゃードバイの旅行記も見ておこうと開いたところ、何じゃこれはというビックリポン旅行記!!

    おっちゃんはドバイの旅行記なんてのは、どうせセレブチックな成金話と勝手に思い、今までほとんどの旅行記を読んでいませんでした。

    ところが始まりは凄くレトロなセピア色に染まるイラク滞在記のお話・・
    凄く素晴らしい思い出の財産をお持ちですね。もーうっとりです。
    それから貴女のageも推測出来ました。私の5歳位年下ですね。

    ドバイって外からの写真が多いので知りませんでしたが、ラウンジのテラスから朝の街をの写真を見ると、街中に人工的な運河みたいなのがあるのですね。上手く造っているなーと感心しました。

    るるぶドバイの一面写真がドバーっと出てくるから何ぞやと思っていたらなるほどね~ このお話は最高の最高です!

    また栓抜きイケメンボーイに元気の無さそうなペットボトルの写真をドーンと突如出現させる演出、youはなんとシュールな才能をお持ちなんでしょうか。
    鉄人28号なんて、よく気がつきましたね。やはり貴女は5歳年下だ。

    ラストの方に鳩が出てきましたよね。私の大好きな映画 ブレードランナーと重なる部分があり、凄くジーンと心に来ました。
    ( 見ていなければ、さっぱり分からないお話ですけど )

    ドバイ旅行記だからといって、敬遠していた自分が恥ずかしです。
    こんな面白い貴重なお話があるなんて、有難うございました。

          今、鳩が飛び立とうとしています・・・・・・
                olive kenji

    mikimiki

    mikimikiさん からの返信 2019/05/18 07:44:21
    RE: 「イ」ち「バ」ん面白かった「ド」
    olive kenjiさん、おはようございます!!

     今回もまたまた 私の旅行記に いいね! をありがとうございます。

    > アブダビでのお話が盛り上がったので、じゃードバイの旅行記も見ておこうと開いたところ、何じゃこれはというビックリポン旅行記!!


     ギャー、そうですかぁ。

    > おっちゃんはドバイの旅行記なんてのは、どうせセレブチックな成金話と勝手に思い、今までほとんどの旅行記を読んでいませんでした。

     そう、成金の街ですよね。
     つい2,3日前も ドバイフレームという新しい「世界一」がドバイにできたと
     朝のニュースでやっていました。
     とにかく「世界一」にこだわる王様というか首長みたいですね。
     それは それで立派なのかもしれませんね。
     日本も観光立国に!という動きがあって そういう意味では
     観光立国にすでになっているドバイのように 少しずつなって行くのでしょうか…
     石油がでない代わりに 観光 と方向転換したところが
     スゴいですよね。

    > ところが始まりは凄くレトロなセピア色に染まるイラク滞在記のお話・・
    > 凄く素晴らしい思い出の財産をお持ちですね。もーうっとりです。
    > それから貴女のageも推測出来ました。私の5歳位年下ですね。

     昨年、還暦でしたぁ。
     中学時代も 同じくイラクだったんですが、
     母が言うには、最初にイラクに行ったときは
     日本よりずっと進歩している国だった
     (当時は、普通にエスカレーターもエレベーターもあって…日本には
     まだまだ珍しかったようです)けど、その8年後に行った時は
     発展途上国に行く…と感じたそうです。
     そのくら日本の発展がスゴかった、ということですね。

    > ドバイって外からの写真が多いので知りませんでしたが、ラウンジのテラスから朝の街をの写真を見ると、街中に人工的な運河みたいなのがあるのですね。上手く造っているなーと感心しました。

     はい!!ここで噴水ショーもあって、なんと小さなボートまで!
     スケールが違いますね。
     もう一つ、このような観光用の運河ではないのですが
     川があって、そこはドバイの人たちの交通の要所にもなっています。
     
    > るるぶドバイの一面写真がドバーっと出てくるから何ぞやと思っていたらなるほどね? このお話は最高の最高です!

     大きな男の子に教科書とかを取られて、返して!!返して!!と
     いじめられている女の子の気持ちを味わいました。(笑)
     
    > また栓抜きイケメンボーイに元気の無さそうなペットボトルの写真をドーンと突如出現させる演出、youはなんとシュールな才能をお持ちなんでしょうか。
    > 鉄人28号なんて、よく気がつきましたね。やはり貴女は5歳年下だ。

     見た瞬間。これ、見たことある!!って思ったんです。
     あ、鉄人28号だ!!
     思わず、主題歌が頭の中をグルグル
     「ビルの街にガオー、夜のハイウェイー ガオー…」って。
     不思議です、あの頃の主題歌って
     たくさん覚えています。ウルトラマンシリーズ、今でも歌えるし。
     こんな事を長期記憶に入れてしまい
     長期記憶の引き出しがいっぱいになったので、次々と忘れてしまい
     苦労した高校時代…
     入れる物を間違えて生きてきてしまいました。

    > ラストの方に鳩が出てきましたよね。私の大好きな映画 ブレードランナーと重なる部分があり、凄くジーンと心に来ました。
    > ( 見ていなければ、さっぱり分からないお話ですけど )

     ちょっと見てみたくなりました。
     実は、このハトの鳴き声。あきらかに日本のハトと違うんです。

     2度目のイラクで最初の朝、鳴き声を聞いて
     母が「あら、昔のハトがまた庭に来てる。昔の家と違うのに、よくわかったわね」と
     言っていて…
     このお方はなんてアホなんだろう…
     10年近く昔のハトが いるわけないじゃんと 母を馬鹿にしたのですが、
     実は50年近くたっていた私も、この声を聞いた時
     一瞬で イラクの庭にいるような気分になりました。
     それくらい耳に残っている記憶というのは 鮮烈なんだと実感です。
     (これも、こんなくだらない物を記憶に残しておいて
     記憶の容量をいっぱいにしてしまった事の嘆きです)

    > ドバイ旅行記だからといって、敬遠していた自分が恥ずかしです。
    > こんな面白い貴重なお話があるなんて、有難うございました。

     とんでもありません。
     こんなにお話が盛り上がって、私もとても嬉しいです!!
     
    >       今、鳩が飛び立とうとしています・・・・・・

     今日は これから出かけてしまうのですが、
     また、旅行記にもお邪魔させていただきます!!
     楽しみにしております。

     良い週末をお過ごしください。

    mikimiki
  • ふわっくまさん 2019/05/13 07:54:49
    ドバイへの想い・・
    mikimikiさん、おはようございます。
    ドバイには幼少期に過ごされた、特別な思いがあったそうで・・
    乗り継ぎで訪れた際チョット興味を持ってドバイに出かけた私とは、大きな違いだなぁーとつくづく感じました。
    それだけに準備も周到、10項目の課題をクリアすべく出かけられたのですねー

    それにしても撮ってはいけない所でのカメラチェック、とても厳しかったそうで・・
    私は取り敢えず人物にカメラを向けることに注意したのですが、思いのほか人懐っこく対応していただけてラッキーだったかも・・です。
    フリーで行かれたのも、一因かとも思いますが・・

    けれどアドレス ダウンタウンに宿泊されて、ドバイファウンテンを満喫・・
    ホテルのお食事の種類も豊富で、とても羨ましく拝見させていただきました。
                   ふわっくま

    mikimiki

    mikimikiさん からの返信 2019/05/13 20:12:22
    RE: ドバイへの想い・・
    ふわっくまさん、こんばんは!!

     いつも私の旅行記に いいね! をありがとうございます!!
     ちょうど出かける前に ふわっくまさんのドバイ旅行記を
     拝見して、とっても気分が盛り上がっていました。
     
    > ドバイには幼少期に過ごされた、特別な思いがあったそうで・・

     (^^ゞ
     なんか中近東って、どこも似たような感じかと思っていたんですが…
     私が育ったイラクとは 別世界でした。
     
    > 乗り継ぎで訪れた際チョット興味を持ってドバイに出かけた私とは、大きな違いだなぁーとつくづく感じました。

     ふわっくまさんだって、立派なドバイ行きの理由ですよぉ!!
     昔 住んだことがあるところに 大きくなってから行ってみたいと思うこと
     あると思うんです。
     でも、それが…なかなか行けない国になってしまって…
     (外務省の危険な国で、イラクは真っ赤になってます)
     なら、「あっち方面」に行ってみたいなぁという安直な動機。(笑)

    > それだけに準備も周到、10項目の課題をクリアすべく出かけられたのですねー

     これまでに エボラ出血熱だとかテロとか3度くらい 
     出発の間際に断念しているんです。
     だから、それまでの3回分の蓄積がありました。(^^ゞ
     準備周到の裏…(笑)

    > それにしても撮ってはいけない所でのカメラチェック、とても厳しかったそうで・・

     はい、これは日頃の行いが悪いからですね。

    > 私は取り敢えず人物にカメラを向けることに注意したのですが、思いのほか人懐っこく対応していただけてラッキーだったかも・・です。

     ふわっくまさんのスークのおじさんの写真、とってもステキですよね。
     これは、ふわっくまさんの人徳だと思います!!

    > フリーで行かれたのも、一因かとも思いますが・・

     ツアーだと、こういう時、安心ですよね。
     私、マルタに到着したとき、本当は受け取ったスーツケースを
     もう一度 検査用の機械に入れなくちゃいけなかったんですが
     ちょうどツアーのグループの人がいて、そのそばに立っていたら
     「ツアーの人はOK OK!」って検査無しで通り過ぎていました。
     ツアーっていいなぁ、って思いました。

    > けれどアドレス ダウンタウンに宿泊されて、ドバイファウンテンを満喫・・
    > ホテルのお食事の種類も豊富で、とても羨ましく拝見させていただきました。

     ちょうど昨年の6月1日から営業再開だったんです。
     これは、ラッキーでした。超ラッキー!!ってうかれていたから…
     カメラのことで2度も 怖い目にあったんだと思います。

     きっと ちょうど帳尻が合うようになっているのかもしれませんね。
      
     明日も良い一日になりますように!!

    mikimiki
  • ゆのっち26さん 2019/05/12 15:32:48
    propertyね・・・
    mikimikiさんへ

    こんにちは!

    ドバイってお金持ちの都市ってイメージでイスラム教の国だという事をついつい忘れていました(汗)
    写真撮影に関しても結構規制があるのにビックリ。propertyって線引き難しいですよね。写真撮影OKでも一眼レフはダメとかって。イスラムの方は一眼レフを嫌がるのはどうしてなのか?
    話題を変えて!ホテルからの噴水ショー観覧いいですね!そしてブルジュ・ハリファのプロジェクションマッピングも生で見たら感動したでしょうね(o^^o)
    最後にmikimikiさんのお母様の写真を拝見してmikimikiさんと似てる!って思いました(*^^*)

    ゆのっち26より

    mikimiki

    mikimikiさん からの返信 2019/05/12 23:50:10
    RE: propertyね・・・
    ゆのっち26さん、こんばんは!!

     いつも 私の旅行記に いいね! をありがとうございます!!

    > ドバイってお金持ちの都市ってイメージでイスラム教の国だという事をついつい忘れていました(汗)

     ほんと。私もです。自分の知っているイスラム教の国とは全く違いますし…
     
    > 写真撮影に関しても結構規制があるのにビックリ。propertyって線引き難しいですよね。写真撮影OKでも一眼レフはダメとかって。イスラムの方は一眼レフを嫌がるのはどうしてなのか?

     写真撮影に気をつけなくてはいけない事は、自分の実体験からもわかっていた
     はずなのに…
     こんなに発展した国だし…なんて油断でした。
     
     本当におっしゃる通り propertyって難しいです。
     ガイドブックには、軍の施設や政府関連の建物は撮ってはいけないと
     書いてあったのですが、自分が泊まったホテルでしょ、なぜ??って
     不思議な気分でした。
     というか、今も、どれを写して良くて、どれはダメだったのか…
     わかっていません。
     
     一枚、一枚、カメラで写した写真を見せて
     これはダメ、これもダメ…って削除したんですが、
     これがフィルムの時代だったら…2,3枚のダメな写真のせいで
     フィルム一本分が全部ダメになっていたのかもと思うと 残念ですよね。

     でも、これも タイミングが関係していて…
     たまたま 見つかっちゃった…という感じなんでしょうか。
     もし、同じ場所でも 厳しい人に見つからなければ、大丈夫だったり
     運とタイミングの問題かも(笑)
     
     ホテルのそばにあったスーク(市場)の中でも写真を撮っても良いかを
     確認してから撮ったんですが、常にハラハラしてました。
     で、スーパーの中で 豚肉売り場を写した写真は
     スマホで隠し撮り…(笑)

    > 話題を変えて!ホテルからの噴水ショー観覧いいですね!そしてブルジュ・ハリファのプロジェクションマッピングも生で見たら感動したでしょうね(o^^o)

     噴水ショーは、湖のそばで食事をしながら見ている人や
     橋に立って見ている人、たくさんいました。
     でも、ちょっと優雅でしょう?7階から見下ろしているの…
     このホテルが火事になって休業になる前に、このホテルから
     噴水ショーを見ることができるってYoutubeで見たことがあって
     ずっと憧れていたんです。
     もちろん、噴水の水滴やしぶきの音が感じられる位の至近距離で 
     見ることができたら、迫力も違うだろうけど
     今回のような時間が限られていた旅では、ちょっと離れていても仕方ないかなと
     妥協しました。
     
    > 最後にmikimikiさんのお母様の写真を拝見してmikimikiさんと似てる!って思いました(*^^*)

     わぁ、ほんと?!!?
     私を実際にご存じのゆのっち26さんが そうおっしゃるんだから
     きっと その通りよ!!
     それに…なんか近ごろおでこの生え際が母に似てきた…って自分でも思うし。
     (笑)
     
     わぁーん、長々とごめんなさい。
     
     そうそう、今日 娘達と主人と4人で
     初めて地元の韓国料理店で夕食を食べたんです!!
     おいしかったぁ。
     
    mikimiki
  • heidi77さん 2019/05/11 21:04:18
    異国の地

    mikimikiさん、こんばんは~


    前の旅行記に「なぜドバイ?と不思議がられる」とありましたが、いえいえ私は、スケールの大きいきらびやかなドバイに興味がありますよ~
    ANAのマイルがたまったので、ドバイも調べてみたことがあったのですが、二人分のマイルが足りずに残念ながら諦めました。

    文化も生活様式も違うあの当時の異国の地での出産と子育ては想像もつかないくらいきっと大変だったことと思います。
    家族思いのお母様がパスポートや写真などを大事に大事にとって置かれていたのですね。

    そういえば、昔ヨーロッパに行った時に確かバーレーンだったかトランジットで降り立ちました。
    空港の待合室であの民族衣装を身に付けた方たちを初めて見て、空港その中だけでも異国を感じました。

    私はドバイに行く機会はなさそうですが、mikimikiさんの思い出が詰まった旅行記で楽しまさせていただきました。


    heidi77

    mikimiki

    mikimikiさん からの返信 2019/05/12 11:37:29
    RE: 異国の地
    heidi77さん、おはようございます!

     いつも私の旅行記に いいね! をありがとうございます♪
     コメントも とっても嬉しかったぁ。ありがとうございます!!

    > 前の旅行記に「なぜドバイ?と不思議がられる」とありましたが、いえいえ私は、スケールの大きいきらびやかなドバイに興味がありますよ?

     わぁい!!同じ、同じ!!

    > ANAのマイルがたまったので、ドバイも調べてみたことがあったのですが、二人分のマイルが足りずに残念ながら諦めました。

     エミレーツがJALと提携しているから、私も必死に
     JALのマイルためてみました。二人分だったので 結構 大変でしたが
     そのあと、マイルの数が上がってしまったみたいです。
     もう、なかなか貯めきれないかも。6万5千マイルだったのが8万…
     (>o<)

    > 文化も生活様式も違うあの当時の異国の地での出産と子育ては想像もつかないくらいきっと大変だったことと思います。
    > 家族思いのお母様がパスポートや写真などを大事に大事にとって置かれていたのですね。

     きっと母も、返納することを知らなかったのかも…(笑)
     でも、生活様式の違いは、最初は戸惑ったそうです。
     家の中でも靴を履いていることとか、メイドさんがいることとか…
     運転手さんに 頼まないと買い物にも行けないこととか…
     母は 自分が好きな時間に行きたいから、最終的には馬車の乗り方を
     覚えて(アラビア語で馬車に乗るための言葉だけ覚えて)
     勝手に行動していました。

     私も1歳過ぎの物心つく頃にイラクだったので
     日本に帰ってからも靴を脱がなかったり、
     アザーンを真似して歌うように唱えてたり…母もおかしがっていたそうです。
     
    > そういえば、昔ヨーロッパに行った時に確かバーレーンだったかトランジットで降り立ちました。
    > 空港の待合室であの民族衣装を身に付けた方たちを初めて見て、空港その中だけでも異国を感じました。

     中東って、とても異国情緒がありますよね!
     千夜一夜物語の舞台 バグダッドは 今ではもう簡単に行ける事が
     できない場所になってしまったので…余計に「また行きたい」と
     思ってしまいます。
     
    > 私はドバイに行く機会はなさそうですが、mikimikiさんの思い出が詰まった旅行記で楽しまさせていただきました。

     ありがとうございます。
     ドバイ というかエミレーツ航空で ドバイ経由でヨーロッパに行くと
     ドバイだけに行くより安くなる事があるという不思議な現象があるみたいですね。
     いつか また行ってみたいです。

     今日も良い一日をお過ごしください♪

    mikimiki
  • 働きマンさん 2019/05/11 11:01:08
    貴重な体験をされていたんですね?
    mikimikiさん

    こんにちわ!
    幼い頃イラクに住まれていたとのこと。
    あの時代に、イラクに住まれていたなんて大変だったことでしょうね。
    ご両親の貴重なパスポート写真。
    手書きって初めてみました(笑)
    うちは父も母(母はよくわかりませんが・・・)も多分海外に行ったことがなくて、自分が取得するまでパスポートを見たことがなかったので、遠い時代のパスポートってすごく貴重に感じます。
    お写真掲載してくださってありがとうございますね!

    それにしても、ドバイで写真って結構NGなんですね?!
    意外!!!
    そういえばうちの夫もドバイでバスに乗った時に女性と子供専用の場所があってそこに座ったら注意を受けたと言ってました。
    ベッカムが別荘を持っているとか、トム・クルーズが映画の撮影をしたとかで近代的なイメージがあるドバイですが、やっぱり中東。昔の習慣とかを今でも大事にしているんですね。
    行くことがあるかどうかはわかりませんが(行きたい気持ちはありまーーす!)mikimikiさんの旅行記!参考にさせて頂きます!

    働きマン

    mikimiki

    mikimikiさん からの返信 2019/05/11 16:17:40
    RE: 貴重な体験をされていたんですね?
    > mikimikiさん
    >
    > こんにちわ!
    > 幼い頃イラクに住まれていたとのこと。
    働きマンさん、こんにちは!

     いつも私の拙い旅行記に いいね! をありがとうございます。

     コメントまでいただいて とても嬉しいです!

    > あの時代に、イラクに住まれていたなんて大変だったことでしょうね。

     ほんとですよね…
     大昔は、四大文明とまで言われていた場所なので
     昔の繁栄はすごかったみたいですが…

     実は、私 一度目にバグダッドに住んでいた時に
     左足を骨髄炎という病気になったんです。
     弟が生まれた直後だったのですが、当時 バグダッドにいた
     有名なお医者さんを探して、朝晩の注射で治療したらしいんです。
      
     両親はとても心配して帰国してから 
     その時に撮ったレントゲンを日本の整形外科に
     見せたらしいんですが、その時の先生から
     「もし、日本にいたら、日本ではちゃんと治療ができず
     左足は切断しなくてはいけなかったかもしれない」 
     と言われたそうです。
     でも、ちょうどドイツから帰ってきたばかりのお医者さんに診てもらえて
     切断することも手術することもなく…
     「イラクにいて良かったですね」と何度も言われました。
     
     2度目に行った時も探したんですが…見つけられず…
     今でも、感謝しているんですよぉ。

    > ご両親の貴重なパスポート写真。
    > 手書きって初めてみました(笑)
    > うちは父も母(母はよくわかりませんが・・・)も多分海外に行ったことがなくて、自分が取得するまでパスポートを見たことがなかったので、遠い時代のパスポートってすごく貴重に感じます。

     昭和30年代の物です。
     もう本当に昔になってしまいました。(笑)
     発行番号は146230番。
     今のパスポートを見ると数字の前にアルファベットがありますね。
     数字だけじゃ足りなくなって きっとアルファベッドのAから始まったのでは
     ないでしょうか…
     
    > お写真掲載してくださってありがとうございますね!

     変な写真で…すみません。

    > それにしても、ドバイで写真って結構NGなんですね?!
    > 意外!!!

     あ、これは もしかすると…日頃の行いの悪さが 祟ったのかも…

    > そういえばうちの夫もドバイでバスに乗った時に女性と子供専用の場所があってそこに座ったら注意を受けたと言ってました。

     今回もバスのシートにちゃんと助成用とか書いてありましたよぉ。
     
    > ベッカムが別荘を持っているとか、トム・クルーズが映画の撮影をしたとかで近代的なイメージがあるドバイですが、やっぱり中東。昔の習慣とかを今でも大事にしているんですね。

     イスラムの世界って 不思議ですね。
     トム・クルーズの映画、スゴかったですよね!!
     あのビル、スタント無しで…なんて ゾッとしてしまいます。

     超近代的な部分がある反面、イスラムの習慣も大切にされていて
     来年のEXPO以降のドバイ、どんな風に変わっていくんでしょう…

    > 行くことがあるかどうかはわかりませんが(行きたい気持ちはありまーーす!)mikimikiさんの旅行記!参考にさせて頂きます!

     わぁ、ありがとうございます。
     いつかいらっしゃる事があったら、楽しんでくださいね!!
     絶対に面白い所なので、楽しめると思います。

     良い連休をお過ごしください!!!

    mikimiki
  • ぎっちゃんさん 2019/05/10 20:06:05
    貴重なパスポート 宝物ですね
    ご実家に残っていたパスポート 大事な大事な宝物ですね。
    中東の国のことは よくわかりませんが その時代のイラクを見ていらしたmikimikiさんは 貴重な体験をされたんですね。

    写真を写すなと言われた時は びっくりなさったでしょう?
    中国などで 写真を写して投獄されている人もいるので
    私も そういう国に行くのは ほんと怖いなあって思っているのです。
    ブロガーって どこでも写真に写してしまいがちですから・・・
    もし 知らずに軍の機密事項とかを移していたら 捕まってしまうのでしょうか?

    ハワイでも 空港で エスカレーター上のフラダンスの写真を写すだけで
    注意されたことがあります。
    今は 布がかかっていたりしますよね。

    mikimikiさんのドバイの旅は 普通の人の旅とは一味も二味も違った旅になりましたね。
    楽しかったです。ありがとうございました。

    mikimiki

    mikimikiさん からの返信 2019/05/11 15:19:53
    RE: 貴重なパスポート 宝物ですね
    ぎっちゃんさん、こんにちは!!

     いつも私の旅行記に いいね! をありがとうございます♪
     コメントも とても嬉しいです!!

    > ご実家に残っていたパスポート 大事な大事な宝物ですね。
    > 中東の国のことは よくわかりませんが その時代のイラクを見ていらしたmikimikiさんは 貴重な体験をされたんですね。

     2度目に行ったときですら、フセイン大統領のもっと前の時代でした。
     手紙も自由な事を書けない時代です。
     イラクの悪口とか書いてしまうと 途中で没収されてしまうとか、
     聞いた事があります。

     …って考えると、もうずいぶん昔ですね。(笑)

    > 写真を写すなと言われた時は びっくりなさったでしょう?

     はい!!最初は、何も悪い物を撮っていると思っていなかったので
     「へ??私?? 私がどうかしました?」みたいな顔をしていたと思います。
     
    > 中国などで 写真を写して投獄されている人もいるので
    > 私も そういう国に行くのは ほんと怖いなあって思っているのです。

     本当ですね。
     私も、イラクでは父がよく言っていたので 聞いていたんですが
     時代も違うし、ドバイでしょ?大丈夫、大丈夫!!って
     思っていました。
     だから、驚きも半端なかったです。(^^ゞ

    > ブロガーって どこでも写真に写してしまいがちですから・・・
    > もし 知らずに軍の機密事項とかを移していたら 捕まってしまうのでしょうか?

     カメラ没収とか、昔はフィルムを抜かれる…光に当たるので写真はボツ
     ですね。
     イラクでは よくあったそうです。

    > ハワイでも 空港で エスカレーター上のフラダンスの写真を写すだけで
    > 注意されたことがあります。
    > 今は 布がかかっていたりしますよね。

     そうですよね。あそこは、カメラの絵に✖印があるから…
     その禁止事項を犯していると…注意されちゃうかもですよね。

     最近、日本のスーパーでも、撮影禁止となっている所 ありますね。
     注意するようにしなくちゃと思ってます。
     前、近くのスーパーで スマホで娘と買い物の相談をしていたときに
     「これだと、2000円」とプレゼント用のお菓子をスマホで撮って
     送ろうとしたんです。もう少し大きい箱にする?みたいな感じで…
     そうしたら、 その時 お店の人に注意されました。
     「消去してください」って…(>o<)
     日本でも気をつけないといけませんね…

    > mikimikiさんのドバイの旅は 普通の人の旅とは一味も二味も違った旅になりましたね。
    > 楽しかったです。ありがとうございました。

     こちらこそ、読んでいただけて 本当に嬉しかったです。
     ありがとうございます!!

     こちらは良い天気です。
     どうぞ良い週末をお過ごしください。

    mikimiki
  • たらよろさん 2019/05/10 12:41:14
    今は旅しやすくなったんですよね~
    こんにちは、mikimikiさん

    お母さまの遺品。
    パスポートやお写真など当時の様子を垣間見れてたのしかったわ~
    ほんと、おっしゃるように、こんなはるか昔に海外に旅するって
    余程の情熱がないとできないことだったんだろうな。
    手続きが膨大で大変で、、、
    語学力ももちろん相当必要だっただろうし。

    私は5月のドバイなので、一番暑いってわけではなかっただろうけれど、
    それでも連日35度オーバー。
    40度近い日もあったけれど、
    京都の夏っていうか、日本の夏よりも全然平気でした。
    テラスでカフェとかできたもの。
    日本の暑さって、赤道直下でもないのに本当に異常だわ(笑)

      たらよろ

    mikimiki

    mikimikiさん からの返信 2019/05/11 12:24:38
    RE: 今は旅しやすくなったんですよね?
    たらよろさん、こんにちは!!

     いつも私の旅行記に いいね! をありがとうございます。
     コメントまでいただいて とても嬉しかったです。

    > お母さまの遺品。
    > パスポートやお写真など当時の様子を垣間見れてたのしかったわ?

     わぁ、そうですか。良かったぁ。
     本来、返却していなければいけないんですよね…
     父のもあったりして…なかなか捨てられないし…困ったゴミですね。

    > ほんと、おっしゃるように、こんなはるか昔に海外に旅するって
    > 余程の情熱がないとできないことだったんだろうな。
    > 手続きが膨大で大変で、、、
    > 語学力ももちろん相当必要だっただろうし。

     昭和37年なんて、たらよろさんは生まれていらっしゃらないですよね…
     大昔…(笑)
     私は33年に生まれているんですが、生まれてすぐに父はイラクに行って
     私はたくさんある予防接種を受けてから渡航だったので1歳を過ぎるまで
     日本にいたんです。
     そういう手続きが大変だっただろうなって思います。
     パスポートにもと渡航目的が 書かれていて、父のは「貿易振興のため」

     私が2度目に行った時も、予防接種がいくつもあって…
     よく中学を早退して病院に行っていました。
     あと、帰国しても 受け入れ体勢がまだ今のような状況でなかったので
     学年を1つ落としたりして…

     あ、でもこれって、もしかしたら発展途上国に行ったからかも。
     欧米だったらもっと楽だったと思います。 

    > 私は5月のドバイなので、一番暑いってわけではなかっただろうけれど、
    > それでも連日35度オーバー。

     覚えています!!
     すてきなドバイ旅行で、私のドバイ熱は ますます上がりました!!
     イエローボートでアトランティスを見たときも
     「わぁ、こんなステキな所にお泊まりになったんだぁ!!」と
     思いながら写真を撮っていました。

    > 40度近い日もあったけれど、
    > 京都の夏っていうか、日本の夏よりも全然平気でした。

     あ…そういえば…日本の最近の暑さ…大変ですものね。
     そう考えれば、ドバイの夏も大丈夫かも?
     夏なら、ホテル代も少しは安くなるし…
      
    > テラスでカフェとかできたもの。

     テラスでカフェ!!たらよろさんの旅は 
    いつもおしゃれで優雅な感じが
     漂っているので、ステキです!!
     きっと普段から、優雅に生活なさっているんだろうなぁって思いながら
     拝見しています。
     旅に出たから 急に優雅にゆったり…
    と言うわけにはいかないんですよね(>o<)
     私は、普段からドタバタしているので
     どうしても そのままで…反省中。

    > 日本の暑さって、赤道直下でもないのに本当に異常だわ(笑)

     来年のオリンピックも心配ですよね。
     マラソンとか…とても心配。
     マラソンの選手の方は、一度 今年の夏に経験しに来て欲しいですね…

     本当にありがとうございました。
     良い週末をお過ごしください。

    mikimiki
  • かずさんさん 2019/05/10 11:28:45
    素敵な素敵な旅♪
    mikimikiさん、こんにちは(^^)

    貴重なパスポートやお写真の数々…
    微笑ましく拝見しました。
    本当に宝物ですね。

    その当時はご家族での海外赴任、とくにお母様は出産もなさったから、大変なこともあったと思うんです。
    でも、それ以上にご家族の
    貴重な体験や思い出が
    たくさんおありなのだろうな、と文面から
    伝わりました。
    mikimikiさんやお嬢様たちがとてもグローバルなのも納得です。

    私は逆にとってもせまい世界で
    育ちました。
    飛行機も結婚してから初めて乗ったくらい(笑)
    だから今、
    娘といろいろな場所に旅することができて夢みたい。主人にも感謝の気持ちでいっぱいですが、なかなか行動にあらわせないなと反省中です(^^;

    それにしても今回も素敵な素敵な旅でしたね♪
    マルタもドバイもぜひ行ってみたい!
    とくにドバイ、今までは単なる憧れでしたが、絶対行きたい!と思った!
    街もホテルも最高じゃん♪
    ただ、うちの娘もカメラ女子で
    一眼レフをぶら下げて歩くので、
    いろいろ注意点は有りそうね。

    旅行記、楽しかったです♪ありがとう!
    令和もお互い素敵な旅ができますように。

    mikimiki

    mikimikiさん からの返信 2019/05/11 00:27:29
    RE: 素敵な素敵な旅♪
    かずさんさん、こんばんは!!

     ♪いつも私の 拙い旅行記に いいね! をありがとうございます♪

    > 貴重なパスポートやお写真の数々…
    > 微笑ましく拝見しました。
    > 本当に宝物ですね。

     どうしようかなぁ…と思いながら なかなか捨てきれないんですよね。
     一度、イラクの大使館にメールを書いたことがあったんです。
     イラクは、内戦やISで遺跡がずいぶん壊されていて…
     せっかく世界四大文明の一つなのに 遺跡が無くなって…
     だから、バビロンの写真を寄付しようかと思って…
     でも、何の音沙汰もなかったので 余計な事だったのかなと思って 
     まだ 持っています。
     (笑)
     
    > その当時はご家族での海外赴任、とくにお母様は出産もなさったから、大変なこともあったと思うんです。

     そういう意味では、まだ海外赴任なんて珍しい時代だったし…
     大変だったと思います。
     日本食なんてまったく無い国ですから、接待用のお漬け物は
     パンにビールを混ぜてぬか床に似た物を作って
     そこにキュウリとかナスをつけてました。
     
    > でも、それ以上にご家族の
    > 貴重な体験や思い出が
    > たくさんおありなのだろうな、と文面から
    > 伝わりました。
    > mikimikiさんやお嬢様たちがとてもグローバルなのも納得です。

     私が2度目にイラクに行ったときは 「帰国子女」という言葉が
     使われ始めた頃でした。
     私は、中学3年の時に帰国したんですが、
     日本の勉強をしていなかったので、学年を一つ落として
     中学2年になりました。
     それでも、良い思い出というのは おっしゃる通りだろうなと思います。
     特に 私の場合は、今では 簡単に行くことができない国になってしまったから
     余計に貴重な思い出ですね。
     
    > 娘といろいろな場所に旅することができて夢みたい。主人にも感謝の気持ちでいっぱいですが、なかなか行動にあらわせないなと反省中です(^^;

     かずさんさん、とても偉い!!
     私も、かずさんさんのこの文を読んで 主人に感謝の気持ちを持っていない
     って事に気づきました。(笑)
     行動に表す 表さない という段階よりもずっと初歩の段階で反省中です。
     
    > それにしても今回も素敵な素敵な旅でしたね♪

     わぁ、ありがとうございます!!
     今回で マイルも無くなって…娘も社会人だから 長い休みは取れないし…
      
    > マルタもドバイもぜひ行ってみたい!

     いつかまた行ってみたいなぁ。

    > とくにドバイ、今までは単なる憧れでしたが、絶対行きたい!と思った!

     私も、3回目の正直でした。
     近未来の街よねぇ!!カッコイイし。
     ただ、物価高いのよ…ホテルも ベストシーズンだと とても高いの…
     だから、次に行くことがあれば、今度は真夏にするかも。
     そうすると ホテルがとても安くなります。
      
    > 街もホテルも最高じゃん♪

     そうそう!!とてもスタイリッシュで、ステキ。
     その中に 時々 アラビアチックな雰囲気があって…

    > ただ、うちの娘もカメラ女子で
    > 一眼レフをぶら下げて歩くので、
    > いろいろ注意点は有りそうね。

     あ、あのスタイル抜群のお嬢様ですね!
     たぶん、ドバイの男性も 若くてきれいな女性には甘いかも。(笑)
     私なんて60過ぎのおばちゃんだから…
     追っ払おうって注意されたのかも。 

    > 旅行記、楽しかったです♪ありがとう!
    > 令和もお互い素敵な旅ができますように。

     かずさんさん、こちらこそ ありがとうございました。
     令和も どうぞよろしくお願いします!

     また、すてきなお嬢様とのご旅行を楽しみにしています!!

     良い週末をお過ごしください。

    mikimiki
  • まつかこさん 2019/05/10 10:09:47
    昔のパスポート
    mikimikiさん、おはようございます。

    初めて見ました昔のパスポート、手書きなのも驚きましたが写真もスナップ写真が張ってあるのにもビックリです。
    これは絶対に捨てられないですね。

    カメラの件もビックリしました、コンデジはOKで一眼レフはNOなんて面白いですね、何を写していいのか?悪いのか?の基準を教えてほしいですね。

    これからも宜しくお願い致します。まつかこ

    mikimiki

    mikimikiさん からの返信 2019/05/10 23:54:37
    RE: 昔のパスポート
    まつかこさん、こんばんは!!

     いつも私の旅行記に いいね! をありがとうございます。
     コメントも嬉しく拝見しました。
    >
    > 初めて見ました昔のパスポート、手書きなのも驚きましたが写真もスナップ写真が張ってあるのにもビックリです。

     ですよね!!
     この写真、本当にビックリ。
     家の庭ですよぉ。父が撮っていて…笑っちゃいますよね。
     
     手書きの文字。きれいな筆記体ですよね。
     お手本のような…
     最近の学生さんたちは 筆記体を習わないから、いつまでたってもブロック体
     で書いています。
     娘達も これを 見て「読めない…」と言っていました。

    > これは絶対に捨てられないですね。

     きっと私は捨てないと思うんです。なんか思い出があるし…
     でも、子供の代になったら きっと平気で捨てるだろうなぁと思います。
     そうなると…私も そろそろ終活しなくちゃいけないし…
     捨てなくちゃいけないかな…なんて迷いますね。
     
    > カメラの件もビックリしました、コンデジはOKで一眼レフはNOなんて面白いですね、何を写していいのか?悪いのか?の基準を教えてほしいですね。

     そうなんです。
     ホテルの建物を撮ったらだめなら…ドバイの面白い格好のビルなんて
     ホテルが多いのですから、撮ったらダメって事になってしまうし…
     とっても 迷いますよね。
     
     かなりヒヤヒヤものですね。
     ここで写真、撮っていいのかなぁって周りをキョロキョロしながら…
     2度も注意されちゃったし…日頃の行いのせいかも…
     (笑)
     自分の生き方を見直さなくちゃいけませんね!

    > これからも宜しくお願い致します。

     こちらこそ、どうぞよろしくお願いします。
     まつかこさんの 旅行記、楽しみにしています!!

    mikimiki
  • mishmishさん 2019/05/09 05:16:49
    貴重なパスポートやお写真!
    mikimikiさん、こんにちは!

    マルタ・ドバイ旅行記、とても楽しく拝見しました。
    mikimikiさんご家族がイラクに赴任された際の、パスポートや、お写真もとても興味深く拝見しました。貴重なものをありがとうございます。アル・ラシッド通り、ぜひ歩いてみたいです。お母さまが弟さんをバグダッドで出産されたというのも、すごいことですよね。ご家族で素晴らしい経験をされていて羨ましいです。

    当時はベイルートが中東の中心だったとのこと。きっとドバイは、その頃はまだ何もなかったのでしょうね。mikimikiさんの旅行記で、ドバイの発展ぶりを改めて見て、中東の歴史はいつも激動だな~と思いました。

    それにしても、「propertyの写真は撮ってはいけない!」って意味が良く分からなくて、ほんと怖いですね。軍や政府関係の施設なら分かりますが・・・、ホテルの敷地内ですもんね。

    鳩さん、確かにこの地域に多く生息するドバトですね。私もアンマンに住んでいた頃、ベランダに同じような茶色の鳩さんが巣を作って、気づいた頃にはヒナがかえっていて、びっくりでした。瞳が愛らしくて、もちろん駆除する気にもなれず、巣立つまで居候させてあげました笑。mikimikiさんの旅行記を読んで、思い出しました^^

    これからもmikimikiさんの旅行記、楽しみにしております♪

    mishmishより

    mikimiki

    mikimikiさん からの返信 2019/05/09 23:33:03
    RE: 貴重なパスポートやお写真!
    mishmishさん、こんばんは!!

     いつも私の拙い旅行記に いいね! をありがとうございます。

    > マルタ・ドバイ旅行記、とても楽しく拝見しました。

     わぁ、ありがとうございます。 

    > mikimikiさんご家族がイラクに赴任された際の、パスポートや、お写真もとても興味深く拝見しました。貴重なものをありがとうございます。

     なんか、捨てられなくて…実家から持って帰ってきてしまいました。
     きっと、弟が生まれた後、新しく作り直したんだと思うんです。
     だから、手書き?なのかもしれません。

    > アル・ラシッド通り、ぜひ歩いてみたいです。お母さまが弟さんをバグダッドで出産されたというのも、すごいことですよね。ご家族で素晴らしい経験をされていて羨ましいです。

     2度目の時は、私も中学生になるときだったので、母は行くのをやめようと
     思っていたそうです。
     でも、父が「家族は一緒にいるべき。たとえ、イラクにいることで
     日本の勉強が遅れたとしても、きっとそれ以上の体験ができる」と言い張って
     結局、中1の私と小学校4年生の弟は2度目のイラクに行きました。

     アルとかアラビア語に多いですね。
     私の中学の先生も AL-RAWIと言いました。これ、発音できなくて…
     何度も練習しました。
     ALとかIBNとか地名や人名に多いですね。
     弟が生まれたのは AL-ハイダリ病院でしたし、私が住んでいた場所もIbnが
     ついていました。

    > 当時はベイルートが中東の中心だったとのこと。きっとドバイは、その頃はまだ何もなかったのでしょうね。mikimikiさんの旅行記で、ドバイの発展ぶりを改めて見て、中東の歴史はいつも激動だな?と思いました。

     はい!ご近所にタヒチで初めて真珠を育てた方がいるのですが
     その方が書いた本に 中東でも真珠を育てていたと書いてありました。
     ドバイでも真珠の育て方を教えていた時期があったそうです。
     漁村、真珠…なんて今では考えられない生活ですよね。

     ベイルートは、中東のパリと言われていて
     夏になると 「7月から9月まで本店があるスイスに帰っています」なんて
     看板がかかるチョコレート屋さんがあったり
     とてもおしゃれな街でした。
     最近、ベイルートは 観光に行けるようになったそうなので
     ぜひ、行ってみたい!!と思っています。
     
     帰国する時は、ちょうどベイルートは夜間外出禁止令が出ていて
     人がいなくなった通りに戦車が走っていました。
    > それにしても、「propertyの写真は撮ってはいけない!」って意味が良く分からなくて、ほんと怖いですね。軍や政府関係の施設なら分かりますが・・・、ホテルの敷地内ですもんね。

     ほんとです。
     私、この朝のできごとがきっかけになって、どんなに怖じ気づいたか…
     きっと、すごい傑作が撮れたはずなのに…なんて(笑)
     
    > 鳩さん、確かにこの地域に多く生息するドバトですね。私もアンマンに住んでいた頃、ベランダに同じような茶色の鳩さんが巣を作って、気づいた頃にはヒナがかえっていて、びっくりでした。瞳が愛らしくて、もちろん駆除する気にもなれず、巣立つまで居候させてあげました笑。mikimikiさんの旅行記を読んで、思い出しました^^


     わぁ、やっぱり!!日本のハトとは違いますよね?鳴き方が 日本のハトとは
     明らかに違うんです。

     とても懐かしい鳴き声で 一気に昔に記憶が戻りました。
     耳の記憶って不思議ですよね。普段は何も思っていないのにある音を聞いただけで
     わぁぁぁって一瞬で イラク時代の庭にいたような感じがしました。
     私、耳だけでなく香でも同じような記憶があるんです。
     これも、まったく普段は思ってもいなかったし 懐かしがってもいなかったんですが
     2度目のベイルートで、あるお菓子屋さんの前を通った時
     「あ、この匂い!知ってる!!ここに来たことあるよね?」って
     昔も 同じお店があってそのお菓子屋さんで買うお菓子が好きだったことを
     教えてもらいました。

     人間の記憶って不思議ですね。

     今回、ドバイでアラビア語を聞いていた時
     昔 母が馬車に乗って買い物に行っていた時に使っていたアラビア語を
     思い出しました。
     カタカナ表記にすると ちゃんと伝わるかどうか不安ですが
     ユミナ(右)、ユスラ(左)、グバル グバル(まっすぐまっすぐ)
     へナ(ここ)…イラクで使われているアラビア語。
     スークにいたときも「ラ!ハラッド!!」という言葉を思いだしたのですが
     この意味と、「フィンマンラ」の意味がわからないまま…(笑)
     
    > これからもmikimikiさんの旅行記、楽しみにしております♪

     ありがとうございます。

     長々とすみませんでした。なんかとても楽しくて…長く書いてしまいました。

     明日も良い一日でありますように!!

    mikimiki
  • ateruiさん 2019/05/08 22:50:07
    ドバイ綺麗
    綺麗な街ですね
    明るい街ですね
    意外です
    人があまりみられないですなぁ

    ゆったりとした旅が感じられました
    あたしはリタイヤしてからできそうです
    aterui

    mikimiki

    mikimikiさん からの返信 2019/05/09 18:36:24
    RE: ドバイ綺麗
    ateruiさん、こんばんは!!

     いつも私の旅行記に いいね! をありがとうございます!!

    > 綺麗な街ですね
    > 明るい街ですね

     未来の街という感じですよね。
     ここは大都会の中心地という感じでした。

     でも、メトロに乗ると…車窓から
     こういう都会から取り残された街も見ることができました。
     イラクにも
     あったんです。天井がないお家。壁を土と牛や馬の糞で固めた物で作って
     雨が滅多に降らないので天井は入らないのでしょう…
     ドバイのお家には天井はありましたが…
     きっと、貧富の差はあるんだろうなぁと感じた風景でした。

    > 意外です
    > 人があまりみられないですなぁ

     必死で人を入れて撮らないように努力してみました。(笑)
     それに、写真を撮っていて 2度も注意されたので
     ちょっと 人が多いところで撮るのは ビビってました。

    > ゆったりとした旅が感じられました
    > あたしはリタイヤしてからできそうです

     ぜひ!!
     今でも、発展途上中なので、これからドンドン近未来都市っぽくなると
     思います。
     来年は 万博が行われるので、ホテルもたくさん建てられていました。

     1970年のこんにちは!!って三波春夫さんが歌っていた大阪万博の万博が
     ドバイでですって!!

     アブダビまでも高速鉄道が走って 1時間以内で着いちゃうそうです。
     ますます便利になりますね!

    mikimiki

    aterui

    ateruiさん からの返信 2019/05/10 00:43:19
    耽空想
    mikimikiさん こんばんは
    ご丁寧に ありがとうございます

    アブダビまで地下鉄で行けちゃうんですね
    ドバイ アブダビ 治安はどうなんでしょうかぁ?
    便利ですね ますます行きたくなりました

    mikimikさんは
    海外に住されていたんですね
    驚きと羨望でいっぱいです

    私は父が 
    アフリカ各国と フランスにながいこと
    いたので 行く機会はあったんですが

    40年前 大学生時代 行こうと思ったときは
    アルジェリア タンザニア は往復
    30〜50万かかりそうなんで諦めました

    50年ほど前は
    コンゴに行く話があったんですが
    父が断ったそうで 
    その時に家族で行っていたら
    今頃どうなっていたんだろうと時々考えます(笑)

    なかなか行けない分 空想に耽っています
    aterui

    mikimiki

    mikimikiさん からの返信 2019/05/10 08:37:39
    RE: 耽空想
    おはようございます!!

    > ご丁寧に ありがとうございます

     ateruiさん、こちらこそ、ありがとうございます。

    > アブダビまで地下鉄で行けちゃうんですね
     
     今、建設中らしいです。
     来年のEXPOに間に合わせるように…と言っていましたが
     ホントに間に合うのかなぁと思います。
     きっと アブダビのタクシーで聞いた話なので
     もしかすると アブダビの人達の希望的観測かもしれないですね。
     だって、ドバイがEXPOでにぎやかになっている時に
     高速鉄道でアブダビまで移動できるなら…アブダビにも
     人がたくさん来ることができるし。(笑)

    > ドバイ アブダビ 治安はどうなんでしょうかぁ?

     治安はとても良いと聞きます。
     今回 行ってみて
     街の中やメトロの駅などに 警備員さんが多いのに驚きました。
     もちろん、危険を避けるためと
     私のような 違反カメラマンを取り締まる(笑)のが目的だと
     思います。
     
     世界の航空会社でハイジャックに合う確率が低い会社ってあるみたいですね。
     そういう会社は、ハイジャックなどに合わないように
     あらかじめ大金を使って
     「うちの会社に危害を与えると、大変なことになるぞ!」と
     思わせてるそうです。
     それと同じことが アラブ首長国にも言えると 
     どこかで読んだことがありました。
     あんな世界一が好きな王様がいて
     世界一の建物が多い場所でテロなんて格好の標的になるかもしれないのですが
     それが、起こらないのは きちんと裏で対策がされていて
     「世界一安全」な国かもしれないとまで言う人がいました。 
     
    > 便利ですね ますます行きたくなりました

     ますます便利になりそうです!
     私たちが行った時は、メトロは 折り返し運転をしていたのですが、
     それも、メトロをより便利にするための準備工事のためだったようです。
     
    > mikimikさんは
    > 海外に住されていたんですね
    > 驚きと羨望でいっぱいです

     と言っても…イラクですけど…
     帰国子女という言葉が出始めた時期だったのですが
     みんな帰国というと 欧米ばかりで、イラクなんて恥ずかしかったです。

    > 私は父が 
    > アフリカ各国と フランスにながいこと
    > いたので 行く機会はあったんですが

     わぁ、フランス!アフリカ!!
     知り合いにやっぱりフランスとアフリカに長い駐在をなさっていた方がいます。
     アフリカで病院を作っていたんですが、
     もしかすると…お知り合いかも…

    > 40年前 大学生時代 行こうと思ったときは
    > アルジェリア タンザニア は往復
    > 30〜50万かかりそうなんで諦めました

     そう考えると今は、昔より安く行けるようになっていますね。
     それも、いろいろな方法で。

    > 50年ほど前は
    > コンゴに行く話があったんですが
    > 父が断ったそうで 
    > その時に家族で行っていたら
    > 今頃どうなっていたんだろうと時々考えます(笑)

     コンゴ。想像もつかない異国の地です。
     コンゴで看護師さんをなさってる方のお話を聞いたことがありました。
     大学で、教えていらっしゃる方だったんですが
     とうとう引退という時「アフリカが私を呼んでる」とおっしゃって
     もう二度と日本に戻らない覚悟でアフリカに行ってしまわれたんです。
     
     大変そう…以上の 魅力や生きがいを見つけていらっしゃるんですね、きっと。

    > なかなか行けない分 空想に耽っています

     まだまだ、アフリカって遠いですね!!


     良い週末をお過ごしください。

    mikimiki

    aterui

    ateruiさん からの返信 2019/05/10 11:39:06
    RE: RE: 耽空想
    mikimikiさん
    こんにちは

    車窓は 近未来的景色をつい 連想してしまいますが
    ずうっとそれが続くわけないですよね
    考えればすぐわかるのに
    あの圧倒的な近未来の写真にやられちゃいました

    屋根のない泥や糞でできた壁の家の地域もあるわけですね
    砂漠もあるんでしょうね
    口を開けて寝らんないですね(笑)

    人を入れないで撮った写真だったんですね
    想像できませんでした

    臺灣ですがぁ 
    前は注意されましたよ 
    軍関係 駅 国の施設 撮影は五月蠅かったです

    今でも臺灣は飛行機から
    臺灣の陸上撮るのは禁止されてる筈なんですが 
    空港上空からの写真が掲載されてるのをよく目にします
    皆さんのホームページが段々と変えていくんでしょうね

    異国で注意されると吃驚ですよねぇ
    ビクビク勘 感かなぁ? わかります (笑)

    万博ですかぁ
    日本で1970年 開催された万博ですねぇ
    小学校3年生だったでしょうかぁ
    クラスで3人行きました
    母の妹も田舎(釧路)から自家(うち)に下宿してたんですが
    ななんんと会社で行ったんです
    羨ましくて羨ましくて😢😢  aterui

    mikimiki

    mikimikiさん からの返信 2019/05/10 23:31:26
    恥ずかしながら…
    ateruiさん、こんばんは!!

     実は、とても恥ずかしいことを白状しますね。
     もうちょと あとで。

    > あの圧倒的な近未来の写真にやられちゃいました

     私は もう何年もドバイに憧れ続けてきたんですが
     やっぱり ドバイの近未来的な風景にひかれたのが きっかけでした。

    > 屋根のない泥や糞でできた壁の家の地域もあるわけですね
    > 砂漠もあるんでしょうね
    > 口を開けて寝らんないですね(笑)

     はい、特にイラクにはありましたよぉ。
     子供達も 学校に行けない子もいたんだと思います。
     普通なら 学校にいるような時間帯に
     バビロンとかクテシフォンとか 遺跡に行くと
     必ず 昔 日本にもいましたよね、駅弁売り。
     そんな感じ。
     首からぶら下げた籠に タバコをたくさん入れて
     売ってるんです。
     で、私より小さいような子供が タバコの箱を開けて
     自分も吸っている…
     ちょっと悲しい現実ですよね。

     ドバイはそんな事 ないと思いますけど、世界には
     たくさんいるんだろうな そういう子供。

    > 人を入れないで撮った写真だったんですね
    > 想像できませんでした

     人が入っていると なかなか大変ですよね。
     特にイスラムの女性は 写真に入ることを とても嫌いますし。

    > 臺灣ですがぁ 
    > 前は注意されましたよ 
    > 軍関係 駅 国の施設 撮影は五月蠅かったです

     ↑ここ、ここ。
     私、「臺灣」を初めて見たんです。
     で、本当に恥ずかしながら…
     ここの漢字をコピペして 調べました。
     「台湾」…と知った時の恥ずかしさ…
     物を知らないって…恥ずかしいです。

    > 今でも臺灣は飛行機から
    > 臺灣の陸上撮るのは禁止されてる筈なんですが 
    > 空港上空からの写真が掲載されてるのをよく目にします
    > 皆さんのホームページが段々と変えていくんでしょうね

     そうなんですね。良かったです。
     一つ 賢くなれました。
     一度も行ったことがないので、いつか行ける日がきたら
     ちゃんと覚えておきます!!
     ありがとうございます。

    > 異国で注意されると吃驚ですよねぇ
    > ビクビク勘 感かなぁ? わかります (笑)

     泣きそうでした。

    > 万博ですかぁ
    > 日本で1970年 開催された万博ですねぇ
    > 小学校3年生だったでしょうかぁ
    > クラスで3人行きました

     クラスで何人…って「二十世紀少年」みたいですね。
     でも、私もよくわかります。
     あの雰囲気。 私は名古屋でした。
     小学6年生で、毎年春にある 父の会社のバス旅行がEXPOだったんです。
     そして、夏休みにも家族で行きました。
     
    > 母の妹も田舎(釧路)から自家(うち)に下宿してたんですが
    > ななんんと会社で行ったんです

     あ、やっぱり 当時は会社の慰安旅行とかもありましたよね。

     もしかして、昭和36年生まれでいらっしゃいますか?
     弟が36年生まれです。

     良い週末をお過ごしください。

    mikimiki

    aterui

    ateruiさん からの返信 2019/05/11 20:17:22
    RE: 恥ずかしながら…
    mikimikiさんこんばんは

    臺灣は臺灣の国字で臺灣とするそうですよん

    最近は臺灣の人も略しがちですが
    残念だなあと思います

    あたしはその通りに書いて郵便物を
    臺灣の友達にだすんですがぁ

    日本の郵便局のカウンターで普通エアメールで
    幾らになりますかぁ?と送る封筒を出して尋ねると
    郵便局の人が ところでこちらはどちらのお国におだしでしょうかぁ?
    なんて言われてしまって 
     ほら ここここにちゃんと書いてあるじゃないですかぁ
    臺灣と というと
    失礼しました 臺灣と読むと知らなかったものですから
    ごめんなさいね という具合で

    あたしはただ 臺灣に敬意を表して 正式な字を使ってるだけなんですが
    人によっては自慢してるなんてこともありまして悲しいことです

    4トラのメンバーでも
    臺灣と書く人は私含めて三人でしょうかぁ
    何万とメンバーがいるのに

    臺灣(たいわん)とかなをふればよかったですね 
    ごめんなさい

    恵まれない子供が世界で何億人かいるんでしょうね
    勉学に励まれることができることを祈るばかりです


    どなたのドバイの写真みても立派な近未来的な建物なのに
    人が殆どいないなあ不思議だなぁ
    といつも思っていたんですが
    皆さん人を避けて撮っていた結果だったんですねぇ(笑)


    クラスで三人万博に行ったというのは
    クラスで先生が万博行った人?と聞いたんですわ
    夏休み後に
    そしたら3人もいたんですわ
    ビックリ!!!

    大阪は遥か彼方で行けない所という印象だったんです
    そんなところに行くのは大金持ちなんだろうなあと思いましたわ
    羨ましかったです

    私は2620年 昭和35年6月生まれなんですよん!
    どうぞよろしくお願い申し上げます

    aterui
  • バモスさん 2019/05/08 06:03:42
    ドバイ
    mikimikiさんへ

    おはようございます
    貴重なバグダッドの写真ありがとうございます!
    南回りの航空路は時間がかかりましたね。
    イラクは行ったことがでないですが
    若い頃は欧州へ南回りで行ってましたので。

    ドバイは楽しそうな活力のある街ですね。
    またゆっくり観光してみたいです。
    ありがとうございました。
    ステキな一日をお過ごしください♪
                  バモス

    mikimiki

    mikimikiさん からの返信 2019/05/08 23:39:08
    RE: ドバイ
    こんばんは、バモスさん!!

     いつも私の旅行記に いいね! をありがとうございます!!

    > 貴重なバグダッドの写真ありがとうございます!

     今では貴重ですよね。
     もう あまり行くことができない国になってしまいました。
     遺跡も きっと ずいぶん壊されて…
     ISが遺跡を壊しているとニュースで見た時は
     なんか胸が締め付けられるようでした。

    > 南回りの航空路は時間がかかりましたね。

     はい。その都度、空港で降りて…
     私が 行った時は 着陸と離陸の時に耳が痛くなる時代だったので
     飴が配られて…それでも 痛くて…(>o<)
     
    > イラクは行ったことがでないですが
    > 若い頃は欧州へ南回りで行ってましたので。

     レバノンの後にヨーロッパに行くんですよね。
     私も中学の時は レバノンから ミュンヘンに行ったことがあります。
     
    > ドバイは楽しそうな活力のある街ですね。

     とても活気がありました。
     王様が「世界一」になるのがお好きだそうです。
     だから、世界一高いビルが 他のビルに抜かされてしまったので
     今は、またそれよりも高いビルを計画中だそうです。

     まだまだ建設ラッシュで、ホテルもたくさん建てられていました。
     未来都市を垣間見たような感じがしました。
     
    > またゆっくり観光してみたいです。

     いつかゆっくりいらっしゃれると 良いですね!
     ますます発展していると思いますよぉ。
     
    > ありがとうございました。
    > ステキな一日をお過ごしください♪

     こちらこそ、ありがとうございます!
     バモスさんも 明日も良い一日でありますように!!

    mikimiki
  • エフサさん 2019/05/07 21:36:21
    素敵な旅ですね
    mikimiki さん、こんばんは。

    スマホはOK、カメラはダメ!
    ワシもどっかで言われたなぁ。どこだったか忘れたけど中東だった様な気がします。解像度の問題かな?

    ビンの栓は手で開けられる!
    ワシもやらかしました。イスタンブールの空港のイートインで瓶ビールを買って
    「栓抜きくださ~い」
    思わず思い出し笑い、クスクス。

    スークのご親戚ご一同!
    そいつら多分インド人ですよ。^_^
    彼らは髭生やして白いアラブ服着たら見映えはすっかりアラブ人。
    インド人もビックリ!

    UAEの人口で、UAE人の占める割合はたったの20%、いわゆる上級国民。インド人はそれよりももっと多い。
    UAE、サウジアラビア、クウェート。乗ったタクシーの運転手は全てインド人。何故分かったか?
    彼ら、勝手にオレはインド人だって言ってくるから。なんでだろぉ?

    冒頭の写真。
    今回はお母さまを偲ぶ旅でもあったのですね。お母様にくっついて名前も一緒に一冊のパスポートに3人収まったこのパスポートはmikimikiさんの宝物ですね。返納なんてできませんよね。貴重な資料と写真、ありがとうございました。

    mikimiki

    mikimikiさん からの返信 2019/05/08 22:16:12
    RE: 素敵な旅ですね
    こんばんは、エフサさん!

     いつもステキなコメントをありがとうございます!!
     エフサさんは、お出かけになっている国が多いだけあって
     本当に たくさんの経験をなさっていますね…
     で、お話が深い、広い!!
     今回も、とても楽しくコメントを拝見しました。

    > スマホはOK、カメラはダメ!
    > ワシもどっかで言われたなぁ。どこだったか忘れたけど中東だった様な気がします。解像度の問題かな?

     不思議ですよね。私は、いまだにpropertyがよく理解できていません。
     このあたりの建物は EMAARという会社のものがほとんどだったのですが
     これが皇太子の会社だと言われています。
     …ってことは、王族の建物だからダメなのか…
     とか考えるとますます 理解不能です。
     
    > ビンの栓は手で開けられる!
    > ワシもやらかしました。イスタンブールの空港のイートインで瓶ビールを買って
    > 「栓抜きくださ?い」
    > 思わず思い出し笑い、クスクス。

     私、ビックリしました。
     最初、すごい力持ちだと思って、「すごぉい!!」って絶賛!!
     これも不思議ですよね?
     こういう栓にすれば、世界中から栓抜きが消える日もあるんですよね。
     イスタンブール、ドバイ…中東の特許?

    > スークのご親戚ご一同!
    > そいつら多分インド人ですよ。^_^
    > 彼らは髭生やして白いアラブ服着たら見映えはすっかりアラブ人。
    > インド人もビックリ!

     インド人もビックリ!ってカレーのCMがありましたよね?
     大昔ですが…
     カレーで思い出したのですが、名古屋の食文化って
     独特なのでしょう。名古屋にあった「オリエンタルカレー」
     また冷やし中華の「すがきや」
     名古屋では 本当に有名なのに…関東や関西ではそこまで知られていなかったり
     全く知られていなかったり…これも不思議です。

     時々、ガイドブックに「スークでは売り込みが激しいから いらない物は
     はっきり いらない!!と言いましょう」と書いてあるんです。

     でも、肝心のどうやって売り込んで来るのかが書いてないので、わからなかった…。
     今回、実体験して とてもよくわかりました。
     これって、巧妙ですよね。

     イラクの時は日本は「ヤバン」日本人は「ヤバニ」と言われていたので
     通りを歩いていると 左右のお店から「ヤバン!!」「ヤバニ!!」と
     呼ばれて…振り向くなと教わっていました。
     ドバイは巧妙です。
     すごい一族で スークをしきってる。笑
     
    > UAEの人口で、UAE人の占める割合はたったの20%、いわゆる上級国民。インド人はそれよりももっと多い。
    > UAE、サウジアラビア、クウェート。乗ったタクシーの運転手は全てインド人。何故分かったか?
    > 彼ら、勝手にオレはインド人だって言ってくるから。なんでだろぉ?

     きっとインド人は誇りがあるんでしょうね。
     賢いし。二桁のかけ算も暗算できちゃうらしいですよね。
     二桁用の九九があるとか。

    > 冒頭の写真。
    > 今回はお母さまを偲ぶ旅でもあったのですね。お母様にくっついて名前も一緒に一冊のパスポートに3人収まったこのパスポートはmikimikiさんの宝物ですね。返納なんてできませんよね。貴重な資料と写真、ありがとうございました。

     父のもあるんですよ。父は こういう物を取っておくのが好きだったみたいで…
     ワクチンの手帳とか 今では見なくなりましたね。
     
     今ではきっとイラクの遺跡もずいぶん破壊されて…しまったかも。
     バビロンの写真なんて 案外 貴重かもしれませんよね。
     2度目に行った時は、クテシフォンもずいぶん崩れていました。

     本当にいつも 私の拙い旅行記を読んでくださって ありがとうございます。
     明日も良い一日をお過ごしください。

    mikimiki

mikimikiさんのトラベラーページ

この旅行で行ったホテル

この旅行で行ったスポット

マイルに交換できるフォートラベルポイントがたまります。
フォートラベルポイントって?

アラブ首長国連邦で使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
アラブ首長国連邦最安 190円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

アラブ首長国連邦の料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

この旅行記の地図

拡大する

PAGE TOP

ピックアップ特集