銀座・有楽町・日比谷 旅行記(ブログ) 一覧に戻る
歌舞伎座へ新春大歌舞伎を観に行きました。<br /><br />夜の部の演目は<br /><br />「絵本太功記(えほんたいこうき)」<br />「勢獅子(きおいしし)<br />「松竹梅湯島掛額(しょうちくばいゆしまのかけがく」<br /><br />です。

歌舞伎座(夜の部)へ行ってきました

9いいね!

2019/01/04 - 2019/01/04

938位(同エリア2012件中)

0

8

歌舞伎座へ新春大歌舞伎を観に行きました。

夜の部の演目は

「絵本太功記(えほんたいこうき)」
「勢獅子(きおいしし)
「松竹梅湯島掛額(しょうちくばいゆしまのかけがく」

です。

旅行の満足度
5.0

PR

  • 東銀座駅のエレベーターを上がったところに<br />すぐにある大きなビルボード。<br /><br />ワクワク感が高まります。

    東銀座駅のエレベーターを上がったところに
    すぐにある大きなビルボード。

    ワクワク感が高まります。

  • 歌舞伎座のすぐ前にも今月の<br />公演ポスターが貼ってあります。

    歌舞伎座のすぐ前にも今月の
    公演ポスターが貼ってあります。

  • 今日は3階の西の席です。<br />花道はまったく見えませんが、<br />花道での役者さんのセリフが<br />よくとおる席です。<br /><br />

    今日は3階の西の席です。
    花道はまったく見えませんが、
    花道での役者さんのセリフが
    よくとおる席です。

  • 今月のタイムスケジュールです。

    今月のタイムスケジュールです。

  • 今月の筋書きです。<br /><br />「絵本太功記」<br />前半は武智光秀の息子十次郎と許嫁の初菊の悲恋が<br />中心で後半は死を覚悟して戦場へと行く十次郎。<br /><br />一方、久吉が入るのをみてひそかに庵室へやってきた光秀。<br />忍び入って久吉思って刺した相手は母の皐月。<br /><br />武家の名に傷をつけた光秀。久吉は確かに庵室におり、<br />それを見つけた光秀は切りかかろうとするが、久吉は<br />山崎で決着をしようといって別れる。<br /><br />十次郎に松本幸四郎、光秀に中村吉衛門<br />初菊に米吉を迎え悲恋と戦乱の世の理不尽さを描いた作品。<br /><br />「勢獅子」<br />梅玉さんと芝翫さんを中心に日枝神社の山王祭を楽しむ踊り。<br />天王寺屋さんと加賀屋さんの息のあった獅子舞は見事です!<br /><br />「松竹梅湯島掛額」<br />恋しい人に逢いたい一心で放火をし、火あぶりの刑に処せられた八百屋<br />お七の実話を鎌倉時代に置き換えた作品。<br /><br />吉祥院の寺小姓吉三郎と恋仲の八百屋の娘お七がお七に横恋慕するものから逃れるため吉祥院の欄間の天人になって隠れる。<br /><br />この恋物語に紅屋長兵衛(通称:紅長)がお七の恋に手を貸そうと面白おかしく絡んでくる。<br /><br />吉三郎に松本幸四郎、お七に中村七之助、紅長に市川猿之助を迎え<br />面白くて切ない恋物語がうまく描かれています!<br /><br />特に大詰の文楽の場面。人形になりきった七之助さんの演技は見事です!<br />浄瑠璃の豪華太夫に三味線。作品は悲劇でも、あまりの豪華さに<br />こいつぁ~春から縁起がいいわい~と<br />言わずにはいられません。<br />

    今月の筋書きです。

    「絵本太功記」
    前半は武智光秀の息子十次郎と許嫁の初菊の悲恋が
    中心で後半は死を覚悟して戦場へと行く十次郎。

    一方、久吉が入るのをみてひそかに庵室へやってきた光秀。
    忍び入って久吉思って刺した相手は母の皐月。

    武家の名に傷をつけた光秀。久吉は確かに庵室におり、
    それを見つけた光秀は切りかかろうとするが、久吉は
    山崎で決着をしようといって別れる。

    十次郎に松本幸四郎、光秀に中村吉衛門
    初菊に米吉を迎え悲恋と戦乱の世の理不尽さを描いた作品。

    「勢獅子」
    梅玉さんと芝翫さんを中心に日枝神社の山王祭を楽しむ踊り。
    天王寺屋さんと加賀屋さんの息のあった獅子舞は見事です!

    「松竹梅湯島掛額」
    恋しい人に逢いたい一心で放火をし、火あぶりの刑に処せられた八百屋
    お七の実話を鎌倉時代に置き換えた作品。

    吉祥院の寺小姓吉三郎と恋仲の八百屋の娘お七がお七に横恋慕するものから逃れるため吉祥院の欄間の天人になって隠れる。

    この恋物語に紅屋長兵衛(通称:紅長)がお七の恋に手を貸そうと面白おかしく絡んでくる。

    吉三郎に松本幸四郎、お七に中村七之助、紅長に市川猿之助を迎え
    面白くて切ない恋物語がうまく描かれています!

    特に大詰の文楽の場面。人形になりきった七之助さんの演技は見事です!
    浄瑠璃の豪華太夫に三味線。作品は悲劇でも、あまりの豪華さに
    こいつぁ~春から縁起がいいわい~と
    言わずにはいられません。

  • 今日は歌舞伎観劇弁当を買いました。

    今日は歌舞伎観劇弁当を買いました。

  • 中はこんな感じで華やかです!

    中はこんな感じで華やかです!

  • 鯛焼きが早々に売り切れになってしまっていたので<br />クリーム大福を食べました。<br />冷たく冷やしてあって美味しかったです。<br /><br />これで今回の旅行記は終わりです。<br /><br />歌舞伎、本当に見るとはまります。<br />是非、皆様もご覧になってはいかがでしょうか。

    鯛焼きが早々に売り切れになってしまっていたので
    クリーム大福を食べました。
    冷たく冷やしてあって美味しかったです。

    これで今回の旅行記は終わりです。

    歌舞伎、本当に見るとはまります。
    是非、皆様もご覧になってはいかがでしょうか。

9いいね!

利用規約に違反している投稿は、報告する事ができます。 問題のある投稿を連絡する

フォートラベル公式LINE@

おすすめの旅行記や旬な旅行情報、お得なキャンペーン情報をお届けします!
QRコードが読み取れない場合はID「@4travel」で検索してください。

\その他の公式SNSはこちら/

銀座・有楽町・日比谷(東京) で人気のタグ

PAGE TOP

ピックアップ特集