サマルカンド 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
突然思い立った、10年ぶりの海外旅行。40代後半になっての女一人旅(旦那さんはお留守番)。<br />シルクロードの歴史感じる青い都に魅せられました。<br /><br />

40代の一人旅~ウズベキスタン1日目

48いいね!

2018/04/27 - 2018/05/02

14位(同エリア439件中)

0

26

kerotaさん

突然思い立った、10年ぶりの海外旅行。40代後半になっての女一人旅(旦那さんはお留守番)。
シルクロードの歴史感じる青い都に魅せられました。

同行者
一人旅
一人あたり費用
25万円 - 30万円
交通手段
鉄道 徒歩
航空会社
大韓航空
利用旅行会社
ツアー(添乗員同行なし)
旅行の満足度
5.0
観光
5.0
ホテル
5.0
グルメ
5.0
ショッピング
4.0
交通
5.0

PR

  • 成田発の大韓航空で出発!仁川で乗り継ぎです。<br />久しぶりの飛行機だったので、座席を通路側にするか、窓側にするか散々悩みました、<br />トイレの不安があったので、基本的には動きやすい通路側座席にしたけど、ネットの旅ブログで、仁川~タシケント間で天山山脈が見えるという情報を仕入れたので、そこだけ窓側にしました。<br /><br />タシケント到着は夜だったので、この日はもうホテルで寝るだけ。翌日から、観光開始です!<br />今回、GWだったこともあり団体旅行がどこも満席だったので、旅工房というネット旅行社の一人旅専用ツアーを利用しました。<br />初日の到着から最終日の空港まで、ずっと専用ガイドさん(ウズベキスタン人の男性。日本語ペラペラ)が一緒。車移動の場合は、専用の運転手さんもつく。一人旅ですよ。団体旅行と似たような金額で、個人の希望を完全にフォローしてもらえて、すごい良かった。<br /><br /><br />

    成田発の大韓航空で出発!仁川で乗り継ぎです。
    久しぶりの飛行機だったので、座席を通路側にするか、窓側にするか散々悩みました、
    トイレの不安があったので、基本的には動きやすい通路側座席にしたけど、ネットの旅ブログで、仁川~タシケント間で天山山脈が見えるという情報を仕入れたので、そこだけ窓側にしました。

    タシケント到着は夜だったので、この日はもうホテルで寝るだけ。翌日から、観光開始です!
    今回、GWだったこともあり団体旅行がどこも満席だったので、旅工房というネット旅行社の一人旅専用ツアーを利用しました。
    初日の到着から最終日の空港まで、ずっと専用ガイドさん(ウズベキスタン人の男性。日本語ペラペラ)が一緒。車移動の場合は、専用の運転手さんもつく。一人旅ですよ。団体旅行と似たような金額で、個人の希望を完全にフォローしてもらえて、すごい良かった。


  • さて、朝!<br />タシケントから高速列車アフラシャブ号に乗車して、サマルカンドに向かいます。<br />ガイドブックでは、鉄道駅の写真は撮影禁止だとあったけど、ガイドさんに訊いたら「大丈夫ですよ」ということでした。緩くなったのかな?といっても、こそこそと撮影してました。

    さて、朝!
    タシケントから高速列車アフラシャブ号に乗車して、サマルカンドに向かいます。
    ガイドブックでは、鉄道駅の写真は撮影禁止だとあったけど、ガイドさんに訊いたら「大丈夫ですよ」ということでした。緩くなったのかな?といっても、こそこそと撮影してました。

  • アフラシャブ号の車内。ほとんど新幹線。<br />シートも綺麗です。電子モニターに地図がでて、どのあたりを走っているかわかります。トイレも綺麗で快適。スーツケースは、置き場がちゃんとあります。<br />普通に寝てる人もいたし、ガイドさんも乗るなり寝たので(笑)ので、安全なんでしょう。<br /><br /><br />

    アフラシャブ号の車内。ほとんど新幹線。
    シートも綺麗です。電子モニターに地図がでて、どのあたりを走っているかわかります。トイレも綺麗で快適。スーツケースは、置き場がちゃんとあります。
    普通に寝てる人もいたし、ガイドさんも乗るなり寝たので(笑)ので、安全なんでしょう。


  • 途中で、お茶と菓子パンのサービスがありました。<br />移動中のトイレを気にして朝ごはんを軽く済ませたので、補給に丁度良かった。<br />

    途中で、お茶と菓子パンのサービスがありました。
    移動中のトイレを気にして朝ごはんを軽く済ませたので、補給に丁度良かった。

  • 車窓から見る眺めは、のどか~。<br />街から、田園、草原、砂漠、小さな山なみ、と落ち着いた雰囲気です。<br />ツアーによっては、同じ距離をバス移動らしいですが、スピードとか距離感が違うからまた風情が違うかもね<br />

    車窓から見る眺めは、のどか~。
    街から、田園、草原、砂漠、小さな山なみ、と落ち着いた雰囲気です。
    ツアーによっては、同じ距離をバス移動らしいですが、スピードとか距離感が違うからまた風情が違うかもね

  • サマルカンドには、お昼ちょっと前に到着。<br />駅からホテルに直行して、休憩しました。<br /><br />こちらのホテル、いかにもウズベキスタン的な造りで可愛らしい。宿泊客が少なかったのか(部屋数もそう多くはないみらい)、静かでのんびりできちゃう。<br />

    サマルカンドには、お昼ちょっと前に到着。
    駅からホテルに直行して、休憩しました。

    こちらのホテル、いかにもウズベキスタン的な造りで可愛らしい。宿泊客が少なかったのか(部屋数もそう多くはないみらい)、静かでのんびりできちゃう。

  • ウズベキスタンではよく見かける縁台?ベンチ?が置いてありました。<br />靴脱いで上がり込んで、中庭を眺めながらお茶を飲む。<br />お昼寝したくなる気持ちよさ。<br /><br />イメージしていた中央アジアの街のお家そのままで、写真とりまくりました。<br />

    ウズベキスタンではよく見かける縁台?ベンチ?が置いてありました。
    靴脱いで上がり込んで、中庭を眺めながらお茶を飲む。
    お昼寝したくなる気持ちよさ。

    イメージしていた中央アジアの街のお家そのままで、写真とりまくりました。

  • しばらくしたら、ガイドさんがお迎えにきて、車で街中へ向かいました。観光前にまずはランチ!<br />人気のプロフ(中央アジアの炊き込みご飯)専門店に連れて行ってもらいました。おっきな釜で炊きあがったプロフを、大きなお皿に盛る盛る。<br />ガイドさんのお皿は大。私は小のサイズにしてもらったけど、残しました(ごめん)。でも、いつも混んでるのがわかる。美味しい。<br /><br />男性ガイドさんと女性の私という組み合わせが、イスラム圏的にどうなのかと心配だったんですが、ガイドさんが、後輩ガイドさんに連絡して、同じく一人旅してる日本人と相席を調整。結果、この後の食事時は、ほぼ4人(ガイド2名、日本人観光客2名)で過ごしました。観光ルートは全く別でしたし、時々情報交換できるという状況で、楽しかったです。<br />

    しばらくしたら、ガイドさんがお迎えにきて、車で街中へ向かいました。観光前にまずはランチ!
    人気のプロフ(中央アジアの炊き込みご飯)専門店に連れて行ってもらいました。おっきな釜で炊きあがったプロフを、大きなお皿に盛る盛る。
    ガイドさんのお皿は大。私は小のサイズにしてもらったけど、残しました(ごめん)。でも、いつも混んでるのがわかる。美味しい。

    男性ガイドさんと女性の私という組み合わせが、イスラム圏的にどうなのかと心配だったんですが、ガイドさんが、後輩ガイドさんに連絡して、同じく一人旅してる日本人と相席を調整。結果、この後の食事時は、ほぼ4人(ガイド2名、日本人観光客2名)で過ごしました。観光ルートは全く別でしたし、時々情報交換できるという状況で、楽しかったです。

  • アミール・ティムール(グル・アミール)廟。<br /><br />早速青いタイルが美しい。<br />

    アミール・ティムール(グル・アミール)廟。

    早速青いタイルが美しい。

  • キラキラしてます。<br />建物内部は、それなりに混んでいました。<br />いろんな国の言葉で説明が飛び交ってました(笑)<br /><br />

    キラキラしてます。
    建物内部は、それなりに混んでいました。
    いろんな国の言葉で説明が飛び交ってました(笑)

  • ティムールは、モンゴルを撃退したウズベキスタンの英雄です。<br /><br />ガイドブックみても、ティムール大好きな感じが伝わってきます。<br /><br />

    ティムールは、モンゴルを撃退したウズベキスタンの英雄です。

    ガイドブックみても、ティムール大好きな感じが伝わってきます。

  • アミール・ティムール廟を出ると、目の前の広場(通りなのかな?)お土産物屋さんがいっぱい。<br /><br />広場の中央に、大きな、青々とした桑の木が白い実をたわわに実らせてました。<br />ガイドさんが、いくつかむしり取ってくれて(笑)、「どうぞ」と。<br />恐る恐る食べてみましたが、結構おいしかった。<br /><br />桑は、建物の建材になり、街路樹にもなり、実は食用にもなり、身近な植物らしいです。<br /><br /><br />

    アミール・ティムール廟を出ると、目の前の広場(通りなのかな?)お土産物屋さんがいっぱい。

    広場の中央に、大きな、青々とした桑の木が白い実をたわわに実らせてました。
    ガイドさんが、いくつかむしり取ってくれて(笑)、「どうぞ」と。
    恐る恐る食べてみましたが、結構おいしかった。

    桑は、建物の建材になり、街路樹にもなり、実は食用にもなり、身近な植物らしいです。


  • ちょっとだけ歩くと、ルハバット廟に到着。<br />こじんまりしたシンプルな建物だけど、いい雰囲気でした。<br />内部には入らず、外から見るだけ<br />

    ちょっとだけ歩くと、ルハバット廟に到着。
    こじんまりしたシンプルな建物だけど、いい雰囲気でした。
    内部には入らず、外から見るだけ

  • そして、ついに到着しました!!!<br />ウズベキスタンといえば、必ず写真にでてくるレギスタン広場。<br />青い空に青いタイル。広大な広場と巨大なメドレセ。<br />人は多いけど、あまりに広くて混んでるようには見えない。<br /><br />左がウルグベク・メドレセ、中央がティラカリ・メドレセ、右がシェルドル・メドレセ。<br /><br />

    そして、ついに到着しました!!!
    ウズベキスタンといえば、必ず写真にでてくるレギスタン広場。
    青い空に青いタイル。広大な広場と巨大なメドレセ。
    人は多いけど、あまりに広くて混んでるようには見えない。

    左がウルグベク・メドレセ、中央がティラカリ・メドレセ、右がシェルドル・メドレセ。

  • ウルグベク・メドレセのミナレットは登れました。(有料)<br /><br />なにぶん古いので、登れるミナレットが減ってるらしいので、この機会を逃してはならないと、がんばった。<br />空間が狭いので、人数制限があります。一歩一歩石階段を上るけど、手すりはないし、カメラ片手にあるし、冷や冷やしましたが、最上階から外を眺めると達成感あります。

    ウルグベク・メドレセのミナレットは登れました。(有料)

    なにぶん古いので、登れるミナレットが減ってるらしいので、この機会を逃してはならないと、がんばった。
    空間が狭いので、人数制限があります。一歩一歩石階段を上るけど、手すりはないし、カメラ片手にあるし、冷や冷やしましたが、最上階から外を眺めると達成感あります。

  • これは、ティラカリ・メドレセの中。眩い。<br />カメラを天井に向けてたので、首が疲れました。<br />

    これは、ティラカリ・メドレセの中。眩い。
    カメラを天井に向けてたので、首が疲れました。

  • シェルドル・メドレセのライオン像(人面日輪)を、さっきのほミナレットから撮影したもの。<br />何度見ても面白いデザイン。

    シェルドル・メドレセのライオン像(人面日輪)を、さっきのほミナレットから撮影したもの。
    何度見ても面白いデザイン。

  • レギスタン広場の後は、裏道っぽいところを歩いて、ぐるっと後ろから正面に回るような形でビビハニム・モスクに到着。<br />ティムールと妃ビビハニムと大工さんの、ややこしい逸話を聞いて、面白かった。<br />ここで、行商の人から、サマルカンドの日本語版ガイドブックを購入。値切り交渉は、ガイドさんにお任せ。日本語訳は微妙ですが(笑)、こういうの日本では手に入らないので、買ってよかったです。

    レギスタン広場の後は、裏道っぽいところを歩いて、ぐるっと後ろから正面に回るような形でビビハニム・モスクに到着。
    ティムールと妃ビビハニムと大工さんの、ややこしい逸話を聞いて、面白かった。
    ここで、行商の人から、サマルカンドの日本語版ガイドブックを購入。値切り交渉は、ガイドさんにお任せ。日本語訳は微妙ですが(笑)、こういうの日本では手に入らないので、買ってよかったです。

  • すぐ横には、ショブ・バサール。<br />バザールの賑わいを感じたかったので、満足!<br />何でも売ってる。<br />しかし、やはり、ひとりで値段交渉する勇気がない。<br />ガイドさんがいてほんと良かった。<br /><br />敷地内には、ちゃんと公衆トイレもあるので、ゆっくりしても大丈夫。<br />ちなみに、ウズベキスタンのトイレは、どこも基本有料で1,000スム。和式も洋式もあったし、水洗。でも紙はない。<br />

    すぐ横には、ショブ・バサール。
    バザールの賑わいを感じたかったので、満足!
    何でも売ってる。
    しかし、やはり、ひとりで値段交渉する勇気がない。
    ガイドさんがいてほんと良かった。

    敷地内には、ちゃんと公衆トイレもあるので、ゆっくりしても大丈夫。
    ちなみに、ウズベキスタンのトイレは、どこも基本有料で1,000スム。和式も洋式もあったし、水洗。でも紙はない。

  • 果物が豊富な時期を迎えていて、色あいが鮮やかでした。積み方が不思議なくらいお行儀よく積む。<br />食べやすいかなと思って、いちごを買ったけど、ホテルに戻る前に車の中の熱気でやられてしまった。残念。<br />あと、ナッツ類も豊富。量り売りで、少量だと割高になる。品質もいろいろで、いいのは高い。<br />お土産用に小分けすればいいかなと思って買ったけど、もっとたくさん買ってもよかった。<br />味見を気楽にさせてもらえるのが、驚きでした。どれも美味しかったよ。<br />

    果物が豊富な時期を迎えていて、色あいが鮮やかでした。積み方が不思議なくらいお行儀よく積む。
    食べやすいかなと思って、いちごを買ったけど、ホテルに戻る前に車の中の熱気でやられてしまった。残念。
    あと、ナッツ類も豊富。量り売りで、少量だと割高になる。品質もいろいろで、いいのは高い。
    お土産用に小分けすればいいかなと思って買ったけど、もっとたくさん買ってもよかった。
    味見を気楽にさせてもらえるのが、驚きでした。どれも美味しかったよ。

  • ナンも山のように売られている。大きくて、厚い、ずっしりとしたパン。<br />一体、どれだけ食べるんだ??<br />サマルカンドのナンは、お土産物としても有名らしい。<br />私は、バザールではなく、帰りのサマルカンド駅の露店で買いました。<br />ひとえに、重いから。<br />日持ちするとは言っていたけど、日本は湿気もあるので、冷凍保存で1か月くらいで食べきったほうがいいね。<br />

    ナンも山のように売られている。大きくて、厚い、ずっしりとしたパン。
    一体、どれだけ食べるんだ??
    サマルカンドのナンは、お土産物としても有名らしい。
    私は、バザールではなく、帰りのサマルカンド駅の露店で買いました。
    ひとえに、重いから。
    日持ちするとは言っていたけど、日本は湿気もあるので、冷凍保存で1か月くらいで食べきったほうがいいね。

  • バザールを冷やかした後は、その裏手にあるシャーヒズィンダ廟へ。<br />青い、青い、青いタイルの波!!<br />ガイドさんと別れて、自由に回らせてもらいました。結構長くいたと思います。<br />おとぎ話の国に迷い込んだみたいな幻想的な雰囲気です。<br />廟=お墓なので、内部の写真を撮るのは躊躇ったのですが、その分、外観はたくさん撮った。<br /><br />入り口近くの階段、往復で段数をかぞえて同じだと、天国に行けるらしい。<br />天国行ける!<br /><br />あ、ここにもトイレあります。<br />入り口まえの駐車場の近く。<br />

    バザールを冷やかした後は、その裏手にあるシャーヒズィンダ廟へ。
    青い、青い、青いタイルの波!!
    ガイドさんと別れて、自由に回らせてもらいました。結構長くいたと思います。
    おとぎ話の国に迷い込んだみたいな幻想的な雰囲気です。
    廟=お墓なので、内部の写真を撮るのは躊躇ったのですが、その分、外観はたくさん撮った。

    入り口近くの階段、往復で段数をかぞえて同じだと、天国に行けるらしい。
    天国行ける!

    あ、ここにもトイレあります。
    入り口まえの駐車場の近く。

  • 夕方になってきたので、人も少なく、いい感じでした。<br />ほんと綺麗。来てよかった。<br />民族衣装もってたら、着て、記念撮影したいくらい。

    夕方になってきたので、人も少なく、いい感じでした。
    ほんと綺麗。来てよかった。
    民族衣装もってたら、着て、記念撮影したいくらい。

  • さて、あらかじめツアーに設定されていたのはここまでだけど、リクエストしてもう一度レギスタン広場に向かってもらいました。<br /><br />夜はライトアップがあるんです。見たい。<br />

    さて、あらかじめツアーに設定されていたのはここまでだけど、リクエストしてもう一度レギスタン広場に向かってもらいました。

    夜はライトアップがあるんです。見たい。

  • まだ明るい時間帯だったので、ライトアップまでコンサートが開かれるというので、これも参加(有料)<br />シェルドル・メドレセの中庭に、100席くらいパイプ椅子が並べられてて音楽、ダンス三昧。ちょっとしたお芝居的なものもあって、言葉がわからなくても楽しい。綺麗なダンサーに誘われたので、勇気を出して、一緒に踊ってきました♪<br />お茶とお茶請けも出たけど、注文した覚えがなくて手が出せなかった。<br /><br />

    まだ明るい時間帯だったので、ライトアップまでコンサートが開かれるというので、これも参加(有料)
    シェルドル・メドレセの中庭に、100席くらいパイプ椅子が並べられてて音楽、ダンス三昧。ちょっとしたお芝居的なものもあって、言葉がわからなくても楽しい。綺麗なダンサーに誘われたので、勇気を出して、一緒に踊ってきました♪
    お茶とお茶請けも出たけど、注文した覚えがなくて手が出せなかった。

  • そして、ライトアップ!<br />建物全体が、宝石みたいに綺麗。<br /><br />メドレセ内からは退出しないといけないのですが、外には人がたくさんカメラを構えてました。<br />月も出てて、建物と合わせて取りたかったけど、角度で無理。<br />じっくり目に焼き付けてきました。<br /><br />帰り際、広場の外の公園にあるトイレを拝借。<br />夜でも人は多いし、女性も子供も歩いているし、サマルカンドは安全なんだなあ、と実感しました。<br />これで、1日目は終了~。

    そして、ライトアップ!
    建物全体が、宝石みたいに綺麗。

    メドレセ内からは退出しないといけないのですが、外には人がたくさんカメラを構えてました。
    月も出てて、建物と合わせて取りたかったけど、角度で無理。
    じっくり目に焼き付けてきました。

    帰り際、広場の外の公園にあるトイレを拝借。
    夜でも人は多いし、女性も子供も歩いているし、サマルカンドは安全なんだなあ、と実感しました。
    これで、1日目は終了~。

48いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

ウズベキスタンで使うWi-Fiはレンタルしましたか?

フォートラベル GLOBAL WiFiなら
ウズベキスタン最安 1,760円/日~

  • 空港で受取・返却可能
  • お得なポイントがたまる

ウズベキスタンの料金プランを見る

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

PAGE TOP

ピックアップ特集